2024/07/20 更新

写真a

コウミ ヒロユキ
小海 宏之
KOUMI,Hiroyuki
所属
人間健康学部 教授
職名
教授
ホームページ
プロフィール
臨床心理・神経心理学的アセスメントについての研究や、様々な疾患における心と脳の関係についての研究に興味があります。
外部リンク

学位

  • 修士(社会学) ( 関西大学 )

研究キーワード

  • 臨床心理学

  • 心理アセスメント

  • 臨床心理アセスメント

  • 神経心理学

  • 高次脳機能障害

  • 認知症

  • 神経心理アセスメント

研究分野

  • 人文・社会 / 臨床心理学  / 神経心理学

学歴

  • 関西大学大学院   社会学研究科社会心理学専攻   博士課程前期課程

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   社会学部   社会学科

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

経歴

  • 関西大学   人間健康学部   大学院心理学研究科,教授

    2024年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 花園大学大学院社会福祉学研究科 研究科長

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 花園大学社会福祉学部長

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 花園大学就職部長

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 花園大学大学院社会福祉学研究科   研究科長

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター   客員研究員

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 花園大学社会福祉学部臨床心理学科   教授

    2011年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

  • 花園大学社会福祉学部臨床心理学科   准教授

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 神戸学院大学人文学部   客員教授

    2007年10月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 藍野病院臨床心理科   科長・臨床心理士

    2004年5月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 藍野病院   臨床心理技術者

    1986年3月 - 2004年4月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本ロールシャッハ学会   監事  

    2017年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本心身医学会   代議員  

    2010年6月 - 2023年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本心理臨床学会   代議員  

    2010年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本ロールシャッハ学会   理事  

    2008年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本心身医学会   代議員  

    2006年6月 - 2008年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 大阪市障害程度区分審査会   委員  

    2006年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 大阪府臨床心理士会   理事  

    2002年4月 - 2014年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

論文

  • 自閉症スペクトラム障害でロールシャッハ・テストにおける右向き顔認知をする者の特徴-インクブロットの使用領域に注目してー

    小川真由, 小海宏之, 上芝功博

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   17   5 - 12   2023年2月

     詳細を見る

  • Anxiety Impacts Consent Capacity to Treatment in Alzheimer's Disease. 査読 国際誌

    Yuka Kato, Teruyuki Matsuoka, Yoko Eguchi, Kiyoko Iiboshi, Hiroyuki Koumi, Kaeko Nakamura, Kayoko Okabe, Shutaro Nakaaki, Toshiaki A. Furukawa, Masaru Mimura, Jin Narumoto

    Frontiers in Psychology,   14   685430 - 685430   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2021.685430

    PubMed

    researchmap

  • バウムテストの教示における課題 査読

    小海宏之

    花園大学社会福祉学部研究紀要   28   45 - 54   2020年3月

     詳細を見る

  • ミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群 (MELAS) 一例の神経心理・臨床心理学的アセスメント

    小海宏之

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   14   39 - 53   2020年2月

     詳細を見る

  • 統合失調症者における日本語版MoCAの重症度判別基準に関する検討 査読

    岡村香織, 福山侑希, 山口真奈, 清水信夫, 小海宏之, 寺嶋繁典

    藍野大学紀要   31   39 - 44   2019年3月

     詳細を見る

  • 「認知症ケアのための家族支援」について

    小海 宏之

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   13   13 - 20   2019年2月

     詳細を見る

  • 日本ロールシャッハ学会第21回大会教育・研修委員会企画ミニシンポジウム:これからの心理アセスメント教育を考える 招待

    小海 宏之

    ロールシャッハ法研究   22   57 - 59   2018年11月

     詳細を見る

  • 特集:認知症診療における認知機能テストの使い方-その実施と解釈の勘所-:Mini-Mental State Examination (MMSE) 招待

    小海 宏之

    老年精神医学雑誌   29   1133 - 1137   2018年11月

     詳細を見る

  • 通巻100号 必携保存版臨床心理学実践ガイド アセスメント(神経心理学的アセスメント) 招待

    小海 宏之

    臨床心理学   17 ( 4 )   412 - 413   2017年7月

     詳細を見る

  • [特集] 知らないと困る倫理問題 心理検査の結果をどこまで本人/関係者に伝えるか:心理アセスメント 招待

    小海 宏之

    臨床心理学   17 ( 2 )   170 - 172   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金剛出版  

    CiNii Books

    researchmap

  • JRSC第21回大会シンポジウム ロールシャッハ・テストの臨床的深化と課題:神経認知障害を中心に 招待

    小海 宏之

    包括システムによる日本ロールシャッハ学会誌   20   11 - 18   2016年9月

     詳細を見る

  • Greater than the Sum of Its Parts: δ can be Constructed from Item Level Data. 査読

    Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J

    Journal of Alzheimer's Disease   49 ( 2 )   571 - 579   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/JAD-150250

    Web of Science

    researchmap

  • δ Scores are Exportable Across Cultural and Linguistic Boundaries. 査読

    Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J

    Journal of Alzheimer's Disease   49 ( 2 )   561 - 570   2016年

     詳細を見る

  • 神経発達障害群に対する神経心理学的アセスメントと今後の課題 招待

    小海 宏之

    京都小児科医会会報   ( 59 )   26 - 35   2015年10月

     詳細を見る

  • Greater Than the Sum of Its Parts: δ Improves Upon a Battery's Diagnostic Performance. 査読

    Royall DR, Matsuoka T, Palmer RF, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J

    Neuropsychology   29 ( 5 )   683 - 692   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1037/neu0000153

    Web of Science

    researchmap

  • Japanese versions of the Executive Interview (J-EXIT25) and the Executive Clock Drawing Task (J-CLOX) for older people 査読

    Teruyuki Matsuoka, Yuka Kato, Shogo Taniguchi, Mayu Ogawa, Hiroshi Fujimoto, Aiko Okamura, Keisuke Shibata, Kaeko Nakamura, Hiroyuki Uchida, Shutaro Nakaaki, Hiroyuki Koumi, Masaru Mimura, Kenji Fukui, Jin Narumoto

    INTERNATIONAL PSYCHOGERIATRICS   26 ( 8 )   1387 - 1397   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    Background: The aim of the study was to develop the Japanese versions of Executive Interview (J-EXIT25) and Executive Clock Drawing Task (J-CLOX) and to evaluate the aspects of executive function that these two tests will be examining.
    Methods: The concurrent validity and reliability of J-EXIT25 and J-CLOX were first examined in all participants (n = 201). Next, the relationship between the two tests was examined using receiver operating characteristic (ROC), correlation, and regression analyses in healthy participants (n = 45) and participants with mild cognitive impairment (n = 36) and dementia (n = 95).
    Results: Satisfactory concurrent validity and reliability of J-EXIT25 and J-CLOX were shown. ROC analysis indicated that J-EXIT25 and J-CLOX1 were superior to the Frontal Assessment Battery, but inferior to the Mini-Mental State Examination (MMSE), in discriminating between non-dementia and dementia. J-EXIT25, J-CLOX1, and J-CLOX2 scores were significantly correlated with age, scores on the MMSE, Instrumental Activities of Daily Living (IADL) and Physical Self-Maintenance Scale (PSMS), and care level. In stepwise regression analyses of IADL scores, MMSE and J-EXIT25 were significantly independent predictors in men, and MMSE, age, and J-CLOX1 were significantly independent predictors in women. J-EXIT25, MMSE, and J-CLOX1 were significantly independent predictors in stepwise regression analysis of PSMS scores, and J-EXIT25 was the only significantly independent predictor in stepwise regression analysis of care level.
    Conclusions: J-EXIT25 and J-CLOX are valid and reliable instruments for assessment of executive function in older people. The present results suggest that these tests have common and distinct psychometric properties in the assessment of executive function.

    DOI: 10.1017/S104161021400088X

    Web of Science

    researchmap

  • 時間的見当識、平均単語再生数、論理的記憶の下位検査から簡易に言語性記憶指数を推定する方法に関する基礎研究 査読

    小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 小川真由, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 飯干紀代子, 園田薫, 岸川雄介, 杉野正一

    花園大学社会福祉学部研究紀要   22   29 - 37   2014年3月

     詳細を見る

  • 認知症高齢者に対する心理アセスメントの実際 招待

    小海 宏之

    広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要   12   7 - 11   2014年3月

     詳細を見る

  • 神経心理学的検査報告書を作成するための神経心理学的検査に関する体系表作成の試み

    小海宏之, 與曽井美穂

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   8   27 - 39   2014年3月

     詳細を見る

  • 認知機能障害により医療行為における同意能力が問題となった2例-MacCAT-Tを用いた医療同意能力の評価について- 査読

    加藤佑佳, 松岡照之, 小川真由, 谷口将吾, 藤本 宏, 占部美恵, 柴田敬祐, 中村佳永子, 江口洋子, 飯干紀代子, 小海宏之, 仲秋秀太郎, 三村 將, 福居顯二, 成本 迅

    老年精神医学雑誌   24 ( 9 )   928 - 936   2013年9月

     詳細を見る

  • Diagnostic performance of a combination of mini-mental state examination and clock drawing test in detecting Alzheimer's disease 査読

    Yuka Kato, Jin Narumoto, Teruyuki Matsuoka, Aiko Okamura, Hiroyuki Koumi, Yusuke Kishikawa, Shigenori Terashima, Kenji Fukui

    Neuropsychiatric Disease and Treatment   9   581 - 586   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: Because of the growing need for quick cognitive screening tests to distinguish Alzheimer's disease (AD) from mild cognitive impairment (MCI), we compare the diagnostic performance of a combination of the Mini-Mental State Examination (MMSE) and a Clock Drawing Test (CDT) to the Japanese version of the Alzheimer's Disease Assessment Scale-cognitive subscale (ADAS-J cog) in differentiating between patients with AD, patients with MCI, and healthy controls (HC). Methods: Data from 146subjects with AD and 60 subjects with MCI, as well as 49 HC, was retrospectively analyzed. We used logistic regression analysis with diagnosis as dependent variables and scores of the MMSE, the CDT-command, and the CDT-copy as independent variables, and receiver operating characteristic analysis to distinguish patients with AD from patients with MCI or HC. Results: When patients with AD were compared to HC, the independent predictors of AD were scores on the MMSE and the CDT-command. This combination was more sensitive than the MMSE alone and has nearly the same sensitivity and specificity as the ADAS-J cog. When patients with AD were compared to patients with MCI, the independent predictors were the MMSE and the CDT-copy. This combination was more sensitive and specific than the MMSE alone and was almost as sensitive and specific as the ADAS-J cog. Conclusion: The combination of the MMSE and the CDT could be a powerful screening tool for differentiating between patients with AD, patients with MCI, and HC. Its sensitivity and specificity are comparable to ADAS-J cog, which takes more time. © 2013 Kato et al, publisher and licensee Dove Medical Press Ltd.

    DOI: 10.2147/NDT.S42209

    Scopus

    researchmap

  • アルツハイマー病者の認知機能と海馬傍回の萎縮度との関連についての基礎研究-Wechsler Memory Scale-Revised (WMS-R) などの神経心理学的検査とVoxel-Based Specific Regional Analysis System for Alzheimer's Disease (VSRAD) を適用して- 査読

    小海 宏之, 加藤 佑佳, 岸川 雄介, 園田 薫, 成本 迅

    花園大学社会福祉学部研究紀要   21   85 - 95   2013年3月

     詳細を見る

  • 認知症ケアのための心理アセスメント

    小海 宏之

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   7   17 - 31   2013年3月

     詳細を見る

  • 発達障害児の心理アセスメント-脳機能との関連について-

    小海 宏之

    花園大学心理カウンセリングセンター発達障害セミナー講演録   4   77 - 86   2012年3月

     詳細を見る

  • Cloninger の3 次元人格理論による認知症患者の人格特徴について : 軽度認知障害者とアルツハイマー病者に対するTridimensional Personality Questionnaire(TPQ)の適用 査読

    小海 宏之, 岡村 香織, 藤田 雄, 杉野 正一

    花園大学社会福祉学部研究紀要   20 ( 0 )   1 - 8   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:花園大学  

    researchmap

  • 発達性読み書き障害をともなう注意欠陥/多動性障害者の神経心理学的アセスメント

    小海 宏之, 加藤 佑佳, 小谷 裕実

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   ( 6 )   23 - 33   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2型糖尿病者における心理的負担感と気分状態および性格傾向との関連性に関する基礎研究 査読

    加藤 佑佳, 中野 明子, 山本 愛, 岡村 香織, 小海 宏之, 吉田 麻美, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介, 寺嶋 繁典

    心身医学   51 ( 8 )   721 - 730   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    2型糖尿病者を対象にProblem Areas in Diabetes(PAID)scaleを実施し,フロア効果がある6項目を除いて因子分析を行ったところ単因子構造が確認された.このPAID尺度とProfile of Mood States(POMS),Tokyo University Egogram New version(TEG)との関連を検証した結果,PAID尺度はPOMSの「Tension-Anxiety」「Depression-Dejection」「Fatigue」との有意な関連がある一方,TEGとは関連がみられなかった.よって,PAIDとPOMSを併せて用いることは,糖尿病の負担感と関連する心理的状態をより詳細に把握することができ,各人に応じた心理的援助を提供する際に有効であると考えられる.

    DOI: 10.15064/jjpm.51.8_721

    CiNii Books

    researchmap

  • 高齢糖尿病者の認知機能と海馬傍回の萎縮度との関連について

    小海 宏之, 中野 明子, 山本 愛, 加藤 佑佳, 岡村 香織, 吉田 麻美, 岸川 雄介, 園田 薫, 安藤 悦子, 寺嶋 繁典

    関西大学臨床心理専門職大学院紀要   ( 創刊 )   33 - 40   2011年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢統合失調症者の表情認知に関する神経心理学的基礎研究 査読

    小海 宏之, 岡村 香織, 中野 明子, 鈴木 博子, 岸川 雄介, 園田 薫, 石井 博, 成本 迅

    花園大学社会福祉学部研究紀要   19 ( 0 )   37 - 44   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:花園大学  

    researchmap

  • クモ膜下出血を合併したマルファン症候群一例の神経心理・臨床心理学的アセスメント

    小海 宏之, 清水 隆雄, 小海 朋子

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   ( 5 )   39 - 49   2011年

     詳細を見る

  • WISC-3を用いた軽度発達障害児の神経心理学的アセスメント (特集 再びアスペルガー症候群をめぐって--成人の症例を中心に) 査読

    岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    臨床精神医学   39 ( 9 )   1105 - 1111   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:アークメディア  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本語版MMSEの検出力と特異性について 査読

    小海 宏之, 前田 明子, 山本 愛, 加藤 佑佳, 岡村 香織, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介

    花園大学社会福祉学部研究紀要   ( 18 )   91 - 95   2010年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アルツハイマー型認知症と軽度認知障害を対象としたExecutive Clock Drawing Task(CLOX)の臨床的有用性に関する研究

    加藤 佑佳, 小海 宏之, 成本 迅

    関西大学心理相談室紀要   0 ( 12 )   11 - 19   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学心理相談室  

    CiNii Books

    researchmap

  • 高機能広汎性発達障害児の神経心理・臨床心理学的アセスメント -特定不能の広汎性発達障害-

    小海 宏之, 若宮 英司

    花園大学心理カウンセリングセンター研究紀要   ( 4 )   5 - 16   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 回想法観察評価尺度作成の試み 査読

    小海 宏之, 岡村 香織, 岸川 雄介

    老年精神医学雑誌   19 ( 1 )   61 - 69   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ワールドプランニング  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本語版MMSEにおける復唱問題についての検討--4文節復唱と5文節復唱を用いて

    小海 宏之, 岡村 香織, 首藤 賢

    関西大学心理相談室紀要   0 ( 10 )   81 - 87   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学心理相談室  

    CiNii Books

    researchmap

  • 肥満症の2型糖尿病患者の性格特性に関する予備調査 査読

    岡村 香織, 小海 宏之, 首藤 賢, 前田 明子, 藤田 雄, 清水 信夫, 吉田 麻美, 寺嶋 繁典

    藍野学院紀要   21 ( 0 )   9 - 15   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    糖尿病治療において,体重をコントロールして,肥満を防ぐことは重要な課題の一つである。今回われわれは,対象者38名の2型糖尿病患者を,肥満群(23名)と非肥満群(15名)に分類し,2型糖尿病患者における肥満と性格傾向の関連について予備調査をした。性格傾向の評価には,新版東大式エゴグラム,気分プロフィール検査,糖尿病問題領域質問表を用いた。この結果,肥満群は非肥満群に比して,計画性や客観性が低く,気分の安定性に乏しい傾向が認められた。肥満群の性格傾向からは,糖尿病治療に限らず,日常生活や対人関係においてもストレスを経験しやすいことが考えられた。したがって,肥満を伴う糖尿病患者を援助する医療スタッフは,変化ステージモデルに準拠した対応に加えて,患者がストレスマネジメントを適切に実践できるように,性格傾向にも配慮した介入を行う必要性が示唆された。

    CiNii Books

    researchmap

  • アレキシサイミア傾向を認める多発性脳梗塞の1例 査読

    小海 宏之, 岡村 香織, 清水 信夫, 寺嶋 繁典

    心療内科   11 ( 1 )   55 - 59   2007年

     詳細を見る

  • 認知症高齢者に対する心理アセスメントの有用性に関する研究

    撫本 裕子, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    関西大学心理相談室紀要   0 ( 9 )   87 - 94   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学心理相談室  

    CiNii Books

    researchmap

  • ロールシャッハ・テストにおける認知症高齢者の心理的特徴の研究

    土本 亜紀子, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    関西大学心理相談室紀要   0 ( 9 )   77 - 85   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学心理相談室  

    CiNii Books

    researchmap

  • 重篤な身体合併症を有する糖尿病患者への回想法導入の試み 査読

    岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   46 ( 10 )   891 - 896   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    重篤な身体合併症による喪失体験から抑うつ状態に陥った58歳の2型糖尿病患者の男性に心理面接を導入した.非構造的な面接過程でわれわれは,患者に特有の歪んだ認知パターンや,過去に対して極端に否定的な評価をする傾向を見出した.そこで,回想を用いた探索的介入を行った.面接開始当初の回想の主題は,人生の否定的側面に偏っていた.セラピストはホームワープや示唆を提示して,関心が過去から現在へと変化するように介入した.こうして現状を客観的に認識できるようになった後,肯定的な内容の回想を想起するように促した結果,過去を適正に再評価するようになり,自尊感情が回復して,抑うつ状態が緩和されたと考えられる.本研究においてわれわれは,認知の変容を促しながら,肯定的内容の回想を用いることによつて,重篤な合併症を商する糖尿病患者の抑うつ状態が改善する可能性を有する一つの仮説を得ることができたと考える.

    DOI: 10.15064/jjpm.46.10_891

    CiNii Books

    researchmap

  • 軽度アルツハイマー型認知症者の表情認知に関する研究 査読

    小海 宏之, 岸川 雄介, 園田 薫, 石井 博, 成本 迅

    藍野学院紀要   20 ( 0 )   9 - 23   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    本研究は,認知症者の情動機能に関する基礎資料を得ることを目的とする。対象は健常な高齢者10名と,軽度アルツハイマー型認知症(軽度認知症)の入院患者10名である。方法は,対象者にMini-Mental State ExaminationおよびEmotion Recognition Testを実施し,両群間における有意差を検証した。統計分析により,軽度認知症者は健常者と比較して,とくに,「幸福」と「ニュートラル」の表情認知に時間を要し,さらに,「怒り」の表情認知課題を,「悲しみ」と誤る率が高いことが明らかとなった。今回の結果が,軽度認知症者特有の病態と関連している可能性を示唆すると考えられ,今後は脳機能画像研究と相互に関連づけることが重要になると考えられる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 色塗り法に反映される痴呆性高齢者の予後と臨床像の変化 査読

    貞木 隆志, 小海 宏之, 岡村 香織

    心理臨床学研究   23 ( 1 )   124 - 128   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心理臨床学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 外傷性脳損傷による高次脳機能障害の心理アセスメント 査読

    小海 宏之

    臨床精神医学   33 ( 4 )   453 - 460   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ア-クメディア  

    CiNii Books

    researchmap

  • 痴呆のケアにおけるアプローチに関する一考察 : 精神機能検査の下位検査項目通過率について 査読

    森屋 匡士, 小海 宏之, 朝比奈 恭子, 岡村 香織, 首藤 賢, 寺鴫 繁典

    心身医学   44 ( 1 )   33 - 40   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    痴呆老人における精神機能障害の特徴を調査し,痴呆の重症度に応じた心理・社会的アプローチに関して考察を加えた アルツハイマー型痴呆患者15O名を対象に,改訂長谷川式簡易知能評価スケール,N式精神機能検査, mini mental state examinatlonを施行し,下位検査項目の通過率を調査した.見当識に関しては早期から低下力みられ,注意・集中や言語の流暢性,構成なとは漸次低下していくことが示唆された 読字や物品名呼称,復唱なとは重度に至っても維持されていた 痴呆のケアでは,精神機能障害の特徴を考慮した援助・介入を行うことが重要であることが示唆された.

    DOI: 10.15064/jjpm.44.1_33

    CiNii Books

    researchmap

  • 痴呆性高齢者に対する生活機能回復訓練の効果について 査読

    小海 宏之, 岡村 香織, 石井 博, 吉田 祥, 豊田 勝弘, 寺嶋 繁典

    藍野学院紀要   18 ( 0 )   15 - 20   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    痴呆性高齢者に対するレクリエーション活動,創作活動,芸術活動などの生活機能回復訓練の効果に関する実証的な研究は十分になされていないのが現状である。そこでわれわれは3年間という長期にわたって生活機能回復訓練を受けていた患者の,どのような精神機能に対して効果があるのかを明らかにするとともに,精神機能の3年間の推移からみたアルツハイマー型痴呆(Dementia of the Alzheimer's Type ; DAT)と血管性痴呆(Vascular Dementia ; VD)の相違について検討した。その結果,DATおよびVDの各群で早期にみられる精神機能障害が,ある程度まで回復し長期間にわたって保持される可能性があることや,DATとVDでは改善に至る過程が異なることが示唆された。

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本語版MMSEにおけるSerial 7'sの代替問題についての検討 -単語逆唱と数字逆唱を用いて-

    小海 宏之

    関西大学心理相談室紀要   ( 5 )   21 - 24   2004年

     詳細を見る

  • 資料 色塗り法に反映される痴呆性老人の臨床像 査読

    貞木 隆志, 小海 宏之, 朝比奈 恭子

    心理臨床学研究   21 ( 2 )   191 - 195   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心理臨床学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 先天性脳梁欠損症(完全欠損)の神経心理検査における学習効果について 査読

    小海 宏之, 清水 隆雄, 近藤 元治, 亀山 正邦, 寺嶋 繁典

    神経内科   58 ( 6 )   581 - 585   2003年

     詳細を見る

  • 事例研究 先天性脳梁欠損症例--ロールシャッハ反応による検討 査読

    小海 宏之

    ロ-ルシャッハ法研究   6 ( 0 )   29 - 39   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ロ-ルシャッハ学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • アルツハイマー型痴呆老人の樹木画テストにおける描画特徴の検討 : 数量化理論による分析 査読

    小海 宏之, 東 真一郎, 朝比奈 恭子, 岡村 香織, 首藤 賢, 川端 康雄, 近藤 元治, 津田 清重, 寺嶋 繁典

    藍野学院紀要   16 ( 0 )   33 - 38   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    老年期に関する臨床心理学的研究は,幼児期や青年期に関する研究に比べてきわめて少なく,十分に検討されていないのが現状である。臨床現場においてよく用いられる人格検査の一つにバウム・テストがあるが,従来のバウム・テストに関する研究の基礎データには高齢者のデータは含まれてこなかった。そこで今回,われわれは重度痴呆性老人における樹木画の特徴を数量的に明らかにするとともに,多変量解析(数量化II類)により痴呆の重症度に関連のある樹木画の指標について検討した。その結果,(1)「幹の識別ができるもの」,「枝の識別ができるもの」,「樹木と識別できる描画」など,知覚や認知の正確さに関する分析項目と,(2)「用紙全体を使用した描画」など,意欲やエネルギーの程度に関する項目が,痴呆の重症度を判別する指標として有用と考えられた。

    CiNii Books

    researchmap

  • 事例研究 ドメスティックバイオレンスによるPTSD症例 査読

    小海 宏之

    ロ-ルシャッハ法研究   4 ( 0 )   21 - 29   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ロ-ルシャッハ学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本語版Mini-Mental State Examination-Ainoの重症度判別基準 査読

    小海 宏之, 朝比奈 恭子, 岡村 香織, 石井 辰二, 東 真一郎, 吉田 祥, 津田 清重

    藍野学院紀要   14 ( 0 )   59 - 66   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    Folstein, M. F.(1975)らが開発した簡易な認知機能検査であるMini-Mental State Examination(MMSE)は,臨床的有用性が高く,様々な分野の認知機能検査として用いられてきている。しかし,原版及び既に訳出されている日本語版ともに,重症度の判別基準は,まだ示されていない。そこで,今回,われわれは,改変した日本語版MMSE-Aino(MMSE-A)を作成し標準化を行い,さらに,MMSE-Aに重症度判別基準を適用した。その結果,MMSE-Aの平均点±標準偏差は,重度認知障害群で4.6±4.1,中等度認知障害群で11.2±3.8,軽度認知障害群で16.9±3.5,境界域認知障害群で19.1±2.4となった。また,MMSE-Aは,HDS-R(Hasegawa Dementia Scale-Revised)及びNDS(Nishimura Dementia Scale)との併存的妥当性が非常に高いことが確認された。また,MMSE-Aの再検査信頼性もきわめて高く,高い内的整合性と高い信頼性をもっていることが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

  • 双生児分裂病不完全一致例の心理テスト 査読

    小海 宏之

    藍野学院紀要   13 ( 0 )   33 - 43   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    精神分裂病の成因については,生物学的研究ことに,臨床・分子遺伝学的研究や,心理学的研究,さらに社会精神医学的研究など,多方面から追求されてきている。そのうち,臨床心理学的視点からの研究も若干見受けられるが,とくに心理テストに関する詳細な報告もまだ少ない。また,双生児研究法は,先ず卵性診断からはじまるのが常であるが,心理テストの臨床的妥当性を検討するためには,卵性診断を伏せて行うblind analysisが重要と考えられる。そこで,本研究では,卵性診断の未だ行われていない時点で,双生児の心理テストを行い,さらに病前性格や,病像を調査し,卵性について検討した。なお,この症例は,その後,DNAフィンガープリント法により,1卵性双生児と診断された。

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本のある精神科デイ・ケアの現状(統計的調査)

    小海 宏之

    病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry   38 ( 1 )   43 - 43   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 精神科デイ・ケアにおける絵画活動 査読

    小海 宏之, 箱井 真由里, 藤本 圭子

    藍野学院紀要   9 ( 0 )   79 - 86   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:藍野大学  

    藍野病院社会復帰センターは、精神障害者のリハビリテーションを目的とし、1980年4月1日に開設され今日に至っている。当初から、絵画はプログラムの一つとして行われてきており、また、このプログラムは絵を描くことによるカタルシス効果・自己洞察・創造力の向上などを意図してきた。今回は、絵の課題を自由画・対象画・創造画・査定画・生活画の5つのカテゴリーで分類し、対象者の中核を占める症例を通して、精神科デイ・ケアという特殊な治療構造における絵画活動のうち、特に各課題の治療的意義と問題点について考察するとともに、精神科デイ・ケアにおける絵画活動のあり方についても考察した。また、課題選択の時系列的な特徴としては、自由画が減少し生活画が増加しており、患者と治療者の集団からなる全体の集団の凝集性が向上したことが、これらの傾向に大きく関与していることがわかった。

    CiNii Books

    researchmap

  • ある強盗未遂等事件の被告人の心理検査 査読

    小海 宏之

    臨床精神医学   20 ( 5 )   629 - 640   1991年

     詳細を見る

  • 精神科デイ・ケアにおける箱庭療法の試み 査読

    小海 宏之

    日本芸術療法学会誌   21 ( 1 )   89 - 98   1990年

     詳細を見る

  • 精神科デイ・ケアにおける心理アセスメント 査読

    小海 宏之

    心理臨床   1 ( 3 )   209 - 218   1988年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 心理的アセスメント:適切な支援のための道しるべ (公認心理師の基本を学ぶテキスト)

    川畑直人監修, 大島剛監編著, 郷式徹監修, 青柳寛之編著( 担当: 分担執筆 範囲: 第7章 神経心理検査・認知機能検査:心と脳の関係を探る)

    ミネルヴァ書房  2023年9月  ( ISBN:4623087158

     詳細を見る

    総ページ数:232   担当ページ:110-127  

    ASIN

    researchmap

  • 脳の働きに障害を持つ人の理解と支援:高次脳機能障害の実際と心理学の役割 (心理学叢書)

    日本心理学会監修, 松井三枝, 緑川晶編( 担当: 分担執筆 範囲: 第Ⅰ部 高次脳機能障害と心理学-総論 第3章 高次脳機能障害の臨床心理学的アセスメント:58-67)

    誠信書房  2023年2月  ( ISBN:4414311276

     詳細を見る

    総ページ数:262  

    ASIN

    researchmap

  • 臨床心理学スタンダードテキスト

    岩壁茂, 遠藤利彦, 黒木俊秀, 中嶋義文, 中村知靖, 橋本和明, 増沢高, 村瀬嘉代子編( 担当: 分担執筆 範囲: 第14部 心理的アセスメント 5 心理検査概論② 神経心理学検査:513-520)

    金剛出版  2023年2月  ( ISBN:4772419160

     詳細を見る

    総ページ数:1000   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 心理検査マッピングー全体像をつかみ、臨床に活かす (ワードマップ)

    鈴木朋子, サトウタツヤ編( 担当: 分担執筆 範囲: 4-5 高次脳機能障害の心理検査,194-199.)

    新曜社  2022年9月  ( ISBN:478851785X

     詳細を見る

    総ページ数:296  

    ASIN

    researchmap

  • 認知症ケアのための心理アセスメントと心理支援ー高齢者の心理臨床ハンドブック

    小海宏之, 若松直樹, 川西智也, 編著( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: 第Ⅰ部 総論-高齢者支援としての心理臨床の実践.第2章:各分野に関する理論と支援の展開, 19-31. 第Ⅱ部 心理アセスメント.第5章:臨床心理アセスメント, 93-104.)

    金剛出版  2022年6月  ( ISBN:4772419047

     詳細を見る

    総ページ数:260  

    ASIN

    researchmap

  • 公認心理師基礎用語集 改訂第3版:よくわかる国試対策キーワード

    松本真理子, 永田雅子編( 担当: 分担執筆 範囲: ⑨感情・人格. 1: 感情喚起, 50-51. 2: 感情が行動に及ぼす影響, 52. 3: 感情理論, 53. ⑩脳・神経. 1: 神経細胞の構造・神経伝達物質・末梢神経系, 58-61. 2: 脳神経系の機能, 62-63. 3:高次脳機能の生理学的反応機序と脳機能の測定, 64-65. 4: 高次脳機能障害と必要な支援, 66-67. ⑭心理アセスメント. 10: 神経心理学検査・作業検査, 115-119.)

    遠見書房  2022年5月  ( ISBN:4866161418

     詳細を見る

    総ページ数:288  

    ASIN

    researchmap

  • 実践につながる新しい教養の心理学

    大浦賢治編( 担当: 分担執筆 範囲: 第1章 脳とこころの関係を探る-神経・生理心理学,1-15)

    ミネルヴァ書房  2022年2月  ( ISBN:4623092666

     詳細を見る

    総ページ数:264   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • メモリーブックの活用法ー効果ある認知症の人とのコミュニケーション

    飯干 紀代子編( 担当: 分担執筆 範囲: 第1章 メモリーブックの基本コンセプト:第2節 記憶とは, 7-10.COLUMN 認知症の人と記憶,11)

    三輪書店  2021年5月  ( ISBN:4895907236

     詳細を見る

    総ページ数:152   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 心身医学用語事典 :第3版(電子版)

    日本心身医学会用語委員会, 日本心療内科学会学術企画委員会編( 担当: 分担執筆)

    三輪書店  2020年10月 

     詳細を見る

  • 公認心理師のための 基礎から学ぶ神経心理学:理論からアセスメント・介入の実践例まで

    松田 修, 飯干紀代子, 小海宏之( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: 第Ⅰ章 心理心理学的症状とは:2 失認,12-15.第Ⅱ章 脳の構造と働きを知る:1 中枢神経系の構造と神経伝達物質,32-35.第Ⅳ章 高次脳機能障害を神経心理学の視点からみる:3 失認のアセスメントと支援,78-81.第Ⅵ章 認知症を神経心理学の視点からみる:5 血管性認知症 (VD) のアセスメントと支援,142-145.終章 神経心理学を実践・応用するために:1 研究法, 150-153.)

    ミネルヴァ書房  2019年10月  ( ISBN:4623084213

     詳細を見る

    総ページ数:170   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 公認心理師基礎用語集 増補改訂版──よくわかる国試対策キーワード

    松本 真理子, 永田雅子 編( 担当: 分担執筆 範囲: ⑨感情・人格. 1: 感情喚起, 49-50. ⑩脳・神経. 1: 脳神経系の構造と神経伝達物質, 55-57. ⑩脳・神経. 2: 脳の構造と機能局在, 58-59. ⑩脳・神経. 3: 高次脳機能の生理学的機序と脳機能の測定法, 60-61. ⑩脳・神経. 4: 高次脳機能障害と高次脳機能障害者への支援, 62-63. ⑭心理アセスメント. 9: 神経心理学的検査, 105)

    遠見書房  2019年7月  ( ISBN:486616090X

     詳細を見る

    総ページ数:224   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 神経心理学的アセスメント・ハンドブック[第2版]

    小海 宏之( 担当: 単著)

    金剛出版  2019年4月  ( ISBN:4772416870

     詳細を見る

    総ページ数:262   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 公認心理師基礎用語集──よくわかる国試対策キーワード117

    松本真理子, 永田雅子 編( 担当: 分担執筆 範囲: ⑨感情・人格. 1: 感情喚起, 50-51. ⑩脳・神経. 1: 脳神経系の構造と神経伝達物質, 58-60. ⑩脳・神経. 2: 脳の構造と機能局在, 61. ⑩脳・神経. 3: 高次脳機能の生理学的機序と脳機能の測定法, 62. ⑩脳・神経. 4: 高次脳機能障害と高次脳機能障害者への支援, 63-64.)

    遠見書房  2018年8月  ( ISBN:4866160500

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:50-51, 58-60, 61, 62, 63-64  

    ASIN

    researchmap

  • 心理アセスメント:心理検査のミニマムエッセンス

    森田美弥子, 松本真理子, 金井篤子 監修( 担当: 分担執筆 範囲: 7 神経心理学的検査 概論,144-145.全般的認知機能に関連する検査③ COGNISTAT,150-151.全般的認知機能に関連する検査④ ADAS,152-153.視空間認知機能に関連する検査① ベンダー・ゲシュタルト・テスト,154-155.視空間認知機能に関連する検査② フロスティッグ視知覚発達検査,156-157.視空間認知機能に関連する検査③ 時計描画検査,158-159.記憶機能に関連する検査① 改訂版ウェクスラー記憶検査,160-161.記憶機能に関連する検査② ベントン視覚記銘検査,162-163.記憶機能に関連する検査③ 三宅式記銘力検査,164-165.記憶機能に関連する検査④ リバーミード行動記憶検査,166-167.失語症に関連する検査 SLTA標準失語症検査,168-169.)

    ナカニシヤ出版  2018年3月  ( ISBN:4779511151

     詳細を見る

    総ページ数:242  

    ASIN

    researchmap

  • 認知症ケアのための家族支援:臨床心理士の役割と多職種連携

    小海 宏之, 若松 直樹( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: Part.1 認知症の人を支える家族支援としての心理アセスメント;Chap.1 家族支援としての心理アセスメントのあり方,10-16.)

    クリエイツかもがわ  2017年5月  ( ISBN:4863422113

     詳細を見る

    総ページ数:168  

    ASIN

    researchmap

  • 認知症の人の医療選択と意思決定支援

    成本 迅, 「認知症高齢者の医療選択をサポートするシステムの開発」プロジェクト 編( 担当: 分担執筆 範囲: 医療同意の実際-取り組みと課題; 医療同意能力評価の概念について, 109-130.)

    クリエイツかもがわ  2016年3月  ( ISBN:4863421826

     詳細を見る

    総ページ数:219   担当ページ:109-130  

    ASIN

    researchmap

  • 医療従事者のための同意能力評価の進め方・考え方

    三村 將, 成本 迅 監訳( 担当: 共訳 ,  原著者: 三村 將, 成本 迅 ,  範囲: Chaper 7:アセスメント後 (119-137頁))

    新興医学出版社  2015年9月  ( ISBN:4880028568

     詳細を見る

    総ページ数:192  

    ASIN

    researchmap

  • 神経心理学的アセスメント・ハンドブック

    小海 宏之( 担当: 単著)

    金剛出版  2015年3月  ( ISBN:4772414207

     詳細を見る

    総ページ数:232  

    ASIN

    researchmap

  • 高齢者こころのケアの実践 上巻: 認知症ケアのための心理アセスメント

    小海 宏之, 若松 直樹( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: 総160頁)

    創元社  2012年9月  ( ISBN:4422115472

     詳細を見る

    総ページ数:160  

    ASIN

    researchmap

  • 高齢者こころのケアの実践 下巻: 認知症ケアのためのリハビリテーション

    小海 宏之, 若松 直樹( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: 総152頁)

    創元社  2012年9月  ( ISBN:4422115480

     詳細を見る

    総ページ数:152  

    ASIN

    researchmap

  • 発達障害支援の可能性: こころとこころの結び目 (花園大学発達障害セミナー4)

    橋本 和明, 滝川 一廣, 上野 一彦, 鯨岡 峻, 大島 吉晴, 小海 宏之, 花園大学心理カウンセリングセンター( 担当: 分担執筆 範囲: 発達障害児の心理アセスメント: 脳機能との関連について, 123-135.)

    創元社  2012年7月  ( ISBN:4422114549

     詳細を見る

    総ページ数:144  

    ASIN

    researchmap

  • 臨床心理学ことはじめ

    花園大学社会福祉学部臨床心理学科 編( 担当: 分担執筆 範囲: 物の見方や考え方と脳の関係: 認知心理学, 67-75.)

    ナカニシヤ出版  2012年5月  ( ISBN:4779506360

     詳細を見る

    総ページ数:149  

    ASIN

    researchmap

  • 日本臨牀: 第69巻: 増刊号8: 認知症学 上: その解明と治療の最新知見

    加藤佑佳, 小海宏之, 成本 迅( 担当: 共著 範囲: 臨床編: 認知症診療に用いられる評価法と認知機能検査: 各論: Clock Drawing Test(CDT), 418-422.)

    日本臨牀社  2011年10月 

     詳細を見る

  • 実践糖尿病の心理臨床

    石井 均, 久保 克彦 編( 担当: 分担執筆 範囲: 高齢糖尿病患者への心理的援助, 150-160.)

    医歯薬出版  2006年6月  ( ISBN:4263255046

     詳細を見る

    総ページ数:198  

    ASIN

    researchmap

  • 高齢者のこころのケア

    曽我 昌祺, 日下菜穂子 編( 担当: 分担執筆 範囲: 高齢期の心理的アセスメント, 35-47.)

    金剛出版  2006年4月  ( ISBN:4772409122

     詳細を見る

    総ページ数:197  

    ASIN

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 日本語版MoCA(MoCA-J)の重症度判別基準

    岡村 香織, 福山 侑希, 清水 信夫, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   57 ( 6 )   642 - 642   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心身医学会  

    researchmap

  • 神経心理検査によるアルツハイマー病者の医療同意能力推定モデル構築の試み MacCAT-Tと神経心理検査(MMSE、EXIT25、CLOX、WMS-R)を活用して

    小海 宏之, 加藤 佑佳, 成本 迅, 松岡 照之, 谷口 将吾, 藤本 宏, 小川 真由, 岡部 佳世子, 三村 將, 仲秋 秀太郎, 江口 洋子, 飯干 紀代子

    老年精神医学雑誌   27 ( 増刊II )   249 - 249   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

    researchmap

  • アルツハイマー型認知症患者の医療同意能力に関連する認知機能や精神症状の要因の検討

    加藤 佑佳, 松岡 照之, 岡部 佳世子, 小川 真由, 中村 佳永子, 谷口 将吾, 藤本 宏, 江口 洋子, 飯干 紀代子, 小海 宏之, 古川 壽亮, 仲秋 秀太郎, 三村 將, 福居 顯二, 成本 迅

    老年精神医学雑誌   26 ( 増刊II )   201 - 201   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

    researchmap

  • ADASの単語再生による言語性記憶指数の推定可能性についての1考察 ADASの単語再生数および総失点とWMS-Rの言語性記憶指数との関連

    小海 宏之, 加藤 佑佳, 園田 薫, 成本 迅, 岸川 雄介, 杉野 正一

    日本老年医学会雑誌   50 ( 5 )   686 - 686   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    researchmap

  • 時間的見当識,平均単語再生数,論理的記憶と推定言語性記憶指数に関する基礎研究―MMSE,ADAS,WMS‐Rを用いて―

    小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 小川真由, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 園田薫, 岸川雄介, 杉野正一

    老年精神医学雑誌   24 ( 増刊II )   232 - 232   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Clock Drawing Test (CDT) (認知症学(上)その解明と治療の最新知見) -- (臨床編 認知症診療に用いられる評価法と認知機能検査)

    加藤 佑佳, 小海 宏之, 成本 迅

    日本臨床   69   418 - 422   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床社  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2012026200

  • O1-E-3 2型糖尿病を合併した統合失調症者の認知機能の特徴について(糖尿病・肥満,一般口演,今,心身医学に求められるもの-基礎から臨床まで-,第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    岡村 香織, 伊藤 之彦, 清水 信夫, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   51 ( 6 )   535 - 535   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.51.6_535_1

    researchmap

  • O1-E-20 アルツハイマー病患者のVSRAD値と神経心理学的検査値との関連について(老年期,一般口演,今,心身医学に求められるもの-基礎から臨床まで-,第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    弥園 祐子, 首藤 賢, 加藤 佑佳, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   51 ( 6 )   543 - 543   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.51.6_543_2

    researchmap

  • O1-E-2 BACS, ERTを用いた高齢2型糖尿病者の認知機能に関する基礎研究(糖尿病・肥満,一般口演,今,心身医学に求められるもの-基礎から臨床まで-,第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    代田 純一, 中野 明子, 山本 愛, 岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   51 ( 6 )   534 - 534   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.51.6_534_2

    researchmap

  • 軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への進行予測に有用な神経心理学的検査の検討

    加藤佑佳, 小海宏之, 園田薫, 安藤悦子, 岸川雄介, 成本迅

    老年精神医学雑誌   22 ( 増刊III )   172 - 172   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • O2-D-1 高齢統合失調症者の認知機能に関する予備調査(不安・抑うつ・認知機能,一般口演,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    岡村 香織, 鈴木 博子, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   50 ( 6 )   539 - 539   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.50.6_539_1

    researchmap

  • O2-E-6 認知症高齢者にバウムテストを縦断的に適用する意義について(腫瘍・認知症,一般口演,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    前田 明子, 山本 愛, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   50 ( 6 )   552 - 552   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.50.6_552_2

    researchmap

  • O2-E-4 認知症高齢者の自己申告年齢と顔写真課題による年齢判断との関連についての基礎研究(腫瘍・認知症,一般口演,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    山本 愛, 加藤 佑佳, 前田 明子, 首藤 賢, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   50 ( 6 )   551 - 551   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.50.6_551_2

    researchmap

  • 22-260 糖尿病問題領域質問表(Problem Areas in Diabetes:PAID)の因子構造に関する研究(高齢者2,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)

    加藤 佑佳, 前田 明子, 山本 愛, 小海 宏之, 岡村 香織, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介, 寺嶋 繁典

    心身医学   49 ( 6 )   667 - 667   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.49.6_667_2

    researchmap

  • 22-263 高齢糖尿病者の認知機能と海馬傍回の萎縮度との関連についての基礎研究(高齢者2,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)

    小海 宏之, 山本 愛, 前田 明子, 加藤 佑佳, 岡村 香織, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介, 寺嶋 繁典

    心身医学   49 ( 6 )   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.49.6_669_2

    researchmap

  • 22-262 高齢糖尿病者の認知機能とHbA_<1c>値との関連についての基礎研究(高齢者2,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)

    山本 愛, 加藤 佑佳, 前田 明子, 小海 宏之, 岡村 香織, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介, 寺嶋 繁典

    心身医学   49 ( 6 )   668 - 668   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.49.6_668_2

    researchmap

  • 22-261 糖尿病問題領域質問表(PAID)の4因子と性格傾向および気分状態との関連性について(高齢者2,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)

    前田 明子, 加藤 佑佳, 山本 愛, 小海 宏之, 岡村 香織, 園田 薫, 安藤 悦子, 岸川 雄介, 寺嶋 繁典

    心身医学   49 ( 6 )   668 - 668   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.49.6_668_1

    researchmap

  • II-D-21 高齢統合失調症者の表情認知に関する研究(老年期2,一般口演,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    小海 宏之, 岡村 香織, 寺嶋 繁典

    心身医学   48 ( 6 )   539 - 539   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.48.6_539_2

    researchmap

  • II-D-20 アルツハイマー型認知症との比較による高齢統合失調症の認知機能に関する予備調査(老年期2,一般口演,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

    岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   48 ( 6 )   539 - 539   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.48.6_539_1

    researchmap

  • 18.Alexithymia傾向を認める多発性脳梗塞の1例(一般演題,第42回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)

    小海 宏之, 岡村 香織, 清水 信夫, 寺嶋 繁典

    心身医学   47 ( 11 )   985 - 985   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.47.11_985_1

    researchmap

  • 5.食事療法にストレスを感じる糖尿病患者の性格傾向についての一考察(一般演題,第42回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)

    岡村 香織, 小海 宏之, 清水 信夫, 寺嶋 繁典

    心身医学   47 ( 11 )   981 - 981   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.47.11_981_3

    researchmap

  • IE-14 包括的高齢者観察評価尺度の作成の試み : 第1報(評価尺度)

    土田 こゆき, 朝比奈 恭子, 岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   40 ( 0 )   119 - 119   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.40.supplement_119_2

    researchmap

  • IE-15 包括的高齢者観察評価尺度の作成の試み : 第2報(評価尺度)

    朝比奈 恭子, 土田 こゆき, 岡村 香織, 小海 宏之, 寺嶋 繁典

    心身医学   40 ( 0 )   120 - 120   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.40.supplement_120_1

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 認知症高齢者の医療選択をサポートするシステムの開発

    2012年 - 2015年

    科学技術振興機構  戦略的な研究開発の推進 社会技術研究開発事業 

    成本 迅(研究代表者:京都府立医科大学),小海宏之(研究分担者:花園大学),小賀野晶一(研究分担者:千葉大学)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高齢者数の増加に伴い、認知症により同意能力が低下した高齢者に対してどのように医療を提供すべきかが、医療を受ける側、提供する側双方において大きな課題となっている。 本プロジェクトでは、認知症高齢者においても、医療、福祉、行政の多職種によるサポートを受けてスムーズな医療選択および受療行動が可能になるためのシステムの開発を目的としている。具体的には、同意能力判定ツールの作成と、医学、法学、心理学の専門家、行政、高齢者、認知症高齢者とその家族が参加し、意志決定プロセスモデルを開発し、病院や地域で実際に運用してフィードバックを得ることで、現場で運用可能なシステムを構築する。

    researchmap