2024/07/04 更新

写真a

ウエハラ リョウ
植原 亮
UEHARA,Ryo
所属
総合情報学部 教授
職名
教授
プロフィール
自然主義の観点から哲学・応用倫理学上のさまざまな問題を考察しています。
外部リンク

学位

  • 学士(教養) ( 東京大学 )

  • 修士(学術) ( 東京大学 )

  • 博士(学術) ( 東京大学 )

研究キーワード

  • 認知哲学

  • 認識論

  • 人工物

  • エンハンスメント

  • 知識

  • 分析哲学

  • 科学哲学

  • 自然主義

  • 批判的思考

  • 哲学

  • 人工知能の哲学

  • 脳神経倫理学

  • 自然種

  • 科学リテラシー

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学  / 科学哲学・分析哲学

  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史

  • 人文・社会 / 科学教育

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 脳神経倫理学

学歴

  • 東京大学大学院   総合文化研究科   広域科学専攻相関基礎科学系(科学技術基礎論大講座)博士課程

    - 2008年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院   総合文化研究科   広域科学専攻相関基礎科学系(科学技術基礎論大講座)修士課程

    - 2005年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   教養学部   基礎科学科(科学史・科学哲学分科)

    - 2003年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   教養学部   理科Ⅰ類

    - 2001年3月

      詳細を見る

経歴

  • 関西大学   経済・政治研究所   研究員

    2019年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   総合情報学部   教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 関西大学   総合情報学部   准教授

    2012年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   博士(学術)

    2011年2月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員PD(日本大学文理学部哲学科)

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院総合文化研究科   特任研究員

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員DC1(東京大学大学院総合文化研究科)

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 東京大学 修士(学術)

    2005年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 日本科学哲学会   編集委員  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 科学基礎論学会   評議員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本哲学会   編集委員  

    2017年10月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学哲学会   評議員  

    2016年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

論文

  • 化学の哲学とは何か:科学哲学における化学 招待

    科学・技術研究   13 ( 1 )   2024年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 植原2024化学の哲学とは何か.pdf

    researchmap

  • 仮想現実世界で善く生きるための倫理学的・政治哲学的な問題についての覚書 ――チャルマーズ『リアリティ+』における論点の概観を中心に――

    研究双書   180   1 - 25   2024年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 人工知能・科学・人間のトリロジーの将来

    植原亮

    情報研究   56   1 - 22   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • The way forward for neuroethics in Japan: A review of five topics surrounding present challenges 査読 国際誌

    Eisuke Nakazawa, Tamami Fukushi, Koji Tachibana, Ryo Uehara, Fumie Arie, Nargis Akter, Megumi Maruyama, Kentaro Morita, Toshiyuki Araki, Norihiro Sadato

    Neuroscience Research   183   7 - 16   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Neuroethics is the study of how neuroscience impacts humans and society. About 15 years have passed since neuroethics was introduced to Japan, yet the field of neuroethics still seeks developed methodologies and an established academic identity. In light of progress in neuroscience and neurotechnology, the challenges for Japanese neuroethics in the 2020 s can be categorized into five topics. (1) The need for further research into the importance of informed consent in psychiatric research and the promotion of public-patient engagement. (2) The need for a framework that constructs a global environment for neuroscience research that utilizes reliable samples and data. (3) The need for ethical support within a Japanese context regarding the construction of brain banks and the research surrounding their use. It is also important to reconsider the moral value of the human neural system and make comparisons with non-human primates. (4) An urgent need to study neuromodulation technologies that intervene in emotions. (5) The need to reconsider neuroscience and neurotechnology from social points of view. Rules for neuroenhancements and do-it-yourself neurotechnologies are urgently needed, while from a broader perspective, it is essential to study the points of contact between neuroscience and public health.

    添付ファイル: Nakazawa2022NR.pdf

    DOI: 10.1016/j.neures.2022.07.006

    PubMed

    researchmap

  • 知的徳・知的悪徳・ウェルビーイング:認識論からの善き生へのアプローチ

    植原亮

    国際哲学研究   ( 11 )   97 - 112   2022年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    添付ファイル: 植原(2022)知的徳・知的悪徳・ウェルビーイング.pdf

    researchmap

  • ロボットの道徳的行為者性と責任のラディカルな検討

    日本ロボット学会学術講演会予稿集   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 日本発の概念工学は実行に移せるか? ―戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評― 査読

    植原亮

    科学哲学   53 ( 2 )   259 - 273   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 植原2021日本発の概念工学は実行に移せるか?.pdf

    DOI: 10.4216/jpssj.53.2_259

    researchmap

  • 作り物の徳認識論の規範性

    植原 亮

    情報研究 = Journal of informatics : 関西大学総合情報学部紀要   ( 51 )   1 - 20   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    添付ファイル: 植原 2020 作り物の徳認識論.pdf

    CiNii Books

    researchmap

  • 徳と人間本性:アリストテレス的主題を現代から吟味する

    植原亮

    情報研究   第48   41 - 56   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    添付ファイル: 植原2018 徳と人間本性.pdf

    researchmap

  • 制度的対象の特別視をやめる

    植原亮

    情報研究   ( 44 )   1 - 13   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:関西大学総合情報学部  

    貨幣のような制度的対象はしばしば特別な存在であると見なされる.制度的対象についての有力な見解である集団的志向説によれば,それらは人々の集団的志向性なしには存在しえないがゆえに,他の通常の人工物とは存在論的に異なっており,またその存在論な固有性が認識論的・方法論的な独自性に反映されているという.本稿で目指すのは,制度的対象に対するこの種の哲学的態度のやめ方を描き出すことである.そのためにまず,集団的志向説を批判的に検討する.次いで,その代替的な見方として「ふるまい説」を提出し,その妥当性を示すことを試みる.そして最後に,ふるまい説について想定されるふたつの疑問に応答する.Institutional entities such as money are often perceived as "special" objects. According to a dominant view about them, called "collective intentionalism", institutional entities are ontologically distinct from other ordinary artifacts because they cannot exist without people's collective intentionality, and this ontological distinctiveness is reflected in their epistemological and methodological uniqueness. This study aims to show how to challenge such philosophical attitudes toward institutional entities. Firstly, it critically examines collective intentionalism. Secondly, it presents "behavior theory" as an alternative view to collective intentionalism and tries to show its plausibility. Finally, it addresses two possible questions about behavior theory.

    添付ファイル: 2016制度的対象.pdf

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/10352

  • 認識的パターナリズムへの道は開かれたか――現代知性改善論序説のための断片 招待

    植原亮

    哲学論叢   ( 41 )   24 - 34   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:京都大学哲学論叢刊行会  

    添付ファイル: ronso_41_024.pdf

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/200733

  • チャーチランドの道徳生得説批判――射程と課題

    植原亮

    情報研究   ( 40 )   57 - 76   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:関西大学総合情報学部  

    道徳心理学をめぐる最近の議論において,人間の道徳を生得的と見る道徳生得説が力を増しつつある.パトリシア・S・チャーチランドは『脳がつくる倫理』においてその批判を試みているが,彼女の批判は十分には明確なものではない.そこで本稿では,彼女の道徳生得説批判を検討し,その射程と課題を明らかにすることを目指す.そのために,まずは準備として道徳生得説をめぐる議論を概観する.次にその概観の中に,チャーチランドの議論を再構成して位置づける.最後に,そうして再構成された議論に対して突きつけられることが想定される反論を検討することで,チャーチランドが今後取り組まねばならない課題は何かを探る.Recent discussions on moral psychology have increasingly focused on moral nativism, which is the perspective that human morality is innate. Although Patricia Churchland argued against this viewpoint in her book, Braintrust, her overall argument was unclear. Therefore, this paper examines her argument and clarifi es its scope and issues in a three-step process. First, it provides a general overview of the debates on the innateness of morality. Next, it reconstructs Churchland's argument within this overview. Finally, it investigates the possible objections to the reconstructed argument and related argumentative issues.

    添付ファイル: 植原2014チャーチランド.pdf

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/8388

  • 多元論の導出と実質を検討する――科学主義寄りの観点から 招待

    植原亮

    モラリア   ( 19 )   44 - 64   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東北大学倫理学研究会  

    井頭昌彦氏の『多元論的自然主義の可能性』の書評論文。リンク先は『モラリア』での特集(他の書評と井頭氏からの応答論文)。http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/23251

    添付ファイル: 植原 2012 多元論の導出と実質を検討する.pdf

    CiNii Books

    researchmap

  • Why should we limit radical cognitive enhancement? 査読

    Ryo UEHARA

    Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine   ( 5 )   131 - 150   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: uehara 2011 Why should we limit radical cognitive enhancement.pdf

    researchmap

  • 人工物の実在性――規約主義批判と実在論の図式 査読

    植原亮

    哲学   62   31 - 46   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 植原 2011 人工物の実在性.pdf

    researchmap

  • 実在論と知識の自然化 査読

    植原亮

    東京大学大学院総合文化研究科博士論文   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エンハンスメントと価値論的探究 招待

    植原亮

    社会と倫理   24 ( 24 )   83 - 94   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:南山大学社会倫理研究所  

    添付ファイル: 植原 2010 エンハンスメントと価値論的探究.pdf

    CiNii Books

    researchmap

  • 反省・合理性・分業体制

    植原亮

    科学史・科学哲学   ( 21 )   75 - 85   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳神経科学を用いた知的能力の増強は自己を破壊するか (特集 神経倫理学の課題と展望) 査読

    植原亮

    科学基礎論研究   35 ( 2 )   77 - 86   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:科学基礎論学会  

    添付ファイル: 植原 2008 脳神経科学を用いた知的能力の増強は自己を破壊するか.pdf

    researchmap

  • 知識を世界に位置づける : 自然種としての知識がいかにして多様性を示しうるのか 査読

    植原亮

    科学基礎論研究   35 ( 1 )   11 - 20   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:科学基礎論学会  

    The theory of knowledge as a natural kind holds that knowledge has a theoretical unity in the causal structure of the world. Since knowledge supports causal explanation and prediction, we can investigate knowledge empirically like other natural kinds such as water. But epistemological nihilism holds that knowledge does not have such a theoretical unity because we can always observe the diversity of knowledge. This paper aims to defend the theory of knowledge as a natural kind from epistemological nihilism. To do this, I will suggest that we can understand knowledge as a biological kind like species or organs, and then accommodate the diversity of knowledge to this viewpoint positively.

    添付ファイル: 植原 2007 知識を世界に位置づける.pdf

    DOI: 10.4288/kisoron1954.35.11

    CiNii Books

    researchmap

  • The ethics of cognitive enhancement and self-transformation

    Ryo UEHARA

    The Proceedings of the Second BESETO Young-Scholar Conference of Philosophy   133 - 141   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • スマートドラッグがもたらす倫理的問題--社会と人間性 (神経倫理)

    植原亮

    UTCP研究論集   ( 8 )   37 - 54   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東京大学21世紀「COE共生のための国際哲学交流センター」  

    CiNii Books

    researchmap

  • 認識的プラグマティズムの擁護とその含意 査読

    植原亮

    哲学・科学史論叢   ( 8 )   167 - 193   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東京大学教養学部哲学・科学史部会  

    添付ファイル: 植原 2006 認識的プラグマティズムの擁護とその含意.pdf

    CiNii Books

    researchmap

  • 認識的規範性 査読

    植原亮

    東京大学大学院総合文化研究科修士論文   2005年3月

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 『科学的思考入門(仮)』

    2024年 

     詳細を見る

  • 人工知能とどうつきあうか: 哲学から考える

    ( 担当: 共著 範囲: 第7章「創造性という知的徳を人工知能から学ぶ」)

    勁草書房  2023年7月  ( ISBN:4326103248

     詳細を見る

    総ページ数:256  

    ASIN

    researchmap

  • 遅考術 じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」

    植原 亮

    ダイヤモンド社  2022年8月  ( ISBN:4478115419

     詳細を見る

    総ページ数:272  

    audiobookあり(下記URL) 台湾版『慢思術:凡事多想1分鐘、就能比別人更成功』(林于テイ訳)平安文化、2024年 ※「テイ」は木へんに「亭」

    ASIN

    researchmap

  • 思考力改善ドリル: 批判的思考から科学的思考へ

    植原 亮

    勁草書房  2020年10月  ( ISBN:4326102853

     詳細を見る

    総ページ数:216   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 自然主義入門:知識・道徳・人間本性をめぐる現代哲学ツアー

    植原亮( 担当: 単著)

    勁草書房  2017年7月  ( ISBN:4326154489

     詳細を見る

    総ページ数:320  

    ASIN

    researchmap

  • 人工知能学大事典

    人工知能学会, 人工知能学会, JSAI( 担当: 分担執筆 範囲: 自然化された認識論)

    共立出版  2017年7月  ( ISBN:4320124200

     詳細を見る

    総ページ数:1579  

    ASIN

    researchmap

  • 生命倫理と医療倫理

    伏木信次他編, 伏木 信次, 霜田 求, 樫 則章( 担当: 共著 範囲: 第16章「脳神経倫理」)

    金芳堂  2014年3月  ( ISBN:4765315983

     詳細を見る

    総ページ数:255  

    ASIN

    researchmap

  • 実在論と知識の自然化: 自然種の一般理論とその応用

    植原 亮( 担当: 単著)

    勁草書房  2013年12月  ( ISBN:4326102276

     詳細を見る

    総ページ数:347   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    2010年度に東京大学大学院総合文化研究科に提出した博士論文に加筆・修正を行ったうえで書籍化したもの。

    ASIN

    researchmap

  • 脳がつくる倫理: 科学と哲学から道徳の起源にせまる

    信原 幸弘, 樫 則章, 植原 亮( 担当: 共訳 ,  原著者: Patricia S. Churchland ,  範囲: 第4章・第5章・第8章)

    化学同人  2013年8月  ( ISBN:4759815554

     詳細を見る

    総ページ数:352  

    P.S.ChurchlandのBraintrustの全訳。脳神経科学を中心とする経験諸科学によって道徳の基礎づけを目指す(倫理の自然化を試みる)。

    ASIN

    researchmap

  • 医療倫理Q&A

    関東医学哲学, 倫理学会編, 関東医学哲学倫理学会( 担当: 分担執筆)

    太陽出版  2013年4月  ( ISBN:4884697693

     詳細を見る

    総ページ数:278  

    ASIN

    researchmap

  • 道徳の神経哲学―神経倫理からみた社会意識の形成 (社会脳シリーズ)

    苧阪直行編, 苧阪 直行( 範囲: 「ニューロエンハンスメントの倫理」「社会脳と機械を結びつける」)

    新曜社  2012年11月  ( ISBN:4788513072

     詳細を見る

    総ページ数:244  

    ASIN

    researchmap

  • 科学・技術・倫理百科事典

    科学・技術, 倫理百科事典翻訳編集委員会, 科学・技術, 倫理百科事典翻訳編集委員会( 担当: 共訳 範囲: 「科学技術の修辞学」「疑似科学」「精神薬理学」「脳神経倫理学」「暴力」「ポピュラーカルチャー」「薬物」)

    丸善出版  2012年1月  ( ISBN:4621083872

     詳細を見る

    総ページ数:2656   記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

    「科学技術の修辞学」「疑似科学」「精神薬理学」「脳神経倫理学」「暴力」「ポピュラーカルチャー」「薬物」担当

    ASIN

    researchmap

  • 脳神経科学リテラシー

    信原幸弘, 山本愛実, 原塑編

    勁草書房  2010年10月  ( ISBN:4326102012

     詳細を見る

    総ページ数:336  

    第9章「BMI――脳と機械を結びつける」、第11章「スマートドラッグ――薬物によるエンハンスメント」担当

    ASIN

    researchmap

  • 心の哲学―心を形づくるもの

    ティム・クレイン

    勁草書房  2010年7月  ( ISBN:4326102004

     詳細を見る

    総ページ数:282  

    全訳と訳者解説

    ASIN

    researchmap

  • エンハンスメント・社会・人間性

    植原, 亮

    東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」  2009年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:138p   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 脳神経倫理学の展望

    信原 幸弘, 原 塑編

    勁草書房  2008年8月  ( ISBN:4326153970

     詳細を見る

    総ページ数:357  

    第7章「薬で頭をよくする社会」担当

    ASIN

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 自著紹介『遅考術』

    情報研究   59 ( 1 )   2024年7月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 名著百選ドナルド・ロバートソン『認知行動療法の哲学』

    ブックファースト新宿店「名著百選」   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • いつまでも「考えが浅い」と悩む人が読むべき一冊とは?

    植原亮

    DIAMOND online   2023年3月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    『クセになる禅問答』(山田史生・著)推薦文

    researchmap

  • 仮想現実世界と価値ある活動

    植原亮

    セミナー年報2022   2023年2月

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • お昼ごはんとフレーム問題

    植原亮

    ちくま   ( 622 )   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    信原幸弘『「覚える」と「わかる」』(筑摩書房、2022年)書評

    researchmap

  • バイアスなく判断するために有効な「意外すぎる方法」

    DIAMOND online   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:ダイヤモンド社  

    researchmap

  • 人工知能は科学を人間から切り離してしまうのか

    植原亮

    関西大学経済政治研究所ワーキングペーパーシリーズ   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • 名著百選ジェイソン・スタンリー『ファシズムはどこからやってくるか』

    ブックファースト新宿店「名著百選」2022   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 「理屈っぽいけど実は考えが浅い人」がよく使う、2つの口ぐせ

    植原亮

    DIAMOND online   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:ダイヤモンド社  

    researchmap

  • 人間が“無意識に”陰謀論へ惹きつけられる、2つの心理的理由

    植原亮

    DIAMOND online   2022年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 「特番が組まれると阪神タイガースは優勝できない」は本当か、納得の真相

    植原亮

    DIAMOND online   2022年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 陰謀論や疑似科学を信じ込んでしまう人の、典型的な特徴「トップ3」

    植原亮

    DIAMOND online   2022年8月

     詳細を見る

  • 頭のいい人がやっている、思考の罠から抜け出すシンプルな習慣

    植原亮

    DIAMOND online   2022年8月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 「いかにもありそうだから」で物事を決める人の残念な思考法

    植原亮

    DIAMOND online   2022年8月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 悪徳認識論 徳認識論からカサム『心に備わる諸々の悪徳』へ

    植原亮

    Cunigi   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 自著紹介『思考力改善ドリル--批判的思考から科学的思考へ』

    植原亮

    情報研究   ( 55 )   49 - 53   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    添付ファイル: 自著紹介『思考力改善ドリル』.pdf

    researchmap

  • 大西琢朗『論理学』(2021年、昭和堂)

    植原亮

    フィルカル   7 ( 1 )   128 - 135   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 書評:次田瞬『人間本性を哲学する』 招待

    植原亮

    図書新聞   ( 3530 )   5 - 5   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 名著百選アリストテレス『弁論術』

    植原亮

    ブックファースト新宿店「名著百選」2021年   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 書評:鈴木貴之編著『実験哲学入門』

    植原亮

    科学哲学   54 ( 1 )   105 - 107   2021年9月

     詳細を見る

  • 陰謀論(1)社会への浸透にどう対処するか

    植原亮

    文部科学 教育通信   ( 507 )   28 - 29   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    添付ファイル: 植原2021 陰謀論1社会への浸透にどう対処するか.pdf

    researchmap

  • 陰謀論(2)「人に優しい」陰謀論

    植原亮

    文部科学 教育通信   ( 508 )   20 - 21   2021年5月

  • 人工知能(2)AIと人間にとっての創造性の意味

    植原亮

    文部科学 教育通信   ( 500 )   22 - 23   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 人工知能(1) 不気味さの諸相と「汝自身を知れ」

    植原亮

    文部科学 教育通信   ( 499 )   26 - 27   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • デネット『自由の余地』書評:哲学の書であると同時に、強烈な哲学批判の書 招待

    植原亮

    図書新聞   ( 348-0 )   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも? 招待

    植原亮

    α-Synodos   268   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 徳認識論/知的徳

    植原亮

    ウェブサイト:人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 着任した頃

    関西大学総合情報学部創設25周年記念誌   30   2019年3月

     詳細を見る

  • 「卒業研究」で成長する!

    植原亮

    関西大学通信   ( 464 )   10   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 『自然主義入門』刊行記念ブックフェア「自然主義時代の哲学と人間」コメント付きフェア小冊子

    植原亮

    2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 新たな理論構築に挑む:中山康雄『パラダイム論を超えて――科学技術進化論の構築』書評 招待

    植原亮

    図書新聞   ( 3296 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 消去的唯物論における心身問題:ポール・チャーチランド『物質と意識』書評 招待

    植原亮

    週間読書人   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 「科学リテラシー実習」という授業の序盤で私が実践していることについて 招待

    植原亮

    日本科学哲学会ニューズレター   ( 52 )   1 - 5   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    添付ファイル: 052.pdf

    researchmap

  • デネット本人によるデネット入門:ダニエル・C・デネット『思考の技法』書評 招待

    植原亮

    図書新聞   ( 3220 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 幸福と命名 招待

    植原亮

    葦   159 ( 秋冬 )   18   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 関大人四方山話 紹介できない映画

    植原亮

    関西大学通信   ( 427(11月号) )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 書評 唐沢かおり・戸田山和久編『『心と社会を科学する』(東京大学出版会、二〇一二年) 招待

    植原亮

    科学哲学   46 ( 2 )   64 - 68   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本科学哲学会 ; 1968-  

    CiNii Books

    researchmap

  • ワークショップ報告「脳神経科学と倫理の自然化――『ブレイントラスト』の検討を中心に」 招待

    植原亮

    科学哲学   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「BMI」、「スマートドラッグ」、「知識論的観点」

    植原亮

    社会技術研究開発事業研究開発領域「科学技術と人間」研究開発プログラム「21世紀の科学技術リテラシー」研究開発プロジェクト「文理横断的教科書を活用した神経科学リテラシーの向上」研究開発実施終了報告書   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エンハンスメントの哲学と倫理――概念的な見取り図の試案

    植原亮

    UTCPブックレット8 エンハンスメント・社会・人間性   7 - 23   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人間を超える思想の概念地図と倫理的含意

    植原亮

    医学哲学医学倫理   ( 27 )   94 - 95   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 書評 上田昌文・渡部麻衣子編『エンハンスメント論争--身体・精神の増強と先端科学技術』(社会評論社、二〇〇八年)

    植原亮

    社会と倫理   ( 23 )   119 - 124   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南山大学社会倫理研究所  

    添付ファイル: 植原 2009 書評:上田・渡辺編『エンハンスメント論争』.pdf

    CiNii Books

    researchmap

  • 「人間」の拡張を演出する--BMI,エンハンスメント,エシックス (特集 生と死の脳科学--意識・倫理・エンハンスメント) -- (生きているとは何か)

    植原亮

    科学   78 ( 8 )   910 - 913   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岩波書店  

    CiNii Books

    researchmap

  • 神経倫理におけるスマートドラッグの問題とは何か、またこれから何を問うべきか

    植原亮

    時報しゃりんけん   ( 1 )   4 - 7   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 認知能力の増強と本来性という理念 (特集 脳神経倫理学の誕生)

    植原亮

    創文   ( 505 )   18 - 21   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:創文社  

    CiNii Books

    researchmap

  • 書評 スティーヴン・スティッチ著,薄井尚樹訳『断片化する理性』(勁草書房,2006年刊)

    植原亮

    科学哲学   40 ( 1 )   98 - 102   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学哲学会  

    添付ファイル: 植原 2007 書評:スティッチ『断片化する理性』.pdf

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 「先延ばし」は奥深い:身近な悩みから「自分とは何か」を哲学する

    N/S高校 大学オンライン模擬講義  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 230908NS高オンライン模擬講義(公開用).pdf

    researchmap

  • What kind of intellectual virtue is required to respond to intellectual vices in contemporary Japan?: Historical revisionism as a central subject 国際会議

    植原亮

    2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    Coodinaters:Koji Tachibana Presenters: Koji Tachibana, Ryo Uehara (Kansai University, Japan), Yosuke Hayashi (Osaka Kyoiku University, Japan) Place: Manchester Metropolitan University, UK

    researchmap

  • AI・創造性・知的徳

    植原亮

    デジタル・アイデンティティ研究会ワークショップ「頭脳からの解放という倫理的課題」  2024年3月 

     詳細を見る

    開催地:慶応義塾大学三田キャンパス  

    researchmap

  • 限定合理性をめぐる議論からいかなる哲学的課題が引き出せるか?

    科学基礎論学会学会企画「ハーバート・サイモンの哲学」  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    添付ファイル: 限定合理性をめぐる議論からいかなる哲学的課題が引き出せるか.pdf

    researchmap

  • 「再考:自然主義の誤謬」コメント

    日本動物行動学会「ラウンドテーブル6 再考:自然主義の誤謬」  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    添付ファイル: 再考自然主義的誤謬コメント.pdf

    researchmap

  • What can humans learn from AI about creativity as an intellectual virtue?

    Artificial Intelligence and Ethics: Medicine, Education, and Human Virtue  2023年5月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 「遅考術」著者 植原教授に学ぶ、頭のいい人は遅く考える!? 思考の質を深める10の方法とは 招待

    植原亮

    スタートアップカフェ大阪  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 仮想現実世界と価値ある活動

    植原亮

    産業セミナー(関西大学経済・政治研究所)  2022年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 植原(当日資料)仮想現実世界と価値ある活動.pdf

    researchmap

  • 『遅考術』刊行記念セミナー

    植原亮

    ダイヤモンド社 The Salon  2022年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 知的に有徳であることをめぐる議論の動向

    オンラインワークショップ「人工知能と徳」  2022年3月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 今日だけ語ろう 研究の未来について 招待

    Cunugiラウンジ  2021年12月 

     詳細を見る

  • 認識的悪徳の栄え

    植原亮

    哲学会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: 211030認識的悪徳の栄え.pdf

    researchmap

  • 頭の働き・因果関係・詭弁・ディレンマへの対処 招待

    植原亮

    関西大学・次世代経営者塾(9月28日、11月11日、12月23日)  2021年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ロボットの道徳的行為者性と責任のラディカルな検討

    植原亮

    日本ロボット学会OS3「ロボット倫理の最前線とその社会化に向けて」  2021年9月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    セッションの報告記事 https://robogaku.jp/news/2022/sig20220126.html

    添付ファイル: 予稿植原「ロボットの道徳的行為者性と責任のラディカルな検討」.pdf

    researchmap

  • 相同自然種論

    植原亮

    生物学基礎論研究会シンポジウム「相同性はなぜ哲学の問題になるのか」  2021年8月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 相同自然種論.pdf

    researchmap

  • 思考力を改善するためには何をどうすれば冴えたやり方になるのだろうか 招待

    植原亮

    名古屋大学哲学教育研究会  2021年8月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 植原「思考力を改善するには」.pdf

    researchmap

  • 哲学的自然主義の現在とその情報社会学との接点 招待

    多摩大学情報社会学研究所  2021年7月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 植原「哲学的自然主義の現在とその情報社会科学との接点」.pdf

    researchmap

  • 虚偽情報をめぐる哲学の現状:陰謀論を中心に

    植原亮

    科学基礎論学会ワークショップ「虚偽情報をめぐる科学と哲学の現在」  2021年6月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    添付ファイル: 虚偽情報をめぐる哲学の現状:陰謀論を中心に.pdf

    researchmap

  • 悪徳認識論

    植原亮

    ぬくぬくクヌギ  2021年6月 

     詳細を見る

  • 思考・AI・ウェルビーイング

    植原亮

    shiawase2021ワークショップ「哲学者とともに考えるAI時代のわたしたちのウェル・ビーイング」  2021年3月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 『思考力改善ドリル』からウェルビーイングへ

    植原亮

    ワークショップ「思考力とウェルビーイング」  2021年1月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 人工知能は科学を人間から 切り離してしまうのか?

    植原亮

    産業セミナー(関西大学経済・政治研究所)  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Could AI be a creative machine? 国際会議

    植原亮

    Japanese-European Meeting on Artificial Intelligence and Moral Enhancement  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Sala de Juntas de Filosofia, Faculty of Psychology, University of Granada, Spain  

    researchmap

  • 機械学習・深層学習と知的創造性

    植原亮

    日本科学哲学会ワークショップ「機械学習・深層学習の哲学的意義」  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 認識論と道徳に対する工学的アプローチについて

    植原亮

    科学基礎論学会秋の例会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 『ハイデガーと生き物の問題』が露わにする超越論哲学の岐路 招待

    植原亮

    表象文化論学会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 方法論的自然主義 招待

    植原亮

    第8回PAP研「アリストテレスと現代(1) 自然主義と哲学方法論をめぐって」  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    添付ファイル: 180303発表用資料(植原)方法論的自然主義.pdf

    researchmap

  • 現代自然主義とアリストテレス的主題

    植原亮

    日本科学哲学会ワークショップ「現代自然主義とアリストテレス」  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 『自然主義入門』共協働実学する 招待

    植原亮

    京都フォーラム・復幸実学共働学習会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 自然主義者が気になる若干の細かい点について 招待

    植原亮

    京都生命倫理研究会:蝶名林亮『倫理学は科学になれるのか』合評会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都女子大学  

    蝶名林亮『倫理学は科学になれるのか』合評会。オーガナイザ:鈴木真、コメンテータ:伊勢田哲司・安藤馨・植原亮。

    researchmap

  • 人工物の哲学をめぐる近年の動向 招待

    植原亮

    関西工学倫理研究会  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    添付ファイル: 160227人工物の哲学をめぐる近年の動向(関西工学倫理).pdf

    researchmap

  • 制度的対象の特別視をやめる

    植原亮

    日本科学哲学会第48回大会ワークショップ「人工物の哲学」  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    添付ファイル: 制度的対象(2015科学哲学会).pdf

    researchmap

  • 自然種論から見た生物種と相同をめぐる問題

    植原亮

    日本科学哲学会第47回大会ワークショップ「生物はどのように同一とみなされるべきか」  2014年11月  日本科学哲学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:南山大学  

    researchmap

  • 認識的パターナリズムへの道は開かれたか 招待

    植原亮

    『哲学論叢』第41号合評会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都大学文学部  

    researchmap

  • 認識論と批判的思考の間に生じる不協和について 招待

    植原亮

    玉川大学脳科学研究所 応用脳科学研究センター 「心の哲学」研究部門 第3回会議  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Kan-Dai1 seminar 現代の科学論(明石高校)

    植原亮

    2013年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:明石高校(兵庫県)  

    researchmap

  • Kan-Dai1 seminar 現代の科学論(懐風館高校) 招待

    植原亮

    2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:懐風館高校(大阪府)  

    researchmap

  • チャーチランドの道徳生得説批判の検討

    植原亮

    日本科学哲学会ワークショップ「脳神経科学と倫理の自然化――『ブレイントラスト』の検討を中心に」  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 自然主義の体系化プログラムとしての自然種の理論 招待

    植原亮

    第1回自然主義研究会  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 改訂派自然主義者からの質問 招待

    植原亮

    第1回自然主義研究会:井頭昌彦『多元論的自然主義の可能性』書評会  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 認知エンハンスメント問題はどれほど根深いか 招待

    植原亮

    新学術領域 「精神機能の自己制御理解にもとづく 思春期の人間形成支援学」 第2回総括班会議  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 人工物についての実在論内部の問題

    植原亮

    応用哲学会臨時大会ワークショップ「拡張した心と人工物の存在論」  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 認知的ニッチ構築と自然化された認識論 招待

    植原亮

    認知哲学研究会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Neuroscience literacy and its social implications 国際会議

    Ryo Uehara, Eisuke Nakazawa

    4S (Society for Social Studies of Science)  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生物種の存在論 招待

    植原亮

    DDD  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳神経科学リテラシーの知識論

    植原亮

    科学基礎論学会ワークショップ「脳神経科学リテラシーとは何か」  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 種とメカニズム

    植原亮

    哲学会カントアーベント  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳の倫理とリテラシー 招待

    植原亮

    高千穂大学「道徳教育論」特別講義  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • エンハンスメントをめぐる諸問題と神経科学リテラシー 招待

    植原亮

    研究会「脳神経倫理学の現状と課題」  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 人工物の実在性――自然種的実在論の擁護

    植原亮

    日本哲学会  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 神経科学リテラシーとは何か?哲学的基礎 招待

    植原亮

    シンポジウム「神経科学リテラシー」  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • ラディカルな知能のエンハンスメントは人間に何をもたらすか 招待

    植原亮

    社会的知能発生学研究会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • BMIと人間観 招待

    植原亮

    静岡理工科大学公開シンポジウム「脳と機械をつなぐ新技術――ブレイン・マシン・インターフェイスをめぐって」  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Transhumanism and the Theory of Value 国際会議

    植原亮

    Neuroethics Society  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 人間を超える思想の概念地図と倫理的含意

    植原亮

    日本医学哲学・倫理学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • BMIは哲学・倫理学にとってなぜ興味深いのか? 招待

    植原亮

    日本生理学会若手の会主催サイエンスカフェ「身体と機械の境界」  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • イントロダクション

    植原亮

    UTCPシンポジウム「エンハンスメントの哲学と倫理」  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Skeptical comments on Prinz’s holistic methodology of moral progress

    植原亮

    UTCP Lectures Series: Jesse J. Prinz  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • The ethics of cognitive enhancement and self-transformation 国際会議

    Ryo UEHARA

    The Second BESETO Young-Scholar Conference of Philosophy  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 神経科学を用いた知的能力の増強

    植原亮

    科学基礎論学会秋の例会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 人間知識の独自性と外在主義

    植原亮

    日本科学哲学会  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 知識の自然種論:ひとつの視座

    植原亮

    科学基礎論学会  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 社会倫理研究奨励賞

    2008年3月   南山大学社会倫理研究所  

    植原亮

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 他者の身体的アプローチに対するロボットの受容性とマルチモーダル忌避行動の検討

    研究課題/領域番号:23K11278  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    米澤 朋子, 吉田 直人, 山添 大丈, 佐々木 恭志郎, 植原 亮

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • コンピュータ化によるパラダイム変化とその対応

    研究課題/領域番号:21K18351  2021年7月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    宗岡 徹, 三島 徹也, 高橋 秀彰, 植原 亮, 山口 聡一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:5590000円 ( 直接経費:4300000円 、 間接経費:1290000円 )

    本研究は、「手書きシステムのコンピュータ化」ではなく、「コンピュータを前提としたシステムの構築」によって、パラダイム変化が起こるのではないかという仮説のもと、コンピュータ化がパラダイムに与える影響を、社会全体あるいはそれぞれの分野で検討し、それに対する対処をどのようにするべきかを研究することを目的としている。
    コンピュータ化を巡る議論では上記の違いを意識せずに行われており、文献調査において、特定の分野のコンピュータ化が「手書きシステムのコンピュータ化」にあたるのか、「コンピュータを前提としたシステムの構築」にあたるのかを批判的に検討することが必要となる。さらに、仮説の検証のため、社会システムとコンピュータの関係に係る専門家へのヒアリングを行う必要があり、様々な分野の専門家に対するヒアリングが中心的な研究方法となる。
    研究代表者及び研究分担者は、それぞれの分野においてコンピュータ化についての文献調査並びにさまざまな実態調査を行い、その結果の検討を行った。さらに、深層学習、情報技術の社会への影響、哲学、工学に係る専門家4人に対し、コンピュータ化と社会への影響に関するヒアリングを行った。
    その成果として、査読付き論文1編、研究代表者及び研究分担者(計4名)の共著の研究双書を発刊するとともに、3回の学会やセミナーでの研究発表を行った。
    しかしながら、コロナ禍の中、その活動は国内に限られるとともに、関係学会への参加並びに発表等を行うことができない状況が続いた。特に海外の専門家へのヒアリングは全く行うことができなかった。来年度以降は、文献研究の範囲を拡大させるとともに、国内のヒアリングをさらに充実させるとともに、海外でのヒアリングを行うようにする必要がある。

    researchmap

  • 情動へ介入する先端医科学技術の倫理的問題

    研究課題/領域番号:20K10341  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中澤 栄輔, 立花 幸司, 植原 亮, 山本 圭一郎, 伊吹 友秀

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 実在論と知識の自然化

    2013年 - 2014年

    文部科学省  研究成果公開促進費(学術図書) 

    植原亮

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 知識と実在に関する哲学的自然主義の観点からの研究

    研究課題/領域番号:09J04097  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    植原 亮

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本年度の研究は、昨年度末に東京大学大学院総合文化研究科に提出した博士論文「実在論と知識の自然化」の成果を発展させることを中心として実施された。具体的に言えば、以下の三点を挙げることができる。第一に、人工物をめぐる実在論に関して、規約主義的な見解からそれを擁護すること、また、実在論の内部において可能な複数の立場の整理・検討すること、第二に、知識の自然種論に関して博士論文で提示した枠組みが、たとえばW・V・クワインの提出する知識の全体論や、D・デイヴィドソンが捷唱する合理性をめぐる議論など、いわゆる分析的伝統においてスタンダードになっている哲学的学説といかなる関係にあるのか、という点の明確化、第三に、自然種の理論にもとづく自然主義の枠組みと、多元論的自然主義のような実在論的志向ではない自然主義的な立場と間にいかなる関係や相違があるのかについての検討である。これらに加え、今後の課題として、信念の存在論的身分やJ・サールらのいう社会的実在性に関する議論の検討が必要であることも明らかになった。以上は、哲学的自然主義の一般的理論のもとに、多くの領域においてさまざまな成果を挙げつつあるものとして評価することができるだろう。本年度はまた、哲学的自然主義の一展開としての脳神経倫理学における研究でも、道徳性の脳神経科学的基盤に関する理論的基礎、とりわけその生得性概念との関連についての研究が進展し始めたという点も成果のひとつとして挙げることができる。

    researchmap

担当経験のある科目(授業)

  • テーマ別研究(数理思想史)

    2021年4月 - 2022年3月 機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 人工知能と社会

    機関名:跡見学園女子大学

     詳細を見る

  • 情報と思想

    機関名:跡見学園女子大学

     詳細を見る

  • 情報技術と人間

    機関名:跡見学園女子大学

     詳細を見る

  • 科学論

    機関名:跡見学園女子大学

     詳細を見る

  • テーマ別研究(哲学・倫理学テクスト分析)

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 導入ゼミ

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • テーマ別研究(現代哲学)

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 現代哲学

    機関名:関西大学大学院・総合情報学研究科

     詳細を見る

  • 専門演習

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • インタラクションの認知・メディア・文化

    機関名:関西大学・大学院

     詳細を見る

  • テーマ別研究(論理学)

    機関名:関西大学総合情報学部

     詳細を見る

  • 相関基礎科学特殊講義Ⅲ

    機関名:東京大学大学院・総合文化研究科

     詳細を見る

  • 論文指導

    機関名:関西大学大学院・総合情報学研究科

     詳細を見る

  • 哲学

    機関名:駿河台大学

     詳細を見る

  • 哲学(演習)/科学哲学科学史特殊講義

    機関名:京都大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 情報と倫理

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 科学倫理・科学哲学

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 科学リテラシー実習

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 哲学概論

    機関名:駿河台大学

     詳細を見る

▼全件表示

メディア報道

▼全件表示

学術貢献活動

  • 応用哲学会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    応用哲学会  2022年5月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 政治哲学研究会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    政治哲学研究会  2022年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 哲学会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    哲学会(東京大学)  2020年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 京都大学国際シンポジウム「未来創成学の展望」

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2019年10月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  • 日本哲学会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本哲学会  2019年5月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

  •  多人数の講義科目では、授業の最後に簡単な課題に取り組む時間を学生に与え、それを提出させて、次回の授業の冒頭に一部を講評する時間を設けることで、講義内容の理解の深化や文章執筆能力の育成を促すとともに、フィードバックをもたらすことにより、できるだけ双方向的なやりとりが実現するように図っている。  実習科目(「科学リテラシー実習」)では、できるだけ日常的な素材を利用した批判的思考力の育成を出発点においたうえで、段階的に科学リテラシー上の重要な思考法や概念を学生が身につけられるように工夫している。そのさい、優れた解答を作成した学生には授業内でその内容を発表する機会を与えて動機づけを与えると同時に、ほかの学生に発表を聴かせることで理解を促すこと、またTAやSAの協力を得ながら受講学生に他者に伝わる文章を執筆するためのアドバイスをきめ細かく与えること、さらに、回収した課題の答案には簡単ながらコメントを付すこと、などを実践している。  ゼミ形式の授業では、発表者だけでなく、質問者を複数人指定して討論に参加させることで、できるだけ参加者全体での討論が実現するような形式にしている。また各学生が長期休暇中に執筆したレポートを添削し、修正を施させたうえで、学期中に全体で合評会を実施してもいるが、これは個別の文章執筆能力の向上を図るだけでなく、学生に相互批評の機会を与えて、開かれた態度と他者から学ぶ姿勢を身につけさせようと意図するものである。

作成した教科書、教材、参考書

  •  2010年に刊行された、大学1・2年次生向けの文理横断型の教科書である『脳神経科学リテラシー』(勁草書房)では、一部の章を執筆するとともに、対応する授業用のスライドを作成した。  この教材は部分的に関西大学での「科学リテラシー実習」で活用しているが、そこでは新たに作成した、批判的思考能力育成をベースにした初頭科学リテラシー用の教材をも使用している。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 「認識論と批判的思考の間に生じる不協和について」玉川大学脳科学研究所応用脳科学研究センター 「心の哲学」研究部門 第3回会議(2014年9月14日)では、「科学リテラシー実習」における、批判的思考力育成にもとづく初等科学リテラシーの涵養という方向での教育方法および実践の報告やそこから得られた知見を交えながら、批判的思考力(クリティカルシンキング)に関する研究の今後の課題を現代認識論の動向と対応づけながら明らかにする、という講演を行った。

その他教育活動上特記すべき事項

  • 高大連携の授業の実際  2013年度:Kandai-1 seminer「現代の科学論」 於明石高校(兵庫県)、懐風館高校(大阪府)