Updated on 2024/03/30

写真a

 
MIZUNO,Tomoharu
 
Organization
Faculty of Letters Professor
Title
Professor
External link

Degree

  • 博士(文学) ( 2018.10 )

Research Interests

  • 京都学派

  • グリーン

  • 西田幾多郎

  • 人格

  • 西洋哲学

  • 哲学

  • 日本思想

  • 日本研究

  • 日本文化

  • 日本哲学史

  • 宗教哲学

  • 西田哲学

  • 日本哲学

  • 自由

  • 自然

  • 西谷啓治

  • 鈴木大拙

  • 仏教

  • 東アジア

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Philosophy and ethics  / 日本哲学

  • Humanities & Social Sciences / Religious studies  / 日本宗教思想史

  • Humanities & Social Sciences / History of thought  / 日本思想史

  • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education  / 道徳教育

Education

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Letters

    - 2001

      More details

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Letters

    - 1998

      More details

  • Kyoto University   Faculty of Literature

    - 1996

      More details

Research History

  • Kansai University   Faculty of Letters General Department of Humanities Department of the History of Religions   Professor

    2022.4

      More details

  • Kansai University   Faculty of Letters General Department of Humanities   Associate Professor

    2020.4 - 2022.3

      More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 京都大学大学院   文学研究科 思想文化学専攻 日本哲学史専修   博士後期課程

    1998.4 - 2001.3

      More details

  • 京都大学大学院   文学研究科 思想文化学専攻 日本哲学史専修   修士課程

    1996.4 - 1998.3

      More details

  • Kyoto University   Faculty of Letters

    1992.4 - 1996.3

      More details

Professional Memberships

▼display all

Committee Memberships

  • 関西大学哲学会   理事  

    2023.7   

      More details

  • 比較思想学会   理事  

    2023.6 - Present   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 宗教哲学会   理事  

    2023.3 - Present   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 宗教哲学会   運営委員  

    2023.3   

      More details

  •   宗教哲学会奨励賞選考委員  

    2023.3   

      More details

  • 日本宗教学会   評議員  

    2022.9 - Present   

      More details

  • 比較思想学会   評議員  

    2019.6 - 2023.6   

      More details

  • 比較思想学会   研究奨励賞選考委員  

    2019.6 - 2021.6   

      More details

  • 西田哲学会   編集委員長  

    2018.7 - 2021.7   

      More details

  • 西田哲学会   理事  

    2013.6 - Present   

      More details

  • 西田哲学会   幹事  

    2013.4 - 2021.7   

      More details

  • 西田哲学会   編集委員  

    2012.7 - 2021.7   

      More details

  •   理事  

    2004.7   

      More details

  • 日本イギリス理想主義学会   理事  

    2003.7 - Present   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  • 西田哲学会   理事  

    2003.6 - Present   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

▼display all

Papers

  • The Significance of Spirituality and Compassion for the Modern World: Some Emphatic Teachings from Kitaro Nishida and D. T. Suzuki

    MIZUNO,Tomoharu

    The Annual Report of Research of the Public Interest Matsugaoka Bunko Foundation   36 83-102   2022.3

     More details

  • 「世界」における「自由」:鈴木大拙と西田幾多郎に注目して Invited

    水野友晴

    現代思想   48 ( 15 )   47 - 55   2020.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 西田幾多郎と鈴木大拙における創造的形成の考え――「世界」と「東洋」 Reviewed

    水野友晴

    イギリス理想主義研究年報   (16) 28 - 36   2020.8

     More details

  • 明治宗教哲学における「立脚地」探求の諸相: 清沢満之、綱島梁川、西田幾多郎 Invited

    水野友晴

    現代と親鸞   42   157 - 173   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 「世界」と「霊性」:世界形成と平和の問題をめぐって Invited Reviewed

    水野友晴

    比較思想研究   ( 46 )   14 - 22   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 和辻哲郎「湿潤」と、寺田寅彦「天然の無常」 ――日本思想におけるコンパシオーン(悲)の思想土壌に関する一試論 Reviewed

    水野友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 12 )   124 - 134   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 西田幾多郎および鈴木大拙における「自由」の主張 Invited

    水野友晴

    井上克人教授退職記念論文集   115 - 141   2020.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 純粋経験と霊性 : 西田幾多郎と鈴木大拙をつなぐ「自覚」の問題 Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 11 )   159 - 172   2019

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 近代日本哲学から見た「禅」と「哲学」 Invited

    水野友晴

    日本哲学史研究   別冊   73 - 90   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 鈴木大拙「日本的霊性」の可能性 (特集 コンパシオーンと言語・文化) Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 10 )   75 - 90   2018

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 『善の研究』の実在観から学ぶ : 生命と事実と活動 Reviewed

    水野 友晴

    点から線へ   ( 66 )   82 - 99   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:石川県西田幾多郎記念哲学館  

    CiNii Books

    researchmap

  • Establishing a New Metaphysics by Way of Transcendence to the Near Side:Nishitani Keiji's Explanation of the Basis of Nishida Philosophy Reviewed

    Journal of Nishida Philosophy Association   14 ( 0 )   100 - 114   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Nishida Philosophy Association  

    Nishitani Keiji understood Nishida Philosophy's core project to be the establishment of new metaphysics. This new metaphysics is characterized by an attempt to lead to transcendental absoluteness without departing from this actual world of ours. This project stems from the modern philosophical circumstances: we are no longer able to find a way to solve the problems of our inner human life by following a path to an other world or, in Buddhist language, the"other side"or"far side",because, in our modern life, we accept only this world, that is to say,"this side"or"the near side"as the actual and true world and we do not permit any kind of departure from this world. According to Nishitani, Nishida philosophy attempted to solve this problem by breaking through the framework of empiricism to"experience itself".By means of this breakthrough, we can realize"experience"as the one, whole, and absolute activity. Nishitani understands Nishida's breakthrough to experience itself as a transcendence to"this side"or"the near side".By means of this breakthrough, our personal subjectivity will also come to be recognized as a part of the one, whole and absolute activity; and hence a path to absoluteness will be found that differs from the path that leads to a transcendence to an "other side"or"far side".In this manner, Nishida Philosophy establishes a new metaphysics, which connects us with transcendental absoluteness without departing from our actual and daily world.

    DOI: 10.32133/jnpa.14.0_100

    CiNii Books

    researchmap

  • An Examinaton of D. T. Suzuki's Attempt to Establish a Modern "Zen" Reviewed

    MIZUNO Tomoharu

    Studies in THE PHILOSOPHY OF RELIGION   34 ( 0 )   14 - 28   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Society for Philosophy of Religion in Japan  

    <p>D. T. Suzuki (Suzuki Daisetz)'s presentation of "Zen" should be viewed as an attempt to give a prescription for illnesses caused by our modern living. In this sense, he uses the term "Zen" from a new and modern viewpoint, and so it is necessary to draw a line between his "Zen" and traditional Zen Buddhism. In this article, I examine his early work <i>M&ocirc;z&ocirc;-Roku</i> (妄想録) in order to demonstrate that he was driven by this motive from early on in his career, that is, from the time he had his first opportunity to stay in the United States in the first decade of the twentieth century.</p><p>In <i>M&ocirc;z&ocirc;-Roku</i>, Suzuki defines religion as an attempt to rediscover and return to an original unitary activity underlying our common dualistic distinctions such as subject/object and good/evil. Moreover, he maintains that "Zen" is an immediate expression of this original unitary activity.</p><p>In his discussions of "Zen" and religion in <i>M&ocirc;z&ocirc;-Roku</i>, Suzuki emphasizes the importance of recovering an insight into the original unitary activity, and of our continuous efforts to keep a passage open to it in our modern lives.</p><p>In this article, I demonstrate that Suzuki's late vocation, namely, to communicate an Eastern unitary way of living to those caught up in Western dualistic ways of living, was in fact a maturation of his thoughts in this early work.</p>

    DOI: 10.20679/sprj.34.0_14

    CiNii Books

    researchmap

  • 実在と善 : 『善の研究』における「哲学的研究」と「人生の問題」の関係 (特集 コンパシオーン(共生のパトス)) Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 9 )   61 - 78   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • Mensch und Welt: Ein Dialog mit INOUE Katsuhitos Zeit und Spiegel / Die Philosophie der transzendenten Verborgenheit: Denken mit Dogen, Nishida, Daisetz und Heidegger Reviewed

    Mizuno Tomoharu

    34 ( 34 )   26 - 47   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Kansai University  

    CiNii Books

    researchmap

  • 創造に向かう:自己と世界のありかたに注目して Reviewed

    水野 友晴

    西田哲学会年報   13 ( 0 )   42 - 55   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:西田哲学会  

    DOI: 10.32133/jnpa.13.0_42

    CiNii Books

    researchmap

  • 東洋的思考と創造 : 鈴木大拙の提言(2) Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 8 )   55 - 70   2016

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 「詩」と「自由」 : 鈴木大拙の提言 Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 7 )   84 - 97   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • On the New Notion of "Subjectivity" as Found in D. T. Suzuki's Zen : An Attempted Message from Japanese Philosophy Reviewed

    ( 11 )   65 - 80   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    CiNii Books

    researchmap

  • 世界的自覚と東洋文化 : 西田哲学と大拙禅の世界貢献の可能性 Reviewed

    水野 友晴

    日本の哲学   ( 14 )   110 - 121   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:昭和堂  

    CiNii Books

    researchmap

  • 東方的根基究竟是什麼 来自日本思想者的考察

    水野 友晴

    東亜与日本学   392 - 398   2013.8

     More details

    Language:Chinese  

    researchmap

  • 明治中頃の宗教感覚 : 『善の研究』が執筆されたころ Reviewed

    水野 友晴

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報   ( 5 )   187 - 199   2013

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日独文化研究所 ; 2008-  

    CiNii Books

    researchmap

  • Introduction to the Genealogy of "Internal transcendence" in Meiji Period Japan Reviewed

    Journal of Nishida Philosophy Association   9 ( 0 )   96 - 109   2012

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Nishida Philosophy Association  

    Nishida Kitaro argued in Inquiry into the Good that only through contemplation of the eternal could a person lead a life of meaning. This view on life and morality was not unique to Nishida, but widely shared by other Japanese intellectuals of this period. In order to highlight this point, in this paper I wish to compare the religious philosophy of Nishida Kitaro with that of two other thinkers of the Meiji period, Tsunashima Ryosen and Uchimura Kanzo, who both made profound contributions to the development of Christian thought in Japan. Through this comparison I hope to shed light on the basic substratum of the Japanese religious mind and determine the relationship found therein between mortality and eternity. My hope is that this paper will assist in the establishment of a new standpoint which treats both God and Buddha as unlimited Absolutes, fostering a religious attitude that may provide a greater opportunity for dialogue between members of different religions.

    DOI: 10.32133/jnpa.9.0_96

    CiNii Books

    researchmap

  • 西田哲学が語る「国際貢献」--『日本文化の問題』を中心に Reviewed

    水野 友晴

    同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報   ( 3 )   381 - 385   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:萌書房  

    CiNii Books

    researchmap

  • An Analysis of Emotion in Nishida's Philosophy : An Analysis of the Deepest Sorrow(Section 3)

    MIZUNO Tomoharu

    Journal of religious studies   79 ( 4 )   1118 - 1119   2006

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Japanese Association for Religious Studies  

    DOI: 10.20716/rsjars.79.4_1118

    researchmap

  • 西周と西田幾多郎 ――明治哲学の成立に関する一考察 Reviewed

    水野 友晴

    『西田哲学会年報』   ( 1 )   67 - 87   2004.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 日本におけるトマス・ヒル・グリーンの受容史から垣間見えるもの Reviewed

    水野 友晴

    『人文知の新たな総合に向けて』   2 ( 3 )   277 - 295   2004.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 西田哲学と体用論理 Reviewed

    水野 友晴

    比較思想研究   ( 0 )   65 - 71   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:比較思想学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • The Formation of a Theory of Idealistic Self-realization during the Meiji Period of Japan Reviewed

    MIZUNO Tomoharu

    Studies in THE PHILOSOPHY OF RELIGION   18 ( 0 )   61 - 73   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Society for Philosophy of Religion in Japan  

    During the Meiji period there were three types of ethics in Japan: utilitarian evolutionary theory, the theory of nationalistic self-realization, and the theory of idealistic self-realization. In this article I will elucidate the characteristics and transitions of the theory of idealistic self-realization. <br> Advocates of the theory of idealistic self-realization were Hajime Onishi and Ryosen Tsunajima, and we can see the origin of this theory in the idealistic moral philosophy developed by Thomas Hill Green in England. Green's ultimate aim was to harmonize the conflict between modern life and Christian doctrine, so he argued that the end of our action lies in the realization of our ideal self in our actual self. Through this process of self-realization, our personality and society are morally trained to be just. In the end, we can say that Green aimed to explain and to logically reconstruct the Christian idea of Divine Providence. <br> Basing Green's thought, Onishi maintained that our conscience was an expression of the evolutionary movement of the universe, and therefore a good deed meant one which participated in this movement. Onishi did not go so far as to insist that the only end of our action was self-realization, but Ryosen did. I argue that the theory of idealistic self-realization requires both doctrines to be sufficient as a theory.

    DOI: 10.20679/sprj.18.0_61

    CiNii Books

    researchmap

  • 西田幾多郎とT・H・グリーン--自己実現の原理に注目して (特集 西田哲学研究の現在) Reviewed

    水野 友晴

    日本の哲学   ( 1 )   58 - 75   2000.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:昭和堂  

    CiNii Books

    researchmap

  • Idealistic Rational Faith : A comparison of spiritual principle (T.H.Green) and pure experience (Kitaro Nishida) Reviewed

    Mizuno Tomoharu

    Studies in comparative philosphy.   27 ( 27 )   66 - 72   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Books

    researchmap

▼display all

Books

  • 古荘匡義著『綱島梁川の宗教哲学と実践』

    水野友晴( Role: Sole author)

    宗教研究  2023.6 

     More details

  • 西田幾多郎が語る「平和」

    水野友晴( Role: Sole author)

    国際京都学だより  2023.5 

     More details

  • 小坂国継『西田幾多郎の哲学――物の真実に行く道』

    水野友晴( Role: Sole author)

    比較思想研究  2023.3 

     More details

  • 絶対的自律の実現

    水野友晴( Role: Sole author)

    無神論(法蔵館文庫)  2022.9 

     More details

  • 山内廣隆『田邊元の政治哲学: 戦中・戦後の思索を辿る』昭和堂、2021年

    水野友晴( Role: Sole author)

    イギリス理想主義研究年報  2022.4 

     More details

  • 石井 公成監修 近藤 俊太郎編 名和 達宣編 『近代の仏教思想と日本主義』法藏館、2020年

    水野友晴( Role: Sole author)

    宗教哲学研究  2022.3 

     More details

  • 出会いと回想 木村敏先生「西田哲学と私の精神病理学」

    水野友晴( Role: Sole author)

    文明と哲学 = Zivilisation und Philosophie : 日独文化研究所年報  2022.3 

     More details

  • 新道徳教育全集第1巻 道徳教育の変遷・展開・展望 Reviewed

    水野友晴, 押谷由夫(編著), 貝塚茂樹(編著), 高島元洋(編著), 毛内嘉威(編著)( Role: Joint author)

    学文社  2021.6 

     More details

  • 末木文美士『日本思想史』

    水野友晴( Role: Sole author)

    比較思想研究  2021.3 

     More details

  • 小野真龍著『雅楽のコスモロジーーー日本宗教式楽の精神史』法藏館、2019年

    水野友晴( Role: Sole author)

    宗教哲学研究  2021.3 

     More details

  • 自然の恵みと分度、推譲ーー二宮尊徳から天香さんへ

    水野友晴( Role: Sole author)

    光  2021.3 

     More details

  • 共同研究 共生:そのエトス、パトス、ロゴス

    水野友晴( Role: Joint author鈴木大拙「日本的霊性」の可能性)

    こぶし書房  2020.9 

     More details

    Total pages:452   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 「縁」と「出会い」の空間へ : 都市の風土学12講

    木岡, 伸夫( Role: Joint author)

    萌書房  2019.10  ( ISBN:9784860651343

     More details

    Total pages:viii, 196p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 藤田正勝『日本哲学史』(昭和堂、2018年)

    水野友晴( Role: Sole author)

    イギリス理想主義研究年報  2019.8 

     More details

  • 「世界的自覚」と「東洋」 : 西田幾多郎と鈴木大拙

    水野, 友晴

    こぶし書房  2019  ( ISBN:9784875593492

     More details

    Total pages:421, xxxiip, 図版 [1] 枚   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 小坂国継著 明治哲学の研究 : 西周と大西祝

    水野友晴( Role: Sole author)

    日本の哲学  2014.12 

     More details

  • イギリス理想主義の展開と河合栄治郎 : 日本イギリス理想主義学会設立10周年記念論集

    行安, 茂( Role: Joint author)

    世界思想社  2014  ( ISBN:9784790716129

     More details

    Total pages:xv, 360p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 東方的根基究竟是什麼 来自日本思想者的考察

    水野友晴, 呉光輝( Role: Sole author)

    東亜与日本学  2013.8 

     More details

  • 『善の研究』の百年 : 世界へ/世界から

    藤田, 正勝( Role: Joint author)

    京都大学学術出版会  2011.11  ( ISBN:9784876985760

     More details

    Total pages:v, 406p, 図版1枚   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 井上克人著『西田幾多郎と明治の精神』

    水野友晴( Role: Sole author)

    日本哲学史研究  2011.7 

     More details

  • コラム 複眼時評

    水野友晴

    2011.2 

     More details

  • 『善の研究』とT.H.グリーン

    水野友晴( Role: Sole author)

    藤田正勝編『『善の研究』の百年 世界へ/世界から』京都大学学術出版会  2011.1 

     More details

  • ディアロゴス : 手探りの中の対話

    片柳, 栄一( Role: Joint author)

    晃洋書房  2007  ( ISBN:9784771018402

     More details

    Total pages:xix, 323p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 生成中の哲学を定義すること

    水野友晴, J. C. マラルド( Role: Sole author)

    日本哲学の可能性: 海外における受容と展望  2006.3 

     More details

  • 技術と身体 : 日本「近代化」の思想

    木岡, 伸夫, 鈴木, 貞美, Berque, Augustin( Role: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2006  ( ISBN:462304534X

     More details

    Total pages:xv, 389, xip   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本哲学の国際性 : 海外における受容と展望

    Heisig, James W.( Role: Joint translator)

    世界思想社  2006  ( ISBN:479071179X

     More details

    Total pages:ix, 342, ixp   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 善と悲哀 : 西田哲学の感情論の分析(第三部分,<特集>第六十四回学術大会紀要)

    水野友晴( Role: Sole author)

    宗教研究  2006 

     More details

  • 東アジアと哲学

    藤田, 正勝, 卞, 崇道, 高坂, 史朗( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  2003  ( ISBN:4888487294

     More details

    Total pages:xi, 436p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • James W.Heisig, Philosophers of Nothingness: An Essay on the Kyoto School

    水野友晴( Role: Sole author)

    宗教研究  2002.6 

     More details

  • 展望 近年の日本哲学の研究動向

    水野友晴( Role: Sole author)

    日本の哲学  2001.12 

     More details

  • 知の座標軸 : 日本における哲学の形成とその可能性

    藤田, 正勝( Role: Joint author)

    晃洋書房  2000  ( ISBN:4771011796

     More details

    Total pages:viii, 277p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 西田哲学研究の歴史 西田哲学選集 別巻2

    藤田, 正勝, 西田, 幾多郎( Role: Joint author)

    燈影舎  1998.10  ( ISBN:4924520705

     More details

    Total pages:627p, 図版 [2] 枚   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本近代思想を学ぶ人のために

    藤田, 正勝( Role: Joint author)

    世界思想社  1997  ( ISBN:479070663X

     More details

    Total pages:ix, 307, 26p   Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

▼display all

MISC

  • 小野真龍著『雅楽のコスモロジーーー日本宗教式楽の精神史』法藏館、二〇一九年 Invited

    水野友晴

    宗教哲学研究   ( 38 )   120 - 123   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 自然の恵みと分度、推譲ーー二宮尊徳から天香さんへ Invited

    水野友晴

    光   ( 1199 )   12 - 23   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 討議 精神主義とその時代

    水野友晴, 福島栄寿, 名和達宣, 長尾宗典, 長谷川拓哉

    現代と親鸞   (42), 174-193   2020.6

     More details

  • 書評 藤田正勝『日本哲学史』(昭和堂、2018年)

    水野友晴

    イギリス理想主義研究年報   15   51 - 53   2019.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 疎水の桜

    水野 友晴

    光友会だより   ( 63 )   2 - 2   2015.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 書評 小坂国継著 明治哲学の研究 : 西周と大西祝

    水野 友晴

    日本の哲学   ( 15 )   142 - 150   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:昭和堂  

    CiNii Books

    researchmap

  • 天香さんの“自然”について

    水野 友晴

    光   ( 1116 )   33 - 38   2014.4

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 『善の研究』とT.H.グリーン

    水野 友晴

    藤田正勝編『『善の研究』の百年 世界へ/世界から』京都大学学術出版会   194 - 196   2011.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    researchmap

  • Book review: Inoue Katsuhito, Nishida Kitaro and the ethos of the Meiji era

    Studies in Japanese philosophy   ( 8 )   99 - 107   2011.7

     More details

    Language:Japanese  

    CiNii Books

    researchmap

  • コラム 複眼時評 Invited

    水野 友晴

    京都大学新聞   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 生成中の哲学を定義すること(翻訳)

    J. C. マラルド

    日本哲学の可能性: 海外における受容と展望   261 - 294   2006.3

     More details

  • 書評と紹介 James W.Heisig, Philosophers of Nothingness: An Essay on the Kyoto School

    水野 友晴

    宗教研究   76 ( 1 )   199 - 205   2002.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本宗教学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 展望 近年の日本哲学の研究動向

    水野 友晴

    日本の哲学   ( 2 )   127 - 133   2001.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:昭和堂  

    CiNii Books

    researchmap

▼display all

Presentations

  • 普遍思想史の構想:中村元、和辻哲郎、西田幾多郎

    水野友晴

    比較思想学会50周年記念大会  2023.7 

     More details

    Venue:大正大学  

    researchmap

  • 信仰・思想の地質観

    水野友晴

    国際日本文化研究センター令和4年度共同研究会「日本文化の地質学的特質」  2023.3 

     More details

    Venue:大谷大学響流館  

    researchmap

  • 大拙の「大地」の思想と禅との関係性の考察

    水野友晴

    京都大学人文科学研究所  2022.12 

     More details

    Venue:京都大学人文科学研究所  

    researchmap

  • 再考、鈴木大拙「大地」の思想:地質学との接点を求めて

    水野友晴

    国際日本文化研究センター  2022.11 

     More details

    Venue:国際日本文化研究センター  

    researchmap

  • 「母性的宗教」という観点から見た西田天香と一燈園

    水野友晴

    西田天香 Workshop 生誕150年を機に天香を考える  2022.10 

     More details

    Venue:京都  

    researchmap

  • On the Notion of "World" and the Idea of "World Forming Creativity" in Kitaro Nishida's Philosophy

    MIZUNO,Tomoharu

    2022.5 

     More details

  • 日本的なるものの批評と探求 Invited

    水野友晴

    木岡哲学対話の会  2020.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 世界」における「自由」: 鈴木大拙と西田幾多郎に注目して Invited

    水野友晴

    日本哲学史フォーラム 第37回  2019.12 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    researchmap

  • 西田幾多郎と鈴木大拙における創造的形成の考え: 「世界」と「東洋」

    水野友晴

    日本イギリス理想主義学会 2019年度大会  2019.8 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 「世界」と「霊性」: 世界形成と平和の問題をめぐって Invited

    水野友晴

    比較思想学会 第46回大会  2019.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 近代日本における仏教理解と哲学思想 Invited

    水野友晴

    東アジア文化交渉学会 第10回国際学術大会 香港城市大学  2018.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • 明治宗教哲学における「立脚地」探求の諸相: 清沢満之、綱島梁川、西田幾多郎 Invited

    水野友晴

    親鸞仏教センター 清沢満之研究交流会  2018.3 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 純粋経験と霊性的自覚: 西田と大拙をつなぐ「自覚」の問題 Invited

    水野友晴

    鈴木大拙研究会・第1回公開シンポジウム「大拙研究の周辺:西田哲学と禅の近代化の視点から」  2018.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    researchmap

  • 近代日本哲学から見た「禅」と「哲学」 Invited

    水野友晴

    杉本耕一追悼シンポジウム:「哲学」と「宗教」――杉本耕一の思索  2017.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 「東洋の知」の継承と発展の可能性: 鈴木大拙の「自然」に注目して Invited

    水野友晴

    東アジア文化交渉学会 第9回国際学術大会 北京外国語大学  2017.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • 創造に向かう ー自己と世界に注目して Invited International conference

    水野 友晴

    西田哲学会 第13回年次大会  2015.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • コメント 井上克人著 『〈時〉と〈鏡〉 超越的覆蔵性の哲学 ―道元・西田・大拙・ハイデガーの思索を巡って―』 Invited

    水野 友晴

    関西大学哲学会2015年春季大会  2015.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    File: コメント〈時〉と〈鏡〉超越的覆蔵性の哲学.pdf

    researchmap

  • 「京都哲学」と「国際化」 Invited International conference

    水野 友晴

    東アジア文化交渉学会・第6回年次大会 於上海復旦大学  2014.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • 西田哲学と大拙禅における主体性の問題―― 日本哲学からの発信の試み Invited International conference

    水野 友晴

    京大・ストラスブール大 国際ワークショップ「日本の文化と思想――伝統と創造性」  2014.3 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 西田幾多郎と西田天香 Invited

    水野 友晴

    大愚塾  2013.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 『善の研究』の実在観から学ぶ ―生命と事実と活動 Invited

    水野 友晴

    石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座  2013.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 理想主義がつなぐ明治と昭和 ―西田幾多郎と河合栄治郎 Invited

    水野 友晴

    石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座  2013.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 近代日本人の理想観およびその実現手法の諸相―西周・西田幾多郎・河合栄治郎 Invited International conference

    水野 友晴

    東アジア文化交渉学会・第5回年次大会 於香港城市大学  2013.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • 100年前の日本人が追い求めた理想 人格の実現をめぐって Invited

    水野 友晴

    石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座  2012.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 明治中頃の宗教感覚 『善の研究』が執筆されたころ Invited

    水野 友晴

    石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座  2012.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    researchmap

  • 東洋の根底にあるもの Invited International conference

    水野 友晴

    国際シンポジウム「東アジアと日本学」 於厦門大学  2012.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 地下水脈としての内在的超越: 明治宗教哲学者群像

    水野友晴

    西田哲学会 第9回年次大会  2011.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本近代化における合理観の変遷

    水野友晴

    日本思想史学会 2005年度大会  2005.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 善と悲哀: 西田哲学の感情論の分析

    水野友晴

    日本宗教学会 第64回年次大会  2005.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 西田哲学と体用論理

    水野友晴

    比較思想学会 成田山臨時大会  2004.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 西周と西田幾多郎: 明治日本哲学の一潮流の考察

    水野友晴

    西田哲学会 第1回年次大会  2003.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • The Beginning and Meaning of Japanese Philosophy: The Life and Thought of Onishi Hajime Invited International conference

    MIZUNO Tomoharu

    Cross Currents: New Interactions in Comparative Philosophy  2003.3 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 「原理」か「経験」か: 西田幾多郎「純粋経験」概念再考

    水野友晴

    日本思想史学会 2002年度大会  2002.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 明治期日本におけるカント哲学受容をめぐって Invited

    水野友晴

    日中韓共同研究「東アジアにおける近代哲学の意義」  2001.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本哲学開始期におけるカント受容について

    水野友晴

    日本宗教学会 第59回年次大会  2000.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 理想主義的理性的信仰: T. H. グリーンの心霊的原理と西田幾多郎の純粋経験

    水野友晴

    比較思想学会 第27回年次大会  2000.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 明治中後期における人格実現説の流行について

    日本宗教学会 第58回年次大会  1999.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 『自覚に於ける直観と反省』における「自覚の立場」について

    水野友晴

    日本宗教学会 第57回年次大会  1998.9 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

▼display all

Works

  • 西田幾多郎と西田天香

    水野友晴

    2013.11

     More details

  • 『善の研究』の実在観から学ぶ ―生命と事実と活動

    水野友晴

    2013.9

     More details

  • 理想主義がつなぐ明治と昭和 ―西田幾多郎と河合栄治郎

    水野友晴

    2013.9

     More details

  • 100年前の日本人が追い求めた理想 人格の実現をめぐって

    水野友晴

    2012.9

     More details

  • 明治中頃の宗教感覚 『善の研究』が執筆されたころ

    水野友晴

    2012.9

     More details

Awards

  • 比較思想学会第14回研究奨励賞

    2002.6   比較思想学会   理想主義的理性的信仰 ――T. H. グリーンの心霊的原理と西田幾多郎の純粋経験

    水野 友晴

     More details

Research Projects

  • 近代日本の宗教思想における女性性の意味と役割:一燈園西田天香新資料をベースにして

    2023 - 2025

      More details

  • An Interdisciplinary Study on the Behavior and Expression concerning "What We Cannot Speak About" - with a Focus on the Language and Translation of Chan/Zen Buddhism”

    2022 - 2025

      More details

  • The Geological Characteristics of Japanese Culture

    2022 - 2023

      More details

  • 西田哲学研究国際ネットワークプロジェクト

    2015.5 - 2017.3

    西田哲学研究基金  2014年度西田哲学研究基金(研究助成費) 

    水野 友晴

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 東アジアにおける日本哲学研究―国際学会での対話実践

    2014.4 - 2014.5

    京都大学  KUASU京都大学アジア研究教育ユニット 

    水野 友晴

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • An Introduction to the Study of the Transfiguration of the Technique and Nature by means of Comparative History of Civilization

    Grant number:16320015  2004.4 - 2005.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    KIOKA Nobuo, SHINAGAWA Tetsuhiko, NAKAZAWA Tsutomu, ITO Toru, KUWAKO Toshio, SUZUKI Sadami

      More details

    Grant type:Competitive

    The purpose of the project is to get the general understanding about the meaning of the radical technological development and the change of social body in Japan through the period of the modernization (form the last period of Tokugawa era to World War II). This research is an introduction to the more general study concerning the transfiguration of the technique and nature in various regions of the world by means of the comparative history of civilization.
    For this purpose, we created several research parties and investigated each theme. (1) The "Muneyoshi YANAGI and Mingei Movement" team studied the development of the Mingei movement from Taisho era to Showa era. (2) The "Domestic Policy of Meiji Government and the Process of the Reformation of the Country" team investigated how the centralizational management of the country proceeded by the introduction of modern technologies. (3) The "Evolutionary Theory and Eugenics" team made basic research concerning the transformation of the image of the body of Japanese people, which was caused by the introduction of western thought and technology such as the evolutionary theory and eugenics. (4) The "Reassessment of Marxist Theory of Technology" team focused on the raise of the philosophy of technology in the Marxists and the Kyoto-school in the pre World War II era, and considered the relation of technique and body after modernization. (5) The "Thought and Practice of Architecture" team examined the thought of architecture after 1920s, especially the influence of Bruno Taut to the Japanese culture.
    On October 29 and 30, 2005, We held the International Symposium titled "Historicity of Technique and Body", inviting the foreign scholars including Augustin Berque.
    In 2006, we made conferences several times for the completion of our research, and discussed the results of each team from the general point of view. The papers are gathered in the report.

    researchmap

  • グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成

    2002.4 - 2007.3

    京都大学  21世紀COEプログラム 

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all

Teaching Experience

▼display all

Social Activities

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(7)講師

    2023.10

     More details

  • 『善の研究』の先駆としての『哲学会雑誌』(第74回日本倫理学会ワークショップ「『哲学会雑誌』に見る日本哲学の諸課題 」)

    2023.9

     More details

  • 2023年度土井道子記念京都哲学基金シンポジウム(上田閑照先生の思想をめぐって(続))にて講演(上田閑照「二重世界内存在」論から学ぶ人間形成)

    2023.9

     More details

  • 公益財団法人 日独文化研究所 監事

    2023.8

     More details

  • 石川県西田幾多郎記念哲学館 第43回夏期哲学講座 講師

    2023.8

     More details

  • 「大正・昭和戦前期を中心とする教育と近代仏教に関する学説史的・実践史的考察」(科研費基盤研究(B)研究代表者:真壁宏幹22H00970)2023年度第1回研究会にて公開講演(「霊性的自覚から見た人間形成」)

    2023.7

     More details

  • 東アジア文化交渉学会・第15回年次大会(中国・南開大学)パネルディスカッションコーディネーターと司会

    2023.5

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(6)講師

    2023.4 - 2023.9

     More details

  • 国際日本文化研究センター令和4年度共同研究「日本文化の地質学的特質」における公開シンポジウムにて研究成果報告(「信仰・思想の地質観」)

    2023.3

     More details

  • 国際京都学協会 第96回国際京都学研究会「哲学者西田幾多郎が語った平和」講師

    2023.1

     More details

  • 京都大学人文科学研究所共同研究「禅研究班」第4回研究会にて研究発表

    2022.12

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「ことばが真実を含むとき」 講師

    2022.11 - 2022.12

     More details

  • 国際日本文化研究センター令和4年度共同研究会「日本文化の地質学的特質」にて研究発表

    2022.11

     More details

  • 西田天香 Workshop 生誕150年を機に天香を考えるにてパネリストを務める

    2022.10

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(5)講師

    2022.10 - 2023.3

     More details

  • 東アジア文化交渉学会・第14回年次大会(韓国・啓明大学校)パネルディスカッションコーディネーターと司会と研究発表

    2022.5

     More details

  • 国際日本文化研究センター 共同研究員

    2022.4 - 2023.3

     More details

  • 京都大学人文科学研究所 共同研究員

    2022.4

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(4)講師

    2022.4 - 2022.9

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「西田幾多郎『善の研究』が語る「共生」」 講師

    2022.1

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(3)講師

    2021.10 - 2022.3

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」(2)講師

    2021.4 - 2021.9

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「哲学者・西田幾多郎が経験した「別れ」 妻子との別れ、友人との別れ、現世との別れ」 講師

    2020.11 - 2020.12

     More details

  • 木岡哲学対話の会にて講演

    2020.10

     More details

  • NHK文化センター講座「『善の研究』を読む」講師

    2020.9 - 2021.3

     More details

  • 公益財団法人 日独文化研究所 顧問

    2020.2 - 2023.8

     More details

  • 現代における宗教の役割研究会(コルモス) 会員

    2020.2

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「西田と大拙が見つけた日本 仏教―芸術―自然」 講師

    2020.1 - 2020.2

     More details

  • 西田哲学研究基金「『「世界的自覚」と「東洋」――西田幾多郎と鈴木大拙』出版助成」研究代表者

    2019.4

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「西田哲学と出会う 人生・人間・わたし」 講師

    2019.2 - 2019.3

     More details

  • 東アジア文化交渉学会・第10回年次大会(香港城市大学)パネルディスカッションコーディネーターと司会と研究発表

    2018.5

     More details

  • 親鸞仏教センター第4回清沢満之研究交流会にてパネリストを務める

    2018.3

     More details

  • 鈴木大拙研究会 第1回公開シンポジウム「大拙研究の周辺:西田哲学と禅の近代化の視点から」にて講演

    2018.2

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「鈴木大拙と西田幾多郎」 講師

    2018.2 - 2018.3

     More details

  • 杉本耕一追悼シンポジウム 「「哲学」と「宗教」 ――杉本耕一の思索」実行委員及びパネリスト

    2017.7

     More details

  • 京都商工会議所 文化・情報部会 委員

    2017.3 - 2020.3

     More details

  • 大阪市立阿倍野市民学習センター あべの市民セミナー哲学講座「西田幾多郎『善の研究』を読む 名著とのふたたびの出会い、新しい出会い」 講師

    2017.1 - 2017.3

     More details

  • 西田哲学研究基金「西田哲学研究国際ネットワークプロジェクト」研究代表者

    2014.6 - 2019.3

     More details

  • 東アジア文化交渉学会・第6回年次大会(上海復旦大学)パネルディスカッションコーディネーターと司会

    2014.5

     More details

  • KUASU京都大学アジア研究教育ユニット「東アジアにおける日本哲学研究――国際学会での対話実践」研究代表者

    2014.5

     More details

  • 公益財団法人日独文化研究所 事務局長

    2014.3 - 2020.3

     More details

  • 京大・ストラスブール大 国際ワークショップ「日本の文化と思想 ――伝統と創造性」にて講演

    2014.3

     More details

  • 石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座 講師

    2013.9

     More details

  • 石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学講座 講師

    2012.9

     More details

  • 財団法人懺悔奉仕光泉林(一燈園)事務局長 及び新公益法人制度への移行申請業務担当

    2011.1 - 2014.3

     More details

  • 一燈園資料館香倉院学芸員

    2010.6 - 2010.12

     More details

  • 関西大学科研費共同研究会研究員「日本の近代化過程における技術と身体の思想」内「変容する身体」研究班(研究リーダー)

    2004.4 - 2006.3

     More details

  • 京都大学医学部研究会「質的研究の会」にて講演

    2004.4

     More details

  • 国際日本文化研究センター共同研究研究員「日本の近代化過程における技術と身体の思想」内「洋学派における技術と身体」研究班(研究リーダー)

    2003.10 - 2004.3

     More details

  • 長野県教育委員会に招かれ西田哲学を講義

    1998.8

     More details

  • 国際京都学協会 会員

     More details

▼display all

Devising educational methods

  • (1)視聴覚教材を使用した授業の実践
     関西大学大学院「日本思想論」および京都大学大学院文学研究科での「特殊講義」、京都産業大学「日本思想史A」、福井大学「日本思想史」において、西田幾多郎や鈴木大拙の生前の録画講演、録音講演を上映・再生し、文字情報だけでなく、視覚や音声からも彼らの人格や思想に学生の興味関心を引くことを心がけた。

    (2)日記・書簡・本人や同時代の資料等を活用したテキスト読解の実践
     関西大学大学院「日本思想論」および京都大学大学院文学研究科での「特殊講義」「演習」において、ただ資料テキストを読解するだけでなく、その資料の背景をなす事情や交友関係を明らかにすべく、西田や大拙の日記、書簡、本人が作成した資料、同時代の人が作成した資料などを紹介し、より深い資料読解を心がけた。

    (3)大学インフォメーションシステムを利用した、学生とのコミュニケーション、予習連絡や資料バックナンバーの配布
     関西大学大学院「日本思想論」および京都大学大学院文学研究科での「特殊講義」「演習」、京都産業大学「日本思想史入門」において、関大LMS、KULASIS、Moodleといったインフォメーションシステムを利用し、学生との質疑コミュニケーション、予習連絡、資料バックナンバーの配布を行った。

    (4)席札の機能を兼ねた出席簿
     学生の着席位置も図示する形で学生の出席を登録することで、顔と名前が一致した授業進行や、学生同士のフレンドリーな意見交換が実現するよう工夫している。

    (5)授業中での積極的な学生発表の実行
     関西大学大学院「日本思想論」、京都大学大学院文学研究科での「演習」などゼミ形式の授業において、テキストの章ごとに学生の担当を決め、学生発表を行った。学生に対しては、テキストの単なる要約にとどまらず、それを批判的に考察したり疑問点を指摘するよう指導した。発表後、全体でディスカッションを行い、最後に発表に対する講評・テキストの内容や背景に関する解説を行った。

    (6)PowerPointを利用した授業の実践
     視聴覚教材を授業に積極的に取り入れる工夫は、(1)において触れたとおりであるが、より強力なツールとしてPowerPointで作成した教材を授業に取り入れることにした。哲学思想の紹介に際しては、その哲学者の肖像や彼らの思想を反映した絵画や音楽をスライド内に埋め込むことで、これまでよりも洗練された視聴覚教材を提供することができた。また、PowerPointの利用によって授業の要点をスライド形式で映写することによって、授業時間の効率的な使用が実現した。

Teaching materials

  • (1)哲学演習に際しては原典をテキストに採用し、学生の理解を助けるため適宜二次文献をプリントして配布した。また、自身の学会発表論文を題材に学生とディスカッションを行った。
     関西大学大学院での「日本思想論」では西田や大拙の原典のほか、『歎異抄』、『風姿花伝』などを配布し、出来る限り原典資料に触れた上での講義解説を心がけた。また、京都大学大学院文学研究科での「演習」などゼミ形式の授業においては常に原典を学生に提供し、西田幾多郎、鈴木大拙らの思想にじかに親しむことができるよう配慮した。

    (2)日本近代思想史年表
     藤田正勝編『日本近代思想を学ぶ人のために』世界思想社、pp. 巻末7-26頁に収録。日本近代思想を学ぶ人の助けとなるよう本年表では、本編でとりあげた西周、福沢諭吉、中江兆民、内村鑑三、大西祝、西田幾多郎、波多野精一、田辺元、九鬼周造、和辻哲郎、三木清、岡倉天心、清沢満之、鈴木大拙、久松真一、西谷啓治の生没や生涯の出来事などとあわせて、日本思想上重要と思われる事件を収録・配置した。また、「世界」欄を設け、同時代的に世界で起こった事件や重要著作の出版などの情報を配置した。1996年までと通常の年表に比べて近年までをカバーするのも本年表の特徴である。

    (3)水野友晴『「世界的自覚」と「東洋」――西田幾多郎と鈴木大拙』こぶし書房、2019年
     2018年度の京都大学大学院文学研究科「特殊講義」では、博士論文「「世界的自覚」と「東洋」――世界大に進展する創造的能動性と西田幾多郎、鈴木大拙」の内容に基づいた講義を行った。平成30年度においてこの論文は未刊行であったので、教科書指定しなかったが、2019年4月に刊行したので、平成31年度の同大学院文学研究科「特殊講義」では教科書指定している。

Teaching method presentations

  • 「若手研究者のための大学教育研修プログラム」修了(2016年2月19日、京都大学)
     本プログラムは文学研究科とFD研究検討委員会・高等教育研究推進センターが共同で主催する文学研究科のオーバードクター(OD)によるリレー講義形式のゼミナールであり、事前研修会、公開授業とその検討会、そして年度末の研修会によって構成される。私は2015年度に本プログラムに参加し、同年度2月に修了証を得た。大学教員のファカルティ・ディベロップメントとして教育能力の開発に重きをおく本プログラムからは、特にアクティブラーニング等のスキルを磨くことができた。

    「2020年度 FD・SD研修プログラム」修了(2021年1月18日、関西大学)
     本プログラムは学生、教育職員、そして事務職員が連携してこれから取り組むべき課題を発見し、社会の変革に対応し、時代に即した教育を展開できる能力を育成することを目的とし、学生、教育職員、事務職員が小グループを構成したグループワークとプレゼンテーションを行うものである。研修を通じて学生や事務職員との間の垣根をこえた交流と信頼関係が構築でき、よりよい教育・学習支援を行うための知見を深めることができた。

Special notes on other educational activities

  • (1)(FD活動)京都大学高等教育研究開発推進センター第3回大学教育研究集会、第10回大学教育改革フォーラム(2004年3月20日)
     「今こそ大学教育の改善を問い直す−COLの投げかけるもの−」と題されたフォーラムに出席。授業評価アンケートの有効な活用法についてディスカッションした。

    (2)京都大学日本哲学史研究室にて院生指導(2004年4月1日〜2005年3月31日)
     『大乗起信論』講読

    (3)京都大学人間・環境学研究科佐伯啓思教授に招かれ特別講義(2006年6月)
     京都学派の思想とその現代的意義に関して講義を行った。