2024/07/17 更新

写真a

セキ マサコ
関 眞佐子
SUGIHARA-SEKI,Masako
所属
システム理工学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
SEKI Masako
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1985年1月 )

研究分野

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

学歴

  • 京都大学   理学研究科   物理学第一

    - 1981年

      詳細を見る

  • 京都大学   理学部

    - 1979年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   理学研究科   物理学第一

    1981年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 国立循環器病センター研究所/研究員

    1981年6月 - 1995年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 理事  

    2021年 - 2022年   

      詳細を見る

  • 代表会員  

    2018年12月   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   選挙管理委員会委員  

    2018年   

      詳細を見る

  • 理事  

    2017年5月   

      詳細を見る

  • 日本バイオレオロジー学会   理事長  

    2015年5月 - 2017年4月   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   フェロー選考委員会委員  

    2014年 - 2015年   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   学術賞選考委員会委員  

    2014年 - 2015年   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   代議員  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

  • 理事  

    2010年5月 - 2015年4月   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   理事  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

  • 代議員  

    2007年4月 - 2009年3月   

      詳細を見る

  • 理事  

    2005年 - 2007年   

      詳細を見る

  • 日本機械学会   LAJ(Ladies Association of JSME)委員  

    2004年 - 2005年   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   評議員  

    2004年 - 2005年   

      詳細を見る

  • 理事  

    2002年 - 2010年   

      詳細を見る

  • 日本混相流学会   選挙管理委員長  

    2002年 - 2004年   

      詳細を見る

  • 日本混相流学会   評議員  

    2002年 - 2004年   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   編集委員  

    2001年 - 2004年   

      詳細を見る

  • 日本バイオレオロジー学会   監事  

    2001年 - 2002年   

      詳細を見る

  • 評議員  

    2001年 - 2002年   

      詳細を見る

  • 日本混相流学会   編集委員  

    1997年 - 1999年   

      詳細を見る

  • 評議員  

    1996年 - 1997年   

      詳細を見る

▼全件表示

論文

  • Margination of platelet-sized particles in red blood cell suspensions flowing through a Y-shaped confluence microchannel 査読

    NOGUCHI, Akira, TANGE, Yuki, ITANO, Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Fluid Dynamics Research   55, 035506   2023年6月

     詳細を見る

  • Inertial migration of red blood cells under a Newtonian fluid in a circular channel 査読

    Naoki Takeishi, Hiroshi Yamashita, Toshihiro Omori, Naoto Yokoyama, Shigeo Wada, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Fluid Mechanics   952, A3   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2022.936

    researchmap

  • Inertial migration of red blood cells under a Newtonian fluid in a circular channel 査読

    Naoki Takeishi, Hiroshi Yamashita, Toshihiro Omori, Naoto Yokoyama, Shigeo Wada, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Fluid Mechanics   952, A3   2022年12月

     詳細を見る

  • Rheological characterization and flow reconstruction of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by means of velocity profiling-based rheometry 査読

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    Experiments in Fluids   63, 135   2022年8月

     詳細を見る

  • Rheological characterization and flow reconstruction of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by means of velocity profiling-based rheometry 査読

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    Experiments in Fluids   63, 135   2022年8月

     詳細を見る

  • Rheological characterization and flow reconstruction of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by means of velocity profiling-based rheometry 査読

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    Experiments in Fluids   63, 135   2022年8月

     詳細を見る

  • Rheological characterization and flow reconstruction of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by means of velocity profiling-based rheometry 査読

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    Experiments in Fluids   63, 135   2022年8月

     詳細を見る

  • Rheological characterization and flow reconstruction of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by means of velocity profiling-based rheometry 査読

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    Experiments in Fluids   63, 135   2022年8月

     詳細を見る

  • Inertial Focusing of Red Blood Cells Suspended in Square Capillary Tube Flows 査読

    TANAKA,Saori, SUGIHARA-SEKI,Masako

    J. Phys. Soc. Jpn.   91, 083401   2022年7月

     詳細を見る

  • Inertial Focusing of Red Blood Cells Suspended in Square Capillary Tube Flows 査読

    TANAKA,Saori, SUGIHARA-SEKI,Masako

    J. Phys. Soc. Jpn.   91, 083401   2022年7月

     詳細を見る

  • Inertial Focusing of Red Blood Cells Suspended in Square Capillary Tube Flows 査読

    TANAKA,Saori, SUGIHARA-SEKI,Masako

    J. Phys. Soc. Jpn.   91, 083401   2022年7月

     詳細を見る

  • Inertial Focusing of Red Blood Cells Suspended in Square Capillary Tube Flows 査読

    TANAKA,Saori, SUGIHARA-SEKI,Masako

    J. Phys. Soc. Jpn.   91, 083401   2022年7月

     詳細を見る

  • Inertial Focusing of Red Blood Cells Suspended in Square Capillary Tube Flows 査読

    TANAKA,Saori, SUGIHARA-SEKI,Masako

    J. Phys. Soc. Jpn.   91, 083401   2022年7月

     詳細を見る

  • 微小正方形管内血漿流れに浮遊する赤血球の断面内分布

    田中沙織, 板野智昭, 関 眞佐子

    ながれ [注目研究 in 年会2021]   40,386-389   2021年12月

     詳細を見る

  • Pattern Transition on Inertial Focusing of Neutrally Buoyant Particles Suspended in Rectangular Duct Flows 査読

    Hiroshi Yamashita, Takeshi Akinaga, Masako Sugihara-Seki

    Micromachines   12 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The continuous separation and filtration of particles immersed in fluid flows are important interests in various applications. Although the inertial focusing of particles suspended in a duct flow is promising in microfluidics, predicting the focusing positions depending on the parameters, such as the shape of the duct cross-section and the Reynolds number (Re) has not been achieved owing to the diversity of the inertial-focusing phenomena. In this study, we aimed to elucidate the variation of the inertial focusing depending on Re in rectangular duct flows. We performed a numerical simulation of the lift force exerted on a spherical particle flowing in a rectangular duct and determined the lift-force map within the duct cross-section over a wide range of Re. We estimated the particle trajectories based on the lift map and Stokes drag, and identified the particle-focusing points appeared in the cross-section. For an aspect ratio of the duct cross-section of 2, we found that the blockage ratio changes transition structure of particle focusing. For blockage ratios smaller than 0.3, particles focus near the centres of the long sides of the cross-section at low Re and near the centres of both the long and short sides at relatively higher Re. This transition is expressed as a subcritical pitchfork bifurcation. For blockage ratio larger than 0.3, another focusing pattern appears between these two focusing regimes, where particles are focused on the centres of the long sides and at intermediate positions near the corners. Thus, there are three regimes; the transition between adjacent regimes at lower Re is found to be expressed as a saddle-node bifurcation and the other transition as a supercritical pitchfork bifurcation.

    DOI: 10.3390/mi12101242

    Scopus

    researchmap

  • Axial and Nonaxial Migration of Red Blood Cells in a Microtube 査読

    Naoki Takeishi, Hiroshi Yamashita, Toshihiro Omori, Naoto Yokoyama, Masako Sugihara-Seki

    Micromachines   12 ( 10 )   1162 - 1162   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Human red blood cells (RBCs) are subjected to high viscous shear stress, especially during microcirculation, resulting in stable deformed shapes such as parachute or slipper shape. Those unique deformed RBC shapes, accompanied with axial or nonaxial migration, cannot be fully described according to traditional knowledge about lateral movement of deformable spherical particles. Although several experimental and numerical studies have investigated RBC behavior in microchannels with similar diameters as RBCs, the detailed mechanical characteristics of RBC lateral movement—in particular, regarding the relationship between stable deformed shapes, equilibrium radial RBC position, and membrane load—has not yet been fully described. Thus, we numerically investigated the behavior of single RBCs with radii of 4 μm in a circular microchannel with diameters of 15 μm. Flow was assumed to be almost inertialess. The problem was characterized by the capillary number, which is the ratio between fluid viscous force and membrane elastic force. The power (or energy dissipation) associated with membrane deformations was introduced to quantify the state of membrane loads. Simulations were performed with different capillary numbers, viscosity ratios of the internal to external fluids of RBCs, and initial RBC centroid positions. Our numerical results demonstrated that axial or nonaxial migration of RBC depended on the stable deformed RBC shapes, and the equilibrium radial position of the RBC centroid correlated well with energy expenditure associated with membrane deformations.

    DOI: 10.3390/mi12101162

    researchmap

  • Variation of focusing patterns of laterally migrating particles in a square-tube flow due to non-Newtonian elastic force 査読

    Naoto Yokoyama, Hiroshi Yamashita, Kento Higashi, Yuta Miki, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    Physical Review Fluids   6 ( 7 )   L072301   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.6.L072301

    researchmap

  • Margination of platelet-sized particles in the red blood cell suspension flow through square microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi

    Micromachines   12,1175   2021年

     詳細を見る

  • Development of margination of platelet-sized particles in red blood cell suspensions flowing through Y-shaped bifurcating microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, ONOZAWA,Tenki, TAKINOUCHI,Nozomi, ITANO,Tomoaki, SEKI,Junji

    Biorheology   57,101-116   2021年

     詳細を見る

  • Development of margination of platelet-sized particles in red blood cell suspensions flowing through Y-shaped bifurcating microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, ONOZAWA,Tenki, TAKINOUCHI,Nozomi, ITANO,Tomoaki, SEKI,Junji

    Biorheology   57,101-116   2021年

     詳細を見る

  • Variation of focusing patterns of laterally migrating particles in a square-tube flow due to non-Newtonian elastic force 査読

    YOKOYAMA,Naoto, YAMASHITA,Hiroshi, HIGASHI,Kento, MIKI,Yuta, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Phys Rev Fluids   6, L072301   2021年

     詳細を見る

  • Axial and nonaxial migration of red blood cells in a Microtube 査読

    TAKEISHI,Naoki, YAMASHITA,Hiroshi, OMORI,Toshihiro, YOKOYAMA,Naoto, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12,1162   2021年

     詳細を見る

  • Variation of focusing patterns of laterally migrating particles in a square-tube flow due to non-Newtonian elastic force 査読

    YOKOYAMA,Naoto, YAMASHITA,Hiroshi, HIGASHI,Kento, MIKI,Yuta, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Phys Rev Fluids   6, L072301   2021年

     詳細を見る

  • Axial and nonaxial migration of red blood cells in a Microtube 査読

    TAKEISHI,Naoki, YAMASHITA,Hiroshi, OMORI,Toshihiro, YOKOYAMA,Naoto, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12,1162   2021年

     詳細を見る

  • Margination of platelet-sized particles in the red blood cell suspension flow through square microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi

    Micromachines   12,1175   2021年

     詳細を見る

  • Pattern transition on inertial focusing of neutrally buoyant particles suspended in rectangular duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, AKINAGA,Takeshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12, 1242   2021年

     詳細を見る

  • Margination of platelet-sized particles in the red blood cell suspension flow through square microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi

    Micromachines   12,1175   2021年

     詳細を見る

  • Pattern transition on inertial focusing of neutrally buoyant particles suspended in rectangular duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, AKINAGA,Takeshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12, 1242   2021年

     詳細を見る

  • Axial and nonaxial migration of red blood cells in a Microtube 査読

    TAKEISHI,Naoki, YAMASHITA,Hiroshi, OMORI,Toshihiro, YOKOYAMA,Naoto, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12,1162   2021年

     詳細を見る

  • Margination of platelet-sized particles in the red blood cell suspension flow through square microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi

    Micromachines   12,1175   2021年

     詳細を見る

  • Pattern transition on inertial focusing of neutrally buoyant particles suspended in rectangular duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, AKINAGA,Takeshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12, 1242   2021年

     詳細を見る

  • Pattern transition on inertial focusing of neutrally buoyant particles suspended in rectangular duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, AKINAGA,Takeshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12, 1242   2021年

     詳細を見る

  • Margination of platelet-sized particles in the red blood cell suspension flow through square microchannels 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi

    Micromachines   12,1175   2021年

     詳細を見る

  • Pattern transition on inertial focusing of neutrally buoyant particles suspended in rectangular duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, AKINAGA,Takeshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Micromachines   12, 1242   2021年

     詳細を見る

  • Development of margination of platelet-sized particles in red blood cell suspensions flowing through Y-shaped bifurcating microchannels 査読

    Sugihara-Seki, M., Onozawa, T., Takinouchi, N., Itano, T., Seki, J.

    Biorheology   57 ( 2-4 )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/BIR-201010

    Scopus

    researchmap

  • Bifurcation phenomena on the inertial focusing of a neutrally buoyant spherical particle suspended in square duct flows 査読

    YAMASHITA,Hiroshi, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Physical Review Fluids   4, 124307   2019年12月

  • Numerical study on the axisymmetric state in spherical Couette flow under unstable thermal stratification

    Taishi Inagaki, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    Acta Mechanica   230 ( 10 )   3499 - 3509   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer-Verlag Wien  

    This paper numerically investigates the shear flow between double concentric spherical boundaries rotating differentially, the so-called spherical Couette flow, under unstable thermal stratification, focusing on the boundary of the axisymmetric/nonaxisymmetric transition in wide-gap cases where the inner radius is comparable to the clearance width. While the transition of SCF has been confirmed experimentally in cases without thermal factor, insufficient knowledge on SCF subject to thermal instability, related to geophysical problems especially in the wide-gap cases, has been accumulated mainly based on numerical analysis
    our motivation is to bridge the knowledge gap by a parameter extension. We reconfirm that the transition under no thermal effect is initiated by a disturbance visualised as a spiral pattern with n arms extending from the equatorial zone to the pole in each hemisphere, at the critical Reynolds number, Recr, as previously reported. With increasing thermal factor, the buoyancy effect enables the system rotation to trigger a transition towards nonaxisymmetric states, resulting in a relative decrease in Recr. This is in contrast with the result that the system rotation apparently suppresses via Coriolis effect the transition to the thermally convective states at low Reynolds numbers. The present study elucidates that the existence of the axisymmetric state is restricted within a closed area in the extended parameter space, along the boundary of which the spiral patterns observed experimentally in SCF continuously connect to the classical spherical Bénard convective states.

    DOI: 10.1007/s00707-019-02487-8

    Scopus

    researchmap

  • Three regimes of inertial focusing for spherical particles suspended in circular tube flows 査読

    NAKAYAMA,Saki, YAMASHITA,Hiroshi, TABU,Takuya, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Journal of Fluid Mechanics   871, 952-969   2019年7月

     詳細を見る

  • Estimating timescale of unstirred layer formation in osmotically driven flow

    Tomoaki Itano, Keito Konno, Taishi Inagaki, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Physics Communications   3 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Physics Publishing  

    The osmotically driven flow across a semipermeable membrane under a constant static pressure difference is revisited with reference to previous reports on reverse osmosis. The osmosis due to the local solute concentration difference across the membrane induces solvent seeping flow, which advects solutes in a layer in contact with the membrane and reduces the osmosis itself as a result of nonlinear feedback. A few mathematical techniques for obtaining approximate solutions of the seeping flow and the layer thickness, such as that for inverse problems used in the field of heat transfer, are presented with an emphasis on nonlinear boundary conditions and the time-dependent solvent flow rate. We determined that the layer on the membrane forms rapidly and spontaneously through osmosis at a timescale of (formula presented) and that the layer thickness increases with no upper limit in an infinite time interval. Based on the obtained solution, we also discuss the thermodynamic output work in an irreversible process, which is extracted from the seeping flow as an osmotic engine.

    DOI: 10.1088/2399-6528/aafc09

    Scopus

    researchmap

  • Experimental and numerical study on the inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    Proceedings of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF 18)   108   2018年9月

     詳細を見る

  • Experimental and numerical study on the inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    Proceedings of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF 18)   108   2018年9月

     詳細を見る

  • Experimental and numerical study on the inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    Proceedings of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF 18)   108   2018年9月

     詳細を見る

  • Experimental and numerical study on the inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    Proceedings of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF 18)   108   2018年9月

     詳細を見る

  • Experimental and numerical study on the inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows 査読

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    Proceedings of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF 18)   108   2018年9月

     詳細を見る

  • 正方形ダクト内希薄サスペンション流れにおける球形粒子の慣性集中現象 査読

    山下 博士, 宗圓 龍星, 横山 直人, 板野 智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   73 ( 0 )   2297 - 2297   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_2297

    researchmap

  • Cross-sectional distributions of normal and abnormal red blood cells in capillary tubes determined by a new technique

    Takahiro Sasaki, Junji Seki, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    Biorheology   54 ( 5-6 )   153 - 165   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOS Press  

    Background: In the microcirculation, red blood cells (RBCs) were observed to be confined to an axial stream surrounded by a marginal RBC depleted layer. This axial accumulation of RBCs is considered to arise from the RBC deformability. Objective: To quantitatively evaluate the effect of RBC deformability on their axial accumulation at a flow condition comparable to that in arterioles by developing a new observation system for accurate measurements of radial RBC positions in the cross section of capillary tubes. Methods: The cross-sectional distributions of normal and hardened RBCs as well as softened RBCs suspended in capillary tube flows were measured with high spatial resolution. A new observation system was developed in which enface views of the cross-section of the tube were obtained at small distances upstream of the outlet at various longitudinal positions in the tube. Results: The radial positions of individual RBCs were detected within 1 μm accuracy. It was found that normal and softened RBCs rapidly migrated away from the wall towards the tube axis, whereas glutaraldehyde-hardened RBCs were dispersed widely over the tube cross-section, depending on the concentration of glutaraldehyde solution. Conclusions: The newly devised observation system revealed quantitatively the essential role of RBC deformability in their axial accumulation.

    DOI: 10.3233/BIR-18166

    Scopus

    researchmap

  • Inertial migration regimes of spherical particles suspended in square tube flows

    Hiroyuki Shichi, Hiroshi Yamashita, Junji Seki, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    PHYSICAL REVIEW FLUIDS   2 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    The inertial migration of neutrally buoyant spherical particles suspended in tube flows of square cross sections was investigated experimentally in the range of Reynolds numbers (Re) from 1 to 800 for particle-to-tube-size ratios from 0.075 to 0.175. Direct observations of the particle distribution in the cross section at various distances from the tube inlet revealed that at low Re, smaller than a certain critical value, particles were focused on four equilibrium positions, located at the center of channel faces, consistent with previous studies on microchannel flows, whereas at higher Re, larger than another critical value, four additional equilibrium positions were observed near the channel corners. At intermediate Re, between these two critical values, we observed new focusing positions of particles, located on a heteroclinic orbit joining the channel face and corner equilibrium positions. Comparing these results with corresponding numerical simulations, we examined the migration properties in detail and categorized their types. It was found that the critical Re values depended considerably on the particle-to-tube-size ratio.

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.2.044201

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical simulation for the motion of a spherical particle in laminar squre duct flows 査読

    YAMASHITA, Hiroshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    Science and Technology Reports of Kansai University   59, 39-46   2017年3月

     詳細を見る

  • Equilibrium radial positions of neutrally buoyant spherical particles over the circular cross-section in Poiseuille flow

    Yusuke Morita, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   813   750 - 767   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    An experimental study of the inertial migration of neutrally buoyant spherical particles suspended in the Poiseuille flow through circular tubes has been conducted at Reynolds numbers (Re) from 100 to 1100 for particle-to-tube diameter ratios of similar to 0.1. The distributions of particles in the tube cross-section were measured at various distances from the tube inlet and the radial probability function of particles was calculated. At relatively high Re, the radial probability function was found to have two peaks, corresponding to the so-called Segre Silberberg annulus and the inner annulus, the latter of which was first reported experimentally by Matas el al. (J. Fluid Mech. vol. 515, 2004, pp. 171-195) to represent accumulation of particles at smaller radial positions than the Segre Silberherg annulus. They assumed that the inner annulus would he an equilibrium position of particles, where the resultant lateral force on the particles disappears, similar to the Segre Silberberg annulus. The present experimental study showed that the fraction of particles observed on the Segre Silberberg annulus increased and the fraction on the inner annulus decreased further downstream, accompanying an outward shift of the inner annulus towards the Segre Silberherg annulus and a decrease in its width. These results suggested that if the tubes were long enough, the inner annulus would disappear such that all particles would be focused on the Segre Silberberg annulus for Re <1000. At the cross-section nearest to the tube inlet, particles were absent in the peripheral region close to the tube wall including the expected Segre Silberberg annulus position for Re > 700. In addition, the entry length after which radial migration has fully developed was found to increase with increasing Re, in contrast to the conventional estimate. These results may he related to the developing flow in the tube entrance region where the radial force profile would he different from that of the fully developed Poiseuille flow and there may not he an equilibrium position corresponding to the Segre Silberherg annulus.

    DOI: 10.1017/jfm.2016.881

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical simulation of the lateral migration of a neutrally buoyant particle in 2D Poiseuille flow 査読

    Atsushi Kase, Masako Sugihara-Seki

    Science and Technology Reports of Kansai University   58, 1-8 ( 58 )   1 - 8   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • 21aBU-6 矩形管内流れに中立浮遊する単一球形粒子の運動 査読

    山下 博士, 薮 拓也, 板野 智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   71 ( 0 )   3014 - 3014   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_3014

    researchmap

  • 円管ポアズイユ流中の単一球形粒子の運動

    薮 拓也, 中山 紗希, 板野 智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   71   2689 - 2689   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>円管ポアズイユ流中に中立浮遊する球形粒子は,慣性の影響により下流断面で特定の動径位置に集まる現象が知られている.我々の研究室では円管内流れに種々の粒子径をもつ球形粒子を浮遊させ,管断面内の粒子分布の計測を行い,Re数や粒子径によって粒子分布が異なる結果を報告している.本研究では,様々な位置から球形粒子を流した場合の運動や粒子に働く揚力を数値解析し、実験との比較を行った.</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_2689

    researchmap

  • Spiral Roll State in Heat Convection between Nonrotating Concentric Double Spherical Boundaries

    Tomoaki Itano, Takahiro Ninomiya, Keito Konno, Masako Sugihara-Seki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   84 ( 10 )   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    We studied the single-arm spiral roll state in the system of Boussinesq fluid confined between nonrotating double concentric spherical boundaries with an opposing temperature gradient previously reported by Zhang et al. [Phys. Rev. E 66, 055203(R) (2002)]. It was found that the state exists even in a gap thicker than that used in this previous study, as an autonomously rotating wave solution with a finite constant angular velocity in a nonrotating geometry. We further confirmed that individual spiral roll states bifurcate directly from the static state at a number of intersections of the marginal stability curves. The double convective timescales peculiar to the state may involve global mixing through the entire domain albeit at the onset of convection, where a passive tracer geometrically explores through the entire spherical domain for sufficient time beyond a cell that would be formed by the other highly-symmetric steady states bifurcating at the onset.

    DOI: 10.7566/JPSJ.84.103401

    Web of Science

    researchmap

  • 慣性による球形粒子のマイグレーション:実験によるアプローチ

    三浦和真, 原田翔弥, 板野智昭, 関眞佐子

    RIMS Kokyuroku   1940, 68-75   68 - 75   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 慣性による球形粒子のマイグレーション : 数値シミュレーションによるアプローチ

    中川尚人, 加瀬篤志, 大友涼子, 牧野真人, 板野智昭, 関眞佐子

    RIMS Kokyuroku   1940, 76-81   68 - 75   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • Cross-sectional distributions of platelet-sized particles in blood flow through microchannels

    Ryota Noso, Tomoya Kimura, Keisuke Sakamoto, Masako Sugihara-Seki, Junji Seki

    Nihon Reoroji Gakkaishi   43,99-104 ( 3-4 )   99 - 104   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Inertial migration of a spherical particle in laminar square channel flows from low to high Reynolds numbers 査読

    Naoto Nakagawa, Takuya Yabu, Ryoko Otomo, Atsushi Kase, Masato Makino, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Fluid Mechanics   779, 776-793   776 - 793   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2015.456

    Web of Science

    researchmap

  • 23pBL-11 浸透圧により駆動する流れと熱移動

    紺野 敬人, 板野 智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   70   3143 - 3143   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_3143

    CiNii Books

    researchmap

  • Fluid permeability of fibrous layers with finite thickness

    Ryoko Otomo, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Biorheology   29 ( 1 )   11 - 14   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Biorheology  

    The vascular endothelial surface glycocalyx layer consists of fibrous glycoproteins with a thickness of several hundred nanometers to a few microns. The present study focuses on the function of the glycocalyx layer as a modulator of permeability in water transport across the blood vessel wall. A particulate layer model is developed to analyze the fluid permeation through the glycocalyx layer, which has periodic fibrous structures and finite thickness. Theoretical and numerical computations of the permeation resistance across the layer are performed based on the Stokesian dynamics approach. The results show that the resistance near the ends of the layer is affected considerably by the anisotropy of adjacent particle configurations. We describe such an end effect on the permeability in relation to the layer thickness and particle spacing ratio. It is suggested that the variations in thickness or fiber spacing in the glycocalyx layer could significantly alter its fluid permeation properties.

    DOI: 10.17106/jbr.29.11

    Scopus

    researchmap

  • Inertial migration of neutrally buoyant spheres in a pressure-driven flow through square channels

    K. Miura, T. Itano, M. Sugihara-Seki

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   749   320 - 330   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    The inertial migration of neutrally buoyant spherical particles in square channel flows was investigated experimentally in the range of Reynolds numbers (Re) from 100 to 1200. The observation of particle positions at several cross-sections downstream from the channel entrance revealed unique patterns of particle distribution which reflects the presence of eight equilibrium positions in the cross-section, located at the centres of the channel faces and at the corners, except for low Re. At Re smaller than approximately 250, equilibrium positions at the corners are absent. The corner equilibrium positions were found to arise initially in the band formed along the channel face, followed by a progressive shift almost parallel to the side wall up to the diagonal line with increasing Re. Further increase in Re moves the corner equilibrium positions slightly toward the channel corner, whereas the equilibrium positions at the channel face centres are shifted toward the channel centre. As the observation sites become downstream, the particles were found to be more focused near the equilibrium positions keeping their positions almost unchanged. These lateral migration behaviours and focusing properties of particles in square channels are different to that observed in microchannels at lower Re and to what would be expected from extrapolating from the results for circular pipes at comparable Re.

    DOI: 10.1017/jfm.2014.232

    Web of Science

    researchmap

  • Segregation of large and small droplets suspended in Poiseuille flow 査読

    Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   62, 69-78   69 - 78   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.62.69

    Scopus

    researchmap

  • Simulation of binary dispersion system of droplets with size and surface tension difference under Couette flow 査読

    Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Biorheology   749, 320-330 ( 1 )   7 - 10   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17106/jbr.28.7

    Scopus

    researchmap

  • Venular Valves and Retrograde Perfusion

    Tomiyasu Koyama, Masako Sugihara-Seki, Tadahiro Sasajima, Sinsuke Kikuchi

    OXYGEN TRANSPORT TO TISSUE XXXVI   812   317 - 323   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Forced retrograde perfusion through the venous system with arterial blood can provide adequate oxygen to peripheral tissues at rest through veno-capillary networks which is the basis for surgical restoration of blood flow by distal vein arterialization (DVA). To be successful such surgery requires disruption of valve leaflets in the veins, which can be accomplished easily in the larger vessels. However, the smallest veins (venules) of less than 100 mu m in diameter, also possess valves, are distributed widely throughout all tissues and are too fine for any effective surgical interference. Thus venular valves cannot be disrupted or dissected with presently available technology. Nevertheless, clinical observations suggest that retrograde peripheral blood flow is rapidly established after DVA surgery. There is as yet no rational explanation for this phenomenon. In the present study, using Laplace's law, we attempt to elucidate the mechanical properties of venules and their valves. We speculate that the remarkably thin venular walls (and especially those of the smaller vessels which have the thinnest walls), are capable of considerable, rapid distension when subjected to increased hemostatic pressure. The increase in diameter of venules in response to the increased blood pressure renders their valve leaflets incompetent, so that the valves themselves cannot close the vessel lumen. In addition, the thin bicuspid leaflets may also be forced open retrogradely by the increased blood pressure.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-0620-8_42

    Web of Science

    researchmap

  • Transition of Planar Couette Flow at Infinite Reynolds Numbers 査読

    Tomoaki Itano, Takeshi Akinaga, Sotos C. Generalis, Masako Sugihara-Seki

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   111 ( 18 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    An outline of the state space of planar Couette flow at high Reynolds numbers (Re &lt; 10(5)) is investigated via a variety of efficient numerical techniques. It is verified from nonlinear analysis that the lower branch of the hairpin vortex state (HVS) asymptotically approaches the primary (laminar) state with increasing Re. It is also predicted that the lower branch of the HVS at high Re belongs to the stability boundary that initiates a transition to turbulence, and that one of the unstable manifolds of the lower branch of HVS lies on the boundary. These facts suggest HVS may provide a criterion to estimate a minimum perturbation arising transition to turbulent states at the infinite Re limit.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.111.184502

    Web of Science

    researchmap

  • ターボジャブの空力特性の計測 査読

    長尾将史, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    日本機械学会論文集(B編)   79, 1561-1570 ( 804 )   1561 - 1570   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.1561

    Scopus

    researchmap

  • Segregation by size difference in binary suspensions of fluid droplets in channel flow 査読

    Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    Biorheology   50, 149-163, DOI 10.3233/BIR-130638 ( 3-4 )   149 - 163   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/BIR-130638

    Web of Science

    researchmap

  • Lateral migration of large and small droplets suspended in channel flow 査読

    Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    Special issue of the ASME Journal of Nanotechnology in Engineering and Medicine, ICNMM   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1115/ICNMM2013-73126

    Scopus

    researchmap

  • Fluid mechanical and electrostatic study on the osmotic flow through cylindrical pores

    Takeshi Akinaga, Masako Sugihara-Seki

    Journal of Biorheology   26 ( 1-2 )   3 - 10   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    When two solutions differing in solute concentration are separated by a porous membrane, the osmotic pressure will generate a net volume flux of the suspending fluid across the membrane
    this is termed osmotic flow. We consider the osmotic flow across a membrane with circular cylindrical pores when the solute and the pore walls are electrically charged, and the suspending fluid is an electrolytic solution containing small cations and anions. Under the condition in which the radius of the pores and that of the solute molecules greatly exceed those of the solvent as well as the ions, a fluid mechanical and electrostatic theory is introduced to describe the osmotic flow in the presence of electric charge. The interaction energy, including the electrostatic interaction between the solute and the pore wall, plays a key role in determining the osmotic flow. We examine the electrostatic effect on the osmotic flow and discuss the difference in the interaction energy determined from the nonlinear Poisson-Boltzmann equation and from its linearized equation (the Debye-Hückel equation). © 2012 Japanese Society of Biorheology.

    DOI: 10.1007/s12573-012-0049-4

    Scopus

    researchmap

  • Charge effects on the hindered transport of macromolecules across the endothelial surface glycocalyx layer 査読

    Sugihara-Seki, M., Akinaga, T., O-tani, H.

    Biorheology   49, 301-316 ( 5-6 )   301 - 316   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/BIR-120620

    Web of Science

    researchmap

  • The charge effect on the hindrance factors for diffusion and convection of a solute in pores: II

    Takeshi Akinaga, Hideyuki O-Tani, Masako Sugihara-Seki

    FLUID DYNAMICS RESEARCH   44 ( 6 )   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The diffusion and convection of a solute suspended in a fluid across porous membranes are known to be reduced compared to those in a bulk solution, owing to the fluid mechanical interaction between the solute and the pore wall as well as steric restriction. If the solute and the pore wall are electrically charged, the electrostatic interaction between them could affect the hindrance to diffusion and convection. In this study, the transport of charged spherical solutes through charged circular cylindrical pores filled with an electrolyte solution containing small ions was studied numerically by using a fluid mechanical and electrostatic model. Based on a mean field theory, the electrostatic interaction energy between the solute and the pore wall was estimated from the Poisson-Boltzmann equation, and the charge effect on the solute transport was examined for the solute and pore wall of like charge. The results were compared with those obtained from the linearized form of the Poisson-Boltzmann equation, i.e. the Debye-Huckel equation.

    DOI: 10.1088/0169-5983/44/6/065504

    Web of Science

    researchmap

  • Charge effects on hindrance factors for diffusion and convection of solute in pores I

    Hideyuki O-tani, Takeshi Akinaga, Masako Sugihara-Seki

    FLUID DYNAMICS RESEARCH   43 ( 6 )   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The transport of a spherical solute through a long circular cylindrical pore filled with an electrolyte solution is studied numerically, in the presence of constant surface charge on the solute and the pore wall. Fluid dynamic analyses were carried out to calculate the flow field around the solute in the pore to evaluate the drag coefficients exerted on the solute. Electrical potentials around the solute in the electrolyte solution were computed based on a mean-field theory to provide the interaction energy between the charged solute and the pore wall. Combining the results of the fluid dynamic and electrostatic analyses, we estimated the rate of the diffusive and convective transport of the solute across the pore. Although the present estimates of the drag coefficients on the solute suggest more than 10% difference from existing studies, depending on the radius ratio of the solute relative to the pore and the radial position of the solute center in the pore, this difference leads to a minor effect on the hindrance factors. It was found that even at rather large ion concentrations, the repulsive electrostatic interaction between the charged solute and the pore wall of like charge could significantly reduce the transport rate of the solute.

    DOI: 10.1088/0169-5983/43/6/065505

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of electric charge on osmotic flow across periodically arranged circular cylinders 査読

    Sugihara-Seki, M., Akinaga, T., Itano, T.

    Journal of FLuid Mechanics   664, 174-192   174 - 192   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0022112010003708

    Web of Science

    researchmap

  • 円管内壁に接着している球形粒子周りの遅い流れ:二層流モデルによる数値解析 査読

    大谷英之, 関眞佐子

    ながれ   29, 363-371 ( 5 )   363 - 371   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本流体力学会  

    微小血管内では,血管壁近傍に赤血球がほとんど通らない領域が見られ,血漿層と呼ばれている.本研究では,細静脈壁に接着している白血球に血流が及ぼす剪断応力に対して,血漿層が与える影響をモデル解析によって調べた.血管を直円管,白血球を剛体球とし,血液の流れを血漿層と,赤血球が多数通過する中心層とからなる二層流と仮定して白血球周りの流れ場を数値的に解析した.その結果として,血漿層の効果によって白血球に作用する剪断応力は増加することが示された.\nThe blood flow past a leukocyte adhered to the microvessel wall is analyzed by a numerical simulation, taking the presence of a cell-free layer into account. The adherent leukocyte is modeled as a sphere attached to the wall of a circular cylindrical tube. The blood flow is modeled as a two-phase flow, consisting of a plasma flow in a cell-free layer adjacent to the vessel wall and the cell-rich flow in the central region of the vessel. It is assumed that each fluid in both regions is Newtonian with a uniform viscosity and that the viscosity of the cell-free layer is smaller than that of the central core. The interface between the two regions is assumed to be parallel to the streamlines. Numerical simulations by a finite element method have demonstrated that there are two different cases of the flow pattern around a sphere: one is a case where the whole sphere is embedded in the cell-free layer, and the other is a case where the sphere is covered by the central core. In both cases, the maximum magnitudes of the shear stress acting on the leukocyte are higher than those in the absence of the cell-free layer.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10112/7869

  • The motion of microbeads in shear flow through a conical tube 査読

    Akinaga, T., Sugihara-Seki, M., Itano, T., Yamamoto, J.

    Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics   10, 102-106.   2010年

     詳細を見る

  • Osmotic flow in porous membranes: Effects of electric charge 査読

    Akinaga, T., Sugihara-Seki, M., Itano, T.

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   58, 261-270   261 - 270   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • New equilibrium Couette states - the Hairpin Vortex Solution (HVS) 査読

    Sotos C. Generalis, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki, Takeshi Akinaga, John Fletcher

    TURBULENCE, HEAT AND MASS TRANSFER 6   171 - 174   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BEGELL HOUSE, INC  

    This document describes briefly the homotopy route via which the Hairpin Vortex Solutions (HVS) were recently discovered. The bifurcation sequence starts from the geometrical configuration that is applicable to lateral heating in a vertical channel of infinite extent. Such a system has been studied before and in this note we expose its connection to the turbulent ubiquitous structure of the HVS.

    Web of Science

    researchmap

  • Electrical charges affect osmotic flow through pores 査読

    T. Akinaga, M. Sugihara-Seki, T. Itano

    J. Phys. Soc. Jpn.   77, 54, 053401-1-053401-4 ( 5 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.053401

    Web of Science

    researchmap

  • Molecular dynamics study of solvent transport in nanoscale Osmosis 査読

    T. Itano, T. Akinaga, M. Sugihara-Seki

    J. Phys. Soc. Jpn.   77, 6, 064605-1-064605-7 ( 6 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.064605

    Web of Science

    researchmap

  • A numerical study of molecular motion in the osmotic equilibrium

    T. Itano, T. Akinaga, M. Sugihara-Seki

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   56, 357-363   357 - 363   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.56.357

    Scopus

    researchmap

  • Electrostatic analysis for osmotic flow through rectangular channels

    M.Sugihara-Seki, T. Akinaga, T. Itano, T. Matsuzawa

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   56, 365-372   365 - 372   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.56.365

    Scopus

    researchmap

  • The role of the endothelial surface glycocalyx in solute exchange across capillary walls

    M. Sugihara-Seki, T. Akinaga, T. Itano

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   56, 373-379   373 - 379   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.56.373

    Scopus

    researchmap

  • Flow across microvessel walls through the endothelial surface glycocalyx and the interendothelial cleft

    M. Sugihara-Seki, T. Akinaga, T. Itano

    Journal of Fluid Mechanics   601, 229-252   229 - 252   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0022112008000530

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanotransduction in leukocyte activation: A review

    Ayako Makino, Hainsworth Y. Shin, Yutaka Komai, Shunichi Fukuda, Mark Coughlin, Masako Sugihara-Seki, Geert W. Schmid-Schonbein

    BIORHEOLOGY   44 ( 4 )   221 - 249   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IOS PRESS  

    We review recent evidence which suggests that leukocytes in the circulation and in the tissue may readily respond to physiological levels of fluid shear stress in the range between about 1 and 10 dyn/cm(2), a range that is below the level to achieve a significant passive, viscoelastic response. The response of activated neutrophilic leukocytes to fluid shear consists of a rapid retraction of lamellipodia with membrane detachment from integrin binding sites. In contrast, a subgroup of non-activated neutrophils may project pseudopods after exposure to fluid shear stress. The evidence suggests that G-protein coupled receptor downregulation by fluid shear with concomitant downregulation of Rac-related small GTPases and depolymerization of F-actin serves to retract the lamellipodia in conjunction with proteolytic cleavage of beta(2) integrin to facilitate membrane detachment. Furthermore, there exists a mechanism to up- and down-regulate the fluid shear-response, which involves nitric oxide and the second messenger cyclic guanosine monophosphate (cGMP). Many physiological activities of circulating leukocytes are under the influence of fluid shear stress, including transendothelial migration of lymphocytes. We describe a disease model with chronic hypertension that suffers from an attenuated fluid shear-response with far reaching implications for microvascular blood flow.

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanicaltransduction in leukocyte activation: A review 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, Makino M., Shin H.Y., Komai Y., Fukada S., Coughlin M., Schmid-Schonbein G.W.

    Biorheology   44, 221-249 ( 4 )   221 - 249   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • An Electrostatic Model for Osmotic Flow Through Charged Pores

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T, Itano T.

    5th World Congress of Biomechanics   1-5 (G729C2335)   2006年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Transport of spheres suspended in the fluid flowing between hexagonally arranged cylinders 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Journal of Fluid Mechanics   551, 309-321   309 - 321   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/s022112005008359

    Web of Science

    researchmap

  • Blood Flow and Permeability in Microvessels 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, Fu Bingmei M.

    Fluid Dynamics Research   37/82-132 ( 1-2 )   82 - 132   2005年

     詳細を見る

  • 121 帯電した溶質の細孔内輸送のモデル解析(OS1-08 : 生体マイクロ・ナノ構造モデル(1),マイクロ・ナノバイオメカニクス)

    関 眞佐子, 秋永 剛

    バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集   2004   233 - 234   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmebs.2004.17.0_233

    CiNii Books

    researchmap

  • Motion of a sphere in a cylindrical tube filled with a Brinkman medium. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Fluid Dynamics Research   34/1,59 ( 1 )   59 - 76   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fluiddyn.2003.08.007

    Web of Science

    researchmap

  • Shear stress distribution on the membrane of leukocytes and the vascular endothelium in the microcirculation

    M Sugihara-Seki, GW Schmid-Schonbein

    IEEE EMBS APBME 2003   125/5,626   108 - 109   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recent evidence indicates that fluid shear stress on the membrane of leukocytes has a powerful control over several aspects of their cell function. The present study is aimed to examine numerically the magnitude and distribution of the fluid shear stress on the membrane of leukocytes in small postcapillary venules, where circulating leukocytes make their first contact with the endothelium. Using the Stokes equation for the motion of plasma, we computed the fluid shear stress on a leukocyte membrane in a microvessel for the cases when the leukocyte is freely suspended, as well as rolling along or attached to the vessel wall. The results indicate that the shear stress distribution on the leukocyte membrane is non-uniform with a sharp increase when the leukocyte makes membrane attachment to the vessel wall. In a microvessel of approximately 10mum diameter, the shear stress on the membrane of a freely suspended leukocyte is estimated to be several times larger than the wall shear stress exerted by the undisturbed Poiseuille flow, and increases on an adherent leukocyte up to ten times. High temporal stress gradients are present in freely suspended leukocytes and on the vascular endothelium.

    Web of Science

    researchmap

  • The Fluid Shear Stress Distribution on the Membrane of Leukocytes in the Microcirculation. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, G.W.Schmid-Schonbein

    J.Biomech.Eng.   125/5,626   628 - 628   2003年

     詳細を見る

  • 微小血管内の血液流れ 査読

    関 眞佐子

    混相流   16巻120頁   2002年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Flow around cells adhered to a microvessel wall Ⅱ. Comparison to flew around adherent cells in channel flow. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   38, 3-13 ( 1 )   3 - 13   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    科研費基盤研究

    Web of Science

    researchmap

  • Flow around cells adhered to a microvessel wall, Ⅲ.Effects of neighboring cells in channel flow. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    JSME International Journal Series C   44巻990頁 ( 4 )   990 - 995   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    科研費基盤研究

    Web of Science

    researchmap

  • Flow around cells adhered to a microvessel wall.Ⅰ. Fluid stresses and forces acting on the cells 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   37, 341-359 ( 5-6 )   341 - 359   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    科研費基盤研究

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of Adherent Leukocytes on Vascular Resistance

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   36, 328   1999年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • A Mechanism for Erythrocyte-Mediated Elevation of Apparent Viscosity by Leukocytes in vivo without Adhesion to the Endothelium 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, B.P. Helmke, R.Skalak, G.W.Schmid-Schonbein

    Biorheology   35, 6, 437 ( 6 )   437 - 448   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Force Acting on Adherent Leukocytes and Vascular Resistance

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   35, 232   1998年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Force Acting on Spheres Adhered to a Vessel Wall 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Biorheology   34, 249 ( 4-5 )   249 - 260   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Asymmetric Flows of Spherical Particles in a Cylindrical Tube. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Biorheology   34, 155 ( 3 )   155 - 169   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Particle Motion and Flow Resistance in Microvessels with Non-Uniform Cross-Sections.

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   33, 413   1996年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Motion of Blood Cells in Microvessels of Variable Cross-Section and Vascular Resistance

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   33, 87   1996年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内血液流れ

    関 眞佐子

    技苑   86, 40 ( 86 )   40 - 46   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学工業技術研究所  

    科研費基盤研究

    CiNii Books

    researchmap

  • The Motion of an Ellipsoid in Tube Flow at Low Reynolds Numbers 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Journal of Fluid Mechanics   324, 287   287 - 308   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Irregularities of Vessel Cross-Section on Vascular Resistance 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Fluid Dynamics Research   17, 1 ( 1 )   1 - 11   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • 狭い流路内における剛体粒子の運動

    関 眞佐子

    日本レオロジー学会誌   22 ( 1 )   27 - 31   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本レオロジー学会  

    The motion of a rigid cylindrical particle freely suspended in a two-dimensional channel flow is studied numerically at low Reynolds numbers. The particle is assumed to be an elliptic cylinder or a doublet consisting of two equal-sized circular cylinders held in rigid contact. The Stokes equations for the suspending fluid are numerically solved with a finite element method for an estimate of the longitudinal, lateral and angular velocities of the particle at conditions of zero force and zero torque on the particle. Using the velocities obtained, the trajectories of the particle are determined for various initial configurations. The particle is found either to tumble or to oscillate cyclically, depending on the particle size / channel width ratio, particle shapes and initial conditions. In the former case, both of elliptic cylinders and doublets rotate continuously in one direction during one period, which is well approximated by so-called Jeffery's solutions for a spheroid in unbounded simple shear flow. In the latter case, the particle oscillates in rotation, accompanied by a periodic sidewise drift. The sidewise drift of doublets is about the centerplane of the channel, while the mean lateral position of elliptic cylinders is either on or of the centerplane.

    DOI: 10.1678/rheology1973.22.1_27

    researchmap

  • The Motion of Two Cylinders in Contact in Channel Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   31, 1, 1 ( 1 )   1 - 10   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Irregularities of Vessel Cross-Section on the Vascular Resistance

    関 眞佐子

    Biorheology   31, 658   1994年

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • The Motion of an Elliptical Cylinder in Channel Flow at Low Reynolds Numbers 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Journal of Fluid Mechanics   257, 575   575 - 596   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Motion of a Doublet of Two Cylinders in Contact in a Narrow Channel Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Trans. ASME Journal of Biomechancal Engineering   114, 546 ( 4 )   546 - 549   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Propagation of Blood Flow Pulsation in Microvessels

    SUGIHARA-SEKI Masako, J.Seki

    Biorheology   28, 5, 447   1991年

     詳細を見る

  • 光ファイバ型レーザドップラ流速計顕微鏡による高時間分解能微小循環計測 査読

    関淳二, 関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会誌   5, 2, 20 ( 2 )   20 - 27   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本バイオレオロジー学会  

    A fiber-optic laser-Doppler anemometer microscope (FLDAM) was developed for the measurement of microvascular red cell velocity and its applicability was examined in <I>in vivo</I> experiments with emphasis on the temporal resolution of the system. Red cell velocity measured with the time resolution up to about 10 ms clearly showed pulsation synchronous with the systemic arterial pressure in mesenteric microvessels of spontaneously hypertensive rats (SHR) with diameters from 5.8 to 88.9 μm. The amplitude of pulsation decreased with decreasing arteriolar diameter, and the time lag of red cell velocity relative to the systemic arterial pressure monotonically increased from large arterioles through small arterioles, capillaries, small venules to large venules. The propagation velocity of the pulse wave was also obtained in arterioles. Thus, the FLDAM was proved to have the temporal resolution sufficient for the analysis of the pulse wave propagation in microvasculature of small animals with high heart rates.

    DOI: 10.11262/jpnbr1987.5.2_20

    researchmap

  • RBC Deformation in an Oscillatory Shear Flow: Theoretical Analysis based on the Energy Conservation

    SUGIHARA-SEKI Masako, J.Seki, K.Kon, T.Shiga

    Microcirculation annual, Nihon-Igakukan   25   1991年

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 2-DIMENSIONAL ANALYSIS OF 2-FILE FLOW OF RED-CELLS ALONG CAPILLARIES 査読

    M SUGIHARASEKI, TW SECOMB, R SKALAK

    MICROVASCULAR RESEARCH   40 ( 3 )   379 - 393   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    Web of Science

    researchmap

  • Stability of Two-File Flow of Red Cells in Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   27, 6, 957   1990年

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Two-Dimensional Analysis of Two-File Flow of Red Cells Along Capillaries 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W.Secomb, R.Skalak

    Microvascular Research   40, 3, 379 ( 3 )   379 - 393   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0026-2862(90)90034-O

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Stability of Particle Motions in a Narrow Channel Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Biorheology   26, 2, 261 ( 2 )   261 - 277   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • A Two-Dimensional Model for Two-File Flow of Red Cells in Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W.Secomb, R.Skalak

    Microcirculation annual, Nihon Igakukan   17   1989年

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Vessel Resistance of Arterioles with Periodic Diameter Variation along Vessel Axis.

    SUGIHARA-SEKI Masako, S.Hanai, M.Minamiyama

    Biorheology   26, 6, 1072   1989年

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Vascular Resistance of Arterioles with Nonuniform Diameters 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, M.Minamiyama, S.Hanai

    Microvascular Research   38, 148 ( 2 )   148 - 154   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical Study of Asymmetric Flows of Red Blood Cells in Capillaries 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Microvascular Research   36, 1, 64. ( 1 )   64 - 74   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Transient Relative Motion of Two Cells in a Channel Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, R Skalak

    Biorheology   25, 1/2, 181 ( 1-2 )   181 - 189   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical Study on a Multi-File Flow of Red Blood Cells in Capillaries.

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Microcirculation-an update, Excerpta Media   1, 487   1987年

     詳細を見る

  • Dynamics of a Red Cell Flowing in an Asymmetric Train through a Capillary: a Theoretical Approach.

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Microcirculation annual 1985, Excerpta Medica,   17 ( 3-4 )   299 - 299   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Motion and Deformation of a Red Blood Cell in a Shear Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako

    Biorheology   22, 1, 1 ( 3 )   258 - 258   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Cyclic Loading on the Red Cell Membrane in a Shear Flow: A Possible Cause of Hemolysis 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Trans. ASME Journal of Biomechanical Engineering   107, 91 ( 2 )   91 - 95   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Asymmetric Flow of a Cylindrical Particle through a Narrow Channel 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Trans. ASME Journal of Applied Mechanics   51, 879 ( 4 )   879 - 884   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Hemorheological Approach to Oxygen Transport between Blood and Tissue. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Biorheology   21, 4, 445 ( 4 )   380 - 380   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical Approach to the Motion of a Red Blood Cell in Couette Flow 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Biorheology   21, 6, 735 ( 4 )   402 - 402   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Two-Dimensional Approach to the Motion of a Red Blood Cell in a Plane Couette Flow of Plasma. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    International Journal of Multiphase Flow   10, 149 ( 2 )   149 - 157   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Microvascular Topology and Blood Flow in Microvessel

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi, T.Yamakawa

    Biomechanics in China, Japan, and U.S.A., Science Press   100   1984年

     詳細を見る

  • Homorheological Factors of Oxygen Transfer in Capillary Tissue Unit. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi, T.Yamakawa

    Biorheology   20, 5, 603 ( 5 )   603 - 614   1983年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Blood Rheology near a Stagnation Point. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    Biorheology   19, 1/2, 129. ( 2 )   288 - 288   1982年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • A Forced Burgers Turbulence in the Inviscid limit. 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, S.Kida

    Journal of Physical Society of Japan   50-5, 1785 ( 5 )   1785 - 1791   1981年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 正方形管内流れのSEGRE-SILBERBERG 効果

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    B&R  2021年 

     詳細を見る

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Masako Sugihara-Seki, Hiroshi Yamada

    Springer  2016年 

     詳細を見る

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Masako Sugihara-Seki, Hiroshi Yamada

    Springer  2016年 

     詳細を見る

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Masako Sugihara-Seki, Hiroshi Yamada

    Springer  2016年 

     詳細を見る

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Masako Sugihara-Seki, Hiroshi Yamada

    Springer  2016年 

     詳細を見る

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Masako Sugihara-Seki, Hiroshi Yamada

    Springer  2016年 

     詳細を見る

  • 管内流れにおける慣性による粒子集中現象

    関眞佐子

    ながれ  2015年 

     詳細を見る

  • 流路内流れに中立浮遊する粒子の運動

    関眞佐子

    ケミカルエンジニヤリング  2015年 

     詳細を見る

  • 光コヒーレンス断層法による臓器微小循環計測

    関淳二, 関眞佐子

    B&R  2014年 

     詳細を見る

  • 理論の立場から

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    日本バイオレオロジー学会誌  2006年 

     詳細を見る

  • 弾性体・流体の力学

    関 眞佐子, 藤井和成( 担当: 共著)

    学術図書出版  1998年 

     詳細を見る

  • 力学(上)

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    学術図書出版  1997年 

     詳細を見る

  • 初心者のための流体力学入門 査読

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    日本バイオレオロジー学会誌  1997年 

     詳細を見る

  • 狭い流路内における剛体粒子の運動 査読

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    日本レオロジー学会誌  1994年 

     詳細を見る

  • 赤血球のタンクトレッド運動 査読

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    日本バイオレオロジー学会誌  1992年 

     詳細を見る

  • 血液流れにおける赤血球の運動 査読

    関 眞佐子( 担当: 単著)

    ながれ (日本流体力学会誌)  1986年 

     詳細を見る

  • 血液レオロジーと血栓形成

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi( 担当: 共著)

    Biomedical Science  1985年 

     詳細を見る

  • 微小循環とその解析 査読

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi( 担当: 共著)

    臨床ME  1982年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • バイオエンジニアリング—特集 プロジェクト研究報告概要集 ; 先端科学技術推進機構研究グループ

    関 眞佐子, 田地川 勉, 板野 智昭, 山口 聡一朗

    技苑 = Innovative technology world   ( 150 )   83 - 93   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/030539135

  • バイオエンジニアリング—特集 プロジェクト研究報告概要集 ; 先端科学技術推進機構研究グループ

    関 眞佐子, 田地川 勉, 板野 智昭, 山口 聡一朗

    技苑 = Innovative technology world   ( 148 )   155 - 165   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/029841009

  • バイオエンジニアリング—特集 プロジェクト研究報告概要集 ; 先端科学技術推進機構研究グループ

    関 眞佐子, 田地川 勉, 板野 智昭, 山口 聡一朗

    技苑 = Innovative technology world   ( 146 )   207 - 215   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:吹田 : 関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/029199074

  • 1D32 流路内流れ中の弾性カプセルの変形と運動(OS3-1:血球運動のバイオメカニクス(1))

    加瀬 篤志, 関 眞佐子

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2015 ( 0 )   159 - 160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmebio.2015.27.159

    CiNii Books

    researchmap

  • W054002 流路内の血球挙動 : 流体力学的な考察([W05400]流体工学部門,バイオエンジニアリング部門企画,血液の視える化研究(血視研))

    関 眞佐子

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014   "W054002 - 1"-"W054002-4"   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In blood flow through microvessels, red cells tend to approach the vessel centerline whereas platelets flow mainly in the vicinity of the vessel wall. This difference in blood cell distributions in the vessel cross-section results from the difference in migration properties due to the cell size and physical properties such as deformability. Recently, cell separation and particle focusing in microfluidic devices has been gaining considerable attention for the wide range of applications such as the cell sorting, cell detection and flow cytometry. In the present study, we consider the lateral migration properties of blood cells in microvessels and also the inertial migration and focusing of suspended particles in square channel flows from a fluid mechanical point of view.

    CiNii Books

    researchmap

  • 0502 高レイノルズ数の剪断流れにおける渦構造の対称性(OS5-1 壁乱流:統計,構造,動力学の理解,OS5 壁乱流:統計,構造,動力学の理解)

    板野 智昭, 秋永 剛, S.C. Generalis, 二宮 隆弘, 関 眞佐子

    流体工学部門講演会講演論文集   2013   "0502 - 01"-"0502-02"   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    An outline of the state space of planar Couette flow at high Reynolds numbers (Re < 10^4) is investigated via a variety of efficient numerical techniques. It is verified from nonlinear analysis that the lower branch of Hairpin Vortex State (HVS) asymptotically approaches the primary (laminar) state with increasing Re. It is also predicted that the lower branch of HVS at high Re belongs to the stability boundary that initiates transition to turbulence. These facts suggest HVS may provide a criterion to estimate a minimum perturbation arising transition to turbulent states at the infinite Re limit.

    CiNii Books

    researchmap

  • 27pXL-8 剪断を伴う球殼内熱対流の渦構造の変形(27pXL 圧縮性流体・希薄気体,熱流体,地球・宇宙流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    二宮 隆弘, 板野 智昭, 関 眞佐子, 牧野 真人

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    researchmap

  • 27aXL-1 管内流れ中の粒子の断面分布(27aXL 非圧縮性流体,電磁流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    三浦 和真, 名村 和平, 板野 智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   340 - 340   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • The role of the hairpin vortex solution on laminar-Turbulent transition of plane couette flow at moderate reynolds number

    Tomoaki Itano, Sotos C. Generalis, Takahiro Ninomiya, Takeshi Akinaga, Masako Sugihara-Seki

    International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena, TSFP 2013   3   2013年

     詳細を見る

    The shooting method is employed to outline a structural aspect of phase space of plane Couette flow, associated with laminar-Turbulent transition at moderate Reynolds numbers (Re ∼ 104). The basin boundary separating the laminar and the turbulent attractors in the phase space is emerged out of trajectories starting from initial conditions constituted by superposition of three distinct exact steady solutions of PCF, including the Hairpin Vortex Solution (Itano & Generalis (2009); Gibson et al. (2009)) and the so-called Nagata's solution (Nagata (1990)). The result implies that HVS is on the basin boundary even at moderate Reynolds numbers, and that one of the unstable manifolds of HVS heads towards the NBW, which lies on the basin boundary.

    Scopus

    researchmap

  • 糖鎖層の溶質輸送特性に及ぼす帯電の影響 (関西大学先端科学技術推進機構10周年記念)

    大谷 英之, 秋永 剛, 関 眞佐子, 松澤 照男

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   16   108 - 113   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学先端科学技術推進機構  

    CiNii Books

    researchmap

  • 帯電した円柱群を過ぎる溶質の輸送特性

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子

    理論応用力学講演会講演論文集(Web)   61st   OS09-12 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

  • 多孔質膜の溶質輸送特性に及ぼす電荷の影響

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集   34th ( 2 )   116 - 135   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本バイオレオロジー学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血管壁糖鎖層の物質輸送に及ぼす電荷の影響

    関眞佐子, 秋永剛, 大谷英之

    レオロジー討論会講演要旨集   59th   12 - 13   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血漿層が粘着白血球を含む微小血管内流れに及ぼす影響

    大谷英之, 関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集   33rd   139 - 139   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本バイオレオロジー学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 微小血管内の血液流れと物質輸送(OS-5 基調講演)

    関 眞佐子

    関西支部講演会講演論文集   2010 ( 85 )   "10 - 19"-"10-24"   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 血漿層を考慮に入れた白血球まわりの流れ解析 2

    大谷英之, 関眞佐子

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   14th   282 - 285   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 粘着白血球を含む白血球周りの流れ

    大谷英之, 関眞佐子

    レオロジー討論会講演要旨集   58th   24 - 25   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 白血球表面の剪断応力に血漿層が及ぼす影響~非均質Newton流体による解析~

    大谷英之, 関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集   32nd   95   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト組織・臓器の実形状モデルを用いた生体現象・機能の解明と人工臓器・医療機器の開発

    大場謙吉, 板東潔, 関眞佐子, 桜井篤, 田地川勉, 黒岩敏彦, 梶本宜永, 上杉康夫, 星賀正明, 小笠原康夫, 上村匡敬, 中本博幸, 福田光男

    技苑   Vol.128, 15-24   2009年3月

     詳細を見る

  • 血漿層を考慮に入れた白血球まわりの流れ解析

    大谷英之, 関眞佐子, 淺川誠

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集   13th   253 - 254   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 涙型形状の静止白血球に働く応力の解析(バイオ・マイクロ・スポーツの流れ 生体の流れ(2),一般講演)

    大谷 英之, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会講演論文集   2009   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    To estimate the magnitude of the shear stress acting on a leukocyte adhered to the microvessel wall, the flow field around a model leukocyte with a tear-drop shape is numerically analyzed by a finite element method. In the analysis, the blood is assumed to be an inhomogeneous Newtonian fluid and of the invariant viscosity along the streamlines.

    researchmap

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No.126,pp. 29-37   2008年3月

     詳細を見る

  • 112 血栓症測定装置(GTT)内流れの解析(OS2-4:生体モデリングとシミュレーション(4),OS2:生体モデリングとシミュレーション)

    秋永 剛, 関 眞佐子, 山本 順一郎

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2007 ( 20 )   23 - 24   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 白血球表面の剪断応力に血漿層が及ぼす影響 : 二層流モデルによる解析(生体(2),一般講演)

    大谷 英之, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会講演論文集   2008   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    The shear stress distribution on the surface of a leukocyte adhered to the microvessel wall was analyzed by a numerical simulation, taking the presence of a cell-free layer into account. The blood flow was modeled as a two-phase flow, consisting of a plasma flow in a cell-free layer adjacent to the vessel wall and the cell-rich flow in the central region of the vessel. It is assumed that the fluid in both regions is Newtonian with different viscosities and that the cell free layer covers the surface of the adherent leukocyte with a certain thickness. The flow field was calculated by a finite element method applied to the Stokes equation and the continuity equation. It was found that the profile of the shear stress distribution is not qualitatively affected by the presence of the cell-free layer but the maximum magnitude of the shear stress on a leukocyte may be reduced down to a low value that would not be realized in the absence of the plasma layer.

    researchmap

  • 612 微小血管壁に粘着した白血球まわりの流れ(GS-2 生体内の流れ)

    大谷 英之, 関 眞佐子

    関西支部講演会講演論文集   2008 ( 0 )   _6 - 12_   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    researchmap

  • 分子動力学法を用いた溶液の浸透圧に関する一考察

    板野智昭, 秋永 剛, 関眞佐子

    第11回関西大学先端科学シンポジウム講演集   267-270   2007年

     詳細を見る

  • 毛細血管壁の透過性の解析

    関 眞佐子, 秋永 剛, 板野 智昭

    関西大学先端科学技術推進機構研究報告   22   95 - 98   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 1439 円管内における球の周りのストークス流れ(S38-2 気泡・粒子,S38 マイクロ・ナノフルイズ)

    大谷 英之, 関 眞佐子

    年次大会講演論文集   2007 ( 0 )   77 - 78   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The flow field around a stationary sphere placed at an arbitrary radial position in a circular cylindrical tube was numerically analyzed by a finite element method applied to the Stokes equation and the continuity equation. The finite element mesh was progressively refined to obtain sufficient numerical accuracy. The results were used to evaluate the shear stress distributions on the surfaces of the sphere as well as the tube wall. It was found that the distribution of the shear stress and its magnitude drastically vary with the radial position of the sphere.

    researchmap

  • 微小循環における白血球周りの流れ(生物流体・生体流体(3),一般講演)

    大谷 英之, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会講演論文集   2007   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    To understand the flow field around a leukocyte adhered to a microvessel wall, we analyzed numerically the Stokes flow around a stationary sphere placed at an arbitrary radial position in a circular cylindrical tube using a finite element method. The finite element mesh was progressively refined to obtain sufficient numerical accuracy. The results were used to evaluate the shear stress distributions on the surfaces of the sphere as well as the tube wall. It was found that the distribution of the shear stress and its magnitude drastically vary with the radial position of the sphere.

    researchmap

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    平成17年度 関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2006年3月

     詳細を見る

  • AM06-28-002 毛細血管壁の透過性の解析(生物流体・生体流体(1),一般講演)

    関 眞佐子, 秋永 剛, 板野 智昭

    日本流体力学会年会講演論文集   2006   377 - 377   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    The vascular endothelial cells are the principal barrier to, and regulator of, material exchange between circulating blood and body tissues. We consider the paracellular transport of fluid across the endothelial cells, and estimate the hydraulic conductivity to water, Lp, of the microvessel wall, by a fluid-mechanical analysis for a flow through serial pathways of the endothelial surface glycocalyx, the interendothelial cleft with junction strands and their discontinuous leakages, up to the interstitial space. The 3D structure of the pathway is found to affect largely the velocity profile of the fluid. The flow is concentrated near the streamlines going straight into the gap of the junction strand, so that the fluid stresses on the endothelial surface are locally increased in the region along these streamlines.

    CiNii Books

    researchmap

  • 1302 毛細血管壁の浸透制御効果について(OS13-1 生体内の流動解析とその応用(微小流れ),OS13 生体内の流動解析とその応用,オーガナイズドセッション)

    板野 智昭, 秋永 剛, 関 眞佐子

    流体工学部門講演会講演論文集   2005   188 - 188   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 微小循環における物質輸送現象の解析

    関 眞佐子, 秋永 剛, 板野 智昭

    日本バイオレオロジー学会年会抄録集   28   32 - 32   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No. 120,p.53―64   53 - 64   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    平成16年度 関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2005年3月

     詳細を見る

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No. 120,p.53―64   53 - 64   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:関西大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    平成16年度 関西大学学術フロンティア・センター研究成果報告書   2005年3月

     詳細を見る

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No. 120,p.53―64   2005年3月

     詳細を見る

  • ナノ・サブマイクロ技術を用いた模擬/人工生体組織の創製と新診断・治療法の開発プロジェクト

    大場謙吉, 板東 潔, 関眞佐子, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No. 120,p.53―64   2005年3月

     詳細を見る

  • フィジオーム・バイオシミュレーション 生体の物理的および数理的モデルの構築と人工臓器,ロボットへの応用

    板東 潔, 大場謙吉, 浦上 忠, 堀井 健, 関眞佐子, 宮田隆志, 小谷賢太郎, 桜井 篤, 田地川勉

    技苑   No.120,pp.85―91   2005年

     詳細を見る

  • Charge effects on the solute transport through small pores

    T.Akinaga, T.Itano, M.Sugihara-Seki

    BIORHEOLOGY   42 ( 1-2 )   127 - 127   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:IOS PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • A fluid-mechanical study for solute transport across the endothelial surface glycocalyx

    Masako Sugihara-Seki, Takeshi Akinaga

    Proceedings of the 2005 Summer Bioengineering Conference   2005   79 - 80   2005年

     詳細を見る

  • AM05-17-020 浸透流に対する毛細血管壁の異方特性について(生物流体・生体流体4,一般講演)

    板野 智昭, 秋永 剛, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会講演論文集   2005   236 - 236   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    The governing equations for osmotic flow of solution through a simple membrane are derived as a model to the microvessel permeability in the microcirculation. The exact steady solution is obtained, and Kedem-Katchalsky relation for solvent and solute flux in the model is calculated in the equilibrium state. Solvent flux is a nonlinear function of differences of pressure and solute density, which describes an osmotic barrier effect of the microvessel.

    CiNii Books

    researchmap

  • 微小血管の血管壁透過性 : 細孔内物質輸送におよぼす電荷の影響(オーガナイズドセッション13 バイオシステムにおける熱・物質移動)

    関 眞佐子

    熱工学コンファレンス講演論文集   2004   395 - 396   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The endothelial cells of microvessels form the critical barrier controlling the material exchange between the circulating blood and the body tissues. Recent experimental studies have shown that for similar size globular proteins, the microvessel permeability to positively charged proteins was much larger than that of negatively charged proteins. As a basis to investigate the mechanism of the charge effect on the microvessel permeability, we developed an electrostatic model of the transport of charged solutes through small cylindrical pores, and evaluated the permeability coefficient and the reflection coefficient, by taking into account the interaction between the surface charges of the solute and pore. It was found that even for small Debye length compared to the pore radius, the surface charge of the pore could significantly retard the transport of charged solutes with the same sign.

    CiNii Books

    researchmap

  • B123 血管壁表面の糖鎖層が物質透過性に及ぼす影響(B-12 生体流体(2),一般講演)

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会講演論文集   2004   60 - 61   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    The luminal surface of vascular endothelial cells is lined with the glycocalyx. In order to examine its effects on the microvascular permeability, we numerically evaluated the hydraulic conductivity, diffusive permeability and reflection coefficient, by using a simple model based on the glycocalyx detailed structure. The results suggest significant role of the glycocalyx as a molecular sieve.

    CiNii Books

    researchmap

  • 6aTD-10 高分子を含む細孔の物質透過性のモデル解析(圧縮性液体・波動・渦,領域11)

    関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集   57 ( 2 )   214 - 214   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 1116 細静脈壁に粘着した白血球に働く応力分布(OS-5 生体組織・細胞のバイオメカニクス)

    関 眞佐子

    関西支部講演会講演論文集   2000 ( 75 )   "11 - 31"-"11-32"   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    To evaluate the fluid force acting on leukocytes adhered to a venular wall and their effect on the flow resistance in the vessel, we numerically studied the blood flow around multiple adherent leukocytes. Each leukocyte was modeled as a rigid particle, and the model leukocytes were assumed to stick on the wall of a circular cylindrical tube regularly in the flow direction, in one row or two rows. The flow field around each adherent leukocyte was analyzed by a finite element method applied to the Stokes equations with periodic boundary conditions, and the distribution of the stresses on the leukocyte was calculated. It was found that not the detailed shape of the model leukocytes but their height from the vessel wall is a major determinant of the forces on them and the flow resistance in the vessel, although the stress distributions acting on the surfaces are significantly affected by their shape. In both arrangements of one row and two rows, the axial distance between neighboring leukocytes does not affect the maximum values of the tangential stresses on the leukocytes, but it considerably varies the distribution of the stresses on them, which results in drastic variations of the fluid forces on them with the number of adherent leukocytes.

    CiNii Books

    researchmap

  • 微小血管抵抗に及ぼす白血球の影響

    関 眞佐子

    年会一般講演   18   49 - 50   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 微小血管内の赤血球二層流れ ─白血球に起因する血管抵抗の因子として─

    関 眞佐子

    年会一般講演   16   43 - 44   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 微小長方形流路内赤血球流れ中の血小板模擬粒子の断面内分布の進展と流路幅の影響

    長石弘大, 野口慧, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 赤血球サスペンションの合流流れにおける血小板模擬粒子の分布

    野口慧, 長石弘大, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 円管路内の赤血球の慣性移動に関する数値解析

    武石直樹, 山下博士, 大森俊宏, 横山直人, 和田成生, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 微小矩形管内層流に浮遊するゲル粒子の断面内分布

    佐井一総, 湊遥香, 鈴木大介, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 粘弾性流体の正方形管内流れに浮遊する球形粒子の管断面内分布

    米山大輔, 三木祐太, 山下博士, 横山直人, 田川義之, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 正方形管内粘弾性流体流れ中の粒子に作用する揚力の数値解析

    東健人, 山下博士, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2022  2022年9月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 慣性効果による赤血球の円管路断面内の移動に関する数値解析

    武石直樹, 山下博士, 横山直人, 関 眞佐子

    第66回理論応用力学講演会  2022年6月 

     詳細を見る

  • 微小正方形管内流れに浮遊する赤血球の管断面内分布

    関 眞佐子, 田中沙織, 佐井一総

    第45回日本バイオレオロジー学会年会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催地:東海大学湘南キャンパス  

    researchmap

  • 正方形管内サスペンション流れで見られる粒子集中現象とそのパターン変化

    山下博士, 秋永剛, 関 眞佐子

    日本流体力学会中四国・九州支部総会・第29 回講演会  2022年5月 

     詳細を見る

    開催地:福岡大学  

    researchmap

  • Inertial focusing of rigid particles and red blood cells in straight square tube flows

    SUGIHARA-SEKI,Masako

    Inertial microfluidics: Challenges and Perspectives  2021年9月 

     詳細を見る

    開催地:online  

    researchmap

  • Inertial focusing of spherical particles suspended in square channel flows

    SUGIHARA-SEKI,Masako, YAMASHITA,Hiroshi

    25th International Congress of Theoretical and Applied Mechanics  2021年8月 

     詳細を見る

    開催地:online  

    researchmap

  • Inertial focusing of red blood cells suspended in blood plasma flowing through square tubes

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TANAKA,Saori

    2nd Joint Meeting of ESCHM-ISCH-ISB  2021年7月 

     詳細を見る

    開催地:online  

    researchmap

  • Lateral migration of red blood cells in capillary tube flows

    SUGIHARA-SEKI,Masako

    Biofluid Symposium (RIMS Research Project Biofluids 2021)  2021年6月 

     詳細を見る

    開催地:online  

    researchmap

  • 微小血管内の血液流れと血球運動

    関 眞佐子

    RIMS Tutorial Seminar 「生物の創るパターンとダイナミクス:基礎からの展開」  2021年6月 

     詳細を見る

    開催地:online  

    researchmap

  • Comprehensive evaluation for viscoelasticity of polyvinylpyrrolidone aqueous solutions by utilizing novel map representation based on ultrasonic spinning rheometry

    OHIE,Kohei, YOSHIDA,Taiki, TASAKA,Yuji, SUGIHARA-SEKI,Masako, MURAI,Yuichi

    13th InternationalSymposium on Ultrasonic Doppler Methods for Fluid Mechanics and Fluid Engineering  2021年6月 

     詳細を見る

    開催地:Zurich  

    researchmap

  • Inertial focusing patterns and their transition for a neutrally buoyant sphere suspended in rectangular duct flow

    YAMASHITA, Hiroshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    73rd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2020年11月 

     詳細を見る

    開催地:Virtual  

    researchmap

  • 微小正方形管流れに浮遊する赤血球の断面内分布 -硬化度依存性-

    田中沙織, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2020  2020年9月 

     詳細を見る

  • 微小正方形管内の粘弾性流体流れに浮遊する球形粒子の断面内分布

    三木祐太, 山下博士, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2020  2020年9月 

     詳細を見る

  • 矩形管内粘弾性流体流れ中の粒子に作用する揚力の数値解析

    東健人, 山下博士, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2020  2020年9月 

     詳細を見る

  • 長方形管内サスペンション流れで見られるTubular Pinch 効果

    山下博士, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2020  2020年9月 

     詳細を見る

  • 微小矩形管内流れ中の赤血球の断面内分布

    田中沙織, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会 第75回年次大会  2020年3月 

     詳細を見る

  • 正常赤血球および硬化赤血球の原子間力顕微鏡による膜弾性計測

    小野澤天紀, 瀧ノ内希陸, 仲尾信彦, 安達泰治, 関 眞佐子

    第23回関西大学先端科学技術シンポジウム  2020年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • Development of margination of platelet-sized particles suspended in red cell suspension flows through Y-shaped bifurcating microchannels

    ONOZAWA,Tenki, KAWAUCHI,Toma, SEKI,Junju, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    72nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2019年11月 

     詳細を見る

    開催地:Seattle, USA  

    researchmap

  • Aerodynamic characteristics and flight behavior of the turbo-jav in the javelic throw

    NAKAYAMA,Haruki, NAKAJIMA,Tomoya, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    72nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2019年11月 

     詳細を見る

    開催地:Seattle, USA  

    researchmap

  • Lateral migration of particles and blood cells suspended in tube flows

    SUGIHARA-SEKI,Masako

    Mathematical Methods in Biofluid Mechanics  2019年10月 

     詳細を見る

    開催地:The Westin Hotel Awaji Island Resort & Conference Center  

    researchmap

  • 陸上投擲種目ジャベリックスローにおけるターボジャブの空力特性と飛行挙動解析

    中山晴貴, 中嶋智也, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2019  2019年9月 

     詳細を見る

    開催地:電通大  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れに浮遊する血小板模擬粒子のマージネーション

    関 眞佐子, 小野澤天紀

    日本流体力学会年会2019  2019年9月 

     詳細を見る

    開催地:電通大  

    researchmap

  • 粒子サスペンションの円管内層流で見られるSegre-Silberberg 効果

    山下博士, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催地:岐阜大学  

    researchmap

  • 粘弾性流体の正方形管内層流に浮遊する球形粒子の管断面内分布

    三木祐太, 山下博士, 板野智昭, 関 眞佐子

    混相流シンポジウム2019  2019年8月 

     詳細を見る

    開催地:福岡大学  

    researchmap

  • Y字型分岐流路における血小板模擬粒子の断面内分布の進展

    小野澤天紀, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本バイオレオロジー学会第42回年会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催地:北九州国際会議場  

    researchmap

  • 正方形ダクト内サスペンション流れ中の粒子集中パターンの変化

    山下博士, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会第74回年次大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 矩形管内非ニュートン流体中の慣性粒子の軌道

    横山直人, 山下博士, 板野智昭, 関 眞佐子

    第23回関西大学先端科学技術シンポジウム講演会  2019年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • Inertial focusing phenomena of neutrally buoyant particles suspended dilutely in square duct flows

    YAMASHITA,Hiroshi, SOEN,Ryusei, YOKOYAMA,Naoto, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    71st Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2018年11月 

     詳細を見る

    開催地:Atlanta, USA  

    researchmap

  • Margination of platelet-sized particles in normal and hardened red blood cell suspension flows

    TAKINOUCHI,Nozomi, ONOZAWA,Tenki, SEKI,Junji, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    71st Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2018年11月 

     詳細を見る

    開催地:Atlanta, USA  

    researchmap

  • Inertial focusing of spherical particles suspended in laminar circular tube flows

    NAKAYAMA,Saki, YAMASHITA,Hiroshi, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    71st Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2018年11月 

     詳細を見る

    開催地:Atlanta, USA  

    researchmap

  • 正方形ダクト内層流に浮遊する球形粒子の断面内集中現象

    山下博士, 宗圓龍星, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    第66回レオロジー討論会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催地:リファレンス駅東ビル(博多)  

    researchmap

  • 微小管内を流れる赤血球の断面内分布

    住田聡之, 後藤隆志, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第66回レオロジー討論会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催地:リファレンス駅東ビル(博多)  

    researchmap

  • 正方形ダクト内希薄サスペンション流れにおける球形粒子の慣性集中現

    山下博士, 宗圓龍星, 横山直人, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催地:同志社大学  

    researchmap

  • サブミリ円管内層流に浮遊する球形粒子の断面分布

    中山紗季, 山下博士, 板野智昭, 関眞佐子

    混相流シンポジウム2018  2018年8月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • Fluid dynamical study of preferential distributions of blood cell components in microchannel flows

    SUGIHARA-SEKI,Masako, TAKINOUCHI,Nozomi, ONOZAWA,Tenki, SEKI,Junji

    Joint Meeting of ESCHM-ISB-ISCH  2018年7月 

     詳細を見る

    開催地:Krakow (Porland)  

    researchmap

  • マイクロチャネル内血液流れ中の血小板模擬粒子の分布

    瀧ノ内希陸, 小野澤天紀, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    第41回日本バイオレオロジー年会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 硬化及び軟化赤血球サスペンション流れ中の血小板模擬粒子の流路内分布

    小野澤天紀, 瀧ノ内希陸, 福本翼, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第41回日本バイオレオロジー年会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 界面活性剤水溶液の正方形管内流れにおける浮遊粒子の分布

    中川湧斗, 久保あいり, 中山紗希, 山下博士, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • 流路内の球状粒子集中現象の数値解析

    牧野真人, 関 眞佐子

    第22回関西大学先端科学技術シンポジウム  2018年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • マイクロチャネル内血液流れ中の血小板模擬粒子の分布

    瀧ノ内希陸, 佐々木崇洋, 関淳二, 関淳二, 関 眞佐子

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 硬化赤血球サスペンション流れにおける血小板模擬粒子の断面内分布

    小野澤天紀, 瀧ノ内希陸, 佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • Particle Focusing Regimes in Laminar Suspension Flows through Square Ducts

    YAMASHITA, Hiroshi, SUGIHARA-SEKI,Masako

    14th International Conference on Flow Dynamics  2017年11月 

     詳細を見る

    開催地:SendaiInternational Center  

    researchmap

  • Inertial Particle Focusing Regimes in Suspension Flows through Square Ducts

    YAMASHITA, Hiroshi, ITANO, Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    70th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2017年11月 

     詳細を見る

    開催地:Denver, USA  

    researchmap

  • Microscopic Measurements of Axial Accumulation of Red Blood Cells in Capillary Flows -Effects of Deformability-

    SASAKI, Takahiro, SEKI, Junji, ITANO, Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    70th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2017年11月 

     詳細を見る

    開催地:Denver, USA  

    researchmap

  • 血液流れ中の血小板のマージネーション

    関 眞佐子

    「生物機械システム研究会」第47回研究会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催地:大阪大学基礎工学部  

    researchmap

  • 赤血球の軸集中現象に及ぼす変形性の影響

    佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2017  2017年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • 微小円管内層流に浮遊する球形粒子分布の計測

    中山紗希, 山下博士, 板野智昭, 関淳二, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2017  2017年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • 矩形ダクト内流れにおける単一球形粒子の断面内集中現象

    山下博士, 板野智昭, 関眞佐子

    日本混相流学会混相流シンポジウム2017  2017年8月 

     詳細を見る

    開催地:電気通信大学  

    researchmap

  • 赤血球軸集中現象の顕微計測-変形性の影響

    佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第40回日本バイオレオロジー学会年会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催地:川﨑祐宣記念講堂(倉敷)  

    researchmap

  • 赤血球サスペンションの微小流路流れにおける血小板模擬粒子の断面内分布

    瀧ノ内希陸, 佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第40回日本バイオレオロジー学会年会  2017年5月 

     詳細を見る

  • Y字型合流微小流路内の血小板模擬粒子の分布

    阪本啓輔, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリグ講演会  2017年1月 

     詳細を見る

    開催地:ウインクあいち(名古屋市)  

    researchmap

  • 微小管内流れにおける赤血球の断面内分布-変形性の影響

    佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリグ講演会  2017年1月 

     詳細を見る

    開催地:ウインクあいち(名古屋市)  

    researchmap

  • Measurements of the cross-sectional distributions of spherical particles suspended in rectangular channel flows

    IMANISHI, Takahiro, YABU, Takuya, YAMASHITA, Hiroshi, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    2016年11月 

     詳細を見る

  • Numerical analysis of the inertial migration of a spherical particle in circular tube flows

    YABU, Takuya, ITANO, Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    69th Annual Meeting of the APS, Division of Fluid Dynamics  2016年11月 

     詳細を見る

    開催地:Portland, USA  

    researchmap

  • Effects of red blood cell deformability on the non-uniform distribution of platelet-sized particles in blood flow through microchannels

    SUGIHARA-SEKI,Masako, SAKAMOTO, Keisuke, ITANO, Tomoaki, SEKI, Junji

    69th Annual Meeting of the APS, Division of Fluid Dynamics  2016年11月 

     詳細を見る

    開催地:Portland, USA  

    researchmap

  • Inertial migration of spherical particles in submillimeter-sized square channel flows

    SHICHI, Hiroyuki, YAMASHITA, Hiroshi, SEKI, Junji, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    69th Annual Meeting of the APS, Division of Fluid Dynamics  2016年11月 

     詳細を見る

    開催地:Portland, USA  

    researchmap

  • ターボジャブの空力特性の計測―軸回り回転が与える影響

    中川晋, 中嶋智也, 板野智昭, 関 眞佐子

    スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016  2016年11月 

     詳細を見る

    開催地:山形テルサ(山形市)  

    researchmap

  • サブミリ円管内流れ中の球形粒子の分布

    中山紗希, 志知寛之, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第64回レオロジー討論会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • ターボジャブの軸回り回転時の空力特性の計測

    中川晋, 中嶋智也, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2016  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋工業大学  

    researchmap

  • 矩形ダクト内層流に中立浮遊した単一球形粒子の運動

    山下博士, 志知寛之, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本流体力学会年会2016  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋工業大学  

    researchmap

  • 矩形管内流れ中の断面内粒子分布の計測

    今西貴宏, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • 円管ポアズイユ流中の単一球形粒子の運動

    薮拓也, 中山紗希, 板野智昭, 関 眞佐子

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • Effects of Red Blood Cell Deformability on the Distributions of Platelet-Sized Particles in Blood Flow through Microchannels

    SAKAMOTO, Keisuke, KIMURA,Tomoya, SEKI,Junji, ITANO,Tomoaki, SUGIHARA-SEKI,Masako

    XVIIth International Congress on Rheology (ICR2016)  2016年8月 

     詳細を見る

    開催地:京都テルサ  

    researchmap

  • サブミリ正方形管内層流における球形粒子のマイグレーション

    志知寛之, 山下博士, 関 淳二, 板野 智昭, 関 眞佐子

    混相流シンポジウム2016  2016年8月 

     詳細を見る

    開催地:同志社大学  

    researchmap

  • 円管内層流中の単一球形粒子運動の数値解析

    薮拓也, 志知寛之, 板野智昭, 関 眞佐子

    混相流シンポジウム2016  2016年8月 

     詳細を見る

    開催地:同志社大学  

    researchmap

  • 微小管内流れ中の赤血球軸集中に及ぼす変形能の影響

    佐々木崇洋, 関淳二, 板野智昭, 関 眞佐子

    第39回日本バイオレオロジー学会年会  2016年6月 

     詳細を見る

    開催地:東海大学校友会館  

    researchmap

  • サブミリ正方形流路内層流に中立浮遊する粒子の断面内分布

    志知寛之, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催地:東北学院大  

    researchmap

  • 非回転二重球殻内熱対流における流跡線

    飯田昂平, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催地:東北学院大  

    researchmap

  • 矩形管内流れに中立浮遊する単一球形粒子の運動

    山下博士, 薮拓也, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催地:東北学院大  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れにおける血小板模擬粒子の流路内分布 -円管と矩形管の違い-

    能祖良太, 木村友哉, 阪本啓輔, 佐々木崇洋, 板野智昭, 関淳二, 関眞佐子

    第28回バイオエンジニアリング講演会  2016年1月 

     詳細を見る

    開催地:東工大  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れにおける血小板模擬粒子の流路内分布 -赤血球変形能の影響-

    木村友哉, 能祖良太, 阪本啓輔, 佐々木崇洋, 板野智昭, 関淳二, 関眞佐子

    第28回バイオエンジニアリング講演会  2016年1月 

     詳細を見る

    開催地:東工大  

    researchmap

  • Mixing in the spiral roll state in heat convection between concentric double spherical boundaries

    Tomoaki Itano, Takahiro Ninomiya, K Iida, Masako Sugihara-Seki

    68th Annual Meeting of the APS division of Fluid Dynamics  2015年11月 

     詳細を見る

    開催地:Boston  

    researchmap

  • Non-equilibrium molecular dynamics simulation of the unstirred layer in the osmotically driven flow

    Keito Konno, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    68th Annual Meeting of the APS division of Fluid Dynamics  2015年11月 

     詳細を見る

    開催地:Boston  

    researchmap

  • Radial distributions of neutrally buoyant spherical particles suspended in Poiseuille flow

    Yusuke Morita, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    68th Annual Meeting of the APS division of Fluid Dynamics  2015年11月 

     詳細を見る

    開催地:Boston  

    researchmap

  • Measurements of aerodynamic characteristics of the turbo-jav

    Shin Nakagawa, Yasufumi Konishi, Tomoya Nakajima, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    15th International Symposium on Advanced Fluid Information  2015年10月 

     詳細を見る

    開催地:仙台  

    researchmap

  • サブミリ管内流れ中に浮遊する粒子の顕微計測

    志知寛之, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2015  2015年9月 

     詳細を見る

    開催地:東工大  

    researchmap

  • 長方形管内層流に中立浮遊する球形粒子の断面内分布

    今西貴宏, 森田悠介, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会秋季大会[物性]  2015年9月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 流路内流れ中の単一球形粒子運動の数値解析

    薮拓也, 大友涼子, 牧野真人, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会秋季大会[物性]  2015年9月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 流路内層流における浮遊粒子の非一様分布

    関眞佐子

    第154回流体懇話会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催地:電気通信大学  

    researchmap

  • 円管内層流に浮遊する球形粒子の動径方向分布

    森田悠介, 板野智昭, 関眞佐子

    日本混相流学会混相流シンポジウム2015  2015年8月 

     詳細を見る

    開催地:高知工科大学  

    researchmap

  • 矩形管内層流に浮遊する粒子の断面内分布

    今西貴宏, 板野智昭, 関眞佐子

    日本混相流学会混相流シンポジウム2015  2015年8月 

     詳細を見る

    開催地:高知工科大学  

    researchmap

  • 弾性カプセルの流路内挙動に関する数値シミュレーション

    加瀬篤志, 関眞佐子

    .第36回日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2015年6月 

     詳細を見る

    開催地:学術総合センター  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れにおける血小板の流路断面内分布

    阪本啓輔, 木村友哉, 能祖良太, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    .第36回日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2015年6月 

     詳細を見る

    開催地:学術総合センター  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in a square channel flow

    Ryoko Otomo, Naoto Nakagawa, Masako Sugihara-Seki

    15th International Congress of Biorheology  2015年5月 

     詳細を見る

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • Experimental studies on particle migration in channel flows

    Masako Sugihara-Seki, Tomoya Kimura, Ryota Noso, Hiroyuki Shichi

    15th International Congress of Biorheology  2015年5月 

     詳細を見る

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • Experimental measurements of the particle lateral migration in submillimeter channel flows

    Hiroyuki Shichi, Junji Seki, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    15th International Congress of Biorheology  2015年5月 

     詳細を見る

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • Cross-sectional distributions of platelets in blood flow through microchannels

    Tomoya Kimura, Ryota Noso, Keisuke Sakamoto, Junji Seki, Masako Sugihara-Seki

    15th International Congress of Biorheology  2015年5月 

     詳細を見る

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • 浸透圧により駆動する流れと熱移動

    紺野敬人, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第70回年次大会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 管内流れにおける中立浮遊粒子の運動

    加瀬篤志, 関眞佐子

    第19回先端科学技術シンポジウム  2015年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 流路流れ中の弾性カプセルの変形と運動

    加瀬篤志, 関眞佐子

    第27回バイオエンジニアリング講演会  2015年1月 

     詳細を見る

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 微小血管内における血球分布の偏り

    関眞佐子

    第14回日本流体力学会中四国・九州支部講演会  2014年12月 

     詳細を見る

    開催地:岡山大学  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れ中の血小板の断面内分布

    木村友哉, 能祖良太, 板野智昭, 関眞佐子

    第18回酸素ダイナミクス研究会  2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • Measurements of the aerodynamic characteristics of the turbo-jav

    Kenta Yamamoto, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    APS 67th Annual Meeting, Division of Fluid Dynamics  2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Inertial migration of spherical particles in square channel flows

    Kazuma Miura, Tomoaki Itano, Masako Sugihara-Seki

    APS 67th Annual Meeting, Division of Fluid Dynamics  2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • On the spiral roll state in thermal convection in spherical shell

    Tomoaki Itano, Takahiro Ninomiya, Keito Konno, Masako Sugihara-Seki

    APS 67th Annual Meeting, Division of Fluid Dynamics  2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • On the spiral roll state in thermal convectionin spherical shell

    Tomoaki Itano, Takahiro Ninomiya, Keito Konno, Masako Sugihara-Seki

    2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in squarechannel flows

    Masako Sugihara-Seki, Naoto Nakagawa, Atsushi Kase, Ryoko Otomo, Masato Makino, Tomoaki Itano

    2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in squarechannel flows

    Masako Sugihara-Seki, Naoto Nakagawa, Atsushi Kase, Ryoko Otomo, Masato Makino, Tomoaki Itano

    2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in squarechannel flows

    Masako Sugihara-Seki, Naoto Nakagawa, Atsushi Kase, Ryoko Otomo, Masato Makino, Tomoaki Itano

    2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in squarechannel flows

    Masako Sugihara-Seki, Naoto Nakagawa, Atsushi Kase, Ryoko Otomo, Masato Makino, Tomoaki Itano

    2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • Lateral migration of a spherical particle in squarechannel flows

    Masako Sugihara-Seki, Naoto Nakagawa, Atsushi Kase, Ryoko Otomo, Masato Makino, Tomoaki Itano

    APS 67th Annual Meeting, Division of Fluid Dynamics  2014年11月 

     詳細を見る

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れに浮遊する血小板模擬粒子の流路断面内分布

    能祖良太, 木村友哉, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    第62回レオロジー討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催地:福井市交流プラザ  

    researchmap

  • 流路内流れ中の中立浮遊粒子の運動

    加瀬篤志, 関眞佐子

    第62回レオロジー討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催地:福井市交流プラザ  

    researchmap

  • 有限厚さをもつ繊維層の短部近傍における流体透過特性

    大友涼子, 関眞佐子

    第62回レオロジー討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催地:福井市交流プラザ  

    researchmap

  • 剪断流における遷移と渦の対称性について

    板野智昭, 秋永剛, Sotos C. Generalis, 紺野敬人, 二宮隆弘, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 有限プラントル数における非回転球殻内熱対流の安定性解析

    二宮隆弘, 紺野敬人, 関眞佐子, 板野智昭

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • ターボジャブの軸回り回転が飛行特性に与える影響

    山本健太, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 矩形管内流れにおける球形粒子の運動

    中川尚人, 加瀬篤志, 大友涼子, 牧野真人, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 矩形管内流れにおける球形粒子のマイグレーション

    三浦和真, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 円管内層流に中立浮遊する球形粒子のマイグレーション

    森田悠介, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2014  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 流路内の血球挙動:流体力学的な考察

    関眞佐子

    日本機械学会2014年度年次大会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京電機大学  

    researchmap

  • 有限厚さを有する粒子層中の透過流動

    大友涼子, 関眞佐子

    混相流シンポジウム  2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • Bifurcation analysis of thermal convection at finite Prnadtl number in non-rotating spherical shell

    Takahiro Ninomiya, Keito Konnno, Masako Sugihara-Seki, Tomoaki Itano

    WCCM XI-ECCM V-ECFD VI  2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Lateral migration of spherical particle in channel flow

    Naoto Nakagawa, Kazuma Miura, Ryoko Otomo, Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Lateral migration of spherical particle in channel flow

    Naoto Nakagawa, Kazuma Miura, Ryoko Otomo, Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Lateral migration of spherical particle in channel flow

    Naoto Nakagawa, Kazuma Miura, Ryoko Otomo, Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • End effect on fluid permeability of particulate layers

    Ryoko Otomo, Masako Sugihara-Seki

    WCCM XI-ECCM V-ECFD VI  2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Lateral migration of spherical particle in channel flow

    Naoto Nakagawa, Kazuma Miura, Ryoko Otomo, Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    WCCM XI-ECCM V-ECFD VI  2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Lateral migration of spherical particle in channel flow

    Naoto Nakagawa, Kazuma Miura, Ryoko Otomo, Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    2014年7月 

     詳細を見る

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • 微小流路内赤血球サスペンション流れにおける血小板の断面内分布

    木村友哉, 能祖良太, 関淳二, 大友涼子, 板野智昭, 関眞佐子

    B&R  2014年6月 

     詳細を見る

    開催地:大宮ソニックシティー  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れに浮遊する球形粒子の流路断面内分布

    能祖良太, 木村友哉, 田中慎之介, 関淳二, 大友涼子, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第69回年次大会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催地:東海大学(平塚)  

    researchmap

  • 有限厚さを有する繊維層中の透過流動

    大友涼子, 関眞佐子

    第18回関西大学先端科学技術シンポジウム  2014年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 凝集体形成に及ぼす流れの影響

    関眞佐子, 大友涼子

    第18回関西大学先端科学技術シンポジウム  2014年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 円管内層流に浮遊する球形粒子のマイグレーション

    森田悠介, 佐藤詩織, 三浦和真, 板野智昭, 関眞佐子

    第17回オーガナイズド混相流フォーラム(OMF2013-KOJYUKURI CHIBA)  2013年12月 

     詳細を見る

    開催地:九十九里(千葉)  

    researchmap

  • 微小流路内における血小板模擬粒子の断面内分布

    木村友哉, 能祖良太, 田中慎之介, 関淳二, 大友涼子, 板野智昭, 関眞佐子

    第17回オーガナイズド混相流フォーラム(OMF2013-KOJYUKURI CHIBA)  2013年12月 

     詳細を見る

    開催地:九十九里(千葉)  

    researchmap

  • ターボジャブの空力特性の計測

    山本翔平, 山本健太, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    スポーツ・アンド・ヒューマンダイナミクス2013  2013年11月 

     詳細を見る

    開催地:工学院大学(東京)  

    researchmap

  • 繊維層中の透過流動

    大友涼子, 関眞佐子

    第61回レオロジー討論会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:山形大学(米沢)  

    researchmap

  • 管内流れ中における球形粒子の運動

    中川尚人, 牧野真人, 大友涼子, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2013  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京農工大学  

    researchmap

  • 大きさ、表面張力の異なる液滴の2分散系のシミュレーション

    牧野真人, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2013  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京農工大学  

    researchmap

  • ターボジャブの飛行特性の解析

    山本健太, 山本翔平, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2013  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京農工大学  

    researchmap

  • 大きさの異なる液滴のマージネーションのシミュレーション.タテだけでなくヨコも-大きさの異なる液滴分散系-

    牧野真人, 関眞佐子

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:岡山大学  

    researchmap

  • マイクロチャネル内流れ中の血小板模擬粒子の運動

    田中慎之介, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:岡山大学  

    researchmap

  • Experimental studies on aerodynamic characteristics of the turbo-jav

    Masako Sugihara-Seki, Shohei Yamamoto, Kenta Yamamoto, Tomoya Nakajima, Tomoaki Itano

    7th Asian Pacific Conference on Biomechanics (APCB2013)  2013年8月 

     詳細を見る

    開催地:KIST(Seuol)  

    researchmap

  • Venular valves and retrograde perfusion

    Tomiyasu Koyama, Masako Sugihara-Seki, Tadahiro Sasajima, Sinsuke Kikuchi

    2013 Meeting of the International Society on Oxygen Transoprt to Tissue  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:Hanover (USA)  

    researchmap

  • Lateral migration of large and small droplets suspended in channel flow

    Masato Makino, Masako Sugihara-Seki

    11th ASME International Conference on Nanochannels, Microchannels and Minichannels (ICNMM)  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:Sapporo (Hokkaido University)  

    researchmap

  • マイクロチャネル内流れ中の血小板模擬粒子の運動

    田中慎之介, 関淳二, 板野智昭

    第36回日本バイオレオロジー学会年会  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 大きさの異なる液滴のマージネーションのシミュレーション

    牧野真人, 関眞佐子

    第36回日本バイオレオロジー学会年会  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 円管内流れ中の粒子の分布

    名村和平, 三浦和真, 板野智昭, 関眞佐子

    第36回日本バイオレオロジー学会年会  2013年6月 

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 管内流れ中の粒子の断面内分布

    三浦和真, 名村和平, 板野智昭, 関眞佐子

    日本物理学会第68回年次大会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催地:広島大学  

    researchmap

  • サイズの異なる液滴によるマージネーション

    牧野真人, 関眞佐子

    第62回理論応用力学講演会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • ターボジャブの空力特性の計測-内蔵式センサーの開発-

    山本翔平, 長尾将史, 山本健太, 山下大貴, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    第17回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 赤血球サスペンション流れ中の血小板模擬粒子の運動

    田中慎之介, 関淳二, 板野智昭, 関眞佐子

    第17回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 円管内ポアズイユ流れ中の球形粒子の動径方向分布

    名村和平, 三浦和真, 板野智昭, 関眞佐子

    第17回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 分散系の側方移動や縁取り効果のシミュレーション

    牧野真人, 関眞佐子

    第18回関西大学先端科学技術シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • フロントトラッキング法による平板間の液滴分散系シミュレーション

    牧野真人, 関眞佐子

    第60回レオロジー討論会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • フロントトラッキング法による2次元の液滴分散系シミュレーション

    牧野真人, 関眞佐子

    第2回ソフトマター研究会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:九州大学西新プラザ  

    researchmap

  • ターボジャブの空力特性の計測

    長尾将史, 山本翔平, 山本健太, 山下大貴, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    日本流体力学会年会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:高知  

    researchmap

  • Hydrodynamic and electrostatic study of charge effects on solute transport across the endothelial glycocalyx layer

    Masako Sugihara-Seki, Takeshi Akinaga, Hideyuki O-tani

    Koc University  2012年7月 

     詳細を見る

    開催地:Istanbul  

    researchmap

  • 流路壁付近における血小板模擬粒子のふるまい

    秋永剛, 田中慎之介, 板野智昭, 関眞佐子

    朱鷺メッセ  2012年6月 

     詳細を見る

    開催地:新潟  

    researchmap

  • マイクロチャネル内合流流れにおける拡散のスケーリング則

    羽山大貴, 秋永剛, 板野智昭, 関眞佐子

    関西大学  2012年3月 

     詳細を見る

  • 帯電した円柱群を過ぎる溶質の輸送等性

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子

    東京大学生産研  2012年3月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 微小流路内血流における血小板模擬粒子の分散過程

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    関西大学  2012年1月 

     詳細を見る

  • 糖鎖層の溶質輸送特性に及ぼす帯電の影響

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子, 松澤照男

    関西大学  2012年1月 

     詳細を見る

  • 微小循環と物質輸送に対する連続体的アプローチ

    関眞佐子

    関西大学  2011年12月 

     詳細を見る

  • Charge effect on solute transport across a periodic fiber array

    Masako Sugihara-Seki, Takeshi Akinaga, Hideyuki O-tani

    64th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2011年11月 

     詳細を見る

    開催地:Baltimore  

    researchmap

  • 血管壁糖鎖層の物質輸送に及ぼす電荷の影響

    関眞佐子, 秋永剛, 大谷英之

    桐生市市民文化会館  2011年10月 

     詳細を見る

    開催地:桐生  

    researchmap

  • Y字型マイクロチャネル内の血液流れの計測

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭

    首都大学東京  2011年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 多孔質膜の溶質輸送特性に及ぼす電荷の影響II

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子

    首都大学東京  2011年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 多孔質膜の溶質輸送特性に及ぼす電荷の影響

    大谷英之, 秋永剛, 関眞佐子

    第34回日本バイオレオロジー学会年会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • Y字型マイクロチャネルの合流流れにおける混合過程

    安田弘誓, 糸田和博, 板野智昭, 関眞佐子

    第34回日本バイオレオロジー学会年会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • マイクロチャネル内赤血球サスペンション流れにおける血小板模擬粒子の分散係数

    保井一仁, 板野智昭, 関眞佐子

    第34回日本バイオレオロジー学会年会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • マイクロチャネル内の障害物近傍に形成される血漿層の計測Ⅱ

    西本雅達, 板野智昭, 関眞佐子

    第34回日本バイオレオロジー学会年会  2011年6月 

     詳細を見る

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • マイクロチャネル内の障害物近傍に形成される血漿層の計測

    西本雅達, 秋永剛, 板野智昭, 関眞佐子

    京都工芸繊維大学  2011年3月 

     詳細を見る

    開催地:京都  

    researchmap

  • 血流中における血小板模擬粒子の分散係数の計測

    保井一仁, 秋永剛, 板野智昭, 関眞佐子

    京都工芸繊維大学  2011年3月 

     詳細を見る

    開催地:京都  

    researchmap

  • 狭窄近傍血液流れ中の血小板模擬粒子の準周期運動

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    東京工業大学  2011年3月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • マイクロチャネル内流れにおける分散係数の計測

    保井一仁, 秋永剛, 板野智昭, 関眞佐子

    関西大学  2011年1月 

     詳細を見る

  • マイクロチャネル内流れにおける血小板模擬粒子の準周期運動

    秋永剛, 保井一仁, 関眞佐子, 板野智昭, ソトス ジェネラリス, 山本健, 山本順一郎

    関西大学  2011年1月 

     詳細を見る

  • ターボジャブの空力特性の解析

    糸田和博, 長尾将史, 平井啓太郎, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    関西大学  2011年1月 

     詳細を見る

  • ターボジャブの空力特性の風洞計測

    長尾将史, 平井啓太郎, 糸田和博, 中嶋智也, 板野智昭, 関眞佐子

    東京工業大学  2010年11月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • Effect of red blood cells on the motion of microbeads in a shear flow

    Akinaga, T., Sugihara-Seki, M., Itano, T., Yamamoto, J.

    龍谷大学  2010年11月 

     詳細を見る

    開催地:京都  

    researchmap

  • 粘着白血球を含む微小血管内流れの解析

    大谷英之, 関眞佐子

    仙台国際センター  2010年10月 

     詳細を見る

    開催地:仙台  

    researchmap

  • Micro-PTV for platelet motion in blood flow through a stenosed channel

    Akinaga, T., Sugihara-Seki, M., Itano, T., Yamamoto, J.

    東京国際フォーラム  2010年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 平面クエット流の非線形平衡解におけるトレーサ粒子の運動について

    板野智昭, ソトス ジェネラリス, 秋永剛, 関眞佐子

    北海道大学  2010年9月 

     詳細を見る

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 狭い間隙を通る流れ中の血小板運動に及ぼす赤血球の影響

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    北海道大学  2010年9月 

     詳細を見る

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 糖鎖層を介する浸透流の静電モデル

    関眞佐子, 秋永剛, 板野智昭, 松澤照男

    名古屋工業大学  2010年9月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Charge effects on the osmotic flow across the endothelial surface glycocalyx

    Sugihara-Seki, M., Akinaga, T., Itano, T.

    Abstracts of 6th World Congress of Biomechanics  2010年8月 

     詳細を見る

    開催地:Singapore  

    researchmap

  • Two-phase Newtonian fluid flow around a leukocyte model attached to the wall oof a circular cylindrical tube

    O-tani, H., Sugihara-Seki, M.

    北海道大学  2010年8月 

     詳細を見る

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 血漿層が粘着白血球を含む微小血管内流れに及ぼす影響

    大谷英之, 関眞佐子

    理化学研究所  2010年6月 

     詳細を見る

    開催地:和光  

    researchmap

  • 急絞り部をもつ流路内を流される粒子の運動に対する赤血球の影響

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    理化学研究所  2010年6月 

     詳細を見る

    開催地:和光  

    researchmap

  • 微小血管内の血液流れと物質輸送

    関眞佐子

    神戸大学  2010年3月 

     詳細を見る

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 血漿層を考慮に入れた白血球まわりの流れ解析2

    大谷英之, 関眞佐子

    関西大学  2010年1月 

     詳細を見る

  • 円錐型の血栓症測定装置内の血小板の運動(2)

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    岡山理科大学  2010年1月 

     詳細を見る

    開催地:岡山  

    researchmap

  • An experimental study of the motion of platelets in shear flow

    Akinaga, T., Sugihara-Seki,M., Itano, T., Yamamoto, J.

    朱鷺メッセ  2009年11月 

     詳細を見る

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 浸透流に対する帯電の影響-膜が円柱群で構成されている場合

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭

    東洋大学  2009年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 涙型形状の静止白血球に働く応力の解析

    大谷英之, 関眞佐子

    東洋大学  2009年9月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 浸透流の流動特性に対する帯電の影響

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭

    日本学術会議  2009年6月 

     詳細を見る

    開催地:東京  

    researchmap

  • 白血球表面の剪断応力に血漿層が及ぼす影響-非均質Newton流体による解析

    大谷英之, 関眞佐子

    第32回日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2009年6月 

     詳細を見る

    開催地:桐生(群馬)  

    researchmap

  • 円錐型の血栓症測定管内の血小板の運動

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    第32回日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2009年6月 

     詳細を見る

    開催地:桐生(群馬)  

    researchmap

  • 微小血管の血液流れと物質輸送

    関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会第1回リサーチフォーラム  2009年 

     詳細を見る

  • 円錐管流れにおける血小板凝集のモデル解析

    秋永剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    第21回バイオエンジニアリング講演会  2009年 

     詳細を見る

  • 血漿層を考慮に入れた白血球まわりの流れ解析

    大谷英之, 関眞佐子

    第13回関西大学先端科学技術シンポジウム  2009年 

     詳細を見る

  • 外場中にある浮遊粒子と流体の相互作用について

    板野 智昭, 秋永剛, 関眞佐子

    日本物理学会  2009年 

     詳細を見る

  • 理想溶液内部の浸透平衡と応力に関する一考察

    板野智昭, 秋永 剛, 関眞佐子

    日本物理学会  2008年 

     詳細を見る

  • Fluid mechanical study on the material exchange across microvessel walls

    M. Sugihara-Seki, T. Akinaga, T. Itano

    EUROMECH Fluid Mechanics Conference7  2008年 

     詳細を見る

    開催地:Manchester  

    researchmap

  • 微小血管壁に粘着した白血球まわりの流れ

    大谷英之, 関眞佐子

    日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 血栓症測定装置(GTT)内流れの解析

    秋永 剛, 関眞佐子, 山本順一郎

    第20回バイオエンジニアリング講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 血栓症測定装置(GTT)内流れに浮遊した粒子分布の解析

    秋永 剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    第31回日本バイオレオロジー学会年会  2008年 

     詳細を見る

  • 血栓症測定装置内流れにおける粒子分布の研究

    秋永 剛, 関眞佐子, 板野智昭, 山本順一郎

    日本流体力学会年会2008  2008年 

     詳細を見る

  • A fluid mechanical analysis of platelet aggregations in the thrombosis test tube

    T. Akinaga, M. Sugihara-Seki, T. Itano, J. Yamamoto

    EUROMECH Fluid Mechanics Conference7  2008年 

     詳細を見る

    開催地:Manchester  

    researchmap

  • 白血球表面の剪断応力に血漿層が及ぼす影響─二層流モデルによる解析

    大谷英之, 関眞佐子

    日本流体力学会年会2008  2008年 

     詳細を見る

  • Fluid mechanical analysis on the role of the endothelial surface glycocalyx in transcapillary exchange

    M. Sugihara-Seki, T. Akinaga, T. Itan

    International Symposium on Multi-scale Simulations of Biological and Soft Materials (MSBSM2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • An electrostatic study on osmotic flow across porous membranes

    T. Akinaga, M. Sugihara-Seki, T. Itano

    International Symposium on Multi-scale Simulations of Biological and Soft Materials (MSBSM2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • 分子動力学法を用いた溶液の浸透圧に関する一考察

    板野智昭, 秋永剛, 関眞佐子

    第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集  2007年1月 

     詳細を見る

  • 微小血管壁を介した物質輸送

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    日本流体力学会年会2007  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Fluid Mechanical Analysis for Microvessel Permeability

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    Third Asian Pacific Conference on Biomechanics  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 分子レベルから見た浸透圧の力学

    板野智昭, 秋永 剛, 関眞佐子

    第56回理論応用力学講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 浸透流に起因する管路流れと電荷の影響

    秋永 剛, 板野智昭, 関眞佐子

    機械学会  2007年 

     詳細を見る

  • An electrostatic model for Osmotic flow through charged pores

    Akinaga, T., Sugihara-Seki, M., Itano, T.

    In: 5th World Congress of Biomechanics, D. Liepsch (Ed.) Medimond S.r.l.(Bologna, IT)  2007年 

     詳細を見る

  • 微小容器内で浸透平衡にある理想溶液の応力について

    板野智昭, 秋永 剛, 関眞佐子

    日本機械学会流体工学部門講演会  2007年 

     詳細を見る

  • Fluid mechanics on material exchange across microvessel walls

    SUGIHARA-SEKI Masako

    International Symposium on Biomechanics, Healthcare and Information Science - 3rd B-J-K Symposium on Biomechanics  2007年 

     詳細を見る

    開催地:Kanazawa  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小循環における物質輸送

    関 眞佐子

    日本生体医工学専門別研究会バイオメカニクス研究会第119回研究会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • ナノスケールの物質輸送に対する帯電の影響について

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第11回先端科学技術シンポジウム  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 毛細血管壁の透過性:媒質輸送のモデル解析

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第19回バイオエンジニアリング講演会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小循環における白血球周りの流れ

    関 眞佐子, 大谷英之

    日本流体力学会年会2007  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Fluid Mechanical Modeling for Transcapillary Exchange

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    the 8th World Congress for Microcirculation  2007年 

     詳細を見る

    開催地:Milwaukee, USA  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 浸透圧に起因する管内流れと電荷の影響

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    日本機械学会2007年度年次大会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 円管内における球の周りのストークス流れ

    関 眞佐子, 大谷英之

    日本機械学会2007年度年次大会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小流路内の浸透流に及ぼす電荷の影響

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭, 松澤照男

    第56回理論応用力学講演会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 分子レベルからみた浸透圧の力学

    関 眞佐子, 板野智昭, 秋永剛

    第56回理論応用力学講演会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 細孔モデルによる物質輸送と帯電の影響の解析

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第30回日本バイオレオロジー学会年会  2007年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Flow structure and fluid shear stresses in water transport across the microvessel wall

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    BMES 2006 Annual Fall Meeting  2006年10月 

     詳細を見る

    開催地:Chicago  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内の血液流れと物質輸送

    関 眞佐子

    流体工学懇話会第144回研究会  2006年8月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 細孔内物質輸送における帯電効果

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第18回バイオエンジニアリング講演会  2006年1月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • An electrostatic model for osmotic flow through charged pores

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    5th World Congress of Biomechanics Munich  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管壁透過性に果たすglycocalyxの役割

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第55回理論応用力学講演会  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 毛細血管壁の透過性の解析

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    日本流体力学会年会2006  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 溶液の流体力学における浸透圧について

    関 眞佐子, 板野智昭, 秋永剛

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管壁透過性に果たすglycocalyxの役割

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第55回理論応用力学講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 浸透流に対する毛細血管壁の異方特性

    関 眞佐子, 板野智昭, 秋永剛

    日本物理学会第61回年次大会  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管壁の水の透過性の解析

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第29回日本バイオレオロジー学会年会  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Mechanical analysis on the role of the endothelial surface glycoclayx in microvessel permeability

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    5th World Congress of Biomechanics Munich  2006年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 浸透流に対する毛細血管壁の異方性について

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会  2005年9月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小循環における物質輸送現象の解析

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    第28回日本バイオレオロジー学会年会  2005年7月 

     詳細を見る

  • A fluid-mechanical study for solute transport across the endothelial surface glycocalyx.

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    2005 Summer Bioengineering Conference  2005年6月 

     詳細を見る

    開催地:Vail (USA)  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Charge effects on the solute transport though small pores

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T.

    12th International Congress of Biorheology  2005年5月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • The role of endothelial glycocalyx in microvascular permeability

    SUGIHARA-SEKI Masako, T. Akinaga

    The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference  2005年3月 

     詳細を見る

    開催地:Jeju  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 帯電した溶質の細孔内輸送のモデル解析

    関 眞佐子, 秋永剛

    日本機械学会第17回バイオエンジニアリング講演会  2005年1月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 浸透流に対する毛細血管壁の異方特性について

    板野智昭, 秋永剛, 関眞佐子

    流体力学会年会2005  2005年 

     詳細を見る

  • 細孔内物質輸送におよぼす電荷の影響

    関 眞佐子, 秋永剛, 板野智昭

    日本機械学会 2005年度年次大会  2005年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Fluid Mechanical Estimate of Transport Properties of the Endothelial Surface Glycocalyx

    SUGIHARA-SEKI Masako, Akinaga T., Itano T

    BMES 2005 Annual Fall Meeting  2005年 

     詳細を見る

    開催地:Baltimore (USA)  

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Charge Effects on the Solute Transport through Small Pores

    T.Akinaga, T.Itano, M.Sugihara-Seki

    The 12th International Conference of Biorheology  2005年 

     詳細を見る

    開催地:Chongqing (China)  

    researchmap

  • 微小血管の血管壁透過性:細孔内物質輸送に及ぼす電荷の影響

    関 眞佐子

    日本機械学会熱工学コンファレンス2004  2004年11月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 血管壁表面の糖鎖層の分子フィルタ-としてのモデル解析

    関 眞佐子

    第52回レオロジ-討論会  2004年9月 

     詳細を見る

  • 血管壁表面の糖鎖層が物質透過性に及ぼす影響

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会2004  2004年8月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 全血液の粘性率測定用小型落針式粘度計の開発

    山本秀樹, 関眞佐子, 木下剛志

    バイオレオロジー学会第27回年会  2004年6月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • A Model Study for Transport through the Endothelial Surface Glycoclyx.

    関 眞佐子

    Proceedings of The First Pacific Conference on Biomechanics.  2004年3月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Glycocalyxの分子フィルターのモデル解析

    関 眞佐子

    第16回バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2004年1月 

     詳細を見る

  • 血管壁表面の糖鎖層が物質輸送に及ぼす影響

    関眞佐子

    日本流体力学会年会2004  2004年 

     詳細を見る

  • 血管壁表面の糖鎖層の分子フィルターとしてのモデル解析

    関眞佐子

    第52回レオロジー討論会  2004年 

     詳細を見る

  • 微小血管の血管壁透過性:細孔内物質輸送におよぼす電荷の影響

    関眞佐子

    日本機械学会熱工学コンファランス2004  2004年 

     詳細を見る

  • 落針式レオメーターの小型化に関する研究

    山本秀樹, 木下剛, 関眞佐子

    第51回レオロジー討論会  2003年9月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 血液シミュレーション

    関 眞佐子

    地球シミュレータ DEMコンソーシアムワークショップ  2003年8月 

     詳細を見る

  • 小型レオメーターによる非ニュートン流体の流動特性解析システムの開発

    山本秀樹, 木下剛, 関眞佐子

    日本バイオレオロジー学会第26回年会  2003年6月 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内の浮遊白血球、粘着白血球および内皮細胞に働く応力分布.

    関 眞佐子

    日本混相流学会年会講演会 2003講演論文集  2003年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 糖鎖のある細孔内の物質輸送.

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会2003講演論文集  2003年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Shear stress distribution on the membrane of leukocytes and the vascular endothelium in the microcirculation.

    SUGIHARA-SEKI Masako, G.W.Schmid-Schonbein

    Proceedings of the IEEE EMBS Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering 2003(CD)  2003年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 血管内皮細胞glycocalyxの生理的意義

    関 眞佐子

    日本機械学会〔No.02-35〕第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2003年 

     詳細を見る

  • 細孔内物質輸送に及ぼす糖鎖の影響

    関 眞佐子

    第26回バイオレオロジー学会年会抄録集  2003年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Distribution of the fluid shear stress on the membrane of leukocytes in microvessles.

    SUGIHARA-SEKI Masako, G.W Schmid-Schonbein

    Proceedings of the 2003 Summer Bioengineering Conference(CD)  2003年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 高分子を含む細孔の物質透過性のモデル解析

    関 眞佐子

    日本物理学会講演概要集第2分冊  2002年 

     詳細を見る

  • Stress distribution on a leukocyte flowing through a non-uniform microvessel with an endothelial surface layer.

    SUGIHARA-SEKI Masako

    The 4th World Congress of Biomechanics(CD)  2002年 

     詳細を見る

  • 浮遊白血球表面の応力分布の解析

    関 眞佐子

    第25回日本バイオレオロジー学会年会抄録集  2002年 

     詳細を見る

  • 微小血管内の白血球運動-浮遊白血球表面の応力分布

    関 眞佐子

    日本機械学会講演論文集NO.024-1  2002年 

     詳細を見る

  • 内皮細胞間隙の流れのモデル

    SUGIHARA-SEKI Masako

    日本流体力学会年会2002講演論文集  2002年 

     詳細を見る

  • 血管内流れと2次元流路内流れが粘着粒子に及ぼす力の比較

    関 眞佐子

    第24回日本バイオレオロジー学会年会  2001年 

     詳細を見る

  • Effects of the flow on a cell adhered to a microvessel wall and a channel wall

    SUGIHARA-SEKI Masako

    2001 Bioengineering Conference  2001年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 二平行平板流路壁に粘着している白血球に働く力の評価

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会2001  2001年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管壁に粘着している白血球に働く力の評価

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会2000  2000年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 細静脈壁に粘着した白血球に働く応力分布

    関 眞佐子

    日本機械学会関西支部第75期定時総会講演会  2000年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 円管内流れと2次元流路内流れが粘着粒子に及ぼす力の比較

    関 眞佐子

    第23回日本バイオレオロジー学会年会  2000年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管抵抗に及ぼす白血球の影響

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会 '99  1999年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 白血球粘着が微小血管抵抗に及ぼす影響

    関 眞佐子

    第22回バイオレオロジー学会年会  1999年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内の血球運動

    関 眞佐子

    日本機械学会 「マイクロチャネル内の流動と熱伝達」 研究分科会第7回例会  1999年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 細静脈壁に粘着している白血球に働く力の評価

    関 眞佐子

    第17回混相流シンポジウム  1998年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Force Acting on Leukocytes Adhered to a Vessel Wall

    SUGIHARA-SEKI Masako

    The 3rd World Congress of Biomechanics  1998年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Elevation of Microvascular Resistance by a Few Leukocytes

    B.P. Helmke, M. Sugihara-Seki, G.W.Schmid-Schonbein

    The 3rd World Congress of Biomechanics  1998年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 白血球に働く力と血管抵抗

    関 眞佐子

    第21回バイオレオロジー学会年会  1998年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内血液流れとその解析

    関 眞佐子

    粉体工学会第13回計算粉体グループ会  1997年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 白血球に起因する微小血管の血管抵抗上昇の一因子

    関 眞佐子

    第20回日本バイオレオロジー学会年会  1997年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内の赤血球二層流れ

    関 眞佐子

    日本流体力学会年会 '97  1997年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内の赤血球の振舞

    関 眞佐子

    「機能流体システムの開発とその知的制御に関する研究」 第3回研究会  1996年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 非一様な内腔形状をもつ細管内の血球の振舞と管抵抗

    関 眞佐子

    第19回バイオレオロジー学会年会  1996年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • A Mechanism for Elevation of Organ Hemodynamic Resistance due to Leukocytes

    SUGIHARA-SEKI Masako, B.P.Helmke, D.W. Sutton, R. Skalak, G.W.Schmif-Schonbein

    the 6th World Congress for Microcirculation  1996年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Particle Motion and Flow Resistance in Microvessels with Variable Cross-sections.

    SUGIHARA-SEKI Masako

    19th International Congress of Theoretical Applied Mechanics  1996年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 狭窄をもつ微小管内流れにおける血球の運動と血管抵抗

    関 眞佐子

    第18回バイオレオロジー学会  1995年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 微小血管内腔形状の非一様性が血流抵抗に及ぼす影響

    関 眞佐子

    第17回バイオレオロジー学会年会  1994年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Frequency Response of Oscillatory Deformation, in Relation to Intracellular Ca++ of Human Erythrocytes

    SUGIHARA-SEKI Masako, K.Kon, J.Murakami, N.Maeda, T.Shiga

    First East Asain Symposium on Biophysics  1994年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • Motion of an Ellisoid in a Narrow Tube Flow

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    Abstracts of Second World Congress of Biomechanics  1994年 

     詳細を見る

    科研費基盤研究

    researchmap

  • 流路内に於ける剛体粒子の運動

    関 眞佐子

    日本機械学会BE部門生体における流体問題研究会第14回研究会、バイオエンジニアリングのフロンティア研究会第5回研究会  1993年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 流路内における硬化赤血球の運動の数値解析

    関 眞佐子

    第16回日本バイオレオロジー学会  1993年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 狭い流路内に於ける剛体粒子の運動

    関 眞佐子

    第40回レオロジー討論会  1992年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Motion of a Rigid Cylinderical Particle in a Narrow Channel Flow

    SUGIHARA-SEKI Masako

    the Eighth International Congress of Biorheology  1992年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Non-Axisymmetric Models for Red Cell Motion in Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W. Secomb, R.Hsu, D.Halpern

    the Eighth International Congress of Biorheology  1992年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 微小管内に於ける硬化赤血球の運動 : 二次元モデルによる数値解析

    関 眞佐子

    第15回日本バイオレオロジー学会年会  1992年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 狭い流路内低Reynolds数流れにおける楕円柱の運動

    関 眞佐子

    日本物理学会秋の文科会  1992年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 微小循環系の血流動態:理論的アプローチ

    関 眞佐子

    第2回バイオサイエンス研究会  1991年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 振動ずり流れ中における赤血球の形状変化-エネルギー保存則に基づく理論的解析

    SUGIHARA-SEKI Masako, J.Seki, K.Kon, T.Shiga

    第16回日本微小循環学会  1991年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 赤血球サスペンションの微小管内流れ

    SUGIHARA-SEKI Masako, J.Seki

    日本レオロジー学会第18回年会  1991年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 微小血管における血流拍動の伝播

    関 眞佐子

    第14会日本バイオレロロジー学会年会  1991年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 振動ずり流れ中に於ける赤血球形状変化の理論的解析

    SUGIHARA-SEKI Masako, K.Kon, T.Shiga

    第78回日本生理学会近畿生理学談話会  1990年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 微小管内の赤血球二層流れの安定性の解析

    関 眞佐子

    第13回日本バイオレオロジー学会  1990年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Two-FIle Flow of Red Cells in Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W.Secomb, R.Skalak

    The First World Congress of Biomechanics  1990年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Two-Dimensinal Analysis of Two-File Flow of Red Cells along Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W.Secomb, R.Skalak

    7th Internatinal Congress of Biorheology  1989年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 不均一な内径をもつ微小血管の血流抵抗

    SUGIHARA-SEKI Masako, S.Hanai, M.Minamiyama

    第12回日本バイオレオロジー学会  1989年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 微小管内の赤血球二層流れの数値解析

    SUGIHARA-SEKI Masako, T.W.Secomb, R.Skalak

    第14回日本微小循環学会総会  1989年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 生物流体力学

    SUGIHARA-SEKI Masako

    日本物理学会第44回年会  1989年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • Models of Capillary Blood Flow

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak, N.Ozkaya

    15th World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering  1988年 

     詳細を見る

    日本学術振興会

    researchmap

  • Numerical Study on a Multi-File Flow of Red Blood Cells in Capillaries

    SUGIHARA-SEKI Masako, R.Skalak

    4th World Congress of Microcirculation  1987年 

     詳細を見る

  • Transient Relative Motion of Two Cells in a Channel Flow

    SUGIHARA-SEKI Masako, R Skalak

    108th Winter Annual Meeting of the American Society of Mechanical Engineers  1987年 

     詳細を見る

    日本学術振興会

    researchmap

  • ずり流れ中の赤血球運動に及ぼす赤血球間の相互作用の影響

    関 眞佐子

    第9回日本バイオレオロジー学会  1986年 

     詳細を見る

  • Numerical Analysis of the Effect of Interaction on the Motion of Red Cells in a Shear Flow

    SUGIHARA-SEKI Masako

    6th International Congress of Biorheology  1986年 

     詳細を見る

  • ずり流れに於ける赤血球の非定常から定常運動への遷移 : ずり速度依存性のレオロジー的因子

    関 眞佐子

    第8回日本バイオレオロジー学会  1985年 

     詳細を見る

  • 剪断流に於ける赤血球の運動 : 非定常運動から定常運動への遷移の理論

    関 眞佐子

    日本物理学会第40回年会  1985年 

     詳細を見る

  • 血液中における赤血球とプラズマの相対運動 : 数値シュミレーション

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    第6回血流研究会  1985年 

     詳細を見る

  • 赤血球形状変化に及ぼすずり速度の影響-理論的アプローチ

    関 眞佐子

    第7回日本バイオレオロジー学会  1984年 

     詳細を見る

  • 血液酸素輸送とその分析

    関 眞佐子

    日本流体力学会シンポジウム 「輸送現象とその分析」  1983年 

     詳細を見る

  • Finite Element Approach to the Motion of Red Blood Cells in Microvessel.

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    1st China-Japan-USA Conference on Biomechanics  1983年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 血液粘性の流体物理的アプローチ

    関 眞佐子

    第6回日本バイオレオロジー学会  1983年 

     詳細を見る

  • Homorheological Approach to Oxygen Transport between Blood and Tissue.

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    5th International Congress of Biorheology  1983年 

     詳細を見る

  • Numerical Approach to the Motion of a Red Blood Cell in Couette Flow.

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    5th International Congress of Biorheology  1983年 

     詳細を見る

  • 血液の非ニュートン粘性の微視的考察

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    日本生理学会第66回近畿生理学談話会  1983年 

     詳細を見る

  • 微小血管中の赤血球運動-二次元モデルによる数値解析

    関 眞佐子

    日本物理学会第37回年会  1982年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 血流淀み点のマイクロレオロジー

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    第5回日本バイオレオロジー学会  1982年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 淀み点流れにおける赤血球の変形運動

    SUGIHARA-SEKI Masako, H.Niimi

    日本物理学会秋の分科会  1981年 

     詳細を見る

    科研費奨励研究

    researchmap

  • 外力を含む非粘性Burgers乱流の数値実験

    SUGIHARA-SEKI Masako, S.Kida

    日本物理学会第36回年会  1981年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 岡小天賞

    2023年6月   日本バイオレオロジー学会  

     詳細を見る

  • JPSJ Papers of Editors' Choice

    2022年7月   Journal of the Physical Society of Japan, The Physical Society of Japan  

     詳細を見る

  • 日本機械学会フェロー

    2016年1月   日本機械学会  

     詳細を見る

  • 日本流体力学会フェロー

    2009年8月   日本流体力学会  

     詳細を見る

  • 日本微小循環学会トラベルアオード

    1987年7月   日本微小循環学会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 微小流路内流れを利用した細胞分離の基礎研究

    研究課題/領域番号:20H02072  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    流路内層流に浮遊する粒子が慣性に起因する揚力を受けて,粒子の大きさや変形性、流速等に応じて流路断面内の特定の位置を通過する現象はSegre-Silberberg効果として知られており,粒子の分離・選別への応用が期待されている.細胞を浮遊させる場合には高分子等を含む粘弾性流体を媒質とする場合が多いことから,慣性による揚力に加えて,細胞の変形性や媒質の粘弾性に起因する揚力も生じる。本研究は,この現象を実験および数値シミュレーションによって解析し、細胞の分離・選別への応用に向け、浮遊粒子の変形性や媒質の粘弾性がSegre-Silberberg効果に及ぼす影響とその機序を解明することを目的とする。
    2021年度は、前年度に開発した「微小流路断面観察システム」を用いて、流路幅が50umの正方形断面を持つ流路内を流れる赤血球の管断面内位置を計測し、剛体粒子(球形およびダンベル形状)の結果と比較した。低流量の場合、剛体粒子は管断面に広く分布したのに対し、赤血球は管中心軸付近に集まって分布した。流量が増加すると、剛体粒子は下流断面の各辺中央付近の4点(面心平衡点)に集まったのに対し、赤血球は対角線上の4点(対角平衡点)に集中した。これらの結果より、赤血球の変形性による揚力は管中心軸向きで、方位角方向は対角線に向かう向きであることが示された。数値シミュレーションでは、FENE-Pモデルに基づく粘弾性流体の解析プログラムを用いて,正方形管内層流に浮遊する剛体球粒子にはたらく揚力を計算した。管断面内における揚力場から安定な平衡点(粒子集中点)を算出した。その結果、媒質の弾性の増加に伴い、粒子集中点は面心平衡点から対角平衡点に遷移し、その間に二つの平衡点が両者とも安定となる領域が存在することが示された。この結果より、媒質の弾性による揚力も管中心軸向きで、対角線に向かう向きであることが示唆された。

    researchmap

  • Segre-Silberberg効果の多様性

    研究課題/領域番号:17H03176  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    Segre-Silberberg効果は,流路内層流に浮遊する粒子が慣性に起因する揚力を受けることにより,流路下流の断面内で特定の位置に集中して流れる現象である.本研究は,流体力学に基づき,流路内流れに浮遊する粒子の挙動と下流断面における粒子の分布を様々な条件において実験および数値シミュレーションにより解析した.得られた結果から,流路断面内における粒子の集中位置と集中パターンを詳細に調べ,粒子集中現象の決定因子を探索するとともに機序を検討した.

    researchmap

  • 光コヒーレンス断層法による血球挙動の計測

    研究課題/領域番号:25630057  2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    関 眞佐子, 関 淳二, 牧野 真人

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    血球粒子の血管内断面分布とその非一様性のメカニズムを流体力学的に解明するために、光コヒーレンス断層法(OCT)を用いた粒子挙動計測システムを開発し、血管内での血球分布の計測に応用することを目的とした。近赤外低干渉長の光源を用いたOCTシステムを試作した後、広帯域の光源の使用と周波数領域のOCTシステムへの改良によって、10ミクロン以下の高空間分解能かつ高速な撮像が実現し、流れ中の粒子のOCT像を得ることが可能となった。一方、血球を模擬するモデル粒子を用いた数値シミュレーションを行った結果、赤血球と血小板の断面内分布の差異は、その大きさと変形性の差異が共に寄与していることが示唆された。

    researchmap

  • 血小板凝集ダイナミクスの流体力学的研究

    研究課題/領域番号:23360087  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    関 眞佐子, 板野 智昭, 山本 順一郎, 梶島 岳夫, 牧野 真人, 大友 涼子, 秋永 剛, 大谷 英之, 三浦 和真, 中川 尚人

      詳細を見る

    配分額:18850000円 ( 直接経費:14500000円 、 間接経費:4350000円 )

    血液凝固の初期段階である血小板の凝集現象に対して血液流れが及ぼす影響を明らかにするために、本研究では、流れ中における血小板の微視的挙動に対して共焦点レーザー走査顕微鏡システムを用いた実験と血小板モデルを用いた数値シミュレーションの両面から流体力学的解析を行った。その結果、血小板の凝集過程には周囲の流れ場が大きな影響を与え、赤血球との流体力学的相互作用が重要な因子となっていることが示された。

    researchmap

  • 血管壁表面の糖鎖層の力学的役割

    研究課題/領域番号:19360090  2007年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    関 眞佐子, 板野 智昭, 秋永 剛

      詳細を見る

    配分額:19110000円 ( 直接経費:14700000円 、 間接経費:4410000円 )

    血管壁の内腔表面には高分子ネットワークで構成される糖鎖の層が存在することが分かり、その生理的意義に関してさまざまな議論がなされている。本研究では、流体力学的観点から、微小血管の血管壁を介する水や溶質の物質輸送と血球への作用に関して糖鎖層の意義を調べた。物質輸送において糖鎖層が分子フィルターの役割を果たす可能性を示し、電荷の影響の重要性を示すとともに、糖鎖層内の電荷密度の推定を行なった。

    researchmap

  • 糖鎖が細胞機能に及ぼす影響の流体力学的研究

    研究課題/領域番号:16360093  2004年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    関 眞佐子, 板野 智昭

      詳細を見る

    配分額:14100000円 ( 直接経費:14100000円 )

    血管壁の内皮細胞表面に存在する糖鎖層(glycocalyx)の生理的意義に関して、流体力学的観点から研究を行った。近年実験により得られた糖鎖層のナノスケールの3次元微細構造を基に数理モデルを作成し、それを用いてまず、血液と血管外組織間の物質輸送における選択透過性について調べた。物質輸送の程度を表す輸送係数(透過率、反射率)を、流体力学・熱力学に基づいて定式化し、数値解析により溶質のサイズの関数として評価した。得られた輸送係数を動物実験の測定結果と比較すると、透過率、反射率ともこれまでにない良好な一致が得られた。このことから、糖鎖層は血管壁を介した溶質透過性に分子フィルターとして働き、溶質サイズによる選択的透過性に最も主要な役割を果たしていることが強く示唆された。次に、媒質の輸送に関して、血管内腔から糖鎖層を通り、内皮細胞間隙を経て血管外組織へと繋がる一連の経路をモデル化し、その経路を流れる流体(水)の運動を解析した。その結果、糖鎖層の流体抵抗は従来の研究に比べて1桁程度小さいことが分かった。このことは、媒質の輸送係数であるろ過率は、内皮細胞間隙の幾何形状のみで決まり、糖鎖層はほとんど寄与しないことを示唆している。また、流路および溶質が表面電荷をもつ場合について、溶質の移動と媒質の流れを解析した。解析結果から、流路表面と溶質が同符号に帯電していると、反射率が増加して、浸透圧による媒質の移動が促進されることが定量的に分かり、糖鎖層のもつ負電荷が物質輸送に大きな影響を与えることが理論的に示された。最後に、流れが内皮細胞表面および血球に及ぼす応力分布を解析した。その結果、内皮細胞表面に働く壁応力は、糖鎖層が存在することにより内腔側が極めて小さくなるのに対して、細胞間隙側は高分子の有無に関わらず格段に大きくなる可能性が示唆された。

    researchmap

  • 血球の凝集・粘着現象と赤血球の及ぼす影響

    研究課題/領域番号:13650199  2001年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    本研究は、流体力学的観点から血球の粘着・凝集現象を取り扱い、それらが微小血管内の血液流れに与える影響を調べ、その機序を明らかにすることを目的としている。微小血管内でおこる血球の粘着・凝集現象のうち、低流量時や浮腫の際しばしば観察される白血球の細静脈壁への粘着現象、毛細血管内で白血球の背後に形成される赤血球の高密度流れなどの現象に着目して、それぞれの状態に対する数値モデルを構築して、微小血管内流れを解析した。血球間の相互作用の影響を検討し血液流れが血球と血管壁の細胞膜に及ぼす応力分布および血管壁表面の糖鎖層の影響についても調べた。
    微視的なスケールから血球個々の運動を数値解析し、微小血管内における血球の運動とその周りの流れ場を求めた。上・下流間の圧力差と流量との比から血管抵抗を評価し、その変化を調べた。解析結果と海外研究協力者から得た動物実験の結果を比較・検討して、生体内において血球の粘着・凝集現象が微小血管内の血液流れに与える影響を定量的に調べた結果、特に細い血管内の流れに与える影響が大きく、血球間の相互作用によって血管抵抗は数倍にも増大する可能性が示された。また、白血球と赤血球の相互作用によって微小血管の血管抵抗が顕著に増加する現象を示し、血管抵抗上昇の新しいメカニズムとして提唱した。さらに、動物実験では計測が困難な、細胞膜上での局所的な応力についてもサブミクロンのスケールで解析を行った。その結果、微小血管内を浮遊する血球および血管内皮細胞に作用する応力は数N/m^2程度であるのに対し、血管壁に粘着した状態の血球およびその近傍の内皮細胞にはそれより1桁大きな応力が作用していることが分かった。また、血球の状態によって血液流れから受ける応力の時間的、空間的変動が大きく異なることが示された。

    researchmap

  • 微小血管抵抗に及ぼす白血球の影響

    研究課題/領域番号:10650189  1998年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:2700000円 ( 直接経費:2700000円 )

    本研究では、白血球が微小血管の血管抵抗を上昇させるメカニズムについて流体力学的に調べた。動物実験による観察から、次の3つの白血球に特徴的な現象が血管抵抗上昇に関係していると考えられる:(1)毛細血管内で、遅い白血球の背後に赤血球が次々たまって赤血球の高密度の流れ(赤血球列)ができる、(2)白血球が微小血管入り口で長時間滞在するか、詰まってしまう、(3)白血球が細静脈の壁の上を転がり、粘着する。まず、動物実験では、生体内微小血管における白血球の挙動の観察と血管抵抗の計測を行った。数値解析では、上記3つの現象について、個々の挙動が血管抵抗に与える影響を定量的に評価した。
    1.動物実験:麻酔下のラット腸間膜の微小血管内血流を生体顕微鏡で観察し、ビデオ画像に取り込んだ後それを再生して、白血球の挙動を詳細に調べた。また、ラット筋肉の微小血管系を取り出し、血球を全く含まない液、赤血球、白血球をそれぞれ含む液、赤血球と白血球を含む液の4種類の還流液を流して、圧-流量関係を計測し、それぞれの場合の血管抵抗を測定した。その結果、白血球と赤血球の相互作用が重要であることが示された。
    2.数値解析による血管抵抗の評価:(1)〜(3)のそれぞれの現象について、微小血管内の流れを数値的に解析し、白血球の挙動が微小血管の血管抵抗をどの程度増加させるかを、定量的に評価した。(1)の解析結果は、ガラス管を用いて得られた実験結果をよく説明し、生理的な白血球数のとき血管抵抗は白血球がない場合の2.5倍程度まで増加する可能性を示唆した。(2),(3)の解析では、白血球が活性化すると血管抵抗が顕著に上昇する結果が得られ、特に(3)については動物実験結果と定量的に一致して、細い血管ほど上昇の割合が大きいことが示された。

    researchmap

  • 血球運動を考慮した微小血管の血流抵抗の流体力学的評価

    研究課題/領域番号:08650229  1996年 - 1997年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    生体内の微小血管の血流抵抗を血球の存在まで考慮して正確に評価するために、1.微小血管の内腔形状に関するデータ整理と血流の観察、2.それに基づく数値シミュレーションによる血流抵抗の流体力学的評価、3.血球の影響の評価を行なった。
    1.微小血管の幾何形状データの整理と血流観察:血管断面形状に関する実験データを用いて、微小血管内腔の形状の特徴を整理した。その結果、微小血管の断面は円形からずれていること、特に内皮細胞の核近傍でそれが著しいことが分かった。また、微小血管内の血流を生体顕微鏡で観察し、これと従来の観察結果をまとめて、赤血球流れの特徴および、白血球の挙動について整理した。
    2.血流抵抗の流体力学的評価:管壁の突出をもつ様々な管内の流れを数値解析することにより、微小血管の内腔形状の非一様性が血流抵抗に与える影響を調べた。いずれの場合も、血球が管突出部近傍を通過する際には、両者の相互作用の結果、それぞれが個々にあるよりも血流抵抗が著しく増加することが示された。
    3.血球が血流抵抗に与える影響の評価:まず赤血球の影響として、微小血管内における赤血球の種々の流れパターンについて、赤血球の運動および媒質の流れを数値解析して、血流抵抗を評価した。次に、白血球の影響として、(1)白血球の血管壁への粘着、および(2)白血球背後に微小血管内で形成される高密度で低速の赤血球の一団の流れ、について血流抵抗を数値的に調べた。解析の結果、赤血球間、赤血球と白血球間あるいは血球と血管壁間の相互作用が、微小血管の血流抵抗を決定する重要な因子となること、そして白血球の存在は単独ではそれほど影響しないが、血管壁や赤血球と相互作用することによって血流抵抗を顕著に増加させることが分かった。

    researchmap

  • 微小血管の血流抵抗の流体力学的評価

    研究課題/領域番号:06650226  1994年 - 1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  一般研究(C)

    関 眞佐子, 花井 荘太郎, 南山 求

      詳細を見る

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    複雑な内腔形状を有する微小血管の血流抵抗を正確に評価するためには、生体に於ける血管の幾何形状に関する精密な情報を基に、血流抵抗を流体力学的に厳密に解析することが必要である。本研究では、1.動物を用いた血管内腔形状の計測と統計処理、2.数値シミュレーションによる血流抵抗の流体力学的評価、を行って微小血管の血流抵抗の正確な評価を試みた。
    1.血管内腔形状の計測:1)血管径自動計測システムによる微小血管径の計測、2)微小血管の平滑筋細胞および内皮細胞の核の染色、3)レーザ走査型共焦点顕微鏡により得られた血管内腔の3次元画像から血管断面形状の再構築を行った。その結果、従来の血流抵抗の評価方法の仮定とは異なり、微小血管内腔の断面は円形ではなく、しかもその形状は内皮細胞の核近傍の突出等のため血管軸方向にも変化していることが分かった。
    2.血流抵抗の流体力学的評価:生体計測によって得られた血管内腔形状の非一様性、特に血管径の血管軸方向変化と内皮細胞の核近傍の内腔への突出に着目して、それぞれについて血管モデルを考え、その中の流れ及び血流抵抗を有限要素法により数値シミュレーションを行って求めた。更に、血球が浮遊している場合についても解析し、血球の存在が血流抵抗に与える影響を調べた。解析の結果、いずれの場合も、同じ断面積をもつ直円管に較べ血流抵抗は増加し、その増加の程度は、断面形状の円形からのずれ、内皮細胞の突出の程度、断面形状の軸方向変化が大きいほど大きいことが分かった。また、複雑な内腔形状と血球との流体力学的相互作用の結果、血流抵抗は血球の存在により更に増大する結果が得られた。本研究結果は、生体内の微小血管内流れにおいて、内腔形状のわずかな凹凸が、血流抵抗の大きな増加に結びつく可能性を示唆している。

    researchmap

  • 毛細管内の赤血球運動に及ぼす変形性の影響

    研究課題/領域番号:05750179  1993年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    関 眞佐子

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    毛細管内における赤血球の運動及びその安全性に及ぼす赤血球変形性の影響について、実験的及び理論的に研究を行った。まず実験的研究では、正常赤血球及び薬物により変形性を劣化させた硬化赤血球のサスペンションをガラス毛細管内に流し、個々の赤血球の挙動をビデオ画像に収録して、運動の違いを顕微鏡下で詳細に調べた。その結果、硬化赤血球はくるくる回転しながら流れ、非定常運動するのに対して、正常赤血球は外力が働いていない場合の円盤状から大きく変形した状態で、ほとんど形状を変えずに定常的に流れていることが観察された。正常赤血球の変形の程度は血管径が細くなる程、そして流速が大きくなる程大きいことが分かった。理論解析では、実際の赤血球に対応して薄膜で囲まれた粒子を赤血球のモデルとして採用し、毛細管内における赤血球の運動及び媒質の流れを流体力学の基礎方程式に基づいて有限要素法で数値解析した。その結果、正常赤血球に対応して内部流体の粘度が低い場合には管内で安定な配置が存在するが、硬化赤血球に対応して内部粘度が高くなると非定常な回転運動が起こることが分かり、実験結果と一致した。即ち、赤血球の変形性は管内に於ける赤血球配置の安定性に寄与していることが実験的にも理論的にも示された。更に、毛細管の径が小さくなって赤血球の大きさと同程度になった場合について解析を行ったところ、硬化赤血球の場合でも流体力学的な壁効果によってある赤血球配置に漸近する可能性があることが示されたが、実験的には確かめられなかった。

    researchmap

▼全件表示

社会貢献活動

  • 大学評価・学位授与機構 機関別認証評価委員会専門委員

    2007年

     詳細を見る

  • 日本学術振興会審査委員

    2005年 - 2006年

     詳細を見る

  • 大阪大学サイバーメディアセンター広報委員

    2004年 - 2005年

     詳細を見る

  • 大阪大学サイバーメディアセンター利用指導員

    2000年 - 2006年

     詳細を見る

  • 大阪大学大型計算機センター利用指導員

    1998年 - 2000年

     詳細を見る

メディア報道

  • 微小管内部の浮遊粒子 挙動を高精度計測 関西大が赤血球で実験 新聞・雑誌

    科学新聞  2022年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

  • 演習を伴わない講義(「力学1」「流体力学」)においても、宿題や自習のための演習問題を配布あるいはweb公開し、授業外での学生の学習を促進するように努めている。 演習を伴う授業(「力学基礎」「力学基礎演習」および「電磁気学A」「電磁気学演習」)においては、講義と演習を連動させ、関連した例題の解法の紹介やヒントを与えることで、演習の時間はできるだけ独力で演習問題が解答できるように、複数名のTAの補助のもと、各学生の学力や理解度に応じた個別指導を行ない、学生の理解が確実なものになるように努めている。 コンピュータの発達とともに進展した分野である「非線形物理学」の授業においては、講義とコンピュータ演習を隔週で行い、学生がプログラミングおよび計算結果の表示を通して講義で学んだ内容を自分で確かめられるように配慮している。 文系の物理学の授業においては、科学館の学芸員や科学実験教室の講師をゲストスピーカーとして招聘し、演示実験や講演をしてもらうことで学生の興味を引き出すようにした。

作成した教科書、教材、参考書

  • 教科書「力学1」「弾性体・流体の力学」(いずれも学術図書出版社)を毎年改訂しながら使用している。 「力学」の演習問題(宿題および自習用) 「流体力学」の演習問題(宿題および自習用) 「非線形物理学」の演習問題(コンピュータ実習用)

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 「物理教育を考える会」2011年5月21日(甲南大学)

その他教育活動上特記すべき事項

  •  特になし