2024/03/30 更新

写真a

サトウ マサノブ
佐藤 方宣
SATO,Masanobu
所属
経済学部 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 修士 ( 1996年3月 )

研究分野

  • 人文・社会 / 経済学説、経済思想

学歴

  • 慶應義塾大学大学院   経済学研究科後期博士課程

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学大学院   経済学研究科修士課程

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学   経済学部

    - 1992年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 経済学史学会   幹事  

    2021年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 社会思想史学会   常任幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 経済学史学会   事務局補佐  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 社会思想史学会   幹事  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

  • 社会思想史学会   企画委員  

    2015年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

  • 経済学史学会   関西部会幹事  

    2014年7月 - 2016年7月   

      詳細を見る

  • 経済学史学会   幹事  

    2013年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

論文

  • 「佐和隆光『経済学とは何だろうか』とは何だったのか」

    佐藤方宣

    関西大学経済論集   71 ( 4 )   171 - 193   2022年3月

     詳細を見る

  • Frank Knight on Self-interest, in Susumu Egashira, Masanori Taishido, D. Wade Hands, Uskali Mäki(eds.) A Genealogy of Self-Interest in Economics, Springer

    佐藤方宣

    2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「ロールズと経済学史――『正義論』へのナイトの影響が意味するもの」井上彰編『ロールズを読む』ナカニシヤ出版、2018年10月

    佐藤方宣

    237 - 257   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「経済神学――経済学者の社会的機能とは何か」,『現代の経済思想』橋本努編,勁草書房,2014年10月,581-600頁. [査読なし]

    佐藤方宣

    581 - 600   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • “Hayek and Knight on the conditions of liberal society: How two critics of ‘liberals’ came to different conclusions”

    佐藤方宣

    『関西大学経済学会Working Paper』   (F-73)   2014年10月

     詳細を見る

  • 「ハイエクとナイト――『リベラル』批判の二つの帰趨」桂木隆夫編『ハイエクを読む』ナカニシヤ出版、2014年3月

    佐藤方宣

    196 - 222   2014年3月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「市場の倫理と討議の倫理――自由主義の変容とナイト」

    佐藤方宣

    『関西大学経済学会Working Paper 』   (J-33)   2012年7月

     詳細を見る

  • 「市場の倫理――カーネギー,クラーク,ナイトの論じ方」経済学史学会編『古典から読み解く経済思想史』

    佐藤方宣

    63 - 80   2012年5月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「『豊かさの質』の論じ方――諦観と楽観のあいだ」中野剛志編『成長なき時代の国家を構想する――経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン』

    佐藤方宣

    95 - 112   2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「制度派とケンブリッジの経済学者──2つの「学派」を結ぶもの」平井俊顕編『市場社会論のケンブリッジ的展開――共有性と多様性』

    佐藤方宣

    291 - 307   2009年7月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「戦間期アメリカの『計画化』:J. M. クラークを中心に」平井俊顕編『市場社会とは何か――ヴィジョンとデザイン』上智大学出版

    佐藤方宣

    107 - 133   2007年5月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 「1920年代アメリカのビジネス・ エシックスー『倫理コード』をめぐる動向とその同時代評価」(査読付) 査読

    佐藤 方宣

    『経済学史研究』(旧『経済学史学会年報』)第46巻2号   92-107頁(査読あり)   2005年12月

     詳細を見る

  • 「J.M.クラークの社会経済学のヴィジョン」(査読付) 査読

    佐藤 方宣

    『経済学史学会年報』   第45号:40-54頁(査読あり)   2004年6月

     詳細を見る

  • 「フランク・ナイトと制度主義―1920年代における制度主義批判の意味するもの」(査読付) 査読

    佐藤 方宣

    『経済学史学会年報』   第42号:59-70頁(査読あり)   2002年11月

     詳細を見る

  • 「フランク・ナイトにおける市場経済の倫理的検討」(査読付) 査読

    佐藤 方宣

    『三田学会雑誌』   第93巻1号(2000年4月):237-258頁(査読あり)   2000年4月

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • リスク、不確実性、利潤 (単行本)

    桂木 隆夫, 佐藤 方宣, 太子堂 正称, 太子堂, 正称( 担当: 共訳 ,  原著者: フランク・H・ナイト)

    筑摩書房  2021年8月  ( ISBN:4480867333

     詳細を見る

    総ページ数:507   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • フランク・ナイト『リスク、不確実性、利潤』桂木隆夫、佐藤方宣、太子堂正称訳、筑摩書房

    佐藤方宣

    2021年8月 

     詳細を見る

  • Frank Knight on Self-interest, in Susumu Egashira, Masanori Taishido, D. Wade Hands, Uskali Mäki(eds.) A Genealogy of Self-Interest in Economics, Springer

    佐藤方宣

    Springer  2021年1月 

     詳細を見る

  • 「ロールズと経済学史――『正義論』へのナイトの影響が意味するもの」井上彰編『ロールズを読む』ナカニシヤ出版、2018年10月

    ( 担当: 分担執筆)

    2018年10月 

     詳細を見る

  • 「『経済学批判』はどのような歴史的系譜をもつのか――異端派と反経済学の展開」

    佐藤方宣( 担当: 分担執筆)

    『総力ガイド! これからの経済学 マルクス、ピケティ、その先へ (経済セミナー増刊)』日本評論社  2015年9月 

     詳細を見る

  • 「ハイエクとナイト――『リベラル』批判の二つの帰趨」桂木隆夫編『ハイエクを読む』ナカニシヤ出版、2014年3月

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 196-222頁)

    ナカニシヤ出版  2014年3月 

     詳細を見る

    「ハイエクとナイトII――「リベラル」批判の二つの帰趨」

    researchmap

  • 『ハイエクを読む』桂木隆夫編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2014年3月 

     詳細を見る

    「ハイエクとナイトII――「リベラル」批判の二つの帰趨」

    researchmap

  • 「産業」「国民所得」「第一次産業/第二次産業/第三次産業」「トレード・オフ」「経団連」「公共投資」

    佐藤方宣( 担当: 分担執筆)

    大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編,見田宗介編集顧問,『現代社会学辞典』,弘文堂.  2012年12月 

     詳細を見る

  • 「市場の倫理――カーネギー,クラーク,ナイトの論じ方」経済学史学会編『古典から読み解く経済思想史』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 63-80頁)

    ミネルヴァ書房  2012年5月 

     詳細を見る

  • 『古典から読み解く経済思想史』経済学史学会編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ミネルヴァ書房  2012年5月 

     詳細を見る

  • 『経済学史』 喜多見洋・水田健編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ミネルヴァ書房  2012年2月 

     詳細を見る

  • 『成長なき時代の国家を構想する――経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン』中野剛志編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2010年12月 

     詳細を見る

  • 「『豊かさの質』の論じ方――諦観と楽観のあいだ」中野剛志編『成長なき時代の国家を構想する――経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 95-112頁)

    ナカニシヤ出版  2010年12月 

     詳細を見る

  • 「ミルトン・フリードマン:“福祉国家アメリカ”の批判者」小峯敦編『福祉の経済思想家たち(増補改訂版)』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 272-282頁)

    ナカニシヤ出版  2010年5月 

     詳細を見る

  • 『福祉の経済思想家たち(増補改訂版)』小峯敦編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2010年5月 

     詳細を見る

  • 「制度派とケンブリッジの経済学者」平井俊顕編『市場社会論のケンブリッジ的展開――共有性と多様性』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 291-307頁)

    日本経済評論社  2009年7月 

     詳細を見る

  • 『市場社会論のケンブリッジ的展開――共有性と多様性』平井俊顕編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    日本経済評論社  2009年7月 

     詳細を見る

  • 佐藤方宣編『ビジネス倫理の論じ方--How does ethics matterto business?』

    佐藤 方宣( 担当: 編集)

    ナカニシヤ出版  2009年4月 

     詳細を見る

  • 『ビジネス倫理の論じ方--How does ethics matterto business?』 佐藤方宣編

    佐藤 方宣( 担当: 編集)

    ナカニシヤ出版  2009年4月 

     詳細を見る

  • 「戦間期アメリカの『計画化』:J. M. クラークを中心に」平井俊顕編『市場社会とは何か――ヴィジョンとデザイン』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 107-133頁)

    Sophia University Press 上智大学出版  2007年5月 

     詳細を見る

  • 『市場社会とは何か――ヴィジョンとデザイン』平井俊顕編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    Sophia University Press 上智大学出版  2007年5月 

     詳細を見る

  • 「ミルトン・フリードマン:“福祉国家アメリカ”の批判者」小峯敦編『福祉の経済思想家たち』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆 範囲: 254-264頁)

    ナカニシヤ出版  2007年4月 

     詳細を見る

  • 『福祉の経済思想家たち』小峯敦編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2007年4月 

     詳細を見る

  • 『福祉国家の経済思想』小峯敦編

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2006年10月 

     詳細を見る

  • 「J.M.クラークの社会経済学のヴィジョン」小峯敦編『福祉国家の経済思想』

    佐藤 方宣( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2006年10月 

     詳細を見る

  • [書評]「Ross B. Emmett(ed.) Selected Essays by Frank Hyneman Knight」

    佐藤 方宣

    2001年5月 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • [書評]桑田学著『経済的思考の転回――世紀転換期の統治と科学をめぐる知の系譜』(以文社,2014年)

    佐藤方宣

    『歴史と経済』(政治経済学・経済史学会)   ( 241 )   2018年10月

     詳細を見る

  • [書評] 岩井克人(前田裕之聞き手)『経済学の宇宙』日本経済新聞出版社,2015年

    佐藤方宣

    『経済学史研究』   58 ( 1 )   2016年7月

     詳細を見る

  • ソフィアンの本棚 平井俊顕編著『どうなる私たちの資本主義 : 現代市場社会の「解体新書」』

    佐藤 方宣

    ソフィア   59 ( 4 )   450 - 452   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:上智大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • [書評]「ダニエル・コーエ ン『迷走する資本主義―― ポスト産業社会についての 3つのレッスン』新泉社」

    佐藤方宣

    『図書新聞』(2933)   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 伊藤秀史氏(一橋大学)報告「情報の非対称性とインセンティブに関する研究が新古典派経済学にもたらした変容」のコメンテーター

    佐藤 方宣

    2007年7月

     詳細を見る

  • [書評]「Guglielmo Forges Davanzati: Ethical Codes and Income Distribution: A Study of John Bates Clark and Thorstein Veblen, London: Routledge, 2006」

    『経済学史研究』   49 ( 1 )   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 京阪経済研究会「(特集)ベヴァリッジの『失業』(1909)」、小峰敦氏(龍谷大学)の報告「ベヴァリッジの『失業』(1909):独自性と限界」の招聘討論者

    佐藤 方宣

    2006年6月

     詳細を見る

  • (Summary in Japanese and Comment in English)第4セッション“Discussion on Prof. Rutherford's Walton Hamilton and the Public Control of Business”におけるコメンテーター

    佐藤 方宣

    2005年5月

     詳細を見る

  • (学会・指定討論者)]高橋慎吾氏(京都大学大学院)の報告「J.R.コモンズの『取引』経済学」の指定討論者

    佐藤 方宣

    2005年5月

     詳細を見る

  • [コメンテーター](Comment in English)Alan Booth 氏(University of Exeter)の報告“Changing British Attitudes to the Welfare State: from Hobson to Thatcher”のコメンテーター

    佐藤 方宣

    2003年10月

     詳細を見る

  • [書評]「Ross B. Emmett(ed.) Selected Essays by Frank Hyneman Knight」

    『経済学史学会年報』(現『経済学史研究』)   ( 39 )   2001年5月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 「1970-1980年代日本の経済学方法論」

    佐藤方宣

    経済学史学会関西部会(オンライン開催)  2021年12月 

     詳細を見る

  • 「ロールズとナイト」

    佐藤方宣

    現代経済思想研究会  2016年12月 

     詳細を見る

    開催地:下関市立大学  

    researchmap

  • “Frank Knight on Self-Interest:Why ethics cannot be reduced to ‘glorified economics’?”

    佐藤方宣

    利己心の系譜研究会  2016年11月 

     詳細を見る

    開催地:東京大学本郷キャンパス  

    researchmap

  • 「ロールズとナイト――『正義論』のなかのアメリカ経済思想」

    佐藤方宣

    近代経済学史研究会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:関西学院大学・西宮上ケ原キャンパス  

    researchmap

  • 「佐和隆光『経済学とは何だろうか』とは何だったのか」

    佐藤方宣

    経済学史学会第79回大会  2015年5月 

     詳細を見る

    開催地:滋賀大学  

    researchmap

  • Masanobu Sato, Hayek and Knight on the conditions of liberal society: How two critics of “liberals” came to different conclusions.

    Masanobu Sato

    The 2014 European Society for the History of Economic Thought (ESHET) Annual Conference  2014年5月 

     詳細を見る

    開催地:University of Lausanne, 30, May, 2014  

    researchmap

  • Hayek and Knight on the Economic Conditions of Liberal Society : Why two critics of “Liberals” had come to different conclusions?

    佐藤方宣

    The 2013 History of Economics Society's Annual Conference  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:the University of British Columbia in beautiful Vancouver, British Columbia  

    researchmap

  • 「ハイエクとナイト――「リベラル」批判と実質的自由」

    佐藤方宣

    経済学史学会東北部会  2013年4月 

     詳細を見る

    開催地:山形大学・大学コンソーシアムやまがた  

    researchmap

  • J.M. Clark and F.H. Knight on the Conditions of Liberal Society: What's the Crisis of Liberalism?

    佐藤方宣

    3rd ESHET-JSHET Meeting "Crises and Space in the History of Economic Thought" - Japanese and European Societies for the History of Economic Thought  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:Corte,University of Corsica  

    researchmap

  • 「市場の論理と討議の倫理――自由主義の変容とナイト」

    佐藤 方宣

    2010年10月 

     詳細を見る

    開催地:社会思想史学会・第35回全国大会(神奈川大学)(神奈川大学)  

    researchmap

  • 「企業の社会的責任:ビジ ネス活動の公共的討議」

    佐藤 方宣

    2010年7月 

     詳細を見る

    開催地:2010年度南山大学社 会倫理研究所・第2 回懇話会「ビジネス の倫理と論理への問 いを編み直す」(南 山大学)  

    researchmap

  • 「企業の社会的責任:ビジネス活動の公共的討議」

    佐藤方宣

    2010年7月 

     詳細を見る

    開催地:2010年度南山大学社会倫理研究所・第2回懇話会「ビジネスの倫理と論理への問いを編み直す」(南山大学)  

    researchmap

  • J.M. Clark and F.H. Knight on the Conditions of Liberal Society: After the Transformation of 'Liberalism”

    佐藤 方宣

    2010年7月 

     詳細を見る

    開催地:The Twenty-Third Conference of the History of Economic Thought Society of Australia(The University of Sydney, Australia.)  

    researchmap

  • 市場の倫理/競争の倫理― ―戦間期アメリカからの視 点」

    佐藤 方宣

    2010年5月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会・第74 回全国大会(富山大 学)(富山大学)  

    researchmap

  • 市場の倫理/競争の倫理――戦間期アメリカからの視点」

    佐藤 方宣

    2010年5月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会・第74回全国大会(富山大学)(富山大学)  

    researchmap

  • 「法人企業の社会的責任論の系譜へ」

    佐藤 方宣

    2008年5月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、第72回全国大会(愛媛大学)  

    researchmap

  • “Clark and Knight on the Conditions of Liberal Society: After the Transformation of “Liberalism””

    佐藤方宣

    経済学史学会第1回Young Scholar's Seminar  2008年3月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • “Clark and Knight on the Conditions of Liberal Society: After the Transformation of “ Liberalism””

    佐藤 方宣

    2008年3月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会第1回 Young Scholar's Seminar(一橋大学 )  

    researchmap

  • 「『自由主義』の変容」

    佐藤 方宣

    2007年12月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、関東部会(上智大学)  

    researchmap

  • 「危険,不確実性,そして自由:ナイトの自由論」

    佐藤 方宣

    2007年10月 

     詳細を見る

    開催地:社会思想史学会、第32回全国大会(立命館大学)  

    researchmap

  • 「クラークとナイト:『自由主義』の変容をめぐって」

    佐藤 方宣

    2007年5月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、第71回全国大会(九州産業大学)  

    researchmap

  • [セミナー報告]「アメリカにおけるビジネス・エシックス論の興隆: 20世紀初頭に問われたもの」

    佐藤 方宣

    2007年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学経済・政治研究所、ビジネス・エシックス研究班、公開セミナー  

    researchmap

  • 「フランク・ナイトと自由主義の変容」

    佐藤 方宣

    2006年11月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、関東部会(東洋大学)  

    researchmap

  • 「自由主義の変容とクラーク,ナイト」

    佐藤 方宣

    2006年10月 

     詳細を見る

    開催地:社会思想史学会、第31回全国大会(法政大学)  

    researchmap

  • [セミナー報告]“John Maurice Clark on Control and Planning”

    佐藤 方宣

    2005年6月 

     詳細を見る

    開催地:Sophia University Seminar: “Economic Theory and Economic Policy in the Inter-war Perod: Comparative Studies of UK, USA, and Japan”  

    researchmap

  • [セミナー報告]「J.M. クラークにおける『コントロール』と『計画化』」

    佐藤 方宣

    2005年2月 

     詳細を見る

    開催地:『総合セミナー:福祉国家の経済思想 ~自由と統制の混合~』(中央大学駿河台記念館)  

    researchmap

  • [セミナー報告]「近年における大戦間期の制度主義再考について: Malcolm Rutherford “Walton H. Hamilton and the Public Control of Business”を中心に」

    佐藤 方宣

    2005年1月 

     詳細を見る

    開催地:科学研究費基盤研究B(1)『19世紀末~戦間期における経済思想の国際比較―経済社会の構想と経済政策のデザイン―』第2回研究集会(東京都立大学国際交流会館)  

    researchmap

  • 「J.M.クラークとニューディール」

    佐藤 方宣

    2004年5月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、第68回全国大会(北星学園大学)  

    researchmap

  • 「1920年代アメリカにおけるビジネスの社会的責任論」

    佐藤 方宣

    2003年11月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、関東部会(立教大学)  

    researchmap

  • “J.M. Clark and F.H. Knight on the Psychological and Ethical Foundations of Economics”

    佐藤 方宣

    2003年7月 

     詳細を見る

    開催地:The Thirty Annual Meeting of the History of Economics Sosiety(HES 2003 Conference)at Duke University, North Carolina, U.S.A.  

    researchmap

  • 「1910-1920年代のJ.M.クラークとF.H.ナイト」

    佐藤 方宣

    2003年6月 

     詳細を見る

    開催地:アメリカ経済思想史研究会(日本大学)  

    researchmap

  • 「フランク・ナイトと制度主義」

    佐藤 方宣

    2001年11月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、第65回全国大会(関西学院大学)  

    researchmap

  • 「フランク・ナイトにおける主題としての経済と倫理」

    佐藤 方宣

    2000年11月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、第64回全国大会(一橋大学)  

    researchmap

  • 「フランク・ナイトにおける市場経済の倫理的検討」

    佐藤 方宣

    1999年6月 

     詳細を見る

    開催地:経済学史学会、関東部会(東京都立大学)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 利己心の系譜学

    研究課題/領域番号:15H03331  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    太子堂 正称, 井上 義朗, 間宮 陽介, 桑田 学, 原谷 直樹, 野原 慎司, 高橋 泰城, 板井 広明, 江頭 進, 小沢 佳史, 佐藤 方宣, 笠井 高人, 高橋 聡, 村井 明彦

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究は、現代の経済理論が前提としている人間像について、その思想的系譜を解明することを目指して行われた。スコットランド啓蒙における「経済学の成立」から現代の行動経済学・神経経済学へと至るまでの野党な経済学者、理論の分析を通じて、効用や利潤の最大化を図る利己的人間観が登場してきた過程だけではなく、それぞれの経済思想家の主張の背後には、利他性や社会性を含む多様な人間像が含まれていたことが明らかとなった。

    researchmap

  • 20世紀アメリカ経済思想における自由社会構想の系譜

    研究課題/領域番号:15K03388  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    佐藤 方宣

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では、20世紀アメリカの経済学者たちが展開した「市場経済」と「社会正義」をめぐる論議を、「自由な社会の条件とは何か」という問いをめぐる議論の系譜に位置づけ直し、その歴史的意義と現代的な含意を明らかにした。特に従来はそれぞれが異なるタイプの自由主義に与するとされてきた、フランク・ナイトとジョン・ロールズの知的影響関係に注目し、市場経済の規範的評価の内実やその背景にある自由や討議をめぐる考察の共通点や相違を明らかにすることで、20世紀アメリカにおける自由社会構想の系譜について、従来とは異なる新しい理解を提示することが出来た。

    researchmap

  • 経済活動における倫理と公共性をめぐる思想系譜:20世紀アメリカを中心に

    研究課題/領域番号:23530243  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    佐藤 方宣

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究プロジェクトを通じて、20世紀アメリカにおいて展開された経済活動における倫理と公共性をめぐる言説群を検討し,その歴史的文脈とその内実を明らかにすることを試みた.とりわけ20世紀初頭の有力な経済学者たち(ナイト,ハイエク,そしてJ.M.クラーク)らの言説を分析することを通じて,当時の経済的自由やコントロールをめぐる論議におけるそれぞれの立ち位置を明らかにできたことは,本研究プロジェクトの大きな成果と主張しうる.

    researchmap

社会貢献活動

  • 経済産業省・平成21年度総合調査研究「オルタナティブ・ビジョンに関する調査研究」研究会・委員.

    2009年7月 - 2010年3月

     詳細を見る