2024/03/30 更新

写真a

リ シン
李 振
LI,Zhen
所属
商学部 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(商学) ( 神戸大学 )

研究キーワード

  • マーケティング・リサーチ

  • 応用計量経済学

  • マーケティング・サイエンス

  • データ・サイエンス

研究分野

  • 人文・社会 / 商学  / 応用計量経済学

  • 人文・社会 / 商学  / 消費者行動

  • 人文・社会 / 商学  / マーケティング・サイエンス

  • 情報通信 / 統計科学  / データサイエンス

学歴

  • 神戸大学   経営学研究科   経営学専攻博士課程後期

    2012年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 神戸大学   経営学研究科   市場科学専攻博士課程前期

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 浙江財経大学信息学院   信息学院   eコマース

    2004年9月 - 2008年8月

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

    researchmap

経歴

  • 関西大学   商学部   准教授

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東洋大学   経営学部   准教授

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 東洋大学   経営学部   講師

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   データサイエンス研究センター   ポスト・ドクトラル・フェロー

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

論文

  • IMPACTS OF ONLINE REVIEWS ON CONSUMERS' DECISION-MAKING: APPLICATION OF TOPIC MODELING IN RESTAURANT SERVICES 査読

    Fangzhou Li, Zhen Li, Shuai Yang, Ken Ishibashi

    Global Fashion Management Conference   2020   1350 - 1350   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Alliance of Marketing and Management Associations  

    DOI: 10.15444/gmc2020.10.03.01

    researchmap

  • Impacts of Online Reviews on Consumers' Decision-making: A Topic Analysis in Restaurant Services 査読

    Fangzhou Li, Zhen Li, Ken Ishibashi, Shuai Yang

    Proceedings of 2020 Global Marketing Conference   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 消費者が見た売場を推定するためのアイトラッキング動画への深層学習の応用 査読

    石橋 健, 李 振, 矢田 勝俊

    人工知能学会全国大会論文集   1 - 2   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Topic Features in Negative Customer Reviews: Evidence Based on Text Data Mining 査読

    14 ( 1 )   19 - 40   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12626-019-00041-5

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s12626-019-00041-5/fulltext.html

  • What Drivers Repurchase Intention for Smartphone Platform? An Expectation Confirmation Model with Symbolic Meaning 査読

    What Drivers Repurchase Intention for Smartphone Platform?, An Expectation, Confirmation Model with, Symbolic Meaning

    Social Behavior and Personality   forthcoming   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Sales Effects of Online Product Reviews:A Comparison of Two Different Types of Sellers

    李 振

    経営論集   93   65 - 79   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Online Purchase Preference and Personal Characteristics: A Moderation Approach 査読

    Zhen Li, Avus CY. Hou

    International Journal of Electronic Commerce Studies   10 ( 1 )   1 - 21   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7903/ijecs.1694

    researchmap

  • How Consumers Perceive Risks in Online Shopping : A Comparison Across Product Classes

    李 振

    経営論集   92   39 - 53   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Impact of Online Customer Reviews on Sales Outcomes: An Empirical Study Based on Prospect Theory 査読

    Zhen Li, Aoi Shimizu

    The Review of Socionetwork Strategies   12 ( 2 )   135 - 151   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12626-018-0022-9

    researchmap

  • Effects of Negative Customer Reviews on Sales : Evidence Based on Text Data Mining 査読

    Zhen Li, Fangzhou Li, Jing Xiao, Zhi Yang

    2018 IEEE International Conference on Data Mining Workshops (ICDMW)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ICDMW.2018.00124

    researchmap

  • The democratisation of luxury and the expansion of the Japanese market, 1960-2010 査読

    Rika Fujioka, Zhen Li, Yuta Kaneko

    Global Luxury: Organizational Change and Emerging Markets since the 1970s   133 - 156   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Singapore  

    DOI: 10.1007/978-981-10-5236-1_7

    Scopus

    researchmap

  • Vehicle Ownership and Economic Development 査読

    Zhen Li, Ken Ishibashi, Yuta Kaneko, Kei Miyazaki, Hiromi Shioji, Katsutoshi Yada

    Proceedings - Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering 2016 and Asia-Pacific World Congress on Engineering 2016, APWC on CSE/APWCE 2016   171 - 180   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    The purpose of this study is to develop a model to predict the number of vehicles owned in consideration of recent circumstances of emerging countries. In the previous studies, prediction models have been developed from different viewpoints such as energy issue. However, recent growth of the number of vehicles owned in the emerging countries has been more rapid than the predictions. On the other hand, big city in those emerging countries introduced the traffic restriction to prevent aerial pollution from the latter half of 2000s. In this paper, an attempt is made to develop a prediction model based on GDP, income gap and historical transition. Using statistical data of 47 countries from 1952 to 2014, the applicability of the proposed model is verified.

    DOI: 10.1109/APWC-on-CSE.2016.037

    Scopus

    researchmap

  • Consumer Online Purchase Intention and Product Class

    李 振

    経営論集   89   119 - 130   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 視線追跡データに基づいたネットワーク外部性効果の検証 査読

    李 振

    オペレーションズ・リサーチ   62 ( 12 )   782 - 788   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Does the Existence of Private-Label Brands Really Impede National Brands Sales? Empirical Evidence Based on POS Data 査読

    Zhen Li, Katsutoshi Yada

    2016 International Conference of Asian Marketing Associations   1 - 17   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Shop area visit ratio, stay time, and sales outcomes: In-depth analysis based on RFID data 査読

    Zhen Li, Ken Ishibashi, Keiji Takai, Katsutoshi Yada

    2015 2nd Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering, APWC on CSE 2015   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Prior research identifies that «visit» and «stay» relate positively to individual's purchase outcome. However, the mechanism that how do these two factors affect sales outcomes at an aggregated level is still unclear. This study posits that shop area visit ratio leads to sales outcomes through the effects on stay time, and the influence paths of shop area visit ratio and stay time on sales outcomes differ across products. To further clarify the mechanism, we propose a mediation model, to study how shop area visit ratio and stay time affect purchasers ratio and purchase volume. The data in our study are used from ratio frequency identification (RFID) technology, and matched with point-of-sale (POS) data. The major result suggests that for «selected products», the two sales outcomes (i.e., purchasers ratio and purchase volume) are mainly determined by stay time, while for «planned products», which depends more on shop area visit ratio than stay time. This finding can help retailers to visualize the process of customers' in-store shopping, and to better understand the importance of shop area visit ratio and stay time.

    DOI: 10.1109/APWCCSE.2015.7476231

    Scopus

    researchmap

  • A Study on the Simultaneous Relationship between Sales Volume and Customer Reviews in China's B2C Online Markets 査読

    Zhen Li

    Proc. of 2015 International Conference of Asian Marketing Associations   193   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Empirical Study on Consumer Buying Behavior in Internet Shopping 査読

    李 振

    神戸大学   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • A Hierarchical Comparison on Influence Paths from Cognitive & Emotional Trust to Proactive Behavior Between China and Japan 査読

    Pei Liu, Zhen Li

    PROCEEDINGS OF THE 2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOCIAL SCIENCE AND HIGHER EDUCATION   28   31 - 35   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ATLANTIS PRESS  

    Little research examined how and why cognitive and emotional trust in supervisor influence employees' proactive behavior (PB). The following findings were obtained by applying a hierarchical cross-national comparison framework on influence path to Chinese and Japanese samples: 1) the confirmatory cross-national comparisons on higher-order level pathways confirmed that in both China and Japan, the influence of cognitive trust on PB is mediated by prospects of performance and growth, and the influence of emotional trust on PB is mediated by warmth and happiness; 2) the exploratory cross-national comparison on lower-order level pathways revealed that the detailed structures of the two pathways were not much different between China and Japan, except in the depending willingness dimension of emotional trust; 3) finally, by comparing the findings of 1) and 2), we attempted to distinguish the inevitable parts and cultural peculiar parts within the two pathway.

    Web of Science

    researchmap

  • Theoretical Ideas on the Functions of Cognitive and Emotional Trust: A Cross-National Comparison between China and Japan based on IRT 査読

    Pei Liu, Zhen Li

    2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON EDUCATION, MANAGEMENT AND SYSTEMS ENGINEERING (EMSE 2015)   332 - 338   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:DESTECH PUBLICATIONS, INC  

    In this paper, we developed two theoretical ideas to systematically explain how cognitive trust and emotional trust differ in function. We proposed that (1) the function of cognitive trust is to secure the productivity of social exchange relationship (SER) by focusing on the outcome of exchange from the perspective of "gains and losses," whereas (2) the function of emotional trust is to build up a base of the long-term relationship by focusing on the exchange process itself from the perspective of "maintaining SER." Two hypotheses derived from the two ideas were supported by Chinese and Japanese samples. In addition, this paper also made a cross-national comparison of the two trusts and drew some novel insights through interpreting the parameter in Item Response Theory (IRT) models from social psychological view.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Rで統計を学ぼう! 文系のためのデータ分析入門

    長島直樹, 石田実, 李振( 担当: 共著 範囲: 第3部 回帰分析の基礎)

    中央経済社  2017年11月  ( ISBN:9784502244117

     詳細を見る

    総ページ数:260   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • Global Luxury: Organizational Change and Emerging Markets since the 1970s

    Pierre-Yves Donzé, Rika Fujioka( 担当: 共著 範囲: 7. The Democratisation of Luxury and the Expansion of the Japanese Market, 1960-2010)

    Red Globe Press  2017年10月  ( ISBN:9789811052354

     詳細を見る

    総ページ数:287   担当ページ:133-156   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Impacts of Online Reviews on Consumers' Decision-making: A Topic Analysis in Restaurant Services

    Fangzhou Li, Zhen Li, Ken Ishibashi, Shuai Yang

    2020 Global Marketing Conference  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of Negative Customer Reviews on Sales: Evidence Based on Text Data Mining 招待

    Zhen Li, Fangzhou Li, Jing Xiao, Zhi Yang

    2018 IEEE International Conference on Data Mining  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Complementary Relationship between Private Brands and National Brands: Empirical Evidence Based on POS data 国際会議

    Zhen Li, Katsutoshi Yada

    38th ISMS Marketing Science Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Does Increasing Volume of Online Reviews Really Help Sales? An In-depth Analysis Based on Web Crawling Data 国際会議

    Zhen Li, Chao Fan, Lin Huang

    38th ISMS Marketing Science Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Does the Existence of Private-Label Brands Really Impede National Brands Sales? Empirical Evidence Based on POS Data

    Zhen Li, Katsutoshi Yada

    2016 International Conference of Asian Marketing Associations  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Vehicle Ownership and Economic Development

    Zhen Li, Ken Ishibashi, Yuta Kaneko, Kei Miyazaki, Hiromi Shioji, Katsutoshi Yada

    3rd Asia- Pacific World Congress on Computer Science and Engineering  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Shop Area Visit Ratio, Stay Time, and Sales Outcomes: In-depth Analysis Based on RFID Data 国際会議

    Zhen Li, Ken Ishibashi, Keiji Takai, Katsutoshi Yada

    2nd Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Why Do Retailers End Price Promotions: A Study on Duration and Profit Effects of Promotion 国際会議

    Zhen Li, Katsutoshi Yada

    IEEE 15th International Conference on Data Mining Workshops  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Study on the Simultaneous Relationship between Sales Volume and Customer Reviews in China's B2C Online Markets 国際会議

    Zhen Li

    2015 International Conference of Asian Marketing Associations  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Moderating Role of Consumer Heterogeneity on Two Objectives for Online Purchase: Saving Money and Saving Time 国際会議

    Zhen Li, Yumei He

    19th Pacific Asia Conference on Information Systems  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • How Consumer Heterogeneity Moderates Time Effects on Online Purchase Decisions: An Empirical Analysis 国際会議

    Zhen Li, Lin Huang

    2014 International Conference of Asian Marketing Associations  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アイトラッキングを用いた投資家の意思決定における認知プロセスの体系化

    研究課題/領域番号:22H00888  2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    矢田 勝俊, 岩崎 拓也, 木村 麻子, 高井 啓二, 石橋 健, 李 振

      詳細を見る

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    researchmap

  • 自然言語処理を用いたeクチコミの解析と消費者行動の理解

    研究課題/領域番号:21K13386  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    李 振

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本申請課題の研究目的は、多様な自然言語処理手法を使い、消費者によって発信されるeクチコミ (e.g. 顧客レビュー、SNS情報) の内容特徴を操作・集計できるように解析し、それに消費者行動測定モデルを加えることで、eクチコミの内容と消費者行動との因果関係を明確することである。
    2021年度は、消費者の環境配慮消費行動 (Green Consumer Behavior; 以下GCB) を中心に、多様な自然言語処理手法を用いたレビュー研究を行い、International Journal of Consumer Studiesに論文投稿をした。
    この論文は、社会的役割に焦点を当てた 439 本のGCB 論文のレビューを行い、計量書誌学的分析と多様なテキスト分析を活用して、理論、社会的要因、研究トピック、トピック動向の全体像を明らかにした。また、GCBに関連する消費者のクチコミ情報も含めて、伝統的文脈とデジタル文脈の違いも考察をした。
    分析結果として、GCB分野は2014年以降、飛躍的な成長を遂げたことが明らかになった。主観的規範、社会的影響、文化、マーケティングの影響、ソーシャルメディアの影響などがGCBの主な推進要因である。そして、テキスト分析より、計画的行動理論(TPB)や消費価値理論(TCV)等の8つの研究トピックが特定された。伝統的な文脈の研究においては、TPB 、政策や文化等のマクロな社会的要因を用いて GCB を予測すること多いことに対して、デジタル・コンテキストにおいては、シグナル理論やコミットメント、信頼理論は、多く注目されている。さらに、近年、デジタル社会の推進に伴い、オンライン・プラットフォームやグリーン・ホテルに関する研究の関心が著しく高まっていることも分析結果からわかった。

    researchmap

  • 視線追跡データの解析に基づくオンライン市場のマーケティング効果のモデル推定

    2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(若手研究B) 

    李 振

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • パスデータの融合による研究フロンティアの創出

    2016年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(基盤研究A) 

    矢田 勝俊

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • オブジェクティブ・パネルデータを用いた消費者購買行動の動的モデリング

    2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(研究活動スタート支援) 

    李 振

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • オンライン市場における消費者購買行動の動的分析

    2015年4月 - 2016年3月

    NPO法人現代経営学研究所  研究助成金(若手) 

    李 振

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示