2024/06/11 更新

写真a

タニショ ケイ
谷所 慶
TANISHO,Kei
所属
人間健康学部 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(学術) ( 2007年3月 )

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

  • その他 / その他

学歴

  • 神戸大学   発達科学部

      詳細を見る

  • 神戸大学   人間科学研究科

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本体育学会

      詳細を見る

  • Hyogo Society of Physical Education and Sports Science

      詳細を見る

  • トレーニング科学研究会

      詳細を見る

  • Japan Society of Training Science for Exercise and Sport

      詳細を見る

  • 日本生涯スポーツ学会

      詳細を見る

  • 日本コーチング学会

      詳細を見る

  • 日本トレーニング科学会

      詳細を見る

  • 日本体育・スポーツ・健康学会

      詳細を見る

▼全件表示

論文

  • 機械学習の手法を用いたスポーツタレント発掘・育成事業の合否予測モデルの構築 査読

    村田和隆, 鵤木秀夫, 谷所慶, 他

    体育・スポーツ科学   31: 1-9   2022年

     詳細を見る

  • 高校野球におけるサイン盗みに関する調査報告 査読

    谷所慶

    生涯スポーツ学研究   18(1): 77-84   2021年11月

     詳細を見る

  • 成熟段階でみたジュニアアスリートの身体能力に関する縦断的研究ースポーツタレント発掘・育成事業におけるジュニア選手を対象としてー 査読

    長野崇, 谷所慶, 他

    体育・スポーツ科学   29, 1-10 ( 29 )   2020年

     詳細を見る

  • 運動啓発キャンペーンが児童の体力および運動習慣に及ぼす影響 査読

    谷所慶, 他

    生涯スポーツ学研究   16 (2),13-22   2019年

     詳細を見る

  • 児童の疾走能力と敏捷性能力に関する縦断的研究:スポーツタレント発掘事業におけるジュニア選手を対象として 査読

    谷所慶, 鵤木秀夫, 矢野琢也, 賀屋光晴, 長野崇, 平川和文

    体育学研究   62 ( 2 )   455 - 464   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5432/jjpehss.16086

    researchmap

  • 兵庫県スポーツタレント発掘・育成事業の選考方法について −相対年齢効果の視点から− 査読

    鵤木秀夫, 谷所慶, 他

    陸上競技研究紀要   13,37-42   2017年

     詳細を見る

  • 登坂歩行トレーニングが若年女性の臀部形状に及ぼす影響 査読

    谷所 慶,他

    トレーニング科学   26(2): 85-91 ( 2 )   85 - 91   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:トレーニング科学研究会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015289935

  • ジュニアアスリートの身体能力の縦断的変化 : ひょうごジュニアスポーツアカデミー生を対象にした2年間の追跡調査

    長野 崇, 鵤木 秀夫, 矢野 琢也, 賀屋 光晴, 谷所 慶, 高田 義弘, 平川 和文

    体育・スポーツ科学   ( 23 )   65 - 71   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫体育・スポーツ科学学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • W-upの効果に関する研究―一桁の連続足し算の作業結果からみた一考察―

    楠本秀忠, 谷所慶,他

    経大論集   65(4): 207-219 ( 4 )   207 - 219   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大阪経大学会  

    本研究では,W-upが一桁の連続足し算並びに最大ステッピング作業に与える影響について観察した。被験者は健常男子大学生18名をランダムに9名ずつに分け,それぞれCon-GとWup-Gとした。Wup-Gには,W-upとして8km/hのドレッドミル走(JOG)を課し,心拍数が140bpmに達するまで行わせた。一桁の連続足し算作業では,そのUp率はCon-GとWup-Gそれぞれ2.4±4.49%,20.6±8.93%であり,Wup-Gの方が有意(p=5.10E-06)に大きいUp率を示した。ステップ数では,それぞれ-9.0±7.98%,8.2±5.34%であり,Wup-GのUp率の方が有意(p=1.44E-04)に大きいことを示した。これらの結果は,W-upによって脳への血流量の増大と共に脳の興奮水準が亢進されたことを示唆するものと考えられた。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000031Repository_01003637

  • 種目転向に影響を及ぼす要因に関する研究 : スポーツタレント発掘事業における種目転向に着目して 査読

    谷所 慶, 彦次 佳, 山下 修平

    Journal of training science for exercise and sport = トレーニング科学   25 ( 3 )   243 - 250   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:トレーニング科学研究会  

    CiNii Books

    researchmap

  • スノースポーツ実習における筋痛発生に関する調査研究

    谷所慶,他

    経大論集   65(3):99-104 ( 3 )   99 - 104   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大阪経大学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ランニング動作中の心拍・呼吸・運動リズム間での同期現象誘発と酸素摂取量 (人間科学部特集号: 中尾美喜夫教授退職記念号)

    野村 国彦, 谷所 慶, 楠本 秀忠, 中尾 美喜夫

    大阪経大論集   63   211 - 221   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大阪経済大学  

    移動動作のような周期的に繰り返される運動時には、心拍・呼吸・運動リズム間でリズムが整数比で一致する現象(同期現象)が数多く観察されている。しかし、これらリズム間での同期現象を誘発させた場合に、運動経済性が向上するのかどうかについては、不明な点が残されている。本研究は、同一運動強度でのランニング中に、リズムを強調した楽曲を用いて呼吸-運動リズム間で同期を誘発させる条件と脱同期させる条件で酸素摂取量を比較検討した。その結果、心拍・呼吸・運動リズム間で生じる同期は個人差があるものの酸素摂取量低減効果があることが示唆された。しかし、個人により同期を発生させる最適な走動作のテンポの速さや運動強度が異なると考えられ、同期の生じやすい条件には個人差があるものと考える。また、リラックスした状態で同期を生じさせることが運動経済性を向上させられると考えられる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 空気圧迫式マッサージ機が高強度間欠的運動時の疲労回復に及ぼす影響

    谷所慶,他

    経大論集   63(6): 35-41   2013年

     詳細を見る

  • 球技選手を対象としたフィールド用間欠的運動テストの有用性 査読

    谷所慶,他

    体育・スポーツ科学   20: 9-14   2011年

     詳細を見る

  • ジュニアアスリートと一般児童の身体能力の比較―スポーツタレント発掘事業と児童の体力―

    谷所慶,他

    体育の科学   61(3):195-201 ( 3 )   2011年

     詳細を見る

  • スポーツ界におけるタレント発掘・育成

    勝田隆, 谷所慶,他

    トレーニング科学   22(3): 147-154   2010年

     詳細を見る

  • スポーツタレント発掘・育成事業における種目適性基準の策定手法とその妥当性 (特集 スポーツ界におけるタレント発掘・育成の最前線)

    谷所 慶, 阿部 篤, 杉田 正明

    トレーニング科学   22 ( 3 )   165 - 168   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • TRAINING EFFECTS ON ENDURANCE CAPACITY IN MAXIMAL INTERMITTENT EXERCISE: COMPARISON BETWEEN CONTINUOUS AND INTERVAL TRAINING 査読

    Kei Tanisho, Kazufumi Hirakawa

    JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH   23 ( 8 )   2405 - 2410   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Tanisho, K and Hirakawa, K. Training effects on endurance capacity in maximal intermittent exercise: comparison between continuous and interval training. J Strength Cond Res 23(8): 2405-2410, 2009-The purpose of this study was to examine the effects of 2 different training regimens, continuous (CT) and interval (IT), on endurance capacity in maximal intermittent exercise. Eighteen lacrosse players were divided into CT (n = 6), IT (n = 6), and nontraining (n = 6) groups. Both training groups trained for 3 days per week for 15 weeks using bicycle ergometers. Continuous training performed continuous aerobic training for 20-25 minutes, and IT performed high-intensity pedaling comprising 10 sets of 10-second maximal pedaling with 20-second recovery periods. Maximal anaerobic power, maximal oxygen uptake ((V) over dotO(2)max), and intermittent power output were measured before and after the training period. The intermittent exercise test consisted of a set of ten 10-second maximal sprints with 40-second intervals. Maximal anaerobic power significantly increased in IT (p <= 0.05), whereas (V) over dotO(2)max increased in both training groups (p <= 0.05). In the intermittent exercise test, the average of the total mean power output (1-10 sets) increased in both training groups (p <= 0.05); however, the mean power output in the last stage (8-10 sets) and fatigability improved only in IT. Consequently, continuous aerobic training reduced lactate production and increased the mean power output, but there was little effect on high-power endurance capacity in maximal intermittent exercise. In contrast, although lactate production did not decrease, IT improved fatigability and mean power output in the last stage. These results indicated that the endurance capacities for maximal intermittent and continuous exercises were not identical. Ball game players should therefore improve their endurance capacity with high-intensity intermittent exercise, and it is insufficient to assess their capacity with only (V) over dotO(2)max or continuous exercise tests.

    DOI: 10.1519/JSC.0b013e3181bac790

    Web of Science

    researchmap

  • テーパリングがトップスピードスケート選手の唾液中SIgAに及ぼす影響 査読

    今有礼, 谷所慶,他

    トレーニング科学   21(4): 369-375   2009年

     詳細を見る

  • 日本人一流ウィンドサーフィン選手の有酸素性作業能力 査読

    谷所慶,他

    トレーニング科学   21(1): 81-86 ( 1 )   81 - 86   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • トラック種目を専門とする一流自転車競技選手と大学自転車競技選手の体力要素の比較および大学自転車競技選手の1kmタイムトライアルにおけるパフォーマンスと体力要素の関係 査読

    池田祐介, 谷所慶,他

    トレーニング科学   21(4): 399-416 ( 4 )   399 - 416   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 航空機での長距離移動が一流ジュニアスピードスケート選手の唾液中SIgAおよびコンディションに及ぼす影響 査読

    今有礼, 谷所慶,他

    トレーニング科学   21(2): 203-209   2009年

     詳細を見る

  • 混戦型球技における移動特性および間欠的運動パターンの比較 査読

    谷所慶,他

    体育学研究   54(1): 99-106 ( 1 )   99 - 106   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本体育学会  

    The purpose of this study was to compare the movement characteristics and intermittent exercise pattern in five ball games: basketball, handball, soccer, field hockey, and lacrosse. In the respective events, six to twelve male college players in Division I were chosen as subjects, and their movement distances and velocities were measured using two-dimensional direct linear transformation (DLT).<br>The main results were as follows:<br>1. Movement distances during the first half were the longest in soccer, followed in order by field hockey, handball, basketball, and lacrosse. However, the movement distance per playing time in each game was longer in field hockey and lacrosse than in the others.<br>2. The rates of low-velocity movement were higher in basketball and soccer, and those of high-velocity movements were higher in handball and lacrosse, than in the others.<br>3. Mean movement durations during low-velocity and high-velocity movements were: basketball 2.78 and 0.64 s; handball 3.54 and 0.67 s; soccer 6.67 and 1.33 s; field hockey 3.70 and 0.96 s; and lacrosse 2.67 and 1.05 s.<br>These results clarified the characteristics of intermittent exercise patterns in each event. In basketball, there were many changes in movement velocity and direction, but the subjects hardly reached top speed. In handball, there was alternation between brief high-velocity movements and prolonged low-velocity movements. In soccer, movement duration was longer, and the mean velocity during low-velocity movement was faster than in the other events. In field hockey, in both low- and high-velocity movements, velocity and duration were comparatively fast and long, respectively. In lacrosse, players performed prolonged high-velocity movement in the field, and took sufficient recovery in the bench area.

    DOI: 10.5432/jjpehss.a540111

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00339650327?from=CiNii

  • 加速・減速、方向変換動作を伴うフィールド間欠的運動テストの検討 査読

    伊藤和一, 谷所慶,他

    体育・スポーツ科学   18: 11-20   2009年

     詳細を見る

  • ハンドボール競技の運動強度および間欠運動としての動きのパターンに関する研究 査読

    伊藤和一, 谷所慶,他

    体育・スポーツ科学   16: 31-36   2007年

     詳細を見る

  • 間欠的運動パフォーマンスの改善に及ぼす筋力トレーニング、持久的トレーニング、および間欠的トレーニングの効果 査読

    谷所慶,他

    トレーニング科学   19(2): 155-164 ( 2 )   155 - 164   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 全力運動時の間欠的持久力と休息時間および心拍数との関係 査読

    谷所慶,他

    トレーニング科学   18(2): 99-105 ( 2 )   99 - 105   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 球技を想定した間欠的運動の発揮パワーと運動処方 査読

    谷所慶,他

    体育   15: 1-6   2006年

     詳細を見る

  • 男子ラクロスMF選手の動きの分析とそのトレーニング方法に関する研究 査読

    谷所慶,他

    トレーニング科学   17(1): 49-55 ( 1 )   49 - 55   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本トレーニング科学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 低負荷および反復速度の異なるウェイトトレーニング負荷設定に関する研究 査読

    田中靖人, 谷所慶,他

    体育   13:31-38   2004年

     詳細を見る

  • ショートトラックスピードスケート競技の無酸素および有酸素的体力特性に関する研究 査読

    阪田純子, 谷所慶,他

    体育・スポーツ科学   13:39-46   2004年

     詳細を見る

  • フットサルにおけるプレーヤーのポジショニングに関する研究

    小泉 昇一, 田名瀬 洋平, 谷所 慶, 前田 正登

    体育・スポーツ科学   12   70 - 76   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫体育・スポーツ科学学会  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日本ラクロス協会安全講習テキスト

    ( 担当: 編集)

    日本ラクロス協会  2024年4月 

     詳細を見る

  • 健康スポーツ学概論

    山羽教文,長ケ原誠(編), 谷所慶,他( 担当: 共著)

    杏林書院  2013年 

     詳細を見る

MISC

  • ジュニアアスリートの身体能力の縦断的変化 : ひょうごジュニアスポーツアカデミー生を対象にした2年間の追跡調査

    長野 崇, 鵤木 秀夫, 矢野 琢也, 賀屋 光晴, 谷所 慶, 高田 義弘, 平川 和文

    体育・スポーツ科学   ( 23 )   65 - 71   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫体育・スポーツ科学学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ランニング動作中の心拍・呼吸・運動リズム間での同期現象誘発と酸素摂取量 (人間科学部特集号: 中尾美喜夫教授退職記念号)

    野村 国彦, 谷所 慶, 楠本 秀忠, 中尾 美喜夫

    大阪経大論集   63   211 - 221   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大阪経済大学  

    移動動作のような周期的に繰り返される運動時には、心拍・呼吸・運動リズム間でリズムが整数比で一致する現象(同期現象)が数多く観察されている。しかし、これらリズム間での同期現象を誘発させた場合に、運動経済性が向上するのかどうかについては、不明な点が残されている。本研究は、同一運動強度でのランニング中に、リズムを強調した楽曲を用いて呼吸-運動リズム間で同期を誘発させる条件と脱同期させる条件で酸素摂取量を比較検討した。その結果、心拍・呼吸・運動リズム間で生じる同期は個人差があるものの酸素摂取量低減効果があることが示唆された。しかし、個人により同期を発生させる最適な走動作のテンポの速さや運動強度が異なると考えられ、同期の生じやすい条件には個人差があるものと考える。また、リラックスした状態で同期を生じさせることが運動経済性を向上させられると考えられる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 401. 球技における方向変換能力の間欠運動的評価に関する研究(トレーニング,一般口演,第63回日本体力医学会大会)

    伊藤 和一, 田中 靖人, 高野 圭, 黒川 平臣, 谷所 慶, 平川 和文

    体力科學   57 ( 6 )   833 - 833   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 243. 間欠的運動における負荷設定条件がエネルギー代謝動態に及ぼす影響(代謝,一般口演,第63回日本体力医学会大会)

    谷所 慶, 本間 俊行, 高橋 英幸

    体力科學   57 ( 6 )   754 - 754   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 305. 急性低酸素曝露が漸増負荷運動時の筋エネルギー代謝に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会)

    本間 俊行, 前川 剛輝, 谷所 慶, 川原 貴, 高橋 英幸

    体力科學   56 ( 6 )   731 - 731   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 396. 3種のトレーニングが間欠的なハイパワーの持続能力に及ぼす影響(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)

    谷所 慶, 田中 靖人, 平川 和文

    体力科學   55 ( 6 )   776 - 776   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 18.高度分岐環状デキストリン飲料が長時間運動パフォーマンスに及ぼす影響について(第20回日本体力医学会近畿地方会)

    西森 正夫, 谷所 慶, 田中 靖人, 平川 和文

    体力科學   55 ( 3 )   355 - 355   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 17. 3種のトレーニングが間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響(第20回日本体力医学会近畿地方会)

    谷所 慶, 田中 靖人, 平川 和文

    体力科學   55 ( 3 )   355 - 355   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 347.間欠的運動における休息時間の違いがハイパワー持続能力に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)

    谷所 慶, 田中 靖人, 平川 和文

    体力科學   54 ( 6 )   592 - 592   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 10.マウスガードの違いが間欠的運動時の発揮パワーに及ぼす影響(第19回日本体力医学会近畿地方会)

    谷所 慶, 田中 靖人, 平川 和文

    体力科學   54 ( 2 )   197 - 197   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 13.男子ラクロス競技の運動特性および体力特性と間欠運動としてのトレーニング方法に関する研究(第18回日本体力医学会近畿地方会)

    谷所 慶, 田中 靖人, 田名瀬 洋平, 平川 和文

    体力科學   53 ( 3 )   363 - 363   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 14.陸上長距離の夏季トレーニングにおける運動強度及び走行距離に関する研究 : LT強度のJoggingの有効性(第18回日本体力医学会近畿地方会)

    田名瀬 洋平, 谷所 慶, 平川 和文

    体力科學   53 ( 3 )   363 - 363   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 68. 男子ラクロス選手の運動強度からみた競技特性とそのトレーニングについて(トレーニング)

    谷所 慶, 田中 靖人, 阪田 純子, 平川 和文

    体力科學   52 ( 6 )   748 - 748   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 78. 近赤外線分光法による低強度ウエイトトレーニング負荷のエネルギー動態特性について(トレーニング)

    田中 靖人, 阪田 純子, 田名瀬 洋平, 谷所 慶, 平川 和文

    体力科學   52 ( 6 )   753 - 753   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 77. 陸上長距離・夏季トレーニングにおけるLT Jogの有用性(トレーニング)

    田名瀬 洋平, 田中 靖人, 谷所 慶, 阪田 純子, 平川 和文

    体力科學   52 ( 6 )   753 - 753   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 10. 男子ラクロスMF選手の運動強度からみた競技特性(第17回日本体力医学会近畿地方会)

    谷所 慶, 田名瀬 洋平, 平川 和文

    体力科學   52 ( 3 )   339 - 339   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 9. 陸上長距離・夏季トレーニングにおけるSpeed Jogの有用性(第17回日本体力医学会近畿地方会)

    田名瀬 洋平, 谷所 慶

    体力科學   52 ( 3 )   339 - 339   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体力医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • フットサルにおけるプレーヤーのポジショニングに関する研究

    小泉 昇一, 田名瀬 洋平, 谷所 慶, 前田 正登

    体育・スポーツ科学   12   70 - 76   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫体育・スポーツ科学学会  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 身体づくりと体力づくりを目的とした食と運動に関する教育・啓発キャンペーン

    研究課題/領域番号:15K12645  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    彦次 佳, 平尾 好孝, 野田 諭, 瀧本 拓哉, 谷所 慶, 野瀬 由佳

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:300000円 )

    本研究は、上富田町の小学生・中学生の身体づくりと体力づくりを目的とし、学校をベースとした教育・啓発キャンペーンを展開し、その効果や成果を測定することを目的とした。結果として、身体づくりや体力づくりに有効な栄養学的な知識や好ましい態度を持つことは、小学生においてより有効で、新体力テストの複数の項目で有意に良好な結果を示した。一方、これらに有効な運動・トレーニングの実践等については、小学生にも中学生にも有効で、体力テストの結果が有意に高い値を示した。また、本研究で展開したキャンペーンは、体力テストの結果に好ましい影響をあたえる栄養学的・運動学的知識や態度の形成に、貢献することが明らかとなった。

    researchmap

  • 国内タレント発掘事業の評価に関する調査研究

    研究課題/領域番号:21700649  2009年 - 2011年

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(B))  若手研究(B)

    谷所 慶, 彦次 佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    現在日本の各自治体において、スポーツタレント発掘・育成事業が実施されている。本研究は主要な事業のシステムを調査し、その評価選考方法や育成プログラムについて比較するとともに、競技種目選択に関する動向について調査することを目的とした。各事業ともそれぞれの利点を活かす工夫がなされ、多様な選手育成がなされることがうかがえた。また競技種目選択に際して、選手は自らの身体能力や経験よりも、他者の評価を重要視する傾向がうかがえた。

    researchmap

  • Study of endurance capacity during high-intensity intermittent exercise

    2004年 - 2007年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 間欠的運動におけるハイパワー持続能力の運動生理学的背景について

    2004年 - 2007年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

社会貢献活動

  • 日本ラクロス協会医科学委員会委員長

    2020年1月

     詳細を見る