2024/07/14 更新

写真a

スギモト マイ
杉本 舞
SUGIMOTO,Mai
所属
社会学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 京都大学博士(文学) ( 2013年5月 )

  • 修士(文学) ( 2005年3月 )

  • 学士(文学) ( 2003年3月 )

研究キーワード

  • 計算機史

  • コンピュータ史

  • 教育史

  • 科学史

  • コンピューティング史

  • 人工知能史

  • 技術史

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学  / 思想史

  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史  / 技術史

  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史  / 科学史

学歴

  • 京都大学   大学院文学研究科   科学哲学科学史専修博士後期課程 指導認定退学

    2005年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   文学研究科   科学哲学科学史専修

    - 2010年

      詳細を見る

  • 京都大学   大学院文学研究科   科学哲学科学史専修修士課程

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   文学研究科   科学哲学科学史専修

    - 2005年

      詳細を見る

  • 京都大学   文学部

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

経歴

  • 関西大学   社会学部   教授

    2024年4月 - 現在

      詳細を見る

  • University of Minnesota   the College of Science & Engineering   Visiting Associate Professor

    2016年9月 - 2017年9月

      詳細を見る

  • 関西大学   社会学部   准教授

    2015年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   社会学部   助教

    2012年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本学術会議   科学者委員会 学術体制分科会 委員(26期)  

    2024年2月   

      詳細を見る

  • 日本学術会議   若手アカデミー 委員(26期)  

    2024年1月   

      詳細を見る

  • 日本学術会議   連携会員(26期)  

    2023年10月   

      詳細を見る

  • 日本科学史学会   他学会連携・企画委員会委員長  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   普及委員  

    2019年5月 - 2021年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   2016年日本科学史学会年総会準備委員  

    2015年6月 - 2016年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   75周年事業委員会委員長  

    2015年5月 - 2019年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 75周年記念事業委員長  

    2015年5月   

      詳細を見る

  • 日本科学史学会   2015年日本科学史学会年総会準備委員  

    2014年6月 - 2015年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   全体委員  

    2013年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   欧文誌編集委員  

    2013年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学史学会   75周年事業委員会委員  

    2013年5月 - 2014年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 応用哲学会   大会準備委員  

    2013年4月 - 2014年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

論文

  • 単純労働の機械化が何をもたらすか?――ウィーナー「電子頭脳と次なる産業革命」を読む

    杉本舞

    現代思想 2024年7月号 特集 ウィーナーとサイバネティクスの未来   52 ( 10 )   36 - 45   2024年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • " "It Became All Right to Teach History of Science": History of Science Education and the Introduction of General Education in Postwar Japan" 査読

    杉本舞

    Historia Scientiarum, The International Journal of the History of Science Society in Japan   Vol.31, No.3 (No.135), pp.208-223.   2022年3月

     詳細を見る

  • 科学史・技術史教育を考えるための視点とは――2016年度調査の結果をふまえて

    杉本舞

    『科学史研究』   第III期第59巻(No.295), pp.302-303   2020年10月

     詳細を見る

  • 情報通信技術の歴史をめぐる教養

    杉本舞

    日本の科学者   55 ( 5 )   34 - 39   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日本科学史学会75周年記念事業特集 「科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査」最終報告書

    杉本 舞, 隠岐 さや香

    科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編   ( 286 )   120 - 137   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会 ; 2014-  

    researchmap

  • 科学史・技術史関連科目とはどのような科目か? : 2016年度シラバスのテキストマイニングを手掛かりとして 査読

    杉本 舞

    科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編   ( 285 )   2 - 19   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会 ; 2014-  

    researchmap

  • シンポジウム 高等教育における科学技術史と科学基礎論 : 『科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査』を踏まえて

    隠岐 さや香, 杉本 舞, 村上 祐子, 小長谷 大介, 佐野 正博, 松原 洋子

    科学史研究   57 ( 285 )   37 - 48   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会  

    DOI: 10.34336/jhsj.57.285_37

    researchmap

  • From Computing Machines to Learning Intelligent Machines: Chronological Development of Alan Turing's Thought on Machines

    Katsuhiko Sano and Mai Sugimoto

    Understanding Information: From the Big Bang to Big Data, Springer International Publishing AG   pp. 101-130   2017年7月

     詳細を見る

  • 「科学史教育の歴史と『役に立つ』こと」

    杉本舞

    『反「大学改革」論―若手大学教員からの提言』ナカニシヤ出版   pp. 225-242   2017年6月

     詳細を見る

  • コンピュータと論理が出会ったころ (特集 コンピュータと論理学)

    杉本 舞

    数学セミナー   53 ( 11 )   8 - 14   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本評論社  

    CiNii Books

    researchmap

  • Edmund C.Berkeley as a Popularizer and an Educator of Computers and Symbolic Logic 査読

    SUGIMOTO Mai

    Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   23 ( 1 )   1 - 23   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本科学史学会  

    This paper explores how Edmund C. Berkeley tried to instruct and popularize high-speed computers in the 1940s and 1950s and how Berkeley emphasized the connection between computers and symbolic logic. Berkeley strengthened his conviction in the significance of symbolic logic and Boolean algebra before his graduation from Harvard University and maintained this conviction for more than 30 years. Berkeley published books and articles, including Giant Brains, and sold electrical toy kits by which yound boys could learn electrical circuits and their logical implications. The target audience of Berkeley covered wide range of people including those who were not making computers but were interested in using them, that is, amateur adults technology enthusiasts who enjoyed tinkering with technology or reading about science and technology, and young students. In these projects Berkeley used Shannon's paper of 1938, "A symbolic analysis of relay and switching circuits" as a theoretical basis of his conviction. Design of these kits was fine-tuned by Claude E. Shannon.

    CiNii Books

    researchmap

  • 「ノイマン型コンピュータ」とフォン・ノイマン

    杉本 舞

    現代思想 2013年8月臨時増刊号 総特集フォン・ノイマン   41 ( 10 )   135 - 145   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 計算機と脳の類比をめぐる諸研究―1940 年代から1950 年代の計算機科学の登場に至るまで

    杉本 舞

    京都大学   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • <研究ノート> On the original copies of "First Draft of a Report on the EDVAC" by John von Neumann

    SUGIMOTO Mai

    科学哲学科学史研究   6 ( 6 )   83 - 89   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    DOI: 10.14989/153495

    CiNii Books

    researchmap

  • フォン・ノイマンによる非線形問題研究とその周辺

    杉本 舞

    「実証段階におけるカオス研究の哲学的考察」平成16・17年科学研究費補助金(基盤研究(C)研究代表・出口康夫)研究成果報告書   33 - 41   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • クロード・シャノンの迷路探索機 : ベル研究所における評価の変遷 査読

    杉本 舞

    科学哲学科学史研究   4 ( 4 )   1 - 19   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    In the early 1950s Claude Shannon made two &quot;Maze Solving Machines&quot; from relays and switches at Bell Labs. They were able to automatically solve mazes of 5 x 5 squares by trial-and-error strategy and to remember the solution. One of them, named &quot;Theseus&quot;, became quite famous through stories in magazines such as Life and Time for its running wooden mouse on the maze. These machines were originally regarded as experiments for telephone switching equipment, especially for memory units of the switching system. But this interpretation gradually changed and the experiments came to be seen as suggesting a relationship between switching systems and logic. This change reflected the status of switching theory and digital computers among the researchers at Bell Labs. Specifically, a shift in Bell Lab&#039;s policy that only works that were related to telephony and communication technology were basically allowed in the laboratories occurred, most noticeably in the 1950s and 1960s, due to an antitrust lawsuit which started in 1949.

    DOI: 10.14989/108697

    CiNii Books

    researchmap

  • <特集:モデル> ウィーナーの「サイバネティクス」構想の変遷 : 1942年から1945年の状況

    杉本 舞

    科学哲学科学史研究   2 ( 2 )   17 - 28   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    Norbert Wiener suggested the interdisciplinary collaboration that was later called cybernetics. Throughout the several meetings he arranged from 1942 to 1945, Wiener gradually changed his views regarding what the key concept of cybernetics should be. In 1943, Wiener emphasized the negative feedback, drawing an analogy between a machine and a human brain. Then, during 1944, the interaction with his collaborator John von Neumann, who built a high-speed computer, led Wiener to focus on control mechanisms. Finally, at the meeting in 1945, Wiener proposed the concept of communication as a common subject of this interdisciplinary research, aiming to connect control engineering with computer engineering.

    DOI: 10.14989/56991

    CiNii Books

    researchmap

  • C. E. シャノンによる情報量概念の導入について-通信理論と暗号理論の分析を通じて 査読

    杉本 舞

    科学史研究. 第II期   46 ( 243 )   145 - 154   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会  

    C. E. Shannon formalized the concept of &quot;the amount of information&quot; and presented its formula H=-&amp;Sigma;^n_&lt;i=1&gt; p_i log p_i in 1940s, mainly in his paper &quot;A Mathematical Theory of Communication&quot;. His way of study had two progressive characteristics. Firstly, Shannon applied probability theory into his measure of information, which is more mathematically abstract and fruitful than those formalized by his precedent engineers, H.Nyquist and R.V.L.Hartley. By Shannon&#039;s expression it has been possible to measure &quot;redundancy&quot; and even &quot;equivocation&quot; which is the amount of lost information on the channel by using Bayesian probability. Secondly, Shannon regarded the discrete channel as the fundamental case and the continuous channel as its application, in spite of the fact that a continuous type was usually dealt as a basis at that time. In this point, his study of the cryptography affected his communication theory. In 1940s Shannon conducted researches on the communication theory as well as the cryptography simultaneously. Indeed &quot;A Mathematical Theory of Communication&quot; (1948) and his unpublished paper &quot;The Mathematical Theory of Cryptography&quot; (1945) have a lot of similar descriptions about the amount of information. Namely, Shannon&#039;s concept of information was influenced by both the preceding results on the communication theory and his own research on the cryptography. Boltzman&#039;s H formula seems to bear a close resemblance to Shannon&#039;s one, but any descriptions showing some direct relations between them have not been found.

    CiNii Books

    researchmap

  • C.E.シャノンの暗号理論

    杉本 舞

    科学哲学科学史研究   1 ( 1 )   139 - 152   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    DOI: 10.14989/56970

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 歴史からみるAIとその多様性

    杉本舞( 担当: 単著)

    『現代化学』  2023年7月 

     詳細を見る

  • 自動化のコノテーション…AI研究の進展と自動化が意味するもの

    杉本舞

    『談』  2023年7月 

     詳細を見る

  • イラストで学ぶ 世界を変えたコンピュータの歴史

    レイチェル・イグノトフスキー

    創元社  2023年4月 

     詳細を見る

  • 「人工知能」前史――機械の脳とサイバネティクス

    杉本舞( 担当: 単著)

    REKIHAKU  2022年6月 

     詳細を見る

  • 第I部 3-7 コンピュータ,インターネット,AIの登場

    杉本舞( 担当: 単著)

    ミネルヴァ書房,『よくわかる現代科学技術史・STS』  2022年2月 

     詳細を見る

  • レクチャーシリーズ:「AI哲学マップ」〔第5回〕コンピューティング史の流れに見る「人工知能」という研究分野

    松原仁,杉本舞,清田陽司,三宅陽一郎,大内孝子( 担当: 共著)

    『人工知能』  2021年11月 

     詳細を見る

  • コンピュータ:情報を処理する技術

    杉本舞

    『科学史事典』,丸善出版  2021年5月 

     詳細を見る

  • 科学の言語:科学のリンガ・フランカ

    杉本舞

    『科学史事典』,丸善出版  2021年5月 

     詳細を見る

  • 科学史事典

    日本科学史学会

    丸善出版  2021年5月 

     詳細を見る

  • 人工知能:知的な機械,自律的な機械

    杉本舞

    『科学史事典』,丸善出版  2021年5月 

     詳細を見る

  • コンピューティング史―人間は情報をいかに取り扱ってきたか―

    Martin Campbell-Kelly,William Aspray,Nathan Ensmenger,Jeffrey R. Yost

    共立出版  2021年4月 

     詳細を見る

  • 「人工知能」前夜 : コンピュータと脳は似ているか

    杉本 舞( 担当: 単著)

    青土社  2018年10月  ( ISBN:9784791771073

     詳細を見る

    総ページ数:252   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 反「大学改革」論 : 若手からの問題提起

    藤本 夕衣, 古川 雄嗣, 渡邉 浩一, 井上 義和, 児島 功和, 坂本 尚志, 佐藤 真一郎, 杉本 舞, 高野 秀晴, 二宮 祐, 藤田 尚志, 堀川 宏, 宮野 公樹( 担当: 分担執筆 範囲: 第13章 科学史教育の歴史と「役に立つ」こと)

    ナカニシヤ出版  2017年6月  ( ISBN:9784779510816

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • コンピュータと「巨大頭脳」―エドモンド・バークリーによる啓蒙活動

    杉本舞( 担当: 単著)

    『科学史研究』  2017年4月 

     詳細を見る

  • Understanding Information: From the Big Bang to Big Data

    Alfons Josef Schuster(Ed, Katsuhiko Sano, Mai Sugimoto( 担当: 分担執筆 範囲: From Computing Machines to Learning Intelligent Machines: Chronological Development of Alan Turing's Thought on Machines)

    Springer International Publishing AG  2017年  ( ISBN:9783319590905

     詳細を見る

    担当ページ:pp.101-130.   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「第9章 産業と戦争における物理学」

    杉本舞

    ヘリガ・カーオ著, 岡本拓司監訳, 有賀暢迪・稲葉肇他訳, 『20世紀物理学史 上巻』, 名古屋大学出版会  2015年6月 

     詳細を見る

  • 20世紀物理学史 : 理論・実験・社会 上

    Kragh Helge, 有賀 暢迪, 稲葉 肇( 担当: 共訳 範囲: 第9章 産業と戦争における物理学)

    名古屋大学出版会  2015年6月  ( ISBN:9784815808099

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 20世紀物理学史 : 理論・実験・社会 下

    Kragh Helge, 有賀 暢迪, 稲葉 肇( 担当: 共訳 範囲: 第25章 物理工学と量子エレクトロニクス)

    名古屋大学出版会  2015年6月  ( ISBN:9784815808105

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 「第25章 物理工学と量子エレクトロニクス」

    杉本舞

    岡本拓司監訳, 有賀暢迪・稲葉肇他訳, 『20世紀物理学史 下巻』, 名古屋大学出版会  2015年6月 

     詳細を見る

  • コンピュータと論理が出会ったころ

    杉本舞( 担当: 単著)

    『数学セミナー』  2014年10月 

     詳細を見る

  • 「18世紀および19世紀の英国における計算者」(4.4章,Mary Croarken著)

    杉本舞

    Eleanor Robson, Jacqueline Stedall編,斎藤憲,三浦伸夫,三宅克哉監訳,『Oxford 数学史』,共立出版  2014年5月 

     詳細を見る

  • Oxford数学史

    Robson Eleanor, Stedall Jacqueline A, 斎藤 憲, 三浦 伸夫, 三宅 克哉( 担当: 共訳 範囲: 「18世紀および19世紀の英国における計算者」(4.4章,Mary Croarken著),「アルゴリズムと自動化:数学と織物の生産」(5.4章,Carrie Brezine著))

    共立出版  2014年5月  ( ISBN:9784320110885

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 「アルゴリズムと自動化:数学と織物の生産」(5.4章,Carrie Brezine著)

    杉本舞

    Eleanor Robson, Jacqueline Stedall編,斎藤憲,三浦伸夫,三宅克哉監訳,『Oxford 数学史』,共立出版  2014年5月 

     詳細を見る

  • チューリング コンピュータ理論の起源 第1巻

    伊藤和行, 佐野勝彦, 杉本舞, TURING, Alan( 担当: 共編者(共編著者))

    近代科学社  2014年2月 

     詳細を見る

  • チューリング

    Turing Alan Mathison, 伊藤 和行, 佐野 勝彦, 杉本 舞( 担当: 共著)

    近代科学社  2014年2月  ( ISBN:9784764904545

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • Thomas J. Misa(ed). Gender Codes: Why Women Are Leaving Computing (Wiley-IEEE Computer Sociery, 2010

    杉本 舞( 担当: 単著)

    科学哲学科学史研究  2011年2月 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI⑥─研究者が考える未来のAI:道は行くことでつくられる─

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 山本祐輔, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻6号, pp.975-979   2023年11月

     詳細を見る

  • 表紙企画 座談会:人工知能歴史絵巻の完成に際して

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 山本祐輔, 鳥海不二夫, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻6号, pp.980-989   2023年11月

     詳細を見る

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI⑤─そして生成AI ブームへAll You Need Is [MASK]─

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻5号, pp.771-774   2023年9月

     詳細を見る

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI④ ―第三次AIブームがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!―

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻4号, pp.595-598   2023年7月

     詳細を見る

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI③ ―二度目の冬の蠢き―

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻3号, pp.440-443   2023年5月

     詳細を見る

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI② ―冬の時代から第二次ブームへ―

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻2号, pp.298-301   2023年3月

     詳細を見る

  • 表紙企画 人工知能歴史絵巻:これまでのAI これからのAI ―第三次AIブームを振り返って―

    榊剛史, 井上昂治, 山野泰子, 岩澤駿, 杉本舞, 松原仁, 谷口忠大

    『人工知能』   38巻1号, pp.92-95   2023年1月

     詳細を見る

  • 2021年度年総会 オンライン係報告――年会を諦めない

    岡田大士,杉本舞,林真理

    『科学史研究』   第III期第61巻(No.301), pp.64-70.   2022年4月

     詳細を見る

  • 『科学史事典』編集と刊行記念シンポジウムの記録

    斎藤憲,橋本毅彦,杉本舞

    『科学史研究』   第III期第60巻(No.300), pp.385-388.   2022年1月

     詳細を見る

  • 学術雑誌の歴史をさぐる――科学基礎論学会・科学史学会共催ワークショップ「学術誌の電子化と将来 を多面的に考える」報告:はじめに

    杉本舞

    『科学史研究』   第III期第58巻(No.292), pp.334-335.   2020年1月

     詳細を見る

  • Technology & Science : AI : 人工知能が「ブーム」であるとはどういうことか? (総特集 現代思想43のキーワード)

    杉本 舞

    現代思想   47 ( 6 )   64 - 68   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:青土社  

    CiNii Books

    researchmap

  • <資料>科学史・技術史関連科目シラバス(2016年度)に採用された教科書・参考書一覧

    杉本 舞

    科学哲学科学史研究   ( 12 )   105 - 128   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    researchmap

  • 米国のポピュラー音楽ミュージアムとアーカイブに関する事例調査(その2)

    杉本 舞

    関西大学社会学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Sociology, Kansai University   49 ( 1 )   219 - 234   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学社会学部  

    資料This paper is a report on Country Music Hall of Fame and Museum (Nashville, Tennessee) and interviews with the director and archivists at Center for Popular Music, Middle Tennessee State University. The interviews are about organization issues and financial issues on the research center for popular music and technical issues on organizing archives of audio materials.本稿は、米国におけるポピュラー音楽アーカイブの現状を把握するために行った、見学と聞き取りの調査記録である。大学付属の音楽アーカイブ構築に関する問題、資料の収集と保存、研究所の運営などについて聞き取りを行った。

    CiNii Books

    researchmap

  • 科学史入門 コンピュータと「巨大頭脳」 : エドモンド・バークリーによる啓蒙活動

    杉本 舞

    科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編   ( 281 )   32 - 36   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会 ; 2014-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 米国のポピュラー音楽ミュージアムとアーカイブに関する事例調査

    杉本 舞

    関西大学社会学部紀要   47 ( 1 )   85 - 103   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学社会学部  

    This paper is a report on the Rock &amp; Roll Hall of Fame and Museum in Cleveland, Ohio, and also provides an account of interviews conducted with archivists from the Rock &amp; Roll Hall of Fame Library and Archives and from the Archives and Special Collection Units at the University of Minnesota, Twin Cities. The interviews concern the technical issues involved in organizing archives of audiovisual materials and also related copyright issues. 本稿は、米国におけるポピュラー音楽ミュージアムとアーカイブの現状を把握するために行った、見学と聞き取りの調査記録である。映像資料のアーカイブ構築に関する技術的問題、資料の公開に際しての著作権問題について聞き取りを行った。

    CiNii Books

    researchmap

  • 関西大学ポピュラー音楽アーカイブの現状と課題

    杉本 舞, 柴台 弘毅, 三浦 文夫

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2014 ( 6 )   1 - 5   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本稿では,筆者らが現在構築を進めている日本のポピュラー音楽のデジタルアーカイブについて,その概要と課題について述べる.本アーカイブプロジェクトは,メディアや音楽関連団体などの協力を得て,日本のポピュラー音楽が独自的展開を見せ始める 1960 年代以降に焦点を当て,当時の音源に加え,ライブ記録や音楽クリップといった映像をデジタル化して保存するというものである.関連する雑誌や宣伝素材といった文書および画像,関係者へのインタビュー記録も対象とする.元の音源と映像の保存形態は時代に応じて多様であり,再生装置の確保が困難になりつつあるものもある.こういった資料をデジタル化するに当たっては,どのようなデータ形式を選ぶか,音質や画像の品質をどのように設定するべきか,さらに用途に応じて容易に検索可能とするためのメタデータ体系をどのように構築するかは慎重に検討せねばならない.また将来の活用を見据え,著作権・著作隣接権について解決すべき課題も多い.本稿では,このような諸課題に対する試みの現状を報告する.This paper provides an overview of Kansai University&#039;s Popular Music Archives Project and several issues to be addressed through its implementation. This project focuses mainly on audio and video recordings of Japanese popular music, including live recordings and music clips since the 1960s. Further, original audio or video tapes will be digitalized for collections. Collections also include documents and still images such as music magazines, posters, and oral histories. Japanese popular music has been recorded in various audio or video formats; for some cases, it is difficult to find recording and reproducing devices. We must carefully examine suitable data formats for preservation and a metadata system for retrieval. Additionally, we must acknowledge that copyright issues are crucial for organizing the archives.

    CiNii Books

    researchmap

  • Event Report, "Making the History of Computing Relevant"

    Mai Sugimoto

    IEEE Annals o the History of Computing   35 ( 4 )   82 - 83   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • <書評> Thomas J. Misa (ed). Gender codes: Why women are leaving computing (Wiley-IEEE Computer Society, 2010)

    杉本 舞

    科学哲学科学史研究   5 ( 5 )   111 - 115   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学文学部科学哲学科学史研究室  

    DOI: 10.14989/137418

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • "Low-Grade Human Labor" and Computers: Discourses on Technological Unemployment in the Mid-20th Century

    2024年度科学基礎論学会総会と講演会  2024年6月  科学基礎論学会・日本科学史学会・IUHPST/DHST-DLMPST HaPoC共催

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:早稲田大学戸山キャンパス  

    researchmap

  • 人工知能の現段階と社会的影響

    杉本舞

    日本科学史学会技術史分科会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催地:立命館大学大阪いばらきキャンパス  

    researchmap

  • AIの歴史からみる生成AI (2023年度 京都大学文学研究科・文学部公開シンポジウム「未だ生成されざる学知へ向けて -生成AIの可能性とその諸問題」)

    杉本舞

    2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学文学部  

    researchmap

  • 人工知能と「機械の脳」

    杉本舞

    東京大学次世代知能科学研究センター連続シンポジウム 第10回「文明・文化の視点から考察する、人間とAIの関係」  2022年7月 

     詳細を見る

    開催地:オンライン(Zoomにより開催)  

    researchmap

  • 人工知能研究を形作ったものは何か?――歴史的観点から考える

    杉本舞

    情報通信学会2020年度第1回AIネットワーク法・政策研究会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催地:オンライン(Zoomにより開催)  

    researchmap

  • Metaphor Guides the Direction of Research: How Computers Have Been Analogized to Brains

    杉本舞

    4th MST International Workshop, "In what sense can AI have a mind?"  2021年3月 

     詳細を見る

    開催地:Online Zoom Meeting, Kobe University  

    researchmap

  • Why Did The Number Of History Of Science Courses Increase In Japanese Higher Education After World War II? Influence Of Postwar Advisors From The United States 国際会議

    Mai Sugimoto

    History of Science Society Annual Meeting  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sheraton Seattle, Seattle, Washington, U.S.A.  

    researchmap

  • 「科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査」最終報告書

    杉本舞,隠岐さや香

    2018年7月 

     詳細を見る

  • 日本の新制大学における科学史教育の変遷

    杉本 舞

    東京工業大学「火ゼミ」(科学史技術史研究会)  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス  

    researchmap

  • 科学史・技術史関連科目とはどのような科目か?

    杉本舞

    第21回科学史西日本研究大会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催地:追手門学院大学  

    researchmap

  • 科学史・技術史関連科目とはどのような科目か?―2016年度シラバスのテキストマイニングを手掛かりとして

    杉本 舞

    第21回科学史西日本研究大会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:追手門学院大学  

    researchmap

  • 米国のポピュラー音楽ミュージアムとアーカイブに関する事例調査(その2)

    杉本舞

    2017年10月 

     詳細を見る

  • 「科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査」について

    隠岐さや香, 杉本舞, 共同発

    日本科学史学会第64回年会シンポジウム「高等教育における科学技術史と科学基礎論―『科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査』を踏まえて」  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:香川大学  

    researchmap

  • 『科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査』について

    隠岐さや香, 杉本舞

    日本科学史学会第64回年会シンポジウム「高等教育における科学技術史と科学基礎論―『科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査』を踏まえて」  2017年6月 

     詳細を見る

    開催地:香川大学  

    researchmap

  • 千里の道も一歩から? -若手女性研究者キャリアの一事例 招待

    杉本 舞

    若手放射線生物学研究会主催平成28年度専門研究会 DNA損傷応答機構の破綻と疾患  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学環境エネルギーイノベーション棟  

    researchmap

  • コンピュータと「巨大頭脳」-エドモンド・バークリーによる啓蒙活動-

    杉本 舞

    第29期科学史学校第2回講演  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:日本大学理工学部駿河台校舎  

    researchmap

  • 戦後新制大学における科学史教育の位置づけ

    杉本 舞

    科学論技術論研究会  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:立命館大学朱雀キャンパス  

    researchmap

  • 計算するというしごと

    杉本 舞

    京都大学総合博物館レクチャーシリーズ no.136(ジュニアレクチャー)  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 米国のポピュラー音楽ミュージアムとアーカイブに関する事例調査

    杉本舞

    2015年10月 

     詳細を見る

  • フォン・ノイマンのオートマトン概念

    杉本 舞

    数学文献を読む会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:共立出版  

    researchmap

  • "Collecting, Archiving, and Exhibiting Culture and Experience of Japanese Popular Music"

    杉本舞

    From Japanese Popular Music to Guizhou Mountain Song: A Cross-Cultural and Bodily-Experience Perspective (從日本流行音樂到貴州山歌--跨文化與身體經驗的探討), Workshop. Research Center for Philosophy in Practice in East Asia, Shool of Humanities and Social Science, National Yang-Ming University  2015年9月 

     詳細を見る

    開催地:Taiwan  

    researchmap

  • Collecting, Archiving, and Exhibiting Culture and Experience of Japanese Popular Music 招待 国際会議

    Mai Sugimoto

    From Japanese Popular Music to Guizhou Mountain Song: A Cross-Cultural and Bodily-Experience Perspective (從日本流行音樂到貴州山歌--跨文化與身體經驗的探討), Workshop. School of Humanities and Social Science, National Yang-Ming University, Taiwan  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 米国化学会における情報検索法の検討

    杉本 舞

    日本科学史学会第62回年会  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 関西大学ポピュラー音楽アーカイブの現状と課題

    杉本 舞, 柴台 弘毅, 三浦 文夫

    情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会第104回研究会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • カルヴィン・ムーアズと1940年代の情報検索システム開発

    杉本 舞

    日本科学史学会第61回年会  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:酪農学園大学  

    researchmap

  • 教養科目としての「科学史」とその現代的意義

    杉本 舞

    日本科学史学会技術史分科会春の研究会「科学史・技術史の今日的意義」(科学論技術論研究会共催)  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学文化交流センター  

    researchmap

  • 教養科目としての『科学史』とその現代的意義

    杉本舞

    日本科学史学会技術史分科会春の研究会「科学史・技術史の今日的意義」(科学論技術論研究会共催)  2014年3月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学文化交流センター  

    researchmap

  • フォン・ノイマンによるオートマトン研究の展開

    杉本 舞

    日本科学史学会第60回年会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学商学部  

    researchmap

  • How did Edmund C. Berekely popularize and educate the roles of computers and symbolic logic? 招待 国際会議

    Mai Sugimoto

    Invited talk, National Yang-Ming University, Taiwan  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • "How did Edmund C. Berekely popularize and educate the roles of computers and symbolic logic?"

    杉本舞

    National Yang-Ming University  2013年3月 

     詳細を見る

    開催地:Taiwan  

    researchmap

  • デジタル計算機における生物学的メタファー:1930年代から1950年代まで

    杉本 舞

    日本科学史学会京都支部例会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • フォン・ノイマン「EDVACに関する報告書第一草稿」の別版について

    杉本 舞

    日本科学史学会第59回年会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大学  

    researchmap

  • エドモンド・バークリーと論理回路

    杉本 舞

    日本科学史学会第58回年会  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • シャノンの回路解析理論はなぜ有名になったか―エドモンド・バークリーによる伝説形成:1940-1958―

    杉本 舞

    関西工学倫理研究会 第39回公開講演会  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 科学コミュニケーターとしてのエドモンド・バークリー:1930年代から1950年代まで

    杉本 舞

    第115回科学論技術論研究会  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:立命館大学朱雀キャンパス  

    researchmap

  • Making Computers Logical: Edmund Berkeley' s promotion of logical machines 国際会議

    Mai Sugimoto

    Work in Progress Session, Special Interest Group Computers, Information and Society 2010 Workshop: Materiality & Immateriality in the History of Computing  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hotel Murano, Tacoma, Washington, U.S.A.  

    researchmap

  • クロード・シャノンの迷路探索機について

    杉本 舞

    日本科学史学会第57回年会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京海洋大学  

    researchmap

  • ウィーナーの「サイバネティクス」構想の変遷―1942年から1945年の状況―

    杉本 舞

    日本科学史学会第55回年会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:電気通信大学  

    researchmap

  • 1940年代米国における情報工学:「情報理論」の誕生を中心に

    杉本 舞

    数理科学史サマースクール  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:立教大学  

    researchmap

  • 情報量概念の成立について

    杉本 舞

    日本科学史学会第53回年会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東洋大学  

    researchmap

  • 情報量概念の成立について―シャノンの通信理論および暗号理論の分析を通じて

    杉本 舞

    日本科学史学会京都支部例会  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学  

    researchmap

  • 情報量概念の成立について

    杉本 舞

    日本科学哲学会第37回大会  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第9回日本科学史学会論文賞

    2015年5月   日本科学史学会  

     詳細を見る

  • 第9回日本科学史学会論文賞

    2014年   日本科学史学会   "Edmund Berkeley as a Popularizer and an Educator of Computers and Symbolic Logic," Historia Scientiarum, The International Journal of the History of Science Society in Japan, Vol.23, No.1 (No.109), pp.1-23, July 2013.

    杉本 舞

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

その他

  • Computer History Museum Travel Award

    2010年11月

     詳細を見る

    SIGCIS Workshop on Materiality & Immateriality in the History of Computing in Tacoma, Washington, U.S.A.($500)

    researchmap

  • 松下幸之助記念財団研究助成

    2010年

     詳細を見る

    「20世紀中頃における計算機の生物学的メタファー―エドモンド・バークリーの「考える機械」思想をめぐって―」(50万円)

    researchmap

  • フルブライト奨学金

    2008年

     詳細を見る

    博士論文研究プログラム, 2008-2009年度.

    researchmap

担当経験のある科目(授業)

  • 基礎研究

    機関名:関西大学社会学部

     詳細を見る

  • 社会システムデザイン総論I・II

    機関名:関西大学社会学部

     詳細を見る

  • 科学技術社会分野方法論

    機関名:東京工業大学大学院 科学技術社会分野

     詳細を見る

  • 現代科学の展開

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 科学史

    機関名:奈良女子大学

     詳細を見る

  • 自然科学史

    機関名:奈良教育大学

     詳細を見る

  • メディア文化学特殊講義

    機関名:京都大学文学部, 京都大学大学院文学研究科

     詳細を見る

  • 基礎現代文化学系ゼミナールII

    機関名:京都大学文学部

     詳細を見る

  • 科学技術と社会

    機関名:京都精華大学人文学部

     詳細を見る

  • 自然科学史を学ぶ

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 基礎教養演習IIa(英語)

    機関名:摂南大学外国語学部

     詳細を見る

  • 技術史

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:関西大学社会学部

     詳細を見る

  • 専門演習

    機関名:関西大学社会学部

     詳細を見る

  • 基礎演習

    機関名:関西大学社会学部

     詳細を見る

▼全件表示

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

  • ルーブリックを用いた学生同士の相互評価の取り組み(基礎演習)
    400字レポートの添削(10週間)によるライティング能力の開発(基礎演習)
    ミニッツペーパーを用いた「質問コーナー」によるフィードバック実践(講義科目)
    工場見学などを含む学外フィールドワーク(専門演習)

その他教育活動上特記すべき事項

  • 関西大学高等部(スーパーグローバルハイスクール)において、卒業論文の英文サマリー作成指導および研究指導を行った(31名を個別指導)