2024/07/18 更新

写真a

ムネヤス ミツジ
棟安 実治
MUNEYASU,Mitsuji
所属
システム理工学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1993年11月 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学  / 画像信号処理

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • ライフサイエンス / 医用システム  / 医用画像処理

学歴

  • 神戸大学   工学研究科   システム工学専攻

    - 1984年

      詳細を見る

  • 神戸大学   工学部   システム工学科

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 神戸大学   工学研究科   システム工学専攻

    1984年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 広島大学工学部/助教授

    1994年8月 - 2001年3月

      詳細を見る

  • 広島大学工学部/助手

    1992年7月 - 1994年7月

      詳細を見る

  • 鳥取大学工学部/助手

    1990年4月 - 1992年7月

      詳細を見る

  • 沖電気工業(株)/研究員

    1984年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 電子情報通信学会   スマートインフォメディア研究専門委員会 委員長  

    2014年6月 - 2016年6月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   スマートインフォメディア研究専門委員会 副委員長  

    2010年5月 - 2014年6月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   基礎・境界ソサイエティ ソサイエティ誌編集委員  

    2009年5月 - 2011年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   スマートインフォメディア研究専門委員会専門委員  

    2007年5月 - 2010年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   信号処理研究専門委員会専門委員  

    2004年5月 - 2007年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   関西支部評議員  

    2004年 - 2005年   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   和文論文誌A編集委員  

    2002年5月 - 2006年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   ディジタル信号処理研究専門委員会幹事  

    2002年5月 - 2004年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   ソフトプロセッシング研究専門委員会幹事  

    2001年5月 - 2003年5月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   ディジタル信号処理研究専門委員会専門委員  

    2001年5月 - 2002年5月   

      詳細を見る

  • 大会委員  

    1999年4月 - 2000年7月   

      詳細を見る

▼全件表示

論文

  • Graph-Based Interpretability for Fake News Detection through Topic- and Propagation-Aware Visualization

    Kayato Soga, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    Computation   2024年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/computation12040082

    researchmap

  • CRAS: Curriculum Regularization and Adaptive Semi-Supervised Learning with Noisy Labels

    Ryota Higashimoto, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    Applied Sciences   2024年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app14031208

    researchmap

  • CRAS: Curriculum Regularization and Adaptive Semi-Supervised Learning with Noisy Labels

    Ryota Higashimoto, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    Applied Sciences   2024年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app14031208

    researchmap

  • ConfidentMix: Confidence-guided Mixup for Learning With Noisy Labels

    Ryota Higashimoto, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    IEEE Access   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2024.3393440

    researchmap

  • New Performance Evaluation Method for Data Embedding Techniques for Printed Images Using Mobile Devices Based on a GAN 査読

    M. Yasuda, S. Yoshida, M. Muneyasu

    IEICE Trans. Fundamentals   vol. E106-A, no.3, pp. -   2023年3月

     詳細を見る

  • 1次騒音に重畳する拡散性雑音が引き起こすバイアス誤差の補正法 査読

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    日本音響学会誌   78巻7号, pp.355-364   2022年7月

     詳細を見る

  • フィードバック型能動騒音制御システムにおける所用誤差による帰還系の推定完了判定法 査読

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    日本音響学会誌   77巻6号, pp.345-35   2021年12月

     詳細を見る

  • New Method of Detecting Calcification Regions in Dental Panoramic Radiographs Based on U-PraNet

    Taito Murano, Mitsuji Muneyasu, Soh Yoshida, Kosin Chamnongthai, Akira Asano, Keiichi Uchida

    Proceedings of ISCIT 2021: 2021 20th International Symposium on Communications and Information Technologies: Quest for Quality of Life and Smart City   11 - 14   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Calcification regions are sometimes observed on dental panoramic radiographs and it is known that these regions are a sign of vascular disease. It has been pointed out that the detection of calcification regions in dental panoramic radiographs can encourage patients to undergo medical checkups by a physician. Medical checkups can prevent the sudden onset of vascular disease. For this purpose, a method of automatically detecting calcification regions using an object detector based on deep learning has been proposed. Although this method significantly reduces the number of false positives compared with conventional methods based on image features, its detection accuracy is still insufficient. In this paper, we propose a method of detecting calcification regions in dental panoramic radiographs using a novel object detector based on deep learning. On the basis of PraNet, which has been increasingly applied to medical image processing in recent years, we introduce the Double U-Net structure and enhance the prediction accuracy for the initial guidance region. The proposed method can improve the detection accuracy for calcification regions. The experimental results show that the proposed method improves the detection performance compared with other methods.

    DOI: 10.1109/ISCIT52804.2021.9590604

    Scopus

    researchmap

  • Training Robust Deep Neural Networks on Noisy Labels Using Adaptive Sample Selection with Disagreement 査読

    H. Takeda, S. Yoshida, M. Muneyasu

    IEEE Access   vol. 9, pp. 141131-141143   1 - 1   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/access.2021.3119582

    researchmap

  • 能動騒音制御システムを安定して始動させるステップサイズ自動調整法 査読

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    日本音響学会誌   77巻12号, pp.755-765   2021年6月

     詳細を見る

  • Heterogenerous-Graph-Based Video Search Reranking Using Topic Relevance 査読

    S. Yoshida, M. Muneyasu, T. Ogawa, M. Haseyama

    IEICE Trans. Fundamentals   vol. E103-A, no.12, pp. 1529-1540   2020年12月

     詳細を見る

  • Learning from noisy labeled data using symmetric cross-entropy loss for image classification

    Hiroshi Takeda, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020   709 - 711   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    While image classification with deep neural networks (DNNs) has made remarkable progress, learning from noisy labeled data degrades performance, and this problem remains challenging. Some previous methods, such as Co-teaching and MentorNet, use the memorization effects, which are characteristics of DNN training that first learn easy (most likely clean) samples and then difficult (most likely noisy) samples. These methods treat samples with small training loss as clean, and we call this idea the 'small-loss criterion'. However, when there is a difference in learning speed between samples, a class including easy samples tends towards overfitting. In this paper, we propose a robust learning method by introducing a symmetric cross-entropy (SCE) loss to control the difference in learning speed between all classes. Experimental results on the CIFAR-100 image classification dataset containing 45% and 50% of noisy labels show the robustness of the proposed method.

    DOI: 10.1109/GCCE50665.2020.9291873

    Scopus

    researchmap

  • フィードフォワード型能動騒音制御システムにおいて生成される帰還系の事前推定完了判定法 査読

    藤井 健作, 棟安 実治

    日本音響学会誌   76巻8号, pp.430-437   2020年8月

     詳細を見る

  • Video Search Reranking with Relevance Feedback Using Visual and Textual Similarities 査読

    T. Fujii, S. Yoshida, M. Muneyasu

    IEICE Trans. Fundamentals   vol. E102-A, no.12, pp. 1900-1909 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E102.A.1900

    Scopus

    researchmap

  • Image Regularization with Total Variation and Optimized Morphologocal Gradient Priors 査読

    S. Oohara, M. Muneyasu, S. Yoshida, M. Nakashizuka

    IEICE Trans. Fundamentals   vol. E102-A, no.12, pp. 1920-1924   2019年12月

     詳細を見る

  • Data Retrieval from Printed Image Using Image Features and Data Embedding

    Takuhiro Nishikawa, Mitsuji Muneyasu, Yuuki Nishida, Soh Yoshida, Kosin Chamnongthai

    Proceedings - 2019 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2019   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Data retrieval methods from printed images have recently been proposed. However, these methods have problems in terms of data capacity and flexibility. We propose a method of solving these problems using image recognition based on image features and a data-embedding method in the frequency domain. This makes it possible to include different information in the same image and greatly increase the amount of information that can be acquired. In the experiment, we show the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1109/ISPACS48206.2019.8986285

    Scopus

    researchmap

  • New data embedding and detecting method for printed image

    Masashi Shiiba, Mitsuji Muneyasu, Soh Yoshida

    2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2019   219 - 220   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    To associate a printed medium with information on the Internet, several data embedding and detecting methods using the camera of a mobile device have been proposed. This paper proposes a new data embedding method to obtain a higher detection rate. A new data embedding positions and a new calculation method of correlations for detecting the data are introduced. We also focus on the capture of versions of the same image simultaneously using a mobile device. We propose a method of selecting the blocks for which a high detection rate can be expected, decoding the embedded data from the blocks, and combining the decoded data. From an experiment, it is shown that the proposed method is effective for improving the detection rate.

    DOI: 10.1109/GCCE46687.2019.9015403

    Scopus

    researchmap

  • Tag-based video retrieval with social tag relevance learning

    Hiroshi Takeda, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2019   869 - 870   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    High-quality tags play an important role in many applications such as multimedia information retrieval. This paper proposes a social tag relevance learning method using a data-driven approach to improving tag-based video retrieval performance. The tag relevance means how a tag is relevant to multimedia content. To learn the tag relevance, we apply a well-known tag neighbor voting algorithm, which accumulates votes from visual neighbors. However, an imbalance in the number of tags among the datasets causes a loss in the accuracy of tag voting. Therefore, in the proposed method, we examine a formula for calculating the tag relevance score considering the tag occurrence frequency imbalance. We conduct experiments on the YouTube-8M dataset, and the results show that our approach is effective and efficient.

    DOI: 10.1109/GCCE46687.2019.9015338

    Scopus

    researchmap

  • 漏音防止衝立用フィードバック型能動騒音制御の安定動作条件について 査読

    藤井 健作, 棟安 実治

    日本音響学会誌   75巻9号, pp.502-509   2019年9月

     詳細を見る

  • A Method of Football-offside Detection Using Multiple Cameras for an Automatic Linesman Assistance System 査読

    S. Siratanita, K. Chamnongthai, M. Muneyasu

    Wireless Personal Communications   118 ( 3 )   2019年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11277-019-0663S-0

    Scopus

    researchmap

  • Study on the Carotid Artery Calcification Appearing on the Panoramic Radiography and Computed Tomography 査読

    K. Kohinata, Y. Ishioka, S. Yamada, N. Sugino, H. Kuroiwa, N. Yoshinari, A. Asano, M. Muneyasu, K. Uchida

    Journal of Hard Tissue Biology   vol. 28, no.1, pp. 93-96 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2485/jhtb.28.93

    Scopus

    researchmap

  • Image regularization with total variation and optimized morphological gradient priors

    Oohara, S., Muneyasu, M., Yoshida, S., Nakashizuka, M.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E102A ( 12 )   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E102.A.1920

    Scopus

    researchmap

  • Video Retrieval by Reranking and Relevance Feedback with Tag-Based Similarity

    Takamasa Fujii, Soh Yoshida, Mitsuji Muneyasu

    2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2018   244 - 245   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In this paper, we propose a video retrieval method employing reranking and relevance feedback with tag-based similarity. In the proposed method, we apply relevance feedback to find more relevant videos. Furthermore, we focus on the fact that multiple tags are used to represent video content. Specifically, by vectorizing multiple tags associated with videos based on the word2vec algorithm, we calculate a new tag feature vector. We then formulate the reranking process with relevance feedback as an optimization problem whose regularization terms measure the relevance from both the video and tag features. The integration of the two schemes results in mutual benefits and improves the performance of video retrieval.

    DOI: 10.1109/GCCE.2018.8574510

    Scopus

    researchmap

  • Image Regularization Using Total Variation and Morphological Gradient Priors with Optimization of Structuring Element

    Shoya Oohara, Mitsuji Muneyasu, Soh Yoshida, Makoto Nakashizuka

    ISPACS 2018 - 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   498 - 503   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    As an image prior for image restoration, the sum of morphological gradients for an image has previously been proposed. Optimization of the structuring element (SE) used for this morphological gradient using a genetic algorithm (GA) has also been proposed. This method uses the minimized value of the objective function of the restoration problem as the fitness of the GA. However, this value does not necessarily coincide with an objective evaluation such as the mean square error. Therefore, in this paper, we formulate the objective function using the morphological gradient and total variation as a new image prior for an image restoration problem. The proposed objective function makes it possible to almost match the fitness to the objective evaluation and can improve the restoration accuracy. It also solves the problem of the artifact due to the unsuitability of the SE for the image. An experiment shows the effectiveness of the proposed image restoration method.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2018.8923412

    Scopus

    researchmap

  • Graph-Based Video Search Reranking with Local and Global Consistency Analysis 査読

    Soh Yoshida, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, Mitsuji Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E101D ( 5 )   1430 - 1440   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Video reranking is an effective way for improving the retrieval performance of text-based video search engines. This paper proposes a graph-based Web video search reranking method with local and global consistency analysis. Generally, the graph-based reranking approach constructs a graph whose nodes and edges respectively correspond to videos and their pairwise similarities. A lot of reranking methods are built based on a scheme which regularizes the smoothness of pairwise relevance scores between adjacent nodes with regard to a user's query. However, since the overall consistency is measured by aggregating only the local consistency over each pair, errors in score estimation increase when noisy samples are included within query-relevant videos' neighbors. To deal with the noisy samples, the proposed method leverages the global consistency of the graph structure, which is different from the conventional methods. Specifically, in order to detect this consistency, the propose method introduces a spectral clustering algorithm which can detect video groups, in which videos have strong semantic correlation, on the graph. Furthermore, a new regularization term, which smooths ranking scores within the same group, is introduced to the reranking framework. Since the score regularization is performed by both local and global aspects simultaneously, the accurate score estimation becomes feasible. Experimental results obtained by applying the proposed method to a real-world video collection show its effectiveness.

    DOI: 10.1587/transinf.2017EDP7277

    Web of Science

    researchmap

  • Proposition of a method for detecting the convergence of coefficients of pre-estimating filter applied to active noise control systems

    Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu

    25th International Congress on Sound and Vibration 2018, ICSV 2018: Hiroshima Calling   2   898 - 905   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Institute of Acoustics and Vibration, IIAV  

    In this paper, we propose a method capable of detecting the convergence of the coefficients of the pre-estimating filters applied to active noise control systems. In general, the secondary and the feedback paths are manually estimated before starting the active noise control. In practical use, the paths is desired to be automatically estimated with a designed error even where the power of the primary noise disturbing the estimation is unknown and fluctuates. The impulse responses of the paths should be moreover assumed to be unknown. Then, it is impossible to monitor the transition of the estimation error directly. In this paper, we solve the first issue which the power of the primary noise is unknown and fluctuates, by applying a step size control method to updating the coefficients. Moreover, we propose the method of using two adaptive filters, whose step sizes are different, for detecting the convergence of the coefficients. The second issue, which the impulse response is unknown, can be thereby solved. Concretely, the first order recursive filter expression of the normalized least mean square algorithm is used for the detection. According to the expression, the square sum of the difference between the coefficients of the adaptive filters converges on the magnitude of the designed estimation error multiplied by the square of the difference between the step sizes. The completion of the estimation of the path can be judged by detecting that the square sum of the difference decreased to the magnitude. We finally verify using computer simulations that the proposed method can successfully detect the completion of the estimation.

    Scopus

    researchmap

  • Data extraction method from printed images with different formats 査読

    Mitsuji Muneyasu, Nayuta Jinda, Yuuya Moritani, Soh Yoshida

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E100A ( 11 )   2355 - 2357   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In this paper, we propose a method of embedding and detecting data in printed images with several formats, such as different resolutions and numbers of blocks, using the camera of a tablet device. To specify the resolution of an image and the number of blocks, invisible markers that are embedded in the amplitude domain of the discrete Fourier transform of the target image are used. The proposed method can increase the variety of images suitable for data embedding.

    DOI: 10.1587/transfun.E100.A.2355

    Scopus

    researchmap

  • ダブルトークとエコー経路の変化を識別して通話回路に挿入する減衰量を調整するハンズフリー通話システム用制御アルゴリズム 査読

    藤井 健作, 澤田拓也, 吉岡拓人, 棟安 実治

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J100-A, no.3, pp. 142-150   2017年3月

     詳細を見る

  • Special section on smart multimedia & communication systems

    Tsutsui, H., Muneyasu, M.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E100A ( 11 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.e100.a.2219

    Scopus

    researchmap

  • A method for re-estimating feedback path under active noise control

    Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu

    24th International Congress on Sound and Vibration, ICSV 2017   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Institute of Acoustics and Vibration, IIAV  

    In this paper, we propose a method necessary for estimating the feedback path changed under active noise control. The feedback path is formed in the feedforward type active noise control system detecting target noise, called primary noise, with a microphone. A feedback control filter is accordingly applied to the cancellation of the feedback path and thereby the occurrence of howling is prevented. The feedback path, however, cannot be completely canceled. The cancellation error of the feedback path transforms the secondary path from a loudspeaker to an error microphone. The transformed secondary path is different from the original path estimated by feeding white noise to the loudspeaker. The simultaneous equations method permits the transformation and can successfully reduce the primary noise if the cancellation error is slight. The large error, however, increases the non-minimum phase components composing the transformed secondary path, which deteriorates the effect of reducing the primary noise. We first demonstrate using computer simulation that the cancellation error deteriorates the noise reduction effect. The deterioration can be improved by solving the simultaneous equations, however, cannot be completely restored when the cancellation error is larger than a certain level. The reestimation of the feedback path is then required for restoring the noise reduction effect. We next show that the power gain of the auxiliary filter characterizing the simultaneous equations method corresponds to the noise reduction effect. The deterioration can be consequently recognized by monitoring the power gain. We propose to re-estimate the feedback path only after it is recognized that the noise reduction effect cannot be restored even by solving the simultaneous equations method. The recognition is available for promptly restoring the noise reduction effect.

    Scopus

    researchmap

  • Improved Method of Detecting Data in Data-Embedded Printed Image Considering Mobile Devices 査読

    Aya Hiyama, Mitsuji Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E99A ( 11 )   2000 - 2002   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we propose an improved method of embedding and detecting data in a printed image using a camera of a mobile device. The proposed method is based on the data diffusion method. We discuss several problems in the conventional lens distortion correction method. In addition, the possibility of using multiple captured images by employing a motion-image-capturing technique is also examined. A method of selecting captured images that are expected to obtain a high detection rate is also proposed. From the experimental results, it is shown that the proposed method is effective for improving data detection.

    DOI: 10.1587/transfun.E99.A.2000

    Web of Science

    researchmap

  • A method stably working feedback type active noise control system for preventive panel of sound leakage

    Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu

    Proceedings of the INTER-NOISE 2016 - 45th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering: Towards a Quieter Future   428 - 437   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:German Acoustical Society (DEGA)  

    In this paper, we propose a method capable of providing the maximum noise reduction effect without adjusting the step size. The feedback type active noise control system estimates the coefficients of the noise control filter by applying the filtered-x algorithm to the steepest descent method, for example, the least mean square (LMS) algorithm. The steepest decent method, however, stipulates the upper limit of the step size guaranteeing the stable estimation according to the auto-correlation function of the reference noise. Our target is the reduction of non-stationary noise, such as speech signal and traffic noise, whose auto-correlation function is continuously changing. The filtered-x algorithm moreover processes the reference noise with the feedback control filter, which changes the auto-correlation function according to the impulse response of the feedback path. We then propose to apply the sub-recursive least square (sub-RLS) algorithm not requiring the inverse matrix operation to the estimation of the coefficients of the noise control filter. The Sub-RLS algorithm can estimate the coefficients independently of the auto-correlation function, and provides almost the same convergence speed as that of RLS algorithm. We finally verify using computer simulation that the sub-RLS algorithm successfully reduces the reference noise with a fixed step size.

    Scopus

    researchmap

  • 研究会に行こう!:スマートインフォメディアシステム研究会(SIS)

    棟安 実治

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   9 ( 2 )   160b - 161   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  

    DOI: 10.1587/essfr.9.2_160b

    researchmap

  • Improved Data Embedding Method for Digital Image with Human Visual Systems 査読

    Atsuhiro Fujii, Masayoshi Nakamoto, Mitsuji Muneyasu, Shuichi Ohno

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   97 ( 11 )   19 - 27   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    In this paper, we consider a data-embedding method in the discrete wavelet transform (DWT) domain of digital images. A bit pattern embedding method with the human visual system (HVS) and correlation-based detection have been proposed by Kino and Wada based on the watermarking scheme, which is referred to as the conventional method. In the conventional method, the capacity of embedding data depends on the potential correlation between the DWT coefficients of the host image and the watermark signal. We propose a new embedding and detection algorithm not affected by the potential correlation in order to increase the capacity of embedding data. The data-embedding and detection in the proposed method are performed by considering the absolute value of the correlation between the watermarked DWT coefficients and the watermark signal. In simulations, we show that the capacity of the embedding data in the proposed method is increased compared with the conventional method at the same PSNR value (image quality).

    DOI: 10.1002/ecj.11597

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical Significance of Carotid Artery Calcification seen on Panoramic Radiographs

    Keiichi Uchida, Noriyuki Sugino, Shinichirou Yamada, Hiroko Kuroiwa, Nobuo Yoshinari, Akira Asano, Akira Taguchi, Mitsuji Muneyasu

    JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY   23 ( 4 )   461 - 466   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOURNAL HARD TISSUE BIOLOGY  

    Among patients who visited our hospital with a chief complaint of disorders involving the oromandibular region, with suspected carotid artery calcification based on panoramic radiography, and who underwent computed tomography for a detailed examination of these disorders, there were four patients in whom a definitive diagnosis of carotid artery calcification was made. We herein provide an overview of these cases, along with a brief review of the relevant literature. When imaging findings suggestive of carotid artery calcification are obtained on panoramic radiographs, dentists can request detailed examinations and treatment at specialized medical institutions in the early stage by providing patients with information about the risks of atherosclerotic diseases. Early detection and treatment may reduce the severity or risks of complications and damage caused by atherosclerotic diseases, as well as possibly contributing to improved quality of life. In this study, we evaluated carotid artery calcification visible on panoramic radiographs. However, it seems that further detailed analysis is needed to examine the association between carotid artery calcification and a past history of risk factors for arteriosclerosis.

    Web of Science

    researchmap

  • フィードフォワード型能動騒音制御装置における帰還系の一同定法 査読

    藤井 健作, 酒井龍矢, 岩松祐輔, 棟安 実治, 森本雅和

    日本音響学会誌   vol. 70, no. 4,pp.162-171   2014年4月

     詳細を見る

  • EE^{\tilde}法-の提案とその収束条件 査読

    岩松祐輔, 松本恵理子, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本雅和

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J97-A, no.4, pp. 274-283   2014年4月

     詳細を見る

  • An Insertion Loss Control Method for Supplementing Cancellation Effect Deteriorated by Echo Path Change in Hands Free Telecommunication System 査読

    Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Takuya Sawada, Takuto Yoshioka, Masakazu Morimoto

    2014 IEEE ASIA PACIFIC CONFERENCE ON CIRCUITS AND SYSTEMS (APCCAS)   439 - 442   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a method preventing howling from occurring by inserting a large loss into the talking circuit. Hands free telecommunication systems are generally formed by applying an acoustic echo canceler to reducing the acoustic coupling between a loudspeaker and a microphone. However, the system possibly causes the howling when the echo path change deteriorated the reduction effect of the acoustic coupling. The occurrence of the howling can be prevented by inserting a large loss into the talking circuit. Oppositely, this insertion loses the advantage of the two-way communication that is fulfilled in telecommunication system. We propose a method distinguishing between the echo path change and the double-talk and thereby restricting the insertion of the large loss only after the echo path change. Finally, we verify, using computer simulation, that the proposed method operates the hands free telecommunication system stably.

    DOI: 10.1109/APCCAS.2014.7032813

    Web of Science

    researchmap

  • Data Extraction from Data-Embedded Printed Image Using Embedding Markers for Image Correction 査読

    Kimitoshi Tamaki, Mitsuji Muneyasu

    2014 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS)   60 - 64   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a new method of embedding data and extracting it from a printed image. By embedding the data in a translation-invariant region of a target image, extraction of the target image from the background becomes unnecessary. Therefore, the data can be embedded at an arbitrary position in the target image. Additionally, a marker detection method using invisible markers is proposed to correct the geometrical distortion in the captured image. From our experimental results, the effectiveness of the proposed method is shown.

    Web of Science

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムによる輝度勾配情報を考慮した荷重メジアンフィルタの設計 査読

    鈴木達也, 花田良子, 棟安実治

    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   vol. 6, no.3, pp. 53-65   2013年12月

     詳細を見る

  • 修正EE’法の収束条件 査読

    藤井健作, 松本恵理子, 岩松祐輔, 棟安実治, 森本雅和

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J96-A, no. 10, pp. 721-725   2013年10月

     詳細を見る

  • A Step Size Control Method Improving Estimation Speed in Double Talk Term

    Takuto Yoshioka, Kana Yamasaki, Takuya Sawada, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E96A ( 7 )   1543 - 1551   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we propose a step size control method capable of quickly canceling acoustic echo even when double talk continues from the echo path change. This method controls the step size by substituting the norm of the difference vector between the coefficient vectors of a main adaptive filter (Main-ADF) and a sub-adaptive filter (Sub-ADF) for the estimation error provided by the former. Actually, the number of taps of Sub-ADF is limited to a quarter of that of Main-ADF, and the larger step size than that applied to Main-ADF is given to Sub-ADF; accordingly the norm of the difference vector quickly approximates to the estimation error. The estimation speed can be improved by utilizing the norm of the difference vector for the step size control in Main-ADF. We show using speech signals that in single talk the proposed method can provide almost the same estimation speed as the method whose step size is fixed at the optimum one and verify that even in double talk the estimation error, quickly decreases.

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.1543

    Web of Science

    researchmap

  • ブロック実行型周波数領域2チャネル適応アルゴリズム 査読

    藤井健作, 酒井龍矢, 横谷祥史, 棟安実治, 森本雅和

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J96-A, no. 5, pp. 205-214   2013年5月

     詳細を見る

  • 巡回型・非巡回型フィルタの縦続接続適用による2マイクロホンアレーシステムの音声強調性能の改善法 査読

    吉岡拓人, 岸本涼鷹, 藤井健作, 棟安実治, 森本雅和

    日本音響学会誌   vol.69, no.4, pp.159-167   2013年4月

     詳細を見る

  • 人間の視覚特性を考慮したディジタル画像に対するデータ埋め込み法の改良 査読

    藤井 淳広, 中本 昌由, 棟安 実治, 大野 修一

    電気学会論文誌 C   vol. 133, no. 1, pp.185-192   2013年1月

     詳細を見る

  • Fast information retrieval method from printed images considering mobile devices

    Aya Hiyama, Mitsuji Muneyasu

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E96-A ( 11 )   2194 - 2197   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In information retrieval from printed images considering the use of mobile devices, the correction of geometrical deformation and lens distortion is required, posing a heavy computational burden. In this paper, we propose a method of reducing the computational burden for such corrections. This method consists of improved extraction to find a line segment of a frame, the reconsideration of the interpolation method for image correction, and the optimization of image resolution in the correction process. The proposed method can reduce the number of computations significantly. The experimental result shows the effectiveness of the proposed method. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.2194

    Scopus

    researchmap

  • A method of data embedding and extracting for information retrieval considering mobile devices

    Mitsuji Muneyasu, Hiroshi Kudo, Takafumi Shono, Yoshiko Hanada

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E96-A ( 6 )   1214 - 1221   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In this paper, we propose an improved data embedding and extraction method for information retrieval considering the use of mobile devices. Although the conventional method has demonstrated good results for images captured by cellular phones, some problems remain with this method. One problem is the lack of consideration of the construction of the code grouping in the code grouping method. In this paper, a new construction method for code grouping is proposed, and it is shown that a suitable grouping of the codes can be found. Another problem is the correction method of lens distortion, which is time-consuming. Therefore, to improve the processing speed, the golden section search method is adopted to estimate the distortion coefficients. In addition, a new tuning algorithm for the gain coefficient in the embedding process is also proposed. Experimental results show an increase in the detection rate for embedding data and a reduction of the processing time. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.1214

    Scopus

    researchmap

  • A Method for automatically estimating coefficients of feedback control filter under active noise control

    Kensaku Fujii, Tatsuya Sakai, Yusuke Iwamatsu, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    42nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 2013, INTER-NOISE 2013: Noise Control for Quality of Life   5   3572 - 3581   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:OAL-Osterreichischer Arbeitsring fur Larmbekampfung  

    In this paper, we propose a method for repeatedly updating the coefficients of the feedback control filter used for canceling a feedback path from a loudspeaker to a noise detection microphone. The coefficients are usually estimated by feeding a sequence of extra noise to the loudspeaker. The proposed method can automatically estimate the coefficients without feeding the extra noise. We have already presented a method, called simultaneous equations method, based on a different principle from the filtered-x algorithm. The simultaneous equations method automatically estimates the coefficients of the noise control filter cancelling a target noise, called primary noise, without pre-identifying a secondary path from the loudspeaker to an error microphone. The simultaneous equations method can also derive the modified secondary path involving the feedback path and the primary path from the noise detection microphone to the error microphone. The proposed method estimates, utilizing the modified secondary path, the coefficients of the feedback control filter. In this paper, we show the updating process of the coefficients of the feedback control filter, and verify, using the impulse responses of practical acoustic paths, that the proposed method can estimate the feedback path and can cancel the primary noise without any pre-operations. Copyright© (2013) by Austrian Noise Abatement Association (OAL).

    Scopus

    researchmap

  • A method for estimating coefficients of feedback control filter under active noise control

    Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Tatsuya Sakai, Yusuke Iwamatsu

    International Symposium on Image and Signal Processing and Analysis, ISPA   639 - 644   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    In this paper, we propose a method for repeatedly updating the coefficients of the feedback control filter used for canceling a feedback path from a loudspeaker to a noise detection microphone. The coefficients are usually estimated by feeding a sequence of extra noise to the loudspeaker. However, feeding such extra noise under active noise control is undesirable. The proposed method estimates the coefficients without feeding the extra noise. Concretely the proposed method provides two independent equations using the estimation errors involved in the coefficients of the noise control filter and then estimates the coefficients by solving those equations. One problem is that the feedback component is extremely small in comparison with the primary noise incident on the noise detection microphone. In this case, estimation of the coefficients is difficult. In this paper, we solves this problem by estimating first the primary noise and then the feedback path. © 2013 University of Trieste and University of Zagreb.

    DOI: 10.1109/ispa.2013.6703817

    Scopus

    researchmap

  • Normalization Method of Gradient Vector in Frequency Domain Steepest Descent Type Adaptive Algorithm

    Yusuke Kuwahara, Yusuke Iwamatsu, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E95A ( 11 )   2041 - 2045   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we propose a normalization method dividing the gradient vector by the sum of the diagonal and two adjoining elements of the matrix expressing the correlation between the components of the discrete Fourier transform (DFT) of the reference signal used for the identification of unknown system. The proposed method can thereby improve the estimation speed of coefficients of adaptive filter.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.2041

    Web of Science

    researchmap

  • Application of Simultaneous Equations Method to ANC System with Non-minimum Phase Secondary Path

    Kensaku Fujii, Kenji Kashihara, Isao Wakabayashi, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E95A ( 7 )   1109 - 1116   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we propose a method capable of shortening the distance from a noise detection microphone to a loudspeaker in active noise control system with non-minimum phase secondary path. The distance can be basically shortened by forming the noise control filter, which produces the secondary noise provided by the loudspeaker, with the cascade connection of a non-recursive filter and a recursive filter. The output of the recursive filter, however, diverges even when the secondary path includes only a minimum phase component. In this paper, we prevent the divergence by utilizing MINT (multi-input/output inverse theorem) method increasing the number of secondary paths than that of primary paths. MINT method, however, requires a large scale inverse matrix operation, which increases the processing cost. We hence propose a method reducing the processing cost. Actually, MINT method has only to be applied to the non-minimum phase components of the secondary paths. We hence extract the non-minimum phase components and then apply MINT method only to those. The order of the inverse matrix thereby decreases and the processing cost can be reduced. We finally show a simulation result demonstrating that the proposed method successfully works.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.1109

    Web of Science

    researchmap

  • 誤検出確率指定とビットパターン埋込みが可能な画像電子透かし法 査読

    左山 紘平, 中本 昌由, 棟安 実治, 大野 修一

    電気学会論文誌 C   vol. 132, no. 6, pp.932-939   2012年6月

     詳細を見る

  • 因果律に基づく音声強調2マイクロホンアレーシステム 査読

    吉岡 拓人(兵庫県立大学), 中野 裕文(兵庫県立大学), 藤井 健作(兵庫県立大学), 棟安 実治, 森本 雅和(兵庫県立大学)

    日本音響学会誌   Vol.68, No.2, pp.63-73   2012年2月

     詳細を見る

  • Data embedding and extraction method for printed images by log polar mapping

    Tamaki, K., Muneyasu, M., Hanada, Y.

    Smart Innovation, Systems and Technologies   14   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Smart Innovation, Systems and Technologies  

    DOI: 10.1007/978-3-642-29934-6_17

    Scopus

    researchmap

  • Two-channel adaptive algorithm for active noise control system using simultaneous equations method

    Kensaku Fujii, Yutaka Okamoto, Masahiro Itou, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    Acoustical Science and Technology   33 ( 6 )   339 - 347   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose a two-channel adaptive algorithm efficiently utilizing independent components slightly involved in reference signals. In active noise control systems, the conventional methods of adding independent components to the reference signals or deliberately changing the correlation between the reference signals are inapplicable, because the reference signals are only detected by noise detection microphones. We have hence presented an adaptive algorithm that does not require the addition of the independent components or the deliberate change to the reference signals. However, this algorithm has three drawbacks. The first is that one of the convergence conditions is described by unmeasurable signals. The second is that pre-estimation of the reference signal power ratio is required. The third is that unknown acoustic paths cannot be identified when the reference signals have high cross-correlation between different sample times. In this work, we derive a new algorithm without the drawbacks and verify, using computer simulations, that the derived algorithm can successfully identify the unknown acoustic paths. The two-channel active noise control system using the simultaneous equations method is thereby expected to provide a high noise reduction effect. © 2012 The Acoustical Society of Japan.

    DOI: 10.1250/ast.33.339

    Scopus

    researchmap

  • An Extension of Unsupervised Design Method for Weighted Median Filters Using GA 査読

    Yoshiko Hanada, Mitsuji Muneyasu, Akira Asano

    PROCEEDINGS 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   1136 - 1141   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Estimation of a suitable window shape and appropriate weights in weighted median filters is one of important problems. In this study, we formulate the design of weighted median filter as an optimization problem, and estimate optimal filters directly from degraded images. In our previous work, we estimated optimal window shapes and weights by using a Genetic Algorithm (GA) with a fixed size of window as a constraint in optimization. To determine an appropriate window size is difficult but essential since it depends on both a type of texture and a noise rate. Here, we optimize weighted median filters without the constraint in the size of filters. Numerical experiments show that our method design a filter with a suitable size to both a size of pattern in textures and the noise rates. In addition, we compare the designed filters with the filters obtained by conventional supervised design and another unsupervised design methods.

    Web of Science

    researchmap

  • Multimodal Person Authentication System Using Features of Utterance 査読

    Takeshi Nishino, Yoshinobu Kajikawa, Mitsuji Muneyasu

    IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS 2012)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a multimodal biometrics authentication method using features of an utterance. The proposed authentication method authenticates persons using image and voice signals. Hence, the proposed method can be realized with only a camera and microphone to extract the lip area and voice without the special equipment used in other personal authentication methods and can easily change the registration data. Moreover, the proposed authentication method can provide a key function to the registered phrase of the utterance. In the proposed method, the edges and texture in the mouth are used as image features, and pitch and spectrum envelope are used as voice features. Authentication is realized by classifiers generated by AdaBoost, classifiers are generated for the voice-and image-processing parts. Moreover, each classifier is weighted according to the corresponding confidence and then the final authentication score is calculated. Hence, the proposed method can provide valid authentication results in various environments. Experimental results demonstrate that multimodal processing in the proposed method is more effective than monomodal (only image or voice) processing.

    Web of Science

    researchmap

  • Dual Primitive Estimation of Textures

    Liang Li, Akira Asano, Chie Muraki Asano, Mitsuji Muneyasu, Yoshiko Hanada

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E94A ( 4 )   1165 - 1169   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A method of estimating dual primitives in a textural image is proposed. This method is based on the Primitive, Grain, and Point Configuration (PGPC) texture model, which regards a texture as an arrangement of grains derived from one or a few primitives. Appropriate primitives can be represented by morphological structuring elements estimated from a texture. Conventional primitive estimation methods estimate only one primitive from each textural image. However, they do not work well on textural images that contain more than one basic structure, since two or more types of grain cannot be generated from only one primitive. The proposed method simultaneously estimates two optimal structuring elements of a texture. The experimental results show that the proposed method provides more representative estimations than the conventional method.

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.1165

    Web of Science

    researchmap

  • Improvement of Detection Performance in DWT-Based Image Watermarking under Specified False Positive Probability

    Masayoshi Nakamoto, Kohei Sayama, Mitsuji Muneyasu, Tomotaka Harano, Shuichi Ohno

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E94A ( 2 )   661 - 670   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    For copyright protection, a watermark signal is embedded in host images with a secret key, and a correlation is applied to judge the presence of watermark signal in the watermark detection. This paper treats a discrete wavelet transform (DWT)-based image watermarking method under specified false positive probability. We propose a new watermarking method to improve the detection performance by using not only positive correlation but also negative correlation. Also we present a statistical analysis for the detection performance with taking into account the false positive probability and prove the effectiveness of the proposed method. By using some experimental results, we verify the statistical analysis and show this method serves to improve the robustness against some attacks.

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.661

    Web of Science

    researchmap

  • テクスチャ画像における劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの遺伝的アルゴリズムによる設計 査読

    花田 良子, 棟安 実治, 浅野 晃(広島大学)

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J94-A, no. 1, pp. 18-29   2011年1月

     詳細を見る

  • Application of cascade connection of recursive and non-recursive filters to active noise control system using simultaneous equations method

    Kensaku Fujii, Kenji Kashihara, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E94-A ( 10 )   1899 - 1906   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In this paper, we propose a method capable of shortening the distance from a noise detection microphone to a loudspeaker, which is one of important issues in the field of active noise control (ANC). In the ANC system, the secondary noise provided by the loudspeaker is required arriving at an error microphone simultaneously with the primary noise to be cancelled. However, the reverberation involved in the secondary path from the loudspeaker to the error microphone increases the secondary noise components arriving later than the primary noise. The late components are not only invalid for canceling the primary noise but also impede the cancellation. To reduce the late components, the distance between the noise detection microphone and the loud speaker is generally extended. The proposed method differently reduces the late components by forming the noise control filter, which produces the secondary noise, with the cascade connection of a non-recursive and a recursive filters. The distance can be thus shortened. On the other hand, the recursive filter is required to work stably. The proposed method guarantees the stable work by forming the recursive filter with the lattice filter whose coefficients are restricted to less than unity. Copyright © 2011 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.1899

    Scopus

    researchmap

  • A double talk control method improving estimation speed by adjusting required error level 査読

    Kensaku Fujii, Takuto Yoshioka, Kana Yamasaki, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    2011 Joint Workshop on Hands-free Speech Communication and Microphone Arrays, HSCMA'11   170 - 175   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we propose a step size control method capable of quickly canceling acoustic echo even when double talk continues from echo path change. This method controls the step size by substituting the difference between the coefficients of a main adaptive filter (Main-ADF) and a sub-adaptive filter (Sub-ADF) for the estimation error in the former. Actually, the number of taps of Sub-ADF is limited to a quarter of that of Main-ADF, and moreover another simplified step size control is applied to Sub-ADF
    accordingly the difference quickly approximates the estimation error. The estimation speed can be improved by utilizing the difference for the step size control. We show using speech signals that in single talk the proposed method can provide almost the same estimation speed as the method whose step size is fixed at the optimum one and verify that even in double talk the estimation error quickly decreases. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/HSCMA.2011.5942391

    Scopus

    researchmap

  • Effectiveness of Genetic Multistep Searches in Interpolation and Extrapolation Domains on Multiobjective Optimization 査読

    Yoshiko Hanada, Takumi Tani, Cuimin Li, Mitsuji Muneyasu

    2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   669 - 674   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In the design of reproduction operators of genetic algorithm (GA), it is important to consider the inheritance and acquisition of characteristics especially in solving combinatorial problems. Genetic multistep search, deterministic Multi-step Crossover Fusion (dMSXF) and deterministic Multi-step Mutation Fusion (dMSMF) are effective crossover methods in single-objective combinatorial problems; the former exploits parents' characteristics and the latter explores outside the distribution of the population. In this paper, we extend these crossovers for multiobjective optimization problems. A selection strategy focusing on a dominance relation of solution sets for dMSXF and dMSMF is introduced to obtain non-dominated solutions that well approximates the Pareto front. We show the effectiveness of dMSXF and dMSMF in multiobjective NK models and examine their performance against increase in landscape complexity by tuning epistasis intensity.

    Web of Science

    researchmap

  • An Unsupervised Optimization of Structuring Elements for Noise Removal Using GA

    Hiroyuki Okuno, Yoshiko Hanada, Mitsuji Muneyasu, Akira Asano

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E93A ( 11 )   2196 - 2199   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper we propose an unsupervised method of optimizing structuring elements (SEs) used for impulse noise reduction in texture images through the opening operation which is one of the morphological operations. In this method a genetic algorithm (GA) which can effectively search wide search spaces is applied and the size of the shape of the SE is included in the design variables. Through experiments it is shown that our new approach generally outperforms the conventional method.

    DOI: 10.1587/transfun.E93.A.2196

    Web of Science

    researchmap

  • Effectiveness of Genetic Multi-Step Search on Unsupervised Design of Morphological Filters for Noise Removal 査読

    Y. Hanada, M. Muneyasu, A. Asano(Hiroshima Univeristy)

    IPSJ Trans. on Mathematical Modeling and Its Applications   vol. 3, no.3, pp.154-165   2010年10月

     詳細を見る

  • 最大・最小値の近似に基づくモルフォロジフィルタの設計法 査読

    西野 洋一(大阪大学), 中静 真(大阪大学), 花田 良子, 棟安 実治, 飯國 洋二(大阪大学)

    電子情報通信学会論文誌(A)   vol. J93-A, no. 9, pp. 594-604   2010年9月

     詳細を見る

  • Special section on smart multimedia & communication systems

    Muneyasu, M., Kondo, K.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E93-A ( 11 )   2098 - 2098   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.e93.a.2098

    Scopus

    researchmap

  • Verification of extension of simultaneous equations method extended to multiple-channel active noise control systems

    Okamoto Yutaka, Kashihara Kenji, Fujii Kensaku, Muneyasu Mitsuji, Morimoto Masakazu

    Acoustical Science and Technology   31 ( 3 )   213 - 221   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN  

    In this paper, we verify the performance of multiple-channel active noise control systems using the simultaneous equations method. This method has the advantage that it can automatically recover the noise reduction effect degraded by acoustic path changes. The method is hence applied to single-channel systems, and also it is shown that the method results in better performances than the filtered-x algorithm. In this paper, we extend the method to multiple-channel active noise control systems and verify the performance of the extended method by using impulse responses measured with an experimental system. The extended method is applied to a 1-2-2 system, consisting of one noise detection microphone, two loudspeakers and two error microphones, and to a 2-2-2 system including two noise detection microphones, resulting in noise reductions of 14 and 18 dB, respectively. This result demonstrates that the simultaneous equations method well works also for multiple-channel systems.

    DOI: 10.1250/ast.31.213

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00350325525?from=CiNii

  • STUDY ON APPLICATION OF CASCADE CONNECTION OF RECURSIVE AND NON-RECURSIVE FILTERS TO NOISE CONTROL FILTER 査読

    Kensaku Fujii, Kenji Kashihara, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    PROCEEDINGS OF THE 17TH INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT INST ACOUSTICS & VIBRATION  

    In this paper, we propose a method capable of shortening the distance from a noise detection microphone to an error microphone, called primary path in the field of active noise control (ANC). In the ANC system, the secondary noise provided by a loudspeaker is required arriving at the error microphone simultaneously with the primary noise to be cancelled. However, the reverberation involved in the secondary path from the loudspeaker to the error microphone increases the secondary noise components arriving later than the primary noise. The late components are not only invalid for canceling the primary noise but also impede the cancellation. The proposed method reduces the late components by forming the noise control filter, which produces the secondary noise, with the cascade connection of a non-recursive and a recursive filters. The distance can be thereby shortened. The problem is that it is difficult to guarantee the stable performance to the recursive filter. We solve the problem by forming the recursive filter with the lattice filter whose coefficients are restricted to less than unity. We have already proposed an adaptive algorithm for estimating the reflection coefficients, which can be applied to the estimation in the proposed method. In this study, the simultaneous equation method is used for the derivation of the cascade connection, and thereby the noise reduction effect degraded by path changes can be automatically recovered. We finally verify the performance of the proposed method by using computer simulations. According the simulation results, the distance from the noise detection microphone to the error microphone can be reduced to zero when the secondary path satisfies the minimum phase condition.

    Web of Science

    researchmap

  • Application of simultaneous equations method to sound field creation system

    Tadashi Ujino, Keiichiroh Tanaka, Isao Wakabayashi, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu

    Acoustical Science and Technology   31 ( 5 )   337 - 346   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we propose a sound field creation system based on the simultaneous equations method used for active noise control systems. Conventional studies on such sound field creation mainly focus on the transaural system reproducing recorded signals at the listening points. We differently purpose a system that creates the same sound field as that of a target. In the proposed system, inverse filters forming the target sound field are derived by using the simultaneous equations method, which is characterized by the use of auxiliary filters in estimating the error between the created and the target sounds. The auxiliary filters can also be used for detecting the deficiency in the number of taps of the inverse filters and in the delays to be added to the target sound field. The latter not only increases the error but also generates echoes preceding the created sound, which is annoying to listeners. In this paper, we finally verify the performance of the proposed system and also that the insufficiency can be detected by monitoring the coefficients of the auxiliary filter, by computer simulations. © 2010 The Acoustical Society of Japan.

    DOI: 10.1250/ast.31.337

    Scopus

    researchmap

  • ダブルトーク区間中においても推定誤差を着実に低減するステップサイズ制御法 査読

    藤井 健作, 岡 竜一, 斎藤直也, 棟安実治

    電子情報通信学会論文誌(A)   J92-A,(11), pp.874-887   2009年11月

     詳細を見る

  • An Implementation of Privacy Protection for a Surveillance Camera Using ROI Coding of JPEG2000 with Face Detection

    Mitsuji Muneyasu, Shuhei Odani, Yoshihiro Kitaura, Hitoshi Namba

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E92A ( 11 )   2858 - 2861   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    On the use of a surveillance camera, there is a case where privacy protection should be considered. This paper proposes a new privacy protection method by automatically degrading the face region in surveillance images. The proposed method consists of ROI coding of JPEG2000 and a face detection method based on template matching. The experimental result shows that the face region can be detected and hidden correctly.

    DOI: 10.1587/transfun.E92.A.2858

    Web of Science

    researchmap

  • A Low Processing Cost Adaptive Algorithm Identifying Nonlinear Unknown System with Piecewise Linear Curve

    Kensaku Fujii, Ryo Aoki, Mitsuji Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E92A ( 4 )   1129 - 1135   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper proposes an adaptive algorithm for identifying unknown systems containing nonlinear amplitude characteristics. Usually, the nonlinearity is so small as to be negligible. However, in low cost systems, such as acoustic echo canceller using a small loudspeaker, the nonlinearity, deteriorates the performance of the identification. Several methods preventing the deterioration, polynomial or Volterra series approximations, have been hence proposed and studied. However, the conventional methods require high processing cost. In this paper, we propose a method approximating the nonlinear characteristics with a piecewise linear curve and show using computer simulations that the performance can be extremely improved. The proposed method can also reduce the processing cost to only about twice that of the linear adaptive filter system.

    DOI: 10.1587/transfun.E92.A.1129

    Web of Science

    researchmap

  • Implementation of Data Embedding to Printing Images for Information Retrieving by Cellular Phones Considering Lens Distortion 査読

    Takafumi Shono, Mitsuji Muneyasu, Yoshiko Hanada

    2009 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATION SYSTEMS (ISPACS 2009)   558 - 561   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, several data extraction methods from data embedding printing images by using cellular phones with a camera have been proposed. In these techniques, consideration for geometrical deformation and lens distortion in the data extraction process is essential. This paper proposes new correction algorithm based on line based correction (LBR) and projective transformation to the scanning of the printing images for reduction of the geometrical deformation by the camera. This method can be applied to both of barrel distortion and pincushion one. To increase the amount of embedding data, a new data embedding method in which the codes for data embedding are changed according to the embedding data is also proposed. From experimental results, effectiveness of the proposed method for the color image is shown.

    Web of Science

    researchmap

  • 内挿/外挿的な領域への遺伝的多段階探索の解探索性能の解析

    花田良子, 廣安知之, 棟安実治

    人工知能学会論文誌   Vol.24, No.1, pp.136-146   2009年

     詳細を見る

  • Active noise control system using IIR lattice filter 査読

    Kenji Kashihara, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    2009 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATION SYSTEMS (ISPACS 2009)   73 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a method for shortening the distance from a noise detection microphone to a loudspeaker forming the feedforward type of active noise control (ANC) system. In the ANC system, the primary noise detected by the noise detection microphone and the secondary noise provided by the loudspeaker is required simultaneously arriving at another microphone, called error microphone, monitoring the effect of the active noise control. However, the reverberation involved in the secondary path from the loudspeaker to the error microphone increase the secondary noise components arriving later than the primary noise. The late components are not only invalid for cancelling the primary noise but also impede the cancellation. This paper hence proposes a method reducing the components by forming the noise control filter synthesizing the secondary noise with the cascade connection of an infinite and a finite impulse response filters. The distance can be thereby shortened.

    Web of Science

    researchmap

  • Active noise control system using cascade connection of finite and infinite impulse response filters as noise control filter 査読

    Kenji Kashihara, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu, Masakazu Morimoto

    2009 9th International Symposium on Communications and Information Technology, ISCIT 2009   621 - 626   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper proposes a method for shortening the distance from a noise detection microphone to a loudspeaker forming the feedforward type of active noise control (ANC) system. In the ANC system, the primary noise detected by the noise detection microphone and the secondary noise provided by the loudspeaker is required simultaneously arriving at another microphone, called error microphone, monitoring the effect of the active noise control. However, the reverberation involved in the secondary path from the loudspeaker to the error microphone increase the secondary noise components arriving later than the primary noise. The late components are not only invalid for cancelling the primary noise but also impede the cancellation. This paper hence proposes a method reducing the components by forming the noise control filter synthesizing the secondary noise with the cascade connection of an infinite and a finite impulse response filters. The distance can be thereby shortened. ©2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISCIT.2009.5341172

    Scopus

    researchmap

  • A Fundamental Consideration for Identification of Objects in Images without Use of Text Tags 査読

    Hiroshi Kudoh, Mitsuji Muneyasu, Yoshiko Hanada

    ISCE: 2009 IEEE 13TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONSUMER ELECTRONICS, VOLS 1 AND 2   377 - 381   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, several image retrieval systems have been developed, which regard the web as a large scale image database. In this study, we use the image itself as index keys. From the web, a set of similar images is retrieved based on numerical characteristics of images and simultaneously text information accompanying with the images is presented to a user. The user evaluates the relationship between the images and the presented text information and it is fed back to the system for improvement. This paper presents a basic scheme of the proposed system and a prototype system for the selection of the car's shape.

    Web of Science

    researchmap

  • A new progressive image quality control method for ROI coding in JPEG2000 standard

    Yoshihiro Kitaura, Mitsuji Muneyasu, Katsuaki Nakanishi

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E91A ( 4 )   998 - 1005   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    JPEG2000 still image coding standard has a feature called Region of Interest (ROI) coding. This feature can encode a restricted region in an image prior to than its background (BG) region. In low bit rate compression, the code of the ROI region occupies the most of the bit stream in the whole image and it causes the serious deterioration of the image quality in the BG region. This paper proposes a new image quality control method between the ROI region and the BG one by the one time encoding process and it can achieve more detailed image quality control. The use of ROI masks in the encoder makes it possible. The standard decoder of JPEG2000 part 1 can decode the encoded data in the proposed method.

    DOI: 10.1093/ietfec/e91-a.4.998

    Web of Science

    researchmap

  • On the optimal block length of a frequency domain adaptive algorithm for an active noise control system using a simultaneous equations method

    Fujii, K., Iwamatsu, Y., Ujino, T., Muneyasu, M.

    Civil-Comp Proceedings   88   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • An Unsupervised Design Method for Weighted Median filters Based on Simulated Annealing 査読

    Mitsuji Muneyasu, Kousuke Shiohama, Akira Asano

    2008 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS 2008)   206 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Estimation of a suitable window shape and appropriate weights in weighted median filters is one of important problems. In this paper, we propose a new unsupervised design method for the window shapes and weights of weighted median filters. This technique is applied to texture images corrupted by impulse noise. As the performance measure for optimization by simulated annealing, rank-ordered absolute differences (ROAD) statistic is used for the estimation of the window shapes and weights, respectively. The simulation results show that the proposed method can design the weighted median filters with almost same performance compared to the one by the supervised technique.

    Web of Science

    researchmap

  • A Method for Data Embedding to Printed Images Based on Use of Original Images 査読

    Takafumi Shono, Mitsuji Muneyasu, Koji Nakanishi

    2008 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS 2008)   202 - 205   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A data embedding to printed images has become an important issue for several applications. In this paper, we assume an original image to be known and the server based data retrieval model, and a new method for the data embedding to the printed images is proposed. For data embedding to printed image, a method using spread spectrum technique has already been proposed. However, there are two problems in this method. One is the small number of data bits and another is misdetection due to the distortion and noise by printing and image capturing. In this paper, we proposed the use of "Walsh code" for diffusion code to increase the number of data bits. This can be also applied to the improvement of the detection process. This technique gives the tolerance to some distortions and noises. In the detection processing, a captured image is forwarded to the server which holds the original image and the embedded data is detected in it. Therefore, the improvement of the detection process by using original image is proposed. As a result, more data embedding and more accurate detection becomes possible than the conventional method.

    Web of Science

    researchmap

  • 周波数領域適応アルゴリズムの動作解析とその能動騒音制御への適用 査読

    棟安 実治, 岩松祐輔, 宇治野正, 伊藤雅祐, 藤井健作

    電子情報通信学会論文誌(A)   J90-A,(4),271-280   2007年4月

     詳細を見る

  • Special section on multimedia and mobile signal processing

    Nakayama, K., Horita, E., Aoki, T., Abiko, S., Ikehara, M., Ichige, K., Ota, Y., Ohno, S., Okuda, M., Obote, S., Kamata, H., Kubota, H., Sugino, N., Suzuki, N., Taguchi, A., Takeuchi, Y., Nakashizuka, M., Nakachi, T., Nakanishi, I., Haseyama, M., Hattori, S., Muneyasu, M., Morikawa, H., Yamazato, T., Yamada, I.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E90-A ( 3 )   545 - 545   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ietfec/e90-a.3.545

    Scopus

    researchmap

  • An active noise control system based on simultaneous equations method without auxiliary filters 査読

    M Muneyasu, O Hisayasu, K Fujii, T Hinamoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E89A ( 4 )   960 - 968   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A simultaneous equations method is one of active noise control algorithms without estimating an error path. This algorithm requires identification of a transfer function from a reference microphone to an error microphone containing the effect of a noise control filter. It is achieved by system identification of an auxiliary filter. However, the introduction of the auxiliary filter requires more number of samples to obtain the noise control filter and brings a requirement of some undesirable assumption in the multiple channel case. In this paper, a new simultaneous equations method without the identification of the auxiliary filter is proposed. By storing a small number of input signals and error signals, we avoid this identification. Therefore, we can reduce the number of samples to obtain the noise control filters and can avoid the undesirable assumption. From simulation examples, it is verified that the merits of the ordinary method is also retained in the proposed method.

    DOI: 10.1093/ietfec/e89-a.4.960

    Web of Science

    researchmap

  • Frequency domain method to estimate the coefficients of feedback control filter for active noise control systems

    Yusuke Iwamatsu, Kensaku Fujii, Mitsuji Muneyasu

    Acoustical Science and Technology   27 ( 5 )   264 - 269   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we propose a method for repeatedly updating the coefficients of the feedback control filter used for canceling a feedback path from a loudspeaker to a noise detection microphone. The coefficients are usually estimated by feeding a sequence of extra noise to the loudspeaker. However, feeding such extra noise under active noise control is undesirable. The proposed method estimates the coefficients without feeding the extra noise. Concretely the proposed method provides two independent equations using the estimation errors involved in the coefficients of the noise control filter and then estimates the coefficients by solving those equations. One problem is that the feedback component is extremely small in comparison with the primary noise incident on the noise detection microphone. In this case, estimation of the coefficients is difficult. In this work. we solves this problem by estimating first the primary noise and then the feedback path.

    DOI: 10.1250/ast.27.264

    Scopus

    researchmap

  • A fine progressive image quality control method for ROI image in JPEG2000 査読

    Yoshihiro Kitaura, Mitsuji Muneyasu

    2006 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS, VOLS 1 AND 2   818 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    JPEG2000 has a feature called Region of Interest (ROI). This feature can encode a restricted region in an image prior to its background (BG) region. In low bit rate compression, the code of the ROI region occupies the most part of the bit stream for the whole image by the rate control processing. To solve this problem, several progressive image quality control methods between the ROI and BG regions have been proposed. However they cannot realize fine relative image quality control between the ROI and BG region. This paper proposes a fine control method by one-path processing. The standard decoder of JPEG 2000 part 1 can decode the coded data.

    Web of Science

    researchmap

  • Verification of simultaneous equations method by an experimental active noise control system

    Kensaku Fujii, Kotaro Yamaguchi, Shigeyuki Hashimoto, Yusuke Fujita, Mitsuji Muneyasu

    Acoustical Science and Technology   27 ( 5 )   270 - 277   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we verify the performance of the simultaneous equations method using an experimental active noise control system. The simultaneous equations method is based on a priciple different from the filtered-x algorithm requiring a filter modeled on a secondary path from a loudspeaker to an error microphone. Instead of the filter, called the secondary path filter, this method uses an auxiliary filter identifying the overall path consisting of a primary path, a noise control filter and the secondary path. As inferred from the configuration of the overall path, the auxiliary filter can provide two independent equations when two different coefficient vectors are given to the noise control filter. The method thereby estimates the coefficient vector of the noise control filter minimizing the output of the error microphone. In this paper, we propose the application of a frequency domain adaptive algorithm to the identification of the overall path. An improvement in the noise reduction speed is thereby expected. In this paper, we also present computer simulation results demonstrating that the simultaneous equations method can automatically recover the noise reduction effect degraded by path changes, and finally, using an experimental system, we indicate that the method successfully works in practical systems.

    DOI: 10.1250/ast.27.270

    Scopus

    researchmap

  • An improvement method for data embedding to printing images based on DCT 査読

    Kouji Nakanishi, Mitsuji Muneyasu

    2006 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS, VOLS 1 AND 2   774 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes an improvement method for a data embedding technique to printing images. This embedding technique is based on discrete cosine transform (DCT) and pseudo number (PN) sequences. In the conventional method, deformations, such as rotation and scaling have given a serious defect to the extraction rate. To solve this problem, a new data embedding position and the processing by the resolution of scanner itself are applied. The gain control method is also improved. From the comparison between the proposed and conventional methods, the improvement of the extraction rate in the proposed method is shown.

    Web of Science

    researchmap

  • 雑音マスキング効果を利用した電子透かし手法 査読

    棟安 実治, 大江孝輔

    電子情報通信学会論文誌(A)   J88-A巻10号, pp. 1137-1145   2005年10月

     詳細を見る

  • Performance improvement for distributed active noise control systems based on simultaneous equations method

    M Muneyasu, K Kagawa, K Fujii, T Hinamoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E88A ( 7 )   1760 - 1764   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    For multiple-channel active noise control (ANC) systems, distributed systems consisting of more than one controller are useful. In this paper, we propose a performance improvement algorithm for the distributed multiple-channel ANC system based on the simultaneous equations method. In the proposed algorithm, no estimation of error paths is required. This algorithm can provide good performance in canceling primary noises with auto-/cross-correlations and achieve stable noise reduction under a change of the error paths.

    DOI: 10.1093/ietfec/e88-a.7.1760

    Web of Science

    researchmap

  • DHSTのカラーハーフトーン画像への拡張 査読

    棟安 実治, 井上雅之, 北村陽子

    電子情報通信学会論文誌(A)   J88-A巻3号, pp. 439-442   2005年3月

     詳細を見る

  • A proposal of multichannel adaptive algorithm and its analysis 査読

    D Maeda, K Fujii, M Muneyasu

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   88 ( 3 )   32 - 41   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    The reference signals used in a multichannel system are usually strongly crosscorrelated. Preprocessing is normally added to reduce the crosscorrelation between the reference signals because this correlation makes estimating the adaptive filter coefficients difficult. However, this preprocessing is equivalent to warping the reference signals. The transmission of these warped reference signals to an unknown system hinders the essential system operation. On the other hand, it is necessary for uncorrelated components between the reference signals to exist when estimating the adaptive filter coefficients. Preprocessing that increases the ratio of these components is important in improving the convergence characteristics. In this paper, we propose an algorithm that does not transmit preprocessed reference signals to an unknown system, but only uses them to estimate the adaptive filter coefficients, and explain the design conditions needed to implement this algorithm. In other words, with the condition of not increasing the estimation errors, we derive the optimum values of the coefficients that reduce the correlation between the reference signals, which is a feature of this algorithm, and verify its effectiveness in simulations. By employing the proposed algorithm, improvements in the convergence characteristics can be designed without affecting the essential operation of the system. (C) 2004 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecjc.20092

    Web of Science

    researchmap

  • An active noise control system based on simultaneous equations method without auxiliary filters

    M Muneyasu, O Hisayasu, K Fujii, T Hinamoto

    2005 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS (ISCAS), VOLS 1-6, CONFERENCE PROCEEDINGS   vol. E89-A, no.4, pp.960-968   256 - 259   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A simultaneous equations method is one of active noise control algorithms without estimating an error path. This algorithm requires identification of a transfer function from a reference microphone to an error microphone containing the effect of a noise control filter. It is achieved by system identification of an auxiliary filter. As a result, the amount of computation is increased. In this paper, a new simultaneous equations method without the identification of the auxiliary filter is proposed. By storing a small number of an input signal and an error signal, we avoid this identification. Therefore, the amount of computation can be reduced by approximately 25% and same noise reduction performance with an ordinary method is obtained. From simulation examples, it is verified that the merits of the ordinary method is retained in the proposed method.

    Web of Science

    researchmap

  • A new realization of 2-D adaptive separable-denominator state-space filter based on DLMS algorithm suitable for parallel processing 査読

    MUNEYASU Mitsuji, N. Ishizaki, T. Hinamoto

    Journal of the Franklin Institute   vol.341, no.5, pp.431- 442 ( 5 )   2004年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jfranklin.2004.04.002

    Scopus

    researchmap

  • Distributed active noise control systems based on simultaneous equations methods

    M Muneyasu, Y Wakasugi, K Kagawa, K Fujii, T Hinamoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E87A ( 4 )   807 - 815   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A multiple channel active noise control (ANC) system with several secondary sources, error sensors, and reference sensors has been used for complicated noise fields. Centralized multiple channel ANC systems have been proposed, however implementation of such systems becomes difficult according to increase of control points. Distributed multiple channel ANC systems which have more than a controller are considered. This paper proposes a new implementation of distributed multiple channel ANC systems based on simultaneous equations methods. In the proposed algorithm, communications between controllers are permitted to distribute the computational burden and to improve the performance of noise reduction. This algorithm shows good performances for noise cancellation and tracking of changes in the error paths.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthesis of 3-D separable-denominator state-space digital filters with minimum L-2-sensitivity

    T Hinamoto, Y Sugie, A Doi, M Muneyasu

    MULTIDIMENSIONAL SYSTEMS AND SIGNAL PROCESSING   15 ( 2 )   147 - 167   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper deals with the analysis and minimization of L-2-sensitivity for three-dimensional state-space digital filters which are separable in the denominator. First, a novel expression for evaluating the L-2-sensitivity is developed in closed form. An iterative procedure for synthesizing the optimal filter structures is then presented so as to minimize the L-2-sensitivity. Finally, a numerical example is given to illustrate the utility of the proposed technique.

    Web of Science

    researchmap

  • マルチチャネル適応アルゴリズムの一提案とその解析 査読

    棟安 実治, 前田大輝, 藤井健作

    電子情報通信学会論文誌(A)   J87-A巻2号, pp.180-189   2004年2月

     詳細を見る

  • An improvement of an adaptive weighted mean filter using fuzzy clustering 査読

    M Muneyasu, T Imai, T Oda, T Hinamoto

    2004 47TH MIDWEST SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOL I, CONFERENCE PROCEEDINGS   281 - 284   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a novel edge-preserving adaptive weighted mean filter using fuzzy clustering. An input vector in the filter mask is classified according to predefined clusters and the membership values corresponding to all clusters are obtained. The filter output is given by the weighted sum of the membership values with the inner products of the input vector with weight vectors according to the clusters. The proposed filter can reduce mixed noises with preserving edges satisfactory, because a fuzzy clustering flexibly classifies ambiguous local image information and adaptively controles filter weights.

    Web of Science

    researchmap

  • Application of a frequency domain processing technique to the simultaneous equations method

    K Fujii, S Hashimoto, M Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E86A ( 8 )   2020 - 2027   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a frequency domain simultaneous equations method capable of automatically recovering noise reduction effect degraded by secondary path changes. The simultaneous equations method has been studied, first in time domain. Accordingly to the study, in the time domain, the simultaneous equations method requires an additional filter and a system identification circuit used for transforming the solution of the simultaneous equations into the coefficients of noise control filter, which increase the processing cost. To reduce the processing cost, this paper studies on the application of a frequency domain processing technique, the cross spectrum method, to the simultaneous equations method. By directly applying the equation defining the cross spectrum method to the solution, the additional filter becomes unnecessary. In addition, the system identification circuit is replaced with the inverse Fourier transform. Thereby, the processing cost drastically decreases. This paper also presents simulation results to confirm that the proposed method can automatically recover the noise reduction effect degraded by a path change and provides much higher convergence speed than that of the filtered-x NLMS algorithm with the perfectly modeled secondary path filter.

    Web of Science

    researchmap

  • Design of data-dependent α-trimmed mean filters using counterpropagation networks 査読

    Takashi Ochiai, Mitsuji Muneyasu, Kazuya Sasaki, Takao Hinamoto

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   86 ( 7 )   30 - 40   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Elimination of mixed noise consisting of white Gaussian noise and impulsive noise is one of the important problems in image processing. In this paper, a data-dependent α-trimmed mean filter using backpropagation networks is proposed. In order to determine an appropriate value of α for each processing point, the pattern classification capability of the backpropagation networks is used. Further, by processing taking into account the edge portions, both edge preservation and mixed noise elimination are attained simultaneously. Finally, the effectiveness of the proposed method is verified by simulation.

    DOI: 10.1002/ecjc.10061

    Scopus

    researchmap

  • Adaptive error diffusion using fuzzy reasoning for step edges

    Muneyasu, M., Oda, T., Nakata, Y., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   86 ( 2 )   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.1135

    Scopus

    researchmap

  • Primitive and point configuration texture model and primitive estimation using mathematical morphology 査読

    A Asano, T Ohkubo, M Muneyasu, T Hinamoto

    IMAGE ANALYSIS, PROCEEDINGS   2749   178 - 185   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    A model for texture description, called "Primitive and Point Configuration (PPC) texture model," and an estimation method of the primitive, which is an elementary object for configuring a texture, are proposed in this paper. The PPC texture model regards that a texture is composed by arranging grains that are derived from one or a few primitives by some modification. The primitive shape is estimated by the principle that the primitive resembling the grains best should be the optimal estimation. This estimation is achieved by finding the structuring element that minimizes the integral of the size distribution function of a target texture.

    Web of Science

    researchmap

  • 2D adaptive state-space filters suitable for parallel processing using state-space model with general form 査読

    N Ishizaki, M Muneyasu, T Hinamoto

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   86 ( 1 )   46 - 57   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    This paper proposes a realization of a two-dimensional adaptive state-space filter for parallel processing using state-space model with a general form. For the modeling of the filter, a generalized model realized for parallel processing is used and the conventional denominator-separation type model is extended. Further, the LMS (Least Mean Square) algorithm is used to construct an adaptive algorithm and its processing speed and computational effort are evaluated. By means of this method, the hardware content can be reduced while the processing speed is maintained almost the same as in the complete generalized model. Finally, in order to verify the effectiveness of the present method, an example is presented in which a two-dimensional adaptive filter is applied to the spatial domain design as a system identification problem. (C) 2002 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecjc.10019

    Web of Science

    researchmap

  • Design of adaptive state-space digital filters using stable filter structures 査読

    T Hinamoto, Y Kawai, M Muneyasu, A Doi

    Proceedings of the 46th IEEE International Midwest Symposium on Circuits & Systems, Vols 1-3   640 - 643   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A new technique for designing adaptive state-space digital filters using stable filter structures is developed. First, the coefficient sensitivites are related to intermediate transfer functions in order to generate gradient signals. Next, the LMS algorithm is applied to construct adaptive state-space digital filters with new systems to generate gradient signals. To illustrate the validity of the proposed technique, a numerical example is given. In the example, the comparison between the proposed and conventional adaptive filters is presented.

    Web of Science

    researchmap

  • An implementation of edge-preserving filters using layered fuzzy controllers with learning 査読

    Y Wada, M Muneyasu, A Taguchi, T Hinamoto

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   86 ( 5 )   76 - 88   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    A filter using fuzzy inference has been proposed as a noise reduction filter for images with superposed mixed noise and its effectiveness has been demonstrated. When fuzzy inference is used, the optimization of its parameters is often a problem. For instance, Takashima and colleagues have proposed a configuration consisting of a cascaded connection of fuzzy controllers for impulsive noise and Gaussian noise. It is difficult to carry out optimization of both fuzzy controllers at the same time. In this paper, an optimization method is proposed for fuzzy controllers cascaded or connected in a layered manner. This method is applied to the fuzzy controller in the edge-preserving non-linear filter proposed by Takashima. In this way the structure is extended to a tunable filter. From the simulation results, it is found that the proposed method is effective for performance enhancement of the filter and is also effective for adjustment of fuzzy controllers connected in a layered manner. (C) 2003 Wiley Periodicals, Inc.

    Web of Science

    researchmap

  • A new active sinusoidal noise control system using the simultaneous equations technique

    K Fujii, Y Nakatani, M Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E85A ( 8 )   1877 - 1881   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper proposes a new method to reduce sinusoidal noise components whose frequencies are known. The new method is based on the simultaneous equations technique. The technique does riot require the secondary path filter: thereby the automatic recovering of the noise reduction effect deteriorated by secondary path changes becomes possible. This paper also presents computer simulation results to examine the performance of the new method.

    Web of Science

    researchmap

  • 対向伝搬ネットワークを用いたデータ依存型α-Trimmed平均値フィルタの設計 査読

    落合孝, 棟安実治, 佐々木和也, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J85-A巻5号, pp. 518-527   2002年5月

     詳細を見る

    白色ガウス性雑音とインパルス性雑音からなる混合雑音の除去は,画像処理において重要な問題の一つである.本論文では,対向伝搬ネットワークを利用したデータ依存型$\alpha$-Trimmed平均値フィルタを提案する。ここでは,処理点ごとに適切な$\alpha$の値を決定するために,対向伝搬ネットワークのパターン分類能力を利用している.さらにエッジ部分を考慮した処理を行い,エッジ保存と混合雑音除去の両立を可能にしている.最後にシミュレーションによって,提案手法の有効性を検証している.

    researchmap

  • 平均ディザ信号関数を用いた誤差拡散法の改善 査読

    佐々木和也, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J85-A巻4号, pp. 471-480   2002年4月

     詳細を見る

    プリンタなどの同時発色数の少ないデバイスに,多階調のディジタル画像を出力する機会は多い.このような場合,擬似的に階調を生成するハーフトーン処理が行われる.この中でも,高画質が得られるものとして誤差拡散法や平均濃度近似法が知られているが,画像のエッジ付近でセグメントと呼ばれる等色領域が発生したり,歪みがおこる場合がある.本論文では,平均濃度近似法の枠組みに基づき,まず歪みが発生する原因を明らかにし,その結果に基づいてアルゴリズムを改良することにより,エッジ付近での歪みやクラスタが発生しない手法について提案する.提案手法は簡単に多値出力画像やカラー画像の処理に適用できる.

    researchmap

  • Active noise control system using the simultaneous equation method without the estimation of error path filter coefficients

    Fujii, K., Muneyasu, M., Ohga, J.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   85 ( 12 )   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.1132

    Scopus

    researchmap

  • An extension of simultaneous equation method to multiple channel active noise control system

    Muneyasu, M., Asai, T., Fujii, K., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   85 ( 5 )   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.1093

    Scopus

    researchmap

  • Texture primitive description using skeleton 査読

    A Asano, T Ohkubo, M Muneyasu, T Hinamoto

    MATHEMATICAL MORPHOLOGY, PROCEEDINGS   101 - 107   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:C S I R O  

    A novel method of texture primitive description using morphological skeleton is proposed. The skeleton of an object has the property that it is reduced to one point when the structuring element used for the skeletonization is exactly hornothetic to the object. This method applies this property. This method minimizes the number of pixels contained in the skeleton. If we assume that-the texture is composed of one primitive, the structuring element minimizing the number of pixels is homothetic to the primitive of the texture because of the above property of the skeleton. Simulated annealing is employed for the minimization. This method has an advantage that it requires no assumption on the sizing distribution of grains in the texture.

    Web of Science

    researchmap

  • Multiple channel active noise control system based on simultaneous equations methods 査読

    M Muneyasu, T Asai, K Fujii, T Hinamoto

    2002 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOL II, PROCEEDINGS   169 - 172   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    For complicated noise fields, a multiple channel active noise control (ANC) system with several secondary sources, error sensors, and reference sensors is required. A multiple error filtered-X (MEFX) algorithm is developed for an adaptive algorithm in the multiple channel ANC system. This algorithm requires a previous estimation of the error paths. However, the characteristics of the error paths should be assumed to change during the operation of the system. This paper proposes a control algorithm for the multiple channel ANC system without the previous estimation of the error paths. This algorithm becomes an extension of the simultaneous equations method proposed for the single channel ANC system. In the proposed method, the good performances for noise cancellation and tracking of the changes in the error paths are achived.

    Web of Science

    researchmap

  • 一般形2次元適応状態空間フィルタの並列処理向き実現 査読

    石崎直哉, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J84-A巻11号pp. 1314-1324   2001年11月

     詳細を見る

    本論文では,一般形状態空間モデルを用いた2次元適応状態空間フィルタの並列処理向き実現を提案している.フィルタのモデルには,並列処理向きに実現された一般形モデルを用い,従来の分母分離形モデルからの拡張を行なっている.更に,LMS(Least Mean Square)アルゴリズムを用いて適応アルゴリズムを構成し,その処理速度および計算量の評価を行なっている.本手法を用いることによって,完全な一般形モデルと比べて,処理速度をほぼ同等に保ちながらハードウェア量を軽減することができる.最後に,本手法の有効性を検証するために,システム同定問題として2次元ディジタルフィルタの空間領域設計に応用した例を示す.

    researchmap

  • Analysis on the convergence property of the sub-RLS algorithm

    K Fujii, M Muneyasu, T Hinamoto, Y Tanaka

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E84A ( 10 )   2591 - 2594   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The sub-recursive least squares (sub-RLS) algorithm estimates the coefficients of adaptive filter under the least squares (LS) criterion, however, does not require the calculation of inverse matrix. The sub-RLS algorithm, based on the different principle from the RLS algorithm, still provides a convergence property similar to that of the RLS algorithm. This paper first rewrites the convergence condition of the sub-RLS algorithm, and then proves that the convergence property of the sub-RLS algorithm successively approximates that of the RLS algorithm on the convergence condition.

    Web of Science

    researchmap

  • Normalize least mean EE ' algorithm and its convergence condition

    K Fujii, M Muneyasu, T Hinamoto, Y Tanaka

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E84A ( 4 )   984 - 990   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The normalized least mean square (NLMS) algorithm has the drawback that the convergence speed of adaptive filter coefficients decreases when the reference signal has high auto-correlation. A technique to improve the convergence speed is to apply the decorrelated reference signal to the calculation of the gradient defined in the NLMS algorithm. So far, only the effect of the improvement is experimentally examined. The convergence property of the adaptive algorithm to which the technique is applied is not analized yet enough. This paper first defines a cost function properly representing the criterion to estimate the coefficients of adaptive Biter. The name given in this paper to the adaptive algorithm exploiting the decorrelated reference signal,'normalized least mean EE '' algorithm, exactly expresses the criterion. This adaptive algorithm estimates the coefficients so as to minimize the product of E and E ' that are the differences between the responses of the unknown system and the adaptive filter to the original and the decorrelated reference signals, respectively. By using the cost function, this paper second specifies the convergence condition of the normalized least mean EE ' algorithm and finally presents computer simulations, which are calculated using real speech signal, to demonstrate the validity of the convergence condition.

    Web of Science

    researchmap

  • An implementation of tunable fuzzy filters for mixed noise reduction

    M Muneyasu, K Asou, Y Wada, A Taguchi, T Hinamoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E84A ( 2 )   482 - 484   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a new implementation of fuzzy filters for edge-preserving smoothing of an image corrupted by impulsive and white Gaussian noise. This filter structure is expressed as an adaptive weighted mean filter that uses fuzzy control. The parameters of this filter can be adjusted by learning. Finally, simulation results demonstrate the effectiveness of the proposed technique.

    Web of Science

    researchmap

  • Hybrid active noise control systems based on the simultaneous equations method

    M Muneyasu, Y Wakasugi, O Hisayasu, K Fujii, T Hinamoto

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E84A ( 2 )   479 - 481   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper proposes a new hybrid active noise control (ANC) system without the estimation of the secondary path filter in advance. The algorithm of the feedforward part of the proposed method is based on the simultaneous equations method and the feedback part employs the filtered-X LMS algorithm. The estimation of the secondary path filter is obtained in the operation of the feedforward part and it is used in the feedback part. When the secondary path changes in the operation of the system, the proposed system can follow to this change. In the simulation example which treats the colored measurement noise, the fine noise reduction performance is obtained.

    Web of Science

    researchmap

  • 有色性参照信号に対する適応フィルタ係数の収束の高速化法 査読

    棟安 実治, 藤井健作, 雛元孝夫, 大賀寿郎

    電子情報通信学会論文誌A   J84-A巻1号, pp. 113-117 ( 1 )   113 - 117   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    最急降下形の適応アルゴリズムには有色性参照信号に対して適応フィルタの係数の収束が遅れるという問題がある.この問題を解決する処理の基本は, その係数更新に無相関化した参照信号を用いることである.また, その無相関化を実現する最も簡単な手段に線形予測分析がある.本論文ではパラメータ抽出の観点から見出された適応アルゴリズムの原形となる式に線形予測分析を適用し, その式から有色性参照信号においても個別正規化LMS(Individually Least Mean Square)法に対して収束特性が改善される係数更新式を導く.

    CiNii Books

    researchmap

  • Design of data-dependent weighted mean filters using counter propagation networks

    Muneyasu, M., Miyake, Y., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   84 ( 3 )   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1520-6440(200103)84:3<42::AID-ECJC5>3.0.CO;2-8

    Scopus

    researchmap

  • 学習可能な階層型ファジィ制御器を用いたエッジ保存型フィルタの一実現法

    棟安 実治, 和田祐司, 田口 亮, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J84-A巻2号, pp. 152-163   186 - 187   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • パターン分類に基づくスイッチングメジアンフィルタの一構成法 査読

    棟安 実治, 落合 孝, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J83-A巻11号, pp. 1235-1243 ( 11 )   1256 - 1263   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では、スイッチングメジアンフィルタの一構成法について提案している。提案するフィルタは、対向伝搬ネットワークに基づくインパルス検出器とメジアンフィルタからなる。インパルス検出器で検出したインパルス性雑音のみをメジアンフィルタを用いて処理する。提案するフィルタを用いれば、エッジや細部を保存しつつ、インパルス雑音を有効に除去できる。さらに高発生確率のインパルス性雑音に対しては、フィルタを繰り返し適用することにより効率的な除去が可能となっている。またインパルス検出器は学習によって性能を改善することができる。最後に処理例を通して提案手法の有効性を検証している。

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネル能動騒音制御システムへの連立方程式の拡張 査読

    棟安 実治, 浅井 隆, 藤井 健作, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J83-A巻11号, pp. 1256-1263 ( 11 )   1235 - 1243   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    ある広さを持つ領域を消音しようとする場合,シングルチャネルの能動騒音制御システムでは十分な効果を得ることはできない.そのため,複数のマイクロホンやスピーカを用いるマルチチャネル能動騒音制御システムが提案されている.ここで,通常用いられるアルゴリズムにMultiple Error Filtered-X(MEFX)法がある.MEFX法は誤差経路系の事前推定を必要とするが,シングルチャネルと比べてマルチチャネルの場合は推定誤差が複雑な影響を与え,また動作中の系の変動も問題となる.本論文では,最近シングルチャネルの場合に対して提案された,誤差経路系の推定を必要としない連立方程式法をマルチチャネル能動騒音制御に適用する手法について提案する.本手法では,シングルチャネルの場合と同様に,誤差経路系を推定することなしに,騒音制御フィルタの係数を推定でき,動作中の経路の変動にも追従でき,良好な消音効果が得ることができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • A new adaptive center weighted median filter using counter propagation networks

    M Muneyasu, N Nishi, T Hinamoto

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   337 ( 5 )   631 - 639   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    A new type of adaptive center weighted median filters is developed for impulsive noise reduction of an image without the degradation of an original signal. The weight in the proposed filter is decided by the weight controller based on counter propagation networks. This controller classifies an input vector into some cluster according to its feature and gives the weight corresponding to the cluster. The parameters in the weight controller are adjustable by using the learning algorithm. The degradation of the original signal can be reduced by the proposed technique. An example is also given to illustrate the utility of the proposed technique. (C) 2000 The Franklin Institute. Published by Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • ファジィ推論を用いたステップエッジに対する適応的誤差拡散法 査読

    MUNEYASU Mitsuji, Y. Nakata, T. Oda, T. Hinamoto

    電子情報通信学会論文誌A   J83-A/7,859-867 ( 7 )   859 - 867   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    多値画像を2値画像に変換する時,階調表現能力に比較的優れていることから,誤差拡散法がよく用いられる.ラスタ走査を用いて誤差拡散法を適用すると,エッジに沿って黒画素または白画素のみの等色領域が生じる.これはエッジを強調する効果も持つが,視覚的にエッジが過度に強調される場合もある.本論文ではこのような等色領域を自由に制御するために,誤差拡散法におけるフィルタ係数を,被処理点との差分のみに基き適応的に調節する手法について論じる.ここではファジィ推論を用いることにより,フィルタ係数が算出される.提案手法によれば,ステップエッジ付近の等色領域の幅を適当な代表値を与えることで適切に制御できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 雑音が重畳された画像に対するエッジの連続性を考慮した強調 査読

    棟安 実治, 和田祐司, 中村亮太, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J83-A/1,9-17 ( 1 )   9 - 17   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    画像を強調するための一手法として, 画像の高周波数成分を強調するアンシャープ・マスキング(UM)処理が知られている.この手法は, 画像に雑音が重畳されている場合, 雑音も同時に強調してしまうという欠点があった.これに対して, エッジ情報の概念を導入して, この問題を解決する手法が提案されている.本論文では, Gemanらが提案したラインプロセスの概念を用いてエッジ情報を正確に検出する手法と, 更に輝度値の増減方向に対してより正確な判断を行う手法を用いたUM処理手法について提案する.提案手法によれば, 雑音の影響を受けることが少ない良好な強調画像を得ることができる.ここでは, エッジ情報の抽出にファジィ制御を用いている.最後に, 画像の処理例を通じて提案手法の有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • Method to update the feedback control filter coefficients under active noise control

    Fujii, K., Muneyasu, M., Ohga, J.

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   4   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ISCAS.2000.858759

    Scopus

    researchmap

  • 対向伝搬ネットワークを用いたデータ依存形荷動平均値フィルタの設計 査読

    棟安 実治, 三宅優一, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J82-A/7,954-963 ( 7 )   954 - 963   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    ガウス性白色雑音によって劣化した画像に対して, エッジを保存しつつ雑音を除去することは, 画像処理において重要な問題の一つである. 本論文では, 対向伝搬ネットワークを用いたデータ依存形荷重平均値フィルタを提案する. 本手法によれば, エッジを保存しつつ, 高いガウス性白色雑音の除去能力が得られる. ここでは, フィルタ係数を切り替えるための特徴量を自己組織化ネットワークによって, 係数そのものを階層形ネットワークを用いて学習あるいは決定する構造となっている. それによりロバストなフィルタを得ることができる. このネットワークを解析することによって, より簡単なフィルタ構成を導くことも可能である. それを利用して本論文でも, シミュレーションによって得られたフィルタの解析と簡単化の一例を示し, より少ない計算量で高速に処理可能なフィルタを得ている.

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動騒音制御下で動作する帰還制御フィルタ係数の更新法 査読

    棟安 実治, 藤井健作, 大賀寿郎

    電子情報通信学会論文誌A   J82-A/6,843-850 ( 6 )   843 - 850   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    能動騒音制御装置では一般に, その起動に先だってスピーカから白色雑音を送出して帰還系のインパルス応答を推定し, その推定結果を係数として帰還制御フィルタに与えて固定する処理が実行される. しかし, 実際にはそのインパルス応答が装置起動後に変化することは十分に想定される. その変化は帰還制御フィルタの係数との差を広げ, 騒音制御フィルタ係数の更新動作を不安定にする. そのために従来より, 騒音制御中にも帰還系のインパルス応答を観測し, 帰還制御フィルタの係数を更新する方法の重要性が指摘されている. 本論文では帰還制御フィルタあるいは騒音制御フィルタに異なる二組の係数を与えて生じる帰還成分のそれぞれについて線形予測分析を適用し, その二組の係数ごとに行った分析の結果として得られた予測フィルタの二組の係数をもとに連立方程式を構成して帰還制御フィルタの係数を算定する方法を提案する. 加えて, この連立方程式をシステム同定の技法を適用して解く方法を紹介する. 本手法によれば, 騒音制御中にも白色雑音を送出することなく, 帰還制御フィルタの係数を更新することができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次元サブバンド適応フィルタの提案 査読

    棟安 実治, 服部和宏, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J82-A/6,920-924   1999年6月

     詳細を見る

  • 誤差経路フィルタ係数の推定を要しない連立方程式法による能動騒音制御 査読

    棟安 実治, 藤井健作, 大賀寿郎

    電子情報通信学会論文誌(A)   J82-A/3,299-305 ( 3 )   299 - 305   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    Filtered-x法を適応アルゴリズムとする能動騒音制御装置では通常, その起動に先だって誤差経路系のインパルス応答を観測し, それを誤差経路フィルタの係数として与える処理が実行される. 当然ながら, そのインパルス応答が起動後において変化することは十分に想定される. その変化は誤差経路フィルタの係数との差を拡大し, 騒音制御動作を不安定にする. 本論文では誤差経路フィルタ係数の算定を必要としない騒音制御フィルタ係数の更新法を提案する. ここでは, 騒音制御フィルタに二つの異なる係数の組を与えたときに騒音検出マイクロホンから誤差検出マイクロホンに至る系は騒音伝達系と誤差経路系のインパルス応答を未知数とする二つの独立な方程式を成立させることが利用される. 騒音制御フイノレタの係数はこの連立方程式を繰り返し解くことによって更新される.

    CiNii Books

    researchmap

  • Design of Adaptive Stack Filters Using Pattern Classification

    Muneyasu, M., Yasui, Y., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   82 ( 4 )   1999年

     詳細を見る

  • An Adaptive Weighted Median Filter Using Counterpropagation Networks

    Maeda, T., Muneyasu, M., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   82 ( 6 )   1999年

     詳細を見る

  • Simultaneous equations method not requiring the secondary path filter 査読

    K Fujii, M Muneyasu, J Ohga

    PROCEEDINGS OF ACTIVE 99: THE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ACTIVE CONTROL OF SOUND AND VIBRATION, VOLS 1 & 2   941 - 948   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INST NOISE CONTROL ENGINEERING  

    Web of Science

    researchmap

  • A novel nonlinear filter using layered neural networks

    M Muneyasu, T Maeda, T Yakao, T Hinamoto

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   335B ( 7 )   1177 - 1184   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This paper proposes a novel realization of nonlinear filters suitable for the edge-preserving smoothing of an image degraded by a mixed noise environment composed of the the Gaussian and impulsive noises. This filter consists of a layered neural network and a median filter. By using layered neural networks, the parameters of the proposed filter can adapt itself to the various noisy environments through the learning of a training image. The training method of the parameter of response functions is also proposed. These parameters have important effects for the performance of the proposed filters. An example is shown to illustrate the utility of the proposed filter. (C) 1998 The Franklin Institute. Published by Elsevier Science Ltd.

    Web of Science

    researchmap

  • A realizaiton of 2-D adaptive filters using affine projection algorithm

    M Muneyasu, T Hinamoto, H Yagi

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   335B ( 7 )   1185 - 1193   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This paper proposes a realization of two-dimensional (2-D) adaptive finite impulse response (FIR) filters using affine projection method. The convergence property of the proposed algorithm is superior to that of the 2-D least mean square (LMS) and normalized LIMS (NLMS) algorithms. This algorithm has properties that lie between those of NLMS and recursive least squares (RLS) algorithms. The convergence of this filter can be proved. The generalization of the proposed algorithm is also discussed. To illustrate the utility of the proposed technique, this filter is applied to the 2-D system identification. (C) 1998 The Franklin Institute. Published by Elsevier Science Ltd.

    Web of Science

    researchmap

  • Edge-preserving smoothing using median mean neural hybrid filters

    M Muneyasu, K Hotta, T Hinamoto, A Taguchi

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   335B ( 6 )   1145 - 1156   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    A novel technique for edge-preserving smoothing is developed bq, using median mean neural hybrid filters. This filter structure is represented by the cascade connection of a median filter, a mean filter and a neural network. This filter can adapt itself to the various noise environment through the learning of a training image. In the case Ir he, e a priori data such a training image is unavailable, this filter, can be efficiently applied to edge-preserving smoothing for the images degraded by the Gaussian and impulsive noises. Moreover, the structure of the proposed filter is very simple. Finally, the simulation examples show the effectiveness of the proposed filters. (C) 1998 The Franklin Institute. Published by Elsevier Science Ltd.

    Web of Science

    researchmap

  • Edge-preserving fuzzy filters based on differences between pixels

    Muneyasu, M., Asou, K., Wada, Y., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   81 ( 1 )   1998年

     詳細を見る

  • Median and Neural Network Hybrid (MNNH) filters

    Taguchi, A., Muneyasu, M., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   81 ( 6 )   1998年

     詳細を見る

  • Adaptive Edge-preserving Smoothing Filtens Using Layered Neural Networks 査読

    MUNEYASU Mitsuji, Y. Wada, T. Hinamoto

    Journal of Computer Science&Information Management   1/2,74-82   1998年

     詳細を見る

  • A new 2-D adaptive filter using affine projection algorithm 査読

    M Muneyasu, T Hinamoto

    ISCAS '98 - PROCEEDINGS OF THE 1998 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOLS 1-6   D90 - D93   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a realization of two-dimensional (2-D) adaptive finite impulse response (FIR) filters using affine projection method. The convergence property of the proposed algorithm is superior to that of the 2-D least mean square (LMS) and normalized LMS (NLMS) algorithms. This algorithm has properties that lie between those of NLMS and recursive least squares (RLS) algorithms. The generalization of the proposed algorithm is also discussed. To illustrate the utility of the proposed technique, this filter is applied to the 2-D system identification.

    Web of Science

    researchmap

  • A new edge-preserving smoothing filter based on fuzzy control laws and local features 査読

    M Muneyasu, Y Wada, T Hinamoto

    ISCAS '98 - PROCEEDINGS OF THE 1998 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOLS 1-6   B239 - B242   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a new type of edge-preserving smoothing filter to be applied to an image corrupted by impulsive and white Gaussian noise. This filter is based on a weighted mean filter having two kinds of coefficient for impulsive and white Gaussian noise. These coefficients can be varied adaptively by local features in the window. Fuzzy control laws that can be used for the implementation of the proposed filter are described. To reduce the computational burden, the fuzzy inference model proposed by Ichihashi et al, is employed.

    Web of Science

    researchmap

  • パターン分類を用いた適応形スタックフィルタの設計 査読

    棟安 実治, 安井義博, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J80A/12,2088,2096 ( 12 )   2088 - 2096   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インパルス性雑音によって劣化した画像を修復することは, 画像処理において重要な間題の一つである. 本論文では, パターン分類を用いた適応形スタックフィルタについて提案している. 提案するフィルタは被処理点とその近傍の信号の性質に応じて最適なブール関数を選択できる構造をもつため信号の細部を劣化させることなくインパルス性雑音の除去が可能である. ここでは, パターン分類のために対向伝搬ネットワークをブール関数の制御器として用いた場合と基準ベクトルに基づいた制御器を用いる場合について検討している. これらは, ブール関数の選択に原信号をそのまま用いる場合と2値化した信号を用いる場合に対応している. ブール関数の最適化には Lin Yin らの提案した ALMA (Adaptive Least Mean Absolute) アルゴリズムを用いている. 最後に処理例を通して提案手法の有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2-D adaptive state-space filters based on the Fornasini-Marchesini second model 査読

    T Hinamoto, A Doi, M Muneyasu

    IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS II-EXPRESS BRIEFS   44 ( 8 )   667 - 670   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Based on the Fornasini-Marchesini second model, a technique is developed for implementing two-dimensional (2-D) adaptive state-space Biters. First, the relationship between the coefficient sensitivities and the intermediate transfer functions is investigated for the Fornasini-Marehesini second model, A least mean square (LMS) adaptive algorithm is then presented by using new systems that generate the gradient signals, Finally, a 2-D adaptive fine enhancer is constructed by using the 2-D adaptive state-space filter to illustrate the utility of the proposed technique.

    Web of Science

    researchmap

  • 画素間の差分に基づくエッジ保存型ファジーフィルタの実現 査読

    棟安 実治, 麻生康一郎, 和田祐司, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J80-A/6,879-886   1997年6月

     詳細を見る

  • 対向伝搬ネットワークを用いた適応形荷重メジアンフィルタ 査読

    棟安 実治, 前田隆宏, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J80A/1,19-26 ( 1 )   19 - 26   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, 原信号の保存性に優れたインパルス性雑音除去のための適応形荷重メジアンフィルタの実現法について論じている. ここでは, 対向伝扱えットワークによって構成された荷重制御器を用いて荷重の決定を行う手法について提案し, その学習方法についても考察している. 荷重制御器では, 入力をその性質に応じて分類し, それに対応する荷重マスクを与えるという一種のパターンマッピングを行っている. この手法により, 原信号の保存性を向上させることができる. また, ニューラルネットワークを用いているために, 入力信号の分類や対応する荷重マスクを学習によって決定することができ, 良好な結果を得ることができる. 更に実際の画像処理例を通じて提案手法の有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応形エッジ保存平滑化フィルタの一実現法

    棟安 実治, 和田祐司, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   80 ( 10 )   19 - 27   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/(SICI)1520-6440(199710)80:10<19::AID-ECJC3>3.0.CO;2-N

    Scopus

    researchmap

  • Two-dimensional neural hybrid filters using adaptive windows and layered median filters 査読

    M Muneyasu, T Maeda, T Hinamoto

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   79 ( 12 )   82 - 90   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    A new 2-D neural hybrid filter that combines a layered median filter with adaptive-window linear filters is described. The filter can eliminate both impulsive and. Gaussian noise and has good edge preservation characteristics, owing in particular to the 3-point layered median filter design. The size of the adaptive windows is maximized in regions where the neighboring pixel values differ relatively little from that at the working point. The design yields effective noise removal without edge degradation, and learning by the neural network allows the filter to adapt to image characteristics.

    Web of Science

    researchmap

  • メジアン・ニューラルネットハイブリッド(MNNH)フィルタの提案 査読

    棟安 実治, 田口 亮, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J79-A/11,1817-1825 ( 11 )   1817 - 1825   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    画像信号等の突発的な変化を含む非定常信号が加法雑音によって劣化している場合,その復元には非線形フィルタが有力である.本論文では,階層型ニューラルネットワークを用いて,混合雑音(ガウス性雑音とインパルス雑音の混在雑音)が重畳された画像の復元を目的とする新しい非線形フィルタの一手法を提案する.まず,メジアンフィルタと線形(平均値)フィルタを組み合わせたプロトタイプフィルタを提案する.次に,プロトタイプフィルタがネットワーク構造を用いて表現することが可能であることを示し,そのネットワーク表現を階層型ニューラルネットワークと解釈することにより,メジアンニューラルネットハイブリッドフィルタ(MNNH)へと拡張する.MNNHフィルタは誤差逆伝搬アルゴリズムにより学習可能である.プロトタイプフィルタにおいても混合雑音除去性能は高いが,MNNHフィルタでは,処理対象信号(原画像,加法雑音)の情報が得られた場合,その情報を反映させ,フィルタ性能を更に向上させることができる.最後に,種々の適用例を通じて,MNNHフィルタの有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • Two-dimensional adaptive filters based on the one-dimensional recursive least squares algorithm 査読

    M Muneyasu, E Uemoto, T Hinamoto

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   79 ( 7 )   92 - 101   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    This paper proposes a method for realizing two-dimensional (2-D) adaptive filters by applying a one-dimensional (1-D) recursive least squares (RLS) algorithm. First, by applying a 1-D RLS algorithm along horizontal and vertical directions, a novel 2-D adaptive algorithm is developed. ft is shown that the amount of calculations in the proposed algorithm is less than that in the misting 2-D RLS algorithm. Moreover, the convergence properties of the proposed algorithm and its relation to the conventional 2-D RLS algorithm are investigated. A method far accelerating the rate of convergence of the algorithm using a priori estimation error also is described.
    The proposed filter has good performance in nonstationary processes and the accuracy of convergence is better than that in the existing 2-D adaptive filters based on the least mean square (LMS) algorithm. Therefore, the proposed filter is suitable for processing an image with strongly nonstationary characteristics. Finally, the utility of the proposed filter is illustrated by applying it to 2-D system identification under a nonstationary environment as well as noise reduction of an image.

    Web of Science

    researchmap

  • A novel type of 2-D cascade-parallel adaptive IIR filters

    M Muneyasu, E Uemoto, T Hinamoto

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   333B ( 4 )   453 - 465   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    A new type of 2-D cascade-parallel adaptive infinite impulse response (IIR) filters with adaptive algorithm based on the concept of back propagation method is developed. This class of filter consists of parallel blocks each of which includes all-zero (transversal) and all-pole sections in cascade form realizations. At first a 2-D cascade-parallel filter structure is introduced, then an efficient adaptive algorithm is proposed using the concept of backpropagating the desired signal. Finally, the applications of this type of 2-D adaptive IIR filters in 2-D system identification and noise reduction in an image are illustrated with numerical examples. Copyright (C) 1996 Published by Elsevier Science Ltd

    Web of Science

    researchmap

  • Realization of 3-D adaptive separable-denominator state-space filters suitable for parallel processing

    Muneyasu, M., Ishizaki, N., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   79 ( 10 )   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430791007

    Scopus

    researchmap

  • Edge-preserving smoothing by adaptive nonlinear filters based on fuzzy control laws 査読

    M Muneyasu, Y Wada, T Hinamoto

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, PROCEEDINGS - VOL I   785 - 788   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 2-D adaptive state-space filters based on the Fornasini-Marchesini second model

    T Hinamoto, A Doi, M Muneyasu

    38TH MIDWEST SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2   44/8,667-670   251 - 254   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 階層型メジアンフィルタと適応窓を用いた2次元ニューラルハイブリッドフィルタ 査読

    棟安 実治, 前田隆宏, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J78-A/12,1558-1565 ( 12 )   1558 - 1565   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    階層構造をもつメジアンフィルタと適応窓をもつ線形フィルタを階層型ニューラルネットワークで組み合わせた新しい2次元ニューラルハイブリッドフィルタを提案する.提案するフィルタは,インパルス性およびガウス性雑音を除去することができ,良好なエッジ保存性を有している.メジアンフィルタは3点メジアンフィルタを階層的に組み合わせたもので,エッジ保存性が優れている.更に,線形フィルタで用いられる窓は,処理点に対して大きく異なる画素値をもつ点を含まない範囲で,できるだけ大きくなるように各々設定される.これにより,エッジの劣化を防ぎつつ良好な雑音除去特性が得られる.また,ニューラルネットワークの学習によって処理する画像の性質により適したフィルタを得ることができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 分母分離形3次元適応状態空間フィルタの並列処理向き実現 査読

    棟安 実治, 石崎直哉, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J78-A/11,1440-1450 ( 11 )   1440 - 1450   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    分母分離形3次元適応状態空間フィルタに並列処理を導入した,高速処理向き実現法について論じている.ここでは,適応アルゴリズムにLMS(Least Mean Square)アルゴリズムを採用し,フィルタのモデルに分母分離形3次元フィルタの並列処理向き構造を用いている.3次元適応状態空間フィルタの並列処理向き実現は,2次元状態空間適応フィルタの適応アルゴリズムを上記の構造に3坎元的に拡張することによって得られる.本論文中では,提案されたアルゴリズムをフィルタリングおよび係数更新に必要な時間と乗算器(加算器)数の立場で評価している.最後に,本適応フィルタを3次元状態空間ディジタルフィルタの設計に適用し,アルゴリズムの有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 1次元RLSアルゴリズムに基づく2次元適応フィルタ 査読

    棟安 実治, 上本栄治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J78-A/10,1298-1305   1995年10月

     詳細を見る

  • LMS法を用いた2次元適応状態空間フィルタ 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J76-A巻4号, pp.598-604   1995年4月

     詳細を見る

  • Parallel‐form realization of 2‐D adaptive separable‐denominator state‐space filters

    Muneyasu, M., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   78 ( 1 )   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430780105

    Scopus

    researchmap

  • Image restoration using layered neural networks and hopfield networks

    Muneyasu, M., Yamamoto, K., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   78 ( 5 )   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430780508

    Scopus

    researchmap

  • ラインプロセスを考慮したホップフィールドネットワークによる画像復元

    棟安 実治, 堀田健太郎, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J78-A/12,1566-1575   1703 - 1707   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • 階層形ニューラルネットワークとホップフィールド ネットワークを用いた画像復元 査読

    棟安 実治, 山本一成, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J77-A/10,1355-1364 ( 10 )   1355 - 1364   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    雑音とぼけによる劣化画像の復元は画像処理における重要な問題の一つである.本論文では2次元のSIPSF(Shift Invariant Point Spread Function)が既知な場合を対象として,エッジ抽出用の階層形ニューラルネットワークとぼけを復元するホップフィールドネットワークの両者を用いた復元アルゴリズムを提案している.特にエッジ抽出の効果を高めるために,水平,垂直方向に隣接する点を含む3点の画素値と局所分散を用いる階層形ニューラルネットワークを提案している.このネットワークは雑音を抑制しながらエッジを抽出し,また学習によってその性能を高めることができる.最後に実際の画像に対して提案手法を適用し,その有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 分母分離形2次元適応状態空間フィルタの並列形実現 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会誌A   J77-A/6,844-853 ( 6 )   844 - 853   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,分母分離形Roesserモデルに基づく並列形2次元適応フィルタの構成法を提案している.ここで,適応アルゴリズムにLMS(Least Mean Square)法を用いている.まず,分母分離形Roesserモデルとその並列形実現について考察し,その安定条件について言及している.次に,並列形実現に適合した適応アルゴリズムを示し,フィルタリングおよび係数の更新に必要な計算時間と必要乗算器(加算器)数について検討している.最後に,提案された並列形2次元適応フィルタを画像ノイズの低減化と2次元ディジタルフィルタの空間領域設計に応用し,アルゴリズムの妥当性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 重み付き感度を最小にする2次元ディジタルフィルタの有限語長実現 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫, 仙田次郎

    電子情報通信学会誌A   J77-A/3,334-342 ( 3 )   334 - 342   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    既約な2次元有理関数が与えられたとき,これを単入力多出力1次元FIRディジタルフィルタと多入力単出力2次元IIRディジタルフィルタの積に分解すれば,多入力単出力2次元IIRディジタルフィルタは最小実現が可能であることを示している.次に,単入力多出力1次元FIRディジタルフィルタと多入力単出力2次元IIRディジタルフィルタの最小実現からなる複合フィルタに対して,有限語長実現における重み付き係数感度を最小化している.すなわち,周波数依存重み付き係数感度を解析し,一般化グラミアンを用いて評価して,これを最小にするフィルタ構造を合成している.最後に,数値例によって理論の妥当性が検証される.

    CiNii Books

    researchmap

  • A 2-D IIR NEURAL HYBRID FILTER FOR IMAGE-PROCESSING 査読

    M MUNEYASU, S TSUJII, T HINAMOTO

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   77 ( 2 )   75 - 84   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA PUBL  

    A two-dimensional (2-D) IIR neural hybrid (2DINH) filter is proposed for image processing. This 2DINH filter consists of the cascade connection of a 2-D IIR linear filter followed by a neural filter. The proposed filter can be applied to smoothing for the images corrupted with Gaussian noise and/or impulsive noise and to edge detection for the images corrupted with Gaussian noise.
    The parameters of a neural filter are adjustable by a learning algorithm to adapt itself to the property of an image to be processed. Finally, some examples are given to illustrate the utility of the proposed filter.

    Web of Science

    researchmap

  • OPTIMAL SYNTHESIS OF 2-D SEPARABLE-DENOMINATOR FILTER STRUCTURES BASED ON 1-D FREQUENCY-WEIGHTED SENSITIVITY MINIMIZATION 査読

    T HINAMOTO, Y ZEMPO, M MUNEYASU

    APCCAS '94 - 1994 IEEE ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON CIRCUITS AND SYSTEMS   418 - 423   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • FREQUENCY-DOMAIN DESIGN OF 2-D STATE SPACE DIGITAL FILTERS USING ADAPTIVE LMS ALGORITHM 査読

    M MUNEYASU, T HINAMOTO

    APCCAS '94 - 1994 IEEE ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON CIRCUITS AND SYSTEMS   424 - 429   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • ANALYTICAL DESIGN OF MULTIDIMENSIONAL RECURSIVE DIGITAL FILTERS WITH CUBIC SYMMETRY AND CONSTANT GROUP DELAYS 査読

    M MUNEYASU, T HINAMOTO

    APCCAS '94 - 1994 IEEE ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON CIRCUITS AND SYSTEMS   441 - 446   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 2-D ADAPTIVE STATE-SPACE DIGITAL FILTERS USING LMS ALGORITHM 査読

    M MUNEYASU, T HINAMOTO

    1994 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOL 2   B65 - B68   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • A 2-D IIR NEURAL HYBRID FILTER FOR IMAGE PROCESSING 査読

    M MUNEYASU, S TSUJII, T HINAMOTO

    ICASSP-94 - PROCEEDINGS, VOL 5   57 - 60   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • ANALYTICAL DESIGN OF MULTIDIMENSIONAL RECURSIVE DIGITAL-FILTERS WITH CUBIC SYMMETRY AND CONSTANT GROUP DELAYS

    M MUNEYASU, T HINAMOTO

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   330 ( 6 )   1087 - 1100   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    An analytical technique is developed for designing multidimensional (M-D) separable-denominator recursive digital filters that meet, simultaneously, magnitude and phase specifications. A cubic symmetry that exists in the M-D frequency response is incorporated into the M-D filter structure. The denominator and the numerator of an M-D transfer function are designed separately. The former is used to approximate constant group delays and the latter is used to adjust an overall magnitude response. The filter is analytically designed by solving linear equations only. This serves to reduce the amount of calculations drastically. The stability of the resulting filter is always guaranteed. Finally, two examples are given to illustrate the utility of the proposed technique.

    Web of Science

    researchmap

  • 2次元IIRニューラルハイブリッドフィルタによる画像処理 査読

    棟安 実治, 辻井 訓, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   J76-A/10, 1440-1449   1993年10月

     詳細を見る

  • Two‐dimensional adaptive state‐space filters using LMS method

    Muneyasu, M., Hinamoto, T.

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   76 ( 9 )   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430760906

    Scopus

    researchmap

  • SYNTHESIS OF 2-D SEPARABLE-DENOMINATOR DIGITAL-FILTERS WITH LOW SENSITIVITY

    T HINAMOTO, T TAKAO, M MUNEYASU

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   329 ( 6 )   1063 - 1080   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This paper treats the coefficient sensitivity of two-dimensional (2-D) separable-denominator digital filters using the Roesser local state-space model. Two techniques suitable for 2-D separable-denominator digital filters are developed for synthesizing the filter structure with low sensitivity, one free from 1(2) scaling constraints on the state variables, and the other under the scaling constraints. In the paper, it is clarified that the filter structures with low sensitivity can be easily derived from the balanced realization. Finally, an example is given to illustrate the utility of the proposed techniques.

    Web of Science

    researchmap

  • DESIGN OF 2-D IIR DIGITAL-FILTERS WITH SYMMETRY AND CONSTANT GROUP DELAYS

    T HINAMOTO, M MUNEYASU, H TODA

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   329 ( 2 )   371 - 381   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    A computationally efficient technique is developed for the design of two-dimensional (2-D) recursive digital filters that meet simultaneously magnitude and phase specifications. A quadrantal symmetry which exists in the 2-D frequency response is incorporated into the 2-D filter design. The denominator and the numerator of a 2-D transfer function are designed individually: the former is used to approximate the constant group delays and then the latter is used to approximate the overall magnitude response. The filter design is analytically feasible by solving linear equations only. These serve to reduce the amount of calculations drastically. The stability of the resulting filters is always guaranteed. Finally two examples are given to illustrate the utility of the proposed technique.

    Web of Science

    researchmap

  • Image processing by two‐dimensional recursive filters using the fornasini‐marchesini model

    Hinamoto, T., Muneyasu, M.

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   75 ( 5 )   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430750506

    Scopus

    researchmap

  • ON THE MULTIPROCESSOR IMPLEMENTATION OF 2-D SEPARABLE-DENOMINATOR DIGITAL-FILTERS 査読

    T HINAMOTO, M MUNEYASU

    IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS ENGINEERING   185 - 188   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • 2次元ハイブリッドIIRフィルタによる画像処理 : 放送方式

    棟安 実治, 辻井 訓, 雛元 孝夫, 玉井 克典

    テレビジョン学会技術報告   16 ( 84 )   7 - 14   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 映像情報メディア学会  

    2次元IIRフィルタは、非直線位相性のひずみを別とすれば比較的少ない演算量で、柔軟な処理を行うことができる。しかし、平滑化について考えた場合、エッジ部分などで十分な結果が得られるとは限らない。本論文では、まずRoesserモデルに基づいた簡略形フィルタを示し、4方向処理との組み合わせによって画像ひずみを生じることなく、種々の画像処理を行う方法について提案している。次に、効果的な雑音除去のために、IIRフィルタとメディアンまたはニューラルといった非線形処理を組み合わせた2種類のハイブリッド型フィルタについて提案している。この二つの手法は、計算量、柔軟性、精度について各々特徴を持っている。さらに、幾つかの処理例を通して、各手法の有効性を検証している。

    DOI: 10.11485/tvtr.16.84_7

    researchmap

  • Fornasini-Marchesiniモデルを用いた2次元巡回形フィルタによる画像処理 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   74/11,1630-1636   1991年11月

     詳細を見る

  • 3次元直線位相FIRディジタルフィルタの解析的最小2乗設計

    棟安 実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   74 ( 12 )   67 - 76   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430741207

    Scopus

    researchmap

  • 分母分離形2次元ディジタルフィルタの実時間並列処理向き実現

    棟安 実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会論文誌A   74 ( 8 )   71 - 79   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.4430740808

    Scopus

    researchmap

  • A DIRECT DESIGN OF TWO-DIMENSIONAL ASYMMETRIC HALF-PLANE RECURSIVE DIGITAL-FILTERS

    T HINAMOTO, M MUNEYASU, H KUKITA, S MAEKAWA

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   323 ( 2 )   253 - 266   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • TWO-DIMENSIONAL CAUSAL FILTER APPROXIMATION USING A STRICTLY CAUSAL FILTER

    T HINAMOTO, AN VENETSANOPOULOS, M MUNEYASU, S MAEKAWA

    JOURNAL OF THE FRANKLIN INSTITUTE-ENGINEERING AND APPLIED MATHEMATICS   321 ( 3 )   155 - 166   1986年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Design of two‐dimensional fir digital filters on asymmetric half‐plane 査読

    Takao Hinamoto, Mitsuji Muneyasu, Sadao Maekawa

    Electronics and Communications in Japan (Part I: Communications)   68 ( 4 )   10 - 15   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A technique for designing asymmetric half‐plane two‐dimensional FIR digital filters in the frequency domain is presented. This filter includes the class of causal two‐dimensional digital filters as a special case. To design a linear‐phase FIR digital filter, a mirror‐image polynomial is presented for the asymmetric half‐plane two‐dimensional digital filters. The technique has an advantage of ensuring the linear phase of the resulting filters. Moreover, it is possible to design the filter by solving a set of linear equations. Two examples, low‐pass filter and fan filter designs, are solved to illustrate the proposed technique. Copyright © 1985 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company

    DOI: 10.1002/ecja.4410680402

    Scopus

    researchmap

  • APPROXIMATION OF 2-D FILTERS USING CANONIC SEPARABLE DENOMINATOR STATE-SPACE MODELS

    T HINAMOTO, FW FAIRMAN, M MUNEYASU, S MAEKAWA

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMS SCIENCE   16 ( 10 )   1207 - 1216   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 非対称半平面上における2次元FIRディジタルフィルタの設計 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫, 前川禎男

    電子通信学会論文誌A   67-A/7,697-701   1984年7月

     詳細を見る

  • Spatial‐domain design of weakly causal two‐dimensional recursive digital filters

    Hinamoto, T., Muneyasu, M., Mackawa, S.

    Electronics and Communications in Japan (Part I: Communications)   67 ( 1 )   1984年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecja.4400670105

    Scopus

    researchmap

  • 弱因果性2次元巡回形ディジタルフィルタの空間領域設計 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫, 前川禎男

    電子通信学会論文誌A   67-A/1,28-36   1983年1月

     詳細を見る

  • 空間領域における分母分離形2次元ディジタルフィルタの設計法 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫, 前川禎男

    計測自動制御学会論文誌   19/2,51-61   1983年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • パノラマエックス線画像より頸動脈石灰化病変を診断する重要性について 査読

    内田 啓一, 出分 菜々衣, 石岡 康明, 小日向 清美, 勝又 明敏, 森 啓, 吉成 伸夫, 浅野 晃, 棟安 実治

    日本口腔診断学会雑誌  2020年10月 

     詳細を見る

  • パノラマエックス線画像による頸動脈狭窄症を診断する研究について-第3回 歯科において頸動脈狭窄症を早期に発見し,医科への受診を促す

    内田 啓一, 出分 菜々衣, 石岡 康明, 小日向 清美, 森 啓, 勝又 明敏, 吉成 伸夫, 浅野 晃, 棟安 実治

    日本歯科評論  2020年9月 

     詳細を見る

  • パノラマエックス線画像による頸動脈狭窄症を診断する研究について-第2回 頸動脈石灰化の有無と歯槽骨吸収の画像診断

    内田 啓一, 出分 菜々衣, 石岡 康明, 小日向 清美, 吉成 伸夫, 浅野 晃, 棟安 実治

    日本歯科評論  2020年8月 

     詳細を見る

  • パノラマエックス線画像による頸動脈狭窄症を診断する研究について-第1回 頸動脈狭窄症をパノラマエックス線画像から診断する意味

    内田 啓一, 出分 菜々衣, 石岡 康明, 小日向 清美, 吉成 伸夫, 浅野 晃, 棟安 実治

    日本歯科評論  2020年7月 

     詳細を見る

  • 印刷画像へのデータ埋め込みとそのスマートフォンを用いた検出手法

    棟安 実治( 担当: 単著)

    画像ラボ  2020年3月 

     詳細を見る

  • 印刷画像への情報埋め込み技術

    棟安 実治( 担当: 単著)

    日本画像学会誌  2019年4月 

     詳細を見る

  • 再考・適応アルゴリズム

    藤井 健作, 棟安 実治

    Fundamentals Review  2015年4月 

     詳細を見る

  • アクティブ消音技術における経路変動に自動対応可能な連立方程式法

    藤井 健作, 棟安 実治( 担当: 共著)

    日本音響学会誌  2014年1月 

     詳細を見る

  • 数理工学事典

    棟安 実治( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2011年11月 

     詳細を見る

  • 非線形画像・信号処理-モルフォロジの基礎と応用-

    浅野 晃(広島大学), 浅野(村木) 千恵(安田女子大学), 木森 義隆(自然科学研究機構), 棟安 実治, 延原 肇(筑波大学), 藤尾 光彦(九州工業大学)( 担当: 共著)

    丸善  2010年9月 

     詳細を見る

  • 情報伝達のための電子透かし技術-印刷画像への情報埋込

    棟安実治( 担当: 単著)

    Fundamentals Review  2009年 

     詳細を見る

  • 劣化画像の復元・ノイズ除去による高画質化

    棟安実治, 藤田和弘監修

    トリケップス  2008年3月 

     詳細を見る

  • 応用数学ハンドブック

    棟安 実治, 藤原毅夫, 平尾公彦, 久保俊明, 広瀬啓吉編( 担当: 共著)

    丸善  2005年 

     詳細を見る

  • 順序統計に基づくフィルタとソフトプロセッシング-その画像処理への応用 査読

    棟安 実治( 担当: 単著)

    システム/制御/情報  2003年 

     詳細を見る

  • 非線形ディジタル信号処理

    棟安 実治, 田口 亮( 担当: 共著)

    朝倉書店  1999年3月 

     詳細を見る

  • 電子情報通信ハンドブック

    棟安 実治, 電子情報通信学会編( 担当: 共著)

    オーム社  1998年11月 

     詳細を見る

  • 非線形ディジタルフィルタ 査読

    棟安 実治, 雛元孝夫( 担当: 共著)

    計測と制御  1996年 

     詳細を見る

  • SIGGRAPH’88のテクニカルセッションでのライティングモデルの研究について

    棟安 実治( 担当: 単著)

    PIXEL  1988年 

     詳細を見る

  • 画像理解エキスパートシステム

    棟安 実治, 大宅伊久雄( 担当: 共著)

    映像情報  1987年 

     詳細を見る

  • 画像理解エキスパートシステム

    棟安 実治, 大宅伊久雄( 担当: 共著)

    映像情報  1987年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 2値ホログラフィ干渉縞データの非可逆圧縮の一手法 (スマートインフォメディアシステム)

    西垣内 崇宏, 棟安 実治, 松島 恭治, 吉田 壮, 田口 亮

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 235 )   13 - 16   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 適合性フィードバックに基づくリランキングを利用した映像検索の一手法 (システム研究会 ディジタル信号処理システム最適化一般)

    藤井 孝匡, 吉田 壮, 棟安 実治

    電気学会研究会資料. ST   2017 ( 21 )   87 - 92   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 印刷画像を利用した情報埋め込み型マーカの位置・姿勢推定と情報検出 (スマートインフォメディアシステム)

    甚田 那由太, 棟安 実治, 吉田 壮

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 70 )   35 - 40   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ユーザフィードバックを利用した重み付けに基づく映像検索精度の向上 (画像工学)

    藤井 孝匡, 吉田 壮, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 464 )   91 - 95   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ユーザフィードバックを利用した重み付けに基づく映像検索精度の向上 (マルチメディアストレージ コンシューマエレクトロニクス ヒューマンインフォメーション メディア工学 映像表現&コンピュータグラフィックス)

    藤井 孝匡, 吉田 壮, 棟安 実治

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41 ( 5 )   91 - 95   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動騒音制御下における帰還系再推定法に関する検討 (超音波)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 419 )   185 - 190   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動騒音制御下における帰還系再推定法に関する検討 (応用音響)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 420 )   61 - 66   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 固有値分解を用いた光波データの圧縮

    茅 立基, 棟安 実治, 松島 恭治, 吉田 壮, 田口 亮

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   21   266 - 269   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

  • 特異値分解による光波データの非可逆圧縮 (スマートインフォメディアシステム)

    茅 立基, 棟安 実治, 松島 恭治, 吉田 壮, 田口 亮

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 344 )   13 - 18   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 巡回型適応フィルタの適用による線形予測性能の向上法 (音声)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 523 )   63 - 68   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-15-14 物体追跡における画像特徴量に基づくシルエット抽出の一手法(A-15.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    新谷 岳士, 野畑 美紗貴, 棟安 実治

    電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016   224 - 224   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 防漏音衝立用フィードバック型能動騒音制御の安定動作条件について (応用音響) -- (音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 424 )   27 - 32   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2値ホログラム干渉縞データのロスレス符号化の検討

    棟安 実治, 松島 恭治, 田口 亮

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   20   142 - 145   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

  • 性質の異なる複数の荷重メジアンフィルタを用いた選択型インパルス性雑音除去フィルタ (スマートインフォメディアシステム)

    鍋谷 洋介, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 348 )   13 - 18   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • フィードフォワード型能動騒音制御システムにおいて騒音低減効果と安定性を向上させる2次系と帰還系 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 303 )   81 - 86   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 2値ホログラフィ干渉縞データのハフマン符号化を用いた圧縮 (スマートインフォメディアシステム)

    西垣内 崇宏, 棟安 実治, 松島 恭治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 208 )   25 - 30   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • PTZカメラとKINECTを用いた移動物体の検出手法の改善 (スマートインフォメディアシステム)

    新谷 岳士, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 208 )   81 - 86   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-20-9 PTZカメラとKINECTを用いた移動物体の検出手法の改善(A-20.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    新谷 岳士, 棟安 実治

    電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2015   149 - 149   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ハンズフリー通話システムの安定動作の検証に不可欠なレベルダイヤグラムに関する検討 (応用音響)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 126 )   39 - 44   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 異なる解像度を持つ印刷画像からのデータ検出手法 (スマートインフォメディアシステム)

    森谷 友哉, 佐古 新, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 496 )   123 - 126   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    印刷画像からデータを抽出するために,拡散方式に基づく手法が提案されている.これまでの手法では,画像解像度ならびにブロック分割数を固定し,検出側で既知としていた.しかし,実際には各種の解像度やブロック分割数に対応できることが好ましい.本稿では,画像の振幅成分に解像度とブロック分割数を指定するための不可視のマーカを埋め込む手法を提案する.これにより,いくつかの値の中から選択することができ,埋め込み可能なデータ量なども制御することができる.実際に携帯で撮影した画像に対して,提案手法を適用した結果,誤りなく画像解像度とブロック分割数の検出に成功している.これにより,提案手法の有効性が示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • フィードフォワード型能動騒音制御用帰還系推定法に関する検討 (応用音響)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 423 )   21 - 26   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,連立方程式法の原理を利用する帰還系推定法の1つを提案する.フィードフォワード型能動騒音制御システムではスピーカから騒音検出マイクロホンに至る帰還系が必然的に発生する.この帰還系の相殺が十分でない場合に2次系は変質し,十分な騒音低減効果の確保が難しくなる.本提案法では,2次騒音に白色雑音を参照信号として重畳した上で,誤差マイクロホンの出力を望みの応答とする補助的な適応フィルタを導入する.帰還系は,この補助フィルタを用いて連立方程式を生成し,これを解くことによって推定される.その有効性は最後に,計算機シミュレーションによって検証される.

    CiNii Books

    researchmap

  • コンピュータホログラフィ技術を中心とした超大規模データ処理指向コミュニケーション (特集 プロジェクト研究報告概要集) -- (戦略的研究基盤形成支援事業プロジェクト)

    松島 恭治, 棟安 実治, 梶川 嘉延

    技苑 = Innovative technology world   ( 140 )   67 - 75   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科パノラマX線写真における局所輝度分布を考慮した石灰化領域の検出 (スマートインフォメディアシステム)

    原田 裕典, 棟安 実治, 浅野 晃, 内田 啓一, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 370 )   13 - 18   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    歯科パノラマX線写真に対する頸動脈石灰化領域検出時における局所輝度分布を考慮した新たな領域検出手法を提案する.我々のグループではこれまで,石灰化領域を自動検出する手法がいくつか提案してきた.しかし,これらの手法において,石灰化領域の検出数,誤検出領域の削減数とも必ずしも十分とは言いがたい.そこで,本稿では,石灰化領域の検出数を改善するため,新たに制約条件を追加したk-means法を適用した.さらに,周辺領域占有率という新たな特徴量を定義し,この特徴量と各検出領域の周囲の輝度変化を特徴量として,石灰化領域でないと考えられる領域を判定する.実際の歯科パノラマX線写真に対して適用した結果から,提案手法が有効であることが示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯端末を考慮した印刷画像からのデータ検出手法の改良 (スマートインフォメディアシステム)

    日山 文, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 205 )   1 - 6   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    拡散方式に基づく埋め込み方式に対して処理時間を高速化した手法が,携帯電話のカメラを用いた印刷画像へのデータ埋め込み・検出の手法として,提案されている.本稿では,この手法を基礎として,画像に生じた歪みの補正処理において未検討であった点について,検出率の向上のため改良を加えた方式を提案する.さらに,1枚の撮影画像のみからの検出では得られる検出率に限界があるため,埋め込み画像1枚につき複数の画像を撮影可能な状況を想定し,得られた複数枚の撮影画像に順次埋め込み情報の検出処理を施す手法を提案する.この処理の過程で画像の良・不良を判別する処理を設けることで,「高検出率が期待できる」画像からのみ検出を行う.実験結果から,提案手法が検出精度向上に有効であることが示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-19 ADPCMの適応予測器に関する検討(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014   80 - 80   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-20-2 局所輝度分布を考慮した歯科パノラマX線写真における石灰化領域判別法(A-20.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    原田 裕典, 棟安 実治, 浅野 晃, 内田 啓一, 田口 明

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014   126 - 126   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • KinectとPTZカメラを用いた移動物体の検出と追跡に関する検討 (システム数理と応用)

    坂井 貴尚, 棟安 実治, 西田 守, 梶川 嘉延

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 125 )   69 - 74   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿ではKinectに搭載されているマイクロホンアレイを用いた, PTZカメラによる移動物体の検出と追跡の手法について検討する. Kinectを用いることで安価なデバイスで音源方向の推定を行うことが可能となる.ここでは, Kinectによって発見された物体を,さらにパーティクルフィルタとReal Adaboostを用いて,追跡を行う.これにより,カメラの画角外に物体があったとしても,カメラをその方向に向けることができ,カメラの適用範囲を拡大することが可能となる.さらに本稿では実験により,本手法の有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-30 音声スイッチの減衰量制御に関する検討(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 澤田 拓也, 吉岡 拓人, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014   85 - 85   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応フィルタを用いた残響低減法に関する検討 (応用音響 音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)

    岸田 裕士, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 413 )   57 - 62   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,非最小位相音響空間においてもブラインド残響低減が可能となる2マイクロホンアレーシステムの一つを提案する.2マイクロホンアレーシステムでは音源信号となる音声の特性を排除した音響経路の推定が可能となる.本報告では,その推定に方程式誤差法を適用する.問題は,推定した2つの音響経路に共通する誤差が含まれることである。本報告では,その推定にステップサイズを指数減衰とした学習同定法を適用することによって,この共通誤差を低減する。また,MINT法を適応フィルタシステムで実行することによって残響を低減する逆フィルタを生成する.これによって逆行列演算は回避される.最後に,音源信号を音声とするシミュレーションによって本原理の有効性を検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声強調マイクロホンアレーにおける残響低減法に関する検討 (応用音響 音響・超音波サブソサイエティ合同研究会)

    岸本 涼鷹, 岸田 裕士, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 413 )   69 - 74   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,音声強調フィルタによって不可避的に生じる残響の低減法の一つを提案する.この残響は音響経路を推定し,その逆フィルタを強調音声に適用することで低減することができる.しかし,音響経路が非最小位相となる場合に,その推定誤差は耳障りな正弦波を発生させる.本報告ではマイクロホン数を3とし,得られた強調フィルタをMINT法の原理に基づく適応フィルタシステムに適用することによって残響を低減する.

    CiNii Books

    researchmap

  • アクティブ消音技術における経路変動に自動対応可能な連立方程式法(<小特集>アクティブ消音技術における最近の動向:二次経路特性変動対策の進展)

    藤井 健作, 棟安 実治

    日本音響学会誌   70 ( 1 )   42 - 47   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本音響学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 非最小位相音響空間におけるブラインド残響除去に関する検討 (応用音響)

    岸田 裕士, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 349 )   7 - 12   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,2マイクロホンアレーを用いることによって非最小位相音響空間においても残響を低減できる手法を提案する.ブラインド残響除去では音響経路の特性が不明なため,マイクロホンに入力された音声をもとに音響経路を推定する必要がある.音響経路の推定には方程式誤差法を用いるが,共通誤差が含まれるため推定された音響経路には誤差が生じる.この問題に対して,適応フィルタのステップサイズを指数減衰させることで共通誤差を低減する.非最小位相音響空間における逆フィルタ生成の手法としてMINT法が挙げられる.このMINT法を,適応フィルタを用いたシステムで構成することで,行列計算を行わずに逆フィルタを構成することができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • マイクロホンアレーにおける音質補正フィルタに関する検討 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)

    岸本 涼鷹, 桑原 佑輔, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 291 )   37 - 42   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,騒音のみを低減し音声を強調する2マイクロホンアレーシステムにおいて音質を補正するフィルタを構成する方法について報告する.マイクロホンアレーにおいて出力は少し歪んだ音声になるためにそれを補正するフィルタを離散フーリエ変換を用いて構成する.構成には音響経路のインパルス応答を得る必要がある.本報告では音響経路が近似された適応フィルタの係数を用いて音質補正フィルタを計算する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムによるオープニングとクロージングにおける構造要素の劣化画像のみを用いた推定 (スマートインフォメディアシステム)

    鍋谷 洋介, 棟安 実治, 浅野 晃

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 202 )   33 - 38   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,モルフォロジーフィルタにおける劣化画像のみを用いた最適な構造要素の設計法を提案する.設計を最適化問題として定式化し,劣化画像から直接,最適な構造要素の形状と輝度値を推定する.形状および輝度値の最適化にあたり,遺伝的アルゴリズムを採用する.インパルス性雑音を検出するための統計量であるROLD(rank-ordered logarithmic differences) 統計量を用いた目的関数を用いることで,雑音除去性能と原信号保存性に優れた構造要素の推定が可能であることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 埋め込み型マーカを利用した印刷画像へのデータ埋め込みと検出に関する一手法 (スマートインフォメディアシステム)

    玉置 公寿, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 202 )   71 - 76   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,平行移動に不変な領域に対して情報の埋め込みを行うことで,背景と画像を分離することなく情報の検出が可能である手法を提案する.この手法を用いることで,平行移動による歪みを無視することができるため,画像の任意の領域に対して情報の埋め込みが可能となる.また,符号グループ化法と呼ばれる方法を組み込むことにより,埋め込み可能な情報量の増加を図る.さらに,マーカを用いた回転・縮小補正の改良として,より程度の大きい縮小にも対応した,マーカ検出方法を提案する.実験結果から,提案手法が有効であることについて示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 領域の特徴量に着目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域の検出手法の改良 (スマートインフォメディアシステム)

    原田 裕典, 棟安 実治, 浅野 晃, 内田 啓一, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 202 )   39 - 44   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,歯科パノラマX線写真に対する頸動脈石灰化領域検出時における誤検出領域の削除方法について提案する.現在,局所的な輝度変化に着目して石灰化領域を自動検出する手法が提案されている.しかし,この手法を用いることにより,石灰化領域ではない誤検出領域を多く検出してしまう問題がある.そこで,提案手法では,まず誤検出が生じやすい領域を削除するため,顎骨領域の位置をもとにして画像中央領域を削除する.その後,石灰化領域の形状などの特徴量を利用して誤検出数の低減を行ったのち,機械学習を用いて新たな誤検出領域を削除する.実際の歯科パノラマX線写真に対して適用した結果から,提案手法が誤検出領域の削除方法として有効であることが示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 埋め込み型マーカを利用した印刷画像へのデータ埋め込みと検出に関する一手法

    玉置 公寿, 棟安 実治

    研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)   2013 ( 14 )   1 - 6   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本論文では,平行移動に不変な領域に対して情報の埋め込みを行うことで,背景と画像を分離することなく情報の検出が可能である手法を提案する.この手法を用いることで,平行移動による歪みを無視することができるため,画像の任意の領域に対して情報の埋め込みが可能となる.また,符号グループ化法と呼ばれる方法を組み込むことにより,埋め込み可能な情報量の増加を図る.さらに,マーカを用いた回転・縮小補正の改良として,より程度の大きい縮小にも対応した,マーカ検出方法を提案する.実験結果から,提案手法が有効であることについて示す.In this paper, we propose a new data embedding and extracting method from a printed image. By embedding the data in the translation invariant region of the target image, separation of the target image from the background becomes unnecessary. Therefore, the data can be embedded to an arbitrary position in the target image. The code grouping method is also applied to increase the amount of the embedding data. Additionally, the marker detection method in the proposed one is improved to handle the more reduced target image compared to the captured overall image. From the experimental results, the effectiveness of the proposed method is shown.

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジィクラスタリングを用いた出力切替型適応荷重平均値フィルタ (スマートインフォメディアシステム)

    今井 雄大, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 78 )   27 - 32   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    混合雑音が重畳した画像に対する雑音除去フィルタとして,ファジィクラスタリングを用いた適応型荷重平均値フィルタが提案されている.このフィルタは高い構造保存性を有するが,インパルス性雑音を除去しきれない場合が生じたり,平滑化能力がやや弱いという欠点があった.そこで本研究は,従来のファジィクラスタリングを用いた適応型荷重平均値フィルタに加え,平滑化能力を高めるためにフィルタ窓を再帰窓にしたものとを併用し,処理点近傍の状況に応じてフィルタ出力を切り替える切替型適応荷重平均値フィルタを提案する.本提案手法は画像の局所的特徴に応じて雑音平滑化と信号保存を切り替えるため,エッジを保存しながら混合雑音の除去を行うことができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • EE法とその収束条件 (信号処理)

    藤井 健作, 岩松 佑輔, 松本 恵理子, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 28 )   115 - 120   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,強い自己相関をもつ参照信号に対して適応フィルタの係数の収束が学習同定法よりも高速化される最急降下型の適応アルゴリズムの一つを提案する.本適応アルゴリズムは,参照信号に線形予測誤差フィルタを適用して得られた予測誤差を勾配ベクトルの生成に用いるE'法の変形の一つである.本提案法では,その勾配ベクトルの生成に参照信号と予測誤差の和を用いることで,符号の一致頻度を上げ,収束の高速化を実現する.本論文では,本提案法によって係数の収束が学習同定法よりも高速化されることをシミュレーションで確認する.また,本提案法において適応フィルタの係数の収束が保証される条件を導き,ステップサイズを学習同定法で通常設定される1以下とするときに安定した係数の収束が保証されることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチモーダル生体認証システムの認証精度向上に関する検討 (通信方式)

    西野 豪, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 486 )   259 - 264   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では発話に伴うマルチモーダル特徴を用いた生体認証手法を提案する.本稿で対象とする発話に伴うマルチモーダル特徴とは口唇形状(身体的特徴),発話に伴う口唇変化及び音声の変化(行動的特徴)である.本認証手法は口唇領域及び音声を抽出するカメラとマイクロホンのみで構築が可能であり,他の生体認証手法のように特殊な機器を必要としないなどの利点がある.また,任意に発話フレーズを設定することにより発話フレーズ自体にもキー能力が付加され,フレーズ認識により認証対象者と似た特徴を持つ詐称者の受け入れ拒否が可能となり,さらに頑健な認証が期待できる.本手法では口唇画像内のエッジおよびテクスチヤ特徴量を用いて口唇形状を,各個人の音高,スペクトル包絡などの特徴量を用いて音声特徴量をそれぞれ記述し,最終的な認証結果はAdaBoost学習で生成された識別器より得られる.本稿では,個人認証実験及びフレーズ認識実験を通して提案手法の有効性に関する検討を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯電話を考慮した印刷画像からの情報検出における符号グループ化法の改良に関する検討 (スマートインフォメディアシステム)

    佐古 新, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 465 )   65 - 70   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,QRコードのような2次元コードを用いて,広告やポスターから情報を取り出し,Webサイトなどに導くサービスが一般的である.しかし,2次元コードは広告全体の意匠を損ねる場合がある.そこで,広告上の自然画像を2次元コードの代替として用いる情報埋め込み手法が提案されている.これにおいて埋め込めるデータ量を増やす方法も提案されているが,データの検出率があまりよくないという問題があった.ここでは,検出率を維持しつつ埋め込み可能なデータ量の増大を図るため,若干の埋め込み量の犠牲を払うことで検出率を向上できる手法と検出率を維持したまま埋め込み量を増加できる手法の,二つの手法を提案する.さらに,これらについて実験を通じて性能の評価を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-2 車載用音響エコーキャンセラ立大(A-4.信号処理)

    藤井 健作, 澤田 拓也, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013   69 - 69   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの多目的遺伝的アルゴリズムによる設計

    鍋谷 洋介, 花田 良子, 折登 由希子, 棟安 実治

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2013 ( 6 )   1 - 6   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    インパルス性雑音によって劣化した画像を復元する手法の 1 つである荷重メジアンフィルタは,画像に適したフィルタの窓形状と荷重の設計は重要な課題である.その設計の際には多くの場合トレードオフの関係を有する非劣化画素の信号保存性能と劣化画素の雑音除去性能を考慮する必要がある.本論文ではフィルタ設計をこれらの評価基準を同時に考慮しながら最適化を行う多目的最適化問題として定式化し,一度の解探索で信号保存性能を重視したフィルタと雑音除去性能を重視したフィルタが同時に得られる手法を提案する.Estimation of a suitable window shape and appropriate weights in weighted median filters (WMFs) is one of important problems. In this paper, we propose a new unsupervised design method of WMFs. To recover images from the noise, any filters must preserve original values of non-corruped pixels and simultaneously well estimate the original values of corrupted pixels; however, the preservation quality and the restoration quality often have a trade-off relation. We formulate the design of WMF as a multi-objective optimization problem that treats the preservation performance and the restoration performance as conflict functions. Through the experiments, we show our method obtains a wide variety of filters that have the high preservation performance or the high restoration performance at one search process.

    CiNii Books

    researchmap

  • 車載用音響エコーキャンセラに関する検討 (応用音響)

    澤田 拓也, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   121 - 126   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,非再帰型と再帰型フィルタ縦続接続として構成される適応フィルタで未知系の同定を行う新しい手法の一つを提案する.本手法では方程式誤差法を用いる.この手法では高速で安定した同定が可能である.反面,外乱の影響を受けてバイアス誤差が発生することが知られている.従って,そのバイアス誤差を低減する方法についての検討も数多くなされている.しかし,外乱の少ない応用分野もあり,その分野に限れば後者は十分に実用的である.そのような分野ではバイアス誤差よりも安定性の方がより重要である.実際,最終目的が同定ではなく,その同定された結果を用いて未知系と同じ出力を生成するシステムを構築する必要がある応用分野も多い.その場合,再帰型フィルタに対して安定した動作を保証する必要がある.しかし,その保証を再帰型フィルタに対して与えることは難しい.本論文では,その再帰型フィルタの構造を保証が簡単に与えられるラティス型とする手法の一つを提案する.また,その手法の有効性をシミュレーションで確認する.シミュレーションには自動車内で採取したインパルス応答を用いる.そのため,本手法は車載用音響エコーキャンセラへの適用が期待できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 方程式誤差法に基づく音源方向推定に関する検討 (応用音響)

    松田 貴文, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   85 - 90   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本検討では,とくに反射音の強い音響経路でも精度よく推定できる音源方向推定システムを提案する参照信号を白色雑音,男性音声,短い音声(断片音声)とした場合のシミュレーションによりその有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 話者と騒音源との距離の差を利用する音声強調マイクロホンアレーに関する検討 (応用音響)

    日笠 晃, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   73 - 78   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本検討では、騒音と音声が同一方向からマイクロホンアレーに到来する場合において、騒音と音声の音源間の距離差によって、騒音を低減し音声を強調するマイクロホンアレーシステムを提案し、参照信号を白色雑音、男性音声とした場合のシミュレーションによりその有効性を確認する。

    CiNii Books

    researchmap

  • 修正EE'法とその応用に関する検討 (応用音響)

    松本 恵理子, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   115 - 120   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,傾斜ベクトルの正規化を参照信号の2乗ノルムで行う修正EE'法の収束条件を導く.修正EE'法において,そのステップサイズの上限としての収束条件は自己相関の強い参照信号ほど広がり,白色雑音において学習同定法のそれに一致する.さらに,このEE'を音響エコーキャンセラに適用し,ダブルトークが連続する状態においても推定誤差の変動が抑えられることをシミュレーションによって確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2マイクロホンアレーシステムを用いた残響低減法に関する検討 (応用音響)

    岸田 裕士, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   79 - 83   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,非最小位相音響空間においてマイクロホンアレーによる方程式誤差法を適用した残響除去システムを提案する.しかし,方程式誤差法を用いた場合,共通誤差が含まれるという問題がある.この問題に対して,適応フィルタのステップサイズを指数減衰させることによって共通誤差の影響を減少させる手法を提案し,システムの有効性をシミュレーションによって確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • フィードフォワード型ANCにおける帰還系の同定法に関する検討 (応用音響)

    酒井 龍矢, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 388 )   109 - 114   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,能動騒音制御装置において発生する帰還系を制御する手法の一つを提案する.能動騒音制御装置では,帰還系が発生するとスピーカから発生させた音が騒音検出マイクロホンによって検出されてしまい,結果的にハウリングを起こしたりスピーカを故障させてしまうことになる.この問題を解決するために,連立方程式法において一次系及び二次系が算定できることを利用する.本報告では,その結果から帰還系と帰還制御フィルタとの同定誤差を算定して,帰還制御フィルタ係数に加算していく方法を示し,その有効性を実環境インパルス応答を用いたシミュレーションで示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯端末を考慮した印刷画像からの情報検出の高速化手法

    日山 文, 棟安 実治, 花田 良子

    信号処理シンポジウム講演論文集   27   287 - 292   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:[電子情報通信学会信号処理研究専門委員会]  

    researchmap

  • 周波数領域マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの提案

    横谷 祥史, 酒井 龍, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   112 ( 292 )   17 - 22   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    2チャネル適応フィルタシステムにおいて,参照信号間の相関が未知系の同定に障害となることが知られている.これは,参照信号に含まれる独立成分利用することにより解決することが可能であるが,この独立成分を取り出すための演算量が多いという問題がある.本論文ではこの問題の解決法として,適応フィルタの係数更新アルゴリズムを周波数領域におけるブロック実行型とすることにより,演算量が大幅に削減されることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非最小位相音響空間における残響低減法に関する検討

    岸田 裕士, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   112 ( 292 )   23 - 27   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,非最小位相音響空間においてマイクロホンアレーによる方程式誤差法を適用した残響除去システムを提案する.しかし,方程式誤差法を適用した場合,適応フィルタに共通誤差が含まれるという問題がある.この問題に対して本論文では,適応フィルタのステップサイズを指数減衰させることによって共通誤差の影響を減少させる手法を提案し,システムの有効性をシミュレーションによって確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非最小位相音響空間においても音声強調が可能となる2マイクロホンアレーシステムの提案

    岸本 涼鷹, 桑原 佑輔, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   112 ( 292 )   11 - 16   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,音声と騒音が同時に到来する場合においても騒音方向に死角が構成される2マイクホロンアレーシステムを提案する.問題は音響経路に非最小位相成分か含まれる場合は騒音低減効果が得られないことである.本提案システムでは,非巡回型適応フィルタを巡回型フィルタに変換する際に,離散フーリエ変換を用いて適応フィルタを最小位相成分と非最小位相成分に分離することで解決する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 振幅スペクトルに埋め込んだマーカによる補正を用いた印刷画像へのデータ埋め込みと検出 (スマートインフォメディアシステム)

    玉置 公寿, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 207 )   35 - 40   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    データを埋め込んだ印刷画像から直接データを検出する技術において,幾何変換に関する補正や画像位置の特定に何らかのマーカが必要である.しかし,目に見えるマーカは好ましくない.そのため,取り込んだ画像からデータを埋め込んだ画像を特定するために,ヒストグラムを利用する手法が提案されている.しかし,取り込み画像の背景とデータを埋め込んだ画像の背景の色が類似しているような場合には対応できないという問題があった.本稿では,DFT(Discrete Fourier Transfbrm)領域の平行移動不変特性に着目し,直接目に見えるマーキングを避け,さらに背景に影響されることなく,情報の埋め込み位置の同期をとる手法を提案する.また,画像ごとに適した情報の埋め込み強度決定手法を提案し,検出処理においては相関係数を利用した,原画像を使用しない手法についても検討を行っている.実験により従来手法との比較を行い,その有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-2 発話に伴う特徴を用いたマルチモーダル生体認証手法に関する検討(A-4.信号処理,一般セッション)

    西野 豪, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012   57 - 57   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-8 周波数領域マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの提案(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 横谷 祥史, 酒井 龍矢, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012   63 - 63   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯端末を考慮した印刷画像からの情報検出手法の高速化

    日山 文, 玉置 公寿, 棟安 実治

    回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   25   115 - 120   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:[電子情報通信学会]  

    researchmap

  • 局所領域の勾配を考慮した歯科パノラマX線写真における石灰化に対する自動検出手法の改善

    泉 佳範, 原田 裕典, 棟安 実治, 浅野 晃, 内田 啓一, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   112 ( 78 )   23 - 28   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,歯科パノラマX線写真に対する頸動脈石灰化領域検出法の改善手法について提案する.現在,局所的な輝度変化に着目して石灰化領域を自動検出する手法が提案されている.しかし,検証データ数が少なく,さらに多くのデータを用いて手法を検証した結果,石灰化領域の検出数が著しく低下することがわかった.そこで検出数を改善するため,候補領域の局所的な勾配に着目し,この勾配を補正することで検出数の減少を防ぐ手法について提案する.実験結果から,提案手法が検出精度向上に有効であることが示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 印刷画像からの情報検出におけるマーカ埋め込みによる幾何学的歪み補正法の改良

    玉置 公寿, 光安 一輝, 棟安 実治, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   112 ( 78 )   51 - 56   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    データを埋め込んだ画像から直接データを検出する技術において,スキャナなどを使って画像を取り込む際,取り込んだ画像に回転・縮小・平行移動による幾何学的な歪みが生じる.これらは,データ検出に大きな影響を与えるために補正が必要である.これまで,これらの幾何学的歪み補正法として,周波数領域に位置合わせのためのマーカを挿入する手法が提案されている.本稿ではこれを改良し,マーカ挿入位置を再検討するとともに,マーカ検出位置をサブピクセルレベルの精度で行うことにより,より精度良く歪み補正を行う手法について提案する.また,画像の背景が印刷用紙と類似した色であっても処理対象の画像を抽出できる手法についても検討を行っている.最後に,実験により従来手法との比較を行い,その有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 巡回型と非巡回型縦続接続適応フィルタの音響エコーキャンセラへの適用に関する検討

    澤田 拓也, 桑原 佑輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   112 ( 47 )   127 - 132   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    エコーキャンセラのシステムを構成する際,適応フィルタにより未知系を同定する.未知系は極と零点によって構成される.このため,適応フィルタも極と零点によって構成されるのが望ましい.しかし,極を巡回型適応フィルタにより同定した場合,動作が不安定となる問題がある.本論文では,巡回型と非巡回型適応フィルタを用いて未知系の同定を行う手法を提案する.本手法では方程式誤差法を用いる.この手法では高速で安定した同定が可能である.反面,外乱の影響を受けてバイアス誤差が発生することが知られている.本論文では,このバイアス誤差が実用上問題ない程度の影響であるかを確認し,その上で,この手法の有効性をシミュレーションで確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • AS-3-1 輝度勾配に基づく歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出の一手法(AS-3.高齢化社会のためのスマートインフォメディアシステム,シンポジウムセッション)

    新庄 勝之, 泉 佳範, 棟安 実治, 浅野 晃, 内田 啓一, 田口 明

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012   "S - 29"-"S-30"   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-31 非最小/最小位相成分の分離法に関する検討(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 桑原 佑輔, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012   128 - 128   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 発話に伴う特徴を用いたマルチモーダル生体認証手法に関する検討

    佐用 敦, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   111 ( 486 )   287 - 292   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では発話に伴うマルチモーダル特徴を用いた生体認証手法を提案する.本稿で対象とする発話に伴うマルチモーダル特徴とは口唇形状(身体的特徴),発話に伴う口唇変化及び音声の変化(行動的特徴)である.本認証手法は口唇領域及び音声を抽出するカメラとマイクロホンのみで構築が可能であり,他の生体認証手法のように特殊な機器を必要としないなどの利点がある.また,任意に発話フレーズを設定することにより発話フレーズ自体にもキー能力が付加され,フレーズ認識により認証対象者と似た特徴を持つ詐称者の受け入れ拒否が可能となり,さらに頑健な認証が期待できる.本手法では口唇画像内のエッジおよびテクスチャ特徴量を用いて口唇形状を,各個人の音高,スペクトル包絡などの特徴量を用いて音声特徴量をそれぞれ記述し,最終的な認証結果はAdaBoost学習で生成された識別器より得られる.本稿では,個人認証実験及びフレーズ認識実験を通して提案手法の有効性に関する検討を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタのGAによる設計手法の拡張

    花田 良子, 棟安 実治, 浅野 晃

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   111 ( 457 )   49 - 54   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    荷重メジアンフィルタにおいて,画像に対して適切な窓形状および荷重を推定することは重要な問題である.本研究ではテクスチャ画像を対象として,これらの設計を最適化問題として定式化し,劣化画像から直接,最適な窓形状と荷重を推定する手法を提案している.これまで最適化手法に遺伝的アルゴリズム(GA)を採用し,ランダム値のインパルス性雑音が重畳した画像を対象として,窓サイズを固定したもとで最適な窓形状・荷重を推定した.設計パラメータである窓サイズは雑音の付加率によって異なり,その適切な設定は重要な課題である.本研究では,自由な窓サイズのもとで最適な窓形状・荷重を推定する.実験を通して,従来の設計手法と比較して,処理性能の高いフィルタが設計できることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動騒音制御装置における帰還系の同定法に関する検討

    酒井 龍矢, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   111 ( 402 )   89 - 94   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,能動騒音制御装置において発生する帰還系を同定する手法の一つを提案する.能動騒音制御装置では,帰還系が発生するとスピーカから発生させた音が騒音検出マイクロホンによって検出されてしまい,結果的にハウリングを起こしたりスピーカを故障させてしまうことになる.この問題を解決するために,連立方程式法において一次系及び二次系が算定できることを利用する.本報告では,その結果から帰還系と帰還制御フィルタ係数との同定誤差を算定して,帰還制御フィルタ係数に加算していく方法を示し,その有効性をシミュレーションで示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 強残響下での音声強調が可能な2マイクロホンアレーシステムの提案

    岸本 涼鷹, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   111 ( 402 )   7 - 12   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,音声と騒音が同時に到来する状況においても騒音方向に死角が構成される2マイクロホンアレーシステムを提案する.本提案システムでは因果律が満たされる方向から到来する騒音に対してだけ適応フィルタが動作するようにシステムを構成し,適応フィルタを巡回型フィルタと非巡回型フィルタの縦続接続して用いることによって,強残響下でも騒音方向に死角を構成できていることを確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非最小位相成分を含む音響空間の1点に向けて死角を構成する手法に関する検討

    桑原 佑輔, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   111 ( 402 )   1 - 6   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,適応フィルタを非巡回型と巡回型の縦続接続とすることによって強い残響下でも高い減衰効果が得られる死角が構成できる手法の一つを提案する.問題は,音響経路が最小位相条件を満たさない場合に,安定した動作を巡回型フィルタに保証できないことである.本論文では,その巡回型フィルタから非最小位相成分を分離し,それを望みの応答を与えるマイクロホンの出力側に挿入することによって,この問題を解決する.

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチメディア情報通信技術とユーザビリティ (特集 プロジェクト研究報告概要集) -- (先端科学技術推進機構研究グループ)

    棟安 実治, 村中 徳明, 梶川 嘉延

    技苑   ( 134 )   91 - 97   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

  • 固定カメラとPTZカメラを用いた物体の自動検出・追跡の一手法 (スマートインフォメディアシステム)

    辻本 芙紗, 坂井 貴尚, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 ( 342 )   57 - 62   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    一般的な監視システムでは単一あるいは複数の固定カメラによって監視が行われることが多い.しかし固定カメラを用いた場合,視野や解像度が限定される.これを補うため,PTZ (Pan-Tilt-Zoom)カメラが利用されている.本稿では,固定カメラとPTZカメラを協調的に制御し,移動物体の検出および注視するシステムを提案する.また,複数のカメラの座標系の対応を自動的に求めるための手法についても提案している.ここでは移動物体の検出には,固定カメラの画像からMHI (Motion-History-Image)を用いて移動物体を自動的に検出し,その位置情報をPTZカメラにわたし,PTZカメラ画像の中心位置に移動物体がくるように注視を行う.実際に固定カメラで検出した移動物体を,PTZカメラで注視できていることを実験結果より示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 発話に伴う特徴を用いた個人認証手法に関する検討

    佐用 敦, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    研究報告システムLSI設計技術(SLDM)   2011 ( 10 )   1 - 6   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本稿では発話に伴う特徴を用いた個人認証手法を提案する.本稿で対象とする発話に伴う特徴とは口唇形状 (身体的特徴),発話に伴う口唇変化及び音声の変化 (行動的特徴)である.つまり,本稿で提案する認証手法は画像・音声の各処理部から構成されるマルチモーダル認証手法である.本認証手法は口唇領域及び音声を抽出するカメラのみで構築が可能であり,他の生体認証手法のように特殊な機器を必要としないなどの利点がある.また,任意に発話フレーズを設定することにより発話フレーズ自体にもキー能力が付加され,テキスト従属型の認証が可能となる.本稿では,個人認証実験及びフレーズ認識実験を通して提案手法の有効性に関する検討を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 発話に伴う特徴を用いた個人認証手法に関する検討

    佐用 敦, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路   111 ( 258 )   55 - 60   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では発話に伴う特徴を用いた個人認証手法を提案する.本稿で対象とする発話に伴う特徴とは口唇形状(身体的特徴),発話に伴う口唇変化及び音声の変化(行動的特徴)である.つまり,本稿で提案する認証手法は画像・音声の各処理部から構成されるマルチモーダル認証手法である.本認証手法は口唇領域及び音声を抽出するカメラのみで構築が可能であり,他の生体認証手法のように特殊な機器を必要としないなどの利点がある.また,任意に発話フレーズを設定することにより発話フレーズ自体にもキー能力が付加され,テキスト従属型の認証が可能となる.本稿では,個人認証実験及びフレーズ認識実験を通して提案手法の有効性に関する検討を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 埋め込み情報量の増加を考慮した携帯端末による情報検出のための印刷物へのデータ埋め込みとその検出手法

    工藤 天志, 棟安 実治, 玉置 公寿, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   111 ( 210 )   75 - 80   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    携帯電話を用いた印刷画像からの情報検出が注目されている.本稿では,これまでに提案された携帯電話による取り込みを考慮した埋め込み・検出法における埋め込みデータ量の増加手法について提案する.ここでは,ブロック数を4倍にする手法と一つのブロックに複数の符号を埋め込む手法を提案する.実験を通じて,これらの手法を評価し,後者の手法が優れていることを示す.さらに後者の手法に対して,検出時にこれまで用いてきた多数決によってデータを判定するのではなく,符号の相関の大きさを元に判定する手法を提案する.この手法によって,検出率が向上することを実験的に示す.提案手法によれば,これまで112ビット程度の埋め込み量であったものが,192ビットを約90%の検出率で取り出すことができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 埋め込み情報量の増加を考慮した携帯端末による情報検出のための印刷物へのデータ埋め込みとその検出手法

    工藤 天志, 棟安 実治, 玉置 公寿, 花田 良子

    研究報告 オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)   2011 ( 15 )   1 - 6   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    携帯電話を用いた印刷画像からの情報検出が注目されている.本稿では,これまでに提案された携帯電話による取り込みを考慮した埋め込み・検出法における埋め込みデータ量の増加手法について提案する.ここでは,ブロック数を 4 倍にする手法と一つのブロックに複数の符号を埋め込む手法を提案する.実験を通じて,これらの手法を評価し,後者の手法が優れていることを示す.さらに後者の手法に対して,検出時にこれまで用いてきた多数決によってデータを判定するのではなく,符号の相関の大きさを元に判定する手法を提案する.この手法によって,検出率が向上することを実験的に示す.提案手法によれば,これまで 112 ビット程度の埋め込み量であったものが,192 ビットを約 90% の検出率で取り出すことができる.In this paper, we propose an improvement of the data embedding and extracting method for the printed image. The proposed method can increase an amount of the embedding data. In the conventional method, the amount of the data which can be embedded in the printed image has been only 120 bits. This paper proposes two methods; one is the method which increases the number of blocks and another is the method which increases the number of codes in each block. By the experiment, it is indicated that the latter is superior to the former. In the latter method, we can increase the detection rate by determining the data bit based on the correlation with the embedding codes. By using the proposed method, 192 bits can be embedded in the printed image and we can achieve 90% of average detection rate.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-20-7 携帯端末による印刷画像からの情報検出のための情報量増加手法(A-20.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    工藤 天志, 棟安 実治, 玉置 公寿, 花田 良子

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011   228 - 228   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-2 劣化カラー画像のみを用いた遺伝的アルゴリズムによるベクトルメジアンフィルタの設計手法(A-4.信号処理,一般セッション)

    神谷 誠, 花田 良子, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011   96 - 96   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-5 劣化画像のみを用いたN分木構造で表現されたスタックフィルタの山登り法による設計(A-4.信号処理,一般セッション)

    鈴木 達也, 花田 良子, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011   99 - 99   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた木構造表現されたスタックフィルタの山登り法による設計 (画像処理(2))

    鈴木 達也, 花田 良子, 棟安 実治

    回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   24 ( 266 )   361 - 366   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:[電子情報通信学会]  

    researchmap

  • 輝度勾配に注目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出手法の改善

    新庄 勝之, 泉 佳範, 棟安 実治, 浅野 晃, 浅野 晃, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   111 ( 78 )   21 - 26   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,歯科デジタルパノラマX線写真に対する頚動脈石灰化領域検出法の検出精度改善に関する手法について提案する.現在,X線フィルムのスキャンデータを用いた石灰化部位の自動検出手法が提案されているが,歯科デジタルパノラマX線写真に直接,適用できないことが報告されている.それに対して,歯科デジタルパノラマX線写真に対する石灰化部位の自動検出手法も提案されている.しかし,この手法では石灰化部位の検出率が低く誤検出も多い.そこで,この手法のパラメータを再検討する.さらに,パラメータの変更によって,増加した誤検出を,顎骨,咽頭,脊椎領域を除去することにより誤検出数を減らす手法を提案する.実験結果から,提案手法が検出精度の改善に有効であることが示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 遠端話者音声と近端話者音声の相関がダブルトーク制御に与える影響

    山崎 佳奈, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   111 ( 28 )   143 - 148   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文ではエコー経路変動直後から連続してダブルトーク状態となる場合でも適応フィルタの係数が安定かつ高速に収束するステップサイズ制御法の一つを提案する.その効果を検証するシミュレーションにおいて推定誤差の変動が観測される.本論文では,この変動が適応フィルタによる近端話者音声の相殺にあることを検証し,残差信号を外乱と近似する制御法では一般に起こりえることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-19 ダブルトーク中も収束を高速化するステップサイズ制御法の提案(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 山崎 佳奈, 吉岡 拓人, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011   97 - 97   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-20-4 印刷画像からの携帯端末を用いた情報検出におけるレンズ歪み補正法の改良(A-20.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    工藤 天志, 棟安 実治, 正野 隆文, 花田 良子

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011   297 - 297   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 音響エコーキャンセラにおけるマルチモーダル信号処理によるダブルトーク検出の検討

    浦上 弘嗣, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   110 ( 439 )   397 - 402   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿ではマルチモーダル情報(音響情報および画像情報)を用いたダブルトーク検出について検討を行う.音響エコーキャンセラ(Acoustic Echo Canceller:AEC)はハンズフリーシステムやテレビ会議システムで用いられる.ところが,近端話者と遠端話者が同時に発話するダブルトーク状態では音響エコーキャンセラの性能が劣化してしまう.そこで,サブ適応フィルタ(Sub Adaptive filter:Sub-ADF)を用いた音響エコーキャンセラが提案されている.しかし,この方法で用いられているダブルトーク検出器はダブルトーク状態を正確に検出することができない.そこで本稿では,ダブルトーク検出器の性能を向上させるためにマルチモーダル情報を用いたダブルトーク検出器を提案する.提案するダブルトーク検出器は二値化した口唇画像から得た画像情報とマイクロホン出力信号と適応フィルタ出力信号のパワーとの相関から得た音響情報から発話状態を検出する.そしてシミュレーションにより,従来手法と比較し提案手法の有用性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 所要推定誤差を調整して収束を高速化するダブルトーク制御法

    山崎 佳奈, 吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   23 - 28   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文ではエコー経路変動直後から連続してダブルトーク状態となる場合でも適応フィルタの係数が安定かつ高速に収束するステップサイズ制御法の一つを提案する.その制御には,ステップサイズが外乱と参照信号のパワー,エコー消去量に対応する推定誤差の所要値の関数として規定されることが利用される.筆者らは既にステップサイズが固定の副適応フィルタを導入して外乱のパワーを推定し,そのパワーと予め定めた推定誤差の所要値からステップサイズを決定する制御法を提案している.しかし,この制御法ではエコー経路変動直後からダブルトークが連続する場合には対処できない.この問題を本論文では,ステップサイズを制御する第2の副適応フィルタを新たに加えて推定誤差の所要値を制御することによって解決する.最後に,白色雑音と音声を参照信号とするシミュレーションを行い,参照信号対外乱のパワー比が高い場合に収束速度はステップサイズを理想値に固定した場合と同等,低い場合には格段に改善されることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 音響空間の1点に向けて主極あるいは死角を構成する手法に関する検討

    吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   11 - 16   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,適応フィルタを非再帰型と再帰型の縦続接続とすることによって強い残響下でも高い減衰効果が得られる死角が構成できる手法の一つを提案する.このように適応フィルタの構造を再帰型としたとき,二つの問題の存在が指摘される.その一つは,再帰型適応フィルタの係数更新に対して安定した動作の保証が難しいことである.この問題を本論文では係数更新に方程式誤差法を適用し,そのフィルタの構造をラティス型とすることによって解決する.実際,再帰型ラティスフィルタに対して反射係数の大きさを1未満に制限することで安定した動作が保証される.あと一つは,音響経路が最小位相条件を満たさない場合に,再帰型フィルタの構造をラティス型としても安定した動作を保証することができないことである.この問題に対して本論文では,音響経路の構造を最小位相成分と非最小位相成分に分離抽出し,前者は再帰型で,後者は非再帰型で構成して後者にはさらに望みの応答を与えるマイクロホンの出力側に挿入することによって解決する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域適応アルゴリズムの正規化法に関する検討

    桑原 佑輔, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   41 - 46   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    ブロック実行型周波数領域適応アルゴリズムでは,その動作を安定化させるためにブロック長(加算数)を一定以上とする必要がある.さらに,その必要加算数は参照信号の自己相関の強さと関連し,その相関が強いほど多くなることが知られている.しかし,加算数を大きくすることで係数更新の間隔が広がり,誤差の大きい区間が係数の収束初期において長く続くという問題が生じる.本論文では,まず,周波数領域適応アルゴリズムの正規化法についての検討を行う.そして,正規化法からブロック実行型周波数領域適応アルゴリズムにおける加算数を削減する手法を提案し,その有効性をシミュレーションにより確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域マルチチャネルシステム向定アルゴリズムの検討

    酒井 龍矢, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   29 - 34   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,参照信号にわずかに含まれる独立成分を最大限に利用する周波数領域2チャネルシステム同定アルゴリズムのーつを提案する.一般に,チャネル数が複数のシステムでは参照信号間に強い相関が存在する場合があり,それは同定を困難とさせる.その対策として参照信号に独立成分を加えることで相関を低下させ,それによって同定を可能とする処理が一般に用いられる.しかし,能動騒音制御装置では独立成分を参照信号に加える処理の適用が構造的に困難という問題がある.この問題を解決するために筆者らは参照信号に独立成分を加えるのではなく,わずかに含まれる独立成分を最大限に利用することで同定を可能とする時間領域適応アルゴリズムの一つを提案している.本報告では,そこで必要となる独立成分の抽出と適応フィルタの係数更新を周波数領域で行うアルゴリズムの一つを示し,その有効性をシミュレーションで確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 連立方程式法の非最小位相2次系能動騒音制御システムへの適用た関する検討

    柏原 賢司, 藤井 健作, 若林 功, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   35 - 40   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    従来の連立方程式法では2次系に非最小位相が含まれている場合,再帰型フィルタが発散してしまうという問題点があった.本論文では非最小位相に着目し,提案法の有効性をシミュレーションにより確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 因果律に基づくマイクロホンアレーによる音声分離

    吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   110 ( 367 )   17 - 22   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,マイクロアレーによる音声強調システムを提案する.このシステムは,到来する音声のシステムに対する因果律を利用し,騒音方向に死角を形成し,音声強調を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 口唇変化を利用した個人認証システムにおける識別器生成手法に関する検討 (システムLSI設計技術(SLDM) Vol.2010-SLDM-146)

    佐用 敦, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    情報処理学会研究報告   2010 ( 4 )   6p   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • 携帯電話を用いた印刷画像からの情報検出におけるレンズ歪み補正法の改善

    工藤 天志, 正野 隆文, 棟安 実治, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. CST, コンカレント工学   110 ( 284 )   37 - 40   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    携帯電話を用いた印刷画像からの情報検出が注目されている.本稿では,携帯電話で画像を撮影する際に起こるレンズ歪みの補正法の改善について述べる.従来手法では,あらかじめ決められた範囲の離散値を歪み係数の候補として,各値に対する回帰直線の誤差を求めて歪み係数を決定していたが,多数の候補点について探索を行うため処理に時間がかかっていた.そこで,歪み係数の推定に黄金分割による直接探査法を用いることで,処理速度の向上を図る.また,歪み係数の推定を高速化できたため,より歪み係数の推定精度を向上するため,補正に利用する辺を従来手法の上辺,左辺のみから,すべての辺を考慮する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 0-09) 輝度勾配に注目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出手法の一手法 (オーディオビジュアル複合情報処理(AVM))

    泉 佳範, 新庄 勝之, 棟安 実治

    情報処理学会研究報告   2010 ( 3 )   6p   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • 口唇変化を利用した個人認証システムにおける識別器生成手法に関する検討

    佐用 敦, 梶川 嘉延, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   110 ( 217 )   7 - 12   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では発話に伴う口唇変化を利用した生体認証システムにおける識別器生成手法について述べる.口唇変化を利用した生体認証は口唇形状(身体的特徴)と発話に伴う口唇変化(行動的特徴)を用いて個人認証を行い,また他の生体認証のように特殊な機器を必要とせず,口唇領域を抽出するカメラのみで構築が可能である.これまで,口唇領域の小領域(セル)内から抽出した特徴量を用いて生成される識別器を用いた認証システムを提案してきた.従来システムにおける識別器は微小な口唇変化に対して頑健である.しかし,従来の識別器生成手法では認証に用いる複数の特徴量が一律に取り扱われているため,認証に有効でない特徴量が認証に悪影響を及ぼす可能性があると考えられる.そこで本稿では,AdaBoost学習から得られた信頼度によって各特徴量に重み付けを行う識別器生成手法を提案する.各特徴量に対して重み付けを行うことにより,認証に有効な特徴量ほど認証に影響を与えることができると考えられる.そして認証実験を通して,提案手法の有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 動脈硬化スクリーニングのための歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出 : 輝度勾配に注目した自動領域検出

    泉 佳範, 新庄 勝之, 棟安 実治, 浅野 晃, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   110 ( 195 )   43 - 48   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    高齢者において総頸動脈分岐部の石灰化は動脈硬化の進行と関係があることが報告されている.そこでわれわれは,歯科診療の際に撮影される歯科パノラマX線写真上で総頸動脈分岐部石灰化領域を検出することで,早期に動脈硬化をスクリーニングし医科への受診を促すシステムの研究を進めている.本稿では,輝度勾配にもとづく新たな石灰化領域抽出手法を提案する.提案手法では,従来法に比べてより少ないパラメータの設定で自動抽出が可能である.さらに,実際の症例を用いて,従来法と比較して有用であることを示している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 輝度勾配に注目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出手法の一手法

    泉 佳範, 新庄 勝之, 棟安 実治, 浅野 晃, 田口 明

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   110 ( 189 )   13 - 18   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    高齢者において,歯科パノラマX線写真上で検出される頸動脈の石灰化は動脈硬化の進行と関係があることが報告されている.そのため,歯科パノラマX線写真から頸動脈石灰化領域を検出し,医科への受診を促すシステムの研究が行われている.本稿では,輝度勾配に基づく新たな石灰化領域抽出手法を提案する.ここでは,石灰化領域が周囲の輝度値と比較して,相対的に高いという性質を利用して石灰化領域の位置を検出している.提案手法では,従来法と比較して,設定が必要なパラメータの数を減らしながら,歯科パノラマX線写真上から自動的に石灰化検出を行うことを可能としている.また,処理例から従来の手法と比較して有効な結果が得られることを確認した.

    CiNii Books

    researchmap

  • 画像内オブジェクトの特徴量を用いた画像による類似画像検索

    前田 将太, 工藤 天志, 棟安 実治, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   110 ( 74 )   43 - 48   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    画像内のオブジェクトの特徴を利用した画像検索技術に関する研究が行われている.この手法では,画像中から目的とするオブジェクトを正確に切り出すことが必要であり,その精度が類似画像検索の精度に大きく影響すると考えられる.本稿では,入力画像中のオブジェクトの正確な切り出し方法とそれを利用した類似画像検索システムについて提案する.ここでは,カラーヒストグラムに基づきオブジェクトと背景の画素分布の差が最大になるようにオブジェクト領域を抽出する.さらに,この方法を発展させてスネークスを用いたオブジェクトの輪郭線抽出法についても提案する.最後に得られた輪郭線からオブジェクトの特徴量を取得し画像検索システムを構築する.最後に,オブジェクトの抽出と検索システムに関する実験を行い,提案手法の有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 再帰非再帰縦続接続によるシステム同定への周波数領域適応アルゴリズムの適用

    桑原 佑輔, 比澤 淳司, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   110 ( 55 )   109 - 114   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,非再帰型と再帰型フィルタの縦続接続として構成される適応フィルタで未知系の同定を行う新しい手法の一つを提案する.このような同定手法は大きく二つに分類される.その一つは出力誤差法であり,もう一つは方程式誤差法である.本手法は後者に属する.この後者の手法では高速で安定した同定が可能であるが,反面,外乱の影響を受けてバイアス誤差が発生することが知られている.本論文では,そのバイアス誤差が非再帰型の適応フィルタにより同定されていること示すとともにシミュレーションを用い確認する.また,周波数領域適応アルゴリズムを適用しバイアス誤差の低減を行う手法の一つを提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 因果律に基づく音声強調2マイクロホンアレーシステムの提案

    吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   110 ( 55 )   61 - 66   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,マイクロアレーによる音声強調システムを提案する.このシステムは,到来する音声のシステムに対する因果律を利用し,騒音方向に死角を形成し,音声強調を行う。

    CiNii Books

    researchmap

  • NKモデルにおける内挿交叉dMSXFの大域的解探索性能の検証

    井内 征典, 花田 良子, 棟安 実治

    全国大会講演論文集   72   407 - 408   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-29 独立成分の付与を要しないマルチチャネル適応フィルタシステム(A-4.信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 岡本 豊, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010   102 - 102   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-20-8 データ埋込みを用いた枠線を持つ定型文書画像に対する複写管理(A-20.スマートインフォメディアシステム,一般セッション)

    足立 泰高, 棟安 実治, 花田 良子, 田口 亮

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010   287 - 287   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 枠線を持つ定型文書画像に対する複写管理の一手法

    足立 泰高, 工藤 天志, 棟安 実治, 花田 良子, 田口 亮

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   109 ( 447 )   43 - 48   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    ファイル交換ソフトなどによる情報流出が問題となっているが,依然紙媒体による情報流出の割合が高い.複写機による不正コピーの防止方法として,紙媒体の印刷物に識別可能なID情報を埋め込み,そのID情報をもとに複写管理を行う方法を提案する.ここでは複写管理を行うだけでなく,幅広い応用に対応できるように複写機と情報管理サーバを接続することを考える.さらにID情報の埋め込み後書き込みが行われない場合とID情報の埋め込み後書き込みが行われるという2つの場合を想定する.具体的には,前者は銀行などで顧客持ち込みの書き込み済み書類にID情報を埋め込み複写管理する場合,後者は病院などで未記入の診断書にあらかじめID情報を埋め込んでおき書き込まれた後の書類について複写管理する場合などに相当する.いくつかの実験例により,その有効性を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 1次系と2次系が共に再帰非再帰縦続接続型となるANCシステムの検討

    柏原 賢司, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   109 ( 389 )   77 - 82   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    一般に能動騒音制御の騒音制御フィルタは非再帰型フィルタのみで構成されている.この場合,制御スピーカ,誤差検出マイクロホン間の距離を長くとることで因果律を満たす必要が生じる.そのため,システムの小型化を考えた場合十分な消音効果が得られない.本論文では,再帰型フィルタと非再帰型フィルタの縦続接続を騒音制御フィルタとすることを提案する.この騒音制御フィルタを用いることで制御スピーカ,誤差検出マイクロホン間の距離が短い場合でも十分な消音効果が得られることが考えられる.また,未知系を再帰非再帰縦続型にすることで実空間を想定したシミュレーションを行った.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数・時間領域適応アルゴリズムの併用によるエコー消去特性の改善

    岡 竜一, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   109 ( 338 )   43 - 48   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,周波数領域適応アルゴリズムと時間領域適応アルゴリズムを併用したダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としない制御法を提案する.音響エコーキャンセラには適応フィルタの係数が乱れる3つの要因がある.その一つは,参照信号となる遠端話者音声のパワー変動,あと二つは外乱として働く近端話者音声の重畳(ダブルトークと呼ばれる)とエコー経路変動である.このうち,初めのパワー変動については適応アルゴリズムをブロック実行型とし,そのパワーでそのブロック長を制御することによって解決される.残る二つの要因による係数の乱れについては,その両者を識別し,前者と判断された場合はステップサイズを小さく,後者と判断された場合は大きく設定する処置の適用が有効であるとされている.しかし,その識別を素早く,また確実に実行することは難しい.本報告では,そのダブルトークとエコー経路変動を区別することなく,適応フィルタの係数を更新しても推定誤差が安定に,また素早く低減できるステップサイズの制御を行う.その制御は別に用意した,大きなステップサイズと少ないタップ数の副適応フィルタが生成する残留エコーのパワーを外乱のパワーと近似して行う.当然ながら,副適応フィルタの係数の収束は早く,その残留エコーは急速に減少し,そのパワーは外乱のパワーに近似される.このパワーを用いてステップサイズを制御すればエコー経路変動においては大きなステップサイズが,ダブルトークにおいては小さなステップサイズが自動的に設定されることになる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2チャネルシステム同定のための相互相関低減法に関する検討

    岡本 豊, 藤井 健作, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   109 ( 286 )   73 - 78   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,チャネル数が2のシステムにおいて,参照信号間の相互相関を低減する手法を提案する.一般に,マルチチャネルシステム同定において参照信号間に相互相関が存在する場合,通常の学習同定法では未知系の同定速度は低下する.そこで,提案するアルゴリズムを用いることにより同定速度が向上することシミュレーションにより確認する.また,その収束条件を導出し,その有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタのGAによる設計手法の拡張(信号処理,知的マルチメディアシステム,一般)

    花田良子, 棟安実治, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   109 ( 203 )   65 - 70   2009年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    荷重メジアンフィルタにおいて,画像に対して適切な荷重および窓形状を推定することは重要な問題である.本研究ではこれらの設計を最適化問題として定式化し,劣化画像から直接,最適な窓形状と荷重を推定する手法を提案している.前回の報告では,最適化手法に遺伝的アルゴリズム(GA)を採用し,正のインパルス性雑音が重畳した画像を対象として最適な窓形状・荷重を推定した.本研究では,目的関数およびGAを改良し,対象画像を正負のインパルス性雑音が重畳した画像に拡張する.ここでは処理対象画像としてテクスチャ画像を用い,数値実験を通して従来のインパルス性雑音の除去フィルタと比較して,雑音除去性能と原信号保存性に優れたフィルタ設計が可能であることを示す.

    researchmap

  • 参照ビットによる回転角度補正を用いたデータ埋め込み印刷画像からの情報検出

    古田 健二, 棟安 実治, 正野 隆文, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   109 ( 202 )   35 - 40   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,印刷画像に情報を埋め込み,その埋め込まれた情報をスキャナなどを用いて取り出す手法が検討されている.このとき,画像を取り込む際に生じる回転を正確に補正することが重要となる.これに対して黒枠をその手がかりとして付加する手法が検討されている.しかし,黒枠を付加することは必ずしも好ましいとはいえない.本稿では,このような黒枠を用いない回転補正法について提案する.ここでは黒枠の代わりにDFT領域の係数に変更を加える.すなわち,回転角検出の参照となる点を埋め込む.これにより,容易に回転角を求めることができる.またDCT領域における情報を埋め込む位置についても検討を加える.さらに,回転補正に伴う画像のリサイズの手法についても提案する.最後に,提案手法による実験結果を示し,高い検出率が得られることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-38 適応ラティスフィルタの再帰型未知系の同定への適用(A-4. 信号処理,一般セッション)

    藤井 健作, 桑原 佑輔, 棟安 実治, 森本 雅和

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009   101 - 101   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-22 印刷画像を用いた情報検出のためのレンズ歪み補正法(A-4. 信号処理,一般セッション)

    正野 隆文, 棟安 実治, 花田 良子

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009   85 - 85   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 携帯電話による情報検出を目的とした印刷画像へのデータ埋め込み

    正野 隆文, 棟安 実治, 花田 良子

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   109 ( 78 )   13 - 18   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,電子透かし技術を応用して,印刷画像に情報を埋め込み,その埋め込まれた情報を携帯電話のカメラ機能を用いて取り出す手法が検討されている.このとき,画像を取り込む際に生じる幾何形状の変形やレンズによる歪みを補正することが重要となる.これらを考慮した手法として,射影変換を用いて幾何形状補正とレンズ歪み補正を行う手法が提案されている.しかし,この手法では糸巻き型のレンズ歪みのみを考慮しており,小口径レンズで生じやすいといわれる樽型歪みについては考慮されていない.また,埋め込み情報量も48ビットと少ない.本稿では,レンズ歪み補正法として,埋め込み画像に付加された枠線の形状から歪み係数を推定し,糸巻き・樽型の両歪みを補正可能な手法を提案する.また,埋め込み処理で使用する符号をグループ化し,使用する符号を選択することにより情報量の増加を図る手法についても述べる.最後に,提案手法によるシミュレーション結果を示し,埋め込みビットを増やしつつ,高い検出率が得られることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • GPUを用いた高圧縮画像に対する雑音低減手法の高速化

    大上 崇博, 花田 良子, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   109 ( 57 )   75 - 80   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    JPEGやMPEG2などの符号化方式で圧縮された画像は,そのアルゴリズムの性質上ビットレートを低くした場合にブロックひずみやリンギングなどの雑音が目立つ.このため,復号後に雑音低減処理を行うことでこれらの影響を軽減する手法がいくつか提案されており,我々のグループでもMTM(Modified Trimmed Mean)フィルタを用いた手法を提案している.これらの手法を考えた場合,実時間性が要求されるのは明らかである.本報告では,近年急速に演算性能が向上しているGPU(Graphic Processing Unit)を用いることによって,このMTMフィルタを用いた雑音低減アルゴリズムを高速化する手法について提案する.その結果として,CPU上での処理と比較して,本手法の大幅な高速化が可能であり,Full HD(1920×1080 pixel)サイズの動画像に対する雑音除去の実時間処理が可能となる.

    CiNii Books

    researchmap

  • FIR-IIR縦続型連立方程式法の検討

    柏原 賢司, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   109 ( 57 )   1 - 6   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    一般に能動騒音制御の騒音制御フィルタはFIRフィルタのみで構成されている.この場合,制御スピーカ,誤差検出マイクロホン間の距離を長くとることで因果律を満たす必要が生じる.そのため,システムの小型化を考えた場合十分な消音効果が得られない.本論文では,FIRフィルタとIIRフィルタの縦続接続を騒音制御フィルタとすることを提案する.この騒音制御フィルタを用いることで制御スピーカ,誤差検出マイクロホン間の距離が短い場合でも十分な消音効果が得られることが考えられる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた雑音除去のためのGAによる最適構造要素の推定法の検討(画像(II),ソフトコンピューティング,ソフトコンピューティング及び一般)

    奥野裕之, 花田良子, 棟安実治, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 461 )   25 - 30   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    テクスチャ画像のインパルス性雑音に対しモルフォロジー演算の一つであるopeningによって雑音除去を行う際,最適な構造要素を用いてopeningする必要がある.本研究では劣化画像のみを用いた最適構造要素の推定法として遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた手法を提案している.前回の報告では,限られた雑音の付加率のもと,従来手法のシミュレーテッドアニーリング(SA)と比較し,その有用性を示した.ここでは雑音の割合に対する本手法の推定精度について検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 画像をキーとした物体対象同定のための特徴量の検証

    工藤 天志, 花田 良子, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 461 )   19 - 24   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,Webを大規模な画像データベースとみなした種々の画像検索システムが開発されている.本研究は画像をキーとして,画像の統計的な特徴量をもとに類似画像集合をWebで検索し,同時にその類似画像に付随するテキスト情報をユーザに提示することで,対象画像のより詳細な情報を得るシステムを開発することを目的とする.ここでは画像検索システムの開発にあたり,その基本的な機能である自動画像分類のための特徴量の検証を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科パノラマX線写真における石灰化部位の検出法(生体,ソフトコンピューティング及び一般)

    新庄勝之, 棟安実治, 花田良子, 浅野晃, 田口明

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 461 )   95 - 100   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,歯科パノラマX線写真に写る頸動脈石灰化領域を自動抽出する手法について提案する.頸動脈上の石灰化の有無は,動脈硬化の危険性を表す指標として注目されている.歯科パノラマX線写真はコントラストが悪く,通常のエッジ抽出法では強い輝度を持つ骨の領域上に多くのエッジが抽出されてしまう.石灰化部位の輝度値が骨と類似しているという問題もある.今までいくつかの石灰化部位を抽出する手法が提案されている.しかし従来法はあらかじめ検索領域を指定しなくてはならず,画像全体から石灰化部位を抽出することは困難であった.そこで,顎骨と脊椎の領域の推定を行い除去することで,石灰化部位が存在する領域を限定し,その領域に領域指定型の従来法を一定間隔で適用することにより,画像全体から石灰化部位の抽出を行う.実際の歯科パノラマX線写真に適用した結果,良好な抽出結果が得られた.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域処理に基づくマイクロホンアレーによる音声分離

    吉岡 拓人, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   108 ( 411 )   103 - 108   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,すでに提案されている音声分離マイクロホンアレーシステムに周波数領域適応アルゴリズムを適用し,分離速度の改善を行う.また計算機上でのシミュレーションによりその有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Application of Genetic Multi-Step Search to Unsupervised Design of Morphological Filters for Noise Removal

    Y. Hanada, H. Okuno, M. Muneyasu, A. Asano

    Proc. 2009 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2009)   in press   2009年

  • 歯科パノラマX線写真における石灰化領域の検出 査読

    新庄勝之, 棟安実治, 花田良子, 浅野晃, 田口明

    第22回 回路とシステム軽井沢ワークショップ講演論文集   414 - 419   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • An Unsupervised Design Method for Weighted Median filters using Genetic Algorithm

    Y. Hanada, M. Muneyasu, A. Asano

    Proc. 2009 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2009)   87 - 91   2009年

     詳細を見る

  • An Improvement of Unsupervised Design Method for Weighted Median Filters Using GA

    Y. Hanada, M. Muneyasu, A. Asano

    Proc. 2009 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2009)   in press   2009年

  • Improvement of the Detection Method for Carotid Artery Calcification in Dental Panoramic Radiographs

    K. Shinjo, M. Muneyasu, K. Fujita, A. Asano, A. Taguchi

    Proc. 2009 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2009)   in press   2009年

  • GAによる雑音除去のための劣化画像のみを用いた最適構造要素の推定(モルフォロジーセッション,システムオンシリコン,RFID技術及び一般)

    奥野裕之, 花田良子, 棟安実治, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 334 )   131 - 136   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    モルフォロジ演算の一つであるopeningを用いてテクスチャ画像のインパルス性雑音除去を行う際,最適な多値構造要素を推定する必要がある.これまでに,劣化画像のみを用いた最適構造要素の推定法が提案され,その最適化手法にシミュレーテッドアニーリング(SA)が採用されている.従来手法のSAにおいては,形状のサイズを固定した近傍を用い,探索の進行とともに徐々にサイズを減少させていくことで構造を推定しているため,探索空間が限られる問題があった.本研究では,広大な解空間においても大域的な探索が可能な遺伝的アルゴリズム(GA)を採用し,構造要素のサイズも設計変数として最適な構造要素を推定する.数値例からGAが従来手法と比較してより良好な結果が得られることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 集合のモルフォロジカルな粒状化

    浅野 晃, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 334 )   113 - 117   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    集合の粒状化(granulation)とは,属性が同一とみなせる要素を同値類(equivalence class)として要約し,集合を近似する手法であり,ラフ集合論の中核をなしている.本研究では,要素間に同値類にかえて近傍関係を導入し,モルフォロジカル・オープニングにもとづいた粒状化を行う.この手法では,要素の同一性を拡張した類似性にもとづいて,粒状化や粒度が定義される.

    CiNii Books

    researchmap

  • カラー画像を対象とした高発生率インパルス性雑音除去の一手法

    棟安 実治, 岩山 幸洋, 難波 仁, 田口 亮

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 334 )   137 - 142   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,カラー画像に対する高発生率インパルス性雑音の一除去手法について提案する.ここでは,BDND (Boundary Discriminative Noise Detection)をカラー画像に適用しインパルス性雑音の検出を行い,若林と田口によって提案されたカラー画像に適したフィルタ処理を組み合わせて,カラー画像におけるインパルス性雑音除去フィルタを実現している.さらに棟安と笹島によって提案されたBDNDの改良法を用いることで検出性能を改良している.また若林と田口の手法は,RGB3成分の相関を考慮しているので,従来のフィルタと比べ,劣化画素の推定性能も向上すると考えられる.実際の画像への適用を通して,提案手法の有効性について検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非再帰・再帰縦続型フィルタの音響逆フィルタへの適用

    堤 翔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   108 ( 306 )   63 - 68   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    音響フィルタh(z)の逆フィルタ1/h(z)は理論的には考えることができても実現不可能な場合も多い.なぜなら,算出した逆フィルタが有限値の信号を入力しても出力が無限大に発散してしまうような場合や因果律を満たさないフィルタになってしまう可能性があるからである.そこでこのような問題に対して,逆フィルタをFIRフィルタとして求めることができる方程式誤差法が広く用いられる.しかし,この手法では,逆フィルタの推定精度を上げるために大きな遅延量を挿入する必要がある.方程式誤差法を用いて算出された逆フィルタを通信系のシステムに適用すると,逆フィルタでの時間遅延が大きな問題となる.そこで,本報告ではFIR-IIR縦続型の逆フィルタを生成することで,方程式誤差法における遅延量の削減を目指す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 顔領域検出に基づくJPEG2000のROI機能を利用したプライバシィ保護の実現

    難波 仁, 小谷 周平, 北浦 嘉浩, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   108 ( 86 )   27 - 32   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • ダブルトーク環境下で音響エコーを安定的に低減する方法

    岡 竜一, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   108 ( 71 )   19 - 25   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,ダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としないステップサイズの制御法を提案する.音響エコーキャンセラーには適応フィルタの係数が乱れる3つの要因がある.その一つは,参照信号となる遠端話者音声のパワー変動,あと二つは外乱として働く近端話者音声の重畳(ダブルトークと呼ばれる)とエコー経路変動である.このうち,初めのパワー変動については適応アルゴリズムをブロック実行型とし,そのパワーでそのブロック長を制御することによって解決される.残る二つの要因による係数の乱れについては,その両者を識別し,前者と判断された場合はステップサイズを小さく,後者と判断された場合は大きく設定する処置の適用が有効であるとされている.しかし,その識別をすばやく,また確実に実行することは難しい.本報告では,そのダブルトークとエコー経路変動を区別することなく,適応フィルタの係数を更新しても推定誤差が安定に,またすばやく低減できるステップサイズの制御法を提案する.その制御は別に用意した,大きなステップサイズと少ないタップ数の副適応フィルタが生成する残留エコーのパワーを外乱のパワーと近似して行う.当然ながら,副適応フィルタの係数の収束は早く,その残留エコーは急速に減少し,そのパワーは外乱のパワーに近似される.このパワーを用いてステップサイズを制御すればエコー経路変動においては大きなステップサイズが,ダブルトークにおいては小さなステップサイズが自動的に設定されることになる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 実騒音下におけるEE法の収束特性とその解析

    岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   108 ( 70 )   13 - 18   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    学習同定法などに代表される最急降下型の適応アルゴリズムは,入力信号が強い有色性を示す場合に収束速度が大きく劣化する.この問題に対し,入力信号を予測器を用いて白色化することで高速化を実現するEE'法が提案されている.しかし,EE'法はその収束条件に実際に観測することのできない信号が必要となり,ステップサイズを大きくすると動作が不安定になる問題がある.そこで,本報告ではEE'法の動作を解析し,動作が不安定になる原因が何に起因するのか明らかにする.次いで,その問題を解決する新たなアルゴリズムとしてEE^^&acd;法を提案する.更に,その収束条件を導き,その結果を計算機シミュレーションによって確認する.最後に,その有効性を実際にサンプリングした実験音を用いて検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの遺伝的アルゴリズムによる設計(音響信号処理/一般)

    花田良子, 鈴木治雄, 棟安実治, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   108 ( 69 )   7 - 12   2008年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    荷重メジアンフィルタの設計に対して,インパルス製雑音検出のための統計量を利用することで,劣化画像から直接,最適な窓形状と荷重を推定する手法が提案されている.この手法では,テクスチャ画像を対象とし,最適化法としてシミュレーテッドアニーリングを用いることで,学習量画像を用いた場合とほぼ同等の結果を得ている.本稿では,劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタ設計に関する一改良法について提案する.提案法では,従来法をベースとして,最適化法に遺伝的アルゴリズムを適用し,さらにインパルス製雑音検出の統計量ROADを改良したROLDを評価関数として採用している.これにより最適解の探索を効率化でき,よりよい解を得ることができる.数値例から,従来手法と比較して,より良好な結果を得られることが示される.

    researchmap

  • 携帯電話を用いたデータ埋込印刷画像からのデータ検出

    中西 康二, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   107 ( 547 )   51 - 56   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,電子透かし技術を応用して,データを埋め込んだ印刷画像からデータを取り出す方法がいくつか提案されている.我々の研究グループでも拡散方式を用いた手法を提案している.この手法では,これまで主としてイメージスキャナを用いて,データの検出を行ってきた.しかし,印刷物へのデータ埋込の利用形態を考えれば,カメラ付き携帯電話を用いて,手軽に画像を取得できることが望ましく,これに対応した検出手法が望まれる.携帯電話のカメラを用いた場合に得られる画像は,イメージスキャナの場合と異なり,歪みや雑音による影響を大きく受ける.ここでは,我々がこれまで提案した手法を基本とし,携帯電話による歪みや雑音による影響を考慮した埋め込みと検出手法を提案する.提案手法によりカメラに起因する歪みが補正され,データの検出が可能となる.処理結果から提案手法の有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEG2000におけるROI画像の画質制御とその自動調整

    北浦 嘉浩, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   107 ( 547 )   69 - 74   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    新しい画像圧縮技術として標準化されたJPEG2000では,画像の興味領域を背景領域よりも優先して符号化できるMax-shift法に基づくROIと呼ばれる機能が実現されている.しかし,Max-shift法では自動的に興味領域が最高画質となり,その他の領域との相対的な画質制御は困難である.本稿では,この問題を解決するために,DWTの際,各サブバンドの興味領域に属する画素を特定する2値のROIマスクを修正することで,興味領域と背景領域の相対的かつ詳細な画質制御を可能とする手法を提案する.さらに画質制御において,JPEG2000エンコーダで得られるDWT係数値から画像に対する寄与度を求め,それを用いて興味領域をいくつかの所望の画質へ自動的に調整する手法を実現する.また,提案手法による符号化データはJPEG2000 part1の汎用デコーダで復号可能である.

    CiNii Books

    researchmap

  • 再帰型・非再帰型構造からなる未知系の同定に関する検討

    堤 翔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 470 )   41 - 46   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    一般的に共振系を推定する場合,動作の安定性からFIRフィルタが用いられる.しかし,非常に多くのタップ数を必要とするため,多大な計算量を要する.そこで,本論文ではFIRフィルタに安定性を考慮したIIRフィルタが直列接続された構造を共振系を模擬する構造として固定する手法を提案する.適応フィルタには,FIRフィルタに巡回型フィルタまたは再帰型ラティスフィルタが直列接続された構造の2種類を用いて性能比較を行う.さらに,再帰型ラティスフィルタの係数感度が低いため,未知系が高次になっても安定に動作すると考えられる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 連立方程式法を用いたマルチチャネル能動騒音制御システム

    岡本 豊, 宇治野 正, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 470 )   47 - 51   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    能動騒音制御の一つに連立方程式法が提案されている.本報告では,連立方程式法を用いて,マルチチャネルに適用する能動騒音制御システムを提案する.さらに,本手法の有効性を計算機シミュレーションにより確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 学習用画像を用いないGA による荷重メジアンフィルタの一設計法

    棟安実治, 鈴木治雄, 花田良子, 浅野晃

    第18 回 インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2008)講演論文集   283 - 288   2008年

     詳細を見る

  • 2マイクロホンシステムによる音声分離に関する研究

    中野 裕文, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 317 )   19 - 24   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究では、すでに提案されている2マイクロホンシステムを用いた音声分離の改良案について提案する.我々は,すでに2マイクロホンシステムを用いた音声分離の手法について提案している.しかし,すでに提案しているマイクロホンシステムは音声補正のためのフィルタが不安定になる場合がある.そこで,本研究はそれらの問題を解決する手法として方程式誤差法を用いる.この手法によれば音声補正フィルタを非巡回型フィルタとして得ることができるため,安定した動作が期待できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 補助フィルタ法による音場生成システムに関する検討

    宇治野 正, 藤井 健作, 田中 啓一郎, 若林 功, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 316 )   19 - 26   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,バイノーラル録音された音響信号を受聴者の両耳位置で忠実に再現する技術が研究されている.本検討では,逆フィルタを生成し,スピーカを用いることでこれを実現する.本検討ではまず,スピーカ・両耳間の音響特性の変化に追随可能な逆フィルタの生成アルゴリズムについて述べる.次に,逆フィルタと任意の帯域制御フィルタを組み合わせることで受聴者が自由に音場空間を生成できることを示す.さらに,計算機シミュレーションにより本提案の有効性を確認する.最後に,実際の部屋空間のインパルス応答を用い,シミュレーションを行うことで実環境に対する有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科パノラマX線写真における石灰化領域の一検出法

    棟安 実治, 長谷川 憲司, 浅野 晃, 田口 明, 谷本 啓二

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   107 ( 237 )   29 - 34   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,歯科パノラマX線写真における頸動脈石灰化領域を検出する一手法について提案する.この石灰化領域の有無は,動脈硬化の危険性を示す指標として注目を集めている.石灰化部位は周囲より輝度値が高いため,領域内の平均輝度値より輝度値が高い領域を抽出することを考える.しかし,歯科パノラマX線写真は全体的にコントラストが悪く,Sobe1フィルタやラプラシアンフィルタなどのエッジ検出フィルタでエッジ特徴を用いた抽出を行っても,正確に頸動脈石灰化部位を検出することは難しい.そこで,ファジィ濃度強調法と代数的画像オペレータを併用した検出手法について検討した.その結果,いくつかの歯科パノラマX線写真から石灰化部位を抽出することに成功したので報告する.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-35 再帰型構造からなる未知系の同定に関する検討(A-4.信号処理,一般講演)

    堤 翔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2007   96 - 96   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの一設計法(信号処理,LSI,及び一般)

    棟安実治, 塩濱豪典, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   107 ( 100 )   7 - 12   2007年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    荷重メジアンフィルタにおいて,画像に対して適切な荷重を推定することや適切な窓形状を推定することは重要な問題である.本稿では,テクスチャ画像を対象とした荷重メジアンフィルタの一設計法について提案する.ここでは,インパルス性雑音を検出するための統計量であるROAD (Rank-Ordered Absolute Differences)統計量を評価関数に用いることによって,学習用画像を用いずに,劣化画像から直接,最適な窓形状と荷重を推定する手法について述べる.提案手法では,ROAD統計量をそのまま用いるのではなく,推定された雑音分を除いたROAD統計量を用いて窓形状を推定し,荷重推定にはROAD統計量に基づく新たな評価関数を設定し,シミュレーティッドアニーリングを用いて最適化を行っている.実験結果から,提案手法によれば学習用画像を用いるのとほぼ同等の結果が得られることを確認した.

    researchmap

  • JPEG2000におけるDWT係数を用いた移動物体の自動追跡

    北浦 嘉浩, 谷池 祐樹, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   107 ( 102 )   13 - 18   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,2画像間の一致点検出のために,フーリエ変換を行い2フレーム間の位相差を求めるPOC (Phase-Only Correlation,位相限定相関)法が提案され,さらにこれを基礎とする,段階的に縮小された画像から,高精度かつ高速に画像の一致点探索を可能とするcoarse-to-fine探査法も提案されている.そこで本稿では,POC法を基礎とした追跡の技術を用いて移動物体の自動特定を実現する手法について提案する.このとき,JPEG2000のデコーダで求められるDWT (Discrete Wavelet Transform)係数を用いることで,縮小画像から一致点を見つけるcoarse-to-fine探査法と,DWTのもつ空間スケーラビリティの特徴を生かした高精度で効率的な移動物体の追跡が実現可能となり,JPEG2000符号化と同時に移動物体を検出することもできる.これにより興味領域を優先して符号化できるROI符号化の有用性をさらに高めることができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEG2000におけるDWT係数を用いた移動物体の自動追跡

    北浦 嘉浩, 谷池 祐樹, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   107 ( 104 )   13 - 18   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,2画像間の一致点検出のために,フーリエ変換を行い2フレーム間の位相差を求めるPOC (Phase-Only Correlation,位相限定相関)法が提案され,さらにこれを基礎とする,段階的に縮小された画像から,高精度かつ高速に画像の一致点探索を可能とするcoarse-to-fine探査法も提案されている.そこで本稿では,POC法を基礎とした追跡の技術を用いて移動物体の自動特定を実現する手法について提案する.このとき,JPEG2000のデコーダで求められるDWT (Discrete Wavelet Transform)係数を用いることで,縮小画像から一致点を見つけるcoarse-to-fine探査法と,DWTのもつ空間スケーラビリティの特徴を生かした高精度で効率的な移動物体の追跡が実現可能となり,JPEG2000符号化と同時に移動物体を検出することもできる.これにより興味領域を優先して符号化できるROI符号化の有用性をさらに高めることができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非線形振幅特性を折れ線で近似する同定アルゴリズム

    青木 亮, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   107 ( 94 )   17 - 22   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,振幅特性が非線形の未知システムを同定する適応アルゴリズムの一つを提案する.通常は,その非線形性を無視しても問題はない.しかし,コストを重視して小型のスピーカを採用したシステム,例えば音響エコーキャンセラでは,その非線形性はシステムの性能を大きく劣化させる.そこで,この問題を解決する方法,高次多項式やボルテラ級数による近似が提案され,検討されている.問題は演算量が非常に多いことである.本報告では,その非線形特性を折れ線で近似する方法を提案し,その有効性をシミュレーションによって確認している.また,演算量削減の方法も示される.

    CiNii Books

    researchmap

  • ダブルトークに抗して音響エコーを安定的に低減する方法

    斉藤 直也, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   107 ( 65 )   1 - 8   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,ダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としないステップサイズの制御法を提案する.音響エコーキャンセラには適応フィルタの係数が乱れる3つの要因がある.その一つは,参照信号となる遠端話者音声のパワー変動,あと二つは外乱として働く近端話者音声の重畳(ダブルトークと呼ばれる)とエコー経路変動である.このうち,初めのパワー変動については適応アルゴリズムをブロック実行型とし,そのパワーでそのブロック長を制御することによって解決される.残る二つの要因による係数の乱れについては,その両者を識別し,前者と判断された場合はステップサイズを小さく,後者と判断された場合は大きく設定する処置の適用が有効であるとされている.しかし,その識別を素早く,また確実に実行することは難しい.本報告では,そのダブルトークとエコー経路変動を区別することなく,適応フィルタの係数を更新しても推定誤差が安定に,また素早く低減できるステップサイズの制御法を提案する.その制御は別に用意した,大きなステップサイズと少ないタップ数の副適応フィルタが生成する残留エコーのパワーを外乱のパワーと近似して行う.当然ながら,副適応フィルタの係数の収束は早く,その残留エコーは急速に減少し,そのパワーは外乱のパワーに近似される.このパワーを用いてステップサイズを制御すればエコー経路変動においては大きなステップサイズが,ダブルトークにおいては小さなステップサイズが自動的に設定されることになる.

    CiNii Books

    researchmap

  • ダブルトークに抗して音響エコーを安定的に低減する方法

    斉藤 直也, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 63 )   1 - 8   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,ダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としないステップサイズの制御法を提案する.音響エコーキャンセラには適応フィルタの係数が乱れる3つの要因がある.その一つは,参照信号となる遠端話者音声のパワー変動,あと二つは外乱として働く近端話者音声の重畳(ダブルトークと呼ばれる)とエコー経路変動である.このうち,初めのパワー変動については適応アルゴリズムをブロック実行型とし,そのパワーでそのブロック長を制御することによって解決される.残る二つの要因による係数の乱れについては,その両者を識別し,前者と判断された場合はステップサイズを小さく,後者と判断された場合は大きく設定する処置の適用が有効であるとされている.しかし,その識別を素早く,また確実に実行することは難しい.本報告では,そのダブルトークとエコー経路変動を区別することなく,適応フィルタの係数を更新しても推定誤差が安定に,また素早く低減できるステップサイズの制御法を提案する.その制御は別に用意した,大きなステップサイズと少ないタップ数の副適応フィルタが生成する残留エコーのパワーを外乱のパワーと近似して行う.当然ながら,副適応フィルタの係数の収束は早く,その残留エコーは急速に減少し,そのパワーは外乱のパワーに近似される.このパワーを用いてステップサイズを制御すればエコー経路変動においては大きなステップサイズが,ダブルトークにおいては小さなステップサイズが自動的に設定されることになる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 原画像を利用する印刷画像へのデータ埋め込みの一手法

    正野 隆文, 棟安 実治, 梶川 嘉延

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   107 ( 64 )   1 - 6   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,原画像が既知であるとして,これを利用する印刷画像へのデータ埋め込みと検出の手法を提案する.この埋め込み手法はDCT変換と拡散方式に基づいている.まず,端末機側での検出を考慮した原画像の情報を用いない方法について紹介し,その問題点として埋め込み可能な情報量が少ない点や,検出時において,印刷・スキャン時のノイズにより,誤検出が起こりやすい点について述べる.ここでは,これらの問題を解決するために,埋め込み時に用いる拡散符号に符号間干渉に強いWalsh符号を用いることと,検出処理を原画像の情報を保有しているサーバで行うものとし,原画像を用いた検出をすることで,埋め込み可能ビット数の大幅な増加と精度よく検出をおこなうことを可能とした.さらに,ノイズに対する耐性を強化するために, 3ブロック埋め込みによって冗長性を持たせた手法についても提案する.最後に,提案手法によるシミュレーション結果を示し,高い検出率が得られることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • POCを用いた移動物体追跡法の一手法

    難波 仁, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   107 ( 64 )   49 - 54   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,POC(Phase Only Correlation)法を用いた移動カメラにおける移動物体追跡の一手法について提案する.この手法は,2画像間の変位を正確に測定できる技術であるPOCを移動物体の検出と追跡に応用している.移動カメラから移動物体を追跡する場合,背景差分などの手法[1]を用いることは困難であり,検出精度を向上することも難しい.この問題点を解決するため,POCを利用して動きベクトルを求めることで初期点を検出する手法とPOCに基づくCoarse-to-fine探査法を用いた追跡法を提案する.また,提案手法を実際に車載カメラから得られた画像へ適用し,対向車追跡を行なった結果について示し,提案手法によって良好な結果が得られていることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 原画像を利用する印刷画像へのデータ埋め込みの一手法

    正野 隆文, 棟安 実治, 梶川 嘉延

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   107 ( 62 )   1 - 6   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,原画像が既知であるとして,これを利用する印刷画像へのデータ埋め込みと検出の手法を提案する.この埋め込み手法はDCT変換と拡散方式に基づいている.まず,端末機側での検出を考慮した原画像の情報を用いない方法について紹介し,その問題点として埋め込み可能な情報量が少ない点や,検出時において,印刷・スキャン時のノイズにより,誤検出が起こりやすい点について述べる.ここでは,これらの問題を解決するために,埋め込み時に用いる拡散符号に符号間干渉に強いWalsh符号を用いることと,検出処理を原画像の情報を保有しているサーバで行うものとし,原画像を用いた検出をすることで,埋め込み可能ビット数の大幅な増加と精度よく検出をおこなうことを可能とした.さらに,ノイズに対する耐性を強化するために, 3ブロック埋め込みによって冗長性を持たせた手法についても提案する.最後に,提案手法によるシミュレーション結果を示し,高い検出率が得られることを示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • AS-4-5 テクスチャ画像に対する劣化画像のみを用いたモルフォロジフィルタの設計(AS-4.マセマティカル・モルファオロジーの新展開とその応用,シンポジウム)

    藤木 敦, 棟安 実治, 浅野 晃

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007   "S - 57"-"S-58"   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-40 ブロックサイズの推定を伴う量子化雑音の一低減法(A-4.信号処理,一般講演)

    福山 紘司, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007   151 - 151   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-19 折れ線近似による非線形未知システムの同定法(A-4.信号処理,一般講演)

    藤井 健作, 青木 亮, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007   130 - 130   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いたモルフォロジフィルタの最適設計(通信のための信号処理,符号理論,一般)

    藤木敦, 棟安実治, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   106 ( 569 )   81 - 86   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    テクスチャ画像の雑音除去に対して,モルフォロジ演算の一つであるopeningを用いる際,最適な多値構造要素を推定するために,テクスチャを「互いに似通った図形が多数配置されている」画像と見なし,その図形を推定することで構造要素を求める手法が提案されている.この手法では,劣化テクスチャ画像と同種の非劣化テクスチャ画像を用いて構造要素を推定していた.しかし,非劣化画像が得られない場合を想定し,構造要素を劣化画像だけから推定すると,雑音に影響され好ましい結果が得られない.そこで構造要素を,制約条件を変えながら繰り返し推定することで,劣化画像だけから最適な構造要素を推定できるように改良した手法を提案する.ここでは提案手法をさらに,closingにも拡張している.

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの検討

    伊藤 雅祐, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   106 ( 483 )   1 - 7   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,ひとつのドライソースが異なる残響特性を介して参照信号が生成されるマルチチャネルシステムにおいても,独立成分を効率的に抽出し,未知系の推定を高速化させるアルゴリズムを提案する.一般に,残響特性を介して送出される信号は有色特性を示し,通常の学習同定法などを用いても未知系の推定速度は極めて低いものとなる.本報告では,以上を踏まえた上で独立成分を効果的に抽出する前処理を行うことにより,未知系推定の速度が向上することを示す.この前処理によって生成された信号は適応フィルタの更新に用いられるだけで,未知系へは送出されない.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2マイクロホンシステムによる騒音低減法の一検討

    中野 裕文, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   106 ( 483 )   15 - 20   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文ではマイクロホンアレーシステムに用いる新しいアルゴリズムについて提案する.このシステムの特徴は,マイクロホン間の音響系を推定するためのフィルタと出力信号を得るためのフィルタの2種類を用いることにある.マイクロホン間の音響を推定することができれば,騒音を低減した信号を出力として得ることが可能である.ここで得られる信号はフィルタの働きにより音声自体も劣化してしまうため,本論文では得られた音声信号を用いて元音声を復元する手法についても提案する.またこれらの手法の動作をシミュレーションにより確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非線形未知システムの同定アルゴリズムの提案

    青木 亮, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   106 ( 483 )   27 - 32   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    エコーキャンセラを用いて非線形エコーを相殺するためには様々な解決法が提案されているが,非線形性をもつスピーカからの音声を線形として処理した場合,その非線形性が原因となってエコーキャンセラの性能が悪くなる.そこで,スピーカの非線形性を折れ線で近似し,区間ごとの線形処理を複数の適応フィルタを用いて行うことにより,処理の劣化を改善する方法を提案する.また,計算機上でのシミュレーションを行い,この方法を用いた際の計算量の削減も考慮する.

    CiNii Books

    researchmap

  • EE'法の収束条件の導出と解析

    岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   106 ( 483 )   9 - 14   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    学習同定法などに代表される最急降下型の適応アルゴリズムは,入力信号が強い有色性を示す場合に収束速度が大きく劣化する.この問題に対し,入力信号を予測器を用いて白色化することで高速化を実現するEE'法が提案されている.しかし,EE'法はその収束条件に実際に観測することのできない信号が必要となり,ステップサイズを大きくすると動作が不安定になる問題がある.そこで,本報告ではEE'法の動作を解析し,動作が不安定になる原因が何に起因するのか明らかにする.次いで,その問題を解決する新たなアルゴリズムを提案し,その収束条件を導く.最後に,その結果を計算機シミュレーションで確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2マイクロホンシステムによる音源分離法 (安全・安心・快適な社会構築のための知能・感性・情報通信技術の応用プロジェクト)

    中野 裕文, 藤井 健作, 棟安 実治

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2007   109 - 115   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • 劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの一設計法 (安全・安心・快適な社会構築のための知能・感性・情報通信技術の応用プロジェクト)

    棟安 実治, 塩濱 豪典, 浅野 晃

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2007   82 - 88   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • 再帰型・非再帰型構造からなる未知系の同定に関する検討 (安全・安心・快適な社会構築のための知能・感性・情報通信技術の応用プロジェクト)

    堤 翔, 藤井 健作, 棟安 実治

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2007   116 - 122   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEGとJPEG2000 : 静止画像圧縮について

    棟安 実治

    工学と技術 : 関西大学工学会誌   13 ( 4 )   43 - 47   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 拡散法に基づく印刷画像へのデータ埋め込み法の一改善法

    中西 康二, 棟安 実治, 梶川 嘉延

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   106 ( 374 )   63 - 68   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,拡散法に基づく印刷画像へのデータ埋め込み法の一改善法を提案する.この埋め込み方法はDCT とPN系列に基づいている.まず,それらを用いた埋め込みの従来手法を紹介し,これらの方法において,画像読み込み時に発生するローテーションやスケーリングのような変形が,埋め込みデータの検出率に重大な影響を与えていることを述べる.この問題を解決するため,新しいデータ埋め込み位置とスキャナの解像度を考慮した処理を提案する.また,埋め込みの際に用いるゲイン係数の適応的調整法についても提案する.最後に,提案手法と従来手法のシミュレーション結果を示し,提案手法における検出率の改善を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • ブロックサイズを考慮した量子化雑音の一低減法

    福山 紘司, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   106 ( 374 )   7 - 12   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    画像をブロック単位に分割して,離散コサイン変換(DCT)や量子化を行う符号化方式では,圧縮率を高めた場合,ブロック境界部にはブロックひずみ,エッジの近傍にはリンギングと呼ばれる量子化雑音が発生し,画質が劣化する.本稿では,圧縮後に切り取りなどの加工を施された画像にも対応できるようにするため,ブロックサイズとブロック開始位置の推定を行った後,これらの雑音を除去する手法について提案する.ブロックひずみおよびリンギングに各々対応する雑音除去フィルタを用いることによって,量子化雑音の低減を可能とする新たな手法を提案する.これにより,画像のぼけを抑制しつつ,かつより多くの量子化雑音を低減することが可能となる.最後にシミュレーションに提案手法の効果を確認している.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-31 参照信号間に時間差が存在するときのマルチチャネルシステム同定(A-4.信号処理,一般講演)

    伊藤 雅祐, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2006   98 - 98   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Mathematical morphology - fundamentals and advances 査読

    A. Asano, M. Fujio, H. Nobuhara, M. Muneyasu, C. Muraki Asano

    Proc. Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006)   1630 - 1635   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • テクスチャ画像に対する荷重メジアンフィルタの窓形状と荷重の一設計法(音響信号処理/一般)

    棟安実治, 藤木敦, 橋本知明, 浅野晃

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   106 ( 65 )   13 - 18   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    荷重メジアンフィルタにおいて,画像に対して適切な荷重を推定することや適切な窓形状を推定することは重要な問題である.本稿では,テクスチャ画像を対象として,フィルタ窓の形状を推定し,さらに推定された窓に対して荷重を推定することによって,画質の劣化を抑えつつ雑音を除去する手法を提案する.ここでは,処理対象画像をテクスチャ画像に限定することで推定を可能としている.また,雑音としてはインパルス性雑音を対象とする.フィルタ窓と荷重の推定は学習用画像とのMSEを評価量とし,シミュレーティッドアニーリング法を用いて行う.シミュレーション結果によれば,提案手法によって推定された荷重メジアンフィルタは良好な雑音除去性能を示している.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-13 動画像に対する一雑音除去手法(A-4.信号処理,一般講演)

    大和 正武, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006   94 - 94   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-17 ステレオチャネルシステムにおける逆特性の算定に関する検討(A-4.信号処理,一般講演)

    伊藤 雅祐, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006   98 - 98   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-18 実騒音下における周波数領域適応アルゴリズムの収束特性の解析(A-4.信号処理,一般講演)

    岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 伊藤 雅祐, 宇治野 正

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006   99 - 99   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 連立方程式法を用いた能動騒音制御装置の性能改善

    宇治野 正, 岩松 祐輔, 藤井 健作, 藤田 裕介, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   105 ( 555 )   33 - 38   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    連立方程式法はFilterd-x法のように2次系を事前に同定する必要がないアルゴリズムの一つとして提案されている. また, 騒音制御フィルタを周波数領域で算出する手法が既に提案されている. 本報告では, 周波数領域での連立方程式法のパラメータを最適に設定することで連立方程式法の収束速度が向上することを実験システムで確認する. さらに, 連立方程式法の動作初期段階の騒音増大時間を低減する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • ダブルトークとエコー経路変動の識別に関する一提案

    木原 義規, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   105 ( 555 )   13 - 18   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    音響エコーキャンセラにおいて推定誤差が増加する原因としては, 参照信号対外乱のパワー比の低下とエコー経路の変動の2つが挙げられる. 前者は適応アルゴリズムとしてブロック実行型学習同定法をを用い, ブロック長制御とステップサイズ制御を用いることで解決する. 後者はダブルトークとエコー経路変動の識別を行うことで解決できる. 本報告では, ダブルトークとエコー経路変動の識別に対して新たな識別方法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域適応アルゴリズムの収束特性の解析

    岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治, 伊藤 雅祐, 宇治野 正

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   105 ( 555 )   25 - 32   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    能動騒音制御において, 2次系フィルタを必要としない連立方程式法がすでに提案されている. 連立方程式法は, 連立方程式を解くための補助フィルタが収束したときに方程式を解き, 所望のフィルタ係数を算定する. 従って, 補助フィルタの収束時間を知ることが重要である. また, 能動騒音制御においては一般に制御対象音が有色かつ非定常であるため, 用いる適応アルゴリズムには参照信号の相関に影響を受けにくくかつ安定な収束が望まれる. これらの問題を解決すべく, 我々は係数更新を周波数領域で行う周波数領域適応アルゴリズムを提案し, 白色性参照信号において安定に動作することを報告している. 本論文では, この周波数領域適応アルゴリズムを有色性参照信号, 実騒音に適用し, その収束特性を解析する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Unsupervised optimization of morphological filters for noise removal in texture images (知的情報通信技術による高度防災交通支援システムの構築プロジェクト)

    藤木 敦, 浅野 晃, 棟安 実治

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2006   167 - 173   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • 拡散法に基づく印刷画像へのデータ埋め込み法の一改善法 (知的情報通信技術による高度防災交通支援システムの構築プロジェクト)

    中西 康二, 棟安 実治, 梶川 嘉延

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2006   174 - 180   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • Unsupervised structuring element optimization of morphological opening for texture images (知的情報通信技術による高度防災交通支援システムの構築プロジェクト)

    藤木 敦, 浅野 晃, 棟安 実治

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2006   162 - 166   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • Extraction of trabecular structures of mandible excluding tooth roots on dental panoramic radiographs using mathematical morphology

    A. Asano, T. Tambe, A. Taguchi, C. Muraki Asano, T. Nakamoto, K. Tanimoto, M. Muneyasu, T. Hinamoto

    Proc. 18th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2006)   3   988 - 991   2006年

     詳細を見る

  • Unsupervised structuring element optimization of morphological opening for texture images

    A. Fujiki, A. Asano, M. Muneyasu

    Proc. 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2006)   711 - 714   2006年

     詳細を見る

  • Unsupervised optimization of morphological filters for noise removal in texture images

    A. Fujiki, A. Asano, M. Muneyasu

    Proc. Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006)   1794 - 1799   2006年

     詳細を見る

  • 連立方程式法を用いた実験機による能動騒音制御効果の検証

    藤井 健作, 山口 航太郎, 藤田 裕介, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   105 ( 347 )   43 - 48   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    連立方程式法はFiltered-x法のように2次系を事前に同定する必要がないアルゴリズムの一つとして提案されている.連立方程式法は, この事前操作が不要となることにより, 途中の系変化による消音効果の低減に対する自動的な回復も可能となっている.これらはまた計算機シミュレーションによって既に確認されている.本報告では, 事前の操作を加えずに消音効果が得られることを実験システムを用いて検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 動画像に対するJPEG2000用プリフィルタ

    大和 正武, 棟安 実治, 福山 紘司

    電子情報通信学会技術研究報告   105 ( 297 )   25 - 30   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小振幅のガウス性雑音が原因である動画像における雑音による劣化は, 画像圧縮を行う際に画質の低下とともに圧縮効率の低下も引きおこす.ガウス性雑音の最も簡単な処理として, 平均値フィルタをあげることができるが, エッジや細部の保存には適さないため, 画質が劣化してしまう.本稿では, JPEG2000での圧縮処理を前提として, 動画像に対して, 空間および時間方向に, それぞれ対応したフィルタ処理を行うことで, エッジや細部を損なうことなくガウス性雑音の除去が可能な新たな手法を提案する.監視カメラなどでの使用を考慮して, ハードウェア的な制約がある場合とない場合に対応したフィルタを考えている.提案法で処理した動画像を用いることにより, JPEG2000での符号化時に画質の劣化を低減することができた.

    CiNii Books

    researchmap

  • 拡散方式とDCTを用いた印刷画像へのデータ埋め込みの一手法

    堀内 陽一郎, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告   105 ( 297 )   19 - 24   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では, DCT領域での拡散方式を用いた印刷画像への新しいデータ埋め込み手法を提案する.ここでは, データの埋込位置を多重化し, さらに埋込の際のゲイン係数を調整する手法について論じている.また, 提案手法をグレースケールの印刷画像に適用し, スキャナとディジタルカメラを用いたデータ抽出を行った.これらの結果から, 従来手法よりも高い検出率が得られ, 特にディジタルカメラに対しても強い耐性を持つことを示した.さらに, カラー画像への適用手法とゲイン係数の調整法についても検討し, シミュレーションを行った.その結果, カラー画像への適用も可能であることが示され, 提案手法の有効性が検証された.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-8 周波数領域適応アルゴリズムの収束特性(A-4.信号処理,基礎・境界)

    岩松 祐輔, 伊藤 雅祐, 宇治野 正, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2005   77 - 77   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Special section on selected papers from the 17th workshop on Circuits and Systems in Karuizawa - Foreword

    M Muneyasu

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E88A ( 4 )   809 - 809   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Web of Science

    researchmap

  • 連立方程式法による帰還系の同定

    藤井 健作, 岩松 祐輔, 棟安 実治

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2005 ( 1 )   425 - 426   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-16 ファジィクラスタリングを用いた適応型荷重平均値フィルタの改善(A-4. 信号処理, 基礎・境界)

    今井 雄大, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005   97 - 97   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-4 JPEG2000におけるROIの段階的画質制御の一手法(A-4. 信号処理, 基礎・境界)

    中西 克昌, 棟安 実治, 和田 祐司

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005   85 - 85   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-10 電子透かしを考慮したハーフトーニング手法(A-4. 信号処理, 基礎・境界)

    井上 雅之, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005   91 - 91   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-9 DCTを用いた印刷画像へのデータ埋め込みと検出(A-4. 信号処理, 基礎・境界)

    堀内 陽一郎, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005   90 - 90   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-24 マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの提案と自己相関に対する考察(A-4. 信号処理, 基礎・境界)

    伊藤 雅祐, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005   105 - 105   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 車両衝突回避支援システム(VCASS) : 動的位置予測に基づいた衝突警告システムの開発

    服田 悠司, 田坂 泉太郎, 上木 淳平, 棟安 実治, 岡田 博美

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   104 ( 689 )   23 - 28   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年、道路交通における諸問題を解決するために、高度道路交通システム(ITS : Intelligent Transport System)に関する研究・開発が行われている。特に、基地局を介さず車載機器を用いて、各車両が独自に伝送制御を行う車載機器間通信(IVC : Inter-Vehicle Communications)が注目されている。本システムでは、各車両が搭載するGPSによって得られる位置、速度等の情報を車載機器間通信により交換し、相対的な位置関係を把握する。これにより衝突の危険性があれば運転者に対して警告を行い、事故を未然に防ぐことを目的とする。また、実験車両にはコンピュータ、無線通信機器、GPS、ジャイロセンサー(加速度センサー及び方位センサー)を搭載し、想定される各種道路環境の下でシステムの検証を行い、その有効性を確認した。

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動騒音制御下における周波数連立方程式法を用いた帰還制御フィルタの更新法

    岩松 祐輔, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   104 ( 615 )   15 - 20   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, 能動騒音制御下における周波数領域連立方程式法による帰還制御フィルタの更新法を提案する. この手法は, 従来の線形予測分析を用いた連立方程式法を周波数領域に拡張することで, 帰還制御フィルタ算定のためのシステム同定系を必要とせず, 二つの独立した方程式より直接算定することで収束速度が改善される. 本論文ではまず, 周波数領域連立方程式法の理論式を導出する. 続いて, 線形予測フィルタを2段構成し1次騒音と帰還系成分を分離することで, 高速に収束することを示す. 更に, 周波数領域適応アルゴリズムを適用することで有色性の騒音に対する有効性を示す. 最後に帰還制御フィルタの推定誤差が騒音制御に与える影響について検討する.

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの提案

    伊藤 雅祐, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   104 ( 615 )   21 - 26   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では, 各チャネルに含まれる独立成分の割合が非常に低い場合においても未知系の推定が可能なマルチチャネルシステム同定アルゴリズムを提案し, その有効性および収束条件を検討する. 一般に, マルチチャネルシステム同定アルゴリズムにおいて, 参照信号間に相互相関が存在する場合, 未知系の推定速度は極めて遅くなる. 本報告では, 相互相関成分に対する前処理を行い, 未知系の推定速度を向上させる適応アルゴリズムを提案する. ただし, 前処理された信号は適応フィルタの係数更新に用いられるだけで, 未知系へは送出されない.

    CiNii Books

    researchmap

  • An experimental study of the hybridization of logistic discriminant analysis and multilayer neural network for image identification

    A Asano, CM Asano, M Ohtaki, K Hotta, T Hinamoto, M Muneyasu

    HIS'04: FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON HYBRID INTELLIGENT SYSTEMS, PROCEEDINGS   358 - 363   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    A hybridized classification system of the logistic discriminant analysis and the three-layer neural network is proposed. This system is basically a linear discrimination and is assisted by the neural network only for the cases that are difficult to be classified by linear methods. This system presents a simple discrimination structure given by linear methods, and its computational cost is much lower than the exclusive use of the neural network while the misclassification rate is as low as the neural network. The ability of this system is shown experimentally in the case of applying it to image identification problems. The computation time for the learning process is reduced to one-fifth by this method in this experiment, while the misclassification rate remains almost the same.

    Web of Science

    researchmap

  • Application of Fourier sectrum for describing 'formal' of cloths

    C. Muraki Asano, M. Muneyasu, T. Ozeki, A. Asano, T. Fujimoto

    Proc. 2005 IEEE-EURASIP Workshop on Nonlinear Signal and Image Processing   19AM2D-02   2005年

     詳細を見る

  • A design of window shapes and weights in weighted median filters for texture images

    A. Fujiki, T. Hashimoto, M. Muneyasu, A. Asano

    Proc. 2005 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications Systems (ISPACS 2005)   665 - 668   2005年

     詳細を見る

  • 雑音除去のための劣化画像のみを用いた構造要素の推定 (知的情報通信技術による高度防災交通支援システムの構築プロジェクト)

    藤木 敦, 棟安 実治, 浅野 晃

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2005   181 - 187   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学学術フロンティア・センター  

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数適応アルゴリズムにおける適応フィルタのタップ長とFFT区間長のふるまい

    伊藤雅祐, 岩松 祐輔, 宇治野 正, 藤井 健作, 棟安 実治

    境界ソサイエティ大会, 2005   76 - 76   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEG2000におけるROIの画質調整とその高画質化に関する一提案

    和田 祐司, 棟安 実治, 中西 克昌

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   104 ( 511 )   7 - 12   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    JPEG2000の機能の1つに興味領域の画質を優先的に保持する機能がある.しかし,符号量,興味領域の大きさによっては,非興味領域の画質が極端に劣化する場合がある.この問題を解決するために興味領域に対する符号量を制御する方法が提案されている.しかし,これらの手法は符号量に依存して画質を劣化させる傾向にあった.本論文では,興味領域の符号量を制御しつつ従来の手法より画質を向上させる手法を提案する.提案法は,復号化時に興味領域に発生した丸め誤差を補正することができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • サポートベクターマシンを用いた混合雑音除去

    松下 潤一, 藤木 敦, 今井 雄大, 棟安 実治, 戸谷 伸之, 今西 茂, 野村 康雄

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   104 ( 303 )   13 - 18   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,サポートベクターマシン(SVM)を用いて,画素をその性質に対して分類し,それに応じた処理を行うことによって,画質の劣化を抑えつつ雑音を除去する手法を提案する.ここでは,特に白色ガウス性雑音を対象にエッジ保存形雑音除去を行う.また、すでに提案されているSVMを用いたインパルス性雑音除去フィルタと併用することにより,混合雑音の除去を行う手法についても論じる.シミュレーション結果によれば,白色ガウス性雑音,混合雑音ともに良好な雑音除去性能を得ている.

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEG2000におけるROIの画質制御とその動画像への適用

    稲 仁章, 棟安 実治, 和田 祐司, 中西 克昌

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   104 ( 303 )   7 - 12   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    JPEG2000において,ROI符号化とSNRレイヤー構造が直接に組み合わされる場合,ROIによる係数のスケーリング後にレート制御処理が行われることになる.このため,符号化データの大部分を興味領域が占め,背景領域が犠牲となってしまう.本論文では,この問題について考察し,ROI符号化とレート制御処理の分離を行うと共に9×7DWTフィルタを用いる方法を提案する.提案法は,興味領域の画質を保持しつつ,背景領域の画質を向上することができる.また,監視カメラ等に応用できるようにするため,動画像への対応も検討した.

    CiNii Books

    researchmap

  • PLDD法における周波数解析による照射位置識別手法の検討

    前谷 健, 今井 雄大, 棟安 実治, 粟津 邦男

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   104 ( 179 )   45 - 48   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,椎間板ヘルニアの治療法の一つであるPLDD法が抱える問題点である,レーザー照射位置の特定が難しいという点について考察し,照射時の発生音による照射位置の識別手法の開発を試みる.まず,ゼラチンと豚骨を,それぞれ髄核と骨のモデルと考えた実験装置を用いて,実際の手術に用いるレーザー装置による照射を行い,その発生音を採取した.さらに発生音に周波数解析を行い,発生音が内部状態を反映するための条件と,その条件下で骨とファイバの距離がある一定値以内になるときの発生音の変化について明らかにする.発生音の変化の条件をプログラムによって実現し,判定が自動化できる可能性があることを示している.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006177705

  • マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの提案と推定誤差が増加しない条件

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   104 ( 34 )   1 - 5   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    マルチチャネルシステム同定における最大の問題は,参照信号間の相互相関による性能低下である.筆者らは既に,チャネル数が2の場合について性能の向上が期待できるアルゴリズムを提案し,その設計条件を明らかにしている.本報告では,チャネル数が3以上の場合についても性能の向上が向上が期待できる相互相関の低減法を提案し,推定誤差が増大しない条件としてのステップサイズの範囲を導く.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-17 DCTを用いた印刷画像への情報の埋め込み(A-4. ディジタル信号処理)

    棟安 実治, 堀内 陽一郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004   108 - 108   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 雑音マスキング効果を用いた電子透かし

    大江 孝輔, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   103 ( 718 )   19 - 24   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,ディジタル技術の発展により,極めて容易にかつ迅速にマルチメディアのコピーを得られるようになってきた.そのため,ディジタルコンテンツの保護を目的とした画像に情報を埋め込む技術が注目されている.従来の電子透かし手法の中で,視覚特性である雑音マスキング効果を利用することにより,画像の視覚的劣化を抑えたまま,高圧縮率の画像圧縮にも耐性がある手法が提案されている.しかし,従来手法は,輝度の急激な変化に基づいた雑音マスキング効果を利用しているため,輪郭周辺も埋め込み領域になってしまい,ブロックノイズが目立ちやすい.そこで,画像の局所的で複雑な領域における雑音マスキング効果を利用し,そこを埋め込み領域とすることにより,視覚的な劣化を抑えたまま,透かし埋め込みを行うことを可能とする手法を提案した.これにより,輪郭周辺への埋め込みを回避し,より視覚的な劣化の低減が期待できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジィクラスタリングを用いた適応型荷重平均値フィルタの改善

    今井 雄大, 小田 哲也, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   103 ( 718 )   25 - 30   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究ではファジィクラスタリングを用いた適応型雑音除去フィルタとその改善について提案する.このフィルタは荷重平均値フィルタに基づいて,フィルタ荷重はファジィクラスタリングを用いて設定する.ここではファジィクラスタリングのアルゴリズムとして,Fuzzy c-Means(FCM)法を用いている.このフィルタはマスク内の各面素値と被処理点の東南値との差分の絶対値を特徴ベクトルとして,あらかじめファジィクラスタリングされた特徴ベクトルのクラスタから対応する荷重ベクトルと帰属度を決定し,この荷重ベクトルと帰属度から出力を求める.本提案手法は,画像を局所的特徴に応じて柔軟に分類し,フィルタ荷重を適応的に制御することで,エッジなどを保存しながら混合雑音の除去を行うことができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • SA-3-1 マルチチャネルシステム同定に求められる収束条件(SA-3. エコーキャンセラとその実現)

    藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004   "S - 14"-"S-15"   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ダブルトークとエコー経路変動検出に関する一検討

    張 若愚, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   103 ( 609 )   37 - 44   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    音響エコーキャンセラにおいてエコー消去量は,参照借りと外乱のパワー比が低下したときとエコー経路が変動したときに減少する.本報告では、基本となる適応アルゴリズムをブロック実行型の学習同定法とした.このアルゴリズムの利点は推定誤差の制御パラメータとして従来のステップサイズに加えてブロック長が使えることである.推定誤差はその制御によって前記パワー比の変動下でも所定の値に維持される.問題は,大きなエコー経路変動に際して収束が遅れることである.この問題に対して、大きなエコー経路変動とダブルトークを早く区別できる方法を提案した。従来法を上回る特性が実現される.

    CiNii Books

    researchmap

  • Optimization of gray scale morphological opening for noise removal in texture images

    A Asano, Y Kobayashi, C Muraki, M Muneyasu

    2004 47TH MIDWEST SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOL I, CONFERENCE PROCEEDINGS   1   313 - 316   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    Application of opening, which is a basic operation of mathematical morphology, often yields undesired results like the occurrence of artifacts. This problem can be avoided by using a gray scale structuring element resembling the objects in the target image. Since a texture image is composed of an arrangement of similar small objects, it is possible to derive such a gray scale structuring element by estimating one representative gray scale object from those arranged in the texture image. In this paper, an estimation method of the optimal gray scale structuring element using "Primitive, Grain, and Point Configuration (PGPC)" texture model is proposed.

    Web of Science

    researchmap

  • 誤差拡散法による低階調画像への透かし画像の埋め込み

    古田 昌史, 堀内 陽一郎, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   103 ( 379 )   51 - 56   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,誤差拡散法より生成されたハーフトーン画像に対する画素置換を用いた透かし画像の埋込み法を提案する.まず誤差拡散法を用いた埋め込みの従来手法を紹介し,その手法を用いて透かし画像を埋め込んだときの問題点を指摘し,その問題点の改善策を提案する.最後に,提案手法でのシミュレーション結果を示し,さらにランダムな画素置換による透かしへの攻撃に対する耐性についても検討する.この結果から,攻撃される画素数の増加に比例して透かし画像が劣化することが分かり,1%程度までの攻撃ならば,ほぼ劣化のない透かし画像を抽出することが可能であることがわかった.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-5 フーリエ変換を用いたパルスオキシメータにおける雑音除去法

    今井 雄大, 棟安 実治, 池田 光宏

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2003   66 - 66   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-10 誤差拡散法の新しい表現と前処理による画質の改良

    棟安 実治, 斎藤 光敏

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2003   71 - 71   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域連立方程式法による騒音抑圧効果に関する検討

    橋本 樹幸, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   103 ( 54 )   13 - 18   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,2次系の変化によって低下する騒音抑圧効果を自動追従できる周波数領域連立方程式法による能動騒音制御システムについて検討を行う.この手法は,filtered-xアルゴリズムとは異なり,騒音制御フィルタの係数を算定するための2次系フィルタを必要としない.代わりに,係数に含まれる算定誤差を利用する.すなわち,1次系および2次系を未知数として与え二つの独立した方程式を作り,これら二つの独立した方程式を解くことによって,この手法は誤差検出マイクロホンの出力を最小限にする騒音制御フィルタ係数を算定する.本報告では,この手法の有効性を検証するためにディーゼル発電機の騒音を抑圧するシミュレーション結果を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • JPEG2000におけるYUVの最適配分

    小畑 洋人, 棟安 実治, 和田 祐司

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   103 ( 16 )   7 - 12   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    YUVの符号量比に,画質が大きく依存することはよく知られており,各圧縮標準でそのような評価が行われている.ここでは,新しい画像圧縮標準であるJPEG2000に対して,YUVの符号量比による画質評価実験を行った.主観評価による実験を行うことにより,同一のビットレートを持つ画像の中で,もっとも画質の良い画像出力が得られるYUV符号量比を求めた.これにより,JPEG2000において,一定のビットレートないしは,ある画質を想定した場合に,より良好な画質またはより高い圧縮率が得られるようにエンコーダを設定する事が可能になると考えられる.

    CiNii Books

    researchmap

  • マイクロホンアレーによる男声と女声の分離のための予備的検討

    藤井 健作, 多田 豪, 棟安 実治

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2003 ( 1 )   689 - 690   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • Primitive and Point Configuration テクスチャモデルにおける要素図形の推定

    大久保武, 浅野晃, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   102 ( 708 )   55 - 59   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    われわれは,テクスチャを要素図形とその点配置で定義したテクスチャモデル「PPCテクスチャモデル」を研究している.これにより,テクスチャをある要素図形から相似変形によって派生した粒子の集まりとしてとらえることができ,要素図形・粒子のサイズ分布・粒子の空間分布の3つの特徴によってテクスチャを記述できる.これまで,これらの3特徴のうち粒子のサイズ分布に何らかの仮定を導入したうえで,要素図形の形状を推定する手法は提案されている.これに対して,本橋では,粒子のサイズ分布や空間分布がともに未知のときでも,要素図形の形状を推定できる手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • D-12-11 Primitive and Point Configuration Texture Model

    浅野晃, 大久保武, 小林泰士, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003 ( 2 )   172 - 172   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-10 JPEG 及び JPEG2000 による圧縮を考慮した画像への情報埋め込み

    大江 孝輔, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003   99 - 99   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 構造的に安定な適応ディジタルフィルタの設計

    雛元 孝夫, 河合 佳之, 八木 秀幸, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   102 ( 574 )   33 - 38   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では,安定性を保証した状態空間モデルおよび分母分離形2次元局所状態空間モデルをそれぞれ用いた2つの適応フィルタの設計法を提案しており,適応アルゴリズムにLMS法を用いている.まず,状態空間モデルに安定性を保証するための条件を加えて,係数感度と中間伝達関数の関係から勾配信号発生システムを導き、適応アルゴリズムを導出している。次に,分母分離形2次元ディジタルフィルタを2つの1次元ディジタルフィルタの縦続形に分解し,これに適応アルゴリズムを適用している.最後に,2つの数値例を通して提案手法の有用性が検証される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 順序統計に基づくフィルタとソフトプロセッシング : その画像処理への応用

    棟安 実治

    システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 = Systems, control and information   47 ( 1 )   10 - 17   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 顎骨パノラマX線画像からの歯根像を除去した骨梁像抽出と評価

    丹部 貴大, 浅野 晃, 田口 明, 中元 崇, 谷本 啓二, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   102 ( 575 )   7 - 11   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    顎骨の状態から骨粗鬆症を診断するためには,X線写真から骨梁を抽出・計測し,大量のデータを得る必要がある.骨梁の一抽出法として,CR(Computed Radiography)で撮影された,高品位なX線画像を用いる手法が既に提案されている.しかし,CRよりも,歯科にて広く普及しているパノラマX線写真を用いたほうが,データの収集が容易である.パノラマX線写真には,得られる画像が低品位であるという欠点があり,さらに顎骨のX線写真には,骨梁像に歯根像が重畳しているという問題点がある.しかし本研究では,歯根像が重畳している,低品位なパノラマX線画像から骨梁像のみを抽出することに成功した.さらに,その骨梁像を線図形で表現し,構造を計測・評価した.

    CiNii Books

    researchmap

  • NLMEE'適応アルゴリズムのパイプライン実現

    棟安 実治, 原田 剛志, 藤井 健作, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   102 ( 551 )   31 - 36   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では,NLMEE'アルゴリズムに基づく適応FIRフィルタのパイプライン実現について提案する.本手法は,NLMEE'アルゴリズムの等価変換に基づいている.提案する手法によれば,有色入力に対しても比較的良好な収束特性が得られ,出力遅延が0でクリティカルパスが比較的短い実現が得られる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 解説 2次系の同定を要しない能動正弦波騒音制御

    藤井 健作, 棟安 実治

    超音波techno   14 ( 5 )   69 - 72   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-30 量子化に平均ディザ信号関数を用いた誤差拡散法

    林 信也, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2002   92 - 92   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネルシステム同定アルゴリズムに関する検討

    前田 大輝, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   102 ( 42 )   1 - 6   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,各チャネルの参照信号に含まれる独立成分の割合が非常に低い場合にもシステム同定が可能となる適応アルゴリズムを提案する.そのように強い相互相関をもつ参照信号を用いるマルチチャネルシステム同定では,通常の適応アルゴリズムを用いる場合に適応フィルタの係数は,未知系のインパルス応答に収束しない.この問題を解決するために従来,未知系に送出される参照信号に対して独立成分を増加させる前処理を加える方法が検討されている.しかし,その前処理は当然ながら参照信号を歪ませる.従って,その独立成分の増加は限定された範囲に留まらざるを得ない.しかし,その限定は満足する特性が得られない原因ともなる.本報告では,その独立成分の割合が-40dBと低い場合においても動作する適応アルゴリズムを導く.本提案法では,その動作を可能とするために参照信号に相互相関成分を抑圧する前処理を加える.しかし,その参照信号は適応フィルタの係数更新に用いられるだけで,未知系へは送出されない.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域連立方程式法による能動騒音制御システム

    橋本 樹幸, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   102 ( 42 )   7 - 12   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では,2次系の変化によって低下する騒音抑圧効果を自動追従できる周波数領域連立方程式法を提案する.時間領域連立方程式法はACTIVE99の中で提案されている.これらの連立方程式法は,filtered-xアルゴリズムとは異なり,騒音制御フィルタの係数を算定するための2次系のフィルタを必要としない.代わりに,係数に含まれる推定誤差を利用する.実システムでは,騒音制御フィルタの係数はサンプル時間あたりの異なる誤差で評価される.しかし,連立方程式法は異なる推定誤差を利用する.すなわち,1次系および2次系を未知数として与え二つの独立した方程式を作り,これら二つの独立した方程式を解くことによって連立方程式法は誤差検出マイクロホン出力を最小限にする騒音制御フィルタ係数を算定する.周波数領域連立方程式法は,時間領域連立方程式法に必要な補助フィルタおよびシステム同定系を必要とせず,騒音制御フィルタ係数を算定できる.本報告では,提案法が系の変動後に騒音抑圧効果を自動追従するシミュレーション結果を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 補助フィルタの同定を必要としない連立方程式法に基づくマルチチャネルANCシステム

    棟安 実治, 久安 修, 藤井 健作, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   102 ( 41 )   37 - 42   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    マルチチャンネルに適用される連立方程式法では,騒音制御フィルタを含む系全体の伝達関数を,補助フィルタとして同定する必要がある.特にマルチチャンネルの場合,収束に多くのサンプル数を必要とする場合があり,消音効果が得られるまでに時間がかかる.本稿では,この補助フィルタの同定を必要としない連立方程式法を用いたマルチチャネル能動騒音制御システムを提案する.提案手法によれば,4,000サンプル程度のデータが得られれば直ちに騒音制御フィルタの係数を求めることができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • Improvement for Error Diffusion Methods Using Mean Dither Signal Functions

    SASAKI Kazuya, MUNEYASU Mitsuji, HINAMOTO Takao

    IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   85 ( 4 )   919 - 919   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域連立方程式法の能動騒音制御への適用に関する検討

    藤井 健作, 橋本 樹幸, 棟安 実治

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2002 ( 1 )   647 - 648   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • ニューラルネットワークとロジスティック関数の結合による物体同定

    堀田康治, 浅野晃, 村木千恵, 大瀧慈, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   101 ( 713 )   137 - 144   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    物体同定とは,2つの画像の特徴量の隔たりをもとに,それらが同種の物体か,異種の物体かを統計的に判別する手法をいう.本研究では,判別にロジスティック判別分析を用い,判別結果とともにその確信度をも導いた.さらに,判別の境界付近の曖昧な部分にニューラルネットワークを組み合わせ,誤判別率を減少させた.その結果,ロジスティック判別分析単体よりも判別能力に優れ,また,ニューラルネットワーク単体と同等の判別能力ながら学習時間を大幅に短縮できることがわかった.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-7 データ依存型α-Trimmed平均値フィルタの一設計

    落合 孝, 棟安 実治, 佐々木 和也, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2002   117 - 117   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-34 マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの収束条件に関する検討

    前田 大輝, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2002   144 - 144   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 補助フィルタを用いない連立方程式法による能動騒音制御

    棟安 実治, 久安 修, 藤井 健作, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   101 ( 598 )   17 - 24   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    連立方程式法は誤差経路系の推定を必要としない能動騒音制御アルゴリズムの一つである.連立方程式法では, 騒音検出マイクロホンから誤差検出マイクロホンに至る騒音制御フィルタを含む系全体の伝達関数を, 補助フィルタとして同定する必要があるため, 計算量が増加してしまう.本稿では, この補助フィルタの同定を必要としない連立方程式法を用いた能動騒音制御システムを提案する.ここでは, 誤差信号と入力信号をある程度の長さ記憶させることにより, 補助フィルタの同定を不要としている.提案手法によれば, 従来法の約4分の3の計算量でほぼ同等の結果が得られる.また, シミュレーション例から, 従来手法の利点も失われていないことが確認される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 周波数領域連立方程式法による能動騒音制御システム

    橋本 樹幸, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波   101 ( 596 )   31 - 36   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では, 2次系の変化によって低下する騒音抑圧効果を自動追従できる周波数領域連立方程式法を提案する.もう一つの時間領域連立方程式法はACTINE99の中で提案されている.これらの連立方程式法は, filtered-xアルゴリズムとは異なり, 騒音制御フィルタの係数を算定するための2次系のフィルタを必要としない.代わりに, 係数に含まれる推定誤差を利用する.実システムでは, 騒音制御フィルタの係数はサンプル時間あたりの異なる誤差で評価される.しかし, 連立方程式法は異なる推定誤差を利用する.1次系および2次系を未知数として与え二つの独立した方程式を作り, これら二つの独立した方程式を解くことによって連立方程式法は誤差検出マイクロホン出力を最小限にする騒音制御フィルタ係数を算定する.周波数領域連立方程式法は, 時間領域連立方程式法に必要な補助フィルタおよびシステム同定系を必要とせず, 騒音制御フィルタ係数を算定できる.本報告では, 提案法が系の変動後に騒音抑圧効果を自動追従するシミュレーション結果を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次系の変化に追随可能な能動正弦波騒音制御

    中谷 義久, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   101 ( 598 )   25 - 30   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では, 周波数が既知の正弦波騒音成分を抑制するための新しい手法を提案する.この新しい手法は連立方程式法を基としている.この方式は2次経路フィルタを必要としない.従って, 2次系が変化することによって低下した騒音抑圧効果の自動追随は可能になる.本報告ではまた, 新しい手法の有効性を検討するためにコンピュータシミュレーションの結果を与える.

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次系の同定を要しない能動正弦波騒音制御

    藤井 健作, 中谷 義久, 棟安 実治

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2001 ( 2 )   551 - 552   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-16 エッジ信号を考慮した平均濃度近似法

    佐々木 和也, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001   92 - 92   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-15 マルチチャネルシステム同定アルゴリズムの収束特性に関する検討

    前田 大輝, 藤井 健作, 棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001   91 - 91   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • D-11-10 スケルトンにもとづくテクスチャのモデリング

    浅野晃, 大久保武, 棟安実治, 雛元孝夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001   95 - 95   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-29 ブロック平均法の収束特性

    藤井 健作, 棟安 実治, 田中 良紀

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001   129 - 129   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動正弦波騒音制御に関する検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 田中 良紀

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2001 ( 1 )   623 - 624   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネルシステム同定に関する検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 田中 良紀

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   100 ( 468 )   9 - 14   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本報告では, 各チャネルの参照信号に含まれる独立成分の割合が非常に低い場合にもシステム同定が可能となる適応アルゴリズムを提案する.そのように強い相互相関をもつ参照信号を用いるマルチチャネルシステム同定では, 通常の適応アルゴリズムを用いる場合に適応フィルタの係数は未知系のインパルス応答に収束しない.この問題を解決するために従来, 未知系に送出される参照信号に対して独立成分を増加させる前処理を加える方式が検討されている.しかし, その前処理は当然ながら参照信号を歪ませる.従って, その独立成分の増加は限定された範囲に留まらざるを得ない.しかし, その限定は満足する特性が得られない原因ともなる.本報告では, その独立成分の割合が-40dBと低い場合においても動作する適応アルゴリズムを導く.本提案法では, その動作を可能とするために参照信号に相互相関成分を抑圧する前処理を加える.しかし, その参照信号は適応フィルタの係数更新に用いられるだけで, 未知系へは送出されない.

    CiNii Books

    researchmap

  • NLMSアルゴリズムに基づく二次適応ボルテラフィルタのパイプライン実現

    原田 剛志, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路   100 ( 387 )   43 - 50   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では、NLMSアルゴリズムを用いた二次適応ボルテラフィルタのパイプライン実現について述べている。提案するパイプライン構成は等価変換に基づいているために、レイテンシーが増加せず、クリティカルパスもタップ長に比例しない長さで実現できる。また提案構成はNLMSアルゴリズムを用いているため、LMSアルゴリズムを用いた場合に比べ、有色入力の場合に対して特に収束特性に優れている。本提案手法を用いることにより、有色入力に対する収束特性が優れた二次適応ボルテラフィルタを高速にまた低消費電力で動作させることが可能となる。

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-7 LMS適応ボルテラフィルタのパイプライン実現

    棟安 実治, 原田 剛志, 矢野 洋子, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2000   98 - 98   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-15 参照信号に相互相関のあるマルチチャネルシステム同定

    藤井 健作, 棟安 実治, 田中 良紀

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2000   106 - 106   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチチャネルシステム同定に関する検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 田中 良紀

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2000 ( 2 )   365 - 366   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 有色性参照信号に対して収束を高速化する線形予測の学習同定法への適用

    藤井 健作, 棟安 実治, 雛元 孝夫, 田中 良紀

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   100 ( 242 )   1 - 8   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    学習同定法は参照信号が有色性となる場合に係数の収束が遅れるという欠点をもつ.適応信号処理の裏街道的理解の仕方によれば, その遅れは参照信号に線形予測分析を適用し, その予測残差を用いることで改善されることが示される.本報告では, その裏街道的理解の仕方における原形となる式から学習同定法に線形予測分析を適用した係数更新式を導き, その有効性をシミュレーションで確認する.また, この線形予測分析を適用した適応アルゴリズムの基礎となる評価関数を定義し, そこからも学習同定法形の適応アルゴリズムが見出されることを示す.また, 収束条件を明らかにし, 代表的な有色性信号と言える音声を参照信号としてシミュレーションを行って本アルゴリズムの有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジークラスタリングを用いた適応型荷重平均値フィルタ

    棟安 実治, 小田 哲也, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   100 ( 121 )   17 - 24   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, ファジークラスタリングを用いた適応型荷重平均値雑音除去フィルタについて提案する.クラスタリングアルゴリズムとして, Fuzzy c-Meansを用いる.このフィルタは, マスク内の各画素値と被処理点の画素値との差分の絶対値を特徴ベクトルとして, あらかじめファジークラスタリングされた特徴ベクトルのクラスタから対応する荷重ベクトルとメンバーシップを決定する.この荷重ベクトルを用いて荷重平均を計算し, その値に対して更にメンバーシップを荷重として荷重平均を求め出力とする.本提案手法によれば, エッジなどを保存した混合雑音除去を行うことができる.Fuzzy c-Meansアルゴリズムは, そのまま画像に適用すると膨大なメモリ量を必要とするため, メモリ量の軽減についても考察している.

    CiNii Books

    researchmap

  • ハイブリッド能動騒音制御システムに対する連立方程式法の適用

    棟安 実治, 若杉 友美, 藤井 健作, 浅井 隆, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000   122 - 122   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 連立方程式法を用いた能動騒音制御におけるタップ長の自動調整

    棟安 実治, 清水 知巳, 藤井 健作, 浅井 隆, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000   123 - 123   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 学習同定法によるスペクトル分布(2)

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    日本音響学会研究発表会講演論文集   2000 ( 1 )   517 - 518   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次の射影アルゴリズムに基づくパイプライン適応フィルタ

    棟安 実治, 原田 剛志, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   99 ( 505 )   113 - 120   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では、2次の射影アルゴリズムを用いた適応フィルタのパイプライン実現について述べている。提案するパイプライン構成は等価変換に基づいているために、レイテンシーが増加せず、クリティカルパスもタップ長に比例しない長さで実現できる。また提案構成は2次の射影アルゴリズムを用いているため、LMSおよびNLMSアルゴリズムを用いた場合に比べ、有色入力の場合に対して特に収束特性に優れている。本提案手法を用いることにより、有色入力に対する収束特性が優れた適応フィルタを高速にまた低消費電力で動作させることが可能となる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 有色性参照信号に対する収束の高速化に関する検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   99 ( 328 )   9 - 15   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    学習同定法は音響エコーキャンセラのようにパワーが大きく変動する音声を参照信号とするシステムに適した適応アルゴリズムとして知られる.しかし,学習同定方は一方において,そのような有色性参照信号に対して係数の収束が遅れるという欠点をもつ.この遅れを防ぐ基本的な考え方は相関成分を除去した信号を参照信号として用いることである.そして,その最も簡単な手段は線形予測分析を適応アルゴリズムに適用することである.本報告では,この分析手法を適応信号処理の裏街道的理解の仕方から見出される適応アルゴリズムの原形となる式に適用し,それによって収束特性を改善する新しいアルゴリズムを見出す.また,音声を参照信号とするシミュレーションを行い,そのアルゴリズムの有効性を確認する.

    CiNii Books

    researchmap

  • A-4-49 スイッチングメジアンフィルタの一構成法

    棟安 実治, 落合 孝, 三宅 優一, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1999   175 - 175   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 学習同定法によるスペクトル分析

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    日本音響学会研究発表会講演論文集   1999 ( 1 )   499 - 500   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 直交射影アルゴリズムを用いた2次元ブロック適応フィルタ

    棟安 実治, 上野 信二, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   98 ( 516 )   45 - 52   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    2次元適応フィルタでは, その入力が画像などの有色信号である場合が多いため, 有色信号に対する収束性が問題となる場合が多い.そこで, 本論文では直交射影アルゴリズムを用いた2次元ブロック適応フィルタについて提案する.直交射影アルゴリズムによれば、従来法に比べ有色信号に対して優れた収束特性を得ることができる.さらに, 射影ベクトルの数が増加した場合の演算量の低減を図るため, シュミットの直交化法を用いた高速な2次元直交射影ブロック適応アルゴリズムを導出する.この手法によれば, 演算量に対する収束速度を改善することができる.また, 提案アルゴリズムを2次元システム同定に適用したシミュレーション例を示し, その有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 誤差経路フィルタを要しないフィードバック型能動騒音制御

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   98 ( 531 )   61 - 68   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    フィードバック型能動騒音制御では, その起動に先立ってスピーカから白色雑音を送出して帰還系のインパルス応答を推定し, その結果を係数として帰還制御フィルタに与えて固定する処理が実行される.しかし, 実際にはそのインパルス応答が装置起動後に変化することは十分に想定される.その変化はフィードバック型能動騒音制御が構成する予測系に自己回帰過程を生じさせ, 適応動作を不安定とする.本報告では, 騒音制御フィルタに異なる二組の係数を与えて生じる帰還成分のそれぞれについて線形予測分析を適用し, その分析終了後に残る二組の予測フィルタの係数から連立方程式を構成して帰還制御フィルタと騒音制御フィルタの係数を算定する方法を提案する.この係数更新法によれば, 騒音制御中にも白色雑音を送出することなく, 帰還制御フィルタと騒音制御フィルタの係数を起動当初から自動的に, また常時更新することができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • An edge-preserving smoothing fuzzy filter based on differences between pixels

    MUNEYASU M.

    Proc. ISCAS'99   5   363 - 366   1999年

     詳細を見る

  • A New Realization of Adaptive Weighted Median Filters Using Counter Propagation Networks.

    Mitsuji Muneyasu, Takahiro Maeda, Takao Hinamoto

    Proceedings of the 1999 International Conference on Image Processing   167 - 171   1999年

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICIP.1999.819571

    researchmap

  • 対向伝搬ネットワークに基づくスイッチングメジアンフィルタの構成

    棟安 実治, 落合 孝, 三宅 優一, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   98 ( 451 )   63 - 70   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では、対向伝搬ネットワークを用いたスイッチングメジアンフィルタについて提案している。提案するフィルタは、対向伝搬ネットワークに基づくインパルス検出器とメジアンフィルタからなる。インパルス検出器で検出したインパルス性雑音のみをメジアンフィルタを用いて処理する。提案するフィルタを用いれば、エッジや細部を保存しつつ、インパルス雑音を有効に除去できる。さらに高発生確率のインパルス性雑音に対しては、フィルタを繰り返し適用することにより効率的な除去が可能となっている。またインパルス検出器は学習によって性能を改善することができる。最後に処理例を通して提案手法の有効性を検証している。

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次元適応信号処理研究の現状

    棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   98 ( 450 )   115 - 124   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では, 2次元適応信号処理研究の現状について報告する.ここでは, 主として適応アルゴリズムとフィルタ構造の観点から, 各研究について要約する.さらに, その他の注目すべき研究についても紹介している.最後に, 2次元適応信号処理のアプリケーションについて述べている.

    CiNii Books

    researchmap

  • フィードバック型能動騒音制御に関する検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    日本音響学会研究発表会講演論文集   1998 ( 2 )   617 - 618   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 帰還制御フィルタ係数の推定法の提案

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   98 ( 212 )   21 - 28   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    能動騒音制御装置では, その起動に先だって帰還系のインパルス応答を観測して, それを帰還制御フィルタの係数として与える処理が実行される.当然ながら, そのインパルス応答が起動後において変化することは十分に想定される.その変化は帰還制御フィルタの係数との差を拡大し, 騒音制御動作を不安定にする.そのために従来より, 騒音制御動作中にも帰還系のインパルス応答を観測し, 帰還制御フィルタの係数を更新する方法が検討されている.本報告では帰還制御フィルタあるいは騒音制御フィルタに異なる2つの係数を与えて得られた騒音制御フィルタの入力信号に線形予測分析を行い, その予測フィルタの係数をもとに連立方程式を構成して帰還制御フィルタの係数を算定する方法を提案する.加えて, この連立方程式をシステム同定の技法を適用して解く方法を紹介する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 誤差経路フィルタ係数の算定を必要としない連立方程式法の検討

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   98 ( 34 )   1 - 6   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    Filtered-x NLMS法を適応アルゴリズムとする能動騒音制御装置では通常, その起動に先だって誤差経路系のインパルス応答を観測し, それを誤差経路フィルタの係数として与える処理が実行される.当然ながら, そのインパルス応答が起動後において変化することは十分に想定される.その変化は誤差経路フィルタの係数との差を拡大し, 騒音制御動作を不安定にする.本報告では誤差経路フィルタ係数の算定を必要としない騒音制御フィルタ係数の更新法を提案する.ここでは, 騒音制御フィルタに2つの異なる係数与えたときに騒音検出マイクロホンから誤差検出マイクロホンに至る系は, 騒音伝達系と誤差経路系のインパルス応答を未知数とする2つの独立な方程式を成立させることが利用される.騒音制御フィルタの係数はこの連立方程式を繰り返し解くことによって更新される.

    CiNii Books

    researchmap

  • 画素間差分に基づくチューニング可能なエッジ保存型ファジーフィルタ

    棟安 実治, 麻生 康一郎, 田口 亮, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1998   156 - 156   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 巡回型フィルタによる音響系の分析

    藤井 健作, 棟安 実治, 大賀 寿郎

    日本音響学会研究発表会講演論文集   1998 ( 1 )   557 - 558   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 対向伝搬ネットワークを用いた適応型スタックフィルタの設計

    棟安 実治, 安井 義博, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   96 ( 552 )   49 - 56   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インパルス性雑音によって劣化した画像を修復することは、画像処理において重要な問題の一つである.本論文では,対向伝搬ネットワークを用いた適応型スタックフィルタについて提案している.提案するフィルタは被処理点とその近傍の信号の性質に応じて最適なプール関数を選択できる構造を持つため信号の細部を劣化させることなくインパルス性雑音の除去が可能である.ここでは,対向伝搬ネットワークをプール関数の制御器として用いている.またプール関数の最適化にはLin Yinらの提案したALMA(Adaptive Least Mean Absolute)アルゴリズムを用いている.このとき,プール関数の選択に原信号をそのまま用いる場合と2値化した信号を用いる場合について検討している.最後に処理例を通して提案手法の有効性を検証している.

    CiNii Books

    researchmap

  • 対向伝搬ネットワークを用いた適応形荷重メジアンフィルタの解析と簡単化

    棟安 実治, 三宅 優一, 前田 隆宏, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1997   135 - 135   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では, 文献[1]で提案された適応形荷重メジアンフィルタの荷重制御器を詳細に解析し, その簡単化について論じる. これにより, 文献[1]のフィルタとほぼ同性能の非常に簡単な適応形荷重メジアンフィルタが得られる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応形エッジ保存平滑化フィルタの一実現法

    棟安 実治, 和田 祐司, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   80 ( 1 )   45 - 53   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, インパルス性雑音および白色ガウス雑音が同時に重畳することによって劣化した画像のエッジ保存平滑化について論じる. ここでは, 各々の雑音に対応したフィルタ係数をもつ非線形適応形荷重平均フィルタを提案する. このフィルタ係数はいくつかの局所情報によって適応的に変化する. 更に, これらの係数を局所情報の関数として実現するためにファジー制御則を用いる方法を考え, その学習による最適化についても論じる. 計算時間と学習に必要とされる時間の軽減を図るために市橋らの提案したファジー推論モデルを用いている. 雑音に対応した係数を用意することで, より精密な学習による調整が可能となっている. 最後に本手法を実際の画像に適用することにより本手法の有効性を検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 非線形ディジタルフィルタ

    棟安 実治, 雛元 孝夫

    計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   35 ( 9 )   704 - 710   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:計測自動制御学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応型エッジ保存平滑化フィルタの一実現法

    棟安 実治, 和田 祐司, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   95 ( 487 )   49 - 54   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, インパルス性雑音および白色ガウス雑音が同時に重畳することによって劣化した画像のエッジ保存型平滑化について論じる. ここでは, 各々の雑音に対応したフィルタ係数を持つ非線形適応型荷重平均フィルタを提案する. このフィルタ係数はいくつかの局所情報によって適応的に変化する. さらに, これらの係数を局所情報の関数として実現するためにファジー制御則を用いる方法を考え, その学習による最適化についても論じる. 最後に本手法を実際の画像に適用することにより本手法の有効性を検証する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 多次元適応信号処理の現状と課題

    棟安 実治

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1995   242 - 243   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年、画像や動画像などの多次元データを対象とした多次元適応信号処理の研究が盛んになりつつある。この背景にはディジタルシグナルプロセッサ等のLSI技術と多次元信号処理研究の進展がある。しかし、多次元適応信号処理には、多次元特有の問題点が存在する。本稿では、現在までに提案されている代表的なアルゴリズムの幾つかを紹介した後、多次元適応信号処理の研究に関する課題について述べる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応型平滑化フィルタによる画像の雑音除去

    和田 祐司, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1995   65 - 66   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    白色ガウス性雑音及びインパルス性雑音によって劣化した画像信号に対して、これら性質の異なる雑音を除去するフィルタが幾つか提案されている。例えば、文献においては、ファジー制御則を用いたエッジ保存型フィルタが提案されているが、計算量が比較的多い。本稿では、文献と同様の考え方に基づいた比較的計算量の少ない適応型雑音除去フィルタについて提案する。

    CiNii Books

    researchmap

  • 差分情報に基づくファジィハイブリッドフィルタによるエッジ保存型雑音低減

    棟安 実治, 麻生 康一郎, 和田 祐司, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DSP, ディジタル信号処理   95 ( 68 )   47 - 54   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インパルス性雑音や白色ガウス性雑音によって劣化した画像を修復することは、画像処理において重要な問題の一つである。本論文では、ファジィ制御則を用いたハイブリッドタイプの雑音除去フィルタについて提案している。提案するフィルタは、ファジィ制御則を用いたインパルス性雑音除去フィルタを前段に、差分情報を用いた平滑化フィルタを後段に縦続接続したフィルタとなっている。提案するフィルタを用いれば、エッジを保存しつつ混合雑音を有効に除去できる。特に、前段のフィルタはファジィ制御則を用いることによりある程度の平滑化も行うことができ、後段のフィルタは学習によって性能を改善することができる。最後に処理例を通して提案手法の有効性を検証している。

    CiNii Books

    researchmap

  • 階層型ニューラルネットワークによるDW-MTMフィルタの一実現法

    前田 隆宏, 棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1995   139 - 139   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    エッジ保存型平滑化において、DW-MTMフィルタは優れたフィルタである。しかし平滑化に用いる閾値の設定は人為的に行う必要がある。本稿ではDW-MTMフィルタのニューラルネットワーク(NN)による一構成法を提案する。本手法によれば、処理画像に適した閾値の設定が学習によって行える。

    CiNii Books

    researchmap

  • 2種類のHopfieldネットワークを用いたボケ画像復元

    棟安 実治, 堀田 健太郎, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1995   195 - 195   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    最近、Hopfield Networkを利用した雑音とボケによる劣化画像の復元手法が提案されている。本稿では、2次元のボケを対象として、Line Processを用いたエッジ抽出用のHNとボケを復元するHNの両者を用いた手法を提案する。

    CiNii Books

    researchmap

  • Edge-preserving smoothing using median FIR hybrid filters

    MUNEYASU M.

    Proc. SPIE Nonlinear Image Processing VI, San Jose   509 - 520   1995年

     詳細を見る

  • A realization of edge-preserving smoothing filters using layered neural networks.

    Mitsuji Muneyasu, Takahiro Maeda, Tomonori Yako, Takao Hinamoto

    Proceedings of International Conference on Neural Networks (ICNN'95)(ICNN)   1903 - 1906   1995年

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ICNN.1995.488960

    researchmap

  • A-81 サイズ可変の窓をもつ2次元ニューラルハイブリッドフィルタ(A-4. ディジタル信号処理,一般講演)

    棟安 実治, 前田 隆宏, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会秋季大会講演論文集   1994   81 - 81   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Fornasini-Marchesiniモデルに基づく2次元適応状態空間フィルタ

    雛元 孝夫, 土井 章充, 棟安 実治

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   94 ( 213 )   29 - 36   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    Fornasini-Marchesini第2モデルを用いた2次元適応状態空間フィルタの構成法について論じている。初めに、Fornasini-Marchesini第2モデルより得られる中間伝達関数と係数感度の関係について述べる。次に、LMS法に基づく2方向からの適応アルゴリズムについて論じる。さらに、勾配ベクトルを生成する新しいシステムを導出する。最後に、数値例を示し理論の有効性を検証している。

    CiNii Books

    researchmap

  • 局所統計量を用いた階層型ニューラルフィルタによる画像処理

    棟安 実治, 山本 一成, 雛元 孝夫

    全国大会講演論文集   47   283 - 284   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    画像認識などを行う場合、前処理において雑音の少ない良好な画像を得ることが重要である。しかし通常得られる画像にはランダム雑音等が付加されており、これらの画像から良好な処理画像を得ることは難しい。本稿では、局所統計量を考慮した階層型ニューラルフィルタを提案する。本手法をエッジ抽出に適用した場合、雑音が除去された良好なエッジ抽出画像を得ることができる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 2) 2次元ハイブリッドIIRフィルタによる画像処理(放送方式研究会)

    棟安 実治, 辻井 訓, 雛元 孝夫, 玉井 克典

    テレビジョン学会誌   47 ( 3 )   407 - 407   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人映像情報メディア学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 3次元直線位相FIRディジタルフィルタの解析的最小2乗設計

    棟安 実治, 雛元 孝夫

    電子情報通信学会論文誌 A 基礎・境界   74 ( 4 )   p654 - 661   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ  

    CiNii Books

    researchmap

  • 分母分離形2次元ディジタルフィルタの実時間並列処理向き実現

    雛元 孝夫, 棟安 実治

    電子情報通信学会論文誌 A 基礎・境界   74 ( 1 )   p39 - 46   1991年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • フィードフォワード型能動騒音制御システムにおける2次系の常時推定法

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    日本音響学会2023年春期研究発表会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • 敵対的摂動を用いた電子透かしの一手法

    高野 晟, 棟安 実治, 吉田 壮

    スマートインフォメディアシステム研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • ユーザのスタンス分析によるフェイクニュース検出の高精度化

    曽我 茅冬, 吉田 壮, 棟安 実治

    スマートインフォメディアシステム研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 1-2-2マルチチャネル能動騒音制御システムの新しい構成

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    応用音響研究会  2023年2月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県立博物館・美術館  

    researchmap

  • 能動騒音制御システムにおける帰還系の常時推定法

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    応用音響研究会  2023年2月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県立博物館・美術館  

    researchmap

  • 正弦波騒音制御用周波数変換法のマルチチャネル化

    藤井 健作, 棟安 実治, 苣木 禎史

    第37回信号処理シンポジウム  2022年12月 

     詳細を見る