2024/07/19 更新

写真a

タヂカワ ツトム
田地川 勉
TAJIKAWA,Tsutomu
所属
システム理工学部 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2002年3月 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 医用システム

  • ライフサイエンス / 医療技術評価学

▼全件表示

学歴

  • 関西大学   工学研究科   機械工学専攻

    1997年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 関西大学   工学部   機械工学科

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 関西大学   工学研究科   機械工学専攻

      詳細を見る

経歴

  • 関西大学システム理工学部 准教授

    2014年4月

      詳細を見る

  • 関西大学システム理工学部 専任講師

    2007年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   システム理工学部機械工学科   専任講師

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 関西大学   工学部機械工学科   助手

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • Journal of Biomechanical Science and Engineering   Editor  

    2024年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本機械学会   2024年度 バイオエンジニアリング部門 運営委員会 委員  

    2024年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本機械学会   バイオエンジニアリング部門 第97期運営委員 企画委員会幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

  • 大阪府教育委員会(大阪府立住吉高等学校)   SSH運営指導委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本機械学会   2018年度年次大会実行委員会 幹事  

    2017年3月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本バイオレオロジー学会   電子版B&R 編集委員  

    2015年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   生体医工学シンポジウム 編集委員会 co-editor  

    2014年7月 - 2019年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本バイオレオロジー学会   理事  

    2013年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本バイオレオロジー学会   電子版B&R 編集委員  

    2011年10月 - 2014年9月   

      詳細を見る

  • 日本バイオレオロジー学会   評議員  

    2010年9月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本機械学会   バイオエンジニアリング部門 第84期運営委員  

    2006年 - 2008年   

      詳細を見る

  • バイオエンジニアリング部門第84期運営委員  

    2006年   

      詳細を見る

▼全件表示

論文

  • Breaking the Limit of Cardiovascular Regenerative Medicine: Successful 6-Month Goat Implant in World’s First Ascending Aortic Replacement Using Biotube Blood Vessels 査読

    Kazuki Mori, Tadashi Umeno, Takayuki Kawashima, Tomoyuki Wada, Takuro Genda, Masanagi Arakura, Yoshifumi Oda, Takayuki Mizoguchi, Ryosuke Iwai, Tsutomu Tajikawa, Yasuhide Nakayama, Shinji Miyamoto

    Bioengineering   11 ( 4 )   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/bioengineering11040405

    researchmap

  • Mathematical Investigation for the Mechanism of the Pancreatic Juice Reflux in High Confluence of Pancreaticobiliary Ducts and Pancreaticobiliary Maljunction 査読

    Tsutomu Tajikawa, Keita Aoki, Hiroaki Fukuzawa

    Biomedical Journal of Scientific & Technical Research   55 ( 5 )   47447 - 47456   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.26717/BJSTR.2024.55.008764

    researchmap

  • Carotid Artery Bypass Surgery of In-Body Tissue Architecture-Induced Small-Diameter Biotube in a Goat Model: A Pilot Study 査読 国際誌

    Tadashi Umeno, Kazuki Mori, Ryosuke Iwai, Takayuki Kawashima, Takashi Shuto, Yumiko Nakashima, Tsutomu Tajikawa, Yasuhide Nakayama, Shinji Miyamoto

    Bioengineering   11 ( 3 )   203 - 203   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Biotubes are autologous tubular tissues developed within a patient’s body through in-body tissue architecture, and they demonstrate high potential for early clinical application as a vascular replacement. In this pilot study, we used large animals to perform implantation experiments in preparation for preclinical testing of Biotube. The biological response after Biotube implantation was histologically evaluated. The designed Biotubes (length: 50 cm, internal diameter: 4 mm, and wall thickness: 0.85 mm) were obtained by embedding molds on the backs of six goats for a predetermined period (1–5 months). The same goats underwent bypass surgery on the carotid arteries using Biotubes (average length: 12 cm). After implantation, echocardiography was used to periodically monitor patency and blood flow velocity. The maximum observation period was 6 months, and tissue analysis was conducted after graft removal, including the anastomosis. All molds generated Biotubes that exceeded the tensile strength of normal goat carotid arteries, and eight randomly selected Biotubes were implanted. Thrombotic occlusion occurred immediately postoperatively (1 tube) if anticoagulation was insufficient, and two tubes, with insufficient Biotube strength (<5 N), were ruptured within a week. Five tubes maintained patency for >2 months without aneurysm formation. The spots far from the anastomosis became stenosed within 3 months (3 tubes) when Biotubes had a wide intensity distribution, but the shape of the remaining two tubes remained unchanged for 6 months. The entire length of the bypass region was walled with an αSMA-positive cell layer, and an endothelial cell layer covered most of the lumen at 2 months. Complete endothelial laying of the luminal surface was obtained at 3 months after implantation, and a vascular wall structure similar to that of native blood vessels was formed, which was maintained even at 6 months. The stenosis was indicated to be caused by fibrin adhesion on the luminal surface, migration of repair macrophages, and granulation formation due to the overproliferation of αSMA-positive fibroblasts. We revealed the importance of Biotubes that are homogeneous, demonstrate a tensile strength > 5 N, and are implanted under appropriate antithrombotic conditions to achieve long-term patency of Biotube. Further, we clarified the Biotube regeneration process and the mechanism of stenosis. Finally, we obtained the necessary conditions for a confirmatory implant study planned shortly.

    DOI: 10.3390/bioengineering11030203

    PubMed

    researchmap

  • Model blood for simulating red thrombus formation owing to stagnant blood flow using hypercoagulable skim milk solution 査読

    Tsutomu Tajikawa, Mitsuru Hirono, Masayuki Tanaka, Ryosuke Yano, Kyoko Nagira

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   19 ( 1 )   23-00350   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jbse.23-00350

    researchmap

  • Simultaneous observation of shape, volume, and hemoglobin content of a single red blood cell under the osmotic pressure difference 査読

    Ryoko Otomo, Akihito Morita, Yuki Yoneda, Tsutomu Tajikawa, Yasufumi Yamamoto, Kiyoshi Bando

    Journal of Biorheology   37 ( 2 )   155 - 161   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Biorheology  

    DOI: 10.17106/jbr.37.155

    researchmap

  • Investigation of pancreatic juice reflux mechanism in high confluence of pancreaticobiliary ducts and pancreaticobiliary maljunction (Development and validation of a mathematical model for pancreatic and bile juice flow based on fluid mechanics) 査読

    Tsutomu Tajikawa, Keita Aoki, Hiroaki Fukuzawa

    Journal of Biorheology   37 ( 2 )   44 - 55   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17106/jbr.37.44

    researchmap

  • In vitro hydrodynamical study on parent vessel curvature for treating intracranial aneurysms using particle imaging velocimetry 査読

    Tsutomu Tajikawa, Ryo Hidaka, Takeshi Moriwaki, Yasuhide Nakayama

    Journal of Biorheology   37 ( 2 )   64 - 72   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17106/jbr.37.64

    researchmap

  • 心臓代用弁の構造的工夫による動脈弁の弁機能向上の試み 査読

    田地川勉, 中島輝

    生体医工学   60 ( 6 )   149 - 157   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.60.149

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2023127141

  • Pre-implantation evaluation of a small-diameter, long vascular graft (Biotube®) for below-knee bypass surgery in goats. 査読 国際誌

    Yasuhide Nakayama, Ryosuke Iwai, Takeshi Terazawa, Tsutomu Tajikawa, Tadashi Umeno, Takayuki Kawashima, Yumiko Nakashima, Yasuyuki Shiraishi, Akihiro Yamada, Ryuji Higashita, Manami Miyazaki, Tomonori Oie, Satoki Kadota, Nozomi Yabuuchi, Fumie Abe, Marina Funayama-Iwai, Tomoyuki Yambe, Shinji Miyamoto

    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials   110 ( 11 )   2387 - 2398   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There are no small-diameter, long artificial vascular grafts for below-knee bypass surgery in chronic limb-threatening ischemia. We have developed tissue-engineered vascular grafts called "Biotubes®" using a completely autologous approach called in-body tissue architecture (iBTA). This study aimed at pre-implantation evaluation of Biotube and its in vivo preparation device, Biotube Maker, for use in below-knee bypass surgery. Forty nine makers were subcutaneously embedded into 17 goats for predetermined periods (1, 2, or 3 months). All makers produced Biotubes as designed without inflammation over all periods, with the exception of a few cases with minor defects (success rate: 94%). Small hole formation occurred in only a few cases. All Biotubes obtained had an inner diameter of 4 mm and a length of 51 to 52 cm with a wall thickness of 594 ± 97 μm. All Biotubes did not kink when completely bent under an internal pressure of 100 mmHg and did not leak without any deformation under a water pressure of 200 mmHg. Their burst strength was 2409 ± 473 mmHg, and suture retention strength was 1.75 ± 0.27 N, regardless of the embedding period, whereas tensile strength increased from 7.5 ± 1.3 N at 1 month to 9.7 ± 2.0 N at 3 months with the embedding period. The amount of water leakage from the needle holes prepared in the Biotube wall was approximately 1/7th of that in expanded polytetrafluoroethylene vascular grafts. The Biotubes could be easily connected to each other without cutting or anastomosis leaks. They could be stored for at least 1 year at room temperature. This study confirmed that even Biotubes formed 1 month after embedding of Biotube Makers had properties comparable to arteries.

    DOI: 10.1002/jbm.b.35084

    PubMed

    researchmap

  • Acute Phase Pilot Evaluation of Small Diameter Long iBTA Induced Vascular Graft "Biotube" in a Goat Model. 査読 国際誌

    Ryuji Higashita, Yasuhide Nakayama, Yasuyuki Shiraishi, Ryosuke Iwai, Yusuke Inoue, Akihiro Yamada, Takeshi Terazawa, Tsutomu Tajikawa, Manami Miyazaki, Mamiko Ohara, Tadashi Umeno, Keitaro Okamoto, Tomonori Oie, Tomoyuki Yambe, Shinji Miyamoto

    EJVES vascular forum   54   27 - 35   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: There is a need for small diameter vascular substitutes in the absence of available autologous material. A small diameter, long tissue engineered vascular graft was developed using a completely autologous approach called "in body tissue architecture technology (iBTA)". The aim of this pilot study was to evaluate "Biotubes", iBTA induced autologous collagenous tubes, for their potential use as small diameter vascular bypass conduits. Methods: Biotubes (internal diameter 4 mm, length 50 cm, wall thickness 0.85 mm) were prepared by subcutaneous embedding of plastic moulds (Biotube Maker) in three goats for approximately two months. Allogenic Biotubes (length 10 cm [n = 2], 15 cm [n = 2], 22 cm [n = 2]) were bypassed to both carotid arteries by end to side anastomosis with their ligation between the anastomoses in another three goats. Residual Biotubes were examined for their mechanical properties. After four weeks, the harvested Biotubes were evaluated histologically. Results: All Biotubes had sufficient pressure resistance, approximately 3000 mmHg. Although wall thickening occurred at two proximal anastomosis sites, all six grafts were patent without luminal thrombus formation, stenosis, or aneurysm deformation throughout the implantation period. Endothelial cells covered both anastomosis sites almost completely, with partial covering in the central portion of the grafts. Furthermore, α smooth muscle actin positive cells infiltrated the middle layer along almost the entire graft length. Conclusion: This preliminary study showed that small diameter, long, tissue engineered Biotubes could function properly as arterial bypass conduits in a large animal for one month without any abnormal change in vascular shape. Thus, small diameter, long Biotubes are potentially viable conduits, which are biocompatible and labour non-intensive, and therefore, suitable for clinical practice. Additionally, Biotubes can start the regeneration process in a short period of time.

    DOI: 10.1016/j.ejvsvf.2022.01.004

    PubMed

    researchmap

  • バタフライ型人工房室弁の開発―弁膜の寸法,構造等の力学設計が性能におよぼす影響― 査読

    関戸耀太, 中山泰秀, 田地川勉

    生体医工学   59 ( 6 )   146 - 153   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.59.146

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/031983181

  • iBTA-Induced Biotube<sup>®</sup> Blood Vessels: 2020 Update 招待 査読

    Yasuhide Nakayama, Ryuji Higashita, Yasuyuki Shiraishi, Tadashi Umeno, Tsutomu Tajikawa, Akihiro Yamada, Kazuki Mori, Manami Miyazaki, Mamiko Ohara, Ryosuke Iwai, Takeshi Terazawa, Tomonori Oie, Tomoyuki Yambe, Shinji Miyamoto

    Kidney and Dialysis   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/kidneydial1010002

    researchmap

  • Mechanism of pancreatic juice reflux in pancreaticobiliary maljunction: A fluid dynamics model experiment 査読

    Hiroaki Fukuzawa, Keisuke Kajihara, Tsutomu Tajikawa, Keita Aoki, Tetsuo Ajiki, Kosaku Maeda

    Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   27 ( 5 )   265 - 272   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    BACKGROUND: Pancreatic juice reflux to the common bile duct and gallbladder is observed in the pancreaticobiliary maljunction (PBM), and various pathological conditions occur in the biliary tract. However, the mechanism of pancreatic juice reflux has not been discussed yet. This study aimed to investigate the mechanism of this phenomenon from the perspective of the fluid dynamics theory. METHODS: A fluid dynamics model of PBM without biliary dilatation having gallbladder function and of the pressure of sphincter of Oddi was developed. Water (as bile juice and pancreatic juice) was flowed to these models with a flow rate similar to that in humans. Pancreatic and bile juice flow and bile duct pressure were observed in three phases of gallbladder function. Moreover, the same experiment was performed in the PBM without biliary dilatation model without gallbladder. RESULTS: Pancreatic juice reflux could be observed when the gallbladder was passively expanded with the pressure in the bile duct lower than that in the sphincter of Oddi. However, pancreatic juice reflux was not observed in the model without gallbladder. CONCLUSIONS: Gallbladder function may be strongly involved in pancreatic juice reflux in PBM without biliary dilatation. Cholecystectomy may be able to stop the reflux of pancreatic juice.

    DOI: 10.1002/jhbp.714

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jhbp.714

  • In vitro hydrodynamical study on aneurysmal morphology for treating intracranial aneurysms using particle imaging velocimetry 査読

    Takeshi Moriwaki, Tsutomu Tajikawa, Yasuhide Nakayama

    Journal of Biorheology   34 ( 2 )   47 - 54   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Biorheology  

    DOI: 10.17106/jbr.34.47

    researchmap

  • Hydrodynamical evaluation of microporous covered stent for the treatment of intracranial aneurysms: Comparison of flow reduction property with flow diverter stent by using particle imaging velocimetry and in vitro flow simulator 査読

    Takeshi Moriwaki, Tsutomu Tajikawa, Yasuhide Nakayama

    Journal of Biorheology   32 ( 1 )   20 - 25   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17106/jbr.32.20

    researchmap

  • Construction of 3 animal experimental models in the development of honeycomb microporous covered stents for the treatment of large wide-necked cerebral aneurysms 査読

    Yasuhide Nakayama, Tetsu Satow, Marina Funayama, Takeshi Moriwaki, Tsutomu Tajikawa, Maya Furukoshi, Eika Hamano, Daizo Ishi, Masataka Hayashi, Sei Sugata, Hatsue Ishibashi-Ueda, Jun C. Takahashi

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   19 ( 2 )   179 - 187   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    The treatment of large or wide-necked cerebral aneurysms is extremely difficult, and carries a high risk of rupture, even when surgical or endovascular methods are available. We are developing novel honeycomb microporous covered stents for treating such aneurysms. In this study, 3 experimental animal models were designed and evaluated quantitatively before preclinical study. The stents were prepared using specially designed balloon-expandable stents (diameter 3.5-5.0 mm, length 16-28 mm) by dip-coating to completely cover their struts with polyurethane film (thickness 20 mu m) and microprocessing to form the honeycomb pattern after expansion. (1) In an internal carotid artery canine model (n = 4), all stents mounted on the delivery catheter passed smoothly through the tortuous vessel with minimal arterial damage. (2) In an the large, wide-necked, outer-side-wall aneurysm canine model, almost all parts of the aneurysms had embolized immediately after stenting (n = 4), and histological examination at 2 months revealed neointimal formation with complete endothelialization at all stented segments and entirely organized aneurysms. (3) In a perforating artery rabbit model, all lumbar arteries remained patent (n = 3), with minimal change in the vascular flow pattern for over 1 year, even after placement of a second, overlapping stent (n = 3). At 2 months after stenting, the luminal surface was covered with complete thin neointimal formation. Excellent embolization performance of the honeycomb microporous covered stents without disturbing branching flow was confirmed at the aneurysms in this proof-of-concept study.

    DOI: 10.1007/s10047-015-0879-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Successful implantation of autologous valved conduits with self-expanding stent (stent-biovalve) within the pulmonary artery in beagle dogs 査読 国際誌

    Marina Funayama, Yuichi Matsui, Tsutomu Tajikawa, Taiki Sasagawa, Yuta Saito, Shoko Sagishima, Takeshi Mizuno, Masashi Mizuno, Kayoko Harada, Shuhei Uchida, Asako Shinoda, Ryosuke Iwai, Yasuhide Nakayama, Masami Uechi

    JOURNAL OF VETERINARY CARDIOLOGY   17 ( 1 )   54 - 61   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: To evaluate the functionality of an autologous heart valve with stent (Stent-biovalve or SBV) after implantation in the pulmonic valve position in beagle dogs.
    Animals: Five beagle dogs.
    Methods: A mold with an aperture of a tri-leaflet structure was constructed from a pair of concave and convex rods to which a nitinol (NiTi) stent was mounted. This mold was embedded in a dorsal subcutaneous pouch in beagle dogs for 4 weeks. At the time of the removal, the surfaces of the molds were completely covered with connective tissues, tri-leaflet valves were formed and the NiTi stent was tightly connected to the structure.
    Results: The mean burst strength of the SBV leaflet was 2710 mmHg (range 2280-3116 mmHg), which was approximately equal to that of the native pulimonic valve leaflet. After implantation in the pulmonary position, the SBV showed good functionality as a pulmonic valve. At 84 days after implantation, the SBV was replaced with autologous fibroblasts and collagenous tissues, and showed organization similar to that of native heart valves.
    Conclusion: Stent-Biovalves achieved good valvular function with laminar flow in the pulmonic valve position of beagle dogs. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jvc.2014.12.003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 単軸引張によるヒト赤血球の変形能の測定―見かけのヤング率と形状回復時定数の測定― 査読

    郡慎平, 加藤陽介, 田地川勉, 山本恭史, 板東潔

    生体医工学   53 ( 1 )   1 - 7   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本生体医工学会  

    An erythrocyte can be deformed very easily by even small amounts of stress, enabling it to flow smoothly through approximately 3μm diameter microvessels despite its larger size of 8μm in diameter and 2μm in thickness. Reduction of erythrocyte deformability leads to poor circulation particularly in microvessels, which may result in hypertension and various circulatory diseases. To clarify blood microcirculatory properties, it is very important to understand the deformability of erythrocytes. However, a standard method for quantitative evaluation of erythrocyte deformability has not yet been established. In this study, an apparent Young's modulus and a time constant for the recovery of erythrocyte shape following uniaxial stretching are proposed as deformability indices. When an erythrocyte was pulled horizontally on opposite ends using two micropipettes, tensile stress and strain were measured, and an apparent Young's modulus was calculated based on Hooke's law. On returning to its initial shape after the erythrocyte was released from stretching, the elapsed time and strain were measured, and a time constant for shape recovery was calculated based on the Kelvin model. The average apparent Young's modulus was 16.0 Pa, and the average time constant was 113.4 ms, with a slight tendency toward an inverse relation between the two physical quantities.

    DOI: 10.11239/jsmbe.53.1

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/8962

  • In-body tissue-engineered aortic valve (Biovalve type VII) architecture based on 3D printer molding 査読 国際誌

    Yasuhide Nakayama, Yoshiaki Takewa, Hirohito Sumikura, Masashi Yamanami, Yuichi Matsui, Tomonori Oie, Yuichiro Kishimoto, Mamoru Arakawa, Kentaro Ohmuma, Tsutomu Tajikawa, Keiichi Kanda, Eisuke Tatsumi

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS   103 ( 1 )   1 - 11   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    In-body tissue architecturea novel and practical regeneration medicine technologycan be used to prepare a completely autologous heart valve, based on the shape of a mold. In this study, a three-dimensional (3D) printer was used to produce the molds. A 3D printer can easily reproduce the 3D-shape and size of native heart valves within several processing hours. For a tri-leaflet, valved conduit with a sinus of Valsalva (Biovalve type VII), the mold was assembled using two conduit parts and three sinus parts produced by the 3D printer. Biovalves were generated from completely autologous connective tissue, containing collagen and fibroblasts, within 2 months following the subcutaneous embedding of the molds (success rate, 27/30). In vitro evaluation, using a pulsatile circulation circuit, showed excellent valvular function with a durability of at least 10 days. Interposed between two expanded polytetrafluoroethylene grafts, the Biovalves (N=3) were implanted in goats through an apico-aortic bypass procedure. Postoperative echocardiography showed smooth movement of the leaflets with minimal regurgitation under systemic circulation. After 1 month of implantation, smooth white leaflets were observed with minimal thrombus formation. Functional, autologous, 3D-shaped heart valves with clinical application potential were formed following in-body embedding of specially designed molds that were created within several hours by 3D printer. (c) 2014 Wiley Periodicals, Inc. J Biomed Mater Res Part B: Appl Biomater, 103B: 1-11, 2015.

    DOI: 10.1002/jbm.b.33186

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 可視化による赤血球変形能の定量評価 ―形状回復時定数を使った個々の血球の粘弾性特性の測定― 招待

    田地川 勉

    可視化情報学会誌   34 ( 134 )   114 - 119   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:可視化情報学会  

    ヒト血液の有形成分のほとんど全てを占める赤血球について,特に微小循環能の観点から,その変形特性を理解するだけで無く,それを診断に応用することは有用である.本研究では,マイクロ流体システムを用いて,生体内で生じうる変形を赤血球に与え,そこからの形状回復過程を可視化計測することで,個々の赤血球粘弾性特性を形状回復時定数として調べた.人為的に膜特性や内包ヘモグロビン溶液濃度を変更した血球に対して形状回復時定数を測定したところ,これらの物性の変化を標準年弾性力学モデルに対応する時定数の変化として捕らえられることを確認した.また各献体における形状回復時定数は,体内での加齢の影響を受け対数正規分布を示したことから,その幾何平均値と標準偏差相当値を用いて,糖尿病患者や腎症患者を例に,形状回復時定数との関係について調べた結果を紹介すると共に,本手法によって得られる情報の可能性について紹介した.

    DOI: 10.3154/jvs.34.134_16

    CiNii Books

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発2 (ヒト中大脳動脈拍動血流を対象とした生体外模擬実験) 査読

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    生体医工学   51(6), pp.397-404. ( 6 )   397 - 404   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.51.397

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/025346140

  • Diverse Shape Design and Physical Property Evaluation of In-Body Tissue Architecture-Induced Tissues 査読

    Tsutomu Tajikawa, Yota Sekido, Kazuki Mori, Takayuki Kawashima, Yumiko Nakashima, Shinji Miyamoto, Yasuhide Nakayama

    Bioengineering   11 ( 6 )   598   2024年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/bioengineering11060598

    researchmap

  • バイオメカニクス-流れの停滞による血栓形成のシミュレーションの進歩- 招待

    田地川勉

    人工臓器学会   52 ( 3 )   189 - 193   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本人工臓器学会  

    DOI: 10.11392/jsao.52.189

    researchmap

  • 血液透析回路内循環における赤血球変形能と溶血特性の関係 査読

    郡 慎平, 入野 啓司, 田中 季里, 畑中 由佳, 田地川 勉

    生体医工学   58 ( 6 )   230 - 237   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.58.230

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/031339462

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定―形状回復時定数に対するMCV,MCHC,糖化度の影響― 査読

    久保田麻紀, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行, 大場 謙吉

    日本検査血液学会雑誌   14(3), pp.274-280.   274 - 281   2013年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of a Miniaturized Fiber-optic LDV Sensor for Local Blood Velocity Measurement 査読

    Shimpei Kohri, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba

    2 ( 3 )   131 - 138   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.5963/BER0203002

    researchmap

  • In vivo evaluation of an in-body, tissue-engineered, completely autologous valved conduit (biovalve type VI) as an aortic valve in a goat model 査読

    Yoshiaki Takewa, Masashi Yamanami, Yuichiro Kishimoto, Mamoru Arakawa, Keiichi Kanda, Yuichi Matsui, Tomonori Oie, Hatsue Ishibashi-Ueda, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Hitoshi Yaku, Yoshiyuki Taenaka, Eisuke Tatsumi, Yasuhide Nakayama

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   16 ( 2 )   176 - 184   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Using simple, safe, and economical in-body tissue engineering, autologous valved conduits (biovalves) with the sinus of Valsalva and without any artificial support materials were developed in animal recipients' bodies. In this study, the feasibility of the biovalve as an aortic valve was evaluated in a goat model. Biovalves were prepared by 2-month embedding of the molds, assembled using two types of specially designed plastic rods, in the dorsal subcutaneous spaces of goats. One rod had three projections, resembling the protrusions of the sinus of Valsalva. Completely autologous connective tissue biovalves (type VI) with three leaflets in the inner side of the conduit with the sinus of Valsalva were obtained after removing the molds from both terminals of the harvested implants with complete encapsulation. The biovalve leaflets had appropriate strength and elastic characteristics similar to those of native aortic valves; thus, a robust conduit was formed. Tight valvular coaptation and a sufficient open orifice area were observed in vitro. Biovalves (n = 3) were implanted in the specially designed apico-aortic bypass for 2 months as a pilot study. Postoperative echocardiography showed smooth movement of the leaflets with little regurgitation under systemic circulation (2.6 +/- A 1.1 l/min). alpha-SMA-positive cells appeared significantly with rich angiogenesis in the conduit and expanded toward the leaflet tip. At the sinus portions, marked elastic fibers were formed. The luminal surface was covered with thin pseudointima without thrombus formation. Completely autologous biovalves with robust and elastic characteristics satisfied the higher requirements of the systemic circulation in goats for 2 months with the potential for valvular tissue regeneration.

    DOI: 10.1007/s10047-012-0679-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発 (薄膜留置による瘤塞栓性能の評価と微細孔形状の最適化) 査読

    田地川勉, 中川雄太, 紅林芳嘉, 西正吾, 中山泰秀

    日本機械学会論文集B編   79 ( 801 )   992 - 1004   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.992

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-25670628/

  • 心拍に伴い開閉する大動脈弁の変形が大動脈弁硬化症の発症に及ぼす影響(3 次元計測手法による弁膜モデルに生じる応力・歪み分布の測定) 査読

    田地川勉, 權愛美里, 藤元彰, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    生体医工学   51(1), pp.52-60. ( 1 )   52 - 60   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本エム・イー学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.51.52

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013308582

  • 生​体​外​模​擬​実​験​に​よ​る​頭​頚​部​動​脈​瘤​治​療​用​多​孔​薄​膜​カ​バ​ー​ド​ス​テ​ン​ト​の​塞​栓​能​定​量​評​価​(​孔​径​・​開​口​率​が​瘤​内​流​れ​に​及​ぼ​す​影​響​)

    中山泰秀, 田地川勉, 西正吾

    循環器病研究の進歩   33 ( 1 )   2012年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:循環器病研究の進歩  

    researchmap

  • Measurement and analysis of the shape recovery process of each erythrocyte for estimation of its deformability using the microchannel technique: The influence of the softness of the cell membrane and viscosity of the hemoglobin solution inside the cell 査読

    Tsutomu Tajikawa, Yuya Imamura, Takaya Ohno, Fumiya Muranishi, Maki Kubota, Kenkichi Ohba

    Journal of Biorheology   27   1 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12573-012-0052-9

    DOI: 10.1007/s12573-012-0054-7

    Scopus

    researchmap

  • Development of Miniaturized Fiber-Optic Laser Doppler Velocimetry Sensor for Measuring Local Blood Velocity: Measurement of Whole Blood Velocity in Model Blood Vessel Using a Fiber-Optic Sensor with a Convex Lens-Like Tip 査読

    Tsutomu Tajikawa, Wataru Ishihara, Shimpei Kohri, Kenkichi Ohba

    JOURNAL OF SENSORS   DOI:10.1155/2012/426476   426476 - 11   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    A miniaturized fiber-optic laser Doppler velocimetry sensor has been developed to measure the local blood velocity in vivo. The laser beam emitted from the sensor tip can be focused at any distance between 0.1 and 0.5mm from the tip. Consequently, the sensor has a sufficiently high signal-to-noise ratio to measure the local velocity in almost any opaque fluid, including blood. The sensor head is inserted in an injection needle or a catheter tube. In the former case, it is inserted at an angle to the wall of a vessel and is scanned across the vessel to measure the velocity distribution. In the latter case, it is aligned parallel with the flow in a vessel. For all flows of whole human blood, whole caprine blood, and 69% hematocrit of bovine blood, the velocity distribution across the vessel could be measured very accurately. The insertion angle of the fiber into the flow significantly affects the measurement accuracy; an angle of about 50. is suitable when an injection needle is used. When a catheter is employed, an insertion direction opposite to the flow direction is better than parallel to the flow due to the generation of a wake behind the fiber.

    DOI: 10.1155/2012/426476

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/journals/js/js2012.html#TajikawaIKO12

  • A completely autologous valved conduit prepared in the open form of trileaflets (type VI biovalve): Mold design and valve function in vitro 査読 国際誌

    Yasuhide Nakayama, Yuki Yahata, Masashi Yamanami, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Keiichi Kanda, Hitoshi Yaku

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS   99B ( 1 )   135 - 141   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    In-body tissue, architecture technology represents a promising approach for the development of living heart valve replacements and preparation of a series of biovalves. To reduce the degree of regurgitation and increase the orifice ratio, we designed a novel mold for a type VI biovalve. The mold had an outer diameter of 14 mm for implantation in beagles, and it was prepared by assembling two silicone rods with a small aperture (1 mm) between them. One rod had three protrusions of the sinus of Valsalva, whereas the other was almost cylindrical. When the molds were embedded in the subcutaneous pouches of beagles for 1 month, the native connective tissues that subsequently developed covered the entire outer surface of the molds and migrated into the aperture between the rods. The mold from both sides of the harvested cylindrical implant was removed, and homogenous well-balanced trileaflets were found to be separately formed in the open form with a small aperture at the three commissure parts inside the developed conduit, which had a thick homogenous wall even in the sinus of Valsalva. Exposure of the obtained biovalves to physiological aortic valve flow in beagles revealed proper opening motion with a wide orifice area. The closure dynamics were suboptimal, probably due to the reduction in the size of the sinus of Valsalva. The mechanical behavior of this biovalve might allow its use as a living aortic valve replacement. (C) 2011 Wiley Periodicals, Inc. J Biomed Mater Res Part B: Appl Biomater 99B: 135-141, 2011.

    DOI: 10.1002/jbm.b.31880

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • マイクロチャンネルを通過する赤血球の変形挙動と内部流動の二次元数値シミュレーションによる観察 査読

    加瀬篤志, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会論文集(B 編)   76 ( 772 )   2111 - 2117   2010年12月

     詳細を見る

  • Preparation of in-vivo tissue-engineered valved conduit with the sinus of Valsalva (type IV biovalve) 査読

    M. Yamanami, Y. Yahata, T. Tajikawa, K. Ohba, T. Watanabe, K. Kanda, H. Yaku, Y. Nakayama

    Journal of Artificial Organs   13 ( 2 )   106 - 12   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10047-010-0491-2

    PubMed

    researchmap

  • マイクロチャンネルを通過する赤血球の変形挙動と内部流動の二次元数値シミュレーションによる観察(流体工学,流体機械) 査読

    加瀬 篤志, 郡 慎平, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    日本機械学会論文集B編   76 ( 772 )   2111 - 2117   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.76.772_2111

    Scopus

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaib1979/76/772/76_KJ00006813222/_pdf

  • Preparation of a Completely Autologous Trileaflet Valve-Shaped Construct by In-Body Tissue Architecture Technology 査読 国際誌

    Yasuhide Nakayama, Masashi Yamanami, Yuki Yahata, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Taiji Watanabe, Keiichi Kanda, Hitoshi Yaku

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS   91B ( 2 )   813 - 818   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    The aim of this study was to prepare completely autologous heart-valve-shaped constructs without using any artificial scaffold materials by in-body tissue architecture technology, which is a practical concept of regenerative medicine based on the biological defense mechanism against foreign bodies. Silicone rods were used as molds to achieve the tubular shape of the arteries, which were implanted in the subcutaneous spaces of rabbits. After 2 weeks of primary in-body tissue incubation, the silicone rods were completely encapsulated within a thin membranous connective tissue mainly consisting of collagen and having a thickness of similar to 100 mu m. To achieve the trileaflet shape of the valve, the cylindrical tissues obtained were rolled up with polyurethane belts cut in the shape of three semi-ovals. The assembled tissues were reimplanted for 2 weeks for secondary incubation. The resulting tissues were over-encapsulated with the newly developed membranous connective tissue having a thickness of similar to 200-400 mu m. The newly formed membranes were completely fused to the previously developed inner membrane. After the removal of the two artificial materials, tubular constructs with trileaflet-shaped internal surface were obtained. By controlling the formation of the encapsulating tissue in the two-step in-body tissue incubation process, we were able to develop completely autologous trileaflet valve-shaped constructs. (C) 2009 Wiley Periodicals, Inc. J Biomed Mater Res Part B: Appl Biomater 91B: 813-818, 2009

    DOI: 10.1002/jbm.b.31460

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発(水流および模擬血流中で超音波を管軸と垂直に照射する実験) 査読

    郡慎平, 阿部裕一, 松崎尚洋, 田地川勉, 大場謙吉

    生体医工学   47巻1号28頁-35頁 ( 1 )   28 - 35   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.47.28

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/10225996

  • Development of Miniaturized Fiber-Optic Laser Doppler Velocimetry Sensor for Measurement of Local Blood Velocity(Fabrication Method for Convex or Concave Lens-Like Fiber Tip and the Characteristics of Sensor Optical System) 査読

    T. TAJIKAWA, M. TAKESHIGE, W. ISHIHARA, S. KOHRI, K. OHBA

    Journal of Fluid Science and Technology   22   31 - 38   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 人工弁置換時の最適な大動脈基部形状に関する構造解析-心拡張期に作用する圧力負荷のみを考慮した構造解析- 査読

    上村匡敬, 田地川勉, 板東潔, 桜井篤, 大場謙吉

    生体医工学   47巻1号36頁-41頁 ( 1 )   36 - 41   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.47.36

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/10226007

  • ESTIMATION OF THE CAPABILITY OF SHAPE RECOVERY OF EACH ERYTHROCYTE BY USING A MICRO-CHANNEL TECHNIQUE

    Kenkichi Ohba, Tsutomu Tajikawa, Shinpei Kohri, Atsushi Sakurai, Chihiro Sakakibara, Takaya Ohna, Kiyoshi Bando, Yuya Imamura, Yoichi Nishigohri

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59   506 - 506   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

    researchmap

  • Development of Miniaturized Fiber-Optic Laser Doppler Velocimetry Sensor for Measurement of Local Blood Velocity (Fabrication Method for Convex or Concave Lens-Like Fiber Tip and the Characteristics of Sensor Optical System):(Fabrication Method for Convex or Concave Lens-Like Fiber Tip and the Characteristics of Sensor Optical System) 査読

    TAJIKAWA Tsutomu, TAKESHIGE Mitsuhiko, ISHIHARA Wataru, KOHRI Shimpei, OHBA Kenkichi

    Journal of Fluid Science and Technology   4 ( 1 )   62 - 74   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    A new miniaturized fiber-optic laser Doppler velocimetry (LDV) sensor has been developed, which is capable of measuring the local velocity in various semi-opaque and opaque fluid flows, particularly whole blood velocity in vessels. The sensor has a convex lens-like fiber tip as a pickup and an improved optical transmission system with markedly decreased stray light. This paper describes methods for fabricating fiber tips like concave and convex lens and the characteristics of the optical sensor system equipped with the fabricated fiber tip. Conventional fiber-optic LDV sensors developed up to now have not been capable of measuring such opaque fluids because scattered light from scattering particles as erythrocytes has very low intensity, which makes signal-to-noise ratio of Doppler signal received by a sensor pickup significantly decreased. To overcome these problems, convex lens-like fiber tips have been fabricated by chemical etching, in which quartz fibers of multimode graded refractive index have been etched in aqueous solutions of hydrogen fluoride and ammonium fluoride under the appropriately controlled condition of the concentration of the solution, the etching duration time and the etchant temperature to obtain the desired curvature radius of the lens-like surface of the fiber tip. In this fiber-optic sensor, a laser beam emitted from the fiber tip can be focused at any position from about 0.1 to 0.5 mm distant from the fiber tip according to its curvature radius. The convex lens-like etched tip totally reduced the intensity of undesired reflecting light at the fiber end by 1/2 to 1/6 compared with normal cut fiber tip. Consequently, this fiber-optic LDV sensor system is capable of measuring the local flow velocity in semi-opaque and opaque fluids, whose turbidity was about five times higher than by any kinds of previous sensors.

    DOI: 10.1299/jfst.4.62

    CiNii Books

    researchmap

  • Architecture of an in vivo-tissue engineered autologous conduit "Biovalve" 査読 国際誌

    Kyoko Hayashida, Keiichi Kanda, Tomonori Oie, Yoshihiro Okamoto, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masaaki Onoyama, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Hitoshi Yaku, Yasuhide Nakayama

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS   86B ( 1 )   1 - 8   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    As a practical concept of regenerative medicine, we have focused on in vivo tissue engineering utilizing the foreign body reaction. Plastic substrates for valvular leaflet organization, consisting of two pieces assembled with a small aperture were inserted into a microporous polyurethane conduit scaffold. The assembly was placed in the subcutaneous spaces of Japanese white rabbits for 1 month. After the substrates were pulled out from the harvested implant, valve leaflet-shaped membranous tissue was formed inside the tubular scaffold as designed. The valve leaflet was composed of the same collagen-rich tissue, with the absence of any elastic fiber, as that which had ingrown or covered the scaffold. No abnormal collection or infiltration of inflammatory cells in the leaflet and the scaffold could be demonstrated. According to the immunohistochemical staining, the leaflet was comprised of numerous vimentin- or alpha-SMA-positive cells, corresponding to fibroblasts or myofibroblats, but contained no desmin-positive cells. The analysis of the video data of the valve movement showed that, in synchronization with the backward flow in the diastolic phase, the valve closed rapidly and tightly and, in the transition phase of the flow direction, the valve opened smoothly without flapping or hitting the scaffold wall. Using mold designs, consisting of two different plastic substrates and the tubular scaffold, in conjunction with "in body tissue architecture," the complex 3-dimensional autologous conduit-typed Biovalve was developed for the first time. (C) 2007 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jbm.b.30981

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • In vivo tissue-engineered” valved-conduit with designed molds and laser processed scaffold 査読 国際誌

    Hayashida K, Kanda K, Oie T, Okamoto Y, Sakai O, Watanabe T, Ishibashi-Ueda H, Onoyama M, Tajikawa T, Ohba K, Yaku H, Nakayama Y

    Journal of Cardiovascular Nursing   23 ( 1 )   61 - 64   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサーの開発-模擬血管内拍動血流の管断面内流速分布の測定- 査読

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    生体医工学   45 ( 4 )   298 - 306   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.45.298

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による心臓弁(バイオバルブ)の開発 招待

    林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 小埜山輝昌, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    サーキュレーション・アップ・トゥ・デート   2 ( 3 )   57 - 61   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:サーキュレーション アップトゥデート  

    researchmap

  • バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響(実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価) 査読

    田地川勉, 大場謙吉, 飯田慎一, 吉田正隆, 月山芙蓉

    日本機械学会論文集B編   73 ( 725 )   231 - 238   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:東京 : 日本機械学会 ; 1979-2010  

    DOI: 10.1299/kikaib.73.231

    DOI: 10.1143/jjap.48.017002_references_DOI_NXnIust42sG6TfUhpBwZ5SN6nAE

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/8663747

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサーの開発 (光ファイバーセンサーによる模擬血管内のヒト血液の流速測定) 査読

    大場謙吉, 田地川勉, 石原渉, 郡慎平

    日本機械学会論文集B編   1701頁-1709頁 ( 719 )   67 - 74   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    関西大学学術フロンティアプロジェクト「ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発」 20030401-20080331

    DOI: 10.1299/kikaib.72.1702

    CiNii Books

    researchmap

  • B112 バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響—実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価

    田地川 勉, 大場 謙吉, 飯田 慎一, 福山 智之, 吉田 正隆, 月山 芙蓉

    可視化情報学会誌   26 ( Supplement2 )   93 - 96   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人 可視化情報学会  

    DOI: 10.3154/jvs.26.supplement2_93

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://ndlsearch.ndl.go.jp/books/R000000004-I8857670

  • マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験 査読

    田地川 勉, 大場 謙吉, 樋口 勝啓, 榊原 千礼

    可視化情報学会論文集   25巻12月号 ( 12 )   84 - 91   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:The Visualization Society of Japan  

    科研費若手研究 (B) 20030401-20050331

    DOI: 10.3154/tvsj.25.84

    CiNii Books

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置による生体外実験用毛細血管モデル作製法の検討 査読

    田地川 勉, 山内洋平, 中尾哲士, 大場謙吉

    生体医工学   43巻4号 pp.638-645 ( 4 )   638 - 645   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本生体医工学会  

    関西大学学術フロンティアプロジェクト「ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発」 20030401-20080331

    DOI: 10.11239/jsmbe.43.638

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006156902

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサーの開発(光ファイバー先端のレンズ面加工とその性能評価) 査読

    大場謙吉, 田地川勉, 武重光彦, 石原渉

    日本機械学会論文集   71 ( 708 )   2092 - 2099   2005年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    文部科学省学術フロンティア推進事業 2003-0401-

    DOI: 10.1299/kikaib.71.2092

    Scopus

    researchmap

  • 柔軟な弾性表面を持つ円柱表面に発生する進行波(進行波の発生メカニズムと円柱表面の剥離流れの関係) 査読

    田地川 勉, 大場 謙吉

    日本機械学会論文集(B編)   69 ( 687 )   2431 - 2437   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.69.2431

    Scopus

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaib1979/69/687/69_687_2431/_pdf

  • 柔軟な弾性表面を持つ円柱表面に発生する進行波 査読

    田地川 勉, 大場 謙吉, 岩津 雅

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 653 )   67 - 74   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.67.67

    Scopus

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaib1979/67/653/67_653_67/_pdf

  • 柔軟な弾性表面を持つ円柱表面に発生する進行波による抗力低減 査読

    田地川 勉, 大場 謙吉, 岩津 雅

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 658 )   1338 - 1344   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:東京 : 日本機械学会 ; 1979-2010  

    DOI: 10.1299/kikaib.67.1338

    Scopus

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/5817652

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 血管塞栓治療デバイスの血流抑止メカニズムに関する研究

    柳楽 恭子, 日高 国幸, 大須賀 慶悟, 田地川 勉

    日本機械学会関西支部第92期定時総会講演会  2017年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    日本機械学会若手優秀講演フェロー賞受賞 https://www.jsme.or.jp/archive/award/shou6-16.pdf

    researchmap

  • 柔軟な拡大翼モデルによる蚊の羽ばたき挙動の再現

    加瀬 篤志, 加藤 勇希, 吉田 直之, 田地川 勉, 板東 潔

    日本機械学会論文集  2016年1月  The Japan Society of Mechanical Engineers

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語  

    The mosquitos wing is deforming during flapping stroke and the pitching angle is changed. The motion called "feathering motion" is considered that the wing is deformed passively by the aerodynamic force. But it is not established yet. In this paper, first, the bending stiffness of mosquitos wing for chord direction was measured with cantilever. Secondly, the flexible 10 times enlarged wing models which have same planar shape and wing area and different thickness were made with Polyphenylenesulfide resin films. Finally, the behavior of each enlarged wing models during flapping motion in the wind tunnel was measured and was compared with the motion of the real mosquitos wing. Then, both Reynold number and Strouhal number of model experiments were conformed to those of real mosquito. The results of measuring the bending stiffness of mosquitos wing for the chord direction showed the wide range values from 2 to 125 pNm<sup>2</sup> and the averaged value of 53 pNm<sup>2</sup>. The results for the enlarged wing model showed that the amplitude of change of inclination angle during flapping motion decreased as the thickness of film increased. The enlarged wing model in which the bending stiffness was almost similar to that of real mosquitos wing showed the feathering motion like those of the real mosquito.

    researchmap

  • Determinant of Sucessful Implantation of a Novel Autologous Valve Substitute (Biovalve) with Transcatheter Technique

    Yoshiaki Takewa, Yasuhide Nakayama, Satoru Kishimoto, Kazuma Date, Hirohito Sumikura, Keiichi Kanda, Tsutomu Tajikawa, Takaharu Tanaka, Yoshiyuki Taenaka, Eisuke Tatsumi

    CIRCULATION  2014年11月  LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 心臓弁の力学的異方性が弁性能におよぼす影響—(生体外模擬実験による性能評価)

    中島 輝, 田地川 勉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2022年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動脈弁の弁葉に与えた構造的工夫が弁機能におよぼす影響—(生体外模擬実験による性能評価)

    中島 輝, 田地川 勉

    流体工学部門講演会講演論文集  2022年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バイオチューブ人工血管による血管バイパス術時の血管吻合法が血栓および新生内膜形成に与える影響

    椎原 隆登, 田地川 勉, 中山 泰秀

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2022年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 数理モデルによる膵・胆管高位合流や合流異常における膵液逆流機序の解明(膵・胆管の形態やサイズパラメータの影響)

    田地川 勉, 青木 佳太, 福澤 宏明

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2022年  日本膵・胆管合流異常研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 数理モデルによる膵胆管高位合流・合流異常における膵液逆流機序の解明(モデル構築とその妥当性の検証)

    田地川 勉, 青木 佳太, 福澤 宏明

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2021年  日本膵・胆管合流異常研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 膜状の弁尖をもつ人工心臓弁の開発(弁尖の力学的異方性が弁機能におよぼす影響)

    関戸 耀太, 中山 泰秀, 田地川 勉

    生体医工学  2021年  公益社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    記述言語:日本語  

    我々の研究グループでは,生体内組織形成術(iBTA)を用いて心臓弁様組織体(バイオバルブ)を開発してきた.先行研究においては,iBTAで作製される膜状組織体(バイオシート,以下BS)を弁尖として,僧帽弁の人工弁輪を模倣した楕円状リングを土台として縫い付けた新しい概念の人工弁を試作し,弁機能を評価してきた.しかしながら,弁の構造により弁開口性能と閉鎖性能を両立させることが難しかった.本研究は,新たに異方性を有した膜状の弁尖を試作し,先行研究と同様の簡易型人工弁を作製することで,弁尖の力学的異方性が弁機能におよぼす影響を調べた. 弁機能評価では,作製した生体外模擬実験装置を使い,実験条件はヒト生理条件とした.BSの作製には約2ヶ月必要なため,BSを使って実験することは効率が悪い.そこで今回はBSと力学特性が違いポリウレタン製シート(以下PS)を使用し,等間隔かつ平行にならべたNi-Ti線を2枚のPSで挟み込み,熱加工でPS同士を融着させ,それを所望の形状と大きさに切り出すことで異方性を有する弁尖モデルとした.実験では,弁尖の曲げ剛性が高い向きとそれを縫い付ける弁輪の位置関係および,人工弁輪を模したリングに対する弁尖はみ出し量<i>e</i>=0~3mmを変化させ,各条件において左心房圧と左心室圧,僧帽弁位流量を測定し,人工弁の国際規格であるISO5840に基づき,弁閉鎖性能として逆流率<i>Rf</i>,弁開口性能として平均圧較差Δ <i>p</i>,有効開口面積<i>EOA</i>を評価した.

    researchmap

  • 血液透析回路内循環における赤血球変形能と溶血特性の関係

    郡 慎平, 入野 啓司, 田中 季里, 畑中 由佳, 田地川 勉

    生体医工学  2020年12月  公益社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/031339462

  • 生体外実験によるバイオシートを使ったリング型人工房室弁の開発および弁機能向上の試み

    関戸 耀太, 中山 泰秀, 田地川 勉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2020年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 過凝集性スキムミルク溶液を模擬血液として使った塞栓治療デバイスの血栓形成能評価の試み

    中田 英司, 廣野 充, 田地川 勉

    流体工学部門講演会講演論文集  2020年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 膵・胆管合流異常における膵液逆流の機序の考察―流体実験から―

    福澤 宏明, 味木 徹夫, 梶原 啓介, 田地川 勉, 青木 佳太

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2020年  日本膵・胆管合流異常研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体外実験によるバイオシートを用いたバタフライ型人工房室弁の機能評価

    田地川 勉, 関戸 耀太, 中山 泰秀

    生体医工学  2020年  公益社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語  

    これまで我々の研究グループでは,生体自身を培養器として利用し様々な立体形状を有する結合組織体を作製する生体内組織形成術(以下,iBTA)を用いて,人工血管,心臓弁などの再生に取り組んできた.中でも,心臓代用弁としてのバイオバルブは,主に動脈弁としての開発を行ってきたが,房室弁形状のバイオバルブは対象となる弁の形状が複雑であり,特に弁尖が腱索によって心室壁と繋がる構造的な複雑性を有することから,移植難易度が高いといった問題点があり実用化には至っていない.そこで本研究では,この問題点を解決する簡易型人工房室弁の開発を目標として,簡易的な形状を有しながらも,弁閉鎖時に弁尖の裏返りなどの逸脱が生じにくい形状として,人工弁輪を兼ねた金属製のステントにシート状の結合組織を縫い付けることで,ヒンジを有する様なバタフライバルブ形状の人工弁を試作した.この弁を,研究室で開発した左心シミュレータを用いて,ヒト左心系の生理条件を模した条件下で実験を行うことで,逆流率,EOA,圧隔差などの弁血行力学的特性を測定・評価した.また,バイオシートと力学的に相似なポリウレタンシートを使い,その厚みやシート切り出し形状を変化させることで,弁形状の違いが弁機能におよぼす影響を系統的に調べることで,設計の最適化を試みた.

    researchmap

  • 過凝集性スキムミルク溶液を使った経カテーテル式塞栓治療デバイスの塞栓性能評価の試み

    矢野 良輔, 田地川 勉

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編  2019年1月  吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/030658804

  • 生体内組織形成術によって作製した膜型生体弁(バタフライバイオバルブ)の弁機能評価

    湯浅 啓史, 田地川 勉, 中山 泰秀

    関西支部講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 過凝集性スキムミルク溶液を使った赤色血栓形成過程模擬血液の開発

    廣野 充, 矢野 良輔, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発―動脈瘤の開口位置が塞栓性能におよぼす影響―

    廣野 充, 田地川 勉, 中山 泰秀

    関西支部講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの血流抑止能の定量評価―弯曲親血管における動脈瘤の開口位置が塞栓性能におよぼす影響―

    廣野 充, 田地川 勉, 中山 泰秀

    流体工学部門講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低レイノルズ数流れで発生するコラプシブルチューブの自励振動

    山中 堂仁, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Blalock-Taussing Shunt時のバイパス血流量を制御可能な新しい人工血管デバイスの開発

    青山 紘卓, 田地川 勉, 小西 隼人, 鈴木 達也, 根本 慎太郎

    関西支部講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血液透析回路内での血液循環による赤血球変形能と溶血特性の変化に関する生体外模擬実験

    入野 啓司, 田地川 勉, 郡 慎平, 畑中 由佳

    関西支部講演会講演論文集  2019年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血流停滞による血栓形成過程を再現できる模擬モデル開発への試み

    田地川 勉, 矢野 良輔, 廣野 充, 田中 雅之, 柳楽 恭子

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編  2018年1月  吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/029314879

  • シースフロー型マイクロチャンネルによる赤血球変形能の定量評価—(毛細血管内の赤血球懸濁液の粘度と形状回復時定数の関係)

    乾 智幸, 田地川 勉, 池本 敏行, 武内 徹

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2018年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 過凝集性スキムミルクを用いた赤色血栓形成を再現できる模擬血液の開発

    矢野 良輔, 中山 泰秀, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2018年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 弁輪サイズの違いが動脈弁の弁機能におよぼす影響

    瀬古 隆広, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2018年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの治療性能の流体力学的評価

    靍田 篤, 田地川 勉, 中山 泰秀, 巽 英介

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2018年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 心室内の血流動態を考慮した左心シミュレータの開発とそれを使ったモデル房室弁の流体力学的機能評価

    藤岡 達也, 田地川 勉, 中山 泰秀

    関西支部講演会講演論文集  2017年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の定量評価—(膠原病と形状回復時定数の関係)

    山下 雄士, 田地川 勉, 池本 敏行, 武内 徹

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2017年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを使った軟化気道モデルの座屈閉塞に関する模擬実験

    梶原 優, 青山 紘卓, 古村 眞, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2017年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法による赤血球変形能の評価(膠原病患者に対する形状回復時定数の測定)

    田地川勉, 山下雄士, 池本敏行, 武内徹

    日本バイオレオロジー学会  2016年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発:フローダイバーターとの瘤内流れ抑制能の生体外回路での比較

    森脇健司, 中山泰秀, 日高涼

    日本バイオレオロジー学会  2016年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 単軸引張試験による赤血球変形能の測定―赤血球内部粘度が見かけのヤング率と形状回復時定数に与える影響―

    郡慎平, 永井勇大, 田地川勉, 板東潔

    日本生体医工学会  2016年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    開催地:富山  

    researchmap

  • バスキュラープラグの血管遮断効果の定量評価

    日高 国幸, 柳楽 恭子, 田地川 勉, 大須賀 慶悟

    IVR: Interventional Radiology  2016年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行のメカニズム解明のための実形状拡大弾性翼モデル実験―フェザリングモデルにおける揚力の算出―

    加藤勇希, 加瀬篤志, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    開催地:寝屋川  

    researchmap

  • M903 蚊の羽ばたき飛行のメカニズム解明のための実形状拡大弾性翼モデル実験 : フェザリングモデルにおける揚力の算出(GS2 バイオエンジニアリング(1),修士研究発表セッション)

    加藤 勇希, 加瀬 篤志, 田地川 勉, 板東 潔

    関西支部講演会講演論文集  2016年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 開発中の多孔薄膜カバードステントとフローダイバーターの生体外模擬循環回路を用いた動脈瘤内血流抑制能の比較

    森脇健司, 中山泰秀, 日高 涼, 田地川 勉

    日本機械学会  2016年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 2F21 開発中の多孔薄膜カバードステントとフローダイバーターの生体外模擬循環回路を用いた動脈瘤内血流抑制能の比較

    森脇 健司, 中山 泰秀, 日高 涼, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2016年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語  

    We have been developing microporous covered stents (MCSs) for the treatment of giant and wide neck intracranial aneurysms (IAs). By shielding IA neck with the microporous cover film, blood flow in IA was stagnated immediately. Subsequently, IA embolization is occurred by thrombus formation with a remarkable decrease of shear rate in IA flow. So, flow reduction performance of device placing is closely related to capability of IA embolization. In this study, we compared the flow reduction performance between MCS and flow diverter (FD), a another type stent for the IA treatment. IA flow was visualized by using in vitro flow simulator and evaluated by particle image velocimetry (PIV). Two-dimensional sidewall IA model was made from acrylic resin. Aneurysm depth, Dome size and neck width of IA model were 9.1 mm, 10.0 mm, 7.1 mm respectively. FD or MCS models were placed at the neck of the aneurysm model. Distributions of flow velocity and shear rate in IA were measured. Before stenting, high shear rate regions spread throughout IA cavity. After stenting, flow velocities in IA model stagnated remarkably. Area mean shear rate in IA flow became about 9 % by FD and 3 % by MCS. Flow reduction performance of MCS was about 3 times higher than the FD.

    researchmap

  • 単軸引張試験による赤血球変形能の測定-赤血球内部粘度が見かけのヤング率と形状回復時定数に与える影響-

    郡 慎平, 永井 勇大, 田地川 勉, 板東 潔

    生体医工学  2016年  一般社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

    <p>In order to clarify the property of blood microcirculation, it is very important to comprehend the deformability of erythrocytes which occupy about 45 % of the blood volume. By tensile test to an erythrocyte using micropipettes in the microscope, an apparent Young's modulus was calculated based on Hooke's low and a time constant of an erythrocyte's shape recovering process was calculated based on Kelvin model as an index of its deformability. In this study, the influence of inner viscosity of erythrocytes to the physical quantities was confirmed experimentally with erythrocyte ghost of inner viscosity adjusted by using isotonic solution of dextran and so on. As a result, it was found that apparent Young's modulus was not changed by the change of inner viscosity of erythrocytes, while time constant of shape recovering was decreased, which had a good agreement with Kelvin model in changing trend of physical quantities.</p>

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発—(瘤および親血管形状が瘤内血流抑止性能におよぼす影響)

    田地川 勉, 日高 涼, 丸田 拳太郎, 森脇 健司, 中山 泰秀

    年次大会  2016年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療デバイスNCVCカバードステント 対 フローダイバーター ―In vitro での血流抑制能の比較―

    森脇健司, 日高 涼, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    第52回日本人工臓器学会大会 萌芽研究ポスター発表優秀賞 受賞 https://www.jsao.org/files/magazine/44_1/44_22.pdf

    researchmap

  • 3Dプリンターが実現する国循発の新規動脈瘤治療デバイスハニカム多孔化カバードステント

    中山泰秀, 佐藤 徹, 森脇健司, 船山麻理菜, 田地川 勉

    日本人工臓器学会  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Excellent Preclinical Results of Honeycomb Microporous Covered Stents for the Treatment of Large and Wide-Necked Cerebral Aneurysms

    Y. Nakayama, T. Satow, M. Funayama, T. Moriwaki, T. Tajikawa, M. Furukoshi, E. Hamano, D. Ishii, S. Sugata, J. Takahashi

    American Heart Association  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Orlando, USA  

    researchmap

  • 周期的な大変形を伴う3次元形状弾性体の変形と応力分布の可視化計測

    田地川勉, 權愛美里, 藤元彰, 根路銘良介

    可視化情報学会  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    開催地:京都  

    researchmap

  • Development of Honeycomb Microporous Stent for Cerebral Aneurysm Treatment

    T. Tajikawa, R. Hidaka, T. Moriwaki, T. Sato, J. Takahashi, M. Funayama, M. Furukoshi, Y. Nakayama

    日本機械学会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    開催地:Saporo, Japan  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発―親血管の弯曲が瘤塞栓性能におよぼす影響―

    日高涼, 森脇健司, 田地川勉, 中山泰秀

    日本機械学会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • S0220303 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発 : 親血管の弯曲が瘤塞栓性能におよぼす影響

    日高 涼, 森脇 健司, 田地川 勉, 中山 泰秀

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2015年9月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    We have been developing microporous covered stents for a treatment of intracranial aneurysm (IA). This device promotes flow reduction and induces progressive thrombosis in IA. In this study, we investigated intra-aneurysmal flow with various curvature ratios of parent vessel by using in vitro flow simulator. Two-dimensional sidewall IA models were fabricated from acrylic plastic. Parent vessels shape were designed on a straight and U-bend shape (curvature ratio: 0, 0.125, 0.250, 0.500, 0.667) models. Reynolds number in the parent vessel flow was set between 160 and 980 in steady flow. Microporous stainless-steel sheet (pore diameter: 100 μm, porosity: 30 %) was prepared as a stent model. Distributions of velocity and shear rate of intra-aneurysmal flow were measured by particle image velocimetry. As the result, faster intra-aneurysmal flow was observed in the case of sharper bended vessel model. Area mean shear rates in the case of the U-bend vessel model (curvature ratio: 0.500) was about 5 times higher than the case of straight vessel model. After stenting, the area mean shear rates at the all IA models were decreased to about 12 % of before stenting. It is suggested that our developing microporous covered stent has a good embolization performance, if the aneurysm is created at such curved vessel.

    researchmap

  • IN VITRO HEMODYNAMICAL EVALUATION OF MICROPOROUS COVERED STENTS FOR TREATING INTRACRANIAL ANEURYSMS

    T. Moriwaki, R. Hidaka, T. Tajikawa, Y. Nakayama

    European Society for Artificial Organs  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    開催地:Leuven, Belgian  

    researchmap

  • A tailor made valve surgery with a novel autologous bioprosthesis

    Y. Takewa, Y. Nakayama, H. Sumikura, N. Naito, K. Kanda, T. Tajikawa, T. Taenaka, E. Tatsumi

    European Society of Cardiology  2015年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月 - 2015年9月

    開催地:London, UK  

    researchmap

  • 血管塞栓治療用デバイスの血流抑止メカニズム

    柳楽恭子, 日高国幸, 大須賀慶悟, 田地川勉

    日本バイオレオロジー学会  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 脳動脈瘤塞栓治療用 多孔薄膜カバードステントの開発:外弯側動脈瘤の血流抑制能の評価

    森脇健司, 日高 涼, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本バイオレオロジー学会  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    開催地:東京  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを使った簡便な振動流発生装置の開発―チューブ力学特性が自励振動におよぼす影響―

    山田拓也, 田地川勉

    日本機械学会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 光ピンセットを用いた赤血球の粘弾性特性の測定

    増田豊行, 田地川勉

    日本機械学会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 低レイノルズ数流れ条件下で発生するコラプシブルチューブの自励振動現象―振動開始,停止時のチューブ挙動と流れの関係―

    後藤駿佑, 田地川勉, Chris. D. Bertram

    日本機械学会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 血管塞栓機器の血流遮断能力の定量評価

    日高国幸, 田地川勉, 大須賀慶悟

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集  2015年2月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単軸引張試験によるヒト赤血球の見かけのヤング率の測定―膜硬化の影響―

    永井勇大, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔, 山本恭史, 大友涼子, 加藤陽介

    日本機械学会  2015年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球形状回復時定数の測定―赤血球変形能に対する糖尿病の影響―

    能田卓弥, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本機械学会  2015年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 脳動脈瘤塞栓治療用多孔薄膜カバードステントの開発:外湾側動脈瘤モデルにおける塞栓可能性の検討

    森脇健司, 中山泰秀, 日高涼, 佐藤徹, 濱野栄佳, 石井大造, 林正孝, 船山麻理菜, 古越真耶, 田地川勉

    日本機械学会  2015年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 1B31 脳動脈瘤塞栓治療用カバードステントの開発 : 外湾側動脈瘤モデルにおける塞栓可能性の検討(OS8-3:循環器系のバイオメカニクスと医療機器(3))

    森脇 健司, 中山 泰秀, 日高 涼, 佐藤 徹, 濱野 栄佳, 石井 大造, 船山 麻理菜, 古越 真耶, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2015年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1D31 単軸引張試験によるヒト赤血球の見かけのヤング率の測定 : 膜硬化の影響(OS3-1:血球運動のバイオメカニクス(1))

    永井 勇大, 加藤 陽介, 郡 慎平, 田地川 勉, 板東 潔, 山本 恭史, 大友 涼子

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2015年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバーステントの開発—関西大学先端科学技術推進機構50周年記念

    田地川 勉, 中川 雄太, 紅林 芳嘉, 佐藤 徹, 西 正吾, 中山 泰秀

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編  2015年1月  吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/027679831

  • M308 光ピンセットを用いた赤血球の粘弾性特性の測定(GS2,3 材料力学(4),修士研究発表セッション)

    増田 豊行, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2015年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • M901 低レイノルズ数流れ条件下で発生するコラプシブルチューブの自励振動現象 : 振動発生境界近傍におけるチューブ挙動と流れの関係(GS5 流体工学(1),修士研究発表セッション)

    後藤 駿佑, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2015年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • M904 コラプシブルチューブを使った簡便な振動流発生装置の開発 : チューブ力学特性が自励振動におよぼす影響(GS5 流体工学(1),修士研究発表セッション)

    山田 拓也, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2015年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1D33 マイクロチャンネル法によるヒト赤血球形状回復時定数の測定 : 赤血球変形能に対する糖尿病の影響(OS3-1:血球運動のバイオメカニクス(1))

    能田 卓弥, 田地川 勉, 池本 敏行, 田窪 孝行

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2015年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Determination of successful implantation of a novel sutologous valve substitute (biobalve) with transcatherter technique

    Y. Takewa, Y. Nakayama, S. Kishimoto, K. Date, H. Sumikura, K. Kanda, T. Tajikawa, T. Tanaka, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    American Heart Association  2014年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Chicago,USA  

    researchmap

  • Successful preclinical study of microporous covered stents for intracranial aneurysms

    Y. Nakayama, T. Satow, E. Hamano, M. Funayama, T. Mizuno, H. Kawajiri, D. Ishii, M. Hayashi, T. Tajikawa

    American Heart Association  2014年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Chicago,USA  

    researchmap

  • いよいよ来年度に迫った脳動脈瘤治療用カバードステントの医師主導治験

    中山泰秀, 佐藤 徹, 船山麻理菜, 森脇健司, 田地川 勉, 濱野栄佳, 石井大造, 林 正孝, 川尻英長, 水野壮司, 古越真耶, 西 正吾, 高椅 淳

    日本人工臓器学会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による次世代型自家組織心臓弁の開発

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本 諭, 伊達数馬, 住倉博仁, 神田圭一, 田地川 勉, 田中孝晴, 妙中義之, 巽 英介

    日本人工臓器学会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 房室弁用バイオバルブ開発における急いた該昨日評価装置の開発

    逢坂真吾, 西木賢志郎, 中山泰秀, 田地川 勉

    日本人工臓器学会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • チューブ型バイオバルブ開発におけるモデルを用いた形状設計と流体力学的機能評価

    西木賢志郎, 逢坂真吾, 水野壮志, 古越真耶, 上地正実, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 脳動脈瘤塞栓治療用多孔薄膜カバードステントの開発:ワイドネック動脈瘤における塞栓可能性の検討

    森脇健司, 日高 涼, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 単軸引張によるヒト赤血球の変形能の測定―見かけのヤング率と形状回復時定数の測定―

    郡慎平, 加藤陽介, 田地川勉, 山本恭史, 板東潔

    日本生体医工学会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    開催地:小金井  

    researchmap

  • Histological change of a novel autologous tissue engineered heart valve after implantation

    Y. Takewa, Y. Nakayama, H. Sumikura, S. Kishimoto, K. Date, K. Kanda, T. Tajikawa, T. Tanaka, E. Tatsumi

    European Society for Cardiology  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    開催地:Barcerona, Spain  

    researchmap

  • いよいよ来年度に迫った脳動脈瘤治療用カバードステントの医師主導治験

    中山 泰秀, 佐藤 徹, 船山 麻理菜, 森脇 健司, 田地川 勉, 濱野 栄佳, 石井 大造, 林 正孝, 川尻 英長, 水野 壮司, 古越 真耶, 西 正吾, 高橋 淳

    人工臓器  2014年9月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Key factors to develop histogenesis in a novel autologous heart valve implantation

    Y. Takewa, Y. Nakayama, H. Sumikura, S. Kishimoto, K. Date, R. Wieloch, k. Kanda, T. tajikawa, T. Tanaka, E. Tatsumi

    European Society for Cardiology  2014年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月 - 2014年9月

    開催地:Barcerona, Spain  

    researchmap

  • Measurement of erythrocyte deformability as a visco-elastic properties by micro-channel technique(Influence of MCV, MCHC and glycation on relaxation time)

    T. Tajikawa, M. Kubota, T. Nota, T. Ikemoto, T. Takubo

    World Council of Biomechanics  2014年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    開催地:Boston, USA  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔化薄膜カバードステントの開発:ワイドネック動脈瘤モデルでの塞栓可能性の検討

    森脇健司, 日高 涼, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本バイオレオロジー学会  2014年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    開催地:埼玉  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔化薄膜カバードステントの開発(外弯側動脈瘤モデルにおける塞栓能評価)

    日高 涼, 森脇健司, 田地川 勉, 中山泰秀

    日本バイオレオロジー学会  2014年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    開催地:埼玉  

    researchmap

  • Development of in vivo tissue-engineered cardiovascular prostheses

    K. Kanda, T. Watanabe, M. Yamanami, H. Kawajiri, O. Sakai, H. Yaku, T. Tajikawa, T. Oie, N. Takewa, T. Mizuno, M. Uechi, Y. Nakayama

    European Society for Cardiovascular and Endovascular Surgery  2014年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    開催地:Nice, France  

    researchmap

  • A novel autologous valve substitute (Biovalve9 available for various type of cardiac valve prostheses

    Y. Takewa, Y. Nakayama, S. Kishimoto, K. Date, R. Wieloch, H. Sumikura, K. Kanda, T. Tajikawa, T. Tanaka, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    European Society for Cardiovascular and Endovascular Surgery  2014年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    開催地:Nice, France  

    researchmap

  • 大動脈基部の血流動態が大動脈弁硬化症発症におよぼす影響-拍動流下における相対速度を用いた大動脈基部内表面に作用する壁面せん断応力分布の測定-

    中村政文, 田地川勉, 板東潔, 星賀正明

    日本機械学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:堺  

    researchmap

  • 流路壁直角挿入型光ファイバーLDVセンサーの開発-作動流体の屈折率と透過度の違いが流速測定に及ぼす影響-

    山口浩正, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:堺  

    researchmap

  • 心臓代用弁の形状最適化―弁の開口と閉鎖に伴う弁とバルサルバ洞の変形の測定―

    根路銘良介, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:堺  

    researchmap

  • 808 流路壁直角挿入型光ファイバーLDVセンサーの開発 : 作動流体の屈折率と透過度の違いが流速測定に及ぼす影響(OS-3 流体数値計算と実験計測の展開および産業界への応用(2))

    山口 浩正, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2014年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 722 心臓代用弁の形状最適化 : 弁の開口と閉鎖に伴う弁とバルサルバ洞の変形の測定(GS-2 生体組織)

    根路銘 良介, 田地川 勉, 板東 潔

    関西支部講演会講演論文集  2014年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 723 大動脈基部の血流動態が大動脈弁硬化症発症におよぼす影響 : 拍動流下における相対速度を用いた大動脈基部内表面に作用する壁面せん断応力分布の測定(GS-2 生体組織)

    中村 政文, 田地川 勉, 板東 潔, 星賀 正明

    関西支部講演会講演論文集  2014年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3Dプリンターによるバイオバルブ開発の可能性拡大

    中山泰秀, 武輪能明, 上地正実, 神田圭一, 川尻英長, 水野壮司, 船山麻理菜, 森脇健司, 逢坂真吾, 田地川勉, 田中孝晴, 杉浦寿史, 巽英介

    日本再生医療学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 三尖弁用バイオバルブの開発:自己組織腱索と弁膜の一体形成

    上地正実, 船山麻理菜, 水野壮司, 逢坂真吾, 田地川勉, 黒澤つむぎ, 陳郁佳, 中山泰秀

    日本再生医療学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 自己組織からなる心臓弁(Biovalve)の開発

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本諭, 熱田祐一, 伊達数馬, 住倉博仁, RADIWieloch, 神田圭一, 田地川勉, 田中孝晴, 妙中義之, 巽英介

    日本再生医療学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 弁葉反転型ステント付バイオバルブの開発とビーグル犬肺動脈弁置換

    船山麻理菜, 上地正実, 水野壮司, 逢坂真吾, 田地川勉, 黒澤つむぎ, 陳郁佳, 中山泰秀

    日本再生医療学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 内膜再生を促進する脳動脈瘤治療用カバードステントの開発:孔設計とシミュレーション、生体外模擬試験評価

    森脇健司, 加瀬篤志, 紅林芳嘉, 日高涼, 田地川勉, 佐藤徹, 船山麻理菜, 水野壮司, 川尻英長, 田中孝晴, 杉浦寿史, 中山泰秀

    日本再生医療学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 赤血球の単軸引張に関する変形解析および実験

    永井勇大, 加藤陽介, 板東潔, 加瀬篤志, 郡慎平, 田地川勉

    関西大学先端科学技術推進機構  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行メカニズム解明のための拡大モデル実験―フェザリング運動模擬の試み―

    加瀬篤志, 吉田直之, 田地川勉, 板東潔

    関西大学先端科学技術推進機構  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行メカニズム解明のための拡大モデル実験 : フェザリング運動模擬の試み

    加瀬 篤志, 吉田 直之, 田地川 勉, 板東 潔

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集  2014年1月  関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 導管折り返し型バイオバルブ心臓弁の開発:形状設計の最適化

    逢坂真吾, 田地川勉, 水野壮司, 中山泰秀

    日本機械学会  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 脳動脈治療用多孔薄膜カバードステントの開発:瘤の幾何学形状が瘤塞栓性能におよぼす影響

    森脇健司, 紅林芳嘉, 花城卓也, 田地川勉, 中山泰秀

    日本機械学会  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 単軸引張によるヒト赤血球の変形能の測定―過度の繰り返し伸展変形が形状回復過程に及ぼす影響―

    加藤陽介, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の評価―糖尿病性腎症と形状回復時定数の関係―

    能田卓弥, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本機械学会  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを中咽頭モデルとして使ったOSASに起因するいびき発生メカニズムの解明

    井上大輔, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2014年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 2E13 単軸引張によるヒト赤血球の変形能の測定 : 過度の繰り返し伸展変形が形状回復過程に及ぼす影響(OS3-1:血球運動のバイオメカニクス(1))

    加藤 陽介, 郡 慎平, 田地川 勉, 板東 潔

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2014年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2B11 コラプシブルチューブを中咽頭モデルとして使ったOSASに起因するいびき発生メカニズムの解明(GS7:呼吸器)

    井上 大輔, 田地川 勉, 板東 潔

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2014年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2D31 導管折り返し型バイオバルブ心臓弁の開発 : 形状設計の最適化(OS9-5:臨床バイオメカニクスと医療デバイス(5))

    逢坂 真吾, 田地川 勉, 水野 壮司, 中山 泰秀

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2014年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2D43 脳動脈治療用多孔薄膜カバードステントの開発 : 瘤の幾何学形状が瘤塞栓性能におよぼす影響(OS9-6:臨床バイオメカニクスと医療デバイス(6))

    森脇 健司, 紅林 芳嘉, 花城 卓也, 田地川 勉, 中山 泰秀

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2014年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2E14 マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の評価 : 糖尿病性腎症と形状回復時定数の関係(OS3-1:血球運動のバイオメカニクス(1))

    能田 卓弥, 田地川 勉, 池本 敏行, 田窪 孝行

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2014年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 流体力学に基づく脳動脈治療用カバードステントの塞栓性能の評価と設計最適化

    田地川勉

    日本混相流学会  2013年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    開催地:九十九里  

    researchmap

  • In body tissue-engineered heart valve (biovalve) architecture based on 3D printer molding

    Y. Nakayama, Y. Takewa, M. Uechi, K. Kanda, T. Tajikawa, T. Oie

    American Heart Association  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:Dalas  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行のメカニズム解明のための拡大翅モデル実験~曲げ剛性を考慮した翅モデルによるフェザリング運動の模擬とその流力特性~

    吉田直之, 加瀬篤志, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 1202 蚊の羽ばたき飛行のメカニズム解明のための拡大翅モデル実験 : 曲げ剛性を考慮した翅モデルによるフェザリング運動の模擬とその流力特性(OS12 生物・生体に関する流れ,OS12 生物・生体に関する流れ)

    吉田 直之, 加瀬 篤志, 田地川 勉, 板東 潔

    流体工学部門講演会講演論文集  2013年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    The purpose of this study is elucidating the mechanism of mosquito's flight. The motion of mosquito's wings consists of three representative motion; flapping, lead-lug and feathering motion. The feathering motion is a rotational movement which is centering on a wing leading edge. The mosquitoes are performing this motion passively produced by fluid forces and so on. In order to build the enlarged model which simulates this motion, we need to measure the stiffness of the mosquito's wings. The bending stiffness of the mosquito's wings were measured by the experiment using a cantilever. The enlarged wing model was designed based on its results. We observed the flapping motion of the enlarged wing model in the very low velocity wind tunnel and verified whether the feathering motion can be simulated.

    researchmap

  • Long-Term Evaluation of a Novel Autologous Valve Substitute (Biovalve) With a Stent for Transcatheter Implantation

    Takewa Y, Nakayama Y, Atsuta Y, Kishimoto S, Date K, Sumikura H, Yamanami M, Kanda K, Tajikawa T, Tanaka T, Taenaka Y, Tatsumi E

    CIRCULATION  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    researchmap

  • In Body Tissue-engineered Heart Valve (Biovalve) Architecture Based on 3D Printer Molding

    Yasuhide Nakayama, Yoshiaki Takewa, Masami Uechi, Keiichi Kanda, Tsutomu Tajikawa, Tomonori Oie, Masanobu Ono

    CIRCULATION  2013年11月  LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 導管折り返し型バイオバルブ心臓弁の開発:設計コンセプトと弁機能評価

    逢坂真吾, 田地川勉, 上谷一真, 水野壮司, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 自己組織からなる心臓人工弁Biovalveの開発

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 熱田祐一, 岸本諭, 伊達数馬, 住倉博仁, 大沼健太郎, 水野壮司, 神田圭一, 田地川勉, 田中孝晴, 妙中義之, 巽英介

    日本人工臓器学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 3Dプリンターの医療分野での活用:バイオバルブ開発の3D的発展

    中山泰秀, 武輪能明, 上地正実, 神田圭一, 田地川勉, 大家智憲, 大野正順

    日本人工臓器学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • バイオバルブの三尖弁への初挑戦

    上地正実, 船山麻理菜, 水野壮司, 逢坂真吾, 田地川勉, 水野祐, 原田佳代子, 水越崇博, 高橋一馬, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 三尖弁用自己組織由来心臓弁(バイオバルブ)の移植評価

    上地正実, 船山麻理菜, 水野壮司, 逢坂真吾, 水越崇博, 田地川勉, 中山泰秀

    日本獣医学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:岐阜  

    researchmap

  • 機械工学に基づく大動脈基部置換術用デバイスの形状最適化―弁の開口と閉鎖に伴う弁とバルサルバ洞の変形測定―

    根路銘良介, 田地川勉, 板東潔

    日本生体医工学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 単軸引張試験によるヒト赤血球の静的・動的力学特性の測定―形状回復時定数と見かけのヤング率の関係―

    加藤陽介, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔, 山本恭史

    日本生体医工学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを模擬中咽頭として用いたOSASに起因するいびき発生メカニズムの解明-発生音とチューブ自励振動の関係-

    井上大輔, 田地川勉, 板東潔

    日本生体医工学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発Ⅱ(ヒト中大脳動脈拍動血流を対象とした生体外模擬実験)

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 自己組織由来ステント付心臓代替弁(ステントバイオバルブ)の耐久性評価;ビーグル肺動脈移植による検討

    船山麻理菜, 水野壮司, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 神田圭一, 中山泰秀, 上地正実

    日本獣医学会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:岐阜  

    researchmap

  • Evaluation of novel autologous heart valve (BIOVALVE STENT) for transcatheter aortic valve implantation

    Y. Takewa, K. Kansa, Y. Nakayama, H. Sumikura, Y. Taenaka, T. Tajikawa, E. Tatsumi, M. Yamanami

    European Society for Artificial Organs  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    開催地:Glasgow  

    researchmap

  • 自己組織からなる心臓人工弁Biovalveの開発

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 熱田祐一, 岸本諭, 伊達数馬, 住倉博仁, 大沼健太郎, 水野壮司, 神田圭一, 田地川勉, 田中孝晴, 妙中義之, 巽英介

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2013年9月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自己組織由来ステント付心臓代替弁(ステントバイオバルブ)の耐久性評価;ビーグル肺動脈移植による検討

    船山麻理菜, 水野壮司, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 神田圭一, 中山泰秀, 上地正実

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2013年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of a novel autologous aortic valve with stent (Biovalve Stent) for TAVI

    Y. Takewa, Y. Nakayama, M. Arakawa, M. Yamanami, K. Ohnuma, H. Sumikura, T. Tajikawa, K. Kanda, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    The Society for Heart Valve Disease  2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    開催地:Venice  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の定量評価(形状回復時定数に対する糖尿病指標の影響)

    能田卓弥, 久保田麻紀, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本バイオレオロジー学会  2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 多孔薄膜カバードステントの開発(生体外模擬実験による瘤塞栓性能の予測)

    田地川勉, 紅林芳嘉, 西正吾, 中山泰秀

    日本バイオレオロジー学会  2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 流体・弾性膜連成現象

    板東潔, 田地川勉, 山本恭史, 大場謙吉, 桜井篤, 郡慎平, 上村匡敬, 田窪孝行, 星賀正明, 小笠原康夫

    関西大学先端科学技術推進機構  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    researchmap

  • 肺動脈弁用ステント付バイオバルブの開発:弁葉の一体形成型と縫合固定型

    船山麻理菜, 水野壮司, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 神田圭一, 中山泰秀, 上地正実

    日本再生医療学会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成したStent付き心臓弁(Biovalve Stent)の経カテーテル的自家移植の試み

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 岸本祐一郎, 荒川衛, 住倉博仁, 大沼健太郎, 熱田祐一, 水野壮司, 松井悠一, 神田圭一, 田地川勉, RADI Wieloch, 妙中義之, 巽英介

    日本再生医療学会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 肺動脈弁用ステント付バイオバルブの開発:弁葉の一体形成型と縫合固定型

    船山麻理菜, 水野壮司, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 神田圭一, 中山泰秀, 上地正実

    再生医療  2013年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成したStent付き心臓弁(Biovalve Stent)の経カテーテル的自家移植の試み

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 岸本祐一郎, 荒川衛, 住倉博仁, 大沼健太郎, 熱田祐一, 水野壮司, 松井悠一, 神田圭一, 田地川勉, RADI Wieloch, 妙中義之, 巽英介

    再生医療  2013年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 流体力学に基づく脳動脈瘤治療用カバーステントの塞栓性能定量評価と最適化設計

    田地川勉, 西正吾, 中山泰秀

    第17回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 流体力学に基づく脳動脈瘤治療用カバードステントの塞栓性能定量評価と最適化設計

    田地川 勉, 西 正吾, 中山 泰秀

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集  2013年1月  関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単軸引張から解放されたヒト赤血球の形状回復時定数の測定―引張力から求めた見かけのヤング率と時定数の関係―

    加藤陽介, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔

    第17回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定 ―赤血球の糖化が形状回復時定数に与える影響―

    久保田麻紀, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行, 大場謙吉

    日本機械学会  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発―生体外模擬実験によるステント塞栓能の定量評価―

    紅林芳嘉, 田地川勉, 西正吾, 中山泰秀, 大場謙吉

    日本機械学会  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 心拍に伴う大動脈弁の変形が弁硬化症発症に及ぼす影響 ―弁に生じた応力・ひずみ分布と硬化症好発部位との関係―

    權愛美里, 田地川勉, 星賀正明, 發知淳子, 板東潔

    日本機械学会  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 2C12 マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定 : 赤血球の糖化が形状回復時定数に与える影響(GS7-1:循環器系のバイオメカニクス(1))

    久保田 麻紀, 田地川 勉, 池本 敏行, 田窪 孝行, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2013年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2C04 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発 : 生体外模擬実験によるステント塞栓能の定量評価(GS19-3:人工臓器(3))

    紅林 芳嘉, 田地川 勉, 西 正吾, 中山 泰秀, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2013年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2C18 心拍に伴う大動脈弁の変形が弁硬化症発症に及ぼす影響 : 弁に生じた応力・ひずみ分布と硬化症好発部位との関係(GS7-2:循環器系のバイオメカニクス(2))

    權 愛美里, 田地川 勉, 板東 潔, 星賀 正明, 發知 淳子

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2013年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Bridge to Decisionを目的とした超小型補助循環システム並びに頭蓋内・心血管治療用の新規多孔化薄膜カバードステントに関する医師主導型治験及び実用化研究 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発(5):薄膜留置による瘤塞栓性能の評価と微細孔形状の最適化

    田地川勉, 中山泰秀, 中川雄太, 紅林芳嘉

    国立循環器病研究センター  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発:ビーグル肺動脈への移植

    船山麻理菜, 上地正実, 松井悠一, 水野壮司, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭, 夜久均, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 自己組織からなるTAVI用Stent付き心臓弁(Biovalve Stent)の開発:動物実験評価

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本祐一郎, 荒川衛, 山南将志, 住倉博仁, 大沼健太郎, 熱田祐一, 藤井豊, 水野壮司, 松井悠一, 神田圭一, 田地川勉, 妙中義之, 巽英介

    日本人工臓器学会  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • バイオバルブ大動脈弁(Type VII)の開発

    中山泰秀, 武輪能明, 松井悠一, 岸本祐一郎, 荒川衛, 住倉博仁, 大沼健太郎, 山南将志, 水野壮司, 田地川勉, 神田圭一, 巽英介

    日本人工臓器学会  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 生体外模擬実験による頭頚部動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの塞栓能定量評価(孔径・開口率が瘤内流れに及ぼす影響)

    紅林芳嘉, 田地川勉, 板東潔, 西正吾, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 0709 脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発 : 薄膜留置効果の予測と孔形状の最適化(OS7 生物・生体に閧する流れ,オーガナイズドセッション)

    田地川 勉, 西 正吾, 紅林 芳嘉, 中山 泰秀

    流体工学部門講演会講演論文集  2012年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    We have been developing a microporous covered stent as a newly device for cerebral aneurysm treatment.This stent has a porous film to control both embolization and rapid neointimal formation.It is expected that the neointimal formation becomes earlier by using much larger pores,but there is a possibility that the covered stent with large pare cannot embolize by increasing inflow from parent vessel.The purpose of this study is estimation of stent embolization and optimization of pore design to ensure compatibility between reliable embolization and controlling early neointimal formation,in-vitro experiment based on flow similarity low has been conducted by using a 2D parent vessel model with a side wall type aneurysm model.The flow visualization result shows that three kinds of flow pattern in the aneurysm were observed namely,viscous shear induced flow,pressure drop induced flow and those coexistence flow.According to PIV result,mean shear rate in the aneurysm after stenting was decreased to less than 1/10 of before stenting.

    researchmap

  • 0710 拍動流下における壁ずりせん断応力が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響(OS7 生物・生体に閧する流れ,オーガナイズドセッション)

    中村 政文, 田地川 勉, 板東 潔, 星賀 正明

    流体工学部門講演会講演論文集  2012年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    Recently,pathogenesis of aortic valve sclerosis with aging is increasing with development of the aging of the population in Japan.It has been known that endothelial injury is the first step of valvular cholesterosis and the sclerosis.This study considered that some kinds of mechanical stress caused by blood flow e.g.both wall shear stress and structural tensile/compressive stress are one of the factors of endothelial damage.Therefore,in vitro experiment for blood flow was conducted by using a realistic model of human aortic valve and cardiovascular flow simulator based on wind-kessel model and three-dimensional velocity vector distribution and wall shear stress distribution on the model surface were measured by stereo PIV.As a result,swirling flow in a Valsalva sinus model caused by inflow from a part of the jet flow through the valve opening was observed during systole Large shear stress gradient was observed on the surface of the valve basis with valve deformation at the mid systole.

    researchmap

  • バイオバルブ大動脈弁(Type VII)の開発

    中山泰秀, 武輪能明, 松井悠一, 岸本祐一郎, 荒川衛, 住倉博仁, 大沼健太郎, 山南将志, 水野壮司, 田地川勉, 神田圭一, 巽英介

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2012年11月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発:ビーグル肺動脈への移植

    船山麻理菜, 上地正実, 松井悠一, 水野壮司, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2012年11月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自己組織からなるTAVI用Stent付き心臓弁(Biovalve Stent)の開発 動物実験評価

    武輪 能明, 中山 泰秀, 岸本 祐一郎, 荒川 衛, 山南 将志, 住倉 博仁, 大沼 健太郎, 熱田 祐一, 藤井 豊, 水野 壮司, 松井 悠一, 神田 圭一, 田地川 勉, 妙中 義之, 巽 英介

    人工臓器  2012年11月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成した自家組織大動脈弁(Biovalve)のTAVIを用いた治療の可能性

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本祐一郎, 荒川衛, 山南将志, 住倉博仁, 大沼健太郎, 藤井豊, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    日本胸部外科学会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • OSAS に起因するいびき発生機序の解明―発生した音とチューブ自励振動との関連性―

    井上大輔, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:弘前  

    researchmap

  • アルギン酸‐ポリエルリジン・マイクロカプセルの球殻弾性特性の測定

    山口洋平, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:弘前  

    researchmap

  • 単軸引張から解放されたヒト赤血球の形状回復時定数の測定―引張力から求めた見かけのヤング率と時定数の関係―

    加藤陽介, 郡慎平, 田地川勉, 板東潔

    日本機械学会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:弘前  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行のメカニズム解明のための拡大膜翼モデル実験― 膜翼モデルの変形と周りの流れ場の可視化 ―

    吉田直之, 細野真司, 加瀬篤志, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    可視化情報学会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:姫路  

    researchmap

  • C205 0SASに起因するいびき発生機序の解明 : 発生した音とチューブ自励振動との関連性(C2-1 生体計測1)

    井上 大輔, 田地川 勉, 板東 潔

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2012年10月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • C111 アルギン酸-ポリェルリジン・マイクロカプセルの球殼弾性特性の測定(C1-2 軟組織・血液のバイオメカニクス1)

    山口 洋平, 田地川 勉, 板東 潔

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2012年10月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • C110 単軸引張から解放されたヒト赤血球の形状回復時定数の測定 : -引張力から求めた見かけのヤング率と時定数の関係-(C1-2 軟組織・血液のバイオメカニクス1)

    加藤 陽介, 郡 慎平, 田地川 勉, 板東 潔

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2012年10月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光ファイバーLDV による潤滑油流量計測技術とエンジンへの適用

    岡田晃典, ケビン ショールス, 外野義弘, 田地川勉, 郡慎平, 大場謙吉

    自動車技術会  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発 ビーグル肺動脈への移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山康秀, 上地正実

    日本獣医学会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成した自家組織大動脈弁(Biovalve)のTAVIを用いた治療の可能性

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本祐一郎, 荒川衛, 山南将志, 住倉博仁, 大沼健太郎, 藤井豊, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    Gen Thorac Cardiovasc Surg  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • S021023 流体力学に基づく動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの塞栓機能の評価

    田地川 勉, 紅林 芳嘉, 西 正吾, 植田 初江, 大場 謙吉, 中山 泰秀

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2012年9月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    We have been developing a micro porous covered stent as a newly device for cerebral aneurysm treatment to adapt large and giant cerebral aneurysm with a broad neck. This stent has a porous film to control among thrombus formation, rapid neointimal formation and intimal hyperplasia. It is expected that the neointimal formation becomes earlier by using much larger pores. But there is a possibility that the covered stent with large pare cannot embolize an aneurysm by increasing inflow from parent vessel. The purpose of this study is optimization of pore design to ensure compatibility between reliable embolization and controlling early neointimal formation, in-vitro experiment based on flow similarity low has been conducted by using a 2D parent vessel model with a side wall type aneurysm model. The flow visualization result shows that three kinds of flow pattern in the aneurysm were observed namely, viscous shear induced flow, pressure drop induced flow and those coexistence flow. According to PIV measurement result, area mean shear rate in the aneurysm after stenting was decreased to less than 1/5 of before stenting. Especially, when the covered stents of which aperture diameter was lower than 200μm and aperture ratio was 60% were installed, shear rate in aneurysm was less than 1 s^<-1> which was a threshold of F-IX activating necessary for venous thrombus formation.

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発2 (ヒト中大脳動脈の模擬拍動血流中で超音波を管軸方向に照射する実験)

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定 −形状回復時定数に対するMCV、MCHC、糖化度の影響−

    久保田麻紀, 田地川勉, 池本敏行, 田窪孝行, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 心拍に伴い開閉する大動脈弁の変形が大動脈弁硬化症の発症に及ぼす影響 (3次元計測手法による弁膜モデルに生じる応力・歪み分布の測定

    田地川勉, 權愛美里, 藤元彰, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    日本生体医工学会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発:ビーグル肺動脈への移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山康秀, 上地正実

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2012年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発 ビーグル肺動脈への移植

    船山 麻理菜, 水野 壮司, 松井 悠一, 田地川 勉, 大場 謙吉, 山南 将志, 渡辺 太治, 神田 圭一, 夜久 均, 中山 康秀, 上地 正実

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2012年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球の形状回復時定数の測定―健常赤血球と糖尿病赤血球の比較―

    久保田麻紀, 加藤陽介, 田地川勉, 大場謙吉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本検査血液学会  2012年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    開催地:高槻  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成した心臓弁(Biovalve)の左心系自家移植による評価

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本祐一郎, 荒川衛, 山南将志, 住倉博仁, 大沼健太郎, 藤井豊, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    日本再生医療学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • バイオバルブ心臓弁の生体内形成過程のカプセル内視鏡観察

    中山泰秀, 武輪能明, 大家智憲, 山南将志, 神田圭一, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    日本再生医療学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発 ビーグル犬肺動脈への移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀, 上地正実

    日本再生医療学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 色素徐放による生体内での組織形成の爆発的加速化

    辻中貴大, 岩井良輔, 松井悠一, 内田欣吾, 田地川勉, 大場謙吉, 中山泰秀

    日本再生医療学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 生体内組織形成術によるステント付バルブのビーグル肺動脈移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀, 上地正実

    獣医麻酔外科学会  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    開催地:埼玉  

    researchmap

  • 生体内組織形成術によるステント付バルブのビーグル肺動脈移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀, 上地正実

    獣医麻酔外科学雑誌  2012年6月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of In-Body Tissue-Engineered, Completely Autologous Valve (BIOVALVE)

    Takewa Y, Nakayama Y, Yamanami M, Kishimoto Y, Arakawa M, Matsui Y, Kanda K, Yaku H, Tajikawa T, Ohba K, Taenaka Y, Tatsumi E

    QScience Proceedings  2012年6月  Hamad bin Khalifa University Press ({HBKU} Press)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球の形状回復時定数の測定―健常赤血球と糖尿病赤血球の比較―

    田地川勉, 久保田麻紀, 大場謙吉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本バイオレオロジー学会  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月 - 2012年6月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作成した心臓弁(Biovalve)の左心系自家移植による評価

    武輪能明, 中山泰秀, 岸本祐一郎, 荒川衛, 山南将志, 住倉博仁, 大沼健太郎, 藤井豊, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    再生医療  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バイオバルブ心臓弁の生体内形成過程のカプセル内視鏡観察

    中山泰秀, 武輪能明, 大家智憲, 山南将志, 神田圭一, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    再生医療  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発:ビーグル犬肺動脈への移植

    船山麻理菜, 水野壮司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀, 上地正実

    再生医療  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを中咽頭モデルとして使ったOSASに起因するいびき発生メカニズムの解明

    井上大輔, 大塚富裕, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本生体医工学会大会  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術で作成した心臓弁付Conduit(BIOVALVE)の大動脈系自家移植実験

    山南将志, 武輪能明, 岸本祐一郎, 荒川衛, 住倉博仁, 大沼健太郎, 松井悠一, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介, 中山泰秀

    日本心臓血管外科学会雑誌  2012年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 流路壁直角挿入型光ファイバーLDVセンサーの開発

    毛利太毅, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • アルギン酸‐ポリエルリジン・マイクロカプセルの球殻弾性率の測定

    三島惇, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー微細加工機を用いた微小血管モデルの作製とその内壁へのヒト内皮細胞播種の試み

    小川雅章, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 単軸引張りから解放された赤血球の変形挙動に関する数値シミュレーション

    白井健司, 加瀬篤志, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 光ファイバー型LDVセンサーによる高温・高屈折率油流の局所流速測定

    藤見鷹一, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 大動脈基部の血流動態が大動脈弁硬化症発症に与える影響

    中江翔, 田地川勉, 大場謙吉, 星賀正明

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行の機構解明のための拡大翼モデル実験—弾性翼によるフェザリング運動が飛行に及ぼす影響—

    細野真司, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 関西支部  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 617 フェムト秒レーザー微細加工機を用いた微小血管モデルの作製とその内壁へのヒト内皮細胞播種の試み(GS-2 血液,血流シミュレーション(1))

    小川 雅章, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1017 蚊の羽ばたき飛行の機構解明のための拡大翼モデル実験 : 弾性翼によるフェザリング運動が飛行に及ぼす影響(GS-5 生物流体)

    細野 真司, 加瀬 篤志, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 414 アルギン酸-ポリエルリジン・マイクロカプセルの球殻弾性率の測定(OS-5 バイオメカニクス・バイオマテリアル(1))

    三島 惇, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 709 光ファイバー型LDVセンサーによる高温・高屈折率油流の局所流速測定(GS-5・6 流体計測(2))

    藤見 鷹一, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 424 単軸引張から解放された赤血球の変形挙動に関する数値シミュレーション(OS-5 バイオメカニクス・バイオマテリアル(3))

    白井 健司, 加瀬 篤志, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 619 大動脈基部の血液動態が大動脈弁硬化症発症に与える影響(GS-2 血液,血流シミュレーション(2),下肢(1))

    中江 翔, 田地川 勉, 大場 謙吉, 星賀 正明, 發知 淳子

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 710 流路壁直角挿入型光ファイバーLDVセンサーの開発(GS-5・6 流体計測(2))

    毛利 太毅, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2012年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球の形状回復能の評価—形状回復時定数の測定・解析と血液検査指標との比較—

    田地川勉, 村西史哉, 久保田麻紀, 大場謙吉

    第16回関西大学先端科学技術シンポジウム  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロピペットを用いた単軸引張から解放されるヒト赤血球の形状回復時定数の測定—変形様式が時定数に及ぼす影響—

    郡慎平, 新池谷崇, 田地川勉, 大場謙吉

    第16回関西大学先端科学技術シンポジウム  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 心拍に伴う弁の開閉変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響—大変形した弁モデルの三次元形状とひずみ・応力分布の測定—

    田地川勉, 權愛美里, 藤元彰, 大場 謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    第16回関西大学先端科学技術シンポジウム  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 心拍に伴う弁の開閉変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 大変形した弁モデルの三次元形状とひずみ・応力分布の測定 (関西大学先端科学技術推進機構10周年記念)

    田地川 勉, 權 愛美里, 藤元 彰, 大場 謙吉, 星賀 正明, 發知 淳子

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集  2012年1月  関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球形状回復時定数の測定 ―形状回復時定数を使った赤血球変形能の評価―

    久保田麻紀, 田地川勉, 大場謙吉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本機械学会  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 生体外模擬実験による脳動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの開発―孔径・孔密度の違いが瘤内流れに及ぼす影響―

    紅林芳嘉, 田地川勉, 大場謙吉, 西正吾, 中山泰秀

    日本機械学会  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • ヒト声帯ヒダモデルとして弾性膜を用いた異常発声のメカニズムに関する生体外模擬実験(声門からの噴流の可視化)

    安積晃, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • ステントバイオバルブの作製および生体外実験による弁機能評価

    松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 上地正実, 中山泰秀

    日本機械学会  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 血圧・血流による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 ―拍動流下における弁の3次元形状と応力・ひずみ分布測定―

    權愛美里, 田地川勉, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    日本機械学会  2012年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 8E13 ステントバイオバルブの作製および生体外実験による弁機能評価(OS24 人工臓器の実用化について1)

    松井 悠一, 田地川 勉, 大場 謙吉, 山南 将志, 上地 正実, 中山 泰秀

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8F33 マイクロチャンネル法によるヒト赤血球形状回復時定数の測定 : 形状回復時定数を使った赤血球変形能の評価(GS02 循環系のバイオメカニクス(モデリング,シミュレーション)1)

    久保田 麻紀, 田地川 勉, 大場 謙吉, 池本 敏行, 田窪 孝行

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8H13 ヒト声帯ヒダモデルとして弾性膜を用いた異常発生のメカニズムに関する生体外模擬実験 : 声門からの噴流の可視化(OS10 生体の音響・振動に関する諸問題1)

    安積 晃, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8F45 血圧・血流による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 拍動流下における弁の3次元形状と応力・ひずみ分布測定(GS02 循環系のバイオメカニクス(モデリング,シミュレーション)2)

    權 愛美里, 田地川 勉, 大場 謙吉, 星賀 正明, 發知 淳子

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 7F23 生体外模擬実験による脳動脈瘤治療用多孔薄膜かバードステントの開発 : 孔径・孔密度の違いが瘤内流れに及ぼす影響(GS01 循環系のバイオメカニクス(脳動脈瘤,ステント)

    紅林 芳嘉, 田地川 勉, 大場 謙吉, 西 正吾, 中山 泰秀

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 心拍に伴う弁の開閉変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 大変形した弁モデルの三次元形状とひずみ・応力分布の測定—関西大学先端科学技術推進機構10周年記念

    田地川 勉, 權 愛美里, 藤元 彰, 大場 謙吉, 星賀 正明, 發知 淳子

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編  2012年1月  吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/028470448

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球の形状回復能の評価 : 形状回復時定数の測定・解析と血液検査指標との比較—関西大学先端科学技術推進機構10周年記念

    田地川 勉, 村西 史哉, 久保田 麻紀, 大場 謙吉, 池本 敏行, 田窪 孝行

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集 / 関西大学先端科学技術推進機構 編  2012年1月  吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/028470698

  • Preparation of stent-biovalve and the evaluation of its in vitro valvular function

    Matsui Y, Tajikawa T, Ohba K, Yamanami M, Uechi M, Nakayama Y

    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME  2012年  Japan Society of Mechanical Engineers

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血圧・血流による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 拍動流下における弁モデルの3次元形状とひずみ分布測定 (第40回可視化情報シンポジウム講演論文集) -- (オーガナイズドセッション 医療・心理・健康の可視化Ⅱ)

    權 愛美里, 根路銘 良介, 田地川 勉

    可視化情報学会誌 = ournal of the Visualization Society of Japan  2012年  可視化情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血圧・血流による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 拍動流下における弁モデルの3次元形状とひずみ分布測定—Influence of valve deformation caused by blood pressure and flow on pathogeny of aortic valve sclerosis : Measurement of strain distribution on valve surface in pulsatile flow by 3D shape measuring technique—第40回可視化情報シンポジウム講演論文集 ; オーガナイズドセッション 医療・心理・健康の可視化Ⅱ

    權 愛美里, 根路銘 良介, 田地川 勉

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan  2012年  東京 : 可視化情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/025154129

  • カプセル内視鏡内蔵鋳型を用いた体内組織形成過程のin situ観察

    中山泰秀, 武輪能明, 大家智憲, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 妙中義之, 巽英介

    日本人工臓器学会  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 動脈瘤治療用カバードステントの開発:大開口化孔設計時の塞栓、分枝開存、内膜形成評価

    中山泰秀, 西正吾, 紅林芳嘉, 田地川勉, 大場謙吉, 植田初江, 森脇健司, 和田晃, 山下修蔵

    日本人工臓器学会  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 開口位バイオバルブ人工弁の組立式設計によるストレスフリー摘出(Type VII)

    松井悠一, 山南将志, 武輪能明, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 巽英介, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 動脈瘤治療用微細孔カバードステントの開発における拍動流下での瘤内流れの解析

    紅林芳嘉, 市川智紀, 吉田直之, 田地川勉, 大場謙吉, 西正吾, 中山泰秀

    日本人工臓器学会  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 色素徐放による体内組織形成の爆発的加速化

    中山泰秀, 辻中貴大, 岩井良輔, 松井悠一, 内田欣吾, 田地川勉, 大場謙吉

    日本人工臓器学会  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Successful aortic valve implantation using an in-body tissue-engineered, completely autologous valved conduit (biovalve) in a goat model

    Yoshiaki Takewa, Yasuhide Nakayama, Masashi Yamanami, Akihide Umeki, Yuichi Matsui, Keiichi Kanda, Hitoshi Yaku, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Yoshiyuki Taenaka, Eisuke Tatsumi

    American Heart Association  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:Orlando  

    researchmap

  • Trancatheter implantation of autologous in vivo tissue-engineered, valved stents (biovalved stents) in the pulmonary position in a beagle model

    Masami Uechi, Marina Funayama, Yuichi Matsui, Takeshi Mizuno, Megumi Fujiwara, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Masashi Yamanami, Taiji Watanabe, Keiichi Kanda, Hitoshi Yaku, Yasuhide Nakayama

    American Heart Association  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    開催地:Orlando  

    researchmap

  • Successful Aortic Valve Implantation Using an In-Body Tissue-Engineered, Completely Autologous Valved Conduit (BIOVALVE) in a Goat Model

    Takewa Y, Nakayama Y, Yamanami M, Umeki A, Matsui Y, Kanda K, Yaku H, Tajikawa T, Ohba K, Taenaka Y, Tatsumi E

    CIRCULATION  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Transcatheter Implantation of Autologous in vivo Tissue-Engineered, Valved Stents (BIOVALVED STENTs) in the Pulmonary Position in a Beagle Model

    Uechi M, Funayama M, Matsui Y, Mizuno T, Fujiwara M, Tajikawa T, Ohba K, Yamanami M, Watanabe T, Kanda K, Yaku H, Nakayama Y

    CIRCULATION  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • カプセル内視鏡内蔵鋳型を用いた体内組織形成過程のin situ観察

    中山泰秀, 武輪能明, 大家智憲, 山南将志, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 巽英介, 妙中義之

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2011年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による自己組織ステントバルブの開発:ビーグル肺動脈への経カテーテル移植

    船山麻理菜, 上地正実, 松井悠一, 水野壮司, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2011年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 開口位バイオバルブ人工弁の組立式設計によるストレスフリー摘出(Type VII)

    松井悠一, 山南将志, 武輪能明, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 巽英介, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2011年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Preparation of a completely autologous valved conduit with the open form of trileaflets (type VI biovalve)

    M. Yamanami, Y. Yahata, M. Uechi, Y. Takewa, Y. Shimakawa, Y. Matsui, T. Tajikawa, K. Ohba, K. Kanda, H. Yaku, E. Tatsumi, Y. Nakayama

    European Society of Artificial Organs  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:Polt  

    researchmap

  • Direct in vivo observation of leaflet tissue formation for biovalve

    Y. Nakayama, Y. Takewa, T. Oie, M. Yamanami, Y. Matsui, T. Tajikawa, K. Ohba, K. Kanada, H. Yaku, E. Tatsumi

    European Society of Artificial Organs  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:Polt  

    researchmap

  • In-body tissue-engineered and completely autologous aortic valves conduit (Biovalve) in goat model

    Y. Takawa, Y. Nakayama, M. Yamanami, S. Hanada, A. Umeki, Y. Matsui, K. Kanda, H. Yaku, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    European Society of Artificial Organs  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:Polt  

    researchmap

  • Architecture design of a novel separable mold to obtain autologous tissue heart valves "biovalves" non-invasively

    Y. Nakayama, Y. Matsui, M. Yamanami, Y. Takewa, E. Tatsumi, Y. Taenaka, T. Oie, T. Tajikawa, K. Ohba, K. Kanda, H. Yaku

    European Society of Artificial Organs  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:Polt  

    researchmap

  • ヒト声帯弾性膜モデルを用いた異常発声メカニズムに関する実験的研究(声門からの噴流の可視化観察)

    安積晃, 藤野裕太郎, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:津  

    researchmap

  • B114 ヒト声帯弾性膜モデルを用いた異常発声メカニズムに関する実験的研究 : 声門からの噴流の可視化観察(B1-3 生体流体工学1)

    安積 晃, 藤野 裕太郎, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2011年10月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定―MCV,MCHCが形状回 復時定数に与える影響―

    久保田麻紀, 村西史哉, 田地川勉, 大場謙吉, 池本敏行, 田窪孝行

    日本生体医工学会  2011年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    開催地:長野  

    researchmap

  • Feasibility study of in-body tissue^engineered, completely autologous valved conduits (biovalves type VI) as an aortic valve in a goat model

    M. Yamanami, Y. Takewa, K. Kanda, Y. Matsui, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Taenaka, E. Tatsumi, Y. Nakayama

    European Society of Cardiology  2011年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    開催地:Paris  

    researchmap

  • Successful replacement of beagle pulmonary valves by in vivo tisste-engineered valved-conduits with the sinus of valsalva (biovalves)

    M. Yamanami, M. Uechi, M. Fujiwara, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Oie, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    European Society of Cardiology  2011年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    開催地:Paris  

    researchmap

  • Feasibility study of in-body tissue-engineered, completely autologous valved conduits (BIOVALVEs type VI) as an aortic valve in a goat model

    M. Yamanami, Y. Takewa, K. Kanda, Y. Matsui, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Taenaka, E. Tatsumi, Y. Nakayama

    EUROPEAN HEART JOURNAL  2011年8月  OXFORD UNIV PRESS

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DIRECT IN VIVO OBSERVATION OF LEAFLET TISSUE FORMATION FOR BIOVALVE

    Y. Nakayama, Y. Takawa, T. Oie, M. Yamanami, Y. Matsui, T. Tajikawa, K. Ohba, K. Kanada, H. Yaku, E. Tatsumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2011年8月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Successful replacement of beagle pulmonary valves by in vivo tissue-engineered valved-conduits with the sinus of Valsalva (BIOVALVEs)

    M. Yamanami, M. Uechi, M. Fujiwara, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Ole, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    EUROPEAN HEART JOURNAL  2011年8月  OXFORD UNIV PRESS

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • IN-BODY TISSUE-ENGINEERED AND COMPLETELY AUTOLOGOUS AORTIC VALVED CONDUIT (BIOVALVE) IN A GOAT MODEL

    Y. Takewa, Y. Nakayama, M. Yamanami, S. Hanada, A. Umeki, Y. Matsui, K. Kanda, H. Yaku, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2011年8月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ARCHITECTURE DESIGN OF A NOVEL SEPARABLE MOLD TO OBTAIN AUTOLOGOUS TISSUE HEART VALVES "BIOVALVES" NON-INVASIVELY

    Y. Nakayama, Y. Matsui, M. Yamanami, Y. Takewa, E. Tatsumi, Y. Taenaka, T. Oie, T. Tajikawa, K. Ohba, K. Kanda, H. Yaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2011年8月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of a completely autologous valved conduit with the sinus of valsalva using in-body tissue architecture technology

    M. Yamanami, M. Uechi, M. Fujiwara, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Watanabe, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    16th World Congress on Heart Disease  2011年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    開催地:Vancouver  

    researchmap

  • Development of completely autologous tissue valved-conduits biovalves; mold design and transplantation study in beagle model

    M. Yamanami, M. Uechi, M. Fujiwara, Y. Yahata, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Watanabe, T. Oie, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    The Society for Heart Valve Disease  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Development of an in-body tissue-engineered autologous aortic bioprosthesis

    Y. Takewa, Y. Nakayama, M. Yamanami, Y. Matsui, K. Kanda, H. Yaku, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    The Society for Heart Valve Disease  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • In vivo evaluation of an in-body tissue-engineered and completely autologous valved conduit (biovalve) in a goat model

    Y. Takawa, Y. Nakayama, M. Yamanami, S. Hanada, A. Umeki, Y. Matsui, K. Kanda, H. Yaku, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Taenaka, E. Tatsumi

    57th ASAIO Annual Conference  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:Washington, D.C.  

    researchmap

  • Micro Accelerometer and Magnetoresistive (MR) Sensor Directly Fabricated on a Ceramic Substrate

    Seiji Aoyagi, Masato Suzuki, Tomokazu Takahashi, Tsutomu Tajikawa, Ken-ichi Saitoh, Shoso Shingubara, Yasuhiko Arai, Hiroyuki Tajiri, Yasuhiro Yoshikawa

    American Society of Mechanical Engineers  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:Oregon  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による頸動脈血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    河合翔平, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • ヒト声帯弾性膜モデルを用いた異常時の発声メカニズムに関する実験的研究-声門閉鎖不全かつ声帯状態不均衡の発生音と声帯の振動挙動-

    安積晃, 藤野裕太郎, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定-脂質二重膜の硬さと内部液体の粘度が及ぼす影響-

    村西史哉, 久保田麻紀, 田地川勉, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 喘息の生体外模擬実験-二層構造の細気管支モデルの外層弾性率を変化させたときの座屈挙動について-

    辻本勉, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 血圧・血流による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響-大変形した弁モデルの 3 次元形状とひずみ分布測定-

    權愛美里, 藤元彰, 田地川勉, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 単軸引張から解放されたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定-変形様式が時定数に及ぼす影響-

    新池谷崇, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 動脈瘤治療用多孔薄膜カバードステントの設計最適化のための生体外模擬実験

    紅林芳嘉, 中川雄太, 田地川勉, 大場謙吉, 中山泰秀, 西正吾

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 開口位バイオバルブの開発-鋳型の設計、バイオバルブの作製と生体外実験による弁機能評価-

    松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 武輪能明, 中山泰秀

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 模擬中咽頭としてコラプシブルチューブを用いたいびきの発生機序に関する生体外実験

    大塚富裕, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本バイオレオロジ-学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 開口位バイオバルブの開発―鋳型の設計,バイオバルブの作製と生体外実験による弁機能評価―

    松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 武輪能明, 中山泰秀

    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バイオバルブの開発:作製用鋳型の変遷

    中山泰秀, 松井悠一, 山南将志, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 上地正実, 武輪能明, 巽英介

    第32回日本炎症再生医学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作製した自己組織由来心臓弁付きConduit (Biovalve)の開発

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 花田繁, 梅木昭秀, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    第32回日本炎症再生医学会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 頭頚部動脈瘤治療のための微細多孔薄膜カバードステントの開発:微細孔設計のための生体外実験

    紅林芳嘉, 中川雄太, 田地川勉, 大場謙吉, 中山泰秀, 西正吾

    日本生体医工学会  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月 - 2011年5月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 喘息の生体外模擬実験 ―気道の肥厚を考慮した細気管支モデルの座屈―

    辻本勉, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月 - 2011年5月

    開催地:東京  

    researchmap

  • マイクロチャンネル法によるヒト赤血球変形能の測定―膜硬化と内部液体粘性が形状回復時定数に与える影響―

    久保田麻紀, 村西史哉, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月 - 2011年5月

    開催地:東京  

    researchmap

  • いびきの発生機序に関する模擬実験 ―コラプシブルチューブ内の気流により生じる自励振動と自励音―

    大塚富裕, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本生体医工学会  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月 - 2011年5月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 413 細胞噴霧装置を用いた人工臓器表面への細胞播種の試み(GS-2 バイオエンジニアリング(4))

    森 基樹, 田地 川勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2011年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 呼吸時の鼻腔・咽頭内の往復気流に関する生体外模擬実験と数値シミュレーション

    西内秀太郎, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 内膜再生を促進する動脈瘤治療用カバードステントの開発

    中山泰秀, 中川雄二, 西正吾, 植田初江, 田地川勉, 大場謙吉

    第10回日本再生医療学会総会  2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 人工臓器表面への播種・生着を目的としたヒト細胞シート作製の試み-材料変形によるひずみがヒト細胞シートに及ぼす影響-

    森基樹, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 生体内組織形成術による組織形成促進化のための構造学的工夫

    島川祐司, 松井悠一, 辻中貴大, 山南将志, 神田圭一, 中山泰秀

    第10回日本再生医療学会総会  2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作製した心臓弁付きConduit(Biovalve)の左心系自家移植による評価

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 花田徹, 齋藤友宏, 梅木秀昭, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    再生医療  2011年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 組立式バイオバルブ作製用鋳型の設計

    松井悠一, 山南将志, 島川祐司, 中川雄太, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    再生医療  2011年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 完全自己組織バイオバルブ(Type VI)の開発:開口形状での弁形成による弁機能の向上

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 武輪能明, 島川祐司, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 巽英介, 中山泰秀

    再生医療  2011年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8F-16 血圧による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響 : 大変形した弁モデルの三次元形状と応力分布の測定(OS-1(2) 循環器系のバイオメカニクスと医療機器設計(3))

    田地川 勉, 藤 元彰, 權 愛美里, 大場 謙吉, 星賀 正明, 發知 淳子

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2011年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9E-03 ヘモグロビン溶液の粘度と膜の硬化がヒト赤血球の形状回復に関する時定数に及ぼす影響 : マイクロチャンネル法による測定と評価(OS-1(1) 微小循環器系のバイオエンジニアリング(1))

    村西 史哉, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2011年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8F-02 拍動流下で運転される連続流型補助人工心臓の設計法に関する研究(OS-1(2) 循環器系のバイオメカニクスと医療機器設計(1))

    築谷 朋典, 中山 公博, 田地川 勉, 大場 謙吉, 巽 英介, 妙中 義之

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2011年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヘモグロビン溶液の粘度と膜の硬化がヒト赤血球の形状回復に関する時定数に及ぼす影響-マイクロチャンネル法による測定と評価-

    村西史哉, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    第23回バイオエンジニアリング講演会  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療のためのカバードステントに関する生体外実験

    中川雄太, 紅林芳嘉, 田地川勉, 大場謙吉, 中山泰秀, 西正吾

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定と解析

    村西史哉, 久保田麻紀, 田地川勉, 大場謙吉

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • ヒト声帯弾性膜モデルを用いた異常時の発声メカニズムに関する研究

    藤野裕太郎, 安積晃, 田地川勉, 大場謙吉

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 血圧による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響

    藤元彰, 權愛美里, 田地川勉, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による完全自己組織化バルサルバ洞付心臓代用弁(バイオバルブ)の開発

    松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 武輪能明, 中山泰秀

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による頸動脈内血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    河合翔平, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 呼吸時の鼻腔・咽頭間の往復気流に関する生体外模擬実験と数値シミュレーション

    西内秀太郎, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉, 上杉康夫

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 単軸引張から解放されたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定

    新池谷崇, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第15回関西大学先端科学技術シンポジウム  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 血圧による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響-大変形した弁モデルの三次元形状と応力分布の測定-

    田地川勉, 權愛美里, 大場謙吉, 藤元彰, 星賀正明, 發知淳子

    第23回バイオエンジニアリング講演会  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 拍動流下で運転される連続流型補助人工心臓の設計法に関する研究

    築谷朋典, 中山公博, 田地川勉, 大場謙吉, 巽英介, 妙中義之

    第23回バイオエンジニアリング講演会  2011年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 416 呼吸時の鼻腔・咽頭内の往復気流に関する数値シミュレーション : 中・下鼻道の断面積変化がせん断応力に及ぼす影響(GS-2 バイオエンジニアリング(5))

    西内 秀太郎, 田地川.勉, 板東 潔, 大場 謙吉, 上杉 康夫

    関西支部講演会講演論文集  2011年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A201 マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の評価 : 赤血球膜の硬化と内部液体の粘度低下が時定数に与える影響(A2-1 細胞工学・マイクロバイオメカニクス1)

    久保田 麻紀, 村西 史哉, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2010年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A202 マイクロピペットを用いて引張ひずみを与えたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定(A2-1 細胞工学・マイクロバイオメカニクス1)

    新池谷 崇, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2010年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作製した心臓弁付きConduit(Biovalve)の大動脈系自家移植による性能評価

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 花田徹, 花田徹, 安藤政彦, 齋藤友宏, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2010年11月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 円周配向化コラーゲン小口径人工血管の開発

    島川祐司, 中道茉莉絵, 山南将志, 渡辺太治, 高見沢計一, 内田欣吾, 井原慶児, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    第48回日本人工臓器学会大会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 折り紙から組木細工へセルフリー再生医療デバイスの設計

    中山泰秀, 松井悠一, 山南将志, 大家智憲, 島川祐司, 中川雄太, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均

    第48回日本人工臓器学会大会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術を用いた循環器系再生医療技術の開発

    山南将志, 上地正実, 神田圭一, 渡辺太治, 坂井修, 矢羽田侑希, 藤原めぐみ, 河野正太, 植田初江, 大家智憲, 松井悠一, 田地川勉, 大場謙吉, 武輪能明, 周粤閲, 巽英介, 夜久均, 中山泰秀

    第48回日本人工臓器学会大会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 頭頸部動脈瘤塞栓用の微細孔カバードステントの開発 瘤内の流れに及ぼす微細孔設計の影響に関する生体外可視化実験評価

    中川雄太, 田地川勉, 大場謙吉, 中山泰秀, 西正吾

    第48回日本人工臓器学会大会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 組織工学的に皮下で作製した心臓弁付き Conduit (Biovalve) の大動脈系自家移植による性能評価

    武輪能明, 中山泰秀, 山南将志, 花田徹, 安藤政彦, 齋藤友宏, 松井悠一, 神田圭一, 夜久均, 田地川勉, 大場謙吉, 妙中義之, 巽英介

    第48回日本人工臓器学会大会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の評価―赤血球膜の硬化と内部液体の粘度低下が時定数に与える影響―

    久保田麻紀, 村西史哉, 田地川勉, 大場謙吉

    第21回バイオフロンティア講演会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:金沢  

    researchmap

  • マイクロピペットを用いて引張ひずみを与えたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定

    新池谷崇, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第21回バイオフロンティア講演会  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:金沢  

    researchmap

  • Successful Replacement of Beagle Pulmonary Valves by In Vivo Tissue-Engineered Valved-Conduits with the Sinus of Valsalva: Completely Autologous Tissue "BIOVALVEs" with No Synthetic Support Materials

    Yamanami M, Uechi M, Fujiwara M, Yahata Y, Ishibashi-Ueda H, Kanda K, Watanabe T, Oie T, Tajikawa T, Ohba K, Yaku H, Nakayama Y

    CIRCULATION  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術を用いた結合組織のみからなるBIOVALVE心臓代用弁のビーグル肺動脈弁自家移植と移植後の組織変化

    山南将志, 上地正実, 植田初江, 藤原めぐみ, 矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    Gen Thorac Cardiovasc Surg  2010年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動脈瘤治療のためのカバードステントに関する生体外実験

    中川雄太, 郡慎平, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉, 中山泰秀, 西正吾

    日本機械学会 2010年度年次大会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 血圧による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に与える影響-3次元形状測定法を用いた弁モデルの応力分布測定-

    藤元彰, 田地川勉, 大場謙吉, 發知淳子, 星賀正明

    日本機械学会 2010年度年次大会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定-膜の硬さと内部液体の粘度が及ぼす影響-

    村西史哉, 今村祐哉, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 2010年度年次大会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 喘息の生体外模擬実験 ―粘膜下組織と基底膜から成る細気管支モデルの座屈―

    辻本勉, 上田慎太, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 2010年度年次大会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 模擬声道として弾性音響管を用いた母音生成機序に関する実験

    喜多俊輔, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本音響学会2010秋季研究発表会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 血圧による弁の変形が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響-大変形した弁モデルの3三次元形状とひずみ分布測定-

    權愛美里, 藤元彰, 田地川勉, 大場謙吉, 星賀正明, 發知淳子

    生体医工学シンポジウム2010  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 弾性膜を用いたヒト声帯モデルによる異常発声メカニズムに関する研究-張力と声門開口面積が振動および音に及ぼす影響について-

    藤野裕太郎, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉

    日本音響学会2010秋季研究発表会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 風洞実験による格子配列板後方の渦構造の特性解析

    中嶋惇, 大場謙吉, 大江祥晃, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 2010年度年次大会  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Oscillation amplitude of a collapsible tube near the boundaries of oscillatory control-space at Reynolds numbers characteristic of larger airways

    T. Tajikawa, C.D. Bertram

    6th World Congress of Biomechanics (WCB2010)  2010年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    開催地:シンガポール  

    researchmap

  • SUCCESSFUL BEAGLE PULMONARY VALVE REPLACEMENT OF COMPLETELY AUTOLOGOUS VALVED-CONDUITS WITH THE SINUS OF VALSALVA (BIOVALVES)

    M. Yamanami, Y. Yahata, M. Uechi, M. Fujiwara, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Watanabe, T. Oie, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2010年7月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of time constant of shape recovery of RBC using micro-channel technique -Influence of hardness of membrane and viscosity of internal fluid-

    田地川勉, 大場謙吉, 今村祐哉, 村西史哉

    第49回日本生体医工学会大会  2010年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 模擬血球としての柔軟弾性高分子ゲル微粒子の球粒子弾性と局所弾性率の測定

    新池谷崇, 鳥山博史, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    第49回日本生体医工学会大会  2010年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復に関する時定数の評価-膜硬さと内部液体粘度におよぼす影響-

    田地川勉, 大場謙吉, 今村祐哉, 村西史哉

    第49回日本生体医工学会大会  2010年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による自家組織のみからなるBiovalve心臓代用弁の開発 ビーグル肺動脈弁移植後の組織変化

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 藤原めぐみ, 植田初江, 田地川勉, 大場謙吉, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    第110回日本外科学会定期学術集会  2010年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 816 コラプシブルチューブ内の気流により生じる自励振動と振動音 : 閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法の体外模擬実験(GS-2 呼吸・血液)

    越智 博史, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 815 喘息の生体外模擬実験 : 粘膜下組織を考慮した気道モデルの座屈に関する実験(GS-2 呼吸・血液)

    上田 慎太, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 826 原子間力顕微鏡を用いた柔軟弾性ゲル微粒子の球粒子弾性と局所弾性の測定(GS-2 マイクロバイオメカニクス)

    鳥山 博史, 郡 慎平, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1117 光ファイバー型LDVセンサーによる高温・高屈折率流体の局所流速測定(GS-5 計測)

    尾野 純市, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 828 細胞シートを人工臓器表面に播種・生着させる試み : 有機材料製の平板への接着力の測定(GS-2 マイクロバイオメカニクス)

    荒田 英之, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 817 蚊の羽ばたき飛行の機構解明のための実形状拡大弾性翼モデルの作製(GS-2・4 生物流体・医療機器)

    辻 堅太郎, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2010年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SF-054-5 生体内組織形成技術による自家組織のみからなるBiovalve心臓代用弁の開発 : ビーグル肺動脈弁移植後の組織変化(再生・手術材料-3,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会)

    山南 将志, 矢羽田 侑希, 上地 正実, 藤原 めぐみ, 植田 初江, 田地川 勉, 大場 謙吉, 渡辺 太治, 神田 圭一, 夜久 均, 中山 泰秀

    日本外科学会雑誌  2010年3月  一般社団法人日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光ファイバー型LDVセンサーによる高温・高屈折率流体の局所流速測定

    尾野純市, 郡慎平, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 喘息の生体外実験(粘膜下組織を考慮した気道モデルの座屈に関する実験)

    上田慎太, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 蚊の羽ばたき飛行の機構解明のための実形状拡大弾性翼モデルの作成

    辻堅太郎, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • コラプシブルチューブ内の気流により生じる自励振動と振動音閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP 療法の体外模擬実験―

    越智博史, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 細胞シートを人工臓器表面に播種・生着させる試み-有機材料性の平板への接着力の測定-

    荒田英之, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 原子間力顕微鏡を用いた柔軟弾性ゲル微粒子の球粒子弾性と局所弾性の測定

    鳥山博史, 郡慎平, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 第85期定時総会講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 完全自己組織バイオバルブの弁機能向上のための鋳型の設計と生体流体力学的評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    再生医療  2010年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術によるBiovalve心臓代用弁の開発:ビーグル肺動脈弁移植3カ月後の組織変化

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 藤原めぐみ, 植田初江, 田地川勉, 大場謙吉, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    再生医療  2010年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 0225 大動脈基部の血流・血圧動態が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響(OS4:循環器系・血流のメカニクスとその応用)

    藤 元彰, 古本 晴久, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2010年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 0206 マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定 : 通常・硬化赤血球、及び赤血球ゴーストの比較(OS1:微小循環系のバイオメカニクス)

    今村 祐哉, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2010年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 0227 能動的超音波ドップラー法による頚動脈内血流中の栓子と気泡の識別方法の開発 : 日本の超音波プローブを用いた生体外模擬実験(OS4:循環器系・血流のメカニクスとその応用)

    瀬尾 浩右, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2010年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による頚動脈内血流中の栓子と気泡の識別方法の開発 ‐二本の超音波プローブを用いた生体外模擬実験‐

    瀬尾浩右, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第22回バイオエンジニアリング講演会  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 医療応用を目的としたアルギン酸-ポリエルリジンマイクロカプセルの創製-球粒子変形法による粒子全体のヤング率測定およびAFMによる粒子局所の特性の測定-

    桜井篤, 大場謙吉, 板東潔, 田地川勉, 郡慎平, 大礒勇太

    第14回関西大学先端科学技術シンポジウム  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 「フィジオーム・生体機能モデリング」研究会の活動について

    田地川勉

    第14回関西大学先端科学技術シンポジウム  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    郡慎平, 瀬尾浩右, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    第14回関西大学先端科学技術シンポジウム  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 生体機能モデリングによる生体臓器・組織の機能評価とその応用

    田地川勉

    第14回関西大学先端科学技術シンポジウム  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術を用いた結合組織のみからなるBIOVALVE心臓代用弁のビーグル肺動脈弁自家移植と移植後の組織変化

    山南将志, 上地正実, 植田初江, 藤原めぐみ, 矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 渡辺太治, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    第63回日本胸部外科学会  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 鼻腔・咽頭内の呼吸気流に関する数値シミュレーション

    板東潔, 毛利太毅, 田地川勉, 大場謙吉, 川口裕士, 上杉康夫

    第14回関西大学先端科学技術シンポジウム  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の測定 ―通常・硬化赤血球及び赤血球ゴーストの比較―

    今村祐哉, 田地川勉, 大場謙吉

    第22回バイオエンジニアリング講演会  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 大動脈基部の血流・血圧動態が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響

    藤元彰, 古本晴久, 田地川勉, 大場謙吉

    第22回バイオエンジニアリング講演会  2010年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    開催地:岡山  

    researchmap

  • G0200-1-3 大動脈基部の血圧動態力が大動脈弁硬化症発症に及ほす影響(バイオエンジニアリング部門一般講演(1),社会変革を技術で廻す機械工学)

    藤 元彰, 權 愛美里, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • J0202-2-7 動脈瘤治療のためのカバードステントに関する生体外実験([J0202-2]バイオ熱・物質移動(2))

    中川 雄太, 郡 慎平, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉, 中山 泰秀, 西 正吾

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • J0202-2-5 マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定 : 膜の硬さと内部液体の粘度が及ぼす影響([J0202-2]バイオ熱・物質移動(2))

    村西 史哉, 今村 祐哉, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • G0200-3-6 喘息の生体外模擬実験 : 粘膜下組織と基底膜から成る細気管支モデルの座屈(バイオエンジニアリング部門一般講演(3),社会変革を技術で廻す機械工学)

    辻本 勉, 上田 慎太, 田地川 勉, 板東 潔, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • G0500-3-1 風洞実験による格子配列板後方の渦構造の特性解析([G0500-3]流体工学部門一般講演(3))

    中嶋 惇, 大江 祥晃, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of a Completely Autologous Valved-Conduit with the Sinus of Valsalva (BIOVALVE) using In-Body Tissue Architecture Technology: a Pilot Study in Pulmonary Valve Replacement in a Beagle Model

    M. Yamanami, Y. Yahata, M. Uechi, M. Fujiwara, H. Ishibashi-Ueda, K. Kanda, T. Watanabe, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    Circulation Surgery Supplement  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • バルサルバ洞付バイオバルブ人工弁の生体外実験における流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 中山泰秀

    第47回日本人工臓器学会大会  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 皮下で簡単にできる生体酷似の心臓弁様組織体 Biovalveの完成型

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 神田圭一, 渡辺太治, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第47回日本人工臓器学会大会  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • バイオバルブ人工弁の力学的性能評価

    大家智憲, 鈴木寿人, 矢羽田侑希, 大場謙吉, 村山嘉延, 尾股定夫, 山南将志, 神田圭一, 中山泰秀

    第47回日本人工臓器学会大会  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • Completely Autologous Valved-Conduit With the Sinus of Valsalva (BIOVALVEs) Constructed by in vivo-Tissue Engineering: Successful Pulmonary Valve Replacement in Beagle Model

    Yamanami M, Yahata Y, Fujiwara M, Tajikawa T, Ohba K, Watanabe T, Kanda K, Yaku H, Uechi M, Nakayama Y

    CIRCULATION  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 皮下で簡単にできる生体酷似の心臓弁様組織体:Biovalveの完成型

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 神田圭一, 渡辺太治, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2009年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バルサルバ洞付バイオバルブ人工弁の生体外実験における流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2009年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Towards through-the-wall PIV onan oscillating collapsible tube

    C.D. Bertram, S. Hall, N. Truong, T. Tajikawa

    Collapsible Tubes Meeting  2009年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    開催地:マンチェスター,イギリス  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術によるValsalva洞付き心臓弁様組織体(Biovalve)の開発:結合組織のみからなるvalved conduitの作製とビーグル犬への同種肺動脈弁移植実験

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 神田圭一, 渡辺太治, 藤原めぐみ, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    Gen Thorac Cardiovasc Surg  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Improvement of autologous tissue heart valves “Biovalves” constructed by a simple and safe in vivo tissue engineering

    K. Kanda, M. Yamanami, T. Watanabe, Y. Yahata, H. Hayashida, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Okamoto, Y. Nemoto, H. Ueda, H. Yaku, Y. Nakayama

    36th Congress European Society for Artificial Organs  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    開催地:コンピエーニュ,フランス  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定

    今村祐哉, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 2009年度年次大会  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • 大動脈基部の血流・血圧動態が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響

    藤元彰, 古本晴久, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会 2009年度年次大会  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • ヒト声帯弾性膜モデルを用いた発声のメカニズムに関する模擬実験

    藤野裕太郎, 田中誠, 郡慎平, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会 2009年度年次大会  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • Development of autologous valsalva-conduit-type biovalve by in-body tissue architecture technology

    Y. Yahata, M. Yamanami, K. Kanda, Y. Nemoto, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    36th Congress European Society for Artificial Organs  2009年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    開催地:コンピエーニュ,フランス  

    researchmap

  • IMPROVEMENT OF AUTOLOGOUS TISSUE HEART VALVES "BIOVALVES" CONSTRUCTED BY A SIMPLE AND SAFE IN VIVO TISSUE ENGINEERING

    K. Kanda, M. Yamanami, T. Watanabe, Y. Yahata, K. Hayashida, T. Tajikawa, K. Ohba, T. Oie, Y. Okamoto, Y. Nemoto, H. Ueda, H. Yaku, Y. Nakayama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2009年7月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DEVELOPMENT OF AUTOLOGOUS VALSALVA-CONDUIT-TYPE BIOVALVE BY IN-BODY TISSUE ARCHITECTURE TECHNOLOGY

    Y. Yahata, M. Yamanami, K. Kanda, Y. Nemoto, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2009年7月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の測定 ―健常赤血球と硬化赤血球の比較―

    今村祐哉, 田地川勉, 大場謙吉

    第48回日本生体医工学会大会  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Area with High Strain is Susceptible to Lesion Formation in Aortic Valve, AHA Arteriosclerosis

    Jyunko Hotchi, Masaaki Hoshiga, Tomohiro Fujisaka, Takahito Yuki, Yoshihiro Takeda, Eiko Kohbayashi, Tadashi Ishihara, Toshiaki Hanafusa, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba

    Thrombosis and Vascular Biology Annual Conference 2009  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    開催地:ワシントンDC,アメリカ  

    researchmap

  • Development of a miniaturized fiber-optic LDV sensor for measurement of local and instantaneous pulsatile blood velocity

    S. KOHRI, T. TAJIKAWA, K. OHBA

    4th Asian Pacific Conference on Biomechanics  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    開催地:クライストチャーチ,ニュージーランド  

    researchmap

  • 鼻腔・咽頭モデル内往復気流に関する生体外模擬実験 ―水力平均直径に基づくモデル―

    西内秀太郎, 仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 上杉康夫

    第48回日本生体医工学会大会  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Estimation of the capability of shape recovery of each erythrocyte by using a micro-channel technique

    K. OHBA, T. TAJIKAWA, T. OHNO, C. SAKAKIBARA, Y. IMAMURA

    4th Asian Pacific Conference on Biomechanics  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    開催地:クライストチャーチ,ニュージーランド  

    researchmap

  • 717 大動脈基部の血流動態と大動脈弁硬化症発症との関係 : 実形状モデルによる生体外模擬実験(GS-2 血管・血流)

    古本 晴久, 郡 慎平, 田地川 勉, 星賀 正明, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2009年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 723 ヒト声帯実形状モデルを用いた発声のメカニズムに関する模擬実験(GS-2 人体メカニズム)

    田中 誠, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2009年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 714 人工臓器への播種・生着を目的としたヒト細胞シート作製の試み(GS-2 骨形成(2))

    荒田 英之, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2009年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 120 光ファイバー型LDVセンサーによる高屈折率流体の局所流速測定(GS-5 流体計測(2))

    尾野 純市, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2009年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 719 毛細血管における血液と周辺細胞との物質交換に関する生体外模擬実験 : フェムト秒レーザーを用いた毛細血管モデルの作製(GS-2 血管・血流)

    佐藤 典都, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2009年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DPJ-036 Area with High Strain is Susceptible to Lesion Formation in Aortic Valve(DPJ06,Valvular Heart Disease/Pericarditis/Cardiac Tumor (M),Digital Poster Session (Japanese),The 73rd Annual Scientific Meeting of The Japanese Circulation Society)

    Hotchi Junko, Hoshiga Masaaki, Fujisaka Tomohiro, Yuki Takahito, Takeda Yoshihiro, Kohbayashi Eiko, Ishihara Tadashi, Hanafusa Toshiaki, Tajikawa Tsutomu, Ohba Kenkichi

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  2009年3月  社団法人日本循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • バルサルバ洞付自家組織心臓代用弁(バイオバルブ)の生体内作製と生体外実験による流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 中山泰秀

    第8回日本再生医療学会総会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Area with High Strain is Susceptible to Lesion Formation in Aortic Valve

    Jyunko Hotchi, Masaaki Hoshiga, Tomohiro Fujisaka, Takahito Yuki, Yoshihiro Takeda, Eiko Kohbayashi, Tadashi Ishihara, Toshiaki Hanafusa, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba

    第73回日本循環器学会総会・学術集会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 大動脈弁基部の血流動態と大動脈弁硬化症発症との関係-実形状モデルのよる生体外模擬実験-

    古本晴久, 郡慎平, 田地川勉, 星賀正明, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東大阪  

    researchmap

  • ヒト声帯実形状モデルを用いた発声のメカニズムに関する模擬実験

    田中誠, 郡慎平, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東大阪  

    researchmap

  • 毛細血管における血液と周辺細胞との物質交換に関する生体外模擬実験-フェムト秒レーザーを用いた毛細血管モデルの作製-

    佐藤典都, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東大阪  

    researchmap

  • 人工臓器への播種・生着を目的としたヒト細胞シート作製の試み

    荒田英之, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東大阪  

    researchmap

  • 光ファイバー型LVセンサーによる高屈折率流体の局所流速測定

    尾野純市, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:東大阪  

    researchmap

  • バルサルバ洞付白家組織心臓代用弁(バイオバルブ)の生体内作製と生体外実験による流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 中山泰秀

    再生医療  2009年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • recipient体内で形成される自家結合組織代用心臓弁バイオバルブの変遷

    神田圭一, 矢羽田侑希, 山南将志, 田地川勉, 大場謙吉, 大家智憲, 根本泰, 植田初江, 林田恭子, 渡辺太治, 夜久均, 中山泰秀

    再生医療  2009年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 213 マイクロチャンネルを用いた赤血球形状回復能の測定 : 健常者と糖尿病患者の比較(OS1-3:循環器系のバイオメカニクス(3),OS1:循環器系のバイオメカニクス)

    今村 祐哉, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2009年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 203 能動的超音波ドップラー法による頚動脈内血流中の栓子と気泡の識別方法の開発(OS1-1:循環器系のバイオメカニクス(1),OS1:循環器系のバイオメカニクス)

    瀬尾 浩右, 松崎 尚洋, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2009年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 142 大動脈基部の幾何学的形状が弁葉の変形におよぼす影響(OS1-7:循環器系のバイオメカニクス(7),OS1:循環器系のバイオメカニクス)

    上村 匡敬, 田地川 勉, 大場 謙吉, 板東 潔, 桜井 篤

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2009年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 模擬血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の柔らかさの評価-弾性体接触モデルに基づいた原子間力顕微鏡による局所ヤング率と粒子全体ヤング率の測定-

    桜井篤, 大場謙吉, 板東潔, 田地川勉, 鳥山博史

    第13回関西大学先端科学技術シンポジウム  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 光ファイバー型LVセンサーによる拍動血流の局所・瞬時流速測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第13回関西大学先端科学技術シンポジウム  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 毛細血管網における血流および周辺細胞との物質交換過程のモデル化-フェムト秒レーザー微細加工装置を用いたモデル作製と体外模擬実験-

    佐藤典都, 田地川勉, 桜井篤, 郡慎平, 大場謙吉

    第13回関西大学先端科学技術シンポジウム  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による頚動脈内血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    瀬尾浩右, 松崎尚洋, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第21回バイオエンジニアリング講演会  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の測定 ―健常者と糖尿病患者の比較―

    今村祐哉, 田地川勉, 大場謙吉

    第21回バイオエンジニアリング講演会  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 生体内組織形性術によるValsalva洞付き心臓弁様組織体(Biovalve)の開発 結合組織のみからなるvalved conduitの作製とビーグル犬への同種肺動脈弁移植実験

    山南将志, 矢羽田侑希, 上地正実, 神田圭一, 渡辺太治, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第62回日本胸部外科学会  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • ESTIMATION OF THE CAPABILITY OF SHAPE RECOVERY OF EACH ERYTHROCYTE BY USING A MICRO-CHANNEL TECHNIQUE

    Kenkichi Ohba, Tsutomu Tajikawa, Shinpei Kohri, Atsushi Sakurai, Chihiro Sakakibara, Takaya Ohna, Kiyoshi Bando, Yuya Imamura, Yoichi Nishigohri

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES  2009年  SPRINGER TOKYO

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による肺動脈弁様組織体(Biovalve)の開発とビーグル犬の肺動脈弁置換

    上地正実, 藤原めぐみ, 山南将志, 矢羽田侑希, 神田圭一, 渡辺太治, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2009年  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 呼吸時の鼻腔・咽頭内の往復気流に関する生体外模擬実験―水力平均直径に基づくモデル―

    西内秀太郎, 仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • J0203-2-1 大動脈基部の血流・血圧動態が大動脈弁硬化症発症に及ぼす影響(医療診断のためのマルチスケール血流動態計測と解析(2))

    藤 元彰, 古本 晴久, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2009年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • J0102-1-5 ヒト声帯弾性膜モデルを用いた発声のメカニズムに関する模擬実験(次世代生命体統合シミュレーション(1))

    藤野 裕太郎, 田中 誠, 郡 慎平, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2009年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • J0203-3-3 マイクロチャンネルを用いたヒト赤血球の形状回復に関する時定数の測定(医療診断のためのマルチスケール血流動態計測と解析(3))

    今村 祐哉, 田地川 勉, 大場 謙吉, 田窪 孝行

    年次大会講演論文集  2009年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鋳型の工夫によるバイオバルブの完全自家組織化

    山南 将志, 矢羽田 侑希, 神田 圭一, 田地川 勉, 大場 謙吉, 渡辺 太治, 夜久 均, 中山 泰秀

    人工臓器  2008年11月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自家組織心臓代用弁(バイオバルブ)の生体外実験による流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 植田初江, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2008年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鋳型の工夫によるバイオバルブの完全自家組織化

    山南将志, 矢羽田侑希, 神田圭一, 田地川勉, 大場謙吉, 渡辺太治, 夜久均, 中山泰秀

    人工臓器(日本人工臓器学会)  2008年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験 -肥厚した気道に関する生体外実験-

    上田慎太, 山野井祐太, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    生体医工学シンポジウム2008  2008年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 鼻腔・咽頭モデル内往復気流に関する生体外模擬実験

    仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    生体医工学シンポジウム2008  2008年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    郡慎平, 阿部裕一, 松崎尚洋, 田地川勉, 大場謙吉

    生体医工学シンポジウム2008  2008年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • 鼻腔・咽頭モデル内往復気流に関する生体外膜擬実験

    仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会年次大会講演論文集  2008年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鼻腔・咽頭モデル内往復気流に関する生体外模擬実験

    仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会2008年度年次大会  2008年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 局所血流速測定用光ファイバーLVセンサーによる模擬拍動血流の測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2008年度年次大会  2008年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球形状回復能の計測と評価

    田地川勉, 大場謙吉, 大野貴也, 今村裕哉

    日本機械学会2008年度年次大会  2008年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • STRUCTURAL IMPROVEMENT IN AUTOLOGOUS TISSUE HEART VALVES (BIOVALVES) CONSTRUCTED BY SIMPLE IN VIVO TISSUE ENGINEERING

    K. Kanda, M. Onoyama, Y. Yahata, H. Ishida, T. Tajikawa, K. Ohba, T. Oie, Y. Okamoto, Y. Nemoto, H. Ueda, K. Hayashida, T. Watanabe, M. Yamanami, H. Yaku, Y. Nakayama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS  2008年7月  WICHTIG EDITORE

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 605 マイクロチャンネル内壁への血管内皮細胞の播種(GS-2・11 成長・成育と動作解析)

    水野 真吾, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2008年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル内壁への血管内皮細胞の播種

    水野真吾, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第78期定時総会講演会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 611 柔軟な冠状動脈実形状モデルの作製と生体外模擬実験 : 狭窄がある場合の血流動態と血管壁の挙動(GS-2 生体内の流れ)

    藤田 大道, 塩谷 将史, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2008年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 柔軟な冠状動脈実形状モデルの作製と生体外模擬実験-狭窄がある場合の血流動態と血管壁の挙動-

    藤田大道, 塩谷将史, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • コラプシブルチューブを水頭症用シャントバルブシステムに応用する試み

    安井宏樹, 桜井篤, 大場謙吉, 梶本宜永

    日本機械学会関西支部第79期定時総会講演会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 呼吸時の鼻腔・咽頭内の往復気流に関する生体外モデル実験

    仲川晃造, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術を応用した自家組織生体心臓弁の開発

    神田圭一, 林田恭子, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第7回日本再生医療学会総会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の弁機能の機能評価

    小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 夜久均, 中山泰秀

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第20回バイオエンジニアリング講演会  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による拍動血流中の栓子と気泡の識別法の開発

    松崎尚洋, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第20回バイオエンジニアリング講演会  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の評価

    大野貴也, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第20回バイオエンジニアリング講演会  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性の評価

    長谷川裕一, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第20回バイオエンジニアリング講演会  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 227 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性の評価(OS9-4:マイクロ・ナノバイオメカニクス(4),OS9:マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    長谷川 裕一, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2008年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 109 能動的超音波ドップラー法による拍動血流中の栓子と気泡の識別方法の開発(OS1-2:循環器系・血流の計測とメカニクス(2),OS1:循環器系・血流の計測とメカニクス)

    松崎 尚洋, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2008年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 104 マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の評価(OS1-1:循環器系・血流の計測とメカニクス(1),OS1:循環器系・血流の計測とメカニクス)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2008年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 毛細血管における周辺細胞と血液の間の物質交換に関する生体外模擬実験

    田地川勉, 大場謙吉, 佐藤典都

    第12回関西大学先端科学シンポジウム  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子のやわらかさの評価-原子間力顕微鏡による局所ヤング率測定と球形粒子変形法によるヤング率測定-

    桜井篤, 大場謙吉, 板東潔, 田地川勉, 長谷川裕一

    第12回関西大学先端科学シンポジウム  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 自家組織心臓代用弁(バイオバルブ)の生体外実験による流体力学的機能の評価

    矢羽田侑希, 田地川勉, 大場謙吉, 山南将志, 神田圭一, 夜久均, 大家智憲, 根本泰, 植田初江, 中山泰秀

    第46回日本人工臓器学会大会  2008年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 130 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の弁機能の評価(OS1-4:循環器系・血流の計測とメカニクス(4),OS1:循環器系・血流の計測とメカニクス)

    小埜山 昌輝, 田地川 勉, 大場 謙吉, 林田 恭子, 神田 圭一, 大家 智憲, 岡本 吉弘, 根本 泰, 植田 初江, 夜久 均, 中山 泰秀

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2008年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 702 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサーによる模擬拍動血流の測定(J06-1 医療診断のためのマルチスケール血流動態計測と解析(1),ジョイントセッション,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境)

    郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2008年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 613 呼吸時の鼻腔・咽頭内の往復気流に関する生体外モデル実験(GS-2 生体内の流れ)

    仲川 晃造, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉, 上杉 康夫

    関西支部講演会講演論文集  2008年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 707 マイクロチャンネルを用いた赤血球形状回復能の計測と評価(J06-2 医療診断のためのマルチスケール血流動態計測と解析(2),ジョイントセッション,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 大野 貴也, 今村 祐哉

    年次大会講演論文集  2008年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Numerical Simulation of Respiratory Airflow in Realistic Nasal Cavity Model

    K. Bando, N. Takeuchi, T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Uesugi

    APBIOMECH2007  2007年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • NUMERICAL SIMULATION OF RESPIRATORY AIRFLOW IN REALISTIC NASAL CAVITY MODEL(3C1 Cardiopulmonary & Respiratory Mechanics)

    Bando Kiyoshi, Takeuchi Naoya, Tajikawa Tsutomu, Ohba Kenkichi, Uesugi Yasuo

    Proceedings of the ... Asian Pacific Conference on Biomechanics : emerging science and technology in biomechanics  2007年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • In vitro study on evaluation of hydro-dynamical characteristics of “Biovalve"

    T. Tajikawa, M. Onoyama, K. Ohba, K. Hayashida, K. Kanda, T. Oie, Y. Okamoto, Y. Nemoto, H. Ishibashi-Ueda, H. Yaku, Y. Nakayama

    JSAO and IFAO 2007 Joint Congress  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Model blood consisting of a dense suspension of aliginic acid calcium gel particles as model erythrocytes

    K. Ohba, T. Tajikawa, A. Sakurai, K. Bando

    JSAO and IFAO 2007 Joint Congress  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    開催地:大阪  

    researchmap

  • マイクロチャンネルをもちいた赤血球の動的変形挙動の観察と変形能の評価

    田地川勉

    日本生体医工学会専門別研究会バイオメカニクス研究会第119回研究会  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    開催地:豊中  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた毛細血管モデルの試作と模擬実験

    佐藤典都, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会第18回バイオフロンティア講演会  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • A213 フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた毛細血管モデルの試作と模擬実験(A2-3 血流・人工心臓1)

    佐藤 典都, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2007年10月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3 次元微細加工装置を用いた毛細血管モデルの作製と模擬実験 -物質交換モデルの試作-

    佐藤典都, 中尾哲士, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 模擬血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性の評価

    長谷川裕一, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の機能評価

    小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 夜久均, 中山泰秀

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験と解析

    大野貴也, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別方法の開発-模擬中大脳動脈の拍動血流における測定-

    松崎尚洋, 郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDV センサーの開発 -模擬血管内拍動血流の管断面内流速分布の測定-

    郡慎平, 大場謙吉, 田地川勉

    生体医工学シンポジウム2007  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 大動脈弁の形状の違いが弁葉と大動脈基部の変形におよぼす影響-FEM静的構造解析による評価-

    田地川勉, 大場謙吉, 上村匡敬

    生体医工学シンポジウム2007  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • IN VITRO HYDRODYNAMIC FUNCTIONS OF "BIOVALVES" - MECHANICAL COMPATIBILTY BEFORE IMPLANTATION

    K. Kanda, K. Hayashida, M. Onoyama, T. Tajikawa, K. Ohba, T. Ooie, Y. Okamoto, Y. Nemoto, H. Ueda, H. Yaku, Y. Nakayama

    ESAO 2007  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:クレムス,オーストリア  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の動的変形能の評価(圧縮ひずみ付加後の形状回復過程と粘弾性モデルによる評価)

    大野貴也, 大場謙吉, 田地川勉

    生体医工学シンポジウム2007  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:札幌  

    researchmap

  • サブマイクロサイズの高分子ゲル微粒子の作製における高分子溶液と架橋剤溶液の物性の影響

    田中誠, 鶴田達也, 神原佑輔, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • アルギンゲル微粒子を用いた薬物担体の創製

    北野雄哉, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネル内壁に血管内皮細胞を播種する試み

    水野真吾, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験-呼吸器系における気道の座屈に関する生体外実験

    山野井祐太, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会2007度年次大会講演  2007年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球変形挙動に関する生体外実験(ケルビンモデルによる赤血球変形能の定量評価)

    田地川勉, 大場謙吉, 大野貴也

    可視化情報シンポジウム2007  2007年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    開催地:東京  

    researchmap

  • In Vitro Performance Of Autologous Prosthetic Valved Conduits Fabricated By In Vivo Tissue engineering, The society for heart valve disease

    K. Hayashida, K. Kanda, T. Oie, M. Onoynama, T. Tajikawa, K. Ohba, H. Yaku, Y. Nakayama

    Fourth Biennial meeting  2007年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    開催地:ニューヨーク,アメリカ  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術によるハイブリッド型心臓弁(バイオバルブ)の開発と弁機能評価

    林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第7回 循環器再生医療研究会  2007年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    開催地:東京  

    researchmap

  • Development and application of an ultra-miniaturized blood collecting/testing system by MEMS

    Nakahara, Sumio, Aoyagi, Seiji, Tagawa, Norio, Arai, Yasuhiko, Bando, Kiyoshi, Tamura, Susumu, Tajikawa, Tsutomu

    2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/12447

  • 708 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の流体力学的機能の評価(GS-2 生体の流体力学)

    小埜山 昌輝, 田地川 勉, 大場 謙吉, 林田 恭子, 神田 圭一, 大家 智憲, 岡本 吉弘, 根本 泰, 植田 初江, 中山 泰秀

    関西支部講演会講演論文集  2007年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 705 マイクロチャンネル内壁に血管内皮細胞を選択的に播種する試み(GS-2・6 生体の計測技術)

    水野 真吾, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2007年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 715 EHD噴霧法による高分子ゲル微粒子の作製 : 溶液温度がゲルの形状に及ぼす影響(GS-2 医工連携)

    鶴田 達也, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2007年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 717 アルギン酸ゲル微粒子を用いたリポソーム内包型マイクロカプセルの創製(GS-2 医工連携)

    北野 雄哉, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2007年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • EHD噴霧法による高分子ゲル微粒子の作製-溶液温度がゲルの形状に及ぼす影響-

    鶴田達也, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:大東  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による心臓弁様組織体~valved conduitの開発と機能評価~

    林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第6回日本再生医療学会総会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • マイクロチャンネル内壁に血管内皮細胞を選択的に播種する試み

    水野真吾, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:大東  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術による心臓弁(バイオバルブ)の開発と展望

    林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第37回日本心臓血管外科学会学術総会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 水頭症時の頭蓋内圧が脳表の静脈血流に与える影響に関する生体外模擬実験

    安井宏樹, 桜井篤, 大場謙吉, 梶本宜永

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:大東  

    researchmap

  • 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の流体力学的機能の評価

    小埜山昌輝, 田地川勉, 大場謙吉, 林田恭子, 神田圭一, 中山泰秀

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:大東  

    researchmap

  • アルギン酸ゲル微粒子を用いたリポソーム内包型マイクロカプセルの創製

    北野雄哉, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会  2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    開催地:大東  

    researchmap

  • MDCTを用いた鼻腔幾何学量の測定と気流シミュレーションに関する検討

    上杉康夫, 楢林勇, 新保大樹, 立神史稔, 谷掛雅人, 高橋正嗣, 辰巳智章, 松木充, 猪俣泰典, 大場謙吉, 田地川勉

    第12回三次元CT・MRI研究会  2007年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 233 マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球変形挙動に関する実験 : 保存期間と変形能の関係(OS2-6:循環系のバイオメカニクス,オーガナイズドセッション12:楽しめるバイオエンジニアリング)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2007年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 418 鼻腔、咽頭モデル内往復流に関する生体外模擬実験(OS3-1:肺・気道のメカニクス,オーガナイズドセッション3:肺・気道のメカニクス)

    泉 康文, 田地川 勉, 大場 謙吉, 上杉 康夫

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2007年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 419 喘息の模擬実験 : 二重壁を持つ気道モデルの座屈に関する生体外実験2(OS3-1:肺・気道のメカニクス,オーガナイズドセッション3:肺・気道のメカニクス)

    山野井 祐太, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2007年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 324 フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した模擬毛細血管内の血流動態に関する実験(OS2-5:循環系のバイオメカニクス,オーガナイズドセッション2:循環系のバイオメカニクス)

    中尾 哲士, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2007年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 203 電気流体力学的(EHD)噴霧法を用いたサブマイクロサイズの高分子ゲル微粒子の創製(OS11-1:マイクロ・ナノバイオメカニクス,オーガナイズドセッション11:マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    神原 佑輔, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2007年1月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球変形挙動に関する実験~保存期間と変形能の関係~

    大野貴也, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験(二重壁を持つ気道モデルの座屈に関する生体外実験 2)

    山野井祐太, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • EHD噴霧法によるアルギン酸ゲル微粒子の作製―医療応用を目的とした微小ゲル微粒子の作製―

    大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉, 神原佑輔, 鶴田達也D

    第11回関西大学先端科学シンポジウム  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 鼻腔,咽頭モデル内往復流に関する生体外模擬実験

    泉康文, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 計算機シミュレーションによる鼻腔・咽頭の実形状モデル内の呼吸に伴う往復気流の解析

    竹内尚哉, 板東潔, 大場謙吉, 田地川勉, 上杉康夫, 芝山了恵

    第11回関西大学先端科学シンポジウム  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術によるハイブリッド型心臓弁(バイオバルブ)の開発と弁機能評価

    林田恭子, 神田圭一, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 小埜山輝昌, 田地川勉, 大場謙吉, 夜久均, 中山泰秀

    第11回関西大学先端科学シンポジウム  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • EHD噴霧法を用いたサブマイクロサイズ高分子ゲル微粒子の創製

    神原佑輔, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した模擬毛細血管内の血流動態に関する実験

    中尾哲士, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 大動脈弁の形状の違いが弁葉と大動脈基部の変形におよぼす影響--FEM静的構造解析による評価 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 上村 匡敬

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の弁機能の機能評価 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    小埜山 昌輝, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネル内壁に血管内皮細胞を播種する試み (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    水野 真吾, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサーの開発--模擬血管内拍動血流の管断面内流速分布の測定 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    郡 慎平, 大場 謙吉, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 能動的超音波ドップラー法による拍動血流中の栓子と気泡の識別法の開発 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    松崎 尚洋, 郡 慎平, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の動的変形能の評価--圧縮ひずみ付加後の形状回復過程と粘弾性モデルによる評価 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験--呼吸器系における気道の座屈に関する生体外実験 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    山野井 祐太, 田地川 勉, 桜井 篤

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置による生体外実験用毛細血管モデル作製法の検討

    田地川 勉, 山内 洋平, 中尾 哲士 [他]

    関西大学先端科学技術推進機構研究報告  2007年  関西大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた毛細血管モデルの作製と模擬実験--物質交換モデルの試作 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    佐藤 典都, 中尾 哲士, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の形状回復能の評価 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2007年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1030 アルギン酸ゲル微粒子を用いた薬物担体の創製(G02-4 バイオエンジニアリング(4),G02 バイオエンジニアリング)

    北野 雄哉, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1105 マイクロチャンネル内壁に血管内皮細胞を播種する試み(S02-1 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング(1),S02 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング)

    水野 真吾, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1120 マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験と解析(J05-1 血液循環系のバイオエンジニアリング:医療技術への展開(1),J05 血液循環系のバイオエンジニアリング:医療技術への展開)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球変形挙動に関する生体外実験--ケルビンモデルによる赤血球変形能の定量評価—In vitro experiments on behavior and deformation of erythrocytes using micro-channel: quantitative evaluations of erythrocytes deformability by Kelvin model—第35回可視化情報シンポジウム講演論文集 ; オーガナイズドセッション 医療/生体情報の可視化 1

    田地川 勉, 大場 謙吉, 大野 貴也

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan  2007年  東京 : 可視化情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/8891506

  • 1113 生体外実験による自家移植用心臓代用弁の機能評価(S02-3 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング(3),S02 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング)

    小埜山 昌輝, 田地川 勉, 大場 謙吉, 林田 恭子, 神田 圭一, 大家 智憲, 岡本 吉弘, 根本 泰, 植田 初江, 夜久 均, 中山 泰秀

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1034 サブマイクロの高分子ゲル微粒子の作製における高分子溶液と架橋剤溶液の物性の影響(G02-4 バイオエンジニアリング(4),G02 バイオエンジニアリング)

    田中 誠, 神原 佑輔, 鶴田 達也, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1103 喘息の模擬実験 : 呼吸器系における気道の座屈に関する生体外実験(S02-1 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング(1),S02 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング)

    山野井 祐太, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1116 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性の評価(S02-4 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング(4),S02 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング)

    長谷川 裕一, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1106 フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた毛細血管モデルの作製と模擬実験 : 物質交換モデルの試作(S02-2 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング(2),S02 循環器系・呼吸器系の生体機能モデリング)

    佐藤 典都, 中尾 哲士, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1119 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別方法の開発 : 模擬中大脳動脈内の拍動血流における測定(J05-1 血液循環系のバイオエンジニアリング:医療技術への展開(1),J05 血液循環系のバイオエンジニアリング:医療技術への展開)

    松崎 尚洋, 郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2007年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B111 フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた模擬毛細血管の作製と生体外模擬実験(B1-2 血流・微小循環)

    中尾 哲士, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2006年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた模擬毛細血管の作製と生体外模擬実験

    中尾哲士, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会  2006年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    開催地:上田  

    researchmap

  • Autologous prosthetic heart valved-conduits developed by in vivo tissue-engineering

    K. Hayashida, T. Oie, Y. Okamoto, H. Ueda, T. Tajikawa, K. Ohba, O. Sakai, T. Watanabe, K. Kanda, H. Yaku, Y. Nakayama

    American Heart Association’s Scientific Sessions 2006  2006年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    開催地:シカゴ,アメリカ  

    researchmap

  • Autologous prosthetic heart valved-conduits developed by in vivo tissue-engineering

    Kyoko Hayashida, Tomonori Qie, K. K. Shinkan-kogyo, Yosihiro Okamoto, Hatsue Ueda, Tsutomu Tajikawa, Kenkichi Ohba, Osamu Sakai, Taiji Watanabe, Keilchi Kanda, Yasuhide Nakayama

    CIRCULATION  2006年10月  LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 生体内組織形成技術によるハイブリッド型心臓弁(バイオバルブ)の開発と展望

    林田恭子, 大家智憲, 岡本吉弘, 根本泰, 植田初江, 田地川勉, 大場謙吉, 神田圭一, 夜久均, 中山泰秀

    第44回日本人工臓器学会大会  2006年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる鼻腔、咽頭の実形状モデル内の気流動態の解明

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    第84期 日本機械学会流体工学部門講演会  2006年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    開催地:埼玉  

    researchmap

  • 光造形装置を用いたヒト冠状動脈実形状モデルの作製と生体外模擬実験

    藤田大道, 藤本将志, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 超音波を用いた拍動血流中の栓子と気泡の識別方法の開発

    松崎尚洋, 田地川勉, 大場謙吉, 山本勝規

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 鼻腔及び咽頭内での呼吸時における気流の数値解析

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    可視化情報学会全国講演会(2006)  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 実形状を模擬した鼻腔及び咽頭内での呼吸時における気流の数値解析

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験 (二重壁を持つ気道モデルの座屈に関する生体外実験)

    山野井祐太, 小宮良介, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響-実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価-

    田地川勉, 大場謙吉, 飯田慎一(コニカ・ミノルタセンシング), 吉田正隆, 月山芙蓉

    可視化情報学会全国講演会(2006)  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 微小流路中の赤血球の変形挙動に関する実験-変形能が形状回復過程に及ぼす影響-

    大野貴也, 榊原千礼, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサー (LDとHe-Neレーザーの比較)

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 大動脈基部に関する生体外実験 -上行大動脈の形状が血流と弁機能に及ぼす影響-

    福山智之, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    開催地:熊本  

    researchmap

  • Development of fine alginate gel particles as model/artificial blood cells and measurement of its elastic characteristics

    K. Ohba, A. Sakurai, T. Tajikawa, K. Bando, K. Maeda, N. Yamakawa

    5th World Congress of Biomechanics  2006年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    開催地:ミュンヘン,ドイツ  

    researchmap

  • New method for discriminating emboli from micro-bubbles in blood flow using ultrasound Doppler velocimetry

    K. Ohba, Y. Abe, K. Yamamoto, T Tajikawa

    5th World Congress of Biomechanics  2006年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    開催地:ミュンヘン,ドイツ  

    researchmap

  • Local velocity measurement in pulsatile blood flow by a new type fiber-optic LDV sensor

    S. Kohri, T. Tajikawa, K.Ohba

    5th World Congress of Biomechanics  2006年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    開催地:ミュンヘン,ドイツ  

    researchmap

  • Observation of deformation of human red blood cell passing through a micro-channel array as a model of human blood capillary

    T. Tajikawa, K. Ohba, C. Sakakibara

    5th World Congress of Biomechanics  2006年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    開催地:ミュンヘン,ドイツ  

    researchmap

  • 鼻腔,咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本生体医工学会大会プログラム・論文集  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別方法の開発 -拍動流中の模擬栓子と気泡の識別-

    松崎尚洋, 山本勝規, 田地川勉, 大場謙吉

    第45回日本生体医工学会大会  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いた模擬毛細血管内の作製と生体外模擬実験

    中尾哲士, 田地川勉, 大場謙吉

    第45回日本生体医工学会大会  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーLDVセンサーによる局所血流速測定(LDとHe-Neレーザーの比較)

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第45回日本生体医工学会大会  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 鼻腔、咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    第45回日本生体医工学会大会  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 618 電気流体力学的噴霧(EHDA)法を用いた高分子ゲル微粒子の創製(GS-2 生体の流体力学)

    神原 佑輔, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    関西支部講演会講演論文集  2006年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 617 医療応用を目的とした高分子ゲル微粒子の作製 : 小粒子同士の接触によるゲル化反応過程の可視化(GS-2 生体の流体力学)

    鶴田 達也, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2006年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電気流体力学的噴霧(EHDA)法を用いた高分子ゲル微粒子の創製

    神原佑輔, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第81期定時総会講演会  2006年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    開催地:京田辺  

    researchmap

  • 医療応用を目的とした高分子ゲル微粒子の作製-小粒子同士の接触によるゲル化反応過程の可視化-

    鶴田達也, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第81期定時総会講演会  2006年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    開催地:京田辺  

    researchmap

  • 光造形装置を用いたヒト冠状動脈実形状モデルの作製と生体外実験

    藤本将志, 田地川勉, 大場謙吉

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 鼻腔,咽頭モデル内往復流に関する生体外模擬実験

    泉康文, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉, 上杉康夫

    第10回先端科学シンポジウム  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した模擬毛細血管内の流れに関する生体外模擬実験

    中尾哲士, 田地川勉, 大場謙吉

    第10回先端科学シンポジウム  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • EHD 噴霧法による模擬/人工血球用高分子ゲル微粒子の作製

    大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉, 山川宜之

    第10回先端科学シンポジウム  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 鼻腔,咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    第10回先端科学シンポジウム  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • フェムト秒レーザ3次元微細加工装置による実形状毛細血管網モデルの作製とモデル内流れの観察

    吉村浩平, 田地川勉, 大場謙吉

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験

    福山智之, 田地川勉, 大場謙吉, 吉田正隆, 月山芙蓉

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験

    榊原千礼, 田地川勉, 大場謙吉

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 局所拍動血流速測定用光ファイバーLVセンサーの開発

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第10回先端科学シンポジウム  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発-拍動流中の模擬栓子と気泡の識別-

    山本勝規, 田地川勉, 大場謙吉

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 639 喘息の模擬実験 : 二重壁を持つ気道モデルの座屈に関する生体外実験(G02-7 シミュレーション(2),G02 バイオエンジニアリング)

    山野井 祐太, 小宮 良介, 田地川 勉, 桜井 篤, 板東 潔, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    Bronchial asthma is a kind of chronic bronchitis. It causes an airway narrowing and so makes breathing difficult. It is important to clarify its mechanism. The characteristic of asthmatic airway is that its bucked cross-section consists of many folds in the airway lumen. It is considered to be caused by a rapid constriction of smooth muscle. We paid attention to a rapid change in the transmural pressure as a model of the constriction of smooth muscle. In this study, to clarify the mechanism of the buckling, we used two-layered collapsible tubes as a model of the airway and used a shock tube which gave a sudden decrease in the pressure inside the collapsible tube. The cross-sectional shape of the tube was visualized by a laser sheet method and its behavior during the buckling was photographed by using a high speed video camera. We examined the influence of wall structure and Young's modules of the tube on buckling behavior.

    researchmap

  • 630 光造形装置を用いたヒト冠状動脈実形状モデルの作製と模擬実験(G02-5 血流(2),G02 バイオエンジニアリング)

    藤田 大道, 大場 謙吉, 田地川 勉, 藤本 将志

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    Coronary artery having many curves and branches is the area of frequent occurrence for vascular lesions like arteriosclerosis and aneurism. A simulation experiment in vitro using an enlarged realistic model of coronary artery was performed. In the previous study, we manufactured a realistic model inside a transparent plastics block using a stereolithography. However, human blood vessels have elasticity. Therefore, in this study, we manufactured an elastic coronary artery model with a combination of the stereolithography and the lost-core process using a low-temperature fusion metal. As a result, we succeeded to manufacture an elastic model of coronary artery inside a silicone rubber block.

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる鼻腔,咽頭の実形状モデル内の気流動態の解明

    竹内尚哉, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集(CD-ROM)  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した模擬毛細血管内の血流動態に関する実験 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    中尾 哲士, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B112 バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響—実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価

    田地川 勉, 大場 謙吉, 飯田 慎一, 福山 智之, 吉田 正隆, 月山 芙蓉

    可視化情報学会誌  2006年  社団法人 可視化情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: https://ndlsearch.ndl.go.jp/books/R000000004-I8857670

  • マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球変形挙動に関する実験--保存期間と変形能の関係 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    大野 貴也, 田地川 勉, 大場 謙吉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波を用いた拍動血流中の栓子と気泡の識別方法の開発 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    松崎 尚洋, 郡 慎平, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響--実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 飯田 慎一

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験--二重壁を持つ気道モデルの座屈に関する生体外実験(2) (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    山野井 祐太, 田地川 勉, 桜井 篤

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電気流体力学的(EHD)噴霧法を用いたナノ・サブマイクロサイズの高分子ゲル微粒子の創製 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    神原 佑輔, 田地川 勉, 桜井 篤

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2006年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 625 局所血流速測定用光ファイバーLDVセンサー : LDとHe-Neレーザーの比較(G02-4 血流(1),G02 バイオエンジニアリング)

    郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験-変形及び回復過程の観測と解析II-

    田地川 勉, 大場 謙吉

    第18回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 No.05-66  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 640 実形状を模擬した鼻腔及び咽頭内での呼吸時における気流の数値解析(G02-7 シミュレーション(2),G02 バイオエンジニアリング)

    竹内 尚哉, 板東 潔, 田地川 勉, 大場 謙吉, 上杉 康夫

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 629 超音波を用いた拍動血流中の栓子と気泡の識別方法の開発(G02-4 血流(1),G02 バイオエンジニアリング)

    松崎 尚洋, 田地川 勉, 大場 謙吉, 山本 勝規

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 626 微小流路中の赤血球の変形挙動に関する実験 : 変形能が形状回復過程に及ぼす影響(G02-4 血流(1),G02 バイオエンジニアリング)

    大野 貴也, 榊原 千礼, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 228 フェムト秒レーザ3次元微細加工装置による実形状毛細血管網モデルの作製とモデル内流れの観察(GS-6:バイオレオロジー(2),一般セッション,学術講演)

    吉村 浩平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 433 光造形装置を用いたヒト冠状動脈実形状モデルの作製と生体外実験(OS4-8,オーガナイズドセッション4:生体のモデリング・シミュレーション・計測,学術講演)

    藤本 将志, 大場 謙吉, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 632 大動脈基部の血流に関する生体外実験 : 上行大動脈の形状が血流と弁機能に及ぼす影響(G02-5 血流(2),G02 バイオエンジニアリング)

    福山 智之, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 431 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験(III)(OS4-8,オーガナイズドセッション4:生体のモデリング・シミュレーション・計測,学術講演)

    福山 智之, 大場 謙吉, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 220 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発 : 拍動流中の模擬栓子と気泡の識別(GS-5:バイオレオロジー(1),一般セッション,学術講演)

    山本 勝規, 大場 謙吉, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2006年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鼻腔,咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション

    竹内尚哉, 田地川勉, 板東潔, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集  2005年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B219 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発 : 拍動流中の模擬栓子と気泡の識別(B2-4 生体流体工学3)

    山本 勝規, 大場 謙吉, 田地川 勉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2005年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B212 マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験 : 変形及び回復過程の観測と解析(B2-3 生体流体工学2)

    榊原 千礼, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2005年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B217 光造形装置を用いたヒト血管実形状モデルの作製と生体外実験(B2-4 生体流体工学3)

    藤本 将志, 大場 謙吉, 田地川 勉

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2005年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鼻腔および咽頭を模擬した流路内の往復流に関する生体外実験

    泉康文, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会第16回バイオフロンティア講演会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:草津  

    researchmap

  • マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験

    田地川勉, 榊原千礼, 大場謙吉

    第53回レオロジー討論会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:豊橋  

    researchmap

  • 鼻腔、咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション

    竹内尚哉, 田地川勉, 桜井篤, 板東潔, 大場謙吉, 上杉康夫

    日本機械学会第16回バイオフロンティア講演会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:草津  

    researchmap

  • 柔軟弾性体周りおよび柔軟弾性管内の流れの可視化計測

    大場謙吉, 田地川勉

    可視化情報学会第4回講習会テキスト「生体・医療における可視化計測技術」  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • 光造形装置を用いたヒト血管実形状モデルの作製と生体外実験

    藤本将志, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会第16回バイオフロンティア講演会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:草津  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発-拍動流中の模擬栓子と気泡の識別-

    山本勝規, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会第16回バイオフロンティア講演会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:草津  

    researchmap

  • 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験

    田地川勉, 大場謙吉, 飯田慎一, 福山智之, 吉田正隆, 月山芙蓉

    第43回日本人工臓器学会大会  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:東京  

    researchmap

  • In vitro study on human microcirculatory blood flow fabricated by femto-second laser micro/nano machining system

    T. Tajikawa, K. Ohba, Y. Yamauchi, T. Nakao

    2nd Asian Pacific Conference on Biomechanics  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:台北,台湾  

    researchmap

  • Development of miniaturized fiber-optic laser Doppler velocimetry sensor for measurement of local blood velocity

    K. Ohba, T. Tajikawa, S. Kohri

    2nd Asian Pacific Conference on Biomechanics  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:台北,台湾  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3 次元微細加工装置により作製した毛細血管モデル内の血流に関する研究

    田地川勉, 山内洋平, 中尾哲士, 大場謙吉

    生体医工学シンポジウム2005  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 光ファイバー型LDV血流速センサーによる拍動血流の局所流速測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    生体医工学シンポジウム2005  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • EHD 噴霧法による模擬/人工血球用高分子ゲル微粒子の作製

    山川宜之, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    生体医工学シンポジウム2005  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験

    田地川勉, 大場謙吉, 飯田慎一

    日本流体力学会年会2005  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:東京  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用い作製した毛細血管モデル内流れの可視化実験

    中尾哲士, 山内洋平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2005年度年次大会  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:調布  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験

    田地川勉, 大場謙吉, 榊原千礼

    日本機械学会2005年度年次大会  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:調布  

    researchmap

  • フェムト秒レーザ3次元微細加工装置による実形状毛細血管網モデルの作製

    吉村浩平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2005年度年次大会  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:調布  

    researchmap

  • 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーLDVセンサーによる拍動流の局所血流速測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会2005年度年次大会  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    開催地:調布  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した毛細血管モデル内流れに関する研究

    中尾哲士, 山内洋平, 田地川勉, 大場謙吉

    第28回日本バイオレオロジー学会年会 シンポジウム  2005年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の変形挙動の観察と変形能の評価

    田地川勉, 大場謙吉, 榊原千礼

    第28回日本バイオレオロジー学会年会 シンポジウム  2005年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    開催地:仙台  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用いて作製した毛細血管モデル内流れに関する研究

    中尾 哲士, 山内 洋平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2005年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロチャンネルを用いた赤血球の変形挙動の観察と変形能の評価

    田地川 勉, 大場 謙吉, 榊原 千礼

    日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2005年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • In vitro Experiments on Behavior and Deformability of Red Blood Cell Using Micro Channel Array

    T. Tajikawa, K. Ohba, K. Higuchi, C. Sakakibara

    6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering (APCMBE2005)  2005年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    開催地:筑波  

    researchmap

  • 1024 いびきの模擬実験 : 垂直流路内における軟口蓋モデルのフラッタリング特性(GS-2,5 流路要素,研究発表講演)

    笹嶋 崇, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    Since our interests in sleep disorder have been elevated due to recent railroad accidents resulted from SAS (Sleep Apnea Syndrome), clarification of mechanism of snoring that may lead to symptom of SAS is needed. Main purpose of our research is to comprehend oscillation property of soft palate that is associated with genesis of snore. In this paper we performed simulation experiments by use of rigid vertical channel, which have soft palate model made of silicon or polyurethane rubber plate built in. We measured flutter velocity and flutter frequency of soft palate model and investigated effects of Young's modulus, length of rubber plate and width of channel on flutter of soft palate model.

    researchmap

  • 1005 冠循環血流に及ぼす心筋収縮の影響に関する生体外模擬実験(GS-2,5 連成問題・界面,研究発表講演)

    森園 考次, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    We investigate the relationship between myocardial contraction and coronary blood flow using an enlarged artery model in vitro. In the coronary artery, intramyocardial blood flow is exclusively diastolic. Intramyocardial blood vessel on systole compressed and blood is back-flow. This back-flow is one of key factors for ischemia in the endocardium and affect ischemic heart disease. Therefore, firstly we regarded heart as thick-wall cylinder and calculated myocardial compressive stress distribution. As a result, compressive stress increased linearly from outer surface to inner surface. Secondly we simulated coronary artery using silicone tube and visualized the flow in tube. Consequently back-flow was clearly observed in tube.

    researchmap

  • 1008 大動脈弓モデル内の流れ解析(GS-2,5 管内二次流れ,研究発表講演)

    岡田 久伸, 板東 潔, 田地川 勉, 大場 謙吉, 桜井 篤

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    It has been believed that blood vessel diseases like atherosclerotic lesions and aneurysm preferentially develop in the branching and the curve of arteries and are strongly related to the complex blood flow pattern due to the unique complex geometry of blood vessel and unsteady flow. In present study, we focused on an aortic arch which is especially complex flow channel among the arteries, and the blood flow in it is strongly affected by heart cycle. Numerical analysis of intermittent flow in the aortic arch model was performed. Localized higher and lower wall shear stress distribution was found at wall having large curvature. Large reverse flow is generated on inner wall by decreasing flow rate. Relative higher wall shear stress distribution occurred at inner wall than at outer wall.

    researchmap

  • 1004 光造形装置を用いたヒト血管実形状モデルの作製と模擬実験(GS-2,5 連成問題・界面,研究発表講演)

    藤本 将志, 大場 謙吉, 板東 潔, 櫻井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    Aortic arch which combines curvature and branch is area of predilection for vascular lesions like arteriosclerosis and aneurism. It conducts in vitro studies because of corruption, alteration, and etc. of material in experiments using actual living body. In this study, we focused Stereolithography that is one of Rapid Prototyping. We manufactured the realistic aortic arch model using only Stereolithography. Also we manufactured it with a combination of Stereolithography and casting process using paraffin wax or low-temperature fusion metal. In consequence we could manufacture the aortic arch model but the model using only Stereolithography wasn't better suited for visualization because of asperity and turning color buff yellow. Low-temperature fusion metal was more applicable for manufacturing model than paraffin wax.

    researchmap

  • 1018 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーセンサーによる拍動流の流速測定(GS-2,5 管内流・非定常流,研究発表講演)

    郡 慎平, 大場 謙吉, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    Blood flow is influenced by blood pressure, geometric configurations of blood vessel, characteristics of blood itself and so on. Measurement of blood velocity may be useful in evaluating the properties of blood flow and find out vascular lesions. In order to measure the local blood velocity, an optical fiber LDV (Laser Doppler Velocimeter) sensor was developed. By chemical etching in HF-NH_4F buffer solution, a convex lens-like surface was formed on the fiber tip. Laser beam emitted from the fiber tip was focused about 200μm ahead of the tip, where the measuring point was formed. The chemical etched fiber was set against flow in the center of an acrylic tube and used as a sensor for pulsatile flow velocity measurement of white poster color suspension. As a result, the central velocity of pulsatile flow was successfully measured by this optical fiber LDV sensor.

    researchmap

  • 1009 肺気道における分岐管群内流れに関する模擬実験(GS-2,5 管内二次流れ,研究発表講演)

    大谷 泰直, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    The gas transport in respiration is performed in pulmonary airways that is air passage. Minute details relating to the characteristics of flow in pulmonary airways are less well understood due to its complex shapes. The purpose of this study is to understand mechanism of the gas transport by observing the behavior in oscillatory flow through a model human pulmonary airways. A model pulmonary airways with three generations of symmetrical bifurcations based on the Weibel model have been fabricated using 3D modeling machine. Velocities in airway models of 2D and 3D bifurcation were measured by laser-doppler velocimeter. In this study, working fluid was used 50% glycerin solution, and Reynolds number at the 0-th generations tube ranged from0 to 2200 and Womersley number was 2.83.

    researchmap

  • 1003 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発(GS-2,5 キャビテーション・気泡,研究発表講演)

    山本 勝規, 大場 謙吉, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    In an artificial valve substitution operation and the example of assisted artificial heart wearing, embolism is concurred with in high rate. Although minute air bubbles are generated with opening and closing of an artificial valve in such a patient's blood, it is difficult to discriminate air bubbles from emboli by the method of discriminating emboli using the present ultrasonic wave. By modeled emboli, the density of air bubbles and the difference in characteristic acoustic impedance, the difference in movement of both at the time of an ultrasonic wave hitting a particle arises. In this research, it tried to discriminate both from the difference in movement by measuring the move speed of the direction of an ultrasonic beam of the particle produced according to an ultrasonic wave using ultrasonic measurement equipment. The movement caused because the ultrasound was irradiated in pulsatile flow confirmed the difference in air bubbles and modeled emboli.

    researchmap

  • 1113 喘息の模擬実験 : 呼吸器系における気道の座屈に関する生体外実験(GS-2,5 計測,研究発表講演)

    小宮 良介, 大場 謙吉, 板東 潔, 桜井 篤, 田地川 勉

    関西支部講演会講演論文集  2005年3月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    Bronchial asthma is a kind of chronic bronchitis. It causes the airway narrowing happen and so makes breathing difficult. It is important to clarify its mechanism. The characteristic of asthmatic airway is that its buckling consists of some folds into the airway lumen. It is considered to be caused by rapid constriction of smooth muscle. We paid attention to a rapid change in the transmural pressure as a model of the constriction of smooth muscle. In this study, to clarify the mechanism for buckling, we used collapsible tubes as a model of the airway and made apparatus which gave a sudden decrease in the pressure inside the collapsible tube by using a shock tube. The shape of the cross-section on the tube was visualized by a laser sheet method and its behavior during the buckling was photographed by using a high speed video camera. Besides, to use the expanding model, we could derive similarity rule in our experiments.

    researchmap

  • 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーLDVセンサーによる拍動流の流速測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 大動脈弓モデル内の流れ解析

    岡田久伸, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉, 桜井篤

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 肺気道における分岐管群内流れに関する模擬実験

    大谷泰直, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 光造形装置を用いたヒト血管実形状モデルの作製と模擬実験

    藤本将志, 大場謙吉, 板東潔, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 喘息の模擬実験-呼吸器系における気道の座屈に関する生体外実験-

    小宮良介, 大場謙吉, 板東潔, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 冠循環血流に及ぼす心筋収縮の影響に関する生体外模擬実験

    森園孝次, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 鼾の模擬実験-垂直流路内における軟口蓋モデルのフラッタリング特性

    笹島崇, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発(模擬流路内の拍動流での測定)

    山本勝規, 大場謙吉, 田地川勉

    日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会  2005年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    開催地:京都  

    researchmap

  • DDSとして機能する磁性流体含有高分子ゲル微粒子の創製

    車野吉宗, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第17回バイオエンジニアリング講演会  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • フェムト秒レーザ極微細加工装置を用いて作製したヒト毛細血管モデル内血流に関する実験

    山内洋平, 田地川勉, 大場謙吉

    第9回先端科学シンポジウム  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 大動脈弓モデル内における拍動流の数値解析

    岡田久伸, 板東潔, 田地川勉, 大場謙吉

    第9回先端科学シンポジウム  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーセンサーをもちいた拍動流の流速測定

    郡慎平, 田地川勉, 大場謙吉

    第9回先端科学シンポジウム  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • マイクロチャンネルアレイをもちいた毛細血管中のヒト赤血球動的変形能の評価

    田地川勉, 榊原千礼, 大場謙吉

    第9回先端科学シンポジウム  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験(II)

    飯田慎一, 大場謙吉, 田地川勉, 吉田正隆, 月山芙蓉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第17回バイオエンジニアリング講演会  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性 -原子間力顕微鏡による計測-

    前田憲治, 大場謙吉, 桜井篤, 田地川勉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第17回バイオエンジニアリング講演会  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性 -原子間力顕微鏡を用いた測定-

    前田憲治, 田地川勉, 桜井篤, 大場謙吉

    第9回先端科学シンポジウム  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:吹田  

    researchmap

  • フェムト秒レーザ微細加工装置を用いて作製した毛細血管モデル内の血液流れに関する実験

    山内洋平, 田地川勉, 大場謙吉

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第17回バイオエンジニアリング講演会  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • バルサルバ洞の有無が大動脈弁周辺の血流動態と弁機能に及ぼす影響(実形状モデルを用いた生体外模擬実験による定量評価) (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 飯田 慎一

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2005年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of miniaturized fiber-optic laser Doppler velocimetry sensor for measurement of local blood velocity (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    大場 謙吉, 田地川 勉, 郡 慎平

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2005年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • AM05-17-009 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験(生物流体・生体流体2,一般講演)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 飯田 慎一, 福山 智之

    日本流体力学会年会講演論文集  2005年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    One of the known cures for ascending aortic aneurysm is vascular grafting surgery using composite graft. However, almost all conservative grafts don't have Valsalva sinus, and the influence of the existence of the Valsalva sinus has not been understand. In order to clarify the effect of the Valsalva sinuses existence at aortic root, some realistic models of aortic valve were manufactured in this study. The modeled aortic valves was machined by three-dimensional modeling machine, and this study has investigated the effect of the Valsalva sinus and leading angle of coronary artery on blood flow the flow field in the Valsalva sinus using particle image velocimetry (PIV) system. As the result, during systole, vortex flow occurs in the model with Valsalva sinus due to the jet from aortic leaflets.

    researchmap

  • 208 フェムト秒レーザ微細加工装置を用いて作製した毛細血管モデル内の血液流れに関する実験(OS1-05 : 生体マイクロ・ナノ構造メカニクス(1),マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    山内 洋平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1140 凸レンズ面状先端を持つ光ファイバーLDVセンサーによる拍動流の局所血流速測定(S11-4 計測と力学-生体への応用(4),S11 計測と力学-生体への応用)

    郡 慎平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1263 マイクロチャンネルアレイを用いた毛細血管中の赤血球の挙動と変形能に関する生体外実験(J03-3 細胞の構造と流れのメカニクス(3),J03 細胞の構造と流れのメカニクス)

    田地川 勉, 大場 謙吉, 榊原 千礼

    年次大会講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する模擬実験

    田地川勉, 飯田慎一, 大場謙吉, 福山智之, 吉田正隆, 月山芙蓉

    人工臓器  2005年  一般社団法人 日本人工臓器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2638 フェムト秒レーザ3次元微細加工装置による実形状毛細血管網モデルの作製(S75-2 先端材料とレーザー加工(2),S75 先端材料とレーザー加工)

    吉村 浩平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 209 模擬赤血球としての柔軟弾性ゲル微粒子の力学的特性 : 原子間力顕微鏡による計測(OS1-05 : 生体マイクロ・ナノ構造メカニクス(1),マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    前田 憲治, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉

    バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鼻腔、咽頭の実形状モデルにおける呼吸に伴う往復気流に関する数値シミュレーション (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    竹内 尚哉, 板東 潔, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2005年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 517 大動脈弁とバルサルバ洞内の血流に関する生体外模擬実験(II)(GS-08 : 生体内流れの解析(1))

    飯田 慎一, 大場 謙吉, 田地川 勉, 吉田 正隆, 月山 芙蓉

    バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B216 鼻腔および咽頭を模擬した流路内の往復流に関する生体外実験(B2-3 生体流体工学2)

    泉 康文, 田地川 勉, 桜井 篤, 大場 謙吉, 上杉 康夫

    バイオフロンティア講演会講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1264 フェムト秒レーザー3次元微細加工装置を用い作製した毛細血管モデル内流れの可視化実験(J03-3 細胞の構造と流れのメカニクス(3),J03 細胞の構造と流れのメカニクス)

    中尾 哲士, 山内 洋平, 田地川 勉, 大場 謙吉

    年次大会講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 203 DDSとして機能する磁性流体含有高分子ゲル微粒子の創製(OS1-04 : 生体マイクロ・ナノ新技術(1),マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    車野 由宗, 大場 謙吉, 桜井 篤, 田地川 勉

    バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集  2005年  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波を用いた血流中の栓子と気泡の識別法の開発--拍動流中の模擬栓子と気泡の識別 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    山本 勝規, 大場 謙吉, 田地川 勉

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2005年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フェムト秒レーザー3次元微細加工装置による生体外実験用毛細血管モデル作製法の検討 (ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト)

    田地川 勉, 山内 洋平, 中尾 哲士

    関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書  2005年  関西大学学術フロンティア・センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光造形装置を用いたヒト冠状動脈実形状モデルの作製と生体外実験 (ナノ・サブマイクロ技術を