2024/03/30 更新

写真a

オオタ コウジ
太田 浩司
OTA,Koji
所属
商学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
証券市場を研究対象とする実証研究を行っています。
外部リンク

学位

  • 経営学博士 ( 2007年3月 )

  • 商学修士 ( 2000年3月 )

  • 商学士 ( 1999年3月 )

  • 文学士 ( 1994年3月 )

研究キーワード

  • コーポレート・ファイナンス

  • 計量経済学

  • 資本市場ベースの実証会計学

研究分野

  • 人文・社会 / 経済統計  / 計量経済学

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス  / コーポレート・ファイナンス

  • 人文・社会 / 会計学  / 実証会計学

学歴

  • 筑波大学大学院   ビジネス科学研究科博士課程後期課程

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 関西大学大学院   商学研究科博士課程後期課程

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 関西大学大学院   商学研究科博士課程前期課程

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

  • 大阪学院大学   商学部(通信教育)

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   文学部

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

経歴

  • 関西大学   商学部   教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 関西大学   商学部   准教授

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 兵庫県立大学   経営学部   准教授

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 武蔵大学   経済学部金融学科   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 武蔵大学   経済学部金融学科   専任講師

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • ディスクロージャー研究学会

    2006年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本会計研究学会

      詳細を見る

  • 日本ファイナンス学会

      詳細を見る

  • 米国会計学会(AAA)

      詳細を見る

  • 米国ファイナンス学会(AFA)

      詳細を見る

  • American Accounting Association

      詳細を見る

  • American Finance Association

      詳細を見る

  • 日本ディスクロージャー研究学会

      詳細を見る

  • 日本経営財務研究学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本経済会計学会   『Accounting Letters』Editor  

    2019年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本会計学会   『会計プログレス』編集委員  

    2018年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 金融庁   公認会計士試験委員(経営学)  

    2016年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 日本ディスクロージャー研究学会   理事  

    2015年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本経営財務研究学会   評議員  

    2013年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本経営財務研究学会   『経営財務研究』編集委員  

    2013年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本ディスクロージャー研究学会   『現代ディスクロージャー研究』編集委員  

    2012年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本学術振興会   科学研究費委員会専門委員  

    2012年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 日本証券アナリスト協会   『証券アナリストジャーナル』編集委員  

    2006年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本ディスクロージャー研究学会   幹事  

    2006年1月 - 2012年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

論文

  • Signal strength adjustment behavior: Evidence from share repurchases 査読

    Koji Ota, David Lau, Hironori Kawase

    Journal of Banking & Finance   143 ( 106545 )   1 - 17   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jbankfin.2022.106545

    researchmap

  • 無形資産調整済み簿価時価比率(iB/M)の有用性

    太田浩司

    『企業会計』   74 ( 8 )   29 - 37   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • The need for speed: an intuitive approach to understanding the relationship between audit quality and management earnings forecasts 査読

    David Lau, Koji Ota, Norman Wong

    Meditari Accountancy Research   30 ( 7 )   185 - 212   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerald  

    Purpose

    The purpose of this study is to investigate whether audit quality is associated with the speed with which managers revise earnings forecasts to arrive at the actual earnings through the lens of the auditor selection theory. This study examines this relationship in a unique institutional setting, Japan, where nearly all managers disclose earnings forecasts.

    Design/methodology/approach

    The authors pioneer an empirical proxy to capture the speed of management forecast revisions based on well-established principles from the finance and disclosure literatures. This proxy is tested alongside other disclosure proxies (namely, accuracy, frequency and timeliness) to assess the influence of audit quality on managerial forecasting behavior.

    Findings

    This empirical analysis shows that forecast revision speed is higher for firms that select higher-quality auditors. While firms that select higher-quality auditors revise forecasts in a more timely fashion, these firms revise less frequently. Moreover, the authors find that the influence of audit quality on forecast revisions is asymmetric. Specifically, the analysis of downward forecast revisions shows that higher-quality auditors are associated with firms that disclose bad news via forecasts revisions faster, more frequently and in a more timely fashion. However, the analysis of upward forecast revisions shows that higher-quality auditors have no effect on the speed with which firms disclose good news via forecast revisions, even though they are associated with less frequent but more timely forecast revisions. These findings have important implications for prior studies that consistently document an asymmetric response of the stock market to good news and bad news.

    Originality/value

    The authors provide evidence on the relationship between audit quality and management earnings forecasts using a novel and intuitive measure that captures forecast revision speed. This measure speaks to the growing interest in understanding the notion of speed and timing of voluntary disclosures. This study provides a more robust and comprehensive measure of the speed with which managers revise their earnings forecasts to arrive at the actual earnings. Furthermore, this study is among the first to document an asymmetric effect of audit quality on the type of news disclosed in forecast revisions.

    DOI: 10.1108/medar-11-2020-1071

    researchmap

    その他リンク: https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/MEDAR-11-2020-1071/full/html

  • 女性役員が負債コストに与える影響の実証研究 査読

    太田浩司, 向真央

    『証券経済学会年報』   ( 56 )   3 - 30   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Share repurchases on the Tokyo Stock Exchange Trading Network 査読

    Koji Ota, David Lau

    Journal of the Japanese and International Economies   61 ( 101148 )   1 - 17   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2021.101148

    researchmap

  • ToSTNeT買付による自社株買いの実態

    太田浩司

    『関西大学商学論集』   65 ( 3 )   43 - 67   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Does reputation matter? Evidence from share repurchases 査読

    Koji Ota, Hironori Kawase, David Lau

    Journal of Corporate Finance   58   287 - 306   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 1-s2.0-S0929119918304292-main.pdf

    DOI: 10.1016/j.jcorpfin.2019.05.006

    researchmap

  • 交差項を含むOLSおよびProbitモデルの解釈:図による説明

    太田浩司

    『関西大学商学論集』   63 ( 3 )   37 - 59   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • パネル分析におけるFama-MacBethとCluster-robustの手法の理論と応用

    太田浩司

    『関西大学商学論集』   62 ( 2 )   43 - 67   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:關西大學商學會  

    本研究は,平成28年度関西大学研修員研修費およびJSPS科研費16K03762の助成を受けて行ったものである。本稿では,パネル推定で,誤差項が標準的仮定を満たしていない場合の対処法として会計・ファイナンスの実証研究で頻繁に用いられていFamaMacBeth (FM)および Clusterrobust (CR) の手法について,理論的分析を行うと共に,その使用に関する実務的指針を述べている。本稿の理論的分析からは,FMとCRの手法ではその発想が全く異なっているが,説明変数の変動が年度間でそれ程大きくない場合には,FMの手法は,年度に関するOne-way CRの手法と同様に,誤差項の未知のクロスセクショナルな相関に対処することができるという結論を得ている。さらに,企業数に比して年度数の少ないショート・パネルを用いた場合には,FMの手法,Two-way CRの手法,年度に関するOne-way CRの手法の何れの手法を用いても,得られる標準誤差には大差がないという考察を導いており,実証分析においてもそれを支持する結果を得ている。本稿の結果は,その広範な普及にも関わらずこれまで理論的な分析が殆ど行われてこなかったFMの手法を理論的に解明し,CRの手法との関連性を導いている点で,今後の両手法の使用に関して一定の指針を与えるものと考えられる。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/11459

  • 相対取引による自己株式取得の実態

    太田浩司, 岡本進之介

    『関西大学商学論集』   61 ( 2 )   1 - 29   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:關西大學商學會  

    本稿では,わが国における相対取引による自己株式取得の実態について調査している。本稿による調査から,相対取引による自己株式取得は実施要件が非常に厳しく,2004-2015年の期間でわずか26個しか存在せず,その6割は新興企業であるということがわかった。また,一般的な相対取引の実態は,(ⅰ)売主は取得企業の筆頭あるいは次席株主で,約20%の持分の半分程を売却している,(ⅱ)売主が保有株式の売却を企業に打診し,大量の株式が市場に放出されることを嫌う企業が,相対取引によって当該株式を取得するという売主主導の取引である,(ⅲ)2/3の取引が時価を平均20%下回るディスカウント価格での取引である,(ⅳ)相対取引の公表に対して市場は反応しない,というものであった。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/10432

  • 自社株買いの公表に対する短期および長期の市場反応−Auction買付とToSTNeT買付の比較− 査読

    太田浩司, 河瀬宏則

    『現代ファイナンス』   ( 38 )   61 - 93   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファイナンス学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Feltham-Ohlsonモデルの実証研究 査読

    太田浩司, 斉藤哲朗, 吉野貴晶

    『現代ファイナンス』   ( 36 )   3 - 34   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファイナンス学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • コンセンサス予想の経営者予想に対する優位性の決定要因 査読

    太田浩司, 河瀬宏則

    『経営財務研究』   34 ( 1 )   20 - 52   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本経営財務研究学会本部事務局  

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業評価における予測指向と歴史的会計情報の有用性

    太田浩司

    『會計』   185 ( 1 )   16 - 28   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • パネル・データ分析におけるクラスター頑健手法の使用について

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   51 ( 11 )   77 - 87   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 倒産企業の開示する業績予想と会計操作

    太田浩司, 乙政正太

    『現代ディスクロージャー研究』第13号,79-96頁   ( 13 )   79 - 96   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Information Content of Analysts' Stock Ratings and Earnings Forecasts in the Presence of Management Earnings Forecasts 査読

    Koji Ota

    The Japanese Accounting Review   2 ( 2012 )   87 - 116   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Research Institute for Economics and Business Administration - Kobe University  

    DOI: 10.11640/tjar.2.2012_87

    researchmap

  • CAPM,Fama-French 3ファクターモデル,Carhart 4ファクターモデルによる資本コストの推定方法について

    太田浩司, 斉藤哲朗, 吉野貴晶, 川井文哉

    『関西大学商学論集』   57 ( 2 )   1 - 24   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:關西大學商學會  

    本稿では、CAPM, Fama-French3 ファクターモデル, Carhart4 ファクターモデルの3つのモデルを用いて、わが国で資本コストを推定する際に発生する問題点について指摘し、その対処方法を提案している。そして、実際のデータを使って、これらのモデルを用いた資本コストの算定方法を具体的に説明している。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/7431

  • 大王製紙とオリンパスのコーポレート・ガバナンス:同業他社との比較

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   50 ( 5 )   49 - 54   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 経営者予想とアナリスト予想の精度とバイアス

    太田浩司, 近藤江美

    『MTECジャーナル』   ( 23 )   33 - 58   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:三菱UFJトラスト投資工学研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • Analysts’ Awareness of Systematic Bias in Management Earnings Forecasts 査読

    Koji Ota

    Applied Financial Economics   21 ( 18 )   1317 - 1330   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09603107.2011.570713

    Scopus

    researchmap

  • 米国における経営者予想開示の推移とわが国へのインプリケーション

    太田 浩司, 姜 理恵

    『証券アナリストジャーナル』   49 ( 6 )   30 - 40   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 外国人投資家から見た日本の株式市場の問題点

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   48 ( 6 )   44 - 49   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 株式レーティングの公表に対する市場の反応−株価と出来高の検証− 査読

    太田浩司, 近藤江美

    『経営財務研究』   29 ( 1-2 )   50 - 84   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The Value Relevance of Management Forecasts and Their Impact on Analysts’ Forecasts: Empirical Evidence From Japan 査読

    Koji Ota

    ABACUS, Vol.46 No.1, pp. 28-59   46 ( 1 )   28 - 59   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1467-6281.2009.00299.x

    Web of Science

    researchmap

  • アナリストによる株式推奨と利益予想の情報内容 査読

    近藤江美, 太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   47 ( 11 )   110 - 122   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • アナリスト・レポートの実証分析−目標株価とレポート内容の分析を中心に−

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   47 ( 11 )   48 - 62   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 倒産企業の財務ディスクロージャーの特徴−経営者予想の特性とアナリストの反応−

    太田浩司

    『商大論集』   61 ( 1 )   43 - 64   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • ショート・ターミズム批判とアーニングス・ガイダンス

    太田浩司

    『IR-COM』   ( 10 )   4 - 7   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本IR協議会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 利益予想情報の有用性と特性

    太田浩司

    『企業会計』   60 ( 7 )   55 - 63   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 法人税率変更と企業の利益調整行動 査読

    太田浩司, 西澤賢治

    『現代ディスクロージャー研究』   ( 8 )   43 - 57   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ディスクロージャー研究学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • わが国の予測情報研究について

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   45 ( 12 )   92 - 99   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 業績予想における経営者予想とアナリスト予想の役割

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   45 ( 8 )   54 - 66   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 利益調整研究における会計発生高モデルについて

    太田浩司

    『企業会計』   59 ( 4 )   114 - 120   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:中央経済社  

    CiNii Books

    researchmap

  • 利益調整研究のフレームワーク(2)

    太田浩司

    『企業会計』   59 ( 2 )   92 - 93   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 利益調整研究のフレームワーク(1)

    太田浩司

    『企業会計』   59 ( 1 )   128 - 129   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 経営者予想情報の特性と有用性

    太田浩司

    筑波大学審査学位論文(博士)   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • 経営者予想に関する日米の研究:文献サーベイ

    太田浩司

    『武蔵大学論集』   54 ( 1 )   53 - 94   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:武蔵大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 予想利益の精度と価値関連性−I/B/E/S,四季報,経営者予想の比較− 査読

    太田浩司

    『現代ファイナンス』   ( 18 )   141 - 159   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファイナンス学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 包括利益情報に関する我が国企業の意識調査(Ⅱ)

    前田貞芳, 久保田敬一, 須田一幸, 竹原均, 辻山栄子, 松本敏史, 横田絵里, 太田浩司

    『武蔵大学論集』   53 ( 1 )   125 - 152   2005年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 包括利益情報に関する我が国企業の意識調査

    前田貞芳, 久保田敬一, 須田一幸, 竹原均, 辻山栄子, 松本敏史, 横田絵里, 太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   43 ( 5 )   38 - 50   2005年5月

     詳細を見る

  • 包括利益情報に関する我が国企業の意識調査(Ⅰ)

    前田貞芳, 久保田敬一, 須田一幸, 竹原均, 辻山栄子, 松本敏史, 横田絵里, 太田浩司

    『武蔵大学論集』   52 ( 3-4 )   141 - 156   2005年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Vuong検定によるモデル選択

    太田浩司, 松尾精彦

    『會計』   167 ( 1 )   52 - 66   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Vuong (1989)検定の理論と応用−会計利益とキャッシュフローの情報内容−

    太田浩司, 松尾精彦

    『武蔵大学論集』   52 ( 1 )   39 - 75   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:武蔵大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 倒産企業の会計操作(三)−経営者による利益予想の分析−

    須田一幸, 太田浩司

    『會計』   165 ( 6 )   111 - 125   2004年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 残余利益モデルに基づく財務比率分析

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   42 ( 4 )   23 - 34   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • The Impact of Price and Return Models on Value Relevance Studies: A Review of Theory and Evidence 査読

    Koji Ota

    Accounting Research Journal   16 ( 1 )   6 - 20   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 価値関連研究におけるモデル特定化問題

    太田浩司

    『関西大学商学論集』   48 ( 2 )   95 - 128   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(七)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   163 ( 1 )   119 - 134   2003年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(六)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 6 )   139 - 153   2002年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(五)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 5 )   131 - 144   2002年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(四)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 4 )   113 - 124   2002年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(三)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 3 )   124 - 136   2002年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(二)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 2 )   105 - 116   2002年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果(一)

    須田一幸, 乙政正太, 松本祥尚, 首藤昭信, 太田浩司

    『會計』   162 ( 1 )   121 - 134   2002年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 経営者予想利益の価値関連性およびアナリスト予想利益に与える影響 査読

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   40 ( 3 )   85 - 109   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A test of the Ohlson (1995) model 査読

    Koji Ota

    The International Journal of Accounting   37 ( 2 )   157 - 182   2002年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Pub Co Pte Lt  

    DOI: 10.1016/s0020-7063(02)00150-4

    researchmap

  • 決算発表に対する東証一部・東証二部・大阪・店頭市場の反応比較

    太田浩司

    『千里山商学』   53   25 - 43   2001年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 線形情報ダイナミックスの実証研究

    太田浩司

    『千里山商学』   52   27 - 81   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • オールソンモデルによる企業評価−Ohlson (1995) モデルの実証研究− 査読

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   38 ( 4 )   62 - 75   2000年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 会計数値による企業評価−Ohlson (1995)モデルの実証研究−

    太田浩司

    関西大学審査学位論文(修士)   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:学位論文(修士)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 新・現代の財務管理 (有斐閣アルマ)

    榊原茂樹, 新井富雄, 太田浩司, 山﨑尚志, 山田和郎, 月岡靖智( 担当: 共著 範囲: 第3章37-63頁,第14章246-267頁,第15章268-284頁,Case 1 &2 310-321頁)

    有斐閣  2023年4月  ( ISBN:4641222134

     詳細を見る

    総ページ数:380  

    ASIN

    researchmap

  • アカウンティング(第6版) -現代会計入門-

    笹倉淳史, 水野一郎( 範囲: 第2章13-32頁)

    同文舘出版  2019年4月  ( ISBN:449516466X

     詳細を見る

    総ページ数:234   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 簿記システムの基礎 2級商業簿記編 第3版

    関西大学会計学研究室( 担当: 分担執筆 範囲: 第1章1–4頁,第6章55–63頁)

    国元書房  2015年9月  ( ISBN:4765800342

     詳細を見る

    総ページ数:175   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • アカウンティング(五訂版)

    笹倉淳史, 水野一郎( 担当: 分担執筆 範囲: 第2章13-32頁)

    同文舘出版  2015年9月  ( ISBN:4495164651

     詳細を見る

    総ページ数:240   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 簿記システムの基礎 第4版

    関西大学会計学研究室( 担当: 分担執筆 範囲: 第8章57–65頁)

    国元書房  2015年3月  ( ISBN:4765800334

     詳細を見る

    総ページ数:138   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • アカウンティング : 現代会計入門

    明神信夫, 笹倉淳史, 水野一郎( 担当: 分担執筆 範囲: 第2章13-32頁)

    同文舘出版  2011年9月  ( ISBN:9784495164645

     詳細を見る

    総ページ数:13, 203p   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 現代の財務管理 新版 (有斐閣アルマ)

    榊原茂樹, 菊池誠一, 新井富雄, 太田浩司( 担当: 共著 範囲: 第14章243-264頁,第15章265-282頁)

    有斐閣  2011年3月  ( ISBN:4641124272

     詳細を見る

    総ページ数:350   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 簿記システムの基礎

    関西大学会計学研究室( 担当: 分担執筆 範囲: 第1章1–4頁,第6章57–65頁)

    国元書房  2010年10月  ( ISBN:9784765800310

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 175p   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 現代のディスクロージャー―市場と経営を革新する

    柴健次, 須田一幸, 薄井彰( 担当: 分担執筆 範囲: 第26章530–564頁)

    中央経済社  2008年11月  ( ISBN:4502289507

     詳細を見る

    総ページ数:625   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 会計操作―その実態と識別法、株価への影響

    須田一幸, 山本達司, 乙政正太( 範囲: 第6章147–171頁)

    ダイヤモンド社  2007年6月  ( ISBN:4478001510

     詳細を見る

    総ページ数:250   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • International Accounting: Standards, Regulations, Financial Reporting

    Gregoriou, Greg N., Gaber, Mohamed( 担当: 分担執筆 範囲: Chapter 11, pp. 267–294.)

    Butterworth-Heinemann  2006年6月  ( ISBN:0750669837

     詳細を見る

    総ページ数:616   記述言語:英語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • ディスクロージャーの戦略と効果

    須田一幸( 担当: 分担執筆 範囲: 第1 & 2章9-68頁,第8章169-208頁)

    森山書店  2004年12月  ( ISBN:4839419965

     詳細を見る

    総ページ数:281   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 簿記システムの基礎 2級商業簿記編

    柴健次, 松尾聿正, 笹倉淳史( 担当: 分担執筆 範囲: 第1章1-4頁,第6章51-59頁)

    国元書房  2003年9月  ( ISBN:476580030X

     詳細を見る

    総ページ数:178   記述言語:日本語  

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 私の履歴書を読む

    『企業会計』   75 ( 4 )   64 - 67   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 笠原晃恭・村宮克彦著『実証会計・ファイナンス-Rによる財務・株式データの分析』の書評

    太田浩司

    『企業会計』   74 ( 12 )   142 - 142   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 会計と数の小話:フランスはベーコン🥓?

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 12 )   88 - 89   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:米国株式の魅力

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 11 )   88 - 89   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:株式指標にみる習慣の怖さ

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 10 )   88 - 89   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:マンション管理組合理事会の監事

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 9 )   88 - 89   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:好きこそ物の上手なれ

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 8 )   88 - 89   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:電力会社と企業価値評価モデル

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 7 )   72 - 73   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:電力会社と慣れのバイアス

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 6 )   88 - 89   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:格差社会と会計

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 5 )   72 - 73   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:天才フィッシャー

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 4 )   72 - 73   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:囲い込み【Enclosure】

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 3 )   88 - 89   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:対数変換

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 2 )   88 - 89   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 会計と数の小話:学問ヒエラルキー

    太田浩司

    『企業会計』   69 ( 1 )   104 - 105   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 解題深書 会計の実証分析を行うために知っておきたい数学

    太田浩司

    『企業会計』   68 ( 9 )   114 - 117   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:中央経済社 ; 1948-  

    CiNii Books

    researchmap

  • 薄井彰著『会計制度の経済分析』の書評

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   54 ( 5 )   79 - 80   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 海外ジャーナルにおける日本人のプレゼンス

    太田浩司

    『企業会計』   67 ( 12 )   37 - 45   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:中央経済社  

    CiNii Books

    researchmap

  • 解題「特集 利益調整研究の新展開」

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   51 ( 5 )   2 - 5   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 株式レーティングを使用する際の留意点

    太田浩司

    専門家による企業・株価分析「アナリスト・レポート」東京証券取引所+YOU   4 - 4   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 解題「特集 株式集中投資」

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   50 ( 6 )   2 - 5   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 解題「特集 会計における資産・負債と収益・費用概念の再検討」

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   48 ( 5 )   2 - 5   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 若林公美著『包括利益の実証研究』の書評

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   48 ( 2 )   96 - 97   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 解題--総括論文を兼ねて (特集 ペイアウト政策と資本主義)

    太田 浩司

    証券アナリストジャーナル   47 ( 8 )   2 - 10   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 音川和久著『投資家行動の実証分析−マーケット・マイクロストラクチャーに基づく会計学研究−』の書評

    太田浩司

    『証券アナリストジャーナル』   47 ( 7 )   107 - 108   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 「企業ディスクロージャーの現状と課題」座談会の司会

    『証券アナリストジャーナル』   46 ( 5 )   7 - 33   2008年5月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 『基本会計学用語辞典 改訂版』の内24単語を執筆担当

    同文舘出版 (ISBN:4495183826)   2008年4月

     詳細を見る

  • 証券アナリスト読書室 古賀智敏/榊原茂樹/與三野禎倫編著「知的資産ファイナンスの探求--知的資産情報と投資・融資意思決定のメカニズム」

    太田 浩司

    証券アナリストジャーナル   45 ( 6 )   129 - 131   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 学会ルポ 日本会計研究学会第65回大会『会計制度の設計に関する実証研究』

    太田浩司

    『企業会計』   58 ( 12 )   132 - 133   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 学会ルポ 日本会計研究学会第64回大会『会計制度の設計に関する実証研究』

    太田浩司

    『企業会計』   57 ( 12 )   124 - 125   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 『基本会計学用語辞典』の内25単語を執筆担当

    同文舘出版 (ISBN: 4495183826)   2005年7月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 女性役員が負債コストに与える影響の実証研究 -Difference-in-Differences分析による因果関係の検証-

    太田浩司, 向真央

    日本ファイナンス学会第1回秋季研究大会,大阪大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Session 6とSession 8で司会

    Koji Ota

    The 13th TJAR (The Japanese Accounting Review) Conference, Kobe University(オンライン開催)  2022年10月 

     詳細を見る

  • 自由論題報告II(討論者あり) 吉岡正道氏・末原聡氏報告「コンビニエンスストアにおける業績予測の取組み方」の司会兼コメンテータ

    太田浩司

    日本会計研究学会第81回全国大会,東京大学(オンライン学会)  2022年8月 

     詳細を見る

  • 屋嘉比潔氏報告「四半期決算発表時におけるキャッシュ・フロー計算書の同時的開示による経済的影響」のコメンテータ

    2022年日本経営財務学会西日本部会,神戸大学(オンライン開催)  2022年8月 

     詳細を見る

  • 無形資産調整済み簿価時価比率(iB/M)の有用性について

    太田浩司

    日本経済会計学会第39回年次大会,大阪大学(オンライン開催)  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Session 5とSession 7で司会

    Koji Ota

    The 12th TJAR (The Japanese Accounting Review) Conference, Kobe University(オンライン開催)  2021年11月 

     詳細を見る

  • 自由論題報告I第1会場で司会

    太田浩司

    日本会計研究学会第79回全国大会,北海道大学・北星学園大学(オンライン学会)  2020年9月 

     詳細を見る

  • 山口聖氏報告「自社株買いと株価の長期パフォーマンス発生のタイミング」のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第43回全国大会,神戸大学  2019年9月 

     詳細を見る

  • 会場C「コーポレートファイナンス1」で司会

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第27回大会,慶応義塾大学  2019年6月 

     詳細を見る

  • 日本語セッション (Japanese Session)で司会

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第6回ファイナンスキャンプ,仙台ガーデンパレス  2019年3月 

     詳細を見る

  • 芹田敏夫氏報告「ETFが個別株式の株価水準に与える影響」のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第42回全国大会,一橋大学  2018年10月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • 第4会場「株式市場(1)」で司会

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第42回全国大会,一橋大学  2018年10月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • 交差項を含むOLSおよびProbitモデルの解釈:図による説明

    太田浩司

    千里山会計学研究会,関西大学  2018年9月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 自由論題報告I第4会場で司会

    太田浩司

    日本会計研究学会第77回全国大会,神奈川大学  2018年9月 

     詳細を見る

    開催地:神奈川大学  

    researchmap

  • OLSおよびProbitモデルに含まれる交差項の解釈:図による説明

    太田浩司

    第4回日本ディスクロージャー研究学会Workshop,小樽商科大学  2018年8月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:小樽商科大学  

    researchmap

  • 平松賢士氏報告「深層学習を用いて極性付与されたアナリストレポートと株式リターンとの関連性」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第26回大会,一橋大学  2018年6月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • The Need for Speed: A New Construct of Management Forecast Revisions in the Auditing Context

    太田浩司, David Lau, Norman Wong

    日本ディスクロージャー研究学会第16回研究大会,法政大学  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:法政大学  

    researchmap

  • わが国におけるレピュテーション効果の検証

    太田浩司, 河瀬宏則, David Lau

    日本ディスクロージャー研究学会第16回研究大会,法政大学  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:法政大学  

    researchmap

  • 経営者の開示戦略における自社株買いの買付動機

    太田浩司, 河瀬宏則

    日本経営財務研究学会第41回全国大会,関西大学  2017年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 自由論題報告第2会場で司会

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第15回研究大会,東北大学  2017年6月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • The Influence of Audit Quality on the Accuracy and Revision Speed of Management Forecasts: Empirical Evidence from Japan

    太田浩司, Daid Lau

    日本ファイナンス学会第25回大会,千葉工業大学  2017年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 辻晶弘氏報告「「決算短信テキスト情報と業績予想」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第25回大会,千葉工業大学  2017年6月 

     詳細を見る

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 会場F「Corporate Information」で司会

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第25回大会,千葉工業大学  2017年6月 

     詳細を見る

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 経営者予想利益の修正速度と市場の評価

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第14回研究大会,大阪市立大学  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 自社株買いにおける企業内部者の機会主義的行動に関する実証研究

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第40回全国大会,武蔵大学  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:武蔵大学  

    researchmap

  • 第2会場セッション1:実証会計で司会

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第40回全国大会,武蔵大学  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:武蔵大学  

    researchmap

  • 自社株買いにおける企業内部者の機会主義的行動に関する実証研究

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第24回大会,横浜国立大学  2016年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学  

    researchmap

  • Why do managers revise their forecasts downward to avoid reporting negative earnings surprises?: Evidence from Japan

    太田浩司, Daid Lau

    日本ディスクロージャー研究学会第12回研究大会,早稲田大学  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 自由論題報告第1会場で司会

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第12回研究大会,早稲田大学  2015年12月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 自由論題報告セッションIVで司会

    太田浩司

    日本会計研究学会第65回関西部会,大阪市立大学  2015年12月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 自己株式取得公表に対する短期および長期の市場反応−Market買付とToSTNeT買付の比較−

    太田浩司, 河瀬宏則

    日本経営財務研究学会第39回全国大会,九州大学  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 自己株式取得公表に対する短期および長期の市場反応−Market買付とToSTNeT買付の比較−

    太田浩司, 河瀬宏則

    日本会計研究学会第74回大会,神戸大学  2015年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学  

    researchmap

  • 会場C「特許と企業価値」で司会

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第23回大会,東京大学  2015年6月 

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • 井出真吾氏報告「株式市場における特許情報の価値関連性に関する実証分析」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第23回大会,東京大学  2015年6月 

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • 金鐘勲氏報告「K-IFRSの自発的適用が情報の非対称性に与えた影響」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第10回研究大会『現代ディスクロージャー研究』カンファレンス,名古屋市立大学  2014年12月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋市立大学  

    researchmap

  • 加藤政仁氏報告「融資企業に対する銀行系証券アナリストの利益相反問題−投資推奨と株式市場の反応を用いた実証分析−」のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第38回全国大会,明治大学  2014年10月 

     詳細を見る

    開催地:明治大学  

    researchmap

  • 企業評価における予測指向と歴史的会計情報の有用性

    太田浩司

    日本会計研究学会第72回大会,中部大学  2013年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:中部大学  

    researchmap

  • Feltham-Ohlsonモデルの実証研究

    太田浩司, 斉藤哲朗, 吉野貴晶

    日本会計研究学会第72回大会,中部大学  2013年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中部大学  

    researchmap

  • 論題「アノマリー」の会場で司会

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第21回大会,武蔵大学  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:武蔵大学  

    researchmap

  • コンセンサス予想の経営者予想に対する優位性の決定要因

    太田浩司, 河瀬宏則

    日本ファイナンス学会第21回大会,武蔵大学  2013年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:武蔵大学  

    researchmap

  • Norio Kitagawa and Shin’ya Okuda, “Management Forecasts, Idiosyncratic Risk, and Information Environment.”のコメンテータ

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第7回研究大会,福島学院大学  2013年5月 

     詳細を見る

    開催地:福島学院大学  

    researchmap

  • アナリスト予想 vs 経営者予想(過則勿憚改)

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第6回研究大会,神戸大学  2013年1月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸大学  

    researchmap

  • Ting-Kai Chou, “Managerial Ability, Analyst Recommendations, and Price Informativeness.”のコメンテータ

    Koji Ota

    The 3rd TJAR (The Japanese Accounting Review) Conference, Doshisha University  2012年11月 

     詳細を見る

    開催地:同志社大学  

    researchmap

  • White, Newey-West, Cluster-robust, Fama-MacBethの標準誤差の理論と応用

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第36回全国大会,専修大学  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:専修大学  

    researchmap

  • Kazushi Shirato and Kyoko Nagata “Earnings Management through Classification Shifting under Japanese GAAP.”のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第36回全国大会,専修大学  2012年10月 

     詳細を見る

    開催地:専修大学  

    researchmap

  • 自由論題セッションA会場で司会

    太田浩司

    証券経済学会第78回全国大会,久留米大学  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:久留米大学  

    researchmap

  • White, Newey-West, Cluster-robust, Fama-MacBethの標準誤差の理論と応用

    太田浩司

    日本会計研究学会第71回大会,一橋大学  2012年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • 自由論題セッション第10会場で司会

    太田浩司

    日本会計研究学会第71回大会,一橋大学  2012年8月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学  

    researchmap

  • Katsuhiko Okada and Hiroyuki Nakajima, “Can Investors in the Japanese Stock Market Profit from the Analysts? - An Empirical Analysis of Analysts’ Signals Disseminated from the Bloomberg Terminal ?.”のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第20回大会,一橋大学大学院ICS  2012年5月 

     詳細を見る

    開催地:一橋大学大学院ICS  

    researchmap

  • 野間幹晴・奈良沙織氏報告「企業規模による予想利益の精度と価値関連性−経営者予想とアナリスト予想を中心に−」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ディスクロージャー研究学会第4回研究大会,日本大学  2012年1月 

     詳細を見る

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • Hsien-Li Lee and Hua Lee, “The Value Relevance of Summarized Accounting Information and Audit.”のコメンテータ

    Koji Ota

    The 2nd TJAR (The Japanese Accounting Review) Conference, Kobe University  2011年12月 

     詳細を見る

    開催地:神戸大学  

    researchmap

  • 林順一氏報告「社外取締役とIR,株主還元の関係分析に関する一考察」のコメンテータ

    太田浩司

    証券経済学会第76回全国大会,京都産業大学  2011年11月 

     詳細を見る

    開催地:京都産業大学  

    researchmap

  • 高橋孝輔・徳永俊史氏報告「自社株買いのアナウンスメント効果」のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第35回全国大会,大阪市立大学  2011年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 加藤政仁・鈴木健嗣氏報告「公募増資費用と証券アナリスト」のコメンテータ

    太田浩司

    日本経営財務研究学会第35回全国大会,大阪市立大学  2011年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • Information Content of Analysts’ Ratings and Earnings Forecasts in the Presence of Management Earnings Forecasts

    太田浩司

    日本金融学会関西部会,関西学院大学梅田キャンパス  2011年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西学院大学梅田キャンパス  

    researchmap

  • 姜理恵氏報告「フィナンシャル・ガイダンスに関する日米比較−情報発信者と受容者の意識に関するクロス・チェック−」のコメンテータ

    太田浩司

    証券経済学会第75回全国大会,日本大学  2011年6月 

     詳細を見る

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • Informativeness of Analysts’ Stock Ratings and Earnings Forecasts in the Presence of Public Earnings Guidance

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第19回大会,早稲田大学  2011年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 長澤賢一・伊藤彰敏氏報告「無形資産投資が企業の資金保有および配当行動に与える影響に関する分析」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第19回大会,早稲田大学  2011年5月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Information Content of Analysts’ Ratings and Earnings Forecasts in the Presence of Management Earnings Forecasts

    太田浩司

    2011 The Japanese Accounting Review (TJAR) 1st Conference, Kobe University  2011年2月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学  

    researchmap

  • 遠谷貴裕氏報告「潜在株式調整後1株当たり利益の株価説明力の検証」の司会・コメンテータ

    太田浩司

    日本経営分析学会第26回秋季大会,早稲田大学  2010年11月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 資本市場におけるセルサイド・アナリストの役割

    太田浩司

    千里山会計学研究会,関西大学  2010年9月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 「一日で学ぶ経営者予想とアナリスト予想」で講演

    太田浩司

    日本IR協議会第123回IRサークル,国立オリンピック記念青少年総合センター  2010年8月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター  

    researchmap

  • 証券市場におけるセルサイド・アナリストの情報効果と今後の課題

    太田浩司

    関西大学商学会,関西大学千里山キャンパス  2010年5月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 「アナリスト・レポートの実証分析−目標株価とレポート内容の分析を中心に−」で講演

    太田浩司

    日本証券アナリスト協会関西地区特別セミナー,大阪証券取引所内北浜フォーラム  2010年3月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪証券取引所内北浜フォーラム  

    researchmap

  • 「アナリスト・レポートに関する最近の実証研究の結果とIRへのインプリケーション」で講演

    太田浩司

    日本IR協議会,TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター  2010年2月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター  

    researchmap

  • 自由論題セッション第1会場で司会

    太田浩司

    ディスクロージャー研究学会第11回年次大会,兵庫県立大学  2009年11月 

     詳細を見る

    開催地:兵庫県立大学  

    researchmap

  • 鈴木健嗣氏報告「公募増資と経営者予想」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第17回大会,青山学院大学  2009年5月 

     詳細を見る

    開催地:青山学院大学  

    researchmap

  • 「株式レーティング情報の有用性−レーティング公表に対する市場の反応−」で講演

    太田浩司

    日本証券アナリスト協会,東京証券取引所  2009年4月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:日本証券アナリスト協会  

    researchmap

  • 「株式レーティングの有用性」で講演

    太田浩司

    日本証券アナリスト協会関西地区特別セミナー,大阪証券取引所内北浜フォーラム  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪証券取引所内北浜フォーラム  

    researchmap

  • セルサイド・アナリストの公表する株式レーティング情報の有用性

    太田浩司, 近藤江美

    日本会計研究学会第67回大会,立教大学  2008年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立教大学  

    researchmap

  • 「株式レーティングの公表に対する市場の反応−株価と出来高の検証−」で講演

    太田浩司

    青山大学青山キャンパス  2008年5月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:青山大学  

    researchmap

  • 株式レーディングの公表に対する市場の反応−株価と出来高の検証−

    太田浩司, 近藤江美

    日本経営分析学会第25回年次大会,関西大学  2008年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • わが国における予測情報研究の現状と今後の課題

    太田浩司

    第9回現代ディスクロージャー研究大会,大阪市立大学  2007年11月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 経営者予想とアナリスト予想

    太田浩司

    日本会計研究学会第66回大会,松山大学  2007年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山大学  

    researchmap

  • 「What We Know about Management Earnings Forecasts in Japan」で講演

    太田浩司

    Merrill Lynch Japan Conference 2007,Grand Hyatt Tokyoホテル  2007年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Grand Hyatt Tokyoホテル  

    researchmap

  • Analysts’ Awareness of Systematic Bias in Management Earnings Forecasts: Empirical Evidence from Japan

    太田浩司

    American Accounting Association (AAA), 2007 Annual Meeting, Chicago  2007年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago  

    researchmap

  • 法人税率変更と企業の利益調整行動

    太田浩司, 西澤賢治

    第1回現代ディスクロージャー研究カンファレンス,早稲田大学  2007年6月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 「倒産企業の経営者予想について」のテーマで講演

    太田浩司

    筑波大学大塚キャンパス  2007年1月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 自由論題セッション第2会場で司会

    太田浩司

    ディスクロージャー研究学会第8回年次大会,早稲田大学  2006年11月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 金田直之氏報告「日本企業の利益調整について−アナリスト予想からの検証」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第14回大会,東京大学  2006年6月 

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • アナリストは倒産企業の利益予想バイアスを見抜いているか?

    太田浩司

    日本経営分析学会第23回年次大会,兵庫県立大学  2006年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県立大学  

    researchmap

  • 松村尚彦氏報告「決算発表後の株価ドリフト:Fosterモデルを用いた市場の期待形成に関する分析」のコメンテータ

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第13回大会,横浜国立大学  2005年6月 

     詳細を見る

    開催地:横浜国立大学  

    researchmap

  • Vuong(1989)検定の理論と応用−会計利益とキャッシュ・フローの情報内容−

    太田浩司, 松尾精彦

    日本会計研究学会第63回大会,中央大学  2004年9月 

     詳細を見る

    開催地:中央大学  

    researchmap

  • 残余利益モデルに基づく財務比率分析のテーマで講演

    太田浩司

    MPTフォーラム6月度例会,東洋経済新報社本社ビル  2004年6月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東洋経済新報社本社ビル  

    researchmap

  • 市場の期待利益の代理変数として何を用いるべきか?−I/B/E/S,四季報,経営者予想の比較−

    太田浩司

    ディスクロージャー研究学会第5回年次大会,大阪経済大学  2003年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪経済大学  

    researchmap

  • 倒産企業の会計操作−経営者による利益予想の分析−

    太田浩司, 須田一幸

    日本会計研究学会第62回大会,近畿大学  2003年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学  

    researchmap

  • Does the Stock Market Know the Systematic Bias in Management Earnings Forecasts?: Empirical Evidence from Japan

    太田浩司

    American Accounting Association (AAA), 2003 Annual Meeting, Hawaii  2003年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii  

    researchmap

  • 経営者予想利益誤差の決定要因

    太田浩司

    日本ファイナンス学会第11回大会,武蔵大学  2003年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:武蔵大学  

    researchmap

  • 経営者利益予想誤差の決定要因

    太田浩司

    日本簿記学会第4回大学院生研究報告大会,神戸大学  2002年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学  

    researchmap

  • An Empirical Evaluation of Ohlson (1995) Model in Japan

    Koji Ota

    Asian Academic Accounting Association (AAAA), 1st Annual Conference, Singapore  2000年8月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 令和3年度証券経済学会優秀論文賞

    2022年9月   証券経済学会   「女性役員が負債コストに与える影響の実証研究」

    太田浩司, 向真央

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 自社株買いの動機とその経済的帰結に関する包括的研究

    研究課題/領域番号:22K01588  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    researchmap

  • 自己株式の取得に関する総合的研究

    研究課題/領域番号:19K01768  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    日本における自社株買いの研究は数多く存在しているが、そのほとんどは、米国における先行研究に依拠したものであり、日本独自の自社株買い制度を取り扱った研究は未だ少ない。そこで、本申請研究では、わが国特有の開示制度や買付制度を利用することによって、自社株買いの新たな側面を解明することを目的としている。
    具体的には、(ⅰ)自社株買いの達成率の観点から見たわが国におけるレピュテーション効果の検証と、(ⅱ)自社株買いの公表が、決算等に関するBad Newsの影響を緩和する役割を果たしているかについての調査の2点について実証的に検証を行っており、当該年度は、(ⅱ)に関する研究をほぼ終了することができた。
    当該研究の予備調査からは、わが国の自社株買いのアナウンスは、決算発表等と同時に行われることが多く、その比率は全観測値数の半分近くにも達するという結果が得られていた。また、米国の先行研究からは、同時公表をサンプルから除く研究よりも、同時公表をサンプルに含める研究において市場の反応が小さくなるという興味深い現象が観察されている。このことは、自社株買いが他の情報と同時に公表される場合には、他の開示情報がBad Newsであることが多いということを暗示するものであり、さらには、経営者には決算発表等の内容が悪かった場合に、それが市場に与えるであろう負のインパクトを打ち消すために、Good Newsである自社株買いを同時にアナウンスする動機があるということを示唆していると考えられる。そこで、当該研究において自社株買いと同時に公表される情報の内容を精査し、自社株買いはBad Newsと同時に公表される傾向があるという仮説を立て検証を行ったところ、仮説を支持する結果を得ることができた。

    researchmap

  • コーポレートガバナンスが企業のディスクロージャーの質に与える影響について

    2017年4月 - 2019年3月

    石井記念証券研究振興財団 

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 自社株買いに関する包括的研究

    研究課題/領域番号:16K03762  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    本申請研究では,研究期間中に,自社株買いに関する論文3本,実証研究における計量経済学的手法に関する論文2本の,合計5本の論文の成果を得ている。自社株買いに関する研究論文3本では,わが国における,自社株買いの公表に対する短期および長期の市場反応,相対取引による自社株買いの実態,自社株買いの達成率にみられるレピュテーション効果の存在について調査を行い,わが国特有の証拠を発見している。また,実証研究における計量経済学的手法に関する論文2本では,頑健性のある標準誤差に関する最新の研究の紹介と実証研究でしばしば用いられる交差項に関する最新の知見について論述している。

    researchmap

  • 自社株買いのオフセット行動に関する実証分析

    研究課題/領域番号:15H06793  2015年8月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    河瀬 宏則, 太田 浩司

      詳細を見る

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    本研究では,企業の経営者が何か株価に悪影響を与える情報を適時開示しなくてはならない場合,株価に好影響を与える自社株買いを同時に公表することで,その悪影響を相殺しようとする動機が存在することを明らかにした.これまで新聞紙面で言われてきたような,ROE向上や株主還元を目的とする自社株買いのみならず,こうした相殺目的で自社株買いが行われるという説明は世界的にも初めての指摘である.今後は,分析結果の完成度を高め,然るべき研究雑誌での公表を行いたい.

    researchmap

  • 会計情報の開示とショートターミズム(近視眼的経営)の関係性についての多面的研究

    研究課題/領域番号:24330139  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    伊藤 邦雄, 中野 誠, 鈴木 健嗣, 大塚 成男, 中條 祐介, 梅原 秀継, 金 鉉玉, 鈴木 智大, 浦崎 直浩, 太田 浩司, 矢澤 憲一, 加賀谷 哲之, 野間 幹晴, 川島 健司, 円谷 昭一, 越智 学

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究の狙いは、会計情報の開示と企業における近視眼的経営あるいは短期志向(short-termism)の関係性を検証することにある。このため、本研究では、①アーカイバルデータに基づく実証研究、②サーベイ調査、③インタビュー調査の3つのアプローチを採用した。
    検証の結果、日本における企業の短期志向は、米国のように経営者報酬のための機会主義的な行動を源泉としていないことが確認された。投資家との円滑な対話・エンゲージメントの不足が、企業のリスクテイク行動などに対する消極性を生み出しており、会計・開示制度の国際的収斂化などに伴う開示負担の増大がそれに拍車をかけている可能性があることが確認された。

    researchmap

  • 自己株式の取得および処分に関する実証分析

    2012年4月 - 2014年3月

    日本証券奨学財団 

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

    researchmap

  • 証券会社の独立性に関する分析

    研究課題/領域番号:23530391  2011年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    太田 浩司, 近藤 江美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1950000円 ( 直接経費:1500000円 、 間接経費:450000円 )

    本研究では,アナリスト・レポートに含まれている,アナリスト推奨や利益予想情報に対して,市場がどのような反応をしているかについて調査している.結果は,市場はアナリスト推奨と利益予想の両情報に反応しており,また,経営者自らが開示する経営者利益予想情報を所与としても,さらに追加的な情報内容を有しているというものであった.このことは,アナリストは市場に追加的な付加価値を付与しているということを示すものであるといえる.

    researchmap

  • セルサイド・アナリストの予想バイアスに関する実証分析−証券会社と上場企業との間の投資銀行・引受関係が与える影響について−

    2009年4月 - 2010年3月

    関西大学学術研究助成基金奨励研究 

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

    researchmap

  • 証券アナリストの新規カバレッジに関する実証分析

    2009年4月 - 2010年3月

    石井記念証券研究振興財団 

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:670000円

    researchmap

  • 倒産企業の財務ディスクロージャーの特徴

    2007年4月 - 2009年3月

    全国銀行学術研究振興財団 

    太田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円

    researchmap

  • 経営者の公表する業績予想がアナリストに与える影響についての調査

    研究課題/領域番号:17730288  2005年4月 - 2006年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    太田 浩司

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    経営者が企業の将来業績の見込みについて自ら公表する予想情報は、一般に経営者予想と呼ばれている。わが国における財務開示の最大の特徴は、わが国の証券取引所が、各事業年度の決算内容に係わる適時開示すなわち決算発表において、企業に当期の実績値とともに次期の経営者予想を公表することを要請している点である。本研究では、1979-1999年の期間に公表された経営者予想のバイアスの決定要因を調査している。単変量および多変量の分析結果は、マクロ経済的影響、業種、企業規模、上場市場、外部資金調達、財務的困窮、過去の経営者予想誤差、成長性、赤字、経営者配当予想という10個の要因が全て経営者予想のバイアスと関係しているということを示すものであった。次に、この経営者予想のシステマティックなバイアスを市場が正しく認知しているかどうかを調査している。ヘッジ・ポートフォリオ戦略の結果は、経営者予想誤差を予測することによって異常リターンが獲得可能であることを示しており、市場が経営者予想に存在するシステマティックな誤差に関する情報を、完全には株価に織り込んでいない可能性を示唆するものであった。
    経営者による次期の利益予想情報の提供はわが国の財務開示システムの大きな特徴である。それにもかかわらず、データの入手が困難であるということもあって、経営者予想の特性に関する研究は現在までほとんど行われてこなかった。本研究は、わが国の経営者予想の特性を調査するほとんど最初の研究と思われる。本研究による結果は、経営者予想におけるシステマティックなバイアスが存在することを示すものであり、今後のわが国の経営者予想研究に大いに示唆を与えるものである。

    researchmap

  • 包括利益の総合分析-理論研究と実証研究-

    研究課題/領域番号:14330042  2002年4月 - 2004年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    前田 貞芳, 久保田 敬一, 太田 浩司, 横田 絵理, 辻山 栄子, 竹原 均, 須田 一幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:13000000円 ( 直接経費:13000000円 )

    包括利益の理論研究に関しては、辻山が会計基準の観点から、前田が業績管理会計の観点から、さらに共同研究者松本が税務の観点から、それぞれ理論分析の論稿を展開した。本共同研究における見解は、成果報告書の概論にまとめてある通りである。
    包括利益の実証研究に関しては、まず計2回の2年間に亘りアンケートを行い、その他の包括利益の有用性についての我が国企業経営者の意識調査を進めた。その成果は、昨年度の第1回アンケートについて、会計学会で報告すると共に、武蔵大学論集で刊行したが、我が国の企業経営者は純利益がもっとも大事な外部報告のための指標であるが、包括利益も補助的に有用であると考えていることがわかった。第1回アンケートの全貌、および第2回アンケートのうち利用者の観点からの結果については、証券アナリストジャーナルの5月号において公刊される(初校済み)。
    さらに、実証研究に関して、税制と利益性そして企業の資本コストの関係について、久保田がInternational Institute of Public Finance Congressで、利益と市場非効率性について須田がAsia Academic Finance Associationで、竹原がSouthwestern Finance Associationで、またaccounting accrualsの価値関連性については久保田がCarnegie Mellon大学Accounting Seminar、などにおいてそれぞれ研究成果を国際学会発表した。これらの実証研究から、日本の資本市場では、利益操作された会計利益に反応するが、翌年度の利益情報が開示されるにつれて、これが矯正されていく、すなわち短期的な市場非効率性が見られること、さらにこれらの調整を投資家が正しく分析するためには、景気(ビジネスサイクル)の確率過程、そしてその利益の確率過程との関係、さらにそれによる株価収益率との関連を有機的に分析することが大事であることが明らかにされ。これらは、資産負債観による、現在の税効果会計の方法を正当化するものである。

    researchmap

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 現代会計

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 実証会計学

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 商業簿記

    機関名:関西大学

     詳細を見る

  • 証券論

    機関名:帝塚山大学

     詳細を見る

  • Financial Management

    機関名:京都大学

     詳細を見る

  • 企業財務論

    機関名:兵庫県立大学

     詳細を見る

  • 財務管理論

    機関名:帝塚山大学

     詳細を見る

  • 企業財務論

    機関名:法政大学

     詳細を見る

  • 企業分析論

    機関名:近畿大学

     詳細を見る

  • 金融証券経済論

    機関名:武蔵大学

     詳細を見る

  • 財務報告論

    機関名:武蔵大学

     詳細を見る

  • 金融学概論

    機関名:武蔵大学

     詳細を見る

  • 英語で学ぶ現代ビジネス:株式投資

    機関名:関西大学

     詳細を見る

▼全件表示

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

  • 配布レジュメを自身のホームページで公開して、各自Download、プリントアウトして持参してもらっています。 こうすることによって、授業に休んだ生徒も講義内容にキャッチアップできます。

作成した教科書、教材、参考書

  • 教科書として、 ・『簿記システムの基礎 2級商業簿記編 改訂版』2010年10月(共著) ・『現代の財務管理 新版』2011年3月,有斐閣アルマ(共著) ・『アカウンティング四訂版』2011年9月,(共著) を作成しました。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  •  特になし

その他教育活動上特記すべき事項

  •  平成23年度 関西大学教育推進費の受給