Updated on 2024/03/30

写真a

 
YONETSU,Daigo
 
Organization
Faculty of Engineering Science Associate Professor
Title
Associate Professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree

  • Doctor of Engineering ( 2003.9 )

Research Interests

  • ;

Research Areas

  • Natural Science / Basic analysis

  • Nanotechnology/Materials / Applied condensed matter physics

  • Informatics / Theory of informatics

Education

  • Kansai University   Graduate School, Division of Engineering   Electrical Engineering Major

    2003

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Kansai University   Faculty of Engineering   Department of Electrical Engineering

    - 1998

      More details

    Country: Japan

    researchmap

Professional Memberships

  • Institute of Electrical and Electronic Engineers

      More details

  • 日本AEM学会

      More details

  • The Japan Society for Simulation Technology

      More details

  • The Institute of Electrical Installation Engineers of Japan

      More details

  • The Institute of Electrical Engineers of Japan

      More details

Committee Memberships

  •   電磁界解析の先進技術応用技術調査専門委員会委員  

    2019.4 - 2022.3   

      More details

  •   論文委員会(A1グループ)主査  

    2019.4 - 2020.3   

      More details

  •   高圧受電設備のBCP対策に関する調査・研究委員会委員長  

    2018.4 - 2020.3   

      More details

  •   論文委員会(A1グループ)副主査  

    2018.4 - 2019.3   

      More details

  •   電気設備学会関西支部役員会理事  

    2017.4 - 2020.3   

      More details

  •   関西支部評議員  

    2017.4 - 2019.3   

      More details

  •   電磁界解析の高精度化技術調査専門委員会幹事  

    2016.4 - 2019.3   

      More details

  •   高圧受電設備の劣化と余寿命に関する調査研究委員会副委員長  

    2016.4 - 2018.3   

      More details

  •   論文委員会(A1グループ)幹事  

    2014.4 - 2018.3   

      More details

  •   先進電磁界解析による設計高度化技術調査専門委員会幹事補佐  

    2013.4 - 2016.3   

      More details

  •   技術継承委員会  

    2012.4 - 2018.3   

      More details

  •   関西支部評議員  

    2011.4 - 2013.3   

      More details

  •   電磁界解析高度利用技術調査専門委員会委員  

    2010.4 - 2013.3   

      More details

  •   経済性と環境を考慮した電線ケーブルの最適導体サイズに関する調査研究委員会委員  

    2009.4 - 2020.3   

      More details

  •   電磁界数値解析の有効利用技術調査専門委員会委員  

    2007.4 - 2010.3   

      More details

▼display all

Papers

  • 独立避雷鉄塔による洋上風力発電所雷保護のための確率密度関数を用いた費用便益分析 Reviewed

    安田 陽, 米津 大吾, 藤井 利昭

    電気学会論文誌B   39巻5号,pp.29-38   2022.7

     More details

  • Utilisation of Titanium and Titanium Dioxide as Scaffolds for Proliferating Coral Reef Reviewed

    上田 正人, 猿渡 ちひろ, 高橋 智幸, 鶴田 浩章, 徳重 英信, 彦坂 弘久, 米津 大吾, 池田 勝彦

    Trans Tech Publications Ltd   Vol. 1016, pp 1497-1502   2021.1

     More details

  • 電線太径化(ECSO)普及のための異径ジョイント工法の提案と検証 Reviewed

    米津 大吾, 矢野 剛, 北里 敬輔, 齊藤 秀路, 益尾 和彦

    電気設備学会誌   39巻5号,pp.29-38   2019.5

     More details

  • Prediction of Behavior of Low‐Power Noncontact Charger

    米津 大吾, 山本 靖

    Electrical Engineering in Japan   Vol.196,No.2, pp.14-23   2016.2

     More details

  • 小電力非接触充電回路の動作予測の計算に関する検討 Reviewed

    米津 大吾, 山本 靖

    電気学会論文誌D   Vol.134, No.11, pp.948-955   2014.11

     More details

  • Evaluating the hydrogen isotope absorption/diffusion coefficient of CVD-SiC at high temperature

    Yasushi Yamamoto, Takashi Karasawa, Yuichiro Murakami, Shinichi Takemoto, Daigo Yonetsu, Kazuyuki Noborio, Satoshi Konishi

    Fusion Engineering and Design   Vol.89, pp.1392-1396   2014.10

     More details

  • Calculation of Heating Efficiency of Induction Heating Cooker by Using Finite Element Analysis Reviewed

    Vol.34, No.5, pp.339-345   2014.5

     More details

  • Determination of Optimum Operating Frequency for Non-contact Charger Reviewed

    YONETSU,Daigo

    Vol.20, No.2, pp.377-384   2012.6

     More details

  • Examination of Buoyancy-Reduction Effect in Induction-Heating Cookers by using 3D Finite Element Method

    Yonetsu Daigo, Tanaka Kazufumi, Hara Takehisa

    Vol.130, No.5, pp.590-598   2010.5

     More details

  • Simulated Annealing法の多点探索型への改良と最適化例 Reviewed

    米津大吾, 吉田 誉, 原 武久, 島田茂樹

    シミュレーション   26,(1), pp. 49-57   2007.3

     More details

  • IH調理器の更なる高品質加熱のためのコイル配置設計に関する検討 Reviewed

    米津大吾, 川田浩平, 原 武久, 氏家 諭, 上東隆也, 増田 正

    電気学会論文誌   D, 126,(11), pp. 1591-1597   2006.11

     More details

  • コイルの巻き易さを考慮したIH調理器の高品質加熱最適設計 Reviewed

    米津大吾, 川田浩平, 原 武久, 氏家 諭, 増田 正

    電気設備学会誌   26,(6), pp.426-432   2006.6

     More details

  • Electric Field Optimization of the Power Cable Joint by Using Evolutionary Calculation Method

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    Electrical Engineering in Japan   Vol.150, No.4, pp.44-53   2005.4

     More details

  • DC Potential Non-Destructive Test by Using Neural Network Designed by Multi Objective Genetic Algorithm Reviewed

    YONETSU Daigo, Kazuhisa Kashima, Hiroyuki Higashino, Takehisa Hara

    Simulation   23巻3号, pp.51-57   2004.9

     More details

  • Electrode Shape Design at the Power Cable Joint by Using (m+l)-ES Multi-Objective Evaluation Reviewed

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    IEEJ Transactions on EIS   124巻2号, pp.327-333 ( 2 )   327 - 333   2004.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This paper proposes effective and general-purpose insulation design method of the power cable joint. To improve the insulation performance of the cable joint, the electric field strength on the inner electrode surface should be made as low as possible. The evolution strategy(ES) method is employed for obtaining the optimum shape of the electrode. The multi-objective evaluation is performed as well as the single-objective evaluation. The one of the objective functions is the maximum electric field strength on the electrode and the other is the maximum electric field strength along the interface. The electrode shape that shows the smallest maximum electric field is obtained among the shapes that satisfy the constraint condition.

    DOI: 10.1541/ieejpes.124.327

    Scopus

    researchmap

  • 進化戦略を用いた電力ケーブル接続部の汎用的電界最適設計 Reviewed

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会論文誌C   123巻、4号、810-816   2003.4

     More details

    本論文では表面電荷法と進化戦略(ES) を用いた電力ケーブル接続部の電界最適化を検討している。電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン間の界面電界を許容値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要となる。表面電荷法は境界上のみの分割で電界を精度よく計算する方法である。ESは、目的関数に制約条件を考慮することが容易であり、探索の成否で探索範囲を拡大、縮小できる方法である。なお、内部電極湾曲部は座標を設計変数として容易に滑らかな曲線が描けるRiesenfeldスプライン関数で表現した。内部電極形状を矩形形状から始めて、最適化を5回試行したところ、いずれの場合も内部電極最大電界値は初期形状より50%近く減少することができた。このとき、絶縁ゴム-ポリエチレン界面の最大電界値も許容値以内に収まっている。次に、ESによる探索の収束性を検討するために、遺伝的アルゴリズム(GA)を用いて、同様の条件で5回探索した場合と比較した。その結果、ESのほうが形状、電界分布ともに探索結果の差異が小さく、GAより若干良好な結果であった。

    researchmap

  • 進化型計算法による電力ケーブル接続部の電界最適化 Reviewed

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会論文誌C   123巻、3号、527/534   2003.3

     More details

    本論文では表面電荷法と進化型計算法((1+1)-ES、(μ+λ)-ES、GA)を用いた電力ケーブル接続部の電界最適化を検討した。電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン間の界面電界を許容値以下に維持しながら、内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要となる。表面電荷法は境界上のみの分割で電界を精度よく計算する方法である。進化型計算法は、突然変異や組み換えが主な操作であり、大域的にも局所的にも探索できる方法である。内部電極湾曲部は6個の円弧で表現しており、輪郭を滑らかに接合するための制約条件が多く、局所解が複数存在する。電界の計算回数や設計変数の変動範囲などの条件を同じにして、上記3つの手法による最適化を試みた。いずれの場合も所期の条件を満たす形状を容易に探索することができた。ESとGAによる結果を比較したところ、突然変異が主な操作であるESの方が良好となることを確認した。また、(1+1)-ESより(μ+λ)-ESの方が良好な結果が得られていることから、局所的な探索性を向上させるために補助的に行う組み換えも有効であることがわかった。

    researchmap

  • 境界要素法と直接探索法による電力ケーブル接続部の最適設計 Reviewed

    岡本吉史, 米津大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    日本シミュレーション学会誌 シミュレーション   第21巻,3号,55/62   2002.9

     More details

    本論文では電力ケーブル接続部の効果的な電界最適化法を提案する。本最適化問題はケーブル接続部を構成する絶縁ゴムとポリエチレン間の界面方向電界を許容値以下に維持するという制約条件下で,内部電極湾曲部の最大電界を低減することである。筆者らは数値解析手法として境界要素法を用い,最適化手法としてRosenbrock法,あるいはSimulated Annealing法を用いた。また,内部電極湾曲部の曲線を滑らかに表現するためにスプライン関数を導入し,最適化過程で設計変数の探索範囲を動的に変化させることを考慮した。まず設計変数の探索範囲を固定し,最適化を行った。その結果,界面方向電界を許容値以下に維持しながら,内部電極湾曲部の最大電界を低減することができた。また,探索範囲を動的に変化させることで,探索範囲を固定した場合では得られない形状を算出することができ,なおかつ最大電界をさらに低減することができた。その形状は,経験的な知識に基づき内部電極湾曲部を円弧で表現した方法で得られた形状とほぼ同様であった。それゆえ,本最適設計法を用いれば,経験的な知識が無くとも簡単な矩形形状から湾曲した形状を得ることができ,形状の自由度が高い効率的な最適設計が行えることを示した。

    researchmap

  • 電力ケーブル接続部の電界最適化の検討 Reviewed

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    日本シミュレーション学会誌 シミュレーション   第21巻,1号,51/56   2002.3

     More details

    本論文では表面電荷法と遺伝的アルゴリズム(以下, GA)を用いた電力ケーブル接続部の電界最適化を検討している。電力ケーブル接続部の電界最適設計においては, 絶縁ゴムとポリエチレン間の界面電界を許容電界値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を最小化することが重要である。表面電荷法は解析領域内部を要素分割することなく電極表面や異なる誘電体の界面上の電界分布を精度よく計算することが可能である。GAは多数の形状パターンの中から最適解を効率よく探索する最適化手法であり, 制約条件を満足しない場合(形状)を排除することが容易である。そこで, 寸法の制約条件の他に界面電界を許容値以下に維持することも制約条件として与えた。本論文ではまず内部電極R部を3つの円弧で表現し, それぞれの半径を設計変数として最適化を試みた。なお, 内部電極R部を2つの円弧で表現したモデルを基準モデルとし, 基準モデルの界面電界の最大値を許容電界設定値としている。その結果, 内部電極表面では最大電界値が基準モデルより約14%低減した。一方, 絶縁ゴムとポリエチレンの界面上では基準モデルと同等の電界分布を維持することができた。次に, 許容電界設定値を基準モデルの界面電界最大値の95%, 105%に設定して同様に最適化を行った。

    researchmap

▼display all

Books

  • ECSO(電線の太径化)をより深く知るために…電線で生じる電力損失(ジュール損)についての基礎知識

    益尾 和彦, 原 武久, 米津 大吾( Role: Joint author)

    電気と工事  2017.9 

     More details

  • 電力・電気機器における電磁界解析の最新動向―7 静止器設計への磁界解析の応用

    米津 大吾( Role: Sole author)

    電気学会誌  2017.8 

     More details

  • 電力・電気機器関連の電磁界数値解析技術の最新動向

    五十嵐 一, 阿波根 明, 岡本 吉史, 米津 大吾( Role: Joint author)

    電気学会論文誌B  2017.3 

     More details

  • 先進電磁界解析による設計高度化技術

    米津 大吾( Role: Joint author)

    電気学会技術報告  2016.12 

     More details

  • 有限要素法による非接触充電装置やIH調理器に用いられるコイル抵抗の簡易計算法

    米津 大吾( Role: Sole author)

    JECTEC NEWS  2016.3 

     More details

  • Advanced numerical techniques in practical electromagnetic field computation

    YONETSU,Daigo

    2014.9 

     More details

  • 電磁界数値解析の有効利用技術

    米津 大吾( Role: Contributor)

    電気学会技術報告  2011.9 

     More details

  • ワイヤレス・エネルギー伝送技術の最前線

    原 武久, 米津 大吾( Role: Joint author)

    株式会社 エヌ・ティー・エス  2011.2 

     More details

  • 有限要素法による電磁誘導現象解析 -電気機器の自動設計および現象把握への取り組みについて-

    米津大吾( Role: Sole author)

    静電気学会誌  2008 

     More details

▼display all

MISC

  • 電力ケーブル接続部の電界最適設計

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    2004.7

     More details

  • 電気機器の構造最適設計の考え方と試行例

    米津 大吾

    関西大学工学会誌 工学と技術   Vol.13,No.1,45/49   2003.11

     More details

    近年、身の回りの電気機器は製造コストを低減することや設置面積を小さくすることを目的とした小型・軽量化が進んでいる。機器を小型・軽量化する際に留意するべき点は電気的性能をできるだけ損ねないことであり、大きさの決まった機器をわずかな形状、寸法や材料配置の修正により最も適した性能にすることが要求される。機器の最適な構造を得るには形状や材料配置を変化させ、評価するといった工程を繰り返し行うことになり、自動的かつ効率的に行うために最適設計技術の適用が有効であると考えられる。本稿では電気機器の構造最適設計の考え方や各種設定、筆者の行っている電力ケーブル接続部の絶縁設計に関する研究の一例について紹介する。

    researchmap

  • 電力機器の汎用的最適設計アルゴリズムの開発

    米津 大吾, 原武久

    技苑   No.115,33   2003.7

     More details

  • 遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせた直流ポテンシャル法非破壊探傷アルゴリズム

    米津 大吾, 原武久, 安田陽, 長江亮介

    関西大学工学会誌 工学と技術   11/4,15-21   1998.11

     More details

    直流ポテンシャル法は非破壊探傷問題の中で簡単に測定・解析ができる方法として、すでに幾つかの実用化がなされている。逆問題の一手法として直流ポテンシャル法を見た場合、この手法による計算結果との誤差関数を最小とする最小値探索問題(最適化問題)に帰着することができる。 本報告ではこの最適化問題に対して、遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせたハイブリッド探索法を提案する。遺伝的アルゴリズムは大域的探索能力を持つ反面、正確なクラックを求めるには要素分割を細かくする必要があり、有限要素法計算を多数回行うような誤差関数最小問題としては計算時間が膨大になるという問題が指摘されている。またグラディエント法は局所的探索にその能力を発揮するが、ローカルミニマム回避能力がないなどの本質的な弱点を有している。本報告が提案するハイブリッド探索は、単にそれぞれの欠点を補い合うだけでなく、両者の利点をより効果的に生かした特徴をもつ。特に節点座標を動的パラメータとしたグラディエント法は要素分割を修正しながら有限要素法反復計算を進めて行くため、その前段階での遺伝的アルゴリズムを用いた大域的探索においてはかなり荒い要素分割で十分となる。これにより、高速で精度の高い探傷アルゴリズムが可能となる。本論文では、前段階で遺伝的アルゴリズムにより欠陥のおおよその位置を推定し、遺伝的アルゴリズムで得られた形状を初期形状としてグラディエント法により四角形欠陥の座標修正を行った。その結果、GAにより実際の欠陥の近傍に欠陥の位置を推定することができる、グラディエント法により節点の座標を修正する際に局所的最適解に陥ることなくほぼ正確に欠陥同定を行えることが確認できた。

    researchmap

Presentations

  • Consideration about Characteristic Prediction of Non-contact Charger Systems for each Coil Diameter

    中西 朋也, 野口 恭平, 米津 大吾

    5th International Symposium on Electrical Engineering and Computer Sciencel  2019.2 

     More details

    Event date: 2019.2

    Venue:台湾・中原大学  

    researchmap

  • Consideration on Efficiency Prediction about Non-contact Charger Systems in Case of Tens Kilohertz for Each Coil Wire

    前原 祐紀, 岡本 真, 米津 大吾

    5th International Symposium on Electrical Engineering and Computer Science  2019.2 

     More details

    Event date: 2019.2

    Venue:台湾・中原大学  

    researchmap

  • 大規模洋上風力発電の耐雷設計のための放電試験に基づくリーダ進展様相の分析 その2

    米津 大吾, 綾田 航大, 原田 祥平, 田中 裕矢, 福田 修也, 安田 陽, 藤井 利昭

    電気学会 高電圧研究会  2019.1 

     More details

    Event date: 2019.1

    Venue:石垣島  

    researchmap

  • 大規模洋上風力発電の耐雷設計のためのFDTD法を用いた放電シミュレーション その2

    綾田 航大, 原田 祥平, 田中 裕矢, 福田 修也, 米津 大吾, 安田 陽, 藤井 利昭

    電気学会 高電圧研究会  2019.1 

     More details

    Event date: 2019.1

    Venue:石垣島  

    researchmap

  • 有限要素解析によるコイル内径ごとの非接触給電装置の特性予測に関する検討

    中西 朋也, 野口 恭平, 米津 大吾

    電気関係学会関西連合大会  2018.12 

     More details

    Event date: 2018.12

    Venue:大阪工業大学  

    researchmap

  • 各線材を用いた非接触給電の電力伝送効率に関する検討

    前原 祐紀, 岡本 真, 米津 大吾

    電気関係学会関西連合大会  2018.12 

     More details

    Event date: 2018.12

    Venue:大阪工業大学  

    researchmap

  • 環境配慮電線普及のための異径ジョイント工法の検証―ヒートサイクル試験の実施および「中継端子台方式」との工事費用の比較―

    米津 大吾, 益尾 和彦, 矢野 剛, 橋本 大, 齋藤 秀路, 北川 秀樹, 松本 祥吾

    電気設備学会全国大会  2018.9 

     More details

    Event date: 2018.9

    Venue:福井  

    researchmap

  • 大規模洋上風力発電の耐雷設計のための放電試験に基づくリーダ進展様相の分析

    原田 祥平, 綾田 航大, 玉田 倫也, 米津 大吾, 藤井 利昭, 安田 陽

    電気学会 新エネルギー・環境研究会/高電圧研究会  2018.6 

     More details

    Event date: 2018.6 - 2918.6

    Venue:京都  

    researchmap

  • 大規模洋上風力発電の耐雷設計のためのFDTD法を用いた放電シミュレーション

    綾田 航大, 原田 祥平, 玉田 倫也, 米津 大吾, 藤井 利昭, 安田 陽

    電気学会新エネルギー・環境研究会/高電圧研究会  2018.6 

     More details

    Event date: 2018.6

    Venue:京都  

    researchmap

  • Investigation about Power Transfer Efficiency of Wireless Charger for Each Wire Rod

    米津 大吾, 岡本 真, 野口 恭平

    IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power(2018WoW)  2018.6 

     More details

    Event date: 2018.6

    Venue:モントリオール  

    researchmap

  • 3軸磁界プローブを用いたIH調理器によるカーボン製土鍋の発熱量予測

    小幡 翔平, 宇高 亜留, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    電気学会全国大会  2018.3 

     More details

    Event date: 2018.3

    Venue:九州大学  

    researchmap

  • インバータ‐モータ系の筐体サイズの違いによる電磁ノイズの評価

    伊原 涼斗, 重儀 純平, 米津 大吾

    電気関係学会関西連合大会  2017.11 

     More details

    Event date: 2017.11

    Venue:近畿大学  

    researchmap

  • 有限要素解析によるアルミ線および銅クラッド線を用いた非接触給電用コイル定数の検討

    野口 恭平, 仲西 祐平, 米津 大吾

    電気関係学会関西連合大会  2017.11 

     More details

    Event date: 2017.11

    Venue:近畿大学  

    researchmap

  • IH用二重リング型コイルとインバータ電源を用いた同心円状カーボン製円盤の加熱特性実験

    庭瀬 達基, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 足立 敏宣, 東城 哲朗, 上関 俊也

    電気関係学会関西連合大会  2017.11 

     More details

    Event date: 2017.11

    Venue:近畿大学  

    researchmap

  • 各線材を用いた非接触給電の電力伝送効率に関する検討

    岡本 真, 米津 大吾, 戸田 泰行

    電気関係学会関西連合大会  2017.11 

     More details

    Event date: 2017.11

    Venue:近畿大学  

    researchmap

  • 有限要素解析によるIH調理器に使用するカーボン製円盤の厚さ最適化に関する検討(2) ―フェライトコアを有するモデルの計算―

    米津 大吾, 田中 祥吾, 小幡 翔平, 庭瀬 達基, 足立 敏宣, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    電気学会 静止器・回転機合同研究会  2017.9 

     More details

    Event date: 2017.9

    Venue:佐賀大学  

    researchmap

  • Electromagnetic Noise Analysis of Inverter Fed Motor System by FDTD Method

    重儀 純平, 米津 大吾

    4th International Symposium on Electrical Engineering and Computer Science  2017.9 

     More details

    Event date: 2017.9

    Venue:関西大学  

    researchmap

  • Development of Calculation Method about Power Transfer Efficiency for Non-contact Charger Systems in Case of Several Megahertz

    柳井 徹, 米津 大吾

    4th International Symposium on Electrical Engineering and Computer Science  2017.9 

     More details

    Event date: 2017.9

    Venue:関西大学  

    researchmap

  • Examination about Thickness Optimization of Carbon Plates for Induction Heating Cooker by Finite Element Analysis

    田中 祥吾, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    4th International Symposium on Electrical Engineering and Computer Science  2017.9 

     More details

    Event date: 2017.9

    Venue:関西大学  

    researchmap

  • 環境配慮電線普及のための異径ジョイント工法の検証―各種試験の実施―

    米津 大吾, 益尾 和彦, 矢野 剛, 橋本 大, 齋藤 秀路, 北川 秀樹, 松本 祥吾

    電気設備学会全国大会  2017.8 

     More details

    Event date: 2017.8 - 2017.9

    Venue:愛媛大学  

    researchmap

  • IH調理器・非接触給電装置の高効率利用のための計算事例

    米津 大吾

    電気学会北海道支部 専門家向け講演会  2017.8 

     More details

    Event date: 2017.8

    Venue:北海道大学  

    researchmap

  • Investigation about validity of calculation results for non-contactchargers with rectangular voltage source

    米津 大吾

    2017 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer (WoW)  2017.5 

     More details

    Event date: 2017.5

    Venue:Chongqing, China  

    researchmap

  • 数MHz帯域における非接触充電の電力伝送効率の周波数特性の一考察

    森本 浩之, 柳井 徹, 米津 大吾

    平成29年電気学会全国大会  2017.3 

     More details

    Event date: 2017.3

    Venue:富山大学  

    researchmap

  • 有限要素解析によるIH調理器に使用するカーボン製円盤の厚さ最適化に関する検討

    田中 祥吾, 東岡 祐示, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    平成29年電気学会全国大会  2017.3 

     More details

    Event date: 2017.3

    Venue:富山大学  

    researchmap

  • 有限要素解析による誘導加熱後のカーボン製円盤の保温特性計算に関する検討

    東岡 祐示, 田中 祥吾, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    平成29年電気学会全国大会  2017.3 

     More details

    Event date: 2017.3

    Venue:富山大学  

    researchmap

  • IH調理器によるSUS430製鍋の発熱量予測

    小幡 翔平, 西田 圭祐, 松浦 高行, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    平成29年電気学会全国大会  2017.3 

     More details

    Event date: 2017.3

    Venue:富山大学  

    researchmap

  • 数百kHz帯域における非接触充電装置の特性予測に関する検討

    仲西 祐平, 淵脇 宏樹, 野口 恭平, 米津 大吾

    平成29年電気学会全国大会  2017.3 

     More details

    Event date: 2017.3

    Venue:富山大学  

    researchmap

  • Investigation of Current Dependence of Power Factor and Power Transfer Efficiency for Non-Contact Charger (2)

    米津 大吾

    The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology(JSST2016)  2016.10 

     More details

    Event date: 2016.10

    Venue:Kyoto Universiy  

    researchmap

  • Investigation of Relationship Between Coupling Coefficient and Power Factor for Non-Contact Chargers

    米津 大吾

    IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power (2016 WoW)  2016.10 

     More details

    Event date: 2016.10

    Venue:Knoxville, Tennessee, USA  

    researchmap

  • IH調理器によるカーボン製円盤の加熱特性計算に関する検討

    東岡 祐示, 田中 祥吾, 米津 大吾, 大久保 博, 西尾 博文, 東城 哲朗, 上関 俊也

    電気学会 静止器・回転機合同研究会  2016.9 

     More details

    Event date: 2016.9

    Venue:石垣市商工会館  

    researchmap

  • 環境配慮電線普及のための異径ジョイント工法の検証-引張試験の実施-

    米津 大吾, 益尾 和彦, 橋本 大, 齊藤 秀路, 北川 秀樹, 松本 祥吾

    2016年(第34回)電気設備学会全国大会  2016.9 

     More details

    Event date: 2016.9

    Venue:岡山大学  

    researchmap

  • Development of Calculation Method about Power Transfer Efficiency for Inductive Power Transfer Systems in Case of Tens of Kilohertz

    米津 大吾, 淵脇 宏樹, 森本 浩之

    11th International Symposium in Science and Technology at Kansai University 2016  2016.7 

     More details

    Event date: 2016.7

    Venue:Kansai University  

    researchmap

  • Development of Calculation Method about Power Transfer Efficiency for Inductive Power Transfer Systems in Case of Several Megahertz

    森本 浩之, 淵脇 宏樹, 米津 大吾

    11th International Symposium in Science and Technology at Kansai University 2016  2016.7 

     More details

    Event date: 2016.7

    Venue:Kansai University  

    researchmap

  • Development of Calculation Method about Power Transfer Efficiency for Inductive Power Transfer Systems in Case of Hundreds of Kilohertz

    淵脇 宏樹, 森本 浩之, 米津 大吾

    11th International \symposium in Science and Technology at Kansai University 2016  2016.7 

     More details

    Event date: 2016.7

    Venue:Kansai University  

    researchmap

  • 非接触給電装置の特性予測のための解析

    米津 大吾

    電力・エネルギーフォーラム 第25回電磁界数値解析に関するセミナー  2015.12 

     More details

    Event date: 2015.12

    Venue:同志社大学 東京オフィス  

    researchmap

  • IH調理器・非接触給電装置の高効率利用について

    米津 大吾

    電気設備学会関西支部 フォーラム関西第30回委員会  2015.12 

     More details

    Event date: 2015.12

    Venue:大林組 大阪本社  

    researchmap

  • 導電率の温度特性と供給電流の時間変化を考慮した有限要素法によるIH調理器の加熱特性計算の妥当性に関する検討

    前田 智志, 米津 大吾, 山本 靖

    電気関係学会関西連合大会  2015.11 

     More details

    Event date: 2015.11

    Venue:摂南大学  

    researchmap

  • インバータ-モータ系の筐体の有無による電磁ノイズ評価

    小西 健太, 米津 大吾, 山本 靖

    電気関係学会関西連合大会  2015.11 

     More details

    Event date: 2015.11

    Venue:摂南大学  

    researchmap

  • Examination of the Current Dependence of Power Factor and Power Transfer Efficiency for a Non-contact Charger

    米津 大吾, 山本 靖

    The 34th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology  2015.10 

     More details

    Event date: 2015.10

    Venue:Toyama International Conference Center  

    researchmap

  • 環境配慮電線普及のための異径ジョイント工法の提案

    米津 大吾, 益尾 和彦, 橋本 大, 北川 秀樹

    電気設備学会全国大会  2015.9 

     More details

    Event date: 2015.9

    Venue:北海道大学  

    researchmap

  • 有限要素解析によるIH調理器の発熱量計算の妥当性に関する検討

    前田 智志, 北村 彩衣, 米津 大吾, 山本 靖

    電気学会 静止器・回転機合同研究会  2015.3 

     More details

    Event date: 2015.3

    Venue:沖縄県宮古島市  

    researchmap

  • Simulation for Power Transfer Efficiency of Inductive Charging System

    Daigo Yonetsu, Yasushi Yamamoto

    The 33rd JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology  2014.10 

     More details

    Event date: 2014.10

    Venue:Kitakyushu International Conference Center  

    researchmap

  • 電力機器の電磁解析事例

    米津 大吾

    第10回 「日本のライフラインを支える電力設備」シンポジウム  2014.10 

     More details

    Event date: 2014.10

    Venue:北海道大学  

    researchmap

  • インバータ-モータ系から発生する電磁ノイズのFDTD計算結果の補正

    米津 大吾, 中井 宏成, 山本 靖

    2014年(第32回)電気設備学会全国大会  2014.8 

     More details

    Event date: 2014.8

    Venue:東北文化学園大学  

    researchmap

  • 高温でのSiC水素透過実験における測定誤差評価と装置改良

    山本 靖, 竹本 慎一, 川端 佑太, 村上 雄一郎, 米津 大吾, 登尾 一幸, 小西 哲之

    日本原子力学会2014年春の年会  2014.3 

     More details

    Event date: 2014.3

    Venue:東京都市大学世田谷キャンパス  

    researchmap

  • 水素同位体透過実験装置における回り込みの影響

    村上雄一郎, 竹本 慎一, 山本 靖, 米津 大吾

    平成25年電気関係学会関西連合大会  2013.11 

     More details

    Event date: 2013.11

    researchmap

  • 非接触充電回路の電力伝送効率の測定結果と解析結果の比較

    米津 大吾, 西山 直輝, 山本 靖

    電気学会 静止器・回転機合同研究会  2013.9 

     More details

    Event date: 2013.9

    researchmap

  • Evaluation of hydrogen isotope absorption/diffusion coefficient of CVD-SiC in high temperature

    Y. Yamamoto, T. Karasawa, Y. Murakami, S. Takemoto, D. Yonetsu, K. Noborio, S. Konishi

    11th International Symposium on Fusion Nuclear Technology  2013.9 

     More details

    Event date: 2013.9

    Venue:Barcelona, Spain  

    researchmap

  • 有限要素解析によるIH調理器の加熱効率計算

    米津 大吾, 山本 靖

    2013年(第31回)電気設備学会全国大会  2013.9 

     More details

    Event date: 2013.9

    researchmap

  • Estimation Method for Heating Efficiency of Induction Heating Cooker by Finite Element Analysis

    D. Yonetsu, Y. Yamamoto

    19th International Conference on the Computation of Electromagnetic Fields  2013.7 

     More details

    Event date: 2013.7

    Venue:Budapest, Hungary  

    researchmap

  • Error Evaluation in Hydrogen Isotope Permeability Measurement and the Required degree of Vacuum

    Y. Yamamoto, S. Takemoto, Y. Murakami, D. Yonetsu, K. Noborio, S. Konishi

    25th IEEE/NPSS Symposium on Fusion Engineering  2013.6 

     More details

    Event date: 2013.6

    Venue:San Francisco, California, USA  

    researchmap

  • ツイストペア線路におけるピッチ長および線路 の終端処理による誘導電圧の変化に関する検討

    寺垣内 誠也 (D), 米津 大吾, 山本 靖, 島田 茂樹 (住友電気工業)

    電気学会全国大会  2013.3 

     More details

    Event date: 2013.3

    Venue:名古屋  

    researchmap

  • インバータ‐モータ系の電磁ノイズの測定および解析 ‐線路表現に関する検討-

    中井 宏成 (D), 米津 大吾, 山本 靖

    電気学会全国大会  2013.3 

     More details

    Event date: 2013.3

    Venue:名古屋  

    researchmap

  • SiC水素透過実験における回り込みについての検討

    竹本 慎一 (D), 米津 大吾, 山本 靖

    電気関係学会関西連合大会  2012.12 

     More details

    Event date: 2012.12

    Venue:吹田  

    researchmap

  • 線路間誘導電圧に関する測定装置の影響とツイスト加工による抑制効果に関する検討

    寺垣内 誠也 (D), 米津 大吾, 山本 靖, 島田 茂樹 (住友電気工業)

    電気関係学会関西連合大会  2012.12 

     More details

    Event date: 2012.12

    Venue:吹田  

    researchmap

  • インバータ‐モータ系の電磁ノイズの測定および解析—入力電圧の立ち上がり部表現の改善に関する検討—

    中井 宏成 (D), 米津 大吾, 山本 靖

    電気関係学会関西連合大会  2012.12 

     More details

    Event date: 2012.12

    Venue:吹田  

    researchmap

  • Inter-university Research on the Influence of High Frequency Surges on Insulation System in Inverter Fed Motors

    Akiko Kumada (The University of Tokyo)), Satoshi Matsumoto (Shibaura Institute of Technology)), Daigo Yonetsu, Katsuhiko Harada (Kyushu Institute of Technology)

    Joint Conference of 8th International Workshop on High Voltage Engineering & 2012 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering  2012.11 

     More details

    Event date: 2012.11

    Venue:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  • 3次元有限要素解析によるIH調理器の入出力・損失・加熱効率の推定に関する検討

    米津 大吾, 永濱 一貴(B), 山本 靖

    電気学会静止器・回転機合同研究会  2012.9 

     More details

    Event date: 2012.9

    Venue:函館  

    researchmap

  • IH調理器の発熱量・銅損・加熱効率の計算に関する検討

    米津 大吾, 山本 靖

    2012年(第30回)電気設備学会全国大会  2012.8 

     More details

    Event date: 2012.8

    Venue:名古屋大学  

    researchmap

  • SiC水素透過実験における装置設計と評価

    竹本 慎一 (D), 河原 正雄 (B), 北西 直紀 (B), 米津 大吾, 山本 靖

    核融合エネルギー連合講演会  2012.6 

     More details

    Event date: 2012.6

    Venue:神戸  

    researchmap

  • インバーターモータ系の電磁ノイズの測定および解析

    鍵本 泰男(D), 米津 大吾, 原 武久(先端科学技術推進機構), 山本 靖, 中井 慎也(三菱電機), 岡山 秀夫(三菱電機), 武知 秀行(三菱電機)

    平成24年電気学会全国大会  2012.3 

     More details

    Event date: 2012.3

    Venue:広島工業大学  

    researchmap

  • 測定回路を考慮した平行線路間誘導電圧に関する検討

    寺垣内 誠也(D), 米津 大吾, 原 武久(先端科学技術推進機構), 山本 靖, 島田 茂樹(住友電気工業)

    平成24年電気学会全国大会  2012.3 

     More details

    Event date: 2012.3

    Venue:広島工業大学  

    researchmap

  • Examination about property prediction method for inductive power transfer apparatus

    Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Yamamoto Yasushi, Fujiwara Takuma, Ishizu Kyoji, Hanada Toshiki

    2012.1 

     More details

    Event date: 2012.1

    researchmap

  • Determination of Optimum Operating Frequency for Non-contact Charger

    Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Fujiwara Takuma(Kansai Electric Power Co., Inc.), Ishizu Kyoji(Kansai Electric Power Co., Inc.), Hanada Toshiki(Kansai Electric Power Co., Inc.)

    The 20th MAGDA Conference in Pacific Asia  2011.11 

     More details

    Event date: 2011.11

    Venue:TAIWAN  

    researchmap

  • 線路のツイスト加工による誘導電圧抑制効果の周波数特性の実験および解析による検討

    寺垣内 誠也(D), 米津 大吾, 原 武久(先端科学技術推進機構), 山本 靖, 島田 茂樹(住友電気工業)

    電気関係学会関西連合大会  2011.10 

     More details

    Event date: 2011.10

    Venue:兵庫県立大学  

    researchmap

  • 空心コイルを用いた非接触給電装置の周波数特性に関する検討(2)

    米津 大吾, 作田 光平(D), 原 武久(先端科学技術推進機構), 藤原 拓真(関西電力), 石津 京二(関西電力), 花田 敏城(関西電力)

    電気関係学会関西連合大会  2011.10 

     More details

    Event date: 2011.10

    Venue:兵庫県立大学  

    researchmap

  • インバータ-モータ系の電磁ノイズの測定および解析

    鍵本 泰男(D), 米津 大吾, 原 武久(先端科学技術先端機構), 中井 慎也(三菱電機), 岡山 秀夫(三菱電機), 武知 秀行(三菱電機)

    電気関係学会関西連合大会  2011.10 

     More details

    Event date: 2011.10

    Venue:兵庫県立大学  

    researchmap

  • Exanimation of Heat Efficiency and Loss for Induction Heating Cooker

    Daigo Yonetsu, Hara Takehisa

    2011.9 

     More details

    Event date: 2011.9

    researchmap

  • Investigation on a Ladder-shaped Frequency Selective Surface for Dual-band Operation

    Morimoto Keisuke, Kitamura Toshiaki, Yonetsu Daigo

    Progress in Electromagnetics Research Symposium  2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Examination about Suppression of Induction Voltage from Twisted Line

    Takasuka Daisuke, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Shimada Shigeki

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Discussion about Frequency Characteristic of Heat Efficiency and Output Power in Induction Heating Cooker

    Ogino Kohei, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Examination of the numerical analysis considering temperature dependence of the conductivity

    Nakamura Kota, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Study on Theoretical Calculation Method of Processed EM-wave Absorber

    Sato Kenji, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Shimada Shigeki

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Analysis of Electromagnetic Noise from an Inverter-Motor System - Investigation about Frequency Characteristic -

    Kojima Takahiro, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Nakai Shinya, Okayama Hideo, Takechi Hideyuki

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Examination about Inductive Power Transfer Apparatus using Pancake-shaped Coil

    Sakuta Kohei, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Toki Takeshi, Maekawa Tomochika, Hanada Toshiki

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Optimum Frequency for Realizing High Power Transmission Efficiency for Inductive Power Transfer Apparatus

    Kato Keita, Yonetsu Daigo, Hara Takehisa, Toki Takeshi, Maekawa Tomochika, Hanada Toshiki

    2011.3 

     More details

    Event date: 2011.3

    researchmap

  • Examination about the computation precision of charge current for inductive noncontact charge system by combination of finite element method and equivalent circuit

    Yonetsu/Daigo, Kato/Keita, Sakuta/Kohei, Hara/Takehisa, Toki/Takeshi, Maekawa/Tomochika, Hanada/Toshiki

    2011.1 

     More details

    Event date: 2011.1

    researchmap

  • 測定と有限要素法解析併用によるIH調理器の効率推定 ‐効率と周波数の関係に関する検討‐

    米津 大吾, 仲村 紘太, 原 武久

    日本AEM学会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:北海道大学  

    researchmap

  • インバータ-モータ系の電磁ノイズ解析(2)

    小島 隆弘, 米津 大吾, 原 武久, 中井 慎也, 岡山 秀夫, 武知 秀行

    平成22年電気関係学会関西連合大会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:立命館大学  

    researchmap

  • 空心コイルを用いた非接触給電装置の周波数特性に関する検討

    作田 光平, 米津 大吾, 原 武久, 土岐 健, 前川 友哉

    平成22年電気関係学会関西連合大会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:立命館大学  

    researchmap

  • IH調理器モデルの有限要素法解析の有用性の検討

    仲村 紘太, 米津 大吾, 原 武久

    平成22年電気関係学会関西連合大会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:立命館大学  

    researchmap

  • 空心コイルを用いた非接触給電装置に関する研究

    加藤 慶太, 作田 光平, 米津 大吾, 原 武久, 駒 英昌, 土岐 健, 前川 友哉, 花田 敏城

    平成22年電気関係学会関西連合大会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:立命館大学  

    researchmap

  • 非接触給電装置の充電回路の実験的・解析的検討

    加藤 慶太, 米津 大吾, 原 武久, 土岐 健, 前川 友哉, 花田 敏城

    平成22年電気関係学会関西連合大会  2010.11 

     More details

    Event date: 2010.11

    Venue:立命館大学  

    researchmap

  • 有限要素法を用いたIH調理器による加熱効率の簡易計算法の提案

    米津 大吾, 原 武久

    電気設備学会全国大会講演論文集  2010.8 

     More details

    Event date: 2010.8

    researchmap

  • インバーターモータ系の電磁ノイズの周波数解析

    尾崎 彰秀, 米津 大吾, 原 武久, 中井 慎也, 岡山 秀夫, 武知 秀行

    電気学会全国大会講演論文集  2010.3 

     More details

    Event date: 2010.3

    researchmap

  • 評価関数を導入した構内作業計画の自動作成

    寺本 慎平, 米津 大吾, 原 武久, 高橋 理, 高木 大史, 駒谷 喜代俊

    電気学会全国大会講演論文集  2010.3 

     More details

    Event date: 2010.3

    researchmap

  • 非接触給電による充電回路に関する検討

    駒 英昌, 米津 大吾, 原 武久, 土岐 健, 吉川信明, 花田 敏城

    電気学会全国大会講演論文集  2010.3 

     More details

    Event date: 2010.3

    researchmap

  • IH調理器における浮力・加熱効率の検討

    井手 孝輔, 米津 大吾, 原 武久

    電気学会全国大会講演論文集  2010.3 

     More details

    Event date: 2010.3

    researchmap

  • Simple Calculation Method and Discussion about Heating Efficiency of Water by Induction Heating Cooker

    Yonetsu Daigo, Hara Takehisa

    2010.1 

     More details

    Event date: 2010.1

    researchmap

  • 空心コイルを用いた非接触給電装置の実験的検討

    駒 英昌, 米津 大吾, 原 武久, 土岐 健, 吉川 信明, 花田 敏城

    電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM)  2009.11 

     More details

    Event date: 2009.11

    researchmap

  • インバータ-モータ系の電磁ノイズの周波数解析

    尾崎 彰秀, 米津 大吾, 原 武久, 中井 慎也, 岡山 秀夫, 武知 秀行

    電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM)  2009.11 

     More details

    Event date: 2009.11

    researchmap

  • 評価関数を導入した構内作業計画自動作成

    寺本 慎平, 米津 大吾, 原 武久, 高橋 理, 高木 大史, 駒谷 喜代俊

    電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM)  2009.11 

     More details

    Event date: 2009.11

    researchmap

  • Experimental and Analytical Discussion about Shield Characteristics of Electromagnetic Wave by Glass Shield

    Daigo Yonetsu, Takashi Kitahara, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2009.8 

     More details

    Event date: 2009.8

    researchmap

  • 3次元有限要素法によるIH調理器の浮力低減部材に関する検討

    米津大吾, 原武久

    電気学会静止器・回転機合同研究会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • I H 調理器における浮力低減部材形状に関する検討

    西村隆史, 米津大吾, 原武久

    平成21年電気学会全国大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • FDTD法によるインバータ-モータ系の電磁ノイズ解析

    小原啓嗣, 米津大吾, 原武久, 中井慎也, 岡山秀夫, 武知秀行

    平成21年電気学会全国大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • ガラスシールドによる電磁波遮断特性に関する検討

    北原孝志, 米津大吾, 原武久, 島田茂樹

    平成21年電気学会全国大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • 非接触給電装置の力率改善に関する検討

    小林正樹, 米津大吾, 原武久, 土岐健, 吉川信明, 岩城吉信

    平成21年電気学会全国大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • 非接触給電装置の諸特性解析に関する検討

    山本宗, 米津大吾, 原武久, 土岐健, 吉川信明, 岩城吉信

    平成21年電気学会全国大会  2009 

     More details

    Event date: 2009

    researchmap

  • I H 調理器における浮力低減部材の特性解析

    西村隆史, 米津大吾, 原武久

    電気関係学会関西支部連合大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 電波吸収体加工による吸収特性変化に関する解析的・実験的検討

    吉田和矢, 北原孝志, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    電気学会計測研究会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 非接触給電装置の諸特性の解析的・実験的検討

    米津大吾, 井手亮太, 原 武久, 今西隆夫, 吉川信明, 小嶋雅之, 岩城吉信

    電気学会計測研究会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 金属添付ガラスの電磁シールド特性に関する検討

    北原孝志, 戸倉成紀, 米津大吾, 原武久, 島田茂樹

    電気関係学会関西支部連合大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • IH調理器の浮力低減部材の効果に関する検討

    米津大吾, 田中一史, 原 武久

    平成20年度(第26回)電気設備学会全国大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 作業チーム数を考慮した構内作業計画自動作成

    星川拓哉, 米津大吾, 原 武久, 高橋 理, 高木大史, 駒谷喜代俊, 武知秀行

    平成20年電気学会全国大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 非接触給電装置に関する解析及び実験による検討

    山本宗, 米津大吾, 原武久, 今西隆夫, 吉川信明, 小嶋雅之, 岩城吉信

    電気関係学会関西支部連合大会  2008 

     More details

    Event date: 2008

    researchmap

  • 構内作業計画の自動作成アルゴリズム

    星川拓哉, 小林和樹, 米津大吾, 原武久, 高橋理, 高木大史, 駒谷喜代俊, 武知秀行

    平成19年電気関係学会関西支部連合大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 導体板を貼り付けた電波吸収体の周波数特性に関する検討

    戸倉成紀, 北原孝志, 米津大吾, 原武久, 島田茂樹

    平成19年電気関係学会関西支部連合大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 金属添付ガラスの電磁シールド特性に関する検討

    北原孝志, 戸倉成紀, 米津大吾, 原武久, 島田茂樹

    平成19年電気関係学会関西支部連合大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • Design of the Compact Power Cable Joint by Using Evolution Strategy Method

    D. Yonetsu, T. Hara

    The XVth International Symposium on High Voltage Engineering (ISH2007)  2007 

     More details

    Event date: 2007

    Venue:Ljubljana  

    researchmap

  • FDTD法によるインバータ-モータ系の電磁ノイズ解析

    中井慎也, 蘆田祐輝, 米津大吾, 原 武久, 岡山秀夫, 武知秀行

    平成19年電気学会全国大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 方形同軸線路から漏洩する電磁波の指向性

    内匠真也, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成19年電気学会全国大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • ケーブル接続部のコンパクト化に関する検討

    米津大吾, 原 武久

    2007年電気設備学会全国大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 非接触給電におけるコア形状の検討

    和田浩二, 米津大吾, 原 武久

    平成19年電気学会全国大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • インバータ―モータ系の接地位置に関する検討

    渡邉亮吾, 福岡哲也, 米津大吾, 原武久, 岡山秀夫, 中井慎也, 武知秀行

    平成19年電気関係学会関西支部連合大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 電波吸収体の空孔配置に関する検討

    米津大吾, 原武久, 島田茂樹

    平成19年電気関係学会関西支部連合大会  2007 

     More details

    Event date: 2007

    researchmap

  • 空孔配置型電波吸収体の最適設計に関する検討

    米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成18年度(第24回)電気設備学会全国大会  2006.9 

     More details

    Event date: 2006.9

    researchmap

  • 空孔配置型電磁波吸収体の多目的最適化

    米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成18年電気学会全国大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • IH調理器の高品質加熱のためのコイル配置の最適設計

    増田健志, 阪本智浩, 米津大吾, 原 武久, 上東隆也, 増田 正

    平成18年電気学会全国大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • 空孔配置型電波吸収体の設計に関する検討

    米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成18年電気関係学会関西支部連合大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • 等価回路を用いた多層型電磁波吸収体設計に関する検討

    前田匡文, 長尾智記, 西谷真幸, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成18年電気学会全国大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • 製作の容易性を考慮した空孔配置型電磁波吸収体の最適設計に関する検討

    米津大吾, 長尾智記, 西谷真幸, 原 武久, 島田茂樹

    電気学会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • IH調理器の高品質加熱のためのフェライト配置の検討

    阪本智浩, 増田健志, 米津大吾, 原 武久, 上東隆也, 増田 正

    平成18年電気学会全国大会  2006 

     More details

    Event date: 2006

    researchmap

  • Parallel Computation for an Electric Field Optimization of the Power Cable Joint

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    the XIVth Inter(ISH2005)national Symposium on High Voltage Engineering(ISH2005)  2005.8 

     More details

    Event date: 2005.8

    Venue:Beijing  

    This paper proposes an effective insulation design method for the power cable joint.To improve the insulation performances of the power cable joint, it is necessary to make the electric field strength on the inner electrode surface as low as possible.The constraint condition is that the electric field strength along the interface between insulation rubber and XLPE lies within the range of the permissible value.The electric field optimization by the combination of surface charge method and Parallel (m+l)-ES is performed in order to reduce the electric field strength on the inner electrode surface.Two processors which have their own subpopulation are employed in the parallel ES calculation.After performing crossover and mutation for producing offspring individuals to each subpopulation, the individuals whose maximum electric field strength on the inner electrode surface is large migrate to the other processor.The proposed method is compared with ordinary serial processing method that is performed by one processor.As a result, it was found that better results were obtained in the case of the proposed optimization method.Moreover, the computation time of the proposed method is approximately half of the serial processing method.

    researchmap

  • An Electric Field Optimization of the Power Cable Joint by Using Parallel ES

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    2005.8 

     More details

    Event date: 2005.8

    researchmap

  • Analysis of the Radiation Electromagnetic Wave from the Parallel Line by the FDTD Method

    YONETSU Daigo, Akihito Ikeda, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research 20040401-20060331

    researchmap

  • An Examination for High Quality on the Induction-Heating Cooker by Multi-Objective Optimization

    YONETSU Daigo, Noritaka Kokido, Kohei Kawata, Kenji Suzuki, Takehisa Hara, Satoshi Ujiie, Tadashi Masuda

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    researchmap

  • Examination of Electromagnetic Method by using Neural Network (2)

    YONETSU Daigo, Keiho Takayama, Naohide Kinoshita, Takehisa Hara, Tatsuo Katayama, Takayuki Kozato

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    researchmap

  • Examination for Design of the Electromagnetic Wave Absorber with Square Holes

    YONETSU Daigo, Tomoki Nagao, Masayuki Nishitani, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research 20040401-20060331

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Shield by Metal Pattern Optimization

    YONETSU Daigo, Masayuki Nishitani, Tomoki Nagao, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research 20040401-20060331

    researchmap

  • Leakage Electromagnetic Wave Analysis from the Rectangular Coaxial Line

    YONETSU Daigo, Masaru Ishiga, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2005.3 

     More details

    Event date: 2005.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research 20040401-20060331

    researchmap

  • 目的関数見直しによるIH調理器の高品質加熱に関する検討

    小城戸智能, 米津大吾, 原 武久, 氏家 諭, 増田 正

    平成17年電気関係学会関西支部連合大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • IH調理器の高品質化のためのコイル配置の最適設計

    増田健志, 米津大吾, 原武久, 氏家諭, 増田正

    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会ヤングエンジニアポスターコンペティション  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • IH調理器の高品質化のための最適なフェライト配置の検討

    阪本智浩, 米津大吾, 原武久, 氏家諭, 増田正

    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会ヤングエンジニアポスターコンペティション  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • 電波吸収体の最適設計におけるフラクタル次元の検討

    長尾智記, 西谷真幸, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成17年電気関係学会関西支部連合大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • ツイストペア線路からの放射電磁波のFDTD法による解析

    池田亮士, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成17年電気関係学会関西支部連合大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • EM探査に用いるNNのGAによる自動設計

    高山啓穂, 木下尚英, 米津大吾, 原 武久

    平成17年電気関係学会関西支部連合大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • 導体パターン最適化による電磁波遮断及び透過

    西谷真幸, 長尾智記, 米津大吾, 原 武久, 島田茂樹

    平成17年電気関係学会関西支部連合大会  2005 

     More details

    Event date: 2005

    researchmap

  • IH調理器におけるフェライトの配置に関する検討

    米津 大吾, 鈴木建治, 川田浩平, 小城戸智能, 原武久, 氏家諭, 増田正

    平成16年電気関係学会関西支部連合大会  2004.11 

     More details

    Event date: 2004.11

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムによる電波吸収体の設計2

    米津 大吾, 西谷真幸, 原武久, 島田茂樹

    平成16年電気関係学会関西支部連合大会  2004.11 

     More details

    Event date: 2004.11

    科研費基盤研究 20040401-20060331

    researchmap

  • 渦流探傷試験に関する測定装置の設計

    米津 大吾, 山中竜夫, 原武久

    平成16年電気関係学会関西支部連合大会  2004.11 

     More details

    Event date: 2004.11

    researchmap

  • Electrode Shape Design of Power Cable Joint

    YONETSU Daigo, Homare Yoshida, Takehisa Hara, Shigeki Shimada

    2004.8 

     More details

    Event date: 2004.8

    researchmap

  • Heat Distribution Analysis of Induction-Heating Cooker

    YONETSU Daigo, Noritaka Kokido, Kohei Kawata, Kenji Suzuki, Takehisa Hara, Satoshi Ujiie, Tadashi Masuda

    2004.8 

     More details

    Event date: 2004.8

    researchmap

  • Examination of Electromagnetic Method by using Neural Network

    YONETSU Daigo, Naohide Kinoshita, Takehisa Hara, Tatsuo Katayama, Takayuki Kozato

    2004 National Convention Record I.E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • Examination of Objective Functions for Electric Field Optimum Design of the Polymer Insulator

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara

    2004 National Convention Record I.E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • Examination for Setup of Initial Shapes in Electric Field Optimization by using Particle Swarm Optimization

    YONETSU Daigo, Homare Yoshida, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    2004 National Convention Record I.E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • Design of the Electromagnetic Wave Absorber by using Genetic Algorithm

    YONETSU Daigo, Masayuki Nishitani, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    2004 National Convention Record I.E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • Radiation Power Analysis from the Rectangular Coaxial Line

    YONETSU Daigo, Hirokazu Yagi, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    2004 National Convention Record I..E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • A Research for High Quality Heating on the Induction-Heating Cooker

    YONETSU Daigo, Kohei Kawata, Naoya Hara, Takehisa Hara

    2004 National Convention Record I.E.E. Japan  2004.3 

     More details

    Event date: 2004.3

    researchmap

  • Optimum Electrode Design of the Power Cable Joint by Multi-Objective Evaluation

    YONETSU Daigo, Takehisa Hara, Shigeki Shimada, Mikio Kaji

    The 13th International Symposium on High Voltage Engineering  2003.8 

     More details

    Event date: 2003.8

    researchmap

  • 診断手法としてのニューラルネットワーク最適設計

    米津 大吾, 砂子考通, 加島和久, 東野洋之, 原武久

    日本シミュレーション学会  2003.6 

     More details

    Event date: 2003.6

    直流電位差欠陥診断法は金属構造物に対して有効な非破壊診断手法である。この手法は診断対象に直流電流を通電し、得られた電位分布から逆解析を行うことで亀裂や欠陥の形状推定を行う。本報告ではニューラルネットワーク(NN)を欠陥推定手法として用い、SUS304を対象とした非破壊診断を行った。ここで、NNはその構造を適切に設計する必要がある。従来は経験的に構造設計を行っていたが、本報告では設計の効率化を図るために多目的遺伝的アルゴリズム(MOGA)による最適構造設計を試みた。その結果、最適設計を施したNNの診断精度は工学的に十分な診断精度を有していることから、MOGAによるNNの構造設計は有効であることが確認できた。

    researchmap

  • EM探査法におけるFDTD法の計算効率化

    米津 大吾, 阿南尚宏, 原武久, 櫻木大介, 小里隆孝, 片山辰雄

    日本シミュレーション学会  2003.6 

     More details

    Event date: 2003.6

    EM探査法は地盤中の比抵抗分布の違いにより起こる電磁誘導現象の変化を利用して比抵抗分布を推定する手法であり、FDTD法を用いてシミュレーションによる検討を行った。EM法をFDTD法によりシミュレーションする場合、本来は三次元解析を行う必要があるが周波数帯域や解析領域の大きさを考えると、計算時間が大幅にかかることになる。そこで本論文では計算時間短縮のために、地盤中の比抵抗分布が層状になっている場合については、軸対称性を考慮した二次元FDTD法を用い、また不均等なメッシュ分割を採用した。その結果、計算時間を大幅に短縮することができた。

    researchmap

  • 進化戦略とスプライン関数を用いた電力ケーブル接続部の最適設計

    米津 大吾, 片山貴光, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    日本シミュレーション学会  2003.6 

     More details

    Event date: 2003.6

    本報告では,電力ケーブル接続部の絶縁性向上のため,進化戦略を用いて誘電体界面の電界を許容値以下に維持しながら,最大電界値が最も低くなるような電極形状の探索を行った。滑らかな電極形状を得るために電極湾曲部をスプライン関数で表現した。初期形状を矩形形状とし,制御点座標を設計変数(11変数)として探索を行った結果,最大電界値を約49%低減することができたが,試行ごとに得られる形状の差異が大きかった。そこで,制御点数を7つ(7変数)に減らし,さらに探索範囲を動的に変化させることによって,最大電界値を約50%低減することができ,試行ごとに得られる形状の差異も小さくなった。また,歪みのない滑らかな形状であり,最適な電極形状を導くことができた。

    researchmap

  • 断路器における電極の移動を考慮した電界最適化

    米津 大吾, 波多江広佳, 原武久

    日本シミュレーション学会  2003.6 

     More details

    Event date: 2003.6

    近年の高電圧電力機器のコンパクト化に伴い,電力機器の更なる絶縁対策が要求されている。本報告では,断路器を解析対象とし,2つの可動子電極の位置における最大電界値を低減させる形状を探索することを目的とする電界最適化を行った。可動子電極が固定子電極に近い位置での最大電界値を低減させることに重点をおくような重みをそれぞれの位置での最大電界値にかけ,それぞれの値を加えることにより目的関数を設定した。その結果, それぞれの位置での最大電界値を低減させることができ,かつ近い位置での最大電界値を大幅に低減させることができた。

    researchmap

  • 電力ケーブル接続部の絶縁設計における目的関数評価法の検討

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2003.3 

     More details

    Event date: 2003.3

    電力ケーブル接続部の絶縁設計における設計の良否は最適化手法の選定, 電極形状の設定及び目的関数の評価法に依存すると考えられる。そこで本報告では, 電極形状を2次のリーゼンフェルトスプラインで表現し, 座標を設計変数として数を変えた場合の一目的最適化, 多目的最適化ごとに得られる解の変化について調べた。なお, 最適化手法には(+)-ESを用いた。その結果, 設計変数が少ない場合は一目的最適化, 多目的最適化ともに同様な結果になることが確認できた。設計変数が増えると, 探索範囲が小さい場合は一目的最適化のほうが良好な結果が得られ, 探索範囲が大きい場合は多目的最適化のほうが良好な結果となることが確認できた。

    researchmap

  • ESによる断路器の電極形状最適設計

    米津 大吾, 片山貴光, 原武久

    電気学会  2003.3 

     More details

    Event date: 2003.3

    送変電機器の絶縁性および信頼性のさらなる向上のためには、機器の電極表面の電界値などを低減する必要がある。そこで本研究では、ESを用いて断路器の電極の最大電界値が最小となるような電極形状の探索を試みた。本研究では、電極湾曲部をスプライン関数で表現した。初期形状を矩形形状として5回試行した結果、いずれの場合も最大電界値を初期形状から約38%低減することができた。また、得られた最終形状は、固定子電極に差異がみられたが、可動子電極はほぼ同様の形状となった。このように本研究では、ESを用いて断路器の電界最適化を行い、最適な電極形状を導くことができた。

    researchmap

  • Electrode Shape Design at the Power Cable Joint by Using (m+l)-ES Multi-Objective Evaluation

    YONETSU Daigo, T.Hara, S.Shimada, M.Kaji

    IEE Japan  2003.1 

     More details

    Event date: 2003.1

    This paper describes an effective and general-purpose use insulation design method at the power cable joint.To improve the insulation of the power cable joint, it is necessary to reduce the electric field strength on the inner curved electrode surface under the constraint condition that the electric field strength along the interface between insulation rubber and polyethylene should be below the permissible value.The authors examine the electric field optimization by using surface charge method and (m+l)-ES.Surface charge method that provides accurate solutions on the boundaries for the multi-layer substances with less number of elements is employed for the calculation of electric field distribution.The second order of Riesenfeld spline function is applied for drawing the inner curved electrode surface.Riesenfeld spline curve is not only smoothly drawn by a few node points, but also can be connected to neighboring line smoothly and continuously.The method (m+l)-ES is employed for obtaining the optimum shape of inner curved electrode.Because this method employs mutation and rearrangement, it can search the optimum shape widely and locally.First, we attempted the one-objective evaluation.The maximum electric field strength on the inner curved electrode is chosen as the objective function.In the case where the maximum electric field along the interface exceeds a permissible value, the object function is increased and is made the shape hard to survive as the optimum shape.In this case, the difference between the best and the worst result was large, which is thought that the one-objective search is apt to fall into the local minimum.Accordingly, we attempted the two-objective evaluation to avoid falling into the local minimum.One of the object functions is the maximum electric field strength on the inner curved electrode, and the other is that along the interface.Fonseca's ranking method is employed for the evaluation of two-objective function.The shape of which the maximum electric field strength on the inner curved electrode have the smallest among shapes that satisfy the constraint condition, is selected as the optimum shape.The difference between the best and the worst result was smaller than the case of the one-objective evaluation.

    researchmap

  • スプライン関数を用いた電力ケーブル接続部電極形状の汎用的設計

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気設備学会  2002.10 

     More details

    Event date: 2002.10

    電力ケーブル接続部の絶縁設計において、設計の良否は電極形状の表現方法に依存する。現在使用されている電力ケーブル接続部の内部電極の形状は経験的な考えに基づいて複数の円弧の組合せで設計されている。本報告ではスプライン関数を用いることで経験的な考えを考慮しない電極形状最適設計を試みた。その結果、電極を円弧で表現した場合と同様な形状が得られ、最適化後の結果も良好になることが確認できた。

    researchmap

  • 多目的遺伝的アルゴリズムとスプライン関数を用いた電力ケーブル接続部の電極形状最適設計

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    日本シミュレーション学会  2002.6 

     More details

    Event date: 2002.6

    電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン界面の最大電界を許容値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要である。筆者らはこの電界最適設計に対して、制約条件をペナルティ関数の形で目的関数に付加する一目的最適化として遺伝的アルゴリズムによる最適化を試みてきた。内部電極表面の形状を滑らかに表現するためにスプライン関数を用いており、その制御点座標を設計変数とした。この場合、局所解に収束することが多かった。そこで本報告では、より大域的な探索性を向上させるために多目的最適化として考え、一目的最適化による結果との比較を行った。多目的最適化により得られる結果は一目的最適化の場合よりも全体的に良好であることが確認できた。

    researchmap

  • NNとRBMによる三次元欠陥同定

    米津 大吾, 東野洋之, 加島和久, 岡本吉史, 原武久

    電気学会  2002.3 

     More details

    Event date: 2002.3

    構造物中の欠陥を非破壊的に精度良く同定することは、構造物の安全評価及び、保守管理を行う上で重要である。その非破壊診断法の一つである直流電気ポテンシャルCT法は、比較的簡単な測定システムであるので、欠陥の同定精度が確保できるならば、非常に有効な手段と考えられる。筆者らは、最適化手法として同定の際に反復計算が不要なニューラルネットワーク及び、極小値探索に有効なローゼンブロック法を組み合わせることで、大域的かつ局所的な欠陥同定を試みた。その結果、ニューラルネットワークにより真値近傍まで同定し、その後Rosenbrock法を適用することによりさらに詳細な欠陥同定が可能になった。

    researchmap

  • 多目的評価による電力ケーブル接続部の最適設計

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2002.3 

     More details

    Event date: 2002.3

    電力ケーブル接続部の絶縁性向上のために、筆者らはこれまでに界面電界値の制約条件をペナルティ関数とし、内部電極電界値を最小にすることを目的とする一目的最適化を遺伝的アルゴリズムにより試みてきた。この場合、設計変数を多くすると局所解に収束することが多くなった。本報告では、局所解を回避するために多目的最適化手法で最適化を行い、一目的最適化による結果との比較を行った。一目的最適化では局所解に陥りやすい場合について多目的最適化を試みたところ、大域的探索性が大幅に向上し、殆どの場合で最適解が得られることを確認した。

    researchmap

  • 進化型計算法による電力ケーブル接続部の電界最適化

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2001.10 

     More details

    Event date: 2001.10

    電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン界面の電界を許容値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要である。本報告では最適化手法として制約条件をペナルティ関数の形で目的関数に反映できる遺伝的アルゴリズム、進化戦略を用いることを検討した。その結果、所期の条件を満たす形状を容易に探索することができた。また、進化戦略により探索したほうが良好な結果が得られることも確認できた。

    researchmap

  • 最適化手法の併用による電力ケーブル接続部の電界最適化

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2001.9 

     More details

    Event date: 2001.9

    researchmap

  • 進化戦略による電力ケーブル接続部の電界最適化

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2001.9 

     More details

    Event date: 2001.9

    本論文では表面電荷法と進化戦略(ES)を用いた電力ケーブル接続部の電界最適化を検討している。電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン間の界面電界を許容値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要となる。表面電荷法は境界上のみの分割で電界を精度よく計算する方法である。ESは、目的関数に制約条件を考慮することが容易であり、探索の成否で探索範囲を拡大、縮小できる方法である。なお、内部電極湾曲部は座標を設計変数として容易に滑らかな曲線が描けるRiesenfeldスプライン関数で表現した。内部電極形状を矩形形状から始めて、最適化を5回試行したところ、いずれの場合も内部電極最大電界値は初期形状より50%近く減少することができた。このとき、絶縁ゴム-ポリエチレン界面の最大電界値も許容値以内に収まっている。次に、ESによる探索の収束性を検討するために、遺伝的アルゴリズム(GA)を用いて、同様の条件で5回探索した場合と比較した。その結果、ESのほうが形状、電界分布ともに探索結果の差異が小さく、GAより若干良好な結果であった。

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムによる電力ケーブル接続部の電界最適化

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2001.3 

     More details

    Event date: 2001.3

    電力ケーブル接続部において、絶縁ゴム-ポリエチレン間の界面電界を許容値以下に維持しながら内部電極表面の最大電界値を低減させることが重要となる。このような最適設計には数値解析手法と最適化手法の組み合わせが有功とされている。筆者らは最適化手法に多数の形状パターンの中から最適解を効率よく探索でき、制約条件を満たさない固体(形状)を容易に排除できる特徴を持つ遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた。本報告では、内部電極R部を4つの円弧で表現し、あらかじめ順解析で得ている最適形状をGAにより探索することを試みた。その結果、所期の条件を満たす最適形状を効率よく自動的に探索することができた。

    researchmap

  • 降下法によるケーブル接続部電極形状の最適化

    米津 大吾, 岡本吉史, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2001.3 

     More details

    Event date: 2001.3

    researchmap

  • OPTIMUM ELECTRODE CONTOUR DESIGN AT THE JOINT OF POWER CABLES

    YONETSU Daigo, T.Hara, S.Shimada, M.Kaji

    Proceedings of The JSST 2000 International Conference on Modeling, Control and Computation in Simulation  2000.10 

     More details

    Event date: 2000.10

    An efficient technique for optimizing the electrode contour at the joint of power cables is developed.The object is to minimize the electric field strength on the curved surface of the electrode under the constraint that the electric field strength along the interface between the two different insulators should be below a set point.The charge simulation method that provides accurate solutions on the boundaries of the multi-layer substances with less number of elements is employed for the calculation of electric field distributions along the electrodes.The genetic algorithm is used for optimization purposes that can easily omit the cases that are out of the constraint conditions.The obtained optimal electrode shape reduces 14% of electric field strength on the electrode from the standard model.

    researchmap

  • 電力ケーブル接続部の最適電界分布診断

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2000.9 

     More details

    Event date: 2000.9

    電力ケーブル接続部において、絶縁性を確保するためには電極R部の最大電界値やゴムーポリエチレン界面の界面方向電界値などをより低減させることが重要である。本論文では、電極R部の電界最適化に重点をおき、要素数の異なる2つのモデルで形状を変更させながら電極R部の最大電界値を求め、等高線図を作成した。さらに等高線図から得られた最適形状で要素数を変えたときの電界値の変化を調べ、遺伝的アルゴリズム(GA)による最適形状探索を試みた。その結果、表面電荷法による電界計算において比較的少ない要素数でも十分であること、GAにより比較的少ない計算回数で最適形状が探索できることが確認できた。

    researchmap

  • 絶縁最適設計のための表面電荷法におけるノイマン型境界条件の導入

    米津 大吾, 原武久, 島田茂樹, 鍜治幹雄

    電気学会  2000.3 

     More details

    Event date: 2000.3

    高電圧機器の絶縁設計においては数値電解計算と最適化手法を組み合わせる方法がいくつか試みられている。数値電界計算法としては境界分割のみで電界計算を行うことができ、形状修正が容易であることから表面電荷法がしばしば用いられている。表面電荷法は電極表面、誘電体界面に見かけの電荷密度を配置するものであり、CVケーブルのプレハブジョイント部などを解析する場合、軸対称解析が可能である。しかし、ケーブルのような長尺物を扱う場合、解析範囲の取り方により精度、計算時間が異なる。解析範囲が狭いと誤差が大きくなり、逆に広いと計算時間が増大すると考えられる。順問題を多数回反復させる最適形状設計を考えた場合、できるだけ短時間で、かつ十分な精度で計算できることが望ましい。そこで、本報告ではこのような場合には適当な長さで断面を設置し、その断面上で法綿方向電界が0の電界式でノイマン型境界条件(自然境界条件)を与えた。 本論文では、まず簡単な同軸円筒モデルでノイマン型境界条件導入による精度の向上、計算時間の短縮を確認した。次にケーブルジョイント部を想定したモデルにおいても従来左右対称性を考慮する面にノイマン型境界を導入することで計算精度をあまり損なわずに計算時間の短縮が可能であることを示した。

    researchmap

  • グラディエント法を用いた要素再構成アルゴリズムによる亀裂同定

    米津 大吾, 山本博一, 安田陽, 原武久

    電気学会  1999.11 

     More details

    Event date: 1999.11

    構造物中に存在する亀裂を発見することは破壊事故を防ぐための重要な手段である。非破壊検査の一手法である直流ポテンシャル法は試料に電流を通電し、試料表面の測定電位から亀裂の位置、形状を同定する方法である。一般にこの方法による亀裂の位置形状同定は試料表面電位(電圧)の測定結果と有限要素法などの数値電界解析手法による計算結果との誤差関数を最小とする最小値探索問題(最適化問題)に帰着することができる。 本報告ではグラディエント法と有限用法を用いた亀裂同定を検討している。グラディエント法は局所的探索能力にその能力を発揮するが、ローカルミニマム回避能力がなく初期形状の取り方が問題となる。そこで亀裂の節点座標を修正する際に初期形状よりも大きくなる場合は隣接する要素を亀裂要素とみなして拡張する、初期形状から節点座標が大きく修正される場兄は亀裂要素が移動するアルゴリズムを開発した。さらに同定の精度を上げる、局所的最適解を回避するために複数の電圧印加条件で評価することにした。その結果、実際の亀裂から離れた位置に初期形状をおいた場合、実際の亀裂よりも小さく初期形状を取った場合でも同定可能であることが確認できた。

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせた直流ポテンシャル法非破壊探傷アルゴリズム

    米津 大吾, 原武久, 安田陽, 長江亮介

    電気学会  1999.3 

     More details

    Event date: 1999.3

    遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせた直流ポテンシャル法非破壊探傷アルゴリズム研究内容紹介(サマリー) 直流ポテンシャル法は非破壊探傷問題の中で簡便に測定・解析ができる方法として、すでに幾つかの実用化がなされている。逆問題の一手法として直流ポテンシャル法を見た場合、この手法による計算結果との誤差関数を最小とする最小探索問題(最適化問題)に帰着することができる。 本報告ではこの最適化問題に対して、遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせたハイブリッド探索法を提案する。遺伝的アルゴリズムは大域的探索能力を持つ反面、正確なクラックを求めるには要素分割を細かくする必要があり、有限要素法計算を多数回行うような誤差関数最小化問題としては計算時間が膨大になるという問題が指摘されている。またグラディエント法は局所的探索にその能力を発揮するが、ローカルミニマム回避能力がないなどの本質的な弱点を有している。本報告が提案するハイブリッド探索は、探にそれぞれの欠点を補い合うだけでなく、両者の利点をより効果的に生かした特徴をもつ。特に節点座標を動的パラメータとしたグラディエント法は要素分割を修正しながら有限要素法反復計算を進めて行くため、その前段階での遺伝的アルゴリズムを用いた大域的探索においてはかなり荒い要素分割で十分となる。これにより高速で精度の高い探傷アルゴリズムが可能となる。本論文では、このハイブリッド探索法において主にグラディエント法を用いた探索について述べる。ここでは前段階だあらかじめ遺伝的アルゴリズムにより大域的探索を行った結果を用いるものとし、グラディエント法により四角形欠陥の端点座標修正を行った。同定の精度を上げるため電圧の印加方法を数回変更することも行った。その結果、パラメータを多く設定したにもかかわらず、局所最適解に陥ることなくより正確に欠陥同定を行えることが確認できた。

    researchmap

  • 非線形接地抵抗モデルを用いた鉄塔接地抵抗の衝撃電流過渡解析

    米津 大吾, 原武久, 沖宏一, 安田陽, 竹内真

    電気学会  1998.3 

     More details

    Event date: 1998.3

    送電線の絶縁故障事故の大部分は雷撃に起因すると考えられる。送電生に雷撃が生じると雷撃電流は鉄塔を経て大地に流入する。その際、送電鉄塔の接地抵抗が大きいと接地抵抗と雷撃電流との積による鉄塔電位の上昇が大きくなる。鉄塔電位の上昇が碍子の閃絡電圧を越えると逆閃絡が生じ、手伝に至る可能性がある。架空送電線における雷事故防止対策としては、送電鉄塔の接地抵抗の低減を図ることが有効であり、様々な工夫がなされている。 一方、接地抵抗は雷撃電流のような衝撃第電流に対して、定常抵抗値よりも低い抵抗値を示すことが分かっており、接地抵抗の電流依存特性を明らかにすることは送電線閃絡事故の解析において重要である。接地電極に第電流が流入し、電極表面の土壌の電界が土壌に固有なある臨界電界値を越えると、土壌で絶縁破壊を起こし火花放電がこの部分を短絡する。このイオン化された領域は電極面積を等価的に増加させることになり、接地抵抗値が低くなると考えられる。 本報告では、半球状の電極に対して衝撃電流印加試験を行った測定結果を用いて、この土中放電による接地抵抗電流依存特性の理論モデルについて検討している。まず、印加電流の波高値に対する電圧の測定値から接地抵抗理論モデルの定数を決定した。次にこの理論モデルで接地抵抗の過渡(時間応答)特性について検討した。その結果、この理論モデルが実際の接地抵抗測定値をよく近似していることを確認した。

    researchmap

  • Wire/Cable Connection Method for ECSO Design Introduction and Estimation and Verification Software for Estimating Introduction Benefit

    米津 大吾, 矢野 剛, 亀山 一久, 東川 善文, 益尾 和彦

    2022 IEEE 5th International Electrical and Energy Conference (CIEEC)  2022.5 

     More details

    Venue:Nangjing, China  

    researchmap

  • An Estimation Method for Power Transmission Efficiency of Inductive Power Transfer System using Coils Made of Non-insulated Stranded Wire

    Daigo Yonetsu, Yasushi Yamamoto

    The 15th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation  2012.11 

     More details

    Venue:Oita, Japan  

    researchmap

▼display all

Industrial property rights

  • 誘電率の測定方法および誘電率の測定装置

     More details

    Application no:特許出願2009-214444  Date applied:2009.9

    Announcement no:特許公開2011-64535  Date announced:2011.3

    researchmap

Awards

  • 電気設備学会 学術部門 学術奨励賞

    2021.6   電気設備学会  

     More details

  • 第12回電気設備学会関西支部賞

    2015.5   一般社団法人 電気設備学会関西支部  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 第62回電気関係功績者表彰

    2015.5   一般社団法人 日本電気協会関西支部  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 電気学会優秀論文発表A賞

    2011.2   電気学会  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 第27回(平成21年度)電気設備学会全国大会発表奨励賞

    2009.11   電気設備学会  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 第19回電気設備学会賞学術部門論文奨励賞

    2008.6   電気設備学会  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 平成18年電気関係学会関西支部連合大会奨励賞

    2006.11   電気学会、電気設備学会など  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 平成18年電気学会産業応用部門優秀論文発表賞

    2006.10   電気学会  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • 平成16年電気学会全国大会優秀論文発表賞

    2005.3   電気学会  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

  • The Encouragement Awards for Presentation of the Conterrence on IEIE of Japan

    The Institute of Electrical Insulation Engineers of Japan  

     More details

    Country:Japan

    researchmap

▼display all

Research Projects

  • 計算ソフト内線型モニタリングシステムの開発

    2018 - 2019

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 洋上風力発電所の耐雷設計構築のための縮小モデル実験と電磁界解析

    2018 - 2019

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 安価で作業性のよい低圧CVTケーブルの異径ジョイント工法の開発

    2017 - 2018

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 洋上風力発電所の耐雷設計構築のための縮小モデル実験と電磁界解析

    2017 - 2018

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 安価で作業性のよい低圧CVTケーブルの異径ジョイント工法の開発

    2016 - 2017

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 電磁界解析による深深度FDEM探査技術の検証

    2016 - 2017

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 科学研究費補助金 非接触給電装置の自動設計技術の開発

    2015 - 2017

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 電磁界解析による深深度FDEM探査技術の検証

    2015 - 2016

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 安価で作業性のよい低圧CVTケーブルの異径ジョイント工法の開発

    2015 - 2016

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 中心誘導法による地盤探査技術の研究について

    2013 - 2014

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 中心誘導法による地盤探査技術の研究について

    2013

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • マイクロ波を利用した封筒の糊乾燥装置開発に関する共同研究

    2012 - 2013

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • マイクロ波を利用した封筒の糊乾燥装置開発に関する共同研究

    2011 - 2012

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 2010年度パワーアカデミー研究助成 特別推進研究 インバータ駆動電動機における高周波過電圧対策と革新的耐電圧特性向上に関する 大学間連携研究

    2010 - 2012

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 抵抗器の熱理論解析(Ⅱ)

    2009 - 2010

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 科学研究費補助金 電気・電子機器の電磁環境最適設計技術の開発

    2004 - 2006

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all

Social Activities

  • 科学技術動向研究センター 専門調査員

    2014.4 - 2016.3

     More details

Devising educational methods

  • ・演習科目(プログラミング関連)では、教材や演習の解答をWeb上に公開している。 ・講義科目では、必要に応じて資料の配布を行っている。また、授業内で演習を行い、次週に演習の解答例を配布している。

Teaching materials

  • ・いずれの担当科目においても、演習の解答を作成し、Web上または授業中に配布を行っている。 講義科目については、途中の計算式も省略せずに解まで求める方法を示している。 ・演習科目(プログラミング関連)では、授業の資料を事前にWeb上で公開を行っている。 資料の概要は、解答例のプログラムだけではなく、考え方や説明も記入した資料としている。

Teaching method presentations

  •  特になし

Special notes on other educational activities

  • ・サイエンスセミナー(小中高生のための理科教室)の実施⇒テキストの作成、実施時の説明やサポートを行っている。 ・ネックレスセミナー(高校生を対象に計算機プログラミングを経験して簡単なゲームを作ろう)の実施⇒テキストの作成、実施時の説明やサポートを行っている。